留萌(るもい)旅行記(ブログ) 一覧に戻る
三か月余にわたった稚内生活に関する旅行記の本編が最終章となります。<br /><br />稚内から和寒までの帰路に際して、前旅行記にて、”前菜”としての豊富から留萌までの萌えっ子フリーパスを使用した沿岸バス旅程を終え、ここからが”メインディッシュ”の留萌本線旅程、ということになります。<br /><br />自身にとっての恐らく最後の留萌本線(留萌~石狩沼田間)になると思われたので、しっかりとその景色を目に焼き付けておこうと、車尻にしがみついて各駅を眺めていきました。<br /><br />色々な思い出が蘇ってきて、正直、まともな写真があまり撮れなかったように思いますが、そういうのは今後全国数多の葬式鉄さんが色々とUPされると思いますので、そちらをご参照下さい。<br /><br />最後の秋色に染まった留萌本線の雄姿。一生心に刻んで生きていこう…。<br /><br />(表紙:留萌→剣淵普通乗車券(留萌駅発行))

2022夏~秋・日本最北の街で暮してみた(パート10:さようなら留萌本線、ただいま和寒)

17いいね!

2022/10/31 - 2022/10/31

86位(同エリア167件中)

2

105

ケロケロマニア

ケロケロマニアさん

この旅行記のスケジュール

2022/10/31

この旅行記スケジュールを元に

三か月余にわたった稚内生活に関する旅行記の本編が最終章となります。

稚内から和寒までの帰路に際して、前旅行記にて、”前菜”としての豊富から留萌までの萌えっ子フリーパスを使用した沿岸バス旅程を終え、ここからが”メインディッシュ”の留萌本線旅程、ということになります。

自身にとっての恐らく最後の留萌本線(留萌~石狩沼田間)になると思われたので、しっかりとその景色を目に焼き付けておこうと、車尻にしがみついて各駅を眺めていきました。

色々な思い出が蘇ってきて、正直、まともな写真があまり撮れなかったように思いますが、そういうのは今後全国数多の葬式鉄さんが色々とUPされると思いますので、そちらをご参照下さい。

最後の秋色に染まった留萌本線の雄姿。一生心に刻んで生きていこう…。

(表紙:留萌→剣淵普通乗車券(留萌駅発行))

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
高速・路線バス JR特急 JRローカル 徒歩 バイク
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2022年10月31日。<br /><br />留萌駅での入鋏印。<br /><br />人生最後、かもな…。

    2022年10月31日。

    留萌駅での入鋏印。

    人生最後、かもな…。

  • さようなら、留萌駅。<br />今まで、どうも有難う…。<br /><br />初めてこの駅を訪問したのは1995年のこと。<br />あの時は増毛まで自転車を輪行し、そのまま増毛の山小屋に泊まって、マイナーな増毛ルートにて暑寒別岳に登ったのでした…。<br /><br />その後も色々な思い出が有り過ぎて、言葉になりませんが、冷静に考えると、私にとっての留萌本線はせいぜい25年、つまり四半世紀位のお付き合いに過ぎません。人生の大先輩の方々と比較すると、全然大したことありませんね…。

    さようなら、留萌駅。
    今まで、どうも有難う…。

    初めてこの駅を訪問したのは1995年のこと。
    あの時は増毛まで自転車を輪行し、そのまま増毛の山小屋に泊まって、マイナーな増毛ルートにて暑寒別岳に登ったのでした…。

    その後も色々な思い出が有り過ぎて、言葉になりませんが、冷静に考えると、私にとっての留萌本線はせいぜい25年、つまり四半世紀位のお付き合いに過ぎません。人生の大先輩の方々と比較すると、全然大したことありませんね…。

    留萌駅

  • だからこそ、何も偉そうなことは言わない。<br />そう心に誓いつつ、留萌本線最後の秋を楽しんでいました…。

    だからこそ、何も偉そうなことは言わない。
    そう心に誓いつつ、留萌本線最後の秋を楽しんでいました…。

  • 大和田駅。<br />前年の夏、ここを自転車で訪れました。<br />そういや、旅行記書いてなかったな…(-_-;)。

    大和田駅。
    前年の夏、ここを自転車で訪れました。
    そういや、旅行記書いてなかったな…(-_-;)。

    大和田駅

  • このタイプのダルマ駅舎。<br />宗谷本線からも次々と消えていきました…。<br /><br />廃線後はどうなるのかな?<br />幌延町みたいには留萌はやる気なさそうだしな…。

    このタイプのダルマ駅舎。
    宗谷本線からも次々と消えていきました…。

    廃線後はどうなるのかな?
    幌延町みたいには留萌はやる気なさそうだしな…。

  • ゆるーく弧を描く大和田駅ホーム。<br /><br />この景色ももう見納めなのかな…。<br /><br />そういや、母校のパイセンに大和田獏がいたな~、どうでもいいけど…。

