串本・古座川旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2022年のゴールデンウィークは3年振りに行動制限が解除された。<br />かねてから訪れてみたいと思っていた熊野古道へ。<br />本州の中心近くにありながら交通アクセスがあまりよろしくない紀伊半島南端部。<br />今回はJALのマイルで南紀白浜空港までフライト、そして和歌山、奈良、三重の3県にまたがる世界文化遺産に登録されている『紀伊山地の霊場と参詣道』を回ることに。<br />とは言え全行程徒歩は無理なため、レンタカーで回りながら熊野古道の要所要所を歩くことに。<br /><br />事前に明治神宮で仕入れた御朱印帳と現地調達した熊野古道押印帳を手に回った先は以下。<br />?熊野古道(中辺路)<br />②熊野三山奥の宮(玉置神社)<br />③熊野古道 小辺路(果無集落)<br />④熊野本宮大社<br />⑤熊野速玉大社・神倉神社<br />⑥川の参詣道(熊野川川舟下り)<br />⑦丸山千枚田<br />⑧鬼ヶ城  <br />⑨熊野古道(大辺路)<br />⑩熊野那智大社・青岸渡寺・那智大滝<br />⑪熊野ジオパーク(橋杭岩・潮岬・古座川の一枚岩)<br />⑫アドベンチャーワールド<br />⑬温泉(川湯温泉・白浜温泉)<br /><br />この旅の最終日。<br />この日の夜、南紀白浜空港から羽田空港に戻る。<br /><br />早朝、前日回ることができなかった大門坂へ。<br />これで熊野古道巡礼のジ・エンド!<br /><br />宿をチェックアウトした後は趣向を変えて熊野ジオパークの見どころを回ることに。

2022GW 世界遺産『熊野古道』巡礼の旅 その⑨熊野古道フィナーレ!大門坂往復、そして南紀熊野ジオパークの橋杭岩・潮岬・古座川の一枚岩へ!

114いいね!

2022/05/07 - 2022/05/07

9位(同エリア396件中)

Brighton

Brightonさん

この旅行記スケジュールを元に

2022年のゴールデンウィークは3年振りに行動制限が解除された。
かねてから訪れてみたいと思っていた熊野古道へ。
本州の中心近くにありながら交通アクセスがあまりよろしくない紀伊半島南端部。
今回はJALのマイルで南紀白浜空港までフライト、そして和歌山、奈良、三重の3県にまたがる世界文化遺産に登録されている『紀伊山地の霊場と参詣道』を回ることに。
とは言え全行程徒歩は無理なため、レンタカーで回りながら熊野古道の要所要所を歩くことに。

事前に明治神宮で仕入れた御朱印帳と現地調達した熊野古道押印帳を手に回った先は以下。
?熊野古道(中辺路)
②熊野三山奥の宮(玉置神社)
③熊野古道 小辺路(果無集落)
④熊野本宮大社
⑤熊野速玉大社・神倉神社
⑥川の参詣道(熊野川川舟下り)
⑦丸山千枚田
⑧鬼ヶ城  
⑨熊野古道(大辺路)
⑩熊野那智大社・青岸渡寺・那智大滝
⑪熊野ジオパーク(橋杭岩・潮岬・古座川の一枚岩)
⑫アドベンチャーワールド
⑬温泉(川湯温泉・白浜温泉)

この旅の最終日。
この日の夜、南紀白浜空港から羽田空港に戻る。

早朝、前日回ることができなかった大門坂へ。
これで熊野古道巡礼のジ・エンド!

