旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

デュッセルドルフの観光スポット ランキング

ランキングを条件で絞り込む

  • エリア
  • カテゴリ
3.42
アクセス
3.74
コスパ
4.15
景観
4.00
天気が良いと最高です by manatymanatyさん
人混みの少なさ
3.59
  • 満足度の高いクチコミ(25件)

    夕暮れのライン川

    4.0

    旅行時期:2018/12(約3年前)

    ツアーでクリスマスマーケットへ歩いて行く時に通りかかりました、綺麗な遊歩道があり、時間が有ったら散歩するのもいいなぁと思いました、冬ですがクルーズ船が止まっており、沢山の人が乗っていたので、冬でも人気が有るんですね。

    torikago

    torikagoさん(非公開)

    デュッセルドルフのクチコミ:2件

住所
Dusseldorf
3.38
アクセス
3.95
空港からS11、中央駅でUバーンに乗り換えHeinrich-Heine-Allee駅下車 by ロティさん
景観
3.96
古い建築が好きな人が普段行くにはいいと思います。 by ロティさん
人混みの少なさ
3.50
お店多いので普段も多そうですが、カーニバル期はすごい… by ロティさん
  • 満足度の高いクチコミ(22件)

    デュッセルドルフ:旧市街(500m四方の狭い町)には何でもある。

    4.5

    旅行時期:2016/10(約5年前)

    Duesseldorfデュッセルドルフ観光:   http://www.duesseldor... 
    続きを読む
    f.de/ <Altstadt旧市街(500m四方の狭い町)散策> デュッセルドルフの有名人の中でも詩人ハインリッヒ・ハイネは“アルトシュタッドの息子”と呼ばれ、親しまれている。ハイネの生家はこの旧市街の真ん中にあり、今はビアーレストランになっていて、家の壁に記念の石版が張られてあるだけだ。 もう一人Schumanロベルト・シューマン(1854年精神を病んで、ライン川に身を投じるという事件を起こした2年後にボンで死去。没後162年になる。親友ブラームス、メンデルスゾーンも旧市内に住んでいた由)も住んでいて、妻のクララと2年間(1852~54年)住んだ住居があり、ここにも生誕175年記念の石版とクララのレリーフが埋め込まれている。こちらは少し離れていたので、見るのを省略した。 旧市街はともかく歩くことだ、狭いだけに間違っても困る事は無く、ケーの方向か、ライン川の方向に行くかを決めればよい。見たい、食べて飲んでみたい所はいずれにしても狭い中なのだ。 きれいに改装された家並みが続き、二人の労働者風の大きな銅像が道路でにらみ合う銅像にびっくり。以前は無かった像、二人の間に立って押しとどめたが・・・。 角を曲ると、地ビール・アルトビールのレストランUerigeウエリゲ(ビール醸造所:シュレッサーアルト、シューマッハアルト、ウエリゲアルト、フランケンハイムアルトの一つ)、魚料理のレストラン(Fischhausフィッシュハウス)などが続く。まだまだ閑散としているが、それでも店前に設けられた席で一杯やっている人もいる。このあたりは居酒屋やレストランが軒を連ねていて、「世界一長いカウンター」と称されているとか。 その近くはマルクト広場で、ルネッサンス様式のRathaus市庁舎、選帝候JanWellenヤン・ヴェレン騎馬像(1570年)が絵になる形で立っている。 その先のBurgplatzブルグ広場にまたやって来た。来る度にRadschlagerbrunnenラートシュレーガーブルネン側転の泉を撮る。1288年、ケルン大司教の軍に対し、ベルグのアドルフ伯に従う市民達の軍がWorringenヴォリンゲンの戦いに勝利し、市民は都市の自治権を獲得する。この勝利を祝って、凱旋する兵を子供たちが“側転”をして出迎えたと言う故事に因んだもので、黄色くなったプラタナスの樹の下に“側転”像と噴水がある。 しかも、”Worringenヴォリンゲンの戦いに勝利した像”も近年になって、直ぐ近くに作られた、 Schlossturmシュロスの塔(現在は船舶博物館)もあり、大きな観覧車だけが場違いの如く立っている。それさえ無ければ、このあたりは昔と変わらぬ様子なのだが。 Rheinuferpromenadeライン川畔プロムナードもいつも必ず見に来る。 ラインには左からRheinkniebrueckeラインクニー橋、Oberkasseler Brueckeオーバーカッセラー橋、TH-Heuss Brueckeテオドーア・ホイス(初代西ドイツ大統領の名)橋と、三つの大きな橋が掛かる。その橋の下を相変わらず遊覧船や大きな、長い輸送船が河口に向けて、或いは上流に向けて、航行している。 この辺りのライン川の川幅200~300Mで大きく蛇行している。この川岸から見る景色は変らず、遠くに172mのラインタワーが見え、かつて住んだOberkasselオーバーカッセルのKaiser-Friedrich-Ringカイザー・フリードリヒ・リングは遠くて見えない。 (注)第二次大戦におけるDie Bruecke von Remagenレマーゲン鉄橋の攻防について先に述べたが、デュッセルドルフでも1945 年 3 月 3 日にドイツ国防軍は連合軍(英米)のライン川渡河を阻止するため、オーバーカッセラー橋を爆破した事を知った。 旧市街名物の“金貨をひり出す男”の像が銀行の店の壁に彫られています。縁起物ということで、しっかり金貨?!を手で触って、運が付くように祈り、写真を撮った。 Schneider-Wibbel-Gasse仕立屋横丁というメルヘンチックな小道に行く。 時計のある建物に仕立屋シュナイダーさんの銅像が鎮座し、通り過ぎる人たちは皆、体の各所を触っていく。髪の毛、眉、鼻、手や腕、膝の箇所が地の銅色に変わっている。 丁度、小学生たちがいて、彼らはワイワイ言いながら、触っている。私共が立っているのに気づいた男の子が、仲間に「ホラ観光客が見たがっているから、場所を開けなよ!」と言ってくれた。嬉しいね!ついでに「ここに小さなネズミが隠れているよ!」と教えてくれた。見ると、像の前掛けの襞にネズミが一匹いた。 仕掛時計は11、13、15、18、21と一日5回も時計の下の扉が開き、針と糸を持ったシュナイダーさんの人形が出てくる。 ハイネの作詞の誰も知っている“ローレライの曲”が流れる。 このような仕掛時計もあって楽しい横丁だが、何故かスペイン横丁と呼んでも可笑しくないほど、スペイン料理屋が並び、駐在時ひいきにしていた“El Amigoエル・アミーゴ”の店も健在だった。 これを落としては叱られる。 ナポレオン皇帝陛下の席で、名物のライン風ムッシェルン料理を食べたレストラン“ツム・シッフェン”、近くにHeimatbrunnen郷土の泉(1982年)、Hetjens-Museumヘッチェンス博物館(Deutsches Keramikmuseumドイツ陶磁器博物館)もある。 そしてアンドレアス教会傍の「アンナ小母さんのレストランWeinhaus Tante Annaワインハウス・タンテ・アンナ」の店も。 この旧市街には何でもあって楽しいのだ。 
    閉じる