    ゆるーく弧を描く大和田駅ホーム。

    この景色ももう見納めなのかな…。

    そういや、母校のパイセンに大和田獏がいたな~、どうでもいいけど…。

  • 車窓からの何気ない景色、その全てが愛おしい…。

    車窓からの何気ない景色、その全てが愛おしい…。

  • 次にやって来たのは…。

    次にやって来たのは…。

  • 藤山駅。<br />ここには結構立派な駅舎がありますね。

    藤山駅。
    ここには結構立派な駅舎がありますね。

    藤山駅

  • 風雪に耐えて百戦錬磨感満載の駅名標。<br /><br />

    風雪に耐えて百戦錬磨感満載の駅名標。

  • ホーム上にもこちらをお撮りの方が…。<br />乗ってる撮り鉄であって欲しい…。

    ホーム上にもこちらをお撮りの方が…。
    乗ってる撮り鉄であって欲しい…。

  • そんな秋色の藤山駅ともお別れ…。

    そんな秋色の藤山駅ともお別れ…。

  • まあ、よく見ると紅葉はちょっと旬を過ぎた感じだけどね…。<br />最北の地で暮らしているうちに、いつの間にか季節は流れていました…。

    まあ、よく見ると紅葉はちょっと旬を過ぎた感じだけどね…。
    最北の地で暮らしているうちに、いつの間にか季節は流れていました…。

  • そして次の集落に入ってまいりました。

    そして次の集落に入ってまいりました。

  • そこに現れるのが幌糠駅。<br /><br />

    そこに現れるのが幌糠駅。

    幌糠駅

  • 深川側の隣駅が上貼りされていますね。<br /><br />2006(平成18)年まで、ここには東幌糠駅がありました。<br /><br />因みに、留萌側にも実は桜庭駅という隣駅がありましたね。<br />こちらは廃駅の更なるパイセンで、1990(平成2)年廃止なので、私もその存在を目にすることなく終わってしまいました…。

    深川側の隣駅が上貼りされていますね。

    2006(平成18)年まで、ここには東幌糠駅がありました。

    因みに、留萌側にも実は桜庭駅という隣駅がありましたね。
    こちらは廃駅の更なるパイセンで、1990(平成2)年廃止なので、私もその存在を目にすることなく終わってしまいました…。

  • 貨車改造型のだるま駅舎。<br /><br />ここもライトブルーのラインのクラシカルなJR北海道仕様ですね。<br /><br />この駅の廃線後も気になりますね…。

    貨車改造型のだるま駅舎。

    ここもライトブルーのラインのクラシカルなJR北海道仕様ですね。

    この駅の廃線後も気になりますね…。

  • で、同じように、車尻から…。<br /><br />さいなら~。

    で、同じように、車尻から…。

    さいなら~。

  • そして、見えなくなるまで勿論見続けます。

    そして、見えなくなるまで勿論見続けます。

  • で、ここからが留萌本線2023年廃線区間のハイライト、となりますが、まあ、色々と車内が面倒臭そうなので、静観しておきましょう。

    で、ここからが留萌本線2023年廃線区間のハイライト、となりますが、まあ、色々と車内が面倒臭そうなので、静観しておきましょう。

  • ここには交換駅の峠下駅があります。<br /><br />ここでも昨夏に色々あったのですが、まだ旅行記は書いていないし、書くかどうかも解らない…。

    ここには交換駅の峠下駅があります。

    ここでも昨夏に色々あったのですが、まだ旅行記は書いていないし、書くかどうかも解らない…。

    峠下駅

  • 峠下駅さんもさいなら~。<br /><br />駅ノートに色々と書いてごめんなさい~(←謎のコメントやな~。)。

    峠下駅さんもさいなら~。

    駅ノートに色々と書いてごめんなさい~(←謎のコメントやな~。)。

  • という訳で、この列車では交換相手もおらず、ひっそりと出発。<br /><br />

    という訳で、この列車では交換相手もおらず、ひっそりと出発。

  • 8番が青空に映えるな~。<br /><br />そういやハムの8番はSBに行っちゃったな~。<br />ハムに中日からアリマルがやって来るのはめちゃ楽しみやぞ!<br /><br />何のこっちゃ…。

    8番が青空に映えるな~。

    そういやハムの8番はSBに行っちゃったな~。
    ハムに中日からアリマルがやって来るのはめちゃ楽しみやぞ!

    何のこっちゃ…。

  • で、次も人気の明日萌駅、もといっ、恵比島駅。<br /><br />幾寅・恵比島・抜海、どこも映画やドラマのロケ地として有名になったJR北海道管内の駅達ですが、その全ての存在が消え去ろうとしている令和初期の現状です…。

    で、次も人気の明日萌駅、もといっ、恵比島駅。

    幾寅・恵比島・抜海、どこも映画やドラマのロケ地として有名になったJR北海道管内の駅達ですが、その全ての存在が消え去ろうとしている令和初期の現状です…。

    恵比島駅

  • そんな恵比島さんも、見えなくなるまでお見送り。<br /><br />さいなら~。

    そんな恵比島さんも、見えなくなるまでお見送り。

    さいなら~。

    明日萌の里 名所・史跡

  • この駅を過ぎると、一気に開けた景観となりますね。<br />間もなく、2023年廃止区間の終了となります。

    この駅を過ぎると、一気に開けた景観となりますね。
    間もなく、2023年廃止区間の終了となります。

  • 2023年廃止区間の最後にあるのがこちらの真布駅。<br /><br />そう、ケロケロマニアマニア(?)の方にはお馴染み、あの”マップ(地図)を見る筆者”のロケ地(???)となった駅です!<br /><br /><br />続・何のこっちゃ…。

    2023年廃止区間の最後にあるのがこちらの真布駅。

    そう、ケロケロマニアマニア(?)の方にはお馴染み、あの”マップ(地図)を見る筆者”のロケ地(???)となった駅です!


