ホニアラ 旅行 クチコミガイド

ピックアップ特集

ホニアラ旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

ツアー検索

ホテル クチコミ人気ランキング 6 件

  • Solomon Kitano Mendana Hotel 口コミ 4

    • 首都ホニアラの幹線道路に面した最高級のホテルですが、老朽化には勝てません。
    • 激戦地ガダルカナルの日系リゾートホテル
    ホテルランク
  • ヘリテージ パーク ホテル ホナリア 口コミ 1

    • ヘリテージ・パークホテルは、首都ホニアラの西側にある新しいホテルです。欧米人の利用が目につきます。
    ホテルランク
  • King Solomon Hotel 口コミ 1

    • キング・ソロモンホテルは、幹線通りの南側のハイビスカス通りにあり、静かな環境にあります。
    ホテルランク

観光 クチコミ人気ランキング 0 件

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング 2 件

  • ライム ラウンジ カフェ 2

    • ライムラウンジカフェは、ソロモン諸島の首都ホニアラの中心街に位置するカフェです。
    • オシャレなカフェ
  • ブレイクウォーターカフェ 2

    • ブレイクウォーターカフェは、ホラニアの幹線道路沿いにありますが、通りから海岸方向に入ります。
    • 青い海を見ながらコーヒーを。

旅行記 33 件

  • 南洋諸島(フィジー、バヌアツ、ソロモン)相部屋の旅

    • 同行者:友人
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2020/01/03 -  2020/01/11 (約7ヶ月前)

      1月3日(金)成田第2ターミナルに、北は札幌、南は大分から7名集合。空港で、22294円で200US$両替。現地発が遅れたため、出発1時間遅れが早々と決定されていた。フィジー航空 FJ350便 22:25に離陸。初めてのフィジー航空搭乗だが、食事まあまあ。アルコールもあり。一番良かったのは、3日発が3万円台と安かったこと、5日のNRT行きは満室らしいが、この便はガラガラ。横になって寝ている人多数。1月4日(土)NAN 10:55着。予定より1時間遅れ。小さな空港。予想通り蒸し暑い。嫌な汗が流れる。両替は円が可能なので7000円→122FJDで交換。10FJD手数料を取られた。7名バラバラに両替... もっと見る(写真22枚)

    • ソロモン諸島は、祖先からの繋がりのある台湾と断交し、中国と国交を樹立しました。

      • 同行者:その他
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2019/05/18 -  2019/06/02 (約1年前)

        太平洋戦争におけるガダルカナルの戦いが、現在の大洋州の島嶼諸国で、再来してきた感じがします。旧日本軍は、米国とオーストラリアの海上交通路を遮断することを狙い、フィージー(F)とサモア(S)に進出しようとしました。世にいうFS作戦です。ガダルカナル島のあるソロモン諸島における中国の港湾建設が、日本軍の狙いの再来を感じさせます。ソロモン諸島を始めとして大洋州の島嶼諸国の民族としての起源は、台湾からの流れがあり、ミクロネシア~メラニシアを経て、ポリネシアまで繋がっていることが、解りました。2019年の9月中旬、ソロモン諸島とキリバスは、相次いで台湾との国交を破棄し、中国との国交を樹立しました。永年、... もっと見る(写真68枚)

      • ガダルカナルにおける戦いの跡の一部を辿ってみましたが、ほんの一部しか廻れませんでした。

        • 同行者:その他
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2019/05/18 -  2019/06/02 (約1年前)

          ガダルカナルにおける戦いの跡の一部を辿ってみました。地形が厳しいとの印象が一番でした。1942年8月7日、米国軍は、日本の大本営の予想よりも1年早く、反攻を開始しました。その手始めの第一段として、日本海軍が飛行場の建設を完了したしたガダルカナル島の占領が目標でした。その後、第二段~第三段として、島嶼沿いにニューギニアを攻略することを目標としたのです。ガダルカナルの飛行場を奪われた日本海軍は、陸軍部隊の派遣を要請し、飛行場奪回の作戦を開始したのです。しかし、日本軍は、ラバウルの航空基地から約1000km離れていたため制空権を確保できず、戦闘部隊の推進はもとより物資補給もままならず、情報面の準備不... もっと見る(写真60枚)