    jijidaruma

    jijidarumaさん(男性)

    デュッセルドルフのクチコミ:18件

住所
Liefergasse 4, 40213 Duesseldorf
3.34
アクセス
3.44
景観
3.85
欧州の小さな都市でも見る舎前広場と乗馬像 by お・い・らさん
人混みの少なさ
3.50
朝早くは観光客がいないので広々と見える。 by お・い・らさん
  • 満足度の高いクチコミ(6件)

    デュッセルドルフのクリスマス・マーケットなら、ここがオススメ!

    5.0

    旅行時期:2019/12(約2年前)

    旧市庁舎がある、デュッセルドルフ旧市街の広場。ライン川も近いロケーション。 デュッセルドルフ... 
    続きを読む
    には、大人向けの「呑み」を楽しむクリスマス・マーケットがいくつかありりましたが、ここはメリーゴーランドもある子供も楽しめるマーケット。 地下鉄のハインリッヒ・ハイネ・アレー駅からフリンガー通りを行けば、道沿いに出ている屋台も楽しめます。 
    閉じる

    ぶどう畑

    ぶどう畑さん(女性)

    デュッセルドルフのクチコミ:3件

住所
Marktplatz, 40213 Dusseldorf

ピックアップ特集

3.33
アクセス
3.39
景観
3.83
天気が良ければ、もっと綺麗かと。 by konopuさん
人混みの少なさ
3.43
訪れた日は、天気があまり良くなかったので、人出も多くはありませんでした。 by konopuさん
  • 満足度の高いクチコミ(6件)

