北見旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2015年の夏休み、「北海道フリーパス」や「萌えっ子フリーきっぷ」を利用して、道東や道北を回ってきました。<br />旅の目的は、<br /> ①道東や道北の廃線跡を巡る。<br /> ②急行「はまなす」に乗る。<br /> ③ワッカ原生花園に行く。<br /> ④湧別から稚内までオホーツク海沿岸をバスで走破する。<br />でした。<br />その11は、ふるさと銀河線廃線跡巡り・北見編です。<br /><br />その1 出発・急行「はまなす」乗車編http://4travel.jp/travelogue/11041078<br />その2 JR北海道バス深名線乗車・深名線廃線跡巡りhttp://4travel.jp/travelogue/11041107<br />その3 続・JR北海道バス深名線乗車・深名線廃線跡巡り編http://4travel.jp/travelogue/11041253<br />その4 名寄散策編http://4travel.jp/travelogue/11041810<br />その5 旭川・深川往復・石北本線代行バス乗車編http://4travel.jp/travelogue/11041864<br />その6 ワッカ原生花園編http://4travel.jp/travelogue/11042219<br />その7 続・ワッカ原生花園編http://4travel.jp/travelogue/11042896<br />その8 続々・ワッカ原生花園編http://4travel.jp/travelogue/11043342<br />その9 常呂散策・湧網線廃線跡巡り編http://4travel.jp/travelogue/11043401<br />その10 湧網線廃線跡巡り・網走散策編http://4travel.jp/travelogue/11043907

北海道旅行記2015年夏(11)ふるさと銀河線廃線跡巡り・北見編

12いいね!

2015/08/04 - 2015/08/11

39位(同エリア77件中)

fuming64さん

2015年の夏休み、「北海道フリーパス」や「萌えっ子フリーきっぷ」を利用して、道東や道北を回ってきました。
旅の目的は、
 ①道東や道北の廃線跡を巡る。
 ②急行「はまなす」に乗る。
 ③ワッカ原生花園に行く。
 ④湧別から稚内までオホーツク海沿岸をバスで走破する。
でした。
その11は、ふるさと銀河線廃線跡巡り・北見編です。

その1 出発・急行「はまなす」乗車編http://4travel.jp/travelogue/11041078
その2 JR北海道バス深名線乗車・深名線廃線跡巡りhttp://4travel.jp/travelogue/11041107
その3 続・JR北海道バス深名線乗車・深名線廃線跡巡り編http://4travel.jp/travelogue/11041253
その4 名寄散策編http://4travel.jp/travelogue/11041810
その5 旭川・深川往復・石北本線代行バス乗車編http://4travel.jp/travelogue/11041864
その6 ワッカ原生花園編http://4travel.jp/travelogue/11042219
その7 続・ワッカ原生花園編http://4travel.jp/travelogue/11042896
その8 続々・ワッカ原生花園編http://4travel.jp/travelogue/11043342
その9 常呂散策・湧網線廃線跡巡り編http://4travel.jp/travelogue/11043401
その10 湧網線廃線跡巡り・網走散策編http://4travel.jp/travelogue/11043907

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
交通手段
徒歩

PR

  • 北見の街並み。<br />8月7日、旅行4日目です。<br />朝7時30分頃、ホテルの部屋からです。<br />雨は降っていませんでしたが、空は雲で覆われていました。<br />石北本線の部分不通の状況は変わっておらず、そのため、この日も大幅に予定を変更しなければなりませんでした。<br />列車の時刻は11時半過ぎだったので、それまで北見駅周辺のふるさと銀河線の廃線跡をゆっくり巡ろうと思っていました。<br />ところが、二日酔いのせいか、明け方から頭痛と吐き気が続いたのでした。

    北見の街並み。
    8月7日、旅行4日目です。
    朝7時30分頃、ホテルの部屋からです。
    雨は降っていませんでしたが、空は雲で覆われていました。
    石北本線の部分不通の状況は変わっておらず、そのため、この日も大幅に予定を変更しなければなりませんでした。
    列車の時刻は11時半過ぎだったので、それまで北見駅周辺のふるさと銀河線の廃線跡をゆっくり巡ろうと思っていました。
    ところが、二日酔いのせいか、明け方から頭痛と吐き気が続いたのでした。

  • 北見トンネル。<br />道道122号線の跨線橋からです。<br />8時を過ぎ、吐き気は収まってきたものの、頭痛は続いていました。<br />それでも、意を決して、散策に出かけることにしました。

    北見トンネル。
    道道122号線の跨線橋からです。
    8時を過ぎ、吐き気は収まってきたものの、頭痛は続いていました。
    それでも、意を決して、散策に出かけることにしました。

  • 北見トンネル。<br />ホテルの部屋から見えたコンクリートの構造物は、北見トンネルだとこの時初めて気付きました。<br />北見トンネルは列車では数回通っていたのですが…

    北見トンネル。
    ホテルの部屋から見えたコンクリートの構造物は、北見トンネルだとこの時初めて気付きました。
    北見トンネルは列車では数回通っていたのですが…

  • 北見トンネルとふるさと銀河線の廃線跡。<br />道道122号線の跨線橋からです。<br />右がふるさと銀河線の廃線跡だとすぐ分かりました。

    北見トンネルとふるさと銀河線の廃線跡。
    道道122号線の跨線橋からです。
    右がふるさと銀河線の廃線跡だとすぐ分かりました。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />道道122号線の跨線橋の下です。<br />ここを通っていたようです。<br />奥が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    道道122号線の跨線橋の下です。
    ここを通っていたようです。
    奥が北見駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />上の写真の反対側です。<br />この辺りは住宅や道路になっていました。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    上の写真の反対側です。
    この辺りは住宅や道路になっていました。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />奥に見えるのが北見駅です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    奥に見えるのが北見駅です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />北見ハッカ記念館の近くです。<br />この辺りは遊歩道になっていました。<br />手前が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    北見ハッカ記念館の近くです。
    この辺りは遊歩道になっていました。
    手前が北見駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />奥が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    奥が北見駅方面です。

  • 遊歩道にあった照明灯。<br />柱はふるさと銀河線の線路を利用しているとのことでした。

    遊歩道にあった照明灯。
    柱はふるさと銀河線の線路を利用しているとのことでした。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />遊歩道になっているのは北見ハッカ記念館の敷地内だけでした。<br />手前が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    遊歩道になっているのは北見ハッカ記念館の敷地内だけでした。
    手前が北見駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />奥が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    奥が北見駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />廃線跡は遊歩道の先も続いていました。<br />手前が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    廃線跡は遊歩道の先も続いていました。
    手前が北見駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡の近くに保存されていた車両。<br />遊歩道から先を少し歩いたところに、車両が複数台保存されていました。

    ふるさと銀河線の廃線跡の近くに保存されていた車両。
    遊歩道から先を少し歩いたところに、車両が複数台保存されていました。

  • ふるさと銀河線の廃線跡の近くに保存されていた車両。<br />表示が何もなかったので、どういうものかは分かりませんでした。

    ふるさと銀河線の廃線跡の近くに保存されていた車両。
    表示が何もなかったので、どういうものかは分かりませんでした。

  • ふるさと銀河線の廃線跡と保存されていた車両。<br />右が廃線跡、奥が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡と保存されていた車両。
    右が廃線跡、奥が北見駅方面です。

  • ふるさと銀河線の車両基地跡。<br />大きな建物なので遠くからも見えていましたが、近づいてみて車両基地だと分かりました。

    ふるさと銀河線の車両基地跡。
    大きな建物なので遠くからも見えていましたが、近づいてみて車両基地だと分かりました。

  • ふるさと銀河線の車両基地跡。<br />線路もありました。

    ふるさと銀河線の車両基地跡。
    線路もありました。

  • ふるさと銀河線の車両基地跡。<br />他のことに使われているようでした。<br />奥が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の車両基地跡。
    他のことに使われているようでした。
    奥が北見駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />さらに進むと南大通り架道橋が見えてきました。<br />この辺りは廃線跡を歩くことができました。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    さらに進むと南大通り架道橋が見えてきました。
    この辺りは廃線跡を歩くことができました。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />南大通り架道橋の近くまで行けました。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    南大通り架道橋の近くまで行けました。

  • 南大通り架道橋。<br />もちろん立ち入りも通行もできません。<br />3年前、バスの車窓から見て以来です。<br />とうとうやって来ました。

    南大通り架道橋。
    もちろん立ち入りも通行もできません。
    3年前、バスの車窓から見て以来です。
    とうとうやって来ました。

  • 南大通り架道橋。<br />柵の上から撮りました。<br />もちろん線路はありませんでした。

    南大通り架道橋。
    柵の上から撮りました。
    もちろん線路はありませんでした。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />上の写真の反対側、北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    上の写真の反対側、北見駅方面です。