    続・何のこっちゃ…。

    真布駅

  • そんな”地図駅”も、これが見納めの可能性があります。<br /><br />今までどうも有難う。<br />ホームに座り込んで地図を眺めたあの日のこと、忘れません!(←しょーもない思い出やな~(-_-;)。)

    そんな”地図駅”も、これが見納めの可能性があります。

    今までどうも有難う。
    ホームに座り込んで地図を眺めたあの日のこと、忘れません!(←しょーもない思い出やな~(-_-;)。)

  • 例年と変わらぬ秋色を眺めつつも、何かが違う今回の留萌本線旅。<br /><br />やっぱり、最後にもう一回来ちゃうかもな~。<br />いや、やっぱり来ないかな~。<br /><br />これを書いている時点(2022年12月)では、まだ決めかねています…。

    例年と変わらぬ秋色を眺めつつも、何かが違う今回の留萌本線旅。

    やっぱり、最後にもう一回来ちゃうかもな~。
    いや、やっぱり来ないかな~。

    これを書いている時点(2022年12月)では、まだ決めかねています…。

  • そして、この2本のポプラが見えてくると…。

    そして、この2本のポプラが見えてくると…。

  • 石狩沼田駅にとうちゃこ。<br /><br />ここがもうすぐ3年だけ(?)の終着駅へと生まれ変わります。<br /><br />それにしても、増毛・留萌・石狩沼田の3段階廃止で、葬式鉄の特需を3倍狙っているのかしら?その分、維持費の方がかかるだろうけど…。

    石狩沼田駅にとうちゃこ。

    ここがもうすぐ3年だけ(?)の終着駅へと生まれ変わります。

    それにしても、増毛・留萌・石狩沼田の3段階廃止で、葬式鉄の特需を3倍狙っているのかしら?その分、維持費の方がかかるだろうけど…。

    石狩沼田駅

  • 夜高あんどん祭りが留萌本線で観に来られるのもあと3~4年か…。<br /><br />お祭り目的での沼田訪問もありかな、なんて思ったりしつつ…。<br /><br />でもきっと、残った沼田まででも最初の2年位はわざわざ乗りに来る人なんて少ないやろな…。おんなじことの繰り返しでうんざり、という歴史は、留萌本線で学んでおくと良いよ、と毒づいてみましょう。

    夜高あんどん祭りが留萌本線で観に来られるのもあと3~4年か…。

    お祭り目的での沼田訪問もありかな、なんて思ったりしつつ…。

    でもきっと、残った沼田まででも最初の2年位はわざわざ乗りに来る人なんて少ないやろな…。おんなじことの繰り返しでうんざり、という歴史は、留萌本線で学んでおくと良いよ、と毒づいてみましょう。

  • 雨竜川を渡ります。<br />川面が青空と同化して美しい~♪

    雨竜川を渡ります。
    川面が青空と同化して美しい~♪

  • で、次なるターゲットのために車尻で狙います。

    で、次なるターゲットのために車尻で狙います。

  • ハイ、北秩父別駅。<br />普通列車でも通過してしまう駅なのです。<br />ここはまだ廃線前に来られるチャンスあるかな?<br /><br />ん?待合所がないぞ???<br />確か、あった筈だとウィキってみたら、どうやら2022年6月に待合所が老朽化による傾きのために閉鎖されたらしい。もう撤去されちゃったのかな?<br /><br />距離的には、秩父別まで2.4km、石狩沼田まで3.2kmと、どちらも近いので、ここで下車して、どちらかまで歩く旅というのが現実的でしょうね。それをできるチャンスも、もう数年しか残されていませんが…。

    ハイ、北秩父別駅。
    普通列車でも通過してしまう駅なのです。
    ここはまだ廃線前に来られるチャンスあるかな?

    ん?待合所がないぞ???
    確か、あった筈だとウィキってみたら、どうやら2022年6月に待合所が老朽化による傾きのために閉鎖されたらしい。もう撤去されちゃったのかな?

