パタン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2015.1.2<br /><br />ナガルコットに一泊。<br />朝になっても天候は良くならず、期待していたヒマラヤの山々も日の出も<br />期待していたようには見えませんでした。<br />カメラのほうも相変わらず調子が悪く、<br />ほとんど明るいところでは使い物になりませんでした。<br />今後の今回の旅に暗雲が立ち込め始めていました…<br /><br />失意のままカトマンズに戻り、午後のパタン観光へ。<br /><br />パタンはカトマンズから車で30分ほどの<br />カトマンズ、バグタプルとともに中世に栄えたマッラ王国の都。<br />2つの町より規模が大きく、寺院の数も多い町。<br />仏教の街らしく、仏像や仏具、装飾品の工房が数多く点在していました。<br /><br />写真は携帯を使って撮ってましたが、<br />途中から復活し、やたらと写真が多くなってしまいました。

2015ネパール旅行⑤ ナガルコット~パタン

10いいね!

2014/12/30 - 2015/01/11

45位(同エリア110件中)

0

68

khwaamsuk

khwaamsukさん

2015.1.2

ナガルコットに一泊。
朝になっても天候は良くならず、期待していたヒマラヤの山々も日の出も
期待していたようには見えませんでした。
カメラのほうも相変わらず調子が悪く、
ほとんど明るいところでは使い物になりませんでした。
今後の今回の旅に暗雲が立ち込め始めていました…

失意のままカトマンズに戻り、午後のパタン観光へ。

パタンはカトマンズから車で30分ほどの
カトマンズ、バグタプルとともに中世に栄えたマッラ王国の都。
2つの町より規模が大きく、寺院の数も多い町。
仏教の街らしく、仏像や仏具、装飾品の工房が数多く点在していました。

写真は携帯を使って撮ってましたが、
途中から復活し、やたらと写真が多くなってしまいました。

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 昨晩はコテージ的なホテルに一泊。<br /><br />この時期のネパールは朝晩はかなり冷えますが、<br />ナガルコットはそれ以上に寒い。<br />たしかに2000メートル以上の高地にあるので当然なのでしょうが、<br />部屋の中も外とそんな変わりない寒さです。<br />

    昨晩はコテージ的なホテルに一泊。

    この時期のネパールは朝晩はかなり冷えますが、
    ナガルコットはそれ以上に寒い。
    たしかに2000メートル以上の高地にあるので当然なのでしょうが、
    部屋の中も外とそんな変わりない寒さです。

    ホテル ビュー ポイント ホテル

    天気が良ければヒマラヤが望める by khwaamsukさん
  • 6:00<br />ホテルの屋上へ。<br />雲が立ち込め先は何も見えません。<br /><br />ナガルコットには眺めがよい展望台もあります。<br />昨晩ホテルの受付で聞くと、<br />ホテルから7~8KMのところにあるらしく、<br />車で1500ルピーで行ってくれるとのこと。<br />ディスカウントするよとも言ってくれました。<br />ただ、お金がもったいないのと、<br />この天気じゃ行っても何も見れないなと思い、丁重に断りました。

    6:00
    ホテルの屋上へ。
    雲が立ち込め先は何も見えません。

    ナガルコットには眺めがよい展望台もあります。
    昨晩ホテルの受付で聞くと、
    ホテルから7~8KMのところにあるらしく、
    車で1500ルピーで行ってくれるとのこと。
    ディスカウントするよとも言ってくれました。
    ただ、お金がもったいないのと、
    この天気じゃ行っても何も見れないなと思い、丁重に断りました。