        • ガダルカナル島の伝統的な文化ととともに、新しい文化も共生しています。

          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2019/05/18 -  2019/06/02 (約1年前)

            ガダルカナル島では、昔ながらの文化、伝統を残しつつも、新たな文化も根付いてきています。しかしながら、短期間の訪問では、昔の文化、伝統への理解も表面的になってしまうのかと懸念しています。少しずつでも、時間をかけ、理解に努めることが不可欠でしょう。直接的に、ガダルカナルの地を訪れ、なにがしかの生の経験を積むことにより、次なる新たな理解が早まっているは、間違いありません。ガダルカナルの言葉を聞くことにより、新たな情報に敏感になる素地が造られ、次なる知識に対して貪欲に吸収すしようとする気持ちが養われているものと感じています。首都ホニアラのあるガダルカナル島には、約6000年前からメラネシア系民族が定住... もっと見る(写真60枚)

          • 太平洋戦争の激戦地ガダルカナルの戦跡を訪ねました。悲しく、悲惨な戦いの跡です。

            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2019/05/18 -  2019/06/02 (約1年前)

              ガダルカナルの戦いは、悲惨な戦闘でした。ガダルカナルの島の中には、現在も、多くの戦争の傷跡があります。限られた時間の中でしたが、戦跡を見て廻りました。ガダルカナル島には、日本陸軍の約3万6000人の地上兵力が上陸し、約6万人の米国将兵との約7ケ月間の死闘を続けましたが、1942年2月、約1万人の離脱をもって、飢餓やマラリアとの苦闘末、ガダルカナル島の戦いから敗退しました。その間の日本軍の死者は、約2万人に上りましたが、半数以上が、餓死とマラリアによる戦病死でした。ガダルカナル島の戦いは、太平洋を巡る日米両軍の戦いの中において、日本軍にとっても、米軍にとっても大きな転換点となりました。日本軍とし... もっと見る(写真59枚)

            旅行記を投稿してみよう!

            旅行記を投稿する

            • 空港でSIM購入時、バス乗車時は値段確認を!

              2.5 旅行時期:2019/09 (1ヶ月以内)

              wtk

              wtkさん(男性)

              ホニアラ国際空港 (HIR)のクチコミ

              【出入国】難しくない。    【両替】到着口の両替所に人が殺到するが、出発側にも両替所があるので、そちらのほうが並ばずに済むので便利。ATMなし。市内ATM手数料は一回あたり40〜45ソロモンドル(BSPおよび青色の銀行)      【SIM ※料金確認を】搭乗券と引き換えで無料SIMがもらえます。搭乗券を渡したくない旨を伝えると搭乗券写真撮影で済みます。個人情報の流出が気になる方は事前に名前を黒塗りしたりバーコードを見えないようにしておくこと。掲示料金とは別にTaxだなんだ言って別途料金が徴収されます(多分ぼったくり)。10ソロモンドルぐらい上乗せされるのできちんとした値段を確認してお釣りは端数までもらうこと。もしくは事前に料金表以外にいくらかかるかきちんと尋ねること!もしくは市内のショップでSIMを買うこと!    【タクシー】 空港内で待機しています。 空港から東へ25km先のWorld War Museumや南西の5km先のBloody Ridgeなど空港周辺多数の観光地へタクシーでチャーターしたい場合は、空港ビルから右に進み、敷地を出て右にすすむとDomesti...