    距離的には、秩父別まで2.4km、石狩沼田まで3.2kmと、どちらも近いので、ここで下車して、どちらかまで歩く旅というのが現実的でしょうね。それをできるチャンスも、もう数年しか残されていませんが…。

    北秩父別駅

  • この辺りまで来ると水田がメインとなってきますね。<br />この時期だと、もう土中にカエルちゃん達が一杯寝てそう~♪

    この辺りまで来ると水田がメインとなってきますね。
    この時期だと、もう土中にカエルちゃん達が一杯寝てそう~♪

  • そして、イルムケップの山並みも見えるようになってきた頃に…。

    そして、イルムケップの山並みも見えるようになってきた頃に…。

  • 秩父別にとうちゃこ。

    秩父別にとうちゃこ。

    秩父別駅

  • この駅の思い出、も色々あるのだけれど、上述した暑寒別岳登山の旅の際に、深川からフレンドリーな一人の少年が色々と話しかけてきて、その子が秩父別自慢をしてた思い出があります。そして、その子が、笑顔で丁度この駅名標の辺りで見送ってくれたんだよね…。<br /><br />あの少年も、もう立派なおっさんになっている(30代後半位かな?)んだろうな~。時の流れを感じます。

    この駅の思い出、も色々あるのだけれど、上述した暑寒別岳登山の旅の際に、深川からフレンドリーな一人の少年が色々と話しかけてきて、その子が秩父別自慢をしてた思い出があります。そして、その子が、笑顔で丁度この駅名標の辺りで見送ってくれたんだよね…。

    あの少年も、もう立派なおっさんになっている(30代後半位かな?)んだろうな~。時の流れを感じます。

  • 秩父別のハロウィンさん。<br />こちらはまだ、あと4年位は見られるかな?

    秩父別のハロウィンさん。
    こちらはまだ、あと4年位は見られるかな?

  • という訳で、秩父別さんも、さいなら~。

    という訳で、秩父別さんも、さいなら~。

  • この時点での車内の様子。<br /><br />流石に、石狩沼田を過ぎると、皆様のテンションは下がり気味ですな。<br />まあ、かんガエルことはみんな同じか。殆どマニアだし。

    この時点での車内の様子。

    流石に、石狩沼田を過ぎると、皆様のテンションは下がり気味ですな。
    まあ、かんガエルことはみんな同じか。殆どマニアだし。

  • 再び、秋の風景を堪能しながら…。

    再び、秋の風景を堪能しながら…。

  • 今度は、南西方向に樺戸山系の浦臼山やピンネシリなどが見えてきます。<br /><br />札沼線で見慣れた風景でしたね。<br /><br />そういや、札沼線の沼は石狩沼田だった~。

    今度は、南西方向に樺戸山系の浦臼山やピンネシリなどが見えてきます。

    札沼線で見慣れた風景でしたね。

    そういや、札沼線の沼は石狩沼田だった~。

  • 間もなく留萌本線の旅も終了です。<br />距離的にはそんなに長くもないので、案外あっという間なんですが…。

    間もなく留萌本線の旅も終了です。
    距離的にはそんなに長くもないので、案外あっという間なんですが…。

  • 深川のコップ山が見えてきましたね。<br />あの山の麓は牧場があって、牛の糞まみれになって自転車で登っていった若き日のことを思い出します(←どんな旅やねん!)。

    深川のコップ山が見えてきましたね。
    あの山の麓は牧場があって、牛の糞まみれになって自転車で登っていった若き日のことを思い出します(←どんな旅やねん!)。

  • そんな頃に最後の沿線駅、北一已駅にとうちゃこ。<br /><br />この名前のインパクト、残したい遺産なんだけどな~。<br />何とか石狩沼田までだけでも、廃線撤回にならんかな~。(←無理!)

    そんな頃に最後の沿線駅、北一已駅にとうちゃこ。

    この名前のインパクト、残したい遺産なんだけどな~。
    何とか石狩沼田までだけでも、廃線撤回にならんかな~。(←無理!)

    北一已駅

  • この駅の秋色感も半端なくステキよね~。<br />

    この駅の秋色感も半端なくステキよね~。

  • この駅で旭川イオンの駅弁大会にて半額で仕入れた、富山名物のますのすしを頬張って過ごした時のことを思い出します。<br /><br />それにしても、しょーもない思い出ばっかりやな~(-_-;)。

    この駅で旭川イオンの駅弁大会にて半額で仕入れた、富山名物のますのすしを頬張って過ごした時のことを思い出します。

    それにしても、しょーもない思い出ばっかりやな~(-_-;)。

  • 大都会(?)、深川の市街地が見えてきました。<br /><br />楽しかった留萌本線の旅も間もなくおしまいです。

    大都会(?)、深川の市街地が見えてきました。

    楽しかった留萌本線の旅も間もなくおしまいです。

  • そして最後に左手に分岐する姿が見られるのが、廃線のパイセン(←韻を踏んでる)、深名線の跡ですね。<br /><br />今走行中の場所も、高速鉄道が札幌に来る頃には、同じような草地になっているんだろうな…。

    そして最後に左手に分岐する姿が見られるのが、廃線のパイセン(←韻を踏んでる)、深名線の跡ですね。

    今走行中の場所も、高速鉄道が札幌に来る頃には、同じような草地になっているんだろうな…。

  • で、深川に到着し、本日の留萌本線旅は終了となりました。<br /><br />一応、最後かもしれないので、ご挨拶だけしておきましょう。<br /><br />今までどうも有難う、留萌本線さん!(涙)

    で、深川に到着し、本日の留萌本線旅は終了となりました。

    一応、最後かもしれないので、ご挨拶だけしておきましょう。

    今までどうも有難う、留萌本線さん!(涙)