  • となりのホテル。<br />普段は非常に見晴らしのよいホテルなのだそうですが。

    となりのホテル。
    普段は非常に見晴らしのよいホテルなのだそうですが。

  • 寒さの中、しばらく待つ。<br />霧が立ち込めています。

    寒さの中、しばらく待つ。
    霧が立ち込めています。

  • 雲と山の稜線の間から陽が射してきましたが、<br />これがデジカメの限界。

    雲と山の稜線の間から陽が射してきましたが、
    これがデジカメの限界。

  • ホテルやゲストが点在しています。<br />

    ホテルやゲストが点在しています。

  • かなり明るくなってきました。<br />この先にヒマラヤが見えるのでしょうか。<br />結局わからずじまい。

    かなり明るくなってきました。
    この先にヒマラヤが見えるのでしょうか。
    結局わからずじまい。

  • もう諦めました。<br />こういう風景もいやではないですし。<br />明日ポカラに行けば見えるから、そう思ってました。<br /><br />そんな中カメラも復活してきたかも。<br />段々畑がくっきり見えます。

    もう諦めました。
    こういう風景もいやではないですし。
    明日ポカラに行けば見えるから、そう思ってました。

    そんな中カメラも復活してきたかも。
    段々畑がくっきり見えます。

  • 7:00<br />ホテルのレストランで朝食。ビュッフェ形式です。<br />昨晩もビュッフェ形式で、ダルバートを食べました。<br /><br />ただ、ケチを付けるわけではないですが、<br />ネパールで食べた食事の中で、<br />ここのホテルの料理はあまり印象に残らなかったです。

    7:00
    ホテルのレストランで朝食。ビュッフェ形式です。
    昨晩もビュッフェ形式で、ダルバートを食べました。

    ただ、ケチを付けるわけではないですが、
    ネパールで食べた食事の中で、
    ここのホテルの料理はあまり印象に残らなかったです。

  • 今回泊まったホテルの外観。

    今回泊まったホテルの外観。

  • 9:30<br />ツーリストバスでカトマンズに戻ります。<br />400ルピーですが、乗り心地は行きのバスより若干ましな程度。

    9:30
    ツーリストバスでカトマンズに戻ります。
    400ルピーですが、乗り心地は行きのバスより若干ましな程度。

  • 12:00<br />カトマンズに戻ってきました。<br />ナガルコットではシャワーを浴びていなかったんで、<br />とにかくホットシャワーが浴びたかったのですが、<br />タイミング悪く計画停電中…

    12:00
    カトマンズに戻ってきました。
    ナガルコットではシャワーを浴びていなかったんで、
    とにかくホットシャワーが浴びたかったのですが、
    タイミング悪く計画停電中…

    ホテル フジ ホテル

    悪くないホテルだと思いますが… by khwaamsukさん
  • あきらめてホテルを出て、<br />パタン行きのバス乗り場へ向かいます。<br /><br />乗り場は、昨日のバグダプル行きのバスパークへ行く時通った<br />ラーニャ・ポカリ(池の中のお寺)のそばです。<br />昨日と同じルートを通ります。

    あきらめてホテルを出て、
    パタン行きのバス乗り場へ向かいます。

    乗り場は、昨日のバグダプル行きのバスパークへ行く時通った
    ラーニャ・ポカリ(池の中のお寺)のそばです。
    昨日と同じルートを通ります。

  • ここからカンティ・パト通りを渡るとバス乗り場。<br />ラトナ・パークという所の北にあります。

    ここからカンティ・パト通りを渡るとバス乗り場。
    ラトナ・パークという所の北にあります。

  • 13:00<br />バスではなくバンでの移動です。<br />今日は昨日とは違って客待ちで15分ほど待たされ出発しました。

    13:00
    バスではなくバンでの移動です。
    今日は昨日とは違って客待ちで15分ほど待たされ出発しました。

    ラトナ パーク バス停 バス系

  • 14:00<br />パタンに到着。<br />ロータリー付近でバンから降ろされ、どっちに向かえばよいか、<br />近くの店の店主に「ダルバール広場はどっち?」と訊くと、<br />「この道をまっすぐだよ」と親切に教えてくれました。

    14:00
    パタンに到着。
    ロータリー付近でバンから降ろされ、どっちに向かえばよいか、
    近くの店の店主に「ダルバール広場はどっち?」と訊くと、
    「この道をまっすぐだよ」と親切に教えてくれました。

