ツェル・アム・ゼー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
昨年同様オーストリアとイタリアを訪れる15日間の旅です。<br />今年は夫が行きたいと言うまで全く知らなかったチロルの小さな村々を訪ねる旅になりました。ありがたいことに今回は天気の良い日が続き、持参した雨具は一度も使わずにすみました。暑さに参りましたが…。 <br /><br />*―*―*―*―*―* 2015年日程 *―*―*―*―*―* <br /><br /> □ № 1  7/ 8(水) オーストリア Brandenberg泊 ①<br /> □ № 2  7/ 9(木) オーストリア Brandenberg泊 ②<br /> □ № 3  7/10(金) オーストリア Brandenberg泊 ③<br /> □ № 4  7/11(土) オーストリア Brandenberg泊 ④<br /> □ № 5  7/12(日) オーストリア Zell am See泊 ①<br /> ■ № 6  7/13(月) オーストリア Zell am See泊 ②<br /> □ № 7  7/14(火) オーストリア Uttendorf泊 ①<br /> □ № 8  7/15(水) オーストリア Uttendorf泊 ②<br /> □ № 9  7/16(木) イタリア   Ahrn谷 St.Jakob泊 ①<br /> □ №10  7/17(金) イタリア   Ahrn谷 St.Jakob泊 ②<br /> □ №11  7/18(土) イタリア   Ahrn谷 St.Jakob泊 ③<br /> □ №12  7/19(日) イタリア   Ahrn谷 St.Jakob泊 ④<br /> □ №13  7/20(月) オーストリア Innsbruck泊<br /> □ №13  7/21(火) 帰国へ    機内泊<br /> □ №13  7/22(水) 関空着<br /><br />*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*

2015年オーストリア・イタリアの旅 №6  *** Alexander Enzinger-Weg ハイキング***

40いいね!

2015/07/13 - 2015/07/13

4位(同エリア30件中)

poodle714

poodle714さん

昨年同様オーストリアとイタリアを訪れる15日間の旅です。
今年は夫が行きたいと言うまで全く知らなかったチロルの小さな村々を訪ねる旅になりました。ありがたいことに今回は天気の良い日が続き、持参した雨具は一度も使わずにすみました。暑さに参りましたが…。 

*―*―*―*―*―* 2015年日程 *―*―*―*―*―* 

 □ № 1  7/ 8(水) オーストリア Brandenberg泊 ①
 □ № 2  7/ 9(木) オーストリア Brandenberg泊 ②
 □ № 3  7/10(金) オーストリア Brandenberg泊 ③
 □ № 4  7/11(土) オーストリア Brandenberg泊 ④
 □ № 5  7/12(日) オーストリア Zell am See泊 ①
 ■ № 6  7/13(月) オーストリア Zell am See泊 ②
 □ № 7  7/14(火) オーストリア Uttendorf泊 ①
 □ № 8  7/15(水) オーストリア Uttendorf泊 ②
 □ № 9  7/16(木) イタリア   Ahrn谷 St.Jakob泊 ①
 □ №10  7/17(金) イタリア   Ahrn谷 St.Jakob泊 ②
 □ №11  7/18(土) イタリア   Ahrn谷 St.Jakob泊 ③
 □ №12  7/19(日) イタリア   Ahrn谷 St.Jakob泊 ④
 □ №13  7/20(月) オーストリア Innsbruck泊
 □ №13  7/21(火) 帰国へ    機内泊
 □ №13  7/22(水) 関空着