    深川駅

  • どうもこの子は富良野線をイメージしてしまうんだけど…。

    どうもこの子は富良野線をイメージしてしまうんだけど…。

  • まあ、どんな子であれ、留萌まで行ける日は残り少ないです。<br />思い残すことなく走り続けてね~(車両さんは何も思ってないと思うけど…。)。

    まあ、どんな子であれ、留萌まで行ける日は残り少ないです。
    思い残すことなく走り続けてね~(車両さんは何も思ってないと思うけど…。)。

  • このパスも販売したり終了したり忙しいわな。<br />まあ、初めて出た時ほどのワクワク感は、なんかなくなっちゃったけどね…。

    このパスも販売したり終了したり忙しいわな。
    まあ、初めて出た時ほどのワクワク感は、なんかなくなっちゃったけどね…。

  • で、せっかくの普通乗車券ですので、深川駅にて途中下車印を頂きましょう。<br /><br />フリー切符で集めてる人もいるけど、私はどうもあれは違和感あるんだよね。<br />普通乗車券でこその下車印だと思っています。

    で、せっかくの普通乗車券ですので、深川駅にて途中下車印を頂きましょう。

    フリー切符で集めてる人もいるけど、私はどうもあれは違和感あるんだよね。
    普通乗車券でこその下車印だと思っています。

  • 深川駅の手書き案内。<br />温かみがあって良いですね~。<br /><br />てか、真布駅が描かれてる~( ´∀` )。<br />マニアックすぎるやろ~( ´∀` )( ´∀` )( ´∀` )。

    深川駅の手書き案内。
    温かみがあって良いですね~。

    てか、真布駅が描かれてる~( ´∀` )。
    マニアックすぎるやろ~( ´∀` )( ´∀` )( ´∀` )。

  • 留萌本線がなくなっちゃうと、深川は函館本線の単なる途中駅になってしまうのか…。<br /><br />かつては深名線もあった深川駅。<br />この駅に立ち寄る機会も激減しちゃうのかな…。

    留萌本線がなくなっちゃうと、深川は函館本線の単なる途中駅になってしまうのか…。

    かつては深名線もあった深川駅。
    この駅に立ち寄る機会も激減しちゃうのかな…。

  • で、ここからは普通乗車券の強みを活かして…。<br /><br />18きっぷでは乗れない、特急に乗車して、早く家に戻ることにしましょう。<br />(勿論、特急券は必要だけど…。)

    で、ここからは普通乗車券の強みを活かして…。

    18きっぷでは乗れない、特急に乗車して、早く家に戻ることにしましょう。
    (勿論、特急券は必要だけど…。)

  • 時間があるので、取り敢えず深川郵便局へ。<br /><br />この日は給料日でもあったのです。<br /><br />あいカワズ、派遣会社のぼったくり金額が酷いな。<br /><br />帆立のお仕事をお考えの方にアドバイス、としては、取り敢えず、各派遣会社の評判を調べることかな。私はそれを怠り、よりによって一番評判の悪い会社経由で働いてしまったみたい。水産加工会社自体に罪はないんだけどね…。<br /><br />まあ、稚内旅のエコツアーを楽しんだと考えれば良いのよ。仕事で行ったと思っちゃ駄目よ、基本的にぼったくりだからね(-_-;)。

    時間があるので、取り敢えず深川郵便局へ。

    この日は給料日でもあったのです。

    あいカワズ、派遣会社のぼったくり金額が酷いな。

    帆立のお仕事をお考えの方にアドバイス、としては、取り敢えず、各派遣会社の評判を調べることかな。私はそれを怠り、よりによって一番評判の悪い会社経由で働いてしまったみたい。水産加工会社自体に罪はないんだけどね…。

    まあ、稚内旅のエコツアーを楽しんだと考えれば良いのよ。仕事で行ったと思っちゃ駄目よ、基本的にぼったくりだからね(-_-;)。

  • 深川駅傍の紅葉。<br />青空に映えて凄く美しい~。<br />私の心の中みたい~(←もう一回入院しなさい!)。

    深川駅傍の紅葉。
    青空に映えて凄く美しい~。
    私の心の中みたい~(←もう一回入院しなさい!)。

  • 伏見稲荷的なやつもあったよ。(←言い方が罰当たりやろ!)<br /><br />赤い鳥居も青空に映えるね~。

    伏見稲荷的なやつもあったよ。(←言い方が罰当たりやろ!)

    赤い鳥居も青空に映えるね~。

  • で、なけなしのお給料を引き出して、気が大きくなったので、特急券を買い足しましょう。結局、南稚内→和寒を宗谷本線の直行運賃だと5,280円で済むところを、遥々遠回りして…。<br /><br />南稚内→豊富970円、豊富→留萌1,900円(萌えっ子)、留萌→剣淵(和寒)2,860円、そしてこの自由席特急券(深川→旭川)630円…。<br /><br />合計6,360円と1,000円以上も余計に支払って帰還することになりました。

    で、なけなしのお給料を引き出して、気が大きくなったので、特急券を買い足しましょう。結局、南稚内→和寒を宗谷本線の直行運賃だと5,280円で済むところを、遥々遠回りして…。

    南稚内→豊富970円、豊富→留萌1,900円(萌えっ子)、留萌→剣淵(和寒)2,860円、そしてこの自由席特急券(深川→旭川)630円…。

    合計6,360円と1,000円以上も余計に支払って帰還することになりました。

  • という訳で、深川をしゅっぱと~♪

    という訳で、深川をしゅっぱと~♪

  • 束の間の富裕層ザマス~♪

    束の間の富裕層ザマス~♪

  • 道内有数のドル箱路線(?)であっても、深川→旭川の平日昼間なんてこんなもんでしょ。

    道内有数のドル箱路線(?)であっても、深川→旭川の平日昼間なんてこんなもんでしょ。

  • まあ、630円も余計に支払ってるんだし、こちらの車内誌を記念に持ちカエルことにしましょう。金のないJR北のことだから、そのうち車内誌が廃止になる時代も来るのかな?