  • 商店街のような道をまっすぐ歩きます。<br />路地も気になりますが、脇目もふらずに。

    商店街のような道をまっすぐ歩きます。
    路地も気になりますが、脇目もふらずに。

  • 10分ほどでダルバール広場へ。<br />広場には寺院が所せましと並んでいます。<br /><br />『○球の歩き方』によると、<br />「町の入口にあるパタン・ドガ(門)から」とありましたが、<br />バグダプルの時と同じように、<br />ドガを折り返し往復するルートにしました。<br />基本的に『○球の歩き方』はあまりあてにしてません。<br /><br />入場料 500ルピー

    10分ほどでダルバール広場へ。
    広場には寺院が所せましと並んでいます。

    『○球の歩き方』によると、
    「町の入口にあるパタン・ドガ(門)から」とありましたが、
    バグダプルの時と同じように、
    ドガを折り返し往復するルートにしました。
    基本的に『○球の歩き方』はあまりあてにしてません。

    入場料 500ルピー

    ダルバール広場 (パタン) 広場・公園

  • お寺に座る人々。<br />ネパールではお馴染みの光景。<br />パタンも同じでした。

    お寺に座る人々。
    ネパールではお馴染みの光景。
    パタンも同じでした。

  • とにかく建物の数が多いので、<br />一つ一つじっくり見ていくと時間がかかります。<br />また戻ってくるので、軽く見るだけに。

    とにかく建物の数が多いので、
    一つ一つじっくり見ていくと時間がかかります。
    また戻ってくるので、軽く見るだけに。

  • 旧王宮に入ってみました。<br />一部が博物館になっています。

    旧王宮に入ってみました。
    一部が博物館になっています。

    パタン博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • オブジェのようなものが中庭に展示されてました。

    オブジェのようなものが中庭に展示されてました。

  • ストゥーパ。

    ストゥーパ。

  • 上にのぼり。向かいにあるお寺を眺めます。<br />博物館の拝観料はパタン入場料とは別にかかります。

    上にのぼり。向かいにあるお寺を眺めます。
    博物館の拝観料はパタン入場料とは別にかかります。

  • 広場の北側にある水汲み場。「ヒティ」というそう。<br />実際に地元の人が水を汲みに来ています。<br />生活の一部なんですよね。

    広場の北側にある水汲み場。「ヒティ」というそう。
    実際に地元の人が水を汲みに来ています。
    生活の一部なんですよね。

  • 屋根のてっぺんから垂れ下がっているのは「ガジュール」という飾り物。<br />天から神様が降りてくる際の目印だそうです。

    屋根のてっぺんから垂れ下がっているのは「ガジュール」という飾り物。
    天から神様が降りてくる際の目印だそうです。

  • 獅子ですね。

    獅子ですね。

  • ダルバール広場を抜け、次のお寺を目指しします。

    ダルバール広場を抜け、次のお寺を目指しします。

  • ゴールデンテンプル。<br />その名の通り本堂は金で覆われています。

    ゴールデンテンプル。
    その名の通り本堂は金で覆われています。

    ゴールデン寺院(パタン) 寺院・教会

  • 2頭の象が入口の両側に。

    2頭の象が入口の両側に。

  • ゴールデンテンプルを後にします。<br />こういう中庭を抜けていくのがおもしろい。

    ゴールデンテンプルを後にします。
    こういう中庭を抜けていくのがおもしろい。

  • 洗濯物が干してあり、生活感があふれています。

    洗濯物が干してあり、生活感があふれています。

  • レンガ造りの建物。

    レンガ造りの建物。

  • 彫刻や絵画などの芸術に優れていたため、<br />パタンは工芸の街と呼ばれているそうです。<br />建物の扉もこんなふうに。

    彫刻や絵画などの芸術に優れていたため、
    パタンは工芸の街と呼ばれているそうです。
    建物の扉もこんなふうに。

  • 大きな池が見えてきました。ビムバハ池というそうです。<br />池の周りには寺院が結構あります。

    大きな池が見えてきました。ビムバハ池というそうです。
    池の周りには寺院が結構あります。

  • 路地歩きも亦楽し。

    路地歩きも亦楽し。

  • パタンドガに来ました。<br />ドガとはゲートのことです。

    パタンドガに来ました。
    ドガとはゲートのことです。

    パタンゲート 散歩・街歩き

  • パタンドガ前のモモ屋さん。<br />ネパールに来てトータル4度目のモモ。<br />テイクアウトしました。80ルピー。

    パタンドガ前のモモ屋さん。
    ネパールに来てトータル4度目のモモ。
    テイクアウトしました。80ルピー。

  • 中庭に通じる。

    中庭に通じる。

  • お面や仏像、仏具のお店。

    お面や仏像、仏具のお店。

  • 曼荼羅。<br />美術の街といわれるだけあります。

    曼荼羅。
    美術の街といわれるだけあります。

  • クンベシュワール寺院。5重の塔のお寺です。<br />テイクアウトしたモモをここを食べました。

    クンベシュワール寺院。5重の塔のお寺です。
    テイクアウトしたモモをここを食べました。

  • アショーカ・ストゥーパ。<br />パタンの街の東西南北四方に置かれています。

    アショーカ・ストゥーパ。
    パタンの街の東西南北四方に置かれています。

  • ダルバール広場に戻ってきました。

    イチオシ

    地図を見る

    ダルバール広場に戻ってきました。

    ダルバール広場 (パタン) 広場・公園

  • 別角度から見ると、広場の雰囲気も変わったような気がします。<br /><br />そんなに広くない敷地に、数多くの寺院。<br />バグタプルのときも感じた、配置の妙ですよね。

    イチオシ

    別角度から見ると、広場の雰囲気も変わったような気がします。

    そんなに広くない敷地に、数多くの寺院。
    バグタプルのときも感じた、配置の妙ですよね。

  • 人間同様、ハトも屋根の上で休んでいます。<br />人もハトも風景の一部。

    人間同様、ハトも屋根の上で休んでいます。
    人もハトも風景の一部。

  • 旧王宮の屋根の上、携帯カメラではズームはこれが限界。

    旧王宮の屋根の上、携帯カメラではズームはこれが限界。

  • しばらくじっくりと見て回ることにしました。<br />また、この辺りからデジカメが復活してます。<br />携帯つかったりデジカメに切り替えたりと大変です…<br /><br />中央の柱に座っているのがマッラ王の像。

    イチオシ

    しばらくじっくりと見て回ることにしました。
    また、この辺りからデジカメが復活してます。
    携帯つかったりデジカメに切り替えたりと大変です…

    中央の柱に座っているのがマッラ王の像。

  • クリシュナ寺院。<br />石造りでインド様式。

    クリシュナ寺院。
    石造りでインド様式。

  • ガルーダの像。右上に本物の鳥が。<br />ネパールでは意識しなくても飛んでいる鳥が写り込んでしまいます。

    ガルーダの像。右上に本物の鳥が。
    ネパールでは意識しなくても飛んでいる鳥が写り込んでしまいます。

  • 左が旧王宮。右がハリ・シャンカール寺院。

    左が旧王宮。右がハリ・シャンカール寺院。

  • タレジュの鐘。<br />王への嘆願のため鳴らしたのだそうな。

    タレジュの鐘。
    王への嘆願のため鳴らしたのだそうな。

  • 王宮前にたたずむ男たち。

    王宮前にたたずむ男たち。

  • 旧王宮内のトイレ。<br />清潔に保たれていたので撮ってもいいかなと。

    旧王宮内のトイレ。
    清潔に保たれていたので撮ってもいいかなと。

  • 旧王宮の壁面を観察。<br />扉の周りの彫り物がよい。

    旧王宮の壁面を観察。
    扉の周りの彫り物がよい。

  • 別の扉はこんな感じ。

    別の扉はこんな感じ。

  • ガネーシャ像。

    イチオシ

    ガネーシャ像。

  • ハヌマーン像。

    ハヌマーン像。

  • カトマンズのダルバール広場にもあったカーラ・バイラヴ。<br />こちらは壁画。<br />やっぱ、かわいいよね、

    カトマンズのダルバール広場にもあったカーラ・バイラヴ。
    こちらは壁画。
    やっぱ、かわいいよね、

  • 16:30<br />ダルバール広場を後にします。<br />

    16:30
    ダルバール広場を後にします。

  • ダルバール広場前の市場。<br />バンの乗り場に戻る途中にありました。

    ダルバール広場前の市場。
    バンの乗り場に戻る途中にありました。

  • ちょっと寄り道し、別の寺院へ。

    ちょっと寄り道し、別の寺院へ。

  • ここでもハトが羽を休めています。

    ここでもハトが羽を休めています。

  • 夕方の商店街。

    夕方の商店街。

  • 電気屋さんです。

    電気屋さんです。

  • 18:00<br />カトマンズに戻ってきました。<br />本来降りる所の手前でバスを降りてしまったので、<br />無駄に歩くことになってしまいました。<br />そして道に迷う。

    18:00
    カトマンズに戻ってきました。
    本来降りる所の手前でバスを降りてしまったので、
    無駄に歩くことになってしまいました。
    そして道に迷う。

  • 20:00<br />レストラン「ウッツェ」にてチベット料理セットというのを頂きました。<br />配膳や器の見た目は日本の食事みたい。<br /><br /><メニュー><br />白米(インディカ米なのでパサパサ)<br />ギャコク(春雨、野菜のスープ、通常鍋でくるがお椀で一人分)、<br />モモ(「揚げるのがチベット風。具はボリュームがあり)<br />おかず(ジャガイモの炒め物と野菜の漬物)

    20:00
    レストラン「ウッツェ」にてチベット料理セットというのを頂きました。
    配膳や器の見た目は日本の食事みたい。

    <メニュー>
    白米(インディカ米なのでパサパサ)
    ギャコク(春雨、野菜のスープ、通常鍋でくるがお椀で一人分)、
    モモ(「揚げるのがチベット風。具はボリュームがあり)
    おかず(ジャガイモの炒め物と野菜の漬物)

    ウッツェ レストラン 地元の料理

    チベタン料理と酒 by khwaamsukさん
  • 食前にチベットビールというのを飲んでみました。<br />「ビール」とありますが、本物のビールとは別物。<br />麦や稗の種を発酵させ、熱湯を注ぎこみ、ストローで飲むもので、<br />飲み干したら、さらにお湯を注いおかわりができる。<br />味もビールとは違い、薄くした日本酒や焼酎という感じ。<br />ほんのり甘さがあって飲みやすいです。アルコール度数意外と高そう。<br />日本で飲める場所は皆無に近いらしいです。飲んでみてよかった。<br /><br />と、満足感いっぱいでネパール3日目の夜が終わったのでした。<br />次の日とんでもない目にあうとは、<br />この時点では考えられませんでしたね。<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br />◆1/2 支出<br /><br />食費  1,525ルピー <br />交通費  440ルピー<br />入場料  900ルピー<br />その他 1,300ルピー<br /><br />合計  4,165ルピー(1ルピー=1.2円)

    食前にチベットビールというのを飲んでみました。
    「ビール」とありますが、本物のビールとは別物。
    麦や稗の種を発酵させ、熱湯を注ぎこみ、ストローで飲むもので、
    飲み干したら、さらにお湯を注いおかわりができる。
    味もビールとは違い、薄くした日本酒や焼酎という感じ。
    ほんのり甘さがあって飲みやすいです。アルコール度数意外と高そう。
    日本で飲める場所は皆無に近いらしいです。飲んでみてよかった。

    と、満足感いっぱいでネパール3日目の夜が終わったのでした。
    次の日とんでもない目にあうとは、
    この時点では考えられませんでしたね。

    -----------------------------------------------------------------
    ◆1/2 支出

    食費  1,525ルピー 
    交通費  440ルピー
    入場料  900ルピー
    その他 1,300ルピー

    合計  4,165ルピー(1ルピー=1.2円)

この旅行記のタグ

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ネパールで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ネパール最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ネパールの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集