            • 便利で格安なスクーターレンタル。

              5.0 旅行時期:2019/07 (1ヶ月以内)

              seattle

              seattleさん(男性)

              レンタカーのクチコミ

              24時間150ソロモンドルで借りられます。オフィスは8時から5時までの営業で時間外は系列のガソリンスタンドで返すことが出来ます。 ヘルメットも貸してくれるで免許書さえあれば借りられます。 カードも使えます。 ホニアラはほこりが多いのでサングラスかメガネがないと目にゴミが入って痛いです。スクーターは小回りが利き渋滞知らずでどこにでも駐車できるので本当に重宝しました。Solomon Motors Limited. Tel 67722219オフィスはメンダナ通りの観光局の隣にあります。

            • ソロモン諸島においてレンタカーを借りるは容易ですが、注意が必要です。レンタカー会社は、簡単にレンタカーを貸してくれます。責任は、借り手にあるからです。レンタカー会社は、極端に言えば、お金さえ入れば、良いのかもしれません。しかしながら、次の点について、注意する必要があります。1 日本の免許証もしくは国外免許証が、ソロモン諸島で有効か?  警視庁の公示では、ソロモン諸島は、有効とされる国に指定されていません。2 事故が起こった際、海外旅行傷害保険で、補償されるか?  有効な運転資格のない運転間の事故は、補償されません。3 交通ルールが異なる。  ラウンドアバウトというロータリーがあり、注意を要します。4 交通渋滞が頻発していて、事故が発生しやすい。  事故発生時、外国人に対して、難癖をつけてくる可能性が心配レンタカー会社は、保険が、レンタカー代金に含まれているので安心だと勧めてきますが事故発生時の実態は、なかなか旅行者にとっては、判り難いのが実情です。注意を要します。

            • ソロモン諸島のタクシーは、数多いので利用しやすいです。料金は、メーターの数字を基準としています。タクシー会社としては、大手としては、2社あるようですが、それ以外の中小の会社もあるようです。中には、個人のタクシーもあると聞きますが、細部は、解っていません。要するに、勝手にTAXIの標識を付けて、タクシー業を営んでいる者が少なからずいるようです。つまり、タクシーが多いので実態を把握し切れていないというのが実情でしょう。一時は、治安が悪く、利用するのに心配な面があったようですが、現在は、落ち着いているようで、気にする必要も無いようです。念のため、ホテルのフロントにタクシーを頼んだり、帰路は、安心できるレストラン等を通じて、タクシーを利用しました。料金は、実際、走った走行距離を基準として支払います。計画的に使うことが主でしたので、大体の距離を調べておいて、車のメーターで確認し、支払うようにしていました。日本のように別個のメーターはありませんので、車のメーターで、走行距離を把握します。大体の基準は、1kmが10ソロモンドルという感じです。ホテルのフロントで、教えて貰いました。

            • ホラニア国際空港は、ソロモン諸島の唯一の国際空港です。ホラニア国際空港は、約1000にも及ぶ島国であるソロモン諸島の国内線航空路の要でもありす。第2次世界大戦時、日米両軍が死闘を繰り返して戦ったガダルカナル戦の焦点であったヘンダーゾン飛行場を活用しています。大戦後、首都がツラギからホラニアに移転したことから、ホラニア国際空港としての重要な役割が高まりました。ホラニア国際空港の空港ターミナルやエプロンの建設には、日本のODA援助資金が活用されています。空港ターミナルの向かいには、空港ターミナル等の建設に際しての日本国民の気持ちを伝える碑が立てられています。その他、JICAの記念プレートも付けられています。近年、空港からホラニア市街地の間の慢性的な交通渋滞を解消するため、4車線の空港幹線道路が、日本の援助で建設され、大変、便利になりました。ソロモン諸島は、親日的な国家として知られていますが、ホラニア国際空港は、その要因の一つなのかもしれません。

            ホニアラ のクチコミ一覧(22)

            ホニアラ 地図

            ホニアラトラベラーランキング

            クチコミの多いトラベラー

            旅行記の多いトラベラー

            4Tポイントを貯めよう

            チャンスは一日一回。
            エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

            4Tポイントとは?


            PAGE TOP