    まあ、630円も余計に支払ってるんだし、こちらの車内誌を記念に持ちカエルことにしましょう。金のないJR北のことだから、そのうち車内誌が廃止になる時代も来るのかな?

  • 常盤山の紅葉。<br /><br />この山にもその昔、札幌在住時代にアルバイトで、ケーブルの側溝堀りに連れてこられた思い出があります(←おかしな思い出ばっかり…。)

    常盤山の紅葉。

    この山にもその昔、札幌在住時代にアルバイトで、ケーブルの側溝堀りに連れてこられた思い出があります(←おかしな思い出ばっかり…。)

  • 函館本線上の旭川の隣駅、近文駅。<br /><br />そういや、この駅を経由するのも地味に3か月以上ぶりだな~。

    函館本線上の旭川の隣駅、近文駅。

    そういや、この駅を経由するのも地味に3か月以上ぶりだな~。

    近文駅

  • 稚内でも都会に感じていた和寒の田舎者には、旭川の大都会感が半端なくて心臓に悪いわ!<br /><br />まあ、旭川には9月に一回戻って来てるか…(^^;)。

    稚内でも都会に感じていた和寒の田舎者には、旭川の大都会感が半端なくて心臓に悪いわ!

    まあ、旭川には9月に一回戻って来てるか…(^^;)。

  • という訳で、富裕層列車さん、さいなら~。

    という訳で、富裕層列車さん、さいなら~。

  • お顔も撮らせて頂くザマス。<br /><br />次に乗る時はきっとなにがしかのフリー切符やろな~。(多分HLパスやろ!)

    お顔も撮らせて頂くザマス。

    次に乗る時はきっとなにがしかのフリー切符やろな~。(多分HLパスやろ!)

    旭川駅

  • で、旅程に忠実に、旭川でも途中下車印を頂きましょう。<br /><br />そして特急券の方にはJR北海道仕様の無効印も頂いて…。

    で、旅程に忠実に、旭川でも途中下車印を頂きましょう。

    そして特急券の方にはJR北海道仕様の無効印も頂いて…。

  • 旭川イオンもハロウィン仕様です。

    旭川イオンもハロウィン仕様です。

  • そして旭川駅上部には、石北本線全線開通90周年を祝う横断幕が。<br /><br />西女満別から女満別空港まで歩く旅以来、暫く石北にも乗ってないな、そのうち乗りに行かないとな~。

    そして旭川駅上部には、石北本線全線開通90周年を祝う横断幕が。

    西女満別から女満別空港まで歩く旅以来、暫く石北にも乗ってないな、そのうち乗りに行かないとな~。

  • さて、この日は基本的に留萌本線がメインに思っていたので、目的を達成した後は基本的にやる気がありません。<br /><br />明日から仕事ですし、早めにカエルって英気を養いましょう。