    デュッセルドルフ:ライン川畔プロムナードには気分の良い眺めがある。

    5.0

    旅行時期:2016/10(約5年前)

    ≪2016年ドイツの秋:ライン・モーゼル・アール・ミュンスターラントの旅≫ 2016年10月... 
    続きを読む
    14日(金)~10月28日(金)15日間 目的地:ライン・モーゼル・アール・ミュンスターラントの4つの地域を中心に巡る。 旅の行程上もあって、2013年から、この4年で4度もデュッセルドルフを訪れた。 楽しいAltstadt旧市街(500m四方の狭い町)のRheinuferpromenadeライン川畔プロムナードにいつも必ず見に来る。 ライン川には左からRheinkniebrueckeラインクニー橋、Oberkasseler Brueckeオーバーカッセラー橋、TH-Heuss Brueckeテオドーア・ホイス(初代西ドイツ大統領の名)橋と、三つの大きな橋が掛かる。 その橋の下を相変わらず遊覧船や大きな、長い輸送船が河口に向けて、或いは上流に向けて、航行している。この辺りのライン川の川幅200~300Mで大きく蛇行している。 この川岸から見る景色は変らず、遠くに172mのラインタワーが見える。ここからだと、かつて住んだOberkasselオーバーカッセルのKaiser-Friedrich-Ringカイザー・フリードリヒ・リングは遠くて見えない。訪れたい場所なのだが・・・。 (注)第二次大戦におけるDie Bruecke von Remagenレマーゲン鉄橋の攻防は有名だが、デュッセルドルフでも1945 年 3 月 3 日にドイツ国防軍は連合軍(英米)のライン川渡河を阻止するため、オーバーカッセラー橋を爆破している。  
    閉じる

    jijidaruma

    jijidarumaさん(男性)

    デュッセルドルフのクチコミ:18件

住所
Rathausufer, 40213 Dusseldorf, North Rhine-Westphalia
3.33
アクセス
3.60
景観
4.00
人混みの少なさ
3.55
  • 満足度の高いクチコミ(8件)

    高級ショッピング通りです

    4.0

    旅行時期:2016/12(約5年前)

    東京でいえば銀座のような高級店が立ち並ぶショッピングエリアです。 近辺のホテルに滞在して散歩... 
    続きを読む
    がてらウィンドーショッピングを楽しみましたが どこも庶民にはお高めの設定でした。週末はたくさんのひとで賑わっていました。 ドイツ菓子で有名なハイネマンもあります。 ライトアップがとてもきれいでした。 
    閉じる

    megbourne

    megbourneさん(女性)

    デュッセルドルフのクチコミ:3件

住所
Konigsallee 40212 Dusseldorf
3.33
アクセス
3.44
コスパ
3.93
見るだけですから。 by お・い・らさん
人混みの少なさ
3.88
朝は早くは誰もいません。 by お・い・らさん
展示内容
3.29
入り口の扉が可愛い歴史を感じさせる建物です。 by お・い・らさん
  • 満足度の高いクチコミ(5件)

    入り口の扉が可愛い歴史を感じさせる建物です。

    5.0

    旅行時期:2018/04(約3年前)

    マルクト広場のヨハン・ヴィルヘルム公乗馬像と対をなす市庁舎です。 下調べをしていないのでいつ... 
    続きを読む
    頃建てられたのかも知らずに見てきました。 欧州の街で見かける、広場(市庁舎-乗馬像)の典型的な構成です。 市庁舎の入り口の扉の意匠が良いです。  
    閉じる

    お・い・ら

    お・い・らさん(非公開)

    デュッセルドルフのクチコミ:12件

住所
Marktplatz 2, 40213 Duesseldorf
3.33
アクセス
4.25
景観
3.60
人混みの少なさ
3.60
  • 満足度の高いクチコミ(6件)

    このアイスは食べなきゃ損!

    4.0

    旅行時期:2019/07(約2年前)

    ドイツの中でも一番日本関連のショップが立ち並ぶ通り。 お食事屋さんだけでなく、本屋や日本食ス... 
    続きを読む
    ーパーまでありました インマーマン通りの近くのジェラート屋さんノードマンは いつもたくさんの人でにぎわっている人気店です 安くて種類もたくさんあるのでリピしました  
    閉じる

    ピョン

    ピョンさん(女性)

    デュッセルドルフのクチコミ:6件

住所
Immermannstrasse 40210 Dusseldorf
3.32
アクセス
3.42
コスパ
4.17
広場の騎馬像ですから。 by お・い・らさん
人混みの少なさ
4.10
朝早くは誰もいません。 by お・い・らさん
展示内容
3.25
ヨハン・ヴィルヘルム公の乗馬像です。 by お・い・らさん
  • 満足度の高いクチコミ(3件)

    デュッセルドルフ:プファルツ選帝候ヨハン・ヴィルヘルム2世の治世と騎馬像

    4.0

    旅行時期:2016/10(約5年前)

    <デュッセルドルフ:プファルツ選帝候ヨハン・ヴィルヘルム2世の治世と騎馬像> 2016年... 
    続きを読む
    ドイツの秋:ライン・モーゼル・アール・ミュンスターラントの旅 2016年10月14日(金)~10月28日(金)15日間 デュッセルドルフの旧市街を訪れると、飲み屋街近くにマルクト広場があり、ルネサンス様式のRathaus市庁舎(1570年)、7選帝侯の一人であったKurfuerst von der Pfalzプファルツ選帝候Johann WilhelmIIヨハン・ヴィルヘルム2世 (通称JanWellemヤン・ヴェレム)の騎馬像が絵になる形で立っている。 デュッセルドルフ市民に大変人気のあるプファルツ選帝候Johann WilhelmIIヨハン・ヴィルヘルム2世(1658年~1716年)だが、彼の治世(1690年~1716年)のもと、デュッセルドルフの発展は目覚ましいものでした。 とりわけ北イタリア・トスカーナ大公メディチ家・コジモ3世の娘Anna Maria Luisa de'Mediciアンナ・マリーア・ルイーザ・デ・メディチと結婚した影響で、個人的に集めた絵画や彫刻などのコレクションを始め、その美術品を収めるための巨大な美術館をデュッセルドルフ城内に建てた。 (尚、今はMuseum Kunstpalastクンストパラスト美術館(D-40479 Duesseldorf 、Ehrenhof 4-5)に、このコレクションがあると云う) またオペラハウスの設立や街灯の設置、新聞の定期発行など、様々な発展に貢献し、その功績を称えてヨハン・ヴィルヘルム2世の騎馬像が建てられたと云う。 デュッセルドルフとプファルツ選帝候の関係は、 1609年にVereinigte Herzogtuemer Juelich-Kleve-Berg ユーリヒ・クレーフェ・ベルク公国(神聖ローマ帝国の北西部の諸邦・公爵領、伯爵領の連合体として成立した)の最後の公爵ヨハン・ヴィルヘルム(1562~1609年)が死去した事に始まる。 この死去後にプファルツ継承戦争が続き、ユーリヒとベルクはヴィッテルスバッハ家のHerzog von Pfalz-Neuburg プファルツ・ノイブルク公に渡った。 デュッセルドルフ城はその居城となり、1685年にはプファルツ・ノイブルク公Philipp Wilhelm フィリップ・ヴィルヘルムがプファルツ選帝侯位も獲得している。 1690年、フィリップ・ヴィルヘルムがプファルツ選帝侯位継承戦争(1688~1697年)のさなかに死去した為、その長子ヨハン・ヴィルヘルム2世がプファルツ選帝侯となる。 さらに、1716年、子供がないままヨハン・ヴィルヘルム2世が死去すると、弟のKarl III. Philippカール3世フィリップが選帝侯位を継承した。 カール3世はプファルツ選帝侯の宮廷を、13世紀から500年プファルツ選帝侯領の首都にしていたにHeidelbergハイデルベルクに戻したので、デュッセルドルフの繁栄は徐々にかげりを見せ始めることになった。 カール3世フィリップの居城、ハイデルベルク城がフランス軍の攻撃で廃城となり、1720年、ハイデルベルクからMannheimマンハイムにその宮廷を移している。 ・・・・・ 
    閉じる

    jijidaruma

    jijidarumaさん(男性)

    デュッセルドルフのクチコミ:18件

住所
Marktplatz 1, 40213 Duesseldorf
3.31
アクセス
3.38
コスパ
3.14
人混みの少なさ
3.42
展示内容
3.25
  • 満足度の高いクチコミ(5件)

    ラインタワー

    4.0

    旅行時期:2018/08(約3年前)

    ドイツ・デュッセルドルフ・ラインタワー ライン川沿いにコンクリートで造られたタワーで高さ24... 
    続きを読む
    1mです。 タワーの光でその時の時間が分かるようになっていますが、少し頭を使います。 もちろん展望台に上ることができ、街並みを見渡すことができます。 
    閉じる

    seems

    seemsさん(男性)

    デュッセルドルフのクチコミ:30件

住所
Stromstrasse 20, 40221 Dusseldorf
3.30
アクセス
3.58
コスパ
4.50
無料です。 by お・い・らさん
人混みの少なさ
4.60
ミサが行われていない時はガラ~ン。 by お・い・らさん
展示内容
3.90
説教台、ステンドグラス、梁。 by お・い・らさん
  • 満足度の高いクチコミ(4件)

    14世紀に完成したゴシック様式の聖ランベルトゥス教会、欧州の教会はどこも荘厳です。

    4.0

    旅行時期:2018/04(約3年前)

    聖ランベルトゥス教会はデュッセルドルフ旧市街(アルトシュタッド)の多くの場所からその尖塔が見え... 
    続きを読む
    ます。 内部は高い天井とステンドグラス、説教台とパイプオルガンが素晴らしいです。 祭壇を囲む両サイドの壁にキリストの処刑から復活までを示した小さな石像がはめ込まれています。 また教会外側の壁ににはキリストの処刑(磔)の場面を大きな像があります。 ミサその他の自由で教会内に入れ無いことがあります(その時は教会入り口の扉に何時から入れると書いた札が下がります)。  
    閉じる

    お・い・ら

    お・い・らさん(非公開)

    デュッセルドルフのクチコミ:12件

住所
Stiftsplatz 7, 40213 Duesseldorf
3.28
アクセス
3.50
コスパ
4.00
人混みの少なさ
3.00
展示内容
4.00
  • 満足度の高いクチコミ(1件)

    ショッピングの合間に

    4.0

    旅行時期:2019/12(約2年前)

    デュッセルドルフ中央駅からショッピングエリアでもある旧市街地方面へ行く途中にあるので、買い物が... 
    続きを読む
    てらに立ち寄る事ができます。赤茶色の壁にとんがり屋根は日本の歴史建築とは全然違うので教会や建物に興味なくても外観だけでも見る価値あると思います。 
    閉じる

    たびたびのたび

    たびたびのたびさん(非公開)

    デュッセルドルフのクチコミ:16件

住所
Martin-Luther-Platz 39, 40212 D端sseldorf Germany
3.27
アクセス
3.60
旧市街にあります。新市街からライン川に向かう途中です。 by yurihiroさん
景観
3.00
人混みの少なさ
3.00
開店早々に観光客で賑わっています。 by お・い・らさん
利用した際の同行者
3.50
  • 満足度の高いクチコミ(2件)

    パンフレットだけでなくちょっとしたデュッセルドルフ土産も売っています。

    4.0

    旅行時期:2018/04(約3年前)

    観光案内所はマルクト広場のすぐ近くです。 デュッセルドルフの観光マップや各種割引券の配布、観... 
    続きを読む
    光バス(Hop On Hop Off Bus Tours)チケットの販売を行っています。 ここでは、ちょっとしたデュッセルドルフ土産になるTシャツやアヒル(おもちゃ)を売っています(デュッセルドルフで何故アヒルのかはナゾ)。 
    閉じる

    お・い・ら

    お・い・らさん(非公開)

    デュッセルドルフのクチコミ:12件

住所
Immermannstrasse 65 b, 40210 Duesseldorf
3.26
アクセス
3.00
旧市街から歩いてすぐです。 by zyuyumさん
コスパ
3.67
第一水曜の18時〜無料です。 by zyuyumさん
人混みの少なさ
3.58
コレクションの方は空いていました。 by zyuyumさん
展示内容
3.67
現代美術がメインです。 by お・い・らさん
  • 満足度の高いクチコミ(3件)

    現代美術の展示がメインです。ピカソ、マティス、シャガール他が少々。

    4.0

    旅行時期:2018/04(約3年前)

