ドゥーラン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年5月23日-6月2日までアイルランドを旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは5月27日(前半)の様子をまとめました。<br /><br />5月23日 成田発エアフラで、ダブリンへ<br />5月24日 ダブリン観光<br />5月25日 ダブリン観光<br />5月26日 ダブリンからゴールウェイへバス移動<br />5月27日 ゴールウェイからドゥーリンへバスで移動後、モハーの断崖 観光<br />5月28日 再び、モハーの断崖 観光<br />5月29日 ドゥーリンからゴールウェイへバス移動<br />5月30日 ゴールウェイからダブリンへバス移動<br />5月31日 ダブリン発ニューグレンジ日帰りツアー参加<br />6月 1日 パリ経由のエアフラで帰国(成田着は6月2日)<br /><br />今回、私の旅の友となるクマのぬいぐるみは、旅行歴14年となる「プーニャ」。プラハ旅行記で登場したクマクマウーを参考に型紙を作り、初めて手作りしたクマです。

アイルランド一人旅(5)ゴールウェイからバスでドゥーリンへ。そして、モハーの断崖までの長~~~い道のり

50いいね!

2017/05/27 - 2017/05/27

7位(同エリア24件中)

旅行記グループ アイルランド一人旅2017

4

51

2017年5月23日-6月2日までアイルランドを旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは5月27日(前半)の様子をまとめました。

5月23日 成田発エアフラで、ダブリンへ
5月24日 ダブリン観光
5月25日 ダブリン観光
5月26日 ダブリンからゴールウェイへバス移動
5月27日 ゴールウェイからドゥーリンへバスで移動後、モハーの断崖 観光
5月28日 再び、モハーの断崖 観光
5月29日 ドゥーリンからゴールウェイへバス移動
5月30日 ゴールウェイからダブリンへバス移動
5月31日 ダブリン発ニューグレンジ日帰りツアー参加
6月 1日 パリ経由のエアフラで帰国(成田着は6月2日)

今回、私の旅の友となるクマのぬいぐるみは、旅行歴14年となる「プーニャ」。プラハ旅行記で登場したクマクマウーを参考に型紙を作り、初めて手作りしたクマです。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • この日は、ゴールウェイからドゥーリンへ移動。<br />ドゥーリンでは2泊してモハーの断崖を観光。その後、またゴールウェイに戻ってくるという効率の悪い回り方ですが、同じ場所をじっくり見て歩きたかったので、このような旅程にしました。<br /><br />この日は、前日の夜から雨。気温も14度とひんやりしていました。<br />朝食は7時30分からのはずが、時間になってもまだ準備中。<br />けれど、この3日後に再び宿泊した際は、団体さんがいたせいか、7時20分にはオープンしていました。

    この日は、ゴールウェイからドゥーリンへ移動。
    ドゥーリンでは2泊してモハーの断崖を観光。その後、またゴールウェイに戻ってくるという効率の悪い回り方ですが、同じ場所をじっくり見て歩きたかったので、このような旅程にしました。

    この日は、前日の夜から雨。気温も14度とひんやりしていました。
    朝食は7時30分からのはずが、時間になってもまだ準備中。
    けれど、この3日後に再び宿泊した際は、団体さんがいたせいか、7時20分にはオープンしていました。

    インペリアル ホテル ゴールウェイ ホテル

    部屋によって設備が異なります by kiyoさん
  • 朝食はハム、サラミ、チーズ、ヨーグルト、グレープフルーツ、黄桃、プルーン、<br />さくさくしたミニクロワッサンに、チョコやアプリコットのペストリーや食パンもありました。<br />また、この日はなかったけれど、3日後に宿泊した際にはベーグルやゆで卵もありました。おいしかったけれど、野菜があれば、もっと良かったかも。

    朝食はハム、サラミ、チーズ、ヨーグルト、グレープフルーツ、黄桃、プルーン、
    さくさくしたミニクロワッサンに、チョコやアプリコットのペストリーや食パンもありました。
    また、この日はなかったけれど、3日後に宿泊した際にはベーグルやゆで卵もありました。おいしかったけれど、野菜があれば、もっと良かったかも。