    さて、この日は基本的に留萌本線がメインに思っていたので、目的を達成した後は基本的にやる気がありません。

    明日から仕事ですし、早めにカエルって英気を養いましょう。

  • という訳で、あまり乗りたくないこの子に。<br /><br />まあ、暫くお会いしてなかったから、ある意味カエルってきた感あるけど…。

    という訳で、あまり乗りたくないこの子に。

    まあ、暫くお会いしてなかったから、ある意味カエルってきた感あるけど…。

  • 平日のこの時間帯は、まだ空いていますね。<br />H100が宗谷南線を跋扈し始めてから、ラッシュ時を避けたいという思いは非常に強くなってしまいました。

    平日のこの時間帯は、まだ空いていますね。
    H100が宗谷南線を跋扈し始めてから、ラッシュ時を避けたいという思いは非常に強くなってしまいました。

  • 永山駅。<br /><br />懐かしい~。

    永山駅。

    懐かしい~。

    永山駅

  • 比布駅。<br /><br />続・懐かしい~♪

    比布駅。

    続・懐かしい~♪

    比布駅

  • 蘭留駅。<br /><br />続・続・懐かしい~♪♪♪

    蘭留駅。

    続・続・懐かしい~♪♪♪

  • この辺りから西日を浴びるようになり、より山々の紅葉が赤く燃えるようになってきました。

    この辺りから西日を浴びるようになり、より山々の紅葉が赤く燃えるようになってきました。

  • 西日から秋の力を貰っているようなこの色合いが、個人的には凄く好きなんです。

    西日から秋の力を貰っているようなこの色合いが、個人的には凄く好きなんです。

  • そして、和寒町域に入って…。<br /><br />見慣れた山々も赤く燃えています♪

    そして、和寒町域に入って…。

    見慣れた山々も赤く燃えています♪

  • カエルってきたな~、ただいま~。

    カエルってきたな~、ただいま~。

  • おカエルり~(←とは誰も言ってくれないケロロ…(-_-;)。)。

    おカエルり~(←とは誰も言ってくれないケロロ…(-_-;)。)。

  • では、さらばじゃ、H100殿。<br />また逢うだろうけど…。

    では、さらばじゃ、H100殿。
    また逢うだろうけど…。

  • 和寒駅舎に丁度夕陽が差し込んでおります。

    和寒駅舎に丁度夕陽が差し込んでおります。

    和寒駅

  • 赤く燃える和寒の山々とH100殿。<br />うーん、絵になる~。

    赤く燃える和寒の山々とH100殿。
    うーん、絵になる~。

  • なんだかんだ言って、H100の風景もだんだんと見慣れてきて、懐かしく感じるようになってしまったわ。

    なんだかんだ言って、H100の風景もだんだんと見慣れてきて、懐かしく感じるようになってしまったわ。

  • この秋色も、間もなく白一色の世界へと移ろっていくんですね。<br /><br />長い冬を思うと、色々なことが憂鬱になる季節です。

    この秋色も、間もなく白一色の世界へと移ろっていくんですね。

    長い冬を思うと、色々なことが憂鬱になる季節です。

  • で、結局、16時前に和寒にとうちゃこすることが出来ました。

    で、結局、16時前に和寒にとうちゃこすることが出来ました。

  • 保養センターにも立ち寄りたいところですが、デカいザックを背負っていて面倒臭いので、今日はスルー。

    保養センターにも立ち寄りたいところですが、デカいザックを背負っていて面倒臭いので、今日はスルー。

    和寒町保養センター 名所・史跡

  • ただ入口の掲示だけは確認しておきましょう。<br /><br />今年もまた11月から隔週でこちらのイベントが始まります。<br /><br />もう全国を旅するのは面倒くさいので、湯めぐり紀行で我慢しましょう。<br />(↑結局我慢できずに逃亡するやろ!)

    ただ入口の掲示だけは確認しておきましょう。

    今年もまた11月から隔週でこちらのイベントが始まります。

    もう全国を旅するのは面倒くさいので、湯めぐり紀行で我慢しましょう。
    (↑結局我慢できずに逃亡するやろ!)

  • 2022-23の日本縦断湯めぐり紀行の概要。<br /><br />今年は北から順番に南下していくようですね。

    2022-23の日本縦断湯めぐり紀行の概要。

    今年は北から順番に南下していくようですね。

  • で、和寒神社にて、無事帰還出来たことへのお礼参りを。<br /><br />パンパンッ(合掌)!

    で、和寒神社にて、無事帰還出来たことへのお礼参りを。

    パンパンッ(合掌)!

    和寒神社 寺・神社・教会

  • 和寒神社の紅葉はもうすっかり終わってしまっている感じですね。<br /><br />後は白い季節を待つばかりです…。

    和寒神社の紅葉はもうすっかり終わってしまっている感じですね。

    後は白い季節を待つばかりです…。

  • そしてお家に向かって歩く途中に日の入り~。

    そしてお家に向かって歩く途中に日の入り~。

  • 赤く燃えた山々も徐々にその色合いを落としていく時間帯です。

    赤く燃えた山々も徐々にその色合いを落としていく時間帯です。

  • そして、最後に小さな丘を越えて…。<br /><br />この木のシルエット、絵になるんよね~。

    そして、最後に小さな丘を越えて…。

    この木のシルエット、絵になるんよね~。

  • 空にはお月様も見えてきました。<br /><br />帰還の日はずっと快晴に恵まれましたね。<br />きっと日頃の行いが良過ぎるんでしょうね~(←もう言い返せんやろ!)

    空にはお月様も見えてきました。

    帰還の日はずっと快晴に恵まれましたね。
    きっと日頃の行いが良過ぎるんでしょうね~(←もう言い返せんやろ!)

  • もう2週間もすると、越冬キャベツも切って並べる時期ですね。<br />その頃には、雪も積もり始めるでしょう。

    もう2週間もすると、越冬キャベツも切って並べる時期ですね。
    その頃には、雪も積もり始めるでしょう。

  • こうして、3か月余りにわたる稚内旅は全て終了となりました。<br />長いようで短い、40代最後の夏~秋でしたが、一つの人生の節目として、良い思い出となりました。

    こうして、3か月余りにわたる稚内旅は全て終了となりました。
    長いようで短い、40代最後の夏~秋でしたが、一つの人生の節目として、良い思い出となりました。

  • 最後は翌日に持っていく稚内のお土産を細かく分けて用意し、この日の行程はすべて終了。<br /><br />これにて、3か月余り、10編にわたる稚内旅に関する旅行記は全て終了となります。最後までご閲覧下さり、どうも有難うございました。<br /><br />そして、これを記しているのは2022年12月25日のことです。<br />旅行記としてはこれが本年最後の執筆になるかと思います。<br /><br />今年も1年、色々と有難うございました。<br />皆様、よいお年を~♪