宿をチェックアウトした後は趣向を変えて熊野ジオパークの見どころを回ることに。

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 早朝6:45<br />チェックアウト前に宿から大門坂に向かう

    早朝6:45
    チェックアウト前に宿から大門坂に向かう

    民宿 美滝山荘 宿・ホテル

    2名1室合計 13,000円~

  • 宿は大門坂ルートの上のあるため、一旦大門坂の下まで下る<br />まずはここから267段の階段を下る

    宿は大門坂ルートの上のあるため、一旦大門坂の下まで下る
    まずはここから267段の階段を下る

  • 古道の両脇には132本の杉並木<br /><br />昨日も神倉神社、那智大社の階段を昇り降りしたため膝が完璧に笑ってる・・・

    古道の両脇には132本の杉並木

    昨日も神倉神社、那智大社の階段を昇り降りしたため膝が完璧に笑ってる・・・

  • 一気に坂を下る

    一気に坂を下る

  • そしてここからが熊野古道 中辺路の最終区間大門坂ルートだ<br />267段を登り始める

    イチオシ

    地図を見る

    そしてここからが熊野古道 中辺路の最終区間大門坂ルートだ
    267段を登り始める

  • ここから熊野那智大社の神域

    ここから熊野那智大社の神域

  • 振ヶ瀬橋

    振ヶ瀬橋

  • 橋を渡ると雰囲気が一気に変わる・・・熊野古道に踏み入れる

    橋を渡ると雰囲気が一気に変わる・・・熊野古道に踏み入れる

    熊野古道 大門坂 名所・史跡

  • 鏡石・・・祈り石にまずは参拝

    鏡石・・・祈り石にまずは参拝

  • ここが多富気王子押印処

    ここが多富気王子押印処

    大門坂茶屋 名所・史跡

  • 熊野九十九王子最後の王子社

    熊野九十九王子最後の王子社

    多富気王子 寺・神社

  • その先に見えるのは・・・

    その先に見えるのは・・・

  • 夫婦杉・・・古道両脇に対の杉の大樹

    イチオシ

    夫婦杉・・・古道両脇に対の杉の大樹

  • 古道らしくなる

    古道らしくなる

  • 多富気王子跡

    多富気王子跡

  • 登りの石畳が続く<br />足早に我々を追い越す方が行き過ぎると・・・

    登りの石畳が続く
    足早に我々を追い越す方が行き過ぎると・・・

  • 早朝の大門坂、歩いているのは我々だけ

    早朝の大門坂、歩いているのは我々だけ

  • 神倉神社ほど急では無いが、一段の踏面が広いため負担が重い

    神倉神社ほど急では無いが、一段の踏面が広いため負担が重い

  • 三町目、中間地点

    三町目、中間地点

  • 岩に食い込む杉の木

    岩に食い込む杉の木

  • 四町目

    四町目

  • 唐斗石、これも祈り石

    唐斗石、これも祈り石

  • 関所跡

    関所跡

  • ひたすらに上る

    ひたすらに上る

  • 五町目

    五町目

  • 六町目・・・大門坂を登り切った!

    六町目・・・大門坂を登り切った!

  • 八咫烏がお出迎え

    八咫烏がお出迎え

  • しかし熊野那智大社までは更に467段の階段を登る

    しかし熊野那智大社までは更に467段の階段を登る

  • 我々は昨日熊野那智大社、青岸渡寺、飛瀧神社(那智大瀧)と回って来たため、ここから宿に戻る<br />本来なら大門坂を先に登り那智大社御参詣とすることとなるが、軟弱な我々は体の調子を考え大門坂ルートを後回し<br />このブログを読まれて参考にされる方、くれぐれも順については気を付けたし

    我々は昨日熊野那智大社、青岸渡寺、飛瀧神社(那智大瀧)と回って来たため、ここから宿に戻る
    本来なら大門坂を先に登り那智大社御参詣とすることとなるが、軟弱な我々は体の調子を考え大門坂ルートを後回し
    このブログを読まれて参考にされる方、くれぐれも順については気を付けたし