    正式には K20 Kunstsammlung Nordrhein-Westfalen となりま... 
    続きを読む
    す。 K20州立美術館は20世紀の現代美術の展示がメインです(K20の"K"はドイツ語のKunst(芸術)、"20"は20世紀の意)。 クレーという画家の作品の展示がメインのようですが凡人には良さが分かりませんでした。 凡人が知っている画家(アンディオール、ダリ、ピカソ、マティス、キリコ、シャガール)の作品があります。  
    閉じる

    お・い・ら

    お・い・らさん(非公開)

    デュッセルドルフのクチコミ:12件

住所
Grabbeplatz 5, 40213 Duesseldorf
3.26
アクセス
3.83
コスパ
3.38
3ユーロ/人。 by お・い・らさん
人混みの少なさ
3.67
社会科見学の生徒/学生さんが多数訪れています。 by お・い・らさん
展示内容
2.88
船舶に関する展示ですが、展示説明がドイツ語なので分からず。 by お・い・らさん
  • 満足度の高いクチコミ(1件)

    灯台の内部が船舶に関する博物館になっています。

    4.0

    旅行時期:2018/04(約3年前)

    中世にライン川を航行する船舶を監視した変わった形のSchlossturm(灯台)の内部が船舶に... 
    続きを読む
    関する博物館になっています。 5層構造の灯台の最上階はカフェになっており、周囲の大きな窓をからライン川やデュッセルドルフの町並みが臨めます。 時代ごとのライン川を航行する船舶の模型を展示していますが説明がドイツ語なので理解はできませんでした。4層目には床にライン川の流れを記した地図が描かれて、デュッセルドルフの位置や遠くオランダから北海へ注ぐ過程が分かります。トイレは1Fにしかありません。 
    閉じる

    お・い・ら

    お・い・らさん(非公開)

    デュッセルドルフのクチコミ:12件

住所
Burgpl. 30, 40213 Dusseldorf
3.25
アクセス
3.25
景観
2.83
人混みの少なさ
3.75
住所
Martin-Luther-Platz, 40212 Dusseldorf Germany
3.24
アクセス
4.00
駅から遠くないのでカンタンに行けます by emi-nyan^^さん
コスパ
4.00
入館料はあの広さからすると安いくらいです。 by emi-nyan^^さん
人混みの少なさ
4.13
平日のせいもあったのかもしれませんが、ゆったりと見ることができました。 by emi-nyan^^さん
展示内容
4.00
ブリューゲルとルーベンスの作品があります。 by お・い・らさん
  • 満足度の高いクチコミ(4件)

    庭に何故かサイの置物。ブリューゲルとルーベンスの作品があります。

    4.0

    旅行時期:2018/04(約3年前)

    Museum Kunstpalast はアルトシュタットから15分程度歩きます。 建物自体は... 
    続きを読む
    立派な造りではありません。庭に何故かサイの置物があります。 今回は常設展示のみ観ました。 K20美術館より時代は遡り、宗教画が多いです。17世紀の巨匠 ブリューゲルとルーベンスの作品が展示されています 
    閉じる

    お・い・ら

    お・い・らさん(非公開)

    デュッセルドルフのクチコミ:12件

住所
Ehrenhof 4, 40479 Duesseldorf
3.24
アクセス
2.75
コスパ
2.50
人混みの少なさ
3.00
施設の快適度
3.00
  • 満足度の高いクチコミ(1件)

    デュッセルドルフ歌劇場:なぜクリスマスの前後には「ヘンゼルとグレーテル」なのか?

    4.0

    旅行時期:2020/12(約6ヶ月前)

    ≪なぜクリスマスの前後には「Haensel und Gretelヘンゼルとグレーテル」なのか?... 
    続きを読む
    ≫ なぜクリスマスの前後には「ヘンゼルとグレーテル」なのか・・・については 、手元の”誰も知らないクリスマス・舟田詠子氏の著書”では簡単に述べています。 「このオペラは12月23日にドイツのワイマールで初演されて以来、クリスマスの贈り物の出し物として定着してしまったからだと・・・。」 「Haensel und Gretelヘンゼルとグレーテル」はグリム童話に収録されている作品(KHM 15)です。 「ヘンゼルとグレーテル」は1811年ごろ、当時カッセルにあったグリム兄弟の住居の近所の薬局のヴィルト家姉妹から採集した、ヘッセン州に伝わる民話の中の一篇である。1812年に出版した『子供と家庭のメルヒェン集』初版に収録され、1857年の決定版とも呼ばれる第7版に至るまでに、さまざまな付け加えや書き換えが行われている。(Wiki) (「Adventアドベント:キリストの降臨節」とは、11月30日にいちばん近い日曜日からクリスマス前日までのこと。アドベントキャンドルは手作りしたリースなどのアレンジメントにキャンドルを4本立て、クリスマスまでの4週間、日曜日ごとに1本ずつ灯していく習慣をいう) 長く続いた飢饉で困った親が口減らしのために子捨てをする話ですから、さてクリスマスに相応しいものなのか、疑問もありますが、兄妹で魔女を退治して、魔女がため込んだ財宝を持って暗い森から自宅に戻る・・・ハッピーエンドの話に変えてしまったのが良かったのだろう。 魔女の作った“Lebkuchenhausレープクーヘンハウス(英語はGingerbread house)お菓子の家”もその人気には効果的であったのでしよう。 *1970年代半ばに若かった家内がドイツのお料理教室で作った「御菓子の家」です。この写真を見ると、ヘンゼルとグレーテルのグリム童話を思い起こします。 家内は出来上がった「御菓子の家」を、市内の教室から自宅まで市電に乗って、おそるおそる持ち帰ったそうです。 私の記憶では、この品は長く子供部屋に置かれ、誰も食べないままでした。 Hexenhausヘクセンハウス=魔女の家は雑多な菓子だけで出来ている「お菓子の家」だと云う。 グリム童話の原作では、「お菓子の家」の壁がLebkuchenレープクーヘンで作られ、屋根は菓子類が載り、窓は透き通った砂糖で出来ていたと記述されている。 それでお菓子の家を“Lebkuchenhausレープクーヘンハウス”と称している。 ・・・・・ さて、舟田詠子氏の著書で書かれた『Haensel und Gretelヘンゼルとグレーテル』というオペラがあり、クリスマスの時期は、市内の劇場で親子の観客がこれを楽しんでいる。この時期を象徴するものと言えましょう。 『ヘンゼルとグレーテル』はドイツの作曲家Engelbert Humperdinckエンゲルベルト・フンパーディンク(1854~1921年)が作曲した全3幕のオペラである。 原作は有名なグリム童話『ヘンゼルとグレーテル』である。台本は作曲者の妹であるアーデルハイト・ヴェッテで、はからずも題材と同じ兄妹コンビとなった。1891年から1892年にかけてフランクフルトで作曲され、1893年12月23日にヴァイマル宮廷歌劇場にて初演された。 後にロンドンやニューヨークでも公演された。フンパーティンクの代表作であり、ワーグナー以後・リヒャルト・シュトラウス(本作の初演を指揮)以前のドイツ・オペラを代表する作品といわれる。また、ワーグナー以後に多く現れたメルヘン・オペラの代表的な作品ともされる。 特にドイツ圏では今なお上演回数上位に位置する人気作であり、英米でも比較的人気が高い。 参考:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」より(小編成)/E.フンパーディンク(小野寺 真)/Haensel und Gretel/Engelbert Humperdinck 指揮:隊長 柴田昌宜 演奏:陸上自衛隊中部方面音楽隊 https://www.youtube.com/watch?v=yPNduhF0GKA&vl=ja ・・・・・ また、バレエの『Nussknackerfigurenクルミ割り人形』も、クリスマスの時期は劇場などでも見られますが、クリスマスが舞台ですから、こちらは上演の理由も分かりやすい。 1974年、ドイツに赴任したての頃、前任者に連れられて、Deutsche Oper am Rheinライン・ドイツ・オペラ(デュッセルドルフ歌劇場)でこのバレエの『Nussknackerfigurenクルミ割り人形』を観劇した。観劇中、眠っても問題ないだろうと、最上階の後ろの方の席で、初体験をしたのだ。 デュッセルドルフ歌劇場は1875年の開設だから、もう150年近くになる。1956年に全面改修され、座席数1342。1981~86年まで若杉弘が音楽監督を務めた。 また、バリトン歌手の木村俊光が1970年から専属歌手、1985年に東洋人として初めての終身雇用の権利を得て、1986年まで所属。メゾソプラノ歌手の矢野恵子が1974年から2005年まで、31年間定年になるまで専属歌手契約。 バレエの『Nussknackerfigurenクルミ割り人形』は、E.T.A.ホフマンの1816年の童話『くるみ割り人形とねずみの王様』を原作にした、Peter Tchaikovskyピョートル・チャイコフスキー(1840~1893年)の作曲したバレエ音楽(作品番号71)、およびそれを使用した2幕3場(演奏時間は約1時間25分(第1幕約45分、第2幕約40分)のバレエ作品である。 チャイコフスキーの三大バレエ(「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」の3曲)の一つであり、初演から100年以上を経て数多くの改訂版が作られている。 バレエ組曲「くるみ割り人形」作品71aはチャイコフスキーがバレエ音楽から編んだ組曲である。「くるみ割り人形」作曲中のチャイコフスキーはこの頃、自作を指揮する演奏会を企画していたが、あいにく手元に新作がなく、また作曲する暇もなかったため、急遽作曲中の「くるみ割り人形」から8曲を抜き出して演奏会用組曲とした。バレエの初演に先立ち、1892年3月19日、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で初演された。 バレエ組曲「くるみ割り人形」ダイジェスト映像 https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/nutcracker/ チャイコフスキーの作品には交響曲第4番、交響曲第6番悲愴、スラヴ行進曲、四季など多岐にわたる作曲で知られている。 ・・・・・ 色々知恵者が居て、子供たちがこの時期の劇場の大いなるお客様になるように仕掛けた、さらに将来を期待したものであったのかもしれません。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    閉じる