*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*

PR

  • Hotel Feinschmeck の朝食は7:30から開始です。<br />

    Hotel Feinschmeck の朝食は7:30から開始です。

  • パン

    パン

  • パンが乾かないようにぬれたナフキンでカバーしてありました。細かい配慮に感心。

    パンが乾かないようにぬれたナフキンでカバーしてありました。細かい配慮に感心。

  • バターなど<br />

    バターなど

  • フルーツ、ヨーグルト<br />Brandenberg のホテルは缶詰フルーツだったので、フレッシュフルーツなのがうれしい。

    フルーツ、ヨーグルト
    Brandenberg のホテルは缶詰フルーツだったので、フレッシュフルーツなのがうれしい。

  • ジャム、ヌテラ、はちみつなど

    ジャム、ヌテラ、はちみつなど

  • チーズ

    チーズ

  • チーズ、レバーペースト

    チーズ、レバーペースト

  • ハム

    ハム

  • マスタード、ケチャップなど

    マスタード、ケチャップなど

  • 温かいお料理

    温かいお料理

  • 特筆すべきはこちら、スモークサーモン<br /><br />このスモークサーモンがとてもおいしかったです。<br />これをまた食べに行きたい…。

    特筆すべきはこちら、スモークサーモン

    このスモークサーモンがとてもおいしかったです。
    これをまた食べに行きたい…。

  • ケーキもいろいろあってうれしかったけど、朝からケーキは思うほど食べられないのよね…。

    ケーキもいろいろあってうれしかったけど、朝からケーキは思うほど食べられないのよね…。

  • ナッツ、ドライフルーツ類

    ナッツ、ドライフルーツ類

  • シリアル

    シリアル

  • コーンフレーク

    コーンフレーク

  • ジャム

    ジャム

  • 冷たい飲み物

    冷たい飲み物

  • おいしいスモークサーモンを中心にいただきました。

    おいしいスモークサーモンを中心にいただきました。

  • 今日は今回の旅行で一番楽しみにしていた日です。<br />ところが朝起きると雨模様で、夫は私がどんなにこのコースを楽しみにしているかを知っているはずなのにハイキングの予定を変更して Krimml の滝を見に行こうと言い出します。<br />明日はもう Zell am See を移動しますのでハイキングは今日しかチャンスがありません。私はねばり強く反対しました。<br />何とか行き先変更だけはまぬがれました。<br />お天気の良い日が続いた今回の旅行でしたが、よりによってこの日だけお天気が悪いなんて本当についてないなーと思うのでした。<br /><br />写真は Zell am See Postplatz バス停です。

    今日は今回の旅行で一番楽しみにしていた日です。
    ところが朝起きると雨模様で、夫は私がどんなにこのコースを楽しみにしているかを知っているはずなのにハイキングの予定を変更して Krimml の滝を見に行こうと言い出します。
    明日はもう Zell am See を移動しますのでハイキングは今日しかチャンスがありません。私はねばり強く反対しました。
    何とか行き先変更だけはまぬがれました。
    お天気の良い日が続いた今回の旅行でしたが、よりによってこの日だけお天気が悪いなんて本当についてないなーと思うのでした。

    写真は Zell am See Postplatz バス停です。

  • Kitzsteinhorn 方面は Zell am See Postplatz 2番乗り場から乗車します。<br />

    Kitzsteinhorn 方面は Zell am See Postplatz 2番乗り場から乗車します。

  • バス停にある660番バス時刻表

    バス停にある660番バス時刻表

  •  Zell am See Postplatz バス停

    Zell am See Postplatz バス停

  • このバス停には無料のトイレがあります。何度も利用させていただきました。

    このバス停には無料のトイレがあります。何度も利用させていただきました。

  • それではこちらから660番バスに乗りましょう。<br /><br />8:50 Zell am See Postplatz 発<br />9:23 Kaprun Kitzsteinhorn Bergbahn 着

    それではこちらから660番バスに乗りましょう。

    8:50 Zell am See Postplatz 発
    9:23 Kaprun Kitzsteinhorn Bergbahn 着

  • 前回にもふれましたが、Zell am See-Kaprun Summer Card でこの路線バスに乗車するには1人1ユーロを運転手さんに支払います。<br /><br />写真は2人2ユーロ分の領収書と Zell am See-Kaprun Summer Card

    前回にもふれましたが、Zell am See-Kaprun Summer Card でこの路線バスに乗車するには1人1ユーロを運転手さんに支払います。

    写真は2人2ユーロ分の領収書と Zell am See-Kaprun Summer Card

  • バス車内のバス停名の案内 <br />とても分かりやすいです。

    バス車内のバス停名の案内 
    とても分かりやすいです。

  • バス車内より<br /><br />現在進行方向左手に Zell 湖を見ながら南へ向かっています。

    バス車内より

    現在進行方向左手に Zell 湖を見ながら南へ向かっています。

  • 時間どおりに Kaprun Kitzsteinhorn Bergbahn バス停に到着しました。<br />こんなお天気なのでバスもガラガラでした。

    時間どおりに Kaprun Kitzsteinhorn Bergbahn バス停に到着しました。
    こんなお天気なのでバスもガラガラでした。

  • Kaprun Kitzsteinhorn Bergbahn 乗り場へ

    Kaprun Kitzsteinhorn Bergbahn 乗り場へ

  • こちらのゴンドラを含め2区間目のゴンドラ、そして3区間目のロープウェイもすべて Zell am See-Kaprun Summer Card が使えます。<br /><br />ひとつ目のゴンドラ