    最後は翌日に持っていく稚内のお土産を細かく分けて用意し、この日の行程はすべて終了。

    これにて、3か月余り、10編にわたる稚内旅に関する旅行記は全て終了となります。最後までご閲覧下さり、どうも有難うございました。

    そして、これを記しているのは2022年12月25日のことです。
    旅行記としてはこれが本年最後の執筆になるかと思います。

    今年も1年、色々と有難うございました。
    皆様、よいお年を~♪

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • かずちゃんママさん 2023/02/21 18:09:34
    お元気ですか?
    ケロさん

    ご無沙汰してます
    お元気ですか?
    稚内でのお仕事、お疲れ様でした
    今は和寒でどんな暮らしをしてるのかしら?興味津々です

    私はコロナもようやく落ち着いてきたようなので、今年は思いきって北海道に行きました
    1月は3年ぶりのスキーをサホロで楽しんで、札幌では北海道神宮や円山動物園に行きました 
    楽しかったです
    なんか雪が少なく感じましたが…

    そして、2月には20年ぶり?の旭川冬まつりを見たり、旭山動物園に行ったり、旭川博物館を見学したりとゆっくり過ごしました
    札幌に移動して久々の雪まつりを見たり、雪像壊すのまで見たりしました
    札幌では私を含めて4人での4トラオフ会まで参加して、小樽の雪あかりの路にも寄って帰ってきました
    海外からの観光客も少なくて、すごく冬を満喫した北海道旅になりました

    夫も仕事をリタイヤしたし、いつまで元気でいられるかわからないので、行けるときにいろいろ行こうと思ってます

    まだまだ寒い日が続きますが、お元気でお過ごしください♪
    じゃあまた~
      やっぱり北海道最高!かずママより

    ケロケロマニア

    ケロケロマニアさん からの返信 2023/02/22 11:40:49
    RE: お元気ですか?
    かずママさん、こんにちは。
    こちらこそご無沙汰しております。

    そして今更ながら、新年あけましておめでとうございます。
    本年も何卒宜しくお願い申しげます。


    今年の和寒、雪は少ないですが、その分寒いですね〜。
    カエルさん達と同じく、半ば冬眠状態の暮らしを続けております。
    電気代が高いので、電気系の暖房は出来るだけ使用せずにおりますが、
    ストーブ付けてる部屋しか暖かくないので、すぐ水が凍って大変です。
    (水抜き栓を閉めても、蛇口の所で抜けない水がすぐ凍るので、暖かい日を見計らって一気に焼酎の空ボトルにお水を20本位満たして、凍った後も溶かして使うようにしています。)

    おおっ、北海道にいらしてたんですね!
    スキーを楽しまれるとは、まだまだアクティブでいらっしゃいますね。頼もしいです。

    この冬だけで、二度北海道にいらしたってことでしょうか?
    旭川の冬まつりにまで来られていたとは、実はどこかですれ違っていたかも('◇')ゞ。

    (因みに私は、2月10日にさっぽろ雪まつりと旭川冬まつりの双方を、慌ただしく観てきました。そのうち旅行記も書こうと思っていますので、宜しければまた遊びに来て下さいね。)


    二回目も札幌に足を運ばれて、オフ会や小樽も楽しまれたんですね。
    小樽の雪あかり、私も行きたかったんですが、日程がさっぽろ雪まつりと1日しかかぶっていなくて、行くのを諦めました…(;´Д`)。

    行けるうちに色々と行っておこう、という思いは私も同じです。
    昨年は入院もしたりして、自分も若くないことも痛感しただけに、その思いは一層強くなりました。

    かずママさんにおかれましても、御自愛の上、日々健やかにお過ごし下さいね。
    そしてまた、是非北海道に遊びにいらして下さいね〜♪


    では、また〜!



    冬は逆に、暖かい四国に憧れる、ケロケロマニア





    ケロさん
    >
    > ご無沙汰してます
    > お元気ですか?
    > 稚内でのお仕事、お疲れ様でした
    > 今は和寒でどんな暮らしをしてるのかしら?興味津々です
    >
    > 私はコロナもようやく落ち着いてきたようなので、今年は思いきって北海道に行きました
    > 1月は3年ぶりのスキーをサホロで楽しんで、札幌では北海道神宮や円山動物園に行きました 
    > 楽しかったです
    > なんか雪が少なく感じましたが…
    >
    > そして、2月には20年ぶり?の旭川冬まつりを見たり、旭山動物園に行ったり、旭川博物館を見学したりとゆっくり過ごしました
    > 札幌に移動して久々の雪まつりを見たり、雪像壊すのまで見たりしました
    > 札幌では私を含めて4人での4トラオフ会まで参加して、小樽の雪あかりの路にも寄って帰ってきました
    > 海外からの観光客も少なくて、すごく冬を満喫した北海道旅になりました
    >
    > 夫も仕事をリタイヤしたし、いつまで元気でいられるかわからないので、行けるときにいろいろ行こうと思ってます
    >
    > まだまだ寒い日が続きますが、お元気でお過ごしください♪
    > じゃあまた?
    >   やっぱり北海道最高!かずママより

ケロケロマニアさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP