ダブリン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年5月23日-6月2日までアイルランドを旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは5月23日と24日の様子をまとめました。<br /><br />5月23日 成田発エアフラで、ダブリンへ<br />5月24日 ダブリン観光<br />5月25日 ダブリン観光<br />5月26日 ダブリンからゴールウェイへバス移動<br />5月27日 ゴールウェイからドゥーリンへバスで移動後、モハーの断崖 観光<br />5月28日 再び、モハーの断崖 観光<br />5月29日 ドゥーリンからゴールウェイへバス移動<br />5月30日 ゴールウェイからダブリンへバス移動<br />5月31日 ダブリン発ニューグレンジ日帰りツアー参加<br />6月 1日 パリ経由のエアフラで帰国(成田着は6月2日)<br /><br />今回、私の旅の友となるクマのぬいぐるみは、旅行歴14年となる「プーニャ」。プラハ旅行記で登場したクマクマウーを参考に型紙を作り、初めて手作りしたクマです。

アイルランド一人旅(1)ダブリン クライストチャーチ大聖堂のミサ & ハーディングホテル

66いいね!

2017/05/23 - 2017/05/24

17位(同エリア557件中)

旅行記グループ アイルランド一人旅2017

2

37

2017年5月23日-6月2日までアイルランドを旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは5月23日と24日の様子をまとめました。

5月23日 成田発エアフラで、ダブリンへ
5月24日 ダブリン観光
5月25日 ダブリン観光
5月26日 ダブリンからゴールウェイへバス移動
5月27日 ゴールウェイからドゥーリンへバスで移動後、モハーの断崖 観光
5月28日 再び、モハーの断崖 観光
5月29日 ドゥーリンからゴールウェイへバス移動
5月30日 ゴールウェイからダブリンへバス移動
5月31日 ダブリン発ニューグレンジ日帰りツアー参加
6月 1日 パリ経由のエアフラで帰国(成田着は6月2日)

今回、私の旅の友となるクマのぬいぐるみは、旅行歴14年となる「プーニャ」。プラハ旅行記で登場したクマクマウーを参考に型紙を作り、初めて手作りしたクマです。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
同行者
一人旅
交通手段
徒歩
航空会社
エールフランス
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • この日、成田空港は混んでいて、管制塔からの離陸許可が出るまで機内で30分も待機させられ、お昼11時30分、エールフランス AF0275便はようやくパリへ向けて飛び立ちました。機内は外人ばかりで、成田発の便とは思えないほど日本人が少なかったです。<br />

    この日、成田空港は混んでいて、管制塔からの離陸許可が出るまで機内で30分も待機させられ、お昼11時30分、エールフランス AF0275便はようやくパリへ向けて飛び立ちました。機内は外人ばかりで、成田発の便とは思えないほど日本人が少なかったです。

    成田空港第1ターミナル 空港

  • 昼食は、地産ビーフのソテーか、舌平目とホタテの寄せ地餡。<br />舌平目を選択すると、つけあわせは筍、タロ芋、 人参、スナップエンドウに椎茸。味付けは醤油とだしでさっぱり系。<br /><br />「タブーレ」は中近東でよく見かけるサラダですが、キュウリ、レッドキドニー豆、白いんげん豆などがごろごろ入っていました。<br /><br />それから、デザートはプラリネ チョコケーキ。<br />スポンジケーキとプラリネチョコが層になっていて、口どけ滑らか。そこにナッツのカリッとした食感がアクセントになり、あとをひく濃厚な味がたまりません。<br />もう一個、食べたいなと思いながら、隣りのフランス人男性のトレーを見ると、ケーキには手をつけないまま、連れの人たちとフランス語でおしゃべりしていていました。<br /><br />それは、ほんの一瞬。ちらっと見たつもりだったのですが、しばらくすると、男性が私に「ケーキを食べませんか?」と声を掛けてくれたのです!!<br />何度も飛行機には乗っていますが、こんなことは初めて。<br />そんなに物欲しそうな目をしていたのでしょうか。<br />恥ずかしかったけれど、二個目もとってもおいしかったです(^^)。

    昼食は、地産ビーフのソテーか、舌平目とホタテの寄せ地餡。
    舌平目を選択すると、つけあわせは筍、タロ芋、 人参、スナップエンドウに椎茸。味付けは醤油とだしでさっぱり系。

    「タブーレ」は中近東でよく見かけるサラダですが、キュウリ、レッドキドニー豆、白いんげん豆などがごろごろ入っていました。

    それから、デザートはプラリネ チョコケーキ。
    スポンジケーキとプラリネチョコが層になっていて、口どけ滑らか。そこにナッツのカリッとした食感がアクセントになり、あとをひく濃厚な味がたまりません。
    もう一個、食べたいなと思いながら、隣りのフランス人男性のトレーを見ると、ケーキには手をつけないまま、連れの人たちとフランス語でおしゃべりしていていました。

    それは、ほんの一瞬。ちらっと見たつもりだったのですが、しばらくすると、男性が私に「ケーキを食べませんか?」と声を掛けてくれたのです!!
    何度も飛行機には乗っていますが、こんなことは初めて。
    そんなに物欲しそうな目をしていたのでしょうか。
    恥ずかしかったけれど、二個目もとってもおいしかったです(^^)。

  • それから、次の食事までの間に、アイスが配られました。<br />これもおいしかったけれど、一個で十分(^^)。

    それから、次の食事までの間に、アイスが配られました。
    これもおいしかったけれど、一個で十分(^^)。

  • そして、日本時間で夜9時30分。<br />疲れて眠そうなプーニャのもとに、到着前の食事が配られました。<br /><br />メニューは、アラビアータ ソースのかかったペンネに、焼きナス。<br />ポテトサラダに、クリームチーズに、パンナコッタみたいな食感のパイナップルクリームでした。<br /><br />

    そして、日本時間で夜9時30分。
    疲れて眠そうなプーニャのもとに、到着前の食事が配られました。

    メニューは、アラビアータ ソースのかかったペンネに、焼きナス。
    ポテトサラダに、クリームチーズに、パンナコッタみたいな食感のパイナップルクリームでした。

  • パリに到着したのは、日本時間の23時15分(パリの現地時間で16時15分)。<br />ここからダブリン行きの便に乗り継ぎます。<br />ターミナル間の移動はありませんでしたが、再度、セキュリティチェックのX線検査を受けさせられました。

    パリに到着したのは、日本時間の23時15分(パリの現地時間で16時15分)。
    ここからダブリン行きの便に乗り継ぎます。
    ターミナル間の移動はありませんでしたが、再度、セキュリティチェックのX線検査を受けさせられました。

  • そして、エスカレーターで階下にあるLCC用の搭乗ゲートへ。

    そして、エスカレーターで階下にあるLCC用の搭乗ゲートへ。

  • 日本時間で午前2時40分(現地時間で19時40分)。<br />飛行機はKLMとの共同運航便で、cityjetの小型機 Avro RJ85。<br />バスで空港のはじのほうまで連れてこられ、タラップを歩いて上がります。

    日本時間で午前2時40分(現地時間で19時40分)。
    飛行機はKLMとの共同運航便で、cityjetの小型機 Avro RJ85。
    バスで空港のはじのほうまで連れてこられ、タラップを歩いて上がります。

  • せっかく窓側を選んだのに、この景色は何!?(@@)

    せっかく窓側を選んだのに、この景色は何!?(@@)

  • これじゃ、景色が見えないよぉ。<br />悔しくて、プーニャは椅子にやつあたり。

    イチオシ

    これじゃ、景色が見えないよぉ。
    悔しくて、プーニャは椅子にやつあたり。

  • 予定より5分遅れて、20時10分に離陸。<br />しかし、景色が楽しめず、イライラする~(><)

    予定より5分遅れて、20時10分に離陸。
    しかし、景色が楽しめず、イライラする~(><)

  • ただ、この機体。なにやら賞を受賞したことがあるらしく、ブラインドも上下に開くなど、なかなか便利な造りになっていました。

    ただ、この機体。なにやら賞を受賞したことがあるらしく、ブラインドも上下に開くなど、なかなか便利な造りになっていました。

  • 夜中3時45分(現地時間20時45分)。<br />ツナ、またはクリームチーズサンドが配られました。<br /><br />クリームチーズサンドは胡桃と生のスピナッチがたっぷり入って、マスタードのピリリとした辛さがおいしかったです。

    夜中3時45分(現地時間20時45分)。
    ツナ、またはクリームチーズサンドが配られました。

    クリームチーズサンドは胡桃と生のスピナッチがたっぷり入って、マスタードのピリリとした辛さがおいしかったです。

  • そして、日本の朝4:20(パリ21時43分、ダブリン20時43分)に、ダブリン到着。

    そして、日本の朝4:20(パリ21時43分、ダブリン20時43分)に、ダブリン到着。

  • ここでも飛行機を下りたら、歩いて入国ゲートへ向かいます。

    ここでも飛行機を下りたら、歩いて入国ゲートへ向かいます。

  • 21時30分、長い長い行列の末に入国し、ダブリンバス747番(Airlink) で市内へ。<br />この時期、21時過ぎでも明るいから、女一人でも安心です。<br />バス停には係りのおじさんも立っていました。

    21時30分、長い長い行列の末に入国し、ダブリンバス747番(Airlink) で市内へ。
    この時期、21時過ぎでも明るいから、女一人でも安心です。
    バス停には係りのおじさんも立っていました。

  • バスの切符は、事前にネットで購入。<br />復路のチケットは、まるでレシート。<br />帰国日までに失くさないようにしなくては。

    バスの切符は、事前にネットで購入。
    復路のチケットは、まるでレシート。
    帰国日までに失くさないようにしなくては。

  • バスは二階建て。正面のディスプレイには、次の停留所が表示されます。

    バスは二階建て。正面のディスプレイには、次の停留所が表示されます。

  • ダブリンの中心地を流れるリフィー川。<br />円柱形の建物などちょっと変わった形のあるこのエリアは、後日、散策します。

    ダブリンの中心地を流れるリフィー川。
    円柱形の建物などちょっと変わった形のあるこのエリアは、後日、散策します。

  • 日本時間で朝6時6分、ダブリンの時間で22時6分。<br />バス停「クライストチャーチ大聖堂(Christ Church Cathdral)」で下車したら、<br />正面に見える大聖堂のすぐそばに、この日の宿、ハーディング ホテル(Harding Hotel)があります。

    日本時間で朝6時6分、ダブリンの時間で22時6分。
    バス停「クライストチャーチ大聖堂(Christ Church Cathdral)」で下車したら、
    正面に見える大聖堂のすぐそばに、この日の宿、ハーディング ホテル(Harding Hotel)があります。

  • 部屋は2階の206号室。<br />狭い部屋に、ベッドが斜めに配置されています。<br />大容量のきれいな湯沸しポットや、右端のテーブルの下には冷蔵庫もありました。

    部屋は2階の206号室。
    狭い部屋に、ベッドが斜めに配置されています。
    大容量のきれいな湯沸しポットや、右端のテーブルの下には冷蔵庫もありました。

    ハーディング ホテル ホテル

    空港へのバス停からすぐ by kiyoさん
  • バスルームはシャワーのみ。

    バスルームはシャワーのみ。

  • 机の引き出しを開けると、ドライヤーが固定されていました。<br />これは、盗難防止なのでしょうか。<br />初めて見ました。

    机の引き出しを開けると、ドライヤーが固定されていました。
    これは、盗難防止なのでしょうか。
    初めて見ました。

  • 部屋の窓からは、クライストチャーチ大聖堂が見えます。<br />ちょうど、この日この時間、イギリスのマンチェスターでは爆弾テロが起こったとも知らず、眠りについたのでした。

    部屋の窓からは、クライストチャーチ大聖堂が見えます。
    ちょうど、この日この時間、イギリスのマンチェスターでは爆弾テロが起こったとも知らず、眠りについたのでした。

  • そして、翌朝。ベッドに寝転んでいても大聖堂が見えます。

    そして、翌朝。ベッドに寝転んでいても大聖堂が見えます。

  • 眺望はとても良いのですが、この鐘の音が大迷惑。<br />夜中2時だろうが3時だろうが、30分おきくらいに打ち鳴らされるので、耳栓がないと眠れません。

    眺望はとても良いのですが、この鐘の音が大迷惑。
    夜中2時だろうが3時だろうが、30分おきくらいに打ち鳴らされるので、耳栓がないと眠れません。

  • さて、この大聖堂。

    さて、この大聖堂。

    クライスト チャーチ大聖堂 寺院・教会

    大聖堂内に響く朗々たる歌声 by kiyoさん
  • ホテルとは反対側の西側には、道路の上をまたぐように回廊があります。

    イチオシ

    ホテルとは反対側の西側には、道路の上をまたぐように回廊があります。

  • 回廊の下をくぐって反対側へ出ると、左が大聖堂。<br />右は「ダブリニア(Dublinia)」と言って、中世ダブリンの生活とバイキングに関する体験型展示の博物館です。

    回廊の下をくぐって反対側へ出ると、左が大聖堂。
    右は「ダブリニア(Dublinia)」と言って、中世ダブリンの生活とバイキングに関する体験型展示の博物館です。

  • この日、5月24日(水)。<br />大聖堂では、18時から音楽ミサ(Choral Evensong)が行われました。

    この日、5月24日(水)。
    大聖堂では、18時から音楽ミサ(Choral Evensong)が行われました。

  • 大聖堂前は憩いの場として芝生やベンチに、ジューススタンドなどもあり、<br />くつろいだ様子のハスキー犬がかわいかったです。

    大聖堂前は憩いの場として芝生やベンチに、ジューススタンドなどもあり、
    くつろいだ様子のハスキー犬がかわいかったです。

  • ミサでは、マンチェスターでのテロ犠牲者に祈りを捧げました。

    ミサでは、マンチェスターでのテロ犠牲者に祈りを捧げました。

  • 30分後、美しい女性聖歌隊の歌声とともにミサは終了。<br />その後は、自由に教会内を見学可能。

    30分後、美しい女性聖歌隊の歌声とともにミサは終了。
    その後は、自由に教会内を見学可能。

  • ちょうど射しこんできた西日に照らされたステンドグラス。

    ちょうど射しこんできた西日に照らされたステンドグラス。

  • 祭壇前から振り返って見渡す内陣は、この時間ならではの眺めでした。

    祭壇前から振り返って見渡す内陣は、この時間ならではの眺めでした。

  • 大聖堂を出て裏側にまわると、芝生広場になっています。

    大聖堂を出て裏側にまわると、芝生広場になっています。

  • その目の前にあるのが、宿泊したハーディングホテル。

    その目の前にあるのが、宿泊したハーディングホテル。

  • 早朝や夕方、部屋の窓から、ここで酔っ払って寝ている人の姿を何人か見かけました。そんな所で寝て大丈夫なのと心配になりましたが、それくらいダブリンは酔っ払いが多い町。だからと言って、治安が悪いエリアでなかったのは、これまた不思議です…。

    早朝や夕方、部屋の窓から、ここで酔っ払って寝ている人の姿を何人か見かけました。そんな所で寝て大丈夫なのと心配になりましたが、それくらいダブリンは酔っ払いが多い町。だからと言って、治安が悪いエリアでなかったのは、これまた不思議です…。

この旅行記のタグ

66いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

アイルランド一人旅2017

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • permanさん 2017/07/16 17:54:32
    待ってました~♪
    kiyoさん

    こんにちは‼
    旅行記待ってました☆
    しかも続々と(^_^)
    続きは帰宅してからゆっくり読ませていただきますね

    マンチェスターの爆弾テロ
    近いところで耳にされたんですね
    私も旅行中のホテルでした

    今より穏やかに旅行しやすくなってくれることを
    祈るばかりです


    機内食のチョコケーキ(笑)
    隣の方いい人でしたね♪
    長いフライトは隣の方も重要ですし
    ケーキをくださる方に
    悪い人はいない気がする!
    ツイてましたね☆

    ではまた~

    perman

    kiyo

    kiyoさん からの返信 2017/07/16 21:47:36
    RE: 待ってました?♪
    permanさん、こんばんわ。
    旅行記を見にきていただき、コメントまで。
    ありがとうございますm(_ _)m

    今回、ダブリンではあてどもなくフラフラ歩き回ったので
    時系列で並べると、本人以外にはつまらない内容になってしまったので
    数日分をテーマごとにまとめたのですが、
    そうなると、分割して公開したら、
    まとまりがなくなったので、一気にアップするしかないとがんばりました。
    ついでに口コミもがんがん投稿したので、
    すっかり力を使い果たし、今、頭が朦朧としています…(〜〜。

    マンチェスターの爆弾テロは、恐ろしくて、悲しい出来事でしたね。
    イギリスにはまた行きたくて、
    ロンドンではなく地方都市だったら大丈夫かもと考えていたのですが、
    ちょっと怖くなってしまいました。

    そうは言っても、ダブリンでも私の滞在中、
    ギャングがらみの殺人事件が起きたりしていたので、
    ここは安全で、あそこは危ないとは一様に言えない気もしました。

    機内食のチョコケーキをくれた隣の男性は
    最初は、肘掛の上にのせた腕が、私の体にたびたびぶつかるので
    いやな人だなと思っていたのです。

    けれど、ケーキをもらってからは、がらりと印象がかわり、
    多少、腕があたっても許せるようになりました(^^)。
    ケーキの力は、すごいです!?
    kiyo

kiyoさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

アイルランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アイルランド最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アイルランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集