    こちらのゴンドラを含め2区間目のゴンドラ、そして3区間目のロープウェイもすべて Zell am See-Kaprun Summer Card が使えます。

    ひとつ目のゴンドラ

  • 看板にアラビア語があるのも Zell am See ならでは。

    看板にアラビア語があるのも Zell am See ならでは。

  • ひとつ目のゴンドラとふたつ目のゴンドラの間にある山小屋<br />

    ひとつ目のゴンドラとふたつ目のゴンドラの間にある山小屋

  • ふたつ目のゴンドラへ

    ふたつ目のゴンドラへ

  • ふたつ目のゴンドラ乗り場

    ふたつ目のゴンドラ乗り場

  • 丸くてかわいい形のゴンドラ<br />去年イタリアのシウジ高原から下りるときに乗ったゴンドラに形がよく似ています。

    丸くてかわいい形のゴンドラ
    去年イタリアのシウジ高原から下りるときに乗ったゴンドラに形がよく似ています。

  • そして3区間目のロープウェイへ

    そして3区間目のロープウェイへ

  • ロープウェイ乗り場

    ロープウェイ乗り場

  • ロープウェイ乗り場入口

    ロープウェイ乗り場入口

  • これに乗ります。

    これに乗ります。

  • 貸切状態…。

    貸切状態…。

  • 終点です。<br />

    終点です。

  • 山頂駅も新しくて近代的なつくりです。<br />何も見えそうにないけどここへ来たなら「 Top of Salzburg 」展望台へ行ってみないと。

    山頂駅も新しくて近代的なつくりです。
    何も見えそうにないけどここへ来たなら「 Top of Salzburg 」展望台へ行ってみないと。

  • 展望台へ来ましたが、寒いだけで真っ白。<br />悲しいほど何も見えないのでした。

    展望台へ来ましたが、寒いだけで真っ白。
    悲しいほど何も見えないのでした。

  • 仕方なく霧が晴れるのを待つためにレストランへ。<br />お客さんはゼロです。

    仕方なく霧が晴れるのを待つためにレストランへ。
    お客さんはゼロです。

  • 3000mの高所とは思えないほど数々のおいしそうなケーキが並んでいます。<br />さすがオーストリアですね。

    3000mの高所とは思えないほど数々のおいしそうなケーキが並んでいます。
    さすがオーストリアですね。

  • シュトゥルーデルも。

    シュトゥルーデルも。

  • ここが標高3000mだということを忘れそうなくらい立派なレストラン<br /><br />夫だけグリューワインを注文しました。<br />レストランでのんびりしているとバスでご一緒だったおじいさんもこちらへお茶を飲みに来られました。きっと私たちのように行くところがなかったのですね。<br />言葉は交わしませんでしたが、お互いにしょうがないですねといった感じでアイコンタクトを取りました。<br />

    ここが標高3000mだということを忘れそうなくらい立派なレストラン

    夫だけグリューワインを注文しました。
    レストランでのんびりしているとバスでご一緒だったおじいさんもこちらへお茶を飲みに来られました。きっと私たちのように行くところがなかったのですね。
    言葉は交わしませんでしたが、お互いにしょうがないですねといった感じでアイコンタクトを取りました。

  • こちらには「 Top of Salzburg 」以外にももうひとつ展望台があります。<br />だめもとでそちらへも行ってみることに。<br /><br />展望台へ向かうトンネルの入り口

    こちらには「 Top of Salzburg 」以外にももうひとつ展望台があります。
    だめもとでそちらへも行ってみることに。

    展望台へ向かうトンネルの入り口

  • トンネルは長い下り坂になっています。<br />高山病を防ぐためでしょうか、トンネルの途中に何か所もこうした展示やベンチがあってゆっくり移動できるようになっています。

    トンネルは長い下り坂になっています。
    高山病を防ぐためでしょうか、トンネルの途中に何か所もこうした展示やベンチがあってゆっくり移動できるようになっています。

  • やっとトンネルが終わって明るい場所へ出ました。

    やっとトンネルが終わって明るい場所へ出ました。

  • 淡い期待をいだいて来たのですが、やはりこちらも真っ白で何も見えませんでした。<br />こちらは「 Panorama-platform of the Nationalpark Gallery 」という展望台です。

    淡い期待をいだいて来たのですが、やはりこちらも真っ白で何も見えませんでした。
    こちらは「 Panorama-platform of the Nationalpark Gallery 」という展望台です。

  • この霧ですのでお客さんも少なく数組の家族連れとすれ違っただけでした。

    この霧ですのでお客さんも少なく数組の家族連れとすれ違っただけでした。

  • 晴れていればこんなのが見えるのですね。

    晴れていればこんなのが見えるのですね。

  • いくら待っても霧は晴れそうにありませんので、何も見ていませんが下りることにします。

    いくら待っても霧は晴れそうにありませんので、何も見ていませんが下りることにします。

  • ロープウェイで1区間下りた Alpincenter(2452m)です。<br />霧は晴れませんが雨は上がっているので、ハイキングすることを夫もしぶしぶ承諾してくれました。<br /><br />今から歩くコースは Alexander Enzinger-Weg というハイキングコースです。<br />上からふたつ目の黄色い標識です。<br />健脚4トラベラーの tsuneta さんが去年紹介された旅行記を拝見してひとめぼれしてしまったコースです!<br />

    ロープウェイで1区間下りた Alpincenter(2452m)です。
    霧は晴れませんが雨は上がっているので、ハイキングすることを夫もしぶしぶ承諾してくれました。

    今から歩くコースは Alexander Enzinger-Weg というハイキングコースです。
    上からふたつ目の黄色い標識です。
    健脚4トラベラーの tsuneta さんが去年紹介された旅行記を拝見してひとめぼれしてしまったコースです!