    jijidaruma

    jijidarumaさん(男性)

    デュッセルドルフのクチコミ:18件

住所
Heinrich-Heine-Allee 16A, 40213 Duesseldorf
3.23
アクセス
3.00
コスパ
3.33
人混みの少なさ
3.33
展示内容
3.38
映画(映写技術)全般の歴史が展示されています。特にドイツ映画に焦点を当てた博物館ではありません。 by お・い・らさん
  • 満足度の高いクチコミ(1件)

    館内は撮影禁止です。特にドイツ映画に焦点を当てた博物館ではありません。

    4.0

    旅行時期:2018/04(約3年前)

    別にドイツ映画に焦点を当てたということではなく、映画(映写技術)全般の歴史が展示されています。... 
    続きを読む
    公開当時注目された映画のポスターや日本の黒澤明監督作品の紹介コーナーもあります。初期の映像合成技術を体験できるコーナーもあります。 展示の説明がドイツ語中心なので見て理解する感じです。館内は撮影禁止でした。 
    閉じる

    お・い・ら

    お・い・らさん(非公開)

    デュッセルドルフのクチコミ:12件

住所
Schulstrasse 4, 40213 Duesseldorf
3.22
アクセス
4.00
コスパ
3.75
人混みの少なさ
2.50
施設の快適度
4.00
住所
Arena-Str. 1, 40474 Dusseldorf, North Rhine-Westphalia, Germany
3.21
アクセス
3.25
トラムから見えます。 by zyuyumさん
コスパ
4.00
第一水曜18時〜無料 by zyuyumさん
人混みの少なさ
3.50
かなり少なかったです。 by zyuyumさん
展示内容
3.50
好き嫌いはある。 by zyuyumさん
  • 満足度の高いクチコミ(1件)

    怖いけど楽しい!

    4.0

    旅行時期:2019/07(約2年前)

    k21美術館でできるアトラクションを目当てに行きました! 入場料を払い、荷物を預けて最上階へ... 
    続きを読む
    。 紙に名前を書き、日本語の説明を読んだら いざ!つなぎを着て靴も履き替えて、装飾品も外して 網の上へ~!5~10分ほどですが、とてもスリル満点で 楽しかったです!またやりたい! 
    閉じる

    ピョン

    ピョンさん(女性)

    デュッセルドルフのクチコミ:6件

営業時間
火~金10:00~18:00
土日祝11:00~18:00
毎月第1水曜日10:00~22:00
休業日
月曜日

1件目~20件目を表示(全36件中)

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。

まだ掲載されていないスポットを大募集!

フォートラベルはみんなで作る旅行ガイドです。
おすすめの観光スポット、レストラン、ホテル、交通機関があればぜひ教えてください。

スポットの掲載依頼はこちら

ドイツの旅行ガイドまとめ

フォートラベルポイントをためよう

宝箱を探せ!

エリアに隠された宝箱を見つけてフォートラベルポイントをゲット!チャンスは一日一回。お題はトップページで発表されます。

本日のお題はこちら