  • 珍しいなと思ったのが、このパンケーキを焼く機械。

    珍しいなと思ったのが、このパンケーキを焼く機械。

  • ボタンを押すと、ぽとっとタネが落ちてきて、上からぎゅぎゅっと押さえつけられます。

    ボタンを押すと、ぽとっとタネが落ちてきて、上からぎゅぎゅっと押さえつけられます。

  • そうして、ベルトコンベアーのように流れ、焼きあがったものが右端から出てくるという仕組み。たった数分で、すごーいヽ(°▽°)ノ

    そうして、ベルトコンベアーのように流れ、焼きあがったものが右端から出てくるという仕組み。たった数分で、すごーいヽ(°▽°)ノ

  • ミニサイズだけど、しっとりしておいしい。蜂蜜とチョコシロップをかけて、いただきます。

    ミニサイズだけど、しっとりしておいしい。蜂蜜とチョコシロップをかけて、いただきます。

  • 9時20分、ホテルをチェックアウト。<br /> 雨の中、ゴールウェイ駅横のバス乗り場へ向かいました。<br />ここはバス エーラン Bus Eireann専用で、<br />その他のバスは徒歩数分の所にあるコーチステーション発着となっています。<br />コーチステーションにはカフェや待合所がありますが、ここにはベンチすらないので、すごく不便(~~。

    9時20分、ホテルをチェックアウト。
    雨の中、ゴールウェイ駅横のバス乗り場へ向かいました。
    ここはバス エーラン Bus Eireann専用で、
    その他のバスは徒歩数分の所にあるコーチステーション発着となっています。
    コーチステーションにはカフェや待合所がありますが、ここにはベンチすらないので、すごく不便(~~。

  • バス エーランの窓口も、土曜日は朝10時半から12時半と、13時半から16時までの営業で、この時間はまだ閉まっていました。<br />切符は駅の券売機でも買えますが、私はバス エーランのサイトでネット予約しました。値段は、片道18.52ユーロですが、往復で買うと30.88ユーロでした。

    バス エーランの窓口も、土曜日は朝10時半から12時半と、13時半から16時までの営業で、この時間はまだ閉まっていました。
    切符は駅の券売機でも買えますが、私はバス エーランのサイトでネット予約しました。値段は、片道18.52ユーロですが、往復で買うと30.88ユーロでした。

  • これが、ドゥーリンやモハーの断崖へ向かうバス。

    これが、ドゥーリンやモハーの断崖へ向かうバス。

  • 大型バスに、乗客は十人ほどで空席がかなりありました。<br />バスは予定より3分遅れて10時3分に発車。

    大型バスに、乗客は十人ほどで空席がかなりありました。
    バスは予定より3分遅れて10時3分に発車。

  • 走り始めて30分ほどすると、デューングラ城(Dunguaire Castle。Kinvara)が見えてきました。けれど、雨で窓が濡れ、景色が歪んでしまいます。

    走り始めて30分ほどすると、デューングラ城(Dunguaire Castle。Kinvara)が見えてきました。けれど、雨で窓が濡れ、景色が歪んでしまいます。

    デューングラ城 (ダンゴーラ城) 城・宮殿

    ツアーでなくても、個人でも行けます by kiyoさん
  • ゴールウェイを出発して、2時間後。<br />お昼12時には雨も上がり、もうすぐドゥーリンに到着です。

    ゴールウェイを出発して、2時間後。
    お昼12時には雨も上がり、もうすぐドゥーリンに到着です。

  • ドゥーリンにはバス停が3ヶ所あり、Doolin Rainbow hostel、Hotel Doolin、Doolin Hostelの順に停車します。<br />その後、バスはモハーの断崖へと向かいますが、私は今夜の宿に荷物を預けたかったので、Doolin Hostelで下車しました。

    ドゥーリンにはバス停が3ヶ所あり、Doolin Rainbow hostel、Hotel Doolin、Doolin Hostelの順に停車します。
    その後、バスはモハーの断崖へと向かいますが、私は今夜の宿に荷物を預けたかったので、Doolin Hostelで下車しました。

  • お昼12時30分、身軽になったところでモハーの断崖へ向かいます。<br />しかし、先ほどゴールウェイから乗ってきたバスが行ってしまうと、次のバスは17時02分発(@@)!<br />所要13分という近さにありながら、バスの本数が少なすぎ…。<br />車をもたない個人旅行者には、なんとも不便な場所です。<br />しかたなく歩いていくことにしたけれど、道が狭いので車が通るたびに端によけ、やり過ごさなければなりません。

    お昼12時30分、身軽になったところでモハーの断崖へ向かいます。
    しかし、先ほどゴールウェイから乗ってきたバスが行ってしまうと、次のバスは17時02分発(@@)!
    所要13分という近さにありながら、バスの本数が少なすぎ…。
    車をもたない個人旅行者には、なんとも不便な場所です。
    しかたなく歩いていくことにしたけれど、道が狭いので車が通るたびに端によけ、やり過ごさなければなりません。

  • トレイルの表示に沿って坂道を登りきると、わかれ道。<br />どちらもモハーの断崖へ行く道ですが、左は車道沿いのトレイルで、右は断崖沿いのトレイルです。

    トレイルの表示に沿って坂道を登りきると、わかれ道。
    どちらもモハーの断崖へ行く道ですが、左は車道沿いのトレイルで、右は断崖沿いのトレイルです。

  • モハーの断崖のビジターセンターもらった地図で見ると、左のオレンジの太線が、断崖沿いのトレイルです。

    モハーの断崖のビジターセンターもらった地図で見ると、左のオレンジの太線が、断崖沿いのトレイルです。

  • そちらのほうが圧倒的に景色は良いのですが、この日は雨が上がった直後。<br />海沿いのトレイルは、ぬかるんでいました。<br />以前、そうしたトレイルでひどい目に遭ったことがあり、今回は車道沿いの舗装されたトレイルを選択しました。<br />google mapのルート検索では「徒歩で1時間16分」。それくらいなら歩けると判断し、意気揚々と歩きだしました。

    そちらのほうが圧倒的に景色は良いのですが、この日は雨が上がった直後。
    海沿いのトレイルは、ぬかるんでいました。
    以前、そうしたトレイルでひどい目に遭ったことがあり、今回は車道沿いの舗装されたトレイルを選択しました。
    google mapのルート検索では「徒歩で1時間16分」。それくらいなら歩けると判断し、意気揚々と歩きだしました。

  • Doonagore Castleを見ながら、ルート表示に従って進みます。

    Doonagore Castleを見ながら、ルート表示に従って進みます。

  • 振り返ると、ドゥーリン港とCastle View HouseというB&amp;Bが見えます<br />さえぎるものもなく、開放感いっぱいの景色に感動。

    振り返ると、ドゥーリン港とCastle View HouseというB&Bが見えます
    さえぎるものもなく、開放感いっぱいの景色に感動。

  • 歩き始めて30分。<br />眺めがいいので、立ち止まっては景色に見とれ、この辺りまではまだ元気でした。

    歩き始めて30分。
    眺めがいいので、立ち止まっては景色に見とれ、この辺りまではまだ元気でした。

  • 問題は、ここから先。<br />何台も車が通り過ぎるので、そのたびに避けるのが面倒で仕方ありません。<br />道が、もっと広かったらいいのに…。

    問題は、ここから先。
    何台も車が通り過ぎるので、そのたびに避けるのが面倒で仕方ありません。
    道が、もっと広かったらいいのに…。

  • やがて海が見える道を離れ、478号線に合流。<br />強い向かい風にはばまれ、前に進むのもしんどくなりました。<br />おまけに、モハーの断崖はちらりとも見えてきません。<br />トレイルコースの表示があるので道は間違えていないはずなのに、代わり映えのしない景色に、だんだんと気持ちも沈んでいきました…。

    やがて海が見える道を離れ、478号線に合流。
    強い向かい風にはばまれ、前に進むのもしんどくなりました。
    おまけに、モハーの断崖はちらりとも見えてきません。
    トレイルコースの表示があるので道は間違えていないはずなのに、代わり映えのしない景色に、だんだんと気持ちも沈んでいきました…。

  • そんな時、遠くに円柱形の建物を発見!<br />もしかしてモハーの断崖のビジターセンターか!?

    そんな時、遠くに円柱形の建物を発見!
    もしかしてモハーの断崖のビジターセンターか!?

  • 祈るような気持ちで歩くこと5分。<br />バラードロード(Ballard road)にモハーの断崖の看板が出ていました!<br />やった~、もう少しで到着だ(☆゚∀゚)!

    祈るような気持ちで歩くこと5分。
    バラードロード(Ballard road)にモハーの断崖の看板が出ていました!
    やった~、もう少しで到着だ(☆゚∀゚)!

  • しかし、まだ道は続きます。

    しかし、まだ道は続きます。

  • ビジターセンターに見えたのは、タンクか何かでした(@@)。

    ビジターセンターに見えたのは、タンクか何かでした(@@)。

  • ビジターセンターは影も形も見えず、道は延々と続きます。<br />大型バスが連なってくるのに歩道が狭いので、何度も振り返っては立ち止まり、怖くて道の端によけました。

    ビジターセンターは影も形も見えず、道は延々と続きます。
    大型バスが連なってくるのに歩道が狭いので、何度も振り返っては立ち止まり、怖くて道の端によけました。

  • ようやくモハーの断崖の駐車場が見えてきましたが、ビジターセンターは、まだまだ先。

    ようやくモハーの断崖の駐車場が見えてきましたが、ビジターセンターは、まだまだ先。

  • 結局、モハーの断崖のビジターセンターに着いたのは、ドゥーリンを出発して1時間半後の14時過ぎ。いつもの私だったら、なんてことない距離でした。<br />けれど、ゴールウェイから移動してきた直後の疲れ、強い向かい風、代わり映えのしない景色。それらが重なり、1時間半の道のりが、3時間にも4時間にも感じられました。

    結局、モハーの断崖のビジターセンターに着いたのは、ドゥーリンを出発して1時間半後の14時過ぎ。いつもの私だったら、なんてことない距離でした。
    けれど、ゴールウェイから移動してきた直後の疲れ、強い向かい風、代わり映えのしない景色。それらが重なり、1時間半の道のりが、3時間にも4時間にも感じられました。

    モハーの断崖ビジター センター 散歩・街歩き

    トイレは二ヶ所 by kiyoさん
  • せっかく来たのに、疲れきって座り込みたい気分です。<br />それでも、とりあえず展望台へ向かいました。<br />しかし、ここではさらに強い風が吹きつけ、思うように前に進めず、残り少ない体力がどんどん削り取られていきました(~~)。

    せっかく来たのに、疲れきって座り込みたい気分です。
    それでも、とりあえず展望台へ向かいました。
    しかし、ここではさらに強い風が吹きつけ、思うように前に進めず、残り少ない体力がどんどん削り取られていきました(~~)。

  • それでも、このまま帰るのは、あまりにもったいない。<br />まず、南側の断崖の上を歩くことにしました。

    それでも、このまま帰るのは、あまりにもったいない。
    まず、南側の断崖の上を歩くことにしました。

  • トレイルは柵で区切られ、外側、内側どちらでも好きなほうを歩けます。

    トレイルは柵で区切られ、外側、内側どちらでも好きなほうを歩けます。

  • 勇気を出して崖下を覗きこみましたが

    勇気を出して崖下を覗きこみましたが

  • この赤いパーカーの男性のように、腰がひけてしまいます(^^;

    この赤いパーカーの男性のように、腰がひけてしまいます(^^;

  • それでも、崖下の小さい岩がバイヨン寺院のアンコールトムのように思えて、恐る恐るでも覗き込まずにはいられません。

    それでも、崖下の小さい岩がバイヨン寺院のアンコールトムのように思えて、恐る恐るでも覗き込まずにはいられません。

  • そうしてトレイルを歩いていきましたが、高さ120mはかなりの迫力。<br />手に変な汗が出てきて、足元がおぼつかなくなってきました。

    そうしてトレイルを歩いていきましたが、高さ120mはかなりの迫力。
    手に変な汗が出てきて、足元がおぼつかなくなってきました。

  • 南側のトレイルを歩き始めて、たった15分ですが、その先は翌日に持ち越すことにして、北側のトレイルへ向かいました。

    南側のトレイルを歩き始めて、たった15分ですが、その先は翌日に持ち越すことにして、北側のトレイルへ向かいました。

  • すると、空を覆っていた雲がきれ、青空になりました!<br />この日の朝、天気予報では「嵐と雷に注意」と出ていたのが嘘のような快晴です。

    すると、空を覆っていた雲がきれ、青空になりました!
    この日の朝、天気予報では「嵐と雷に注意」と出ていたのが嘘のような快晴です。

  • 先ほど歩いた南側のトレイルを見下ろしながら、階段を登ると、

    先ほど歩いた南側のトレイルを見下ろしながら、階段を登ると、

  • オブライエンの塔が見えてきて

    オブライエンの塔が見えてきて

  • 思わず「絶景だ」とつぶやきたくなる海が広がります。<br />けれど、風がさらに強まり、景色どころではありません。めいっぱい足を踏ん張っても体をもっていかれてしまいます。「I can fly over!」と両手を広げてはしゃぐ女の子もいましたが、転落しそうで怖かったです。

    思わず「絶景だ」とつぶやきたくなる海が広がります。
    けれど、風がさらに強まり、景色どころではありません。めいっぱい足を踏ん張っても体をもっていかれてしまいます。「I can fly over!」と両手を広げてはしゃぐ女の子もいましたが、転落しそうで怖かったです。

  • さらに、北側のトレイルには「崩落注意」の看板。

    さらに、北側のトレイルには「崩落注意」の看板。

  • 緊張しつつも、この北側のトレイルは南側より短いので、ささっと歩けるかと思いました。

    緊張しつつも、この北側のトレイルは南側より短いので、ささっと歩けるかと思いました。

  • ところが、風が強くて、前に進めません(><)。<br />せっかく天気が良くなったというのに、体力も限界で、頭がくらくらしてきました。

    ところが、風が強くて、前に進めません(><)。
    せっかく天気が良くなったというのに、体力も限界で、頭がくらくらしてきました。

  • 翌日もモハーの断崖を歩く予定なので、この日はここで退散。<br />時刻は、15時10分。帰りのバスまであと10分です。<br />名残惜しいけれど、バス停まで走りました。

    翌日もモハーの断崖を歩く予定なので、この日はここで退散。
    時刻は、15時10分。帰りのバスまであと10分です。
    名残惜しいけれど、バス停まで走りました。

  • ところが、バスが見つからない(@@。<br />あの赤いのがバスエーランの350番かと思ったら、違いました。<br /><br />え~ん、バスはどこ?<br /><br />駆け足で探し回っていたら、助け舟を発見!<br />ゴールウェイからドゥーリンへ向かうバスに同乗していた韓国人男性がいたのです。彼は、あのバスをここで下りたはず。きっとバス停の場所も知っていると思い尋ねたら、彼は英語が話せませんでした…。

    ところが、バスが見つからない(@@。
    あの赤いのがバスエーランの350番かと思ったら、違いました。

    え~ん、バスはどこ?

    駆け足で探し回っていたら、助け舟を発見!
    ゴールウェイからドゥーリンへ向かうバスに同乗していた韓国人男性がいたのです。彼は、あのバスをここで下りたはず。きっとバス停の場所も知っていると思い尋ねたら、彼は英語が話せませんでした…。

  • これを逃したら、また歩いて帰らなくてはいけない…。<br />それだけはいやだぁ~(><)。<br />気が動転して、次の18時20分のバスを待つという選択肢は頭から消え、バス停を探して駐車場まで走りました。すると、そこにいた係の人が教えてくれたのです。<br /><br />「停留所は、ビジターセンターの前だ」と。<br /><br />え~、それ、さっきまでいた所じゃない!?<br />残りあと2分、必死で走りました。<br />そして、通りの向こうからやってくるバスが見え、並んで待つ人々の中に、先ほどの韓国人男性の姿もありました…。<br /><br />やっぱり、あなたもこのバスに乗るんだったんじゃないかと恨みがましい目で、その人の背中を見つめてしまいました。

    これを逃したら、また歩いて帰らなくてはいけない…。
    それだけはいやだぁ~(><)。
    気が動転して、次の18時20分のバスを待つという選択肢は頭から消え、バス停を探して駐車場まで走りました。すると、そこにいた係の人が教えてくれたのです。

    「停留所は、ビジターセンターの前だ」と。

    え~、それ、さっきまでいた所じゃない!?
    残りあと2分、必死で走りました。
    そして、通りの向こうからやってくるバスが見え、並んで待つ人々の中に、先ほどの韓国人男性の姿もありました…。

    やっぱり、あなたもこのバスに乗るんだったんじゃないかと恨みがましい目で、その人の背中を見つめてしまいました。

  • ドゥーリンへと戻る道すがら、天気はこれ以上ないくらいの快晴です。

    ドゥーリンへと戻る道すがら、天気はこれ以上ないくらいの快晴です。

  • 来る時には、こんなにどんよりしていた場所が

    来る時には、こんなにどんよりしていた場所が

  • 帰りは、まるで別世界!

    帰りは、まるで別世界!

  • これだったら、歩いて帰っても楽しかったかも。<br />------------------------------<br />この旅行のこれまでの様子は、下記参照:<br /><br />1)ダブリン クライストチャーチ大聖堂のミサ & ハーディングホテル   <br /> http://4travel.jp/travelogue/11259885<br /><br />2)ダブリン 美しいショッピングモールと公園巡り<br /> http://4travel.jp/travelogue/11260532<br /><br />3)ダブリン 国立博物館は古代エジプト&考古学好きにはオススメ <br /> http://4travel.jp/travelogue/11260645<br /><br />4)ダブリンからバスで中世の遺跡が残るゴールウェイへ<br /> http://4travel.jp/travelogue/11270389

    これだったら、歩いて帰っても楽しかったかも。
    ------------------------------
    この旅行のこれまでの様子は、下記参照:

    1)ダブリン クライストチャーチ大聖堂のミサ & ハーディングホテル
    http://4travel.jp/travelogue/11259885

    2)ダブリン 美しいショッピングモールと公園巡り
    http://4travel.jp/travelogue/11260532

    3)ダブリン 国立博物館は古代エジプト&考古学好きにはオススメ
    http://4travel.jp/travelogue/11260645

    4)ダブリンからバスで中世の遺跡が残るゴールウェイへ
    http://4travel.jp/travelogue/11270389

50いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

アイルランド一人旅2017

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • pedaruさん 2017/08/27 04:56:57
    長い道のり
    kiyoさん おはようございます。

    旅行記を見終わって朝から疲れてしまった気がします。何故なら、こんなに臨場感があって、緊迫感、恐怖感、疲労感、・・感、・・感・・・最後にやっと解放感(笑い)。

    車が来るたび道の端によってやり過ごす、その繰り返し、疲労が重なるなか、ビジターセンターはまだ見えない、体力を消耗する向かい風、なぜ自分はこんな苦行をしなければならないのか?・・・・と自問自答しながらモハーの断崖へ向かう、・・・

    バ、バス停が見つからない、時間がない、これまたトラブルが待ったいました。・・・この旅行記を見て疲れない人はいません♪ 

    事実は小説より奇なのか?はたまた文章が上手すぎるのか?たいへん楽しく拝見しました。

    pedaru

    kiyo

    kiyoさん からの返信 2017/08/27 14:12:47
    RE: 長い道のり
    pedaruさん こんにちは。
    私の旅行記で疲れさせてしまって、すみません(><)
    でも、少しでも楽しんでいただけたなら、苦労した甲斐がありました!

    グーグルマップなどで位置確認しながら行けばよかったのでしょうが、
    スマフォは持っていないし、タブレットは宿においたままだったのが敗因です。

    昔、イギリスのフォークストンという港町からドーバーまで
    軽い気持ちで歩きはじめた時も、こんな感じでした。

    いつまで経ってもドーバーの白い岸壁が見えず
    気づけば、3時間ほど経っていて
    あちこちさまよった末に、ようやく岸壁が見えた時は
    「これって、人生みたいだ!」と感動しました。

    目的地へ向かって歩き始めたのに
    途中で道を見失い、
    この道でいいのかと迷い、
    それでも歩き続けて
    最後には目的地にたどり着いていた。

    今回のモハーも、あと数年経てば、そんな良い思い出になるのかもしれません。
    でも、次の旅では、もうこんな失敗はしないようにしたいです。
    ちなみに、ドーバーからフォークストンからまで帰りは電車で5分ほどでした…
    kiyo
  • ラクパグさん 2017/08/21 18:18:28
    パンケーキの 機械!

     kiyoさん 雄大な 景色 思う存分 楽しめて

     ちょっと 歩きすぎだけれど・・・

     でも 好きなところ ゆったりと 時間を とる旅 好きです。

     アイルランドらしい 景色 崖っぷちも スリリングです。

     パンケーキの 機械 ニューヨークの ホテルにあったの。

     ホテルが メチャ 高かったので 選ぶのに 苦労しました!

     ホテルの 朝食で 並んでるから 何かと思ったら

     パンケーキミックス。もっと 小さくて また 故障してしまい

     食べたけれど 美味しくなかった。kiyoさんのほうが ふっくら

     していて 全く違いました(涙)

     牛さん 絶対 豚さんの DNA 入っていますね。身体も

     他の牛と 違う感じ。顔 豚さん そのものだと・・・

     長い道のりだけれど 1人旅の 良さが伝わってきて 感動です。

               ラクパグ

     

    kiyo

    kiyoさん からの返信 2017/08/21 19:48:56
    RE: パンケーキの 機械!
    ラクパグさん、こんにちは。
    アイルランド旅行記に投票していただき、ありがとうございます。

    パンケーキの機械は、誰も使っている人がいなくて
    初日は私も気づかなかったのです。
    でも、二日目も同じホテルで朝食を取った際に
    おそるおそるボタンを押したら、
    自動でパンケーキが焼きあがってきたので、もうビックリ!
    「おもしろいし、おいしいよ」と、周りの人にすすめてまわりたい気分でした。
    まあ、一人旅で知り合いもいないので、それができないのが、寂しかったですが。

    ニューヨークは私も泊まったことがありますが、
    宿泊代を見て、目が飛び出るかと思いました。
    現地在住の方に、観光に便利で、安全なエリアで、手頃な値段のホテルを
    探してもらったのですが、全然、手頃ではありませんでした。
    でも、ニューヨークにもパンケーキの機械があるのですね。
    アメリカのホテルだと、ワッフルメーカーを思い出します。
    最初、使い方がわからずに、ひっくり返さずに焼き上がりを待っていたら
    後ろに並んでいた人が親切に教えてくれました。
    ひっくり返さなくても、ちゃんと火は通っていて、おいしかったですが。

    牛は、ネットで調べてみたのですが、
    調べ方が悪いのか、種類がわかりませんでした。
    でも、あの顔を見た時は、かなりの衝撃でした。
    すごまれているような、でも愛嬌があるような、不思議な表情です。
    kiyo

kiyoさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

アイルランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アイルランド最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アイルランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集