  • ハイキングコースの案内板<br />5番のコースを歩きます。山頂駅で霧が晴れるのをねばっていたため出発が遅くなりましたが、11時45分ハイキング出発です。

    ハイキングコースの案内板
    5番のコースを歩きます。山頂駅で霧が晴れるのをねばっていたため出発が遅くなりましたが、11時45分ハイキング出発です。

  • ハイキングコースの地図

    ハイキングコースの地図

  • ハイキングコースの道標もしっかりついているので迷うことはありませんでした。

    ハイキングコースの道標もしっかりついているので迷うことはありませんでした。

  • この標識を確認しながら進みます。

    この標識を確認しながら進みます。

  • ハイキングの前半はいたって普通のコースです。

    ハイキングの前半はいたって普通のコースです。

  • 上りで乗ったゴンドラを見上げながら

    上りで乗ったゴンドラを見上げながら

  • 霧が晴れることを祈りつつ

    霧が晴れることを祈りつつ

  • 遠くまで見渡せたり真っ白になったりを繰り返しながらのハイキングです。<br />

    遠くまで見渡せたり真っ白になったりを繰り返しながらのハイキングです。

  • 途中羊さんの群れに何回も出会いました。ここの羊さんはこわがりで近寄るとそそくさと逃げてしまいます。

    途中羊さんの群れに何回も出会いました。ここの羊さんはこわがりで近寄るとそそくさと逃げてしまいます。

  • このトレイルのハイライトであるやせ尾根はいつ始まるのかな〜と思いながら歩いています。

    このトレイルのハイライトであるやせ尾根はいつ始まるのかな〜と思いながら歩いています。

  • こんなお天気なので、歩いている人は私たちの後ろにあともう一組のご夫婦だけでした。<br />本当はあいさつを交わしながら大勢の人が行き交うようなにぎやかなハイキングが好きなのですが。

    こんなお天気なので、歩いている人は私たちの後ろにあともう一組のご夫婦だけでした。
    本当はあいさつを交わしながら大勢の人が行き交うようなにぎやかなハイキングが好きなのですが。

  • 濃い霧でよく見えませんがここで地形が一変したことが分かります。<br />ハイキングスタートからこちら Stangenhoehe(2212m) まで1時間20分かかりました。

    濃い霧でよく見えませんがここで地形が一変したことが分かります。
    ハイキングスタートからこちら Stangenhoehe(2212m) まで1時間20分かかりました。

  • 霧が晴れていたらきっと腰が引けそうなスリルを感じているはずです。

    霧が晴れていたらきっと腰が引けそうなスリルを感じているはずです。

  • ここが一番のやせ尾根<br />ほとんど眺望がないのにもかかわらずスリルがあります!

    ここが一番のやせ尾根
    ほとんど眺望がないのにもかかわらずスリルがあります!

  • ハイライト部分を過ぎると、スイスの Brienzer Rothorn から Schoenbueel へのハイキングコースに似ていることに気がつきました。あちらもよく霧が出たことを思い出します。

    ハイライト部分を過ぎると、スイスの Brienzer Rothorn から Schoenbueel へのハイキングコースに似ていることに気がつきました。あちらもよく霧が出たことを思い出します。

  • 快適なアップダウンが続いています。

    快適なアップダウンが続いています。

  • 探検気分で歩くことができます♪

    探検気分で歩くことができます♪

  • 霧の晴れ間から見える Pinzgau の谷

    霧の晴れ間から見える Pinzgau の谷

  • ハイキングが進むにつれ、だんだんと尾根の幅が広くなっていきます。

    ハイキングが進むにつれ、だんだんと尾根の幅が広くなっていきます。

  • 昨日上った Areitalm と対面する形になります。

    昨日上った Areitalm と対面する形になります。

  • こちらは Schoppachhoehe(2069m)です。<br />地図上で現在位置を確認しました。<br /><br />やせ尾根の始まる Stangenhoehe からこちらまでちょうど1時間かかりました。

    こちらは Schoppachhoehe(2069m)です。
    地図上で現在位置を確認しました。

    やせ尾根の始まる Stangenhoehe からこちらまでちょうど1時間かかりました。

  • この標識のある場所は広場のようになっていたので、こちらで持参のチョコレートを食べて少し休憩。

    この標識のある場所は広場のようになっていたので、こちらで持参のチョコレートを食べて少し休憩。

  • 緩やかで歩きやすい下り坂が続きます。

    緩やかで歩きやすい下り坂が続きます。

  • 今日は涼しかったので歩きやすいです。

    今日は涼しかったので歩きやすいです。

  • Dreiwallnerhoehe(1861m)に着き、Zell 湖がよく見えるようになってきました。<br />ここから下りの傾斜が少し急になります。とはいってもずっと尾根道を下っていきますので、眺めも良く最後まで楽しく歩くことができます。

    Dreiwallnerhoehe(1861m)に着き、Zell 湖がよく見えるようになってきました。
    ここから下りの傾斜が少し急になります。とはいってもずっと尾根道を下っていきますので、眺めも良く最後まで楽しく歩くことができます。