  • 南大通り架道橋。<br />さらに先に進みました。

    南大通り架道橋。
    さらに先に進みました。

  • 南大通り架道橋。<br />橋には依然「ふるさと銀河線」の文字が…

    南大通り架道橋。
    橋には依然「ふるさと銀河線」の文字が…

  • 南大通り架道橋。<br />橋をくぐった反対側です。

    南大通り架道橋。
    橋をくぐった反対側です。

  • 南大通り架道橋。<br />橋の真下です。

    南大通り架道橋。
    橋の真下です。

  • 南大通り架道橋。<br />橋脚には旧北見駅などの絵がありました。<br />こういうものもそのまま残されているのが嬉しいのですが、落書きが残念です。

    南大通り架道橋。
    橋脚には旧北見駅などの絵がありました。
    こういうものもそのまま残されているのが嬉しいのですが、落書きが残念です。

  • 南大通り架道橋。<br />さらに進むために、南大通を渡りました。<br />常盤通と南大通の交差点から撮りました。

    南大通り架道橋。
    さらに進むために、南大通を渡りました。
    常盤通と南大通の交差点から撮りました。

  • 南大通り架道橋。<br />通りを渡った橋脚に名標がありました。<br />平成4年に完成したようなので、24年が過ぎています。<br />今後はどうなるのでしょうか?

    南大通り架道橋。
    通りを渡った橋脚に名標がありました。
    平成4年に完成したようなので、24年が過ぎています。
    今後はどうなるのでしょうか?

  • 南大通り架道橋。<br />こちら側の橋脚にも同じ絵がありました。<br />やはり落書きが…

    南大通り架道橋。
    こちら側の橋脚にも同じ絵がありました。
    やはり落書きが…

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />架道橋の反対側にも近づけました。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    架道橋の反対側にも近づけました。

  • 南大通り架道橋。<br />こちらにも柵がありました。

    南大通り架道橋。
    こちらにも柵がありました。

  • 南大通り架道橋。

    南大通り架道橋。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />上の写真の反対側、北光社駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    上の写真の反対側、北光社駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />この辺りも廃線跡を歩けました。<br />奥が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    この辺りも廃線跡を歩けました。
    奥が北見駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />西小通りの踏切があったと思われます。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    西小通りの踏切があったと思われます。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />西小通りからです。<br />奥が北見方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    西小通りからです。
    奥が北見方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />西小通りの踏切があったと思われる場所です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    西小通りの踏切があったと思われる場所です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />西小通りからです。<br />奥が北光社駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    西小通りからです。
    奥が北光社駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />西小通りを過ぎると、また廃線跡を歩けました。<br />奥が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    西小通りを過ぎると、また廃線跡を歩けました。
    奥が北見駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />人が歩いた形跡でしょうか、真ん中だけ草がありませんでした。<br />奥が北光社駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    人が歩いた形跡でしょうか、真ん中だけ草がありませんでした。
    奥が北光社駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />無加川橋梁が見えてきました。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    無加川橋梁が見えてきました。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />橋梁手前の路盤は削られていました。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    橋梁手前の路盤は削られていました。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />左が橋梁です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    左が橋梁です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />橋梁に近づくためには、少し迂回して川沿いの道に上がらねばなりませんでした。<br />左が橋梁、右が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    橋梁に近づくためには、少し迂回して川沿いの道に上がらねばなりませんでした。
    左が橋梁、右が北見駅方面です。

  • 無加川橋梁。<br />こちらも南大通り架道橋と同様、3年前にバスの車窓から見て以来です。

    無加川橋梁。
    こちらも南大通り架道橋と同様、3年前にバスの車窓から見て以来です。

  • 無加川橋梁。<br />ここに当然柵がありました。

    無加川橋梁。
    ここに当然柵がありました。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />上の写真の反対側、北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    上の写真の反対側、北見駅方面です。

  • 無加川橋梁。<br />柵の上から撮りました。<br />線路はありませんでしたが、バラストがありました。

    無加川橋梁。
    柵の上から撮りました。
    線路はありませんでしたが、バラストがありました。

  • 無加川橋梁。

    無加川橋梁。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />橋梁手前の路盤ですが、こちら側はコンクリートの部分がありました。<br />左が北見駅方面、右が橋梁です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    橋梁手前の路盤ですが、こちら側はコンクリートの部分がありました。
    左が北見駅方面、右が橋梁です。

  • 常盤橋。<br />無加川の反対側に行くために、常盤橋を渡りました。

    常盤橋。
    無加川の反対側に行くために、常盤橋を渡りました。

  • 無加川橋梁。<br />左の道を歩いてきました。<br />常盤橋からです。

    無加川橋梁。
    左の道を歩いてきました。
    常盤橋からです。

  • 無加川橋梁。<br />長かったので、常盤橋からでは全景を撮れませんでした。

    無加川橋梁。
    長かったので、常盤橋からでは全景を撮れませんでした。

  • 無加川橋梁。<br />橋を渡った場所からです。<br />こちら側にも川沿いを歩ける道がありました。

    無加川橋梁。
    橋を渡った場所からです。
    こちら側にも川沿いを歩ける道がありました。

  • 無加川橋梁。<br />言うまでもなく柵が…

    無加川橋梁。
    言うまでもなく柵が…

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />上の写真の反対側、北光社駅方面です。<br />橋を渡った先の廃線跡もはっきりと分かりました。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    上の写真の反対側、北光社駅方面です。
    橋を渡った先の廃線跡もはっきりと分かりました。

  • 無加川橋梁。

    無加川橋梁。

  • 無加川橋梁。

    無加川橋梁。

  • 無加川橋梁。<br />体調がよくなかったので、ここまでが目標でした。<br />しかし、まだ廃線跡の近くを歩けそうだったので、もう少し進むことにしました。

    無加川橋梁。
    体調がよくなかったので、ここまでが目標でした。
    しかし、まだ廃線跡の近くを歩けそうだったので、もう少し進むことにしました。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />橋梁からすぐのところに、カルバートがありました。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    橋梁からすぐのところに、カルバートがありました。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />ここには踏切があったのでしょうか?<br />奥に見えるが道道261号線です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    ここには踏切があったのでしょうか?
    奥に見えるが道道261号線です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />上の写真と同じ場所です。<br />奥が北見駅方面です。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    上の写真と同じ場所です。
    奥が北見駅方面です。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />上の写真の反対側、北光社駅方面です。<br />廃線跡はまだ先に続いていました。<br />ここまでホテルから50分ほどでした。<br />体調がよければもっと先まで歩いたのですが、残念ながらここで引き返しました。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    上の写真の反対側、北光社駅方面です。
    廃線跡はまだ先に続いていました。
    ここまでホテルから50分ほどでした。
    体調がよければもっと先まで歩いたのですが、残念ながらここで引き返しました。

  • 北見ハッカ記念館。<br />帰りは、道道261号線・常盤通を進んだ後、南大通り架道橋からは来た道を通りました。

    北見ハッカ記念館。
    帰りは、道道261号線・常盤通を進んだ後、南大通り架道橋からは来た道を通りました。

  • 南仲町歩道橋。<br />道道122号線の跨線橋ではなく、この歩道橋を渡りました。

    南仲町歩道橋。
    道道122号線の跨線橋ではなく、この歩道橋を渡りました。

  • 北見運転所。<br />南仲町歩道橋からです。

    北見運転所。
    南仲町歩道橋からです。

  • ふるさと銀河線の廃線跡。<br />南仲町歩道橋からです。

    ふるさと銀河線の廃線跡。
    南仲町歩道橋からです。

  • 北見トンネル。<br />南仲町歩道橋からです。

    北見トンネル。
    南仲町歩道橋からです。

  • 石北本線の線路とふるさと銀河線の廃線跡。<br />右が廃線跡です。

    石北本線の線路とふるさと銀河線の廃線跡。
    右が廃線跡です。

  • 北見の街並み。<br />約1時間半の散策で、ホテルに戻ってきました。<br />左が北見トンネルです。<br /><br />その12に続きます。

    北見の街並み。
    約1時間半の散策で、ホテルに戻ってきました。
    左が北見トンネルです。

    その12に続きます。

この旅行記のタグ

関連タグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

北見の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集