  • Zell 湖方面

    Zell 湖方面

  • ハイキングコースにはお花もたくさん咲いています。<br /><br />

    ハイキングコースにはお花もたくさん咲いています。

  • 眼下に Kaprun の町も確認できます。

    眼下に Kaprun の町も確認できます。

  • 15時過ぎに Glocknerblick (1670m)の山小屋に到着しました。<br />ここはまだハイキングのゴールではないので通過します。

    15時過ぎに Glocknerblick (1670m)の山小屋に到着しました。
    ここはまだハイキングのゴールではないので通過します。

  • Glocknerblick の山小屋前からの眺め<br />

    Glocknerblick の山小屋前からの眺め

  • もう少しハイキングは続きます。

    もう少しハイキングは続きます。

  • あの下に見えるのがゴールの Maiskogelalm のようです。

    あの下に見えるのがゴールの Maiskogelalm のようです。

  • ハイキングゴールの Maiskogelalm に近づいたとき、ロバさんに出会いました。

    ハイキングゴールの Maiskogelalm に近づいたとき、ロバさんに出会いました。

  • とても人懐っこくずっと私たちの後をついてきます。<br /><br />こんな出会いにそなえていつもパンを持っている私

    とても人懐っこくずっと私たちの後をついてきます。

    こんな出会いにそなえていつもパンを持っている私

  • こちらがハイキングゴール Maiskogelalm(1544m) の山小屋です。

    こちらがハイキングゴール Maiskogelalm(1544m) の山小屋です。

  • 営業していないロープウェイ駅<br />かわりにこちらから Kaprun までタクシーが運行されています。

    営業していないロープウェイ駅
    かわりにこちらから Kaprun までタクシーが運行されています。

  • 1時間後のタクシーまでゆっくり休憩することにします。<br />フレンチフライポテトとビールを注文。<br />

    1時間後のタクシーまでゆっくり休憩することにします。
    フレンチフライポテトとビールを注文。

  • こちらの山小屋にはこのかわいいヤギさんをはじめ…

    こちらの山小屋にはこのかわいいヤギさんをはじめ…

  • 豚さん

    豚さん

  • アルパカさん、ほかにも羊、犬、鶏などちょっとした動物園のようにたくさんの動物がいて退屈しません。<br />こちらの山小屋で休憩して大正解♪<br />先ほどのロバさんもこちらの山小屋で飼われているようです。

    アルパカさん、ほかにも羊、犬、鶏などちょっとした動物園のようにたくさんの動物がいて退屈しません。
    こちらの山小屋で休憩して大正解♪
    先ほどのロバさんもこちらの山小屋で飼われているようです。

  • ハイキング出発地点の Alpincenter にあるインフォメーションでいただいたタクシーの時刻表<br /><br />このタクシーも Zell am See-Kaprun Summer Card が使えます。タクシーの運転手さんに渡すとカードのバーコードを読み取っていました。

    ハイキング出発地点の Alpincenter にあるインフォメーションでいただいたタクシーの時刻表

    このタクシーも Zell am See-Kaprun Summer Card が使えます。タクシーの運転手さんに渡すとカードのバーコードを読み取っていました。

  • 私たちが Maiskogelalm に着いたときちょうど15:30発のタクシーが待っていたのですが、少し休憩したかったので次のタクシーに乗りますと告げて山小屋へ寄りました。<br />こちらが私たちが乗った最終の16:30発のタクシー

    私たちが Maiskogelalm に着いたときちょうど15:30発のタクシーが待っていたのですが、少し休憩したかったので次のタクシーに乗りますと告げて山小屋へ寄りました。
    こちらが私たちが乗った最終の16:30発のタクシー

  • タクシー車窓からの風景

    タクシー車窓からの風景

  • こちらがタクシーの行き先 Schaufelberg Infostelle<br />Kaprun の中心からバス停一つ隣にあり、Alpine Coaster Maisiflitzer などのお子様向けのレジャー施設があります。<br />Maiskogelalm からこちらまでのタクシーの所要時間は約15分でした。<br />

    こちらがタクシーの行き先 Schaufelberg Infostelle
    Kaprun の中心からバス停一つ隣にあり、Alpine Coaster Maisiflitzer などのお子様向けのレジャー施設があります。
    Maiskogelalm からこちらまでのタクシーの所要時間は約15分でした。

  • タクシーを下車後、歩いてすぐ近くにあるポストバスのバス停へ。

    タクシーを下車後、歩いてすぐ近くにあるポストバスのバス停へ。

  • 660番バスに乗って Zell am See のホテルへ戻ります。<br /><br />16:52 Kaprun Schaufelberg 発<br />17:11 Zell am See Postplatz 着<br />

    660番バスに乗って Zell am See のホテルへ戻ります。

    16:52 Kaprun Schaufelberg 発
    17:11 Zell am See Postplatz 着

  • 19:00 今夜の夕食もホテルのレストランでいただきます。お天気のせいか今日はテラス席ではなく室内の席へ案内されました。

    19:00 今夜の夕食もホテルのレストランでいただきます。お天気のせいか今日はテラス席ではなく室内の席へ案内されました。

  • 飲み物のメニューを見て気になったのが Himbeer-Soda<br />ウエイターさんに尋ねると Himbeer(独) = raspberry(英)ラズベリーという意味だと教えてくれました。<br />Himbeer-Soda はラズベリーシロップを炭酸水で割った飲み物です。

    飲み物のメニューを見て気になったのが Himbeer-Soda
    ウエイターさんに尋ねると Himbeer(独) = raspberry(英)ラズベリーという意味だと教えてくれました。
    Himbeer-Soda はラズベリーシロップを炭酸水で割った飲み物です。

  • こちらが注文した Himbeer-Soda です。<br />これをきっかけに今回の旅行で私の定番飲み物になります。

    こちらが注文した Himbeer-Soda です。
    これをきっかけに今回の旅行で私の定番飲み物になります。

  • アジアンチキンスープ<br />

    アジアンチキンスープ

  • マスのグリル(お皿の向きが逆ですね)

    マスのグリル(お皿の向きが逆ですね)

  • 牛肉のグーラッシュ

    牛肉のグーラッシュ

  • レストランの様子

    レストランの様子

  • デザートはアイスクリーム

    デザートはアイスクリーム

この旅行記のタグ

40いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (15)

開く

閉じる

  • Rolleiguyさん 2016/05/12 16:05:29
    お天気以外は山を楽しまれたようですね
    poodle714さん
    昨年の旅行記は全部拝見したと思っていましたが、いくつか見忘れて
    いたようです。
    折角期待大だった山が曇りと霧で残念でしたが、山歩きは天気に関わらずそれなりに楽しめますね。それにここのホテルの食事は美味しそうですね。
    山のホテルでは、朝の食事にバラエティがあると、1日嬉しくなります。
    こうした内容の旅行記を作っておくと、そのまま旅行日記になるし、アルバムにもなるので、いつまでも何度も楽しめますね。
    オーストリアには何度もお出でになっていらっしゃいますが、今度行かれるときに、まだ歩いておられなかったら、お勧めしたいのは、シュラートミングの上にあるダッハシュタインです。ここは、ロープウェイでかなり上まで上がれ、そのあと氷河を歩いてHoher Dachsteinに登るコースがあります。
    私は行ったのはもう20年以上前なので、氷河の状態が変わっているかもしれませんが、氷河を1時間くらいあるいて(夏は踏み後がくっきりついていますので迷うことはありません)、Hoher Dachsteinの岩壁の取り付き部に着きます。ここから、フィックスザイルときっちりした足場のある、岩壁を登ります。15メートルくらいのザイルを持って行けば安心して上り下り出来ます。
    私は、当時12歳と14歳の娘2人をザイルで縛って連れて行きました。むしろ子供の方がすいすい登りました。多少不安があるようでしたら、ガイドを頼むことも出来ます。頂上からの360度のパノラマで氷河と緑の谷を眺められますので、強くお勧めします。
    Rolleiguy

    poodle714

    poodle714さん からの返信 2016/05/15 20:42:14
    スリルありそうです
    Rolleiguyさん、こんばんは

    メッセージをありがとうございます。
    何日も前に書き込みをいただいていたのに気づくのが遅れ、
    お返事が今日になってしまいました。すみません。

    このAlexander Enzinger-Wegは、去年私が一番楽しみに
    していたハイキングコースでした。
    残念ながら霧のためその魅力が半減してしまいましたので、
    もう一度歩いてみたいと思ってはいます。
    Zell am Seeのホテルは特に朝食が良かったです。
    オーストリアは、パンがおいしいですね。
    中でも私はカイザーゼンメルが好きなので、以前スイスの
    朝食でカイザーゼンメルがなかったときに、ちょっと
    さみしい感じがしました。
    旅行していると、パンひとつとってもそれぞれお国柄が
    あって楽しめます。
    私の旅行記には食べ物がよく登場するのも特徴です(笑)。

    Rolleiguyさんが一押しのHoher Dachsteinのことを
    全然知りませんでしたので、地図とYou Tubeを何本か
    見てみました。
    地図を見ると3000m級の山で、はしごマークもついて
    いるし、動画を見るとかなり本格的な登山に思えました。
    (登れたはいいけど、下りられるかな?みたいな)
    Rolleiguyさんのお嬢様方が登られたお話がなければ、
    私には絶対無理だと思ってしまうところでした。
    今年のオーストリアはすでにレッヒのホテルを予約して
    しまったので、次回以降にぜひ行ってみたいと思います。
    近くのザルツカンマーグート周辺の観光と組み合わせる
    のも楽しそうですね。
    その前にRolleiguyさんの旅行記でまたご紹介いただける
    とさらにうれしいです。
                             poodle714
  • jun1さん 2015/08/31 00:38:37
    3000級の山に一気にゴンドラで!
    poodel714さん、こんばんは。

    Top of Salzburgは3つもゴンドラを乗り換えて3029mへ登るのですか。
    晴れてたら、もの凄い絶景ポイントでしょうね。

    アレクサンダートレイルを楽しみにしてたのに、生憎の霧で残念でしたね。
    これは、いつかリベンジか!

    私もココ、覚えておいて、いつか歩いてみたいです。

    湖も有って、素敵なところですね!

    この辺のバスは660番のバスに限らず、車内にバス停の名が表示されてるのでしょうか?

    ドロミテより、降りるバス停が分かりやすかったことでしょう。

    jun1

    poodle714

    poodle714さん からの返信 2015/08/31 20:02:42
    トップオブザルツブルク
    jun1さん、こんばんは

    お訪ねくださりありがとうございます。
    真っ白の写真しかなくてお恥ずかしいですが、
    そうなんです。
    本当はここはイチオシスポットです(のはずです)!
    山の天気は良くも悪くも変わりやすいので、霧が晴れる
    のを山頂駅でねばってみたのですがダメでした〜。
    アレクサンダートレイルハイキングのハイライト部分も
    霧の中でしたので、展望台とセットで要リベンジです。

    ツェルアムゼーでカードの使えるバスのうち、私たちが
    利用したのはキッツシュタインホルンへ行く660番バスと
    シュミッテン行き71番バスの2種類です。
    どちらもバス車内に停留所の案内表示があって安心して
    乗ることができました。
    しかし、ツェルアムゼーから次の滞在地へ移動するときに
    乗った670番バス(カード適用なし)には車内案内がなく、
    かなりおろおろしました。
    ちょっとしたことですが、あの案内表示があるとないと
    では旅行のしやすさが全然違いますね。

                       poodle714   
  • batfishさん 2015/08/30 19:52:54
    豪華な朝食♪
    poodle714さん こんばんは!

    前回のコメントでの予告通り、豪華な朝食ですね(^^)
    →この旅行記でそこか?!とつっこみたくなりますが…
    でも、ハムの種類の多さやあたたかいメニューもあって
    ドロミテの簡単な朝食をみてきた目には豪華に映ります。

    今年はずっと好天続きという印象でしたが、
    霧の日もあったのですね。私も旅程の後半はこんなハイキング
    がありました。霧の中のハイキングは涼しくてよいですが
    やはりできれば眺望を得られる晴天のもとで歩きたいですよね。

    今年は下見ということで(^^)
    多分、旦那様もこのコースはまた歩きたいと思ったことでしょう!
    (私もまた見たいです)

    続きも楽しみにしています。

    batfish

    poodle714

    poodle714さん からの返信 2015/08/30 22:04:58
    オーストリアはパンがおいしいですね
    batfishさん、こんばんは

    いつもコメントを書いてくださってありがとうございます。

    そうですね、確かに朝食はオーストリアのが好みです。
    カイザーゼンメルがないと朝が始まらないような
    気がして…。
    batfishさんはクロワッサンがお好きでしたよね。
    夫もそうなのですが、クロワッサンはドイツ語圏では
    出してくれるホテルが少ないのが残念です。
    女子としては生野菜とフルーツの種類が多いホテルが
    得点高いと思います。

    batfishさんのアドバイスどおり今回は下見と自分に
    言い聞かせますね。
    また現地でハイキングできる日を妄想しつつ(笑)
                                   poodle714
  • うさみみさん 2015/08/30 15:00:45
    やせ尾根
    poodle714さんへ こんにちは!
    一番楽しみにされていた日なのに、、、
    文章から残念なお気持ちがとても伝わってきました。
    でもリベンジできた時の感動はひとしおでしょうから
    またいつかきっとね(^_^)

    アレクサンダートレイル、私も昨年初めて知りひとめぼれした一人です!
    高所好きの私にはあのやせ尾根、たまりません^^
    「ここが一番のやせ尾根」の写真を拝見すると
    スリル満点! わくわくします!!
    眺望が聞かない真っ白な中を歩く方が、かえって怖いかもしれませんね。
    霧が出ていても魅力的なコースに思えました。いつかぜひ私も行ってみたいです!

         うさみみ

    poodle714

    poodle714さん からの返信 2015/08/30 16:20:17
    うさみみさんなら余裕でしょう
    うさみみさん、こんにちは

    いつも見てくださってお手数なのにメッセージも
    書いてくださってありがとうございます(*^。^*)

    そうですか、うさみみさんもアレクサンダートレイルに
    ひとめぼれされたのですか♪
    うさみみさんと私とではハイキングレベルにかなり差が
    ありますが、好みが同じでうれしいです。
    雪の坂道は無理ですけどね(笑)

    ドジな私のことなので、今度晴れた日に行けたとしても
    よく見えたことで今度はこわくなり過ぎてやせ尾根が
    渡れずに引き返しました…なんてことになるかも
    しれません。
    そのときはまた笑ってやってくださいね。
                             poodle714
  • merumoさん 2015/08/30 07:59:39
    幻想的!
    poodle714さん
    おはようございます!

    一番行きたかったところが霧でよく見えないっていうのは本当に残念でしたね。
    「ここが一番のやせ尾根」っていうのはまるで天国につながる道みたいで
    撮り方が上手だな〜と感心! 
    晴れてたら私なんかきっと怖くて歩けないと思うわ。
    ハイキングは晴れてるに越したことないけど霧の中でも歩くのはさすが!
    ご主人と一緒だからできたんですね。一人じゃ怖いもの…

    やっと涼しくなってきたのかな?このお天気が終われば秋晴れになるのかしら?それともまた暑くなるんでしょうか?

    体調管理してくださいね!

     merumo

    poodle714

    poodle714さん からの返信 2015/08/30 11:33:38
    すっきりしない日が続きますね
    merumoさん、こんにちは

    初心者ハイキングの内容なのにいつもおつきあいくださり
    ありがとうございます。
    街歩きでもお天気が良いときれいに見えてうれしいもの
    ですが、山では見えると見えないでは雲泥の差です。
    唯一救われるのはご当地カードがあるから乗り物代は
    無料だったということでしょうか。

    merumoさんのおっしゃるとおり、あのコースは私1人では
    無理だろうなと思います。
    お互い不満が多いですが、もたれあいの精神で夫婦で旅行
    を続けております(^^ゞ
                               poodle714
  • oneonekukikoさん 2015/08/29 21:44:56
    霧のハイキング
    poodle714さん

    ツェルアムゼーが一番行きたいところだったのですね。
    今回の私のプレーケストーレンと同じですね。
    同じように眺望に恵まれなくて残念でしたが、
    ご主人様もご一緒でよかったですね。
    里に降りたらお日様が顔を出して。こんなものですね。

    やせ尾根というんですね。
    スリル満点です。
    プレーケストーレンに匹敵します。
    眺望がよかったら、下までよく見えて、むしろ足が竦んじゃいそうです。
    でも、歩いてみたい。

    私達は、まだ雪に覆われていましたので、
    一つ目のリフトで降りてしまいましたが
    夏はいいハイキングコースになるんですね。
    チロル、ドロミテは
    いくらでもハイキングコースがあって楽しみです。
    次はイタリアですね。
    ここも初めて耳にする地名です。
    紹介を楽しみに待ってますね。

    oneonekukiko

    poodle714

    poodle714さん からの返信 2015/08/30 06:03:58
    翌日リベンジされたのでしょうか?
    oneonekukikoさん、おはようございます
    いつも書き込みをありがとうございます。

    思い入れのあった場所に到達はできたけど霧で残念…
    というこの状況、行先が違うだけでoneonekukikoさんと
    本当によく似ています。

    もしかしたらoneonekukikoさんもプレーケストーレンに
    行きたいからノルウェーに行こうと思われたのではない
    ですか?
    私も今回の旅程を組むに当たっては完全に夫に主導権を
    握られていた(笑)ので私の好きなようにできるのは
    ツェルアムゼーの2泊だけでした。
    でもふりかえってみると、お天気に左右されるので本当に
    行きたい場所には予備日が必要だなと反省しました。
    oneonekukikoさんも旅行記の中で「明日晴れたらもう一度
    挑戦しようかな?」と書いておられましたが、今度いつ
    来られるか分からない場所だけに次の日にでもすぐ
    リベンジできればそのほうがいいに決まっていますものね。

    これはまた来なさいという意味にとらえて来年も旅行へ
    行くしかないですね(笑)
                                  poodle714

    oneonekukiko

    oneonekukikoさん からの返信 2015/08/30 09:13:34
    RE: 翌日リベンジされたのでしょうか?
    もしかしたらoneonekukikoさんもプレーケストーレンに
    > 行きたいからノルウェーに行こうと思われたのではない
    > ですか?
    ピンポーン!!!
    大当たりです。
    やはり4トラで見つけて、すごいところがあるもんだと、感心してました。
    実は、スタヴァンゲルでもう一ヶ所あったのですが、
    それはあまりにも無謀でやめました。
    ボートで下から眺めました。

    > でもふりかえってみると、お天気に左右されるので本当に
    > 行きたい場所には予備日が必要だなと反省しました。
    本当にそうですね。
    お若いのですから、まだまだ時間はあります。
    いつかきっと行けますよ。
    そういうのも楽しみですよね。
    またいつ行けるかなって考えるのも。

    oneonekukiko    
  • tsunetaさん 2015/08/29 19:18:31
    思い出されます、スリル満点のハイキングを!
    poodle714さん! こんばんわ。 素晴らしいスリル満点の旅行記ですね。

    二人だけのハイキングは我々グループのときと比べるとスリル満点以上に怖かったのではないでしょうか。

    昨年のハイキングと同じような天気でしたね。 晴れていたら最高だったと思われますが、霧がかかっているので怖さも感じずに通過できたと思います。

    約4時間のハイキングは変化に富んでいてあまり疲れを感じなかったと思います。 ツェルアムゼーが眼下に見られたときは我々はほっとしたのを覚えています。

    maiskogelalmからのロープウエーは運転していなかったのですか。 確かに利用者が少なかったように思います。

    ホテルについての夕食は安堵感と満足感が感ぜられますが、ご主人様はこのハイキングについてはいかがだったのでしょうか。

    楽しい旅行記ありがとうございました。

    tsuneta

    poodle714

    poodle714さん からの返信 2015/08/29 21:00:56
    お訪ねありがとうございます
    tsunetaさん、こんばんは

    旅行記を見においでくださり、またメッセージも
    ちょうだいしどうもありがとうございます。

    この日はこのコースを歩いている人が少なかったので
    さみしい反面好きなペースでのびのびと歩くことが
    できました。
    tsunetaさんのおっしゃるとおり本当に変化のある
    楽しいコースで大好きなコースになりました。
    いつかすっきりと晴れた日に歩けたらなと思います。

    主人は慎重な性格なので、好天でない日に私がスリル
    あるこのコースを歩くことに消極的だったようです。
    アレクサンダートレイルの感想を改めて聞きましたら、
    前夜の雨で足元を心配していたそうですが
    尾根伝いのコースは水はけがよいのか問題なく歩け、
    天気がよければキッツビューラーアルペンを眺めながら
    楽しく歩けるのではないかとのことでした。

    健脚のtsunetaさんが歩かれるコースを私がまねをして
    歩くにはかなり制約があるとは思いますが、これからも
    魅力的なハイキングコースをご紹介くださいね。
    楽しみにしております。
                          poodle714                 

poodle714さんのトラベラーページ

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 440円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集