  • チェックアウト前、那智大瀧を遠方から拝む

    チェックアウト前、那智大瀧を遠方から拝む

  • さて、これでこの旅の主目的である熊野三山御参詣は終了だ<br /><br />この後は、レンタカーを南紀白浜空港に向ける

    さて、これでこの旅の主目的である熊野三山御参詣は終了だ

    この後は、レンタカーを南紀白浜空港に向ける

    那智の滝(那智大滝) 自然・景勝地

  • 白浜に向かう道すがらジオパーク巡りをすることに

    白浜に向かう道すがらジオパーク巡りをすることに

    道の駅 くしもと橋杭岩 道の駅

  • 橋杭岩<br />地上に噴出したマグマが冷えて固まり火成岩になる<br />海底が隆起し火成岩お海蝕が進み橋杭岩となった<br />

    橋杭岩
    地上に噴出したマグマが冷えて固まり火成岩になる
    海底が隆起し火成岩お海蝕が進み橋杭岩となった

  • 幅15メートル、長さ900メートルの橋脚のような巨岩・奇岩群

    幅15メートル、長さ900メートルの橋脚のような巨岩・奇岩群

    橋杭岩 自然・景勝地

  • 手前の岩々は地震による津波で運ばれた橋杭岩の欠片

    手前の岩々は地震による津波で運ばれた橋杭岩の欠片

  • 遠目から見ると人や動物の様にも見える

    遠目から見ると人や動物の様にも見える

  • 確かに不思議な景観だ

    確かに不思議な景観だ

  • 潮岬にあるジオパークセンターに車を停める

    潮岬にあるジオパークセンターに車を停める

    南紀熊野ジオパークセンター 美術館・博物館

  • 芝生広場と観光タワー

    芝生広場と観光タワー

    潮岬観光タワー 名所・史跡

  • 最南端を目指す

    最南端を目指す

  • そして本州最南端

    そして本州最南端

    潮岬本州最南端モニュメント 名所・史跡

  • 潮岬

    潮岬

    潮岬 自然・景勝地

  • 熊野灘を往来する貨物船

    熊野灘を往来する貨物船

  • 本州ではここより先の地は無い

    本州ではここより先の地は無い

  • 台風中継でもおなじみの地

    台風中継でもおなじみの地

  • ここでも芝焼きが行われるようだ

    ここでも芝焼きが行われるようだ

  • 潮岬の休憩所

    潮岬の休憩所

  • 古座川沿いに紀伊半島の内陸部に車を向ける

    古座川沿いに紀伊半島の内陸部に車を向ける

  • 古座川の一枚岩

    古座川の一枚岩

    一枚岩 自然・景勝地

  • かつて紀伊半島での大噴火でこのあたりは熊野大カルデラの中となった

    かつて紀伊半島での大噴火でこのあたりは熊野大カルデラの中となった

  • 大噴火のマグマにより組成された一枚岩<br />高さ100メートル、幅500メートル<br /><br />パノラマモードにしないと収まらない

    大噴火のマグマにより組成された一枚岩
    高さ100メートル、幅500メートル

    パノラマモードにしないと収まらない

  • ここはブラタモリで見て是非立ち寄りたいと思っていたところ

    ここはブラタモリで見て是非立ち寄りたいと思っていたところ

  • 1400年前の大噴火は地球的にみても大規模な噴火<br /><br />一枚岩の他にもカルデラの淵沿いに奇岩、奇峰が連なっているようだ

    1400年前の大噴火は地球的にみても大規模な噴火

    一枚岩の他にもカルデラの淵沿いに奇岩、奇峰が連なっているようだ

  • 熊野灘沿いに戻り串本から海岸線を進むことに

    熊野灘沿いに戻り串本から海岸線を進むことに

  • 海岸線からも熊野灘独特の景色が眺められる

    海岸線からも熊野灘独特の景色が眺められる

  • マグマの面影を残す黒い岩畳

    マグマの面影を残す黒い岩畳

  • 海岸線とも別れを告げ、高速道路で一気に白浜を目指す・・

    海岸線とも別れを告げ、高速道路で一気に白浜を目指す・・

114いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

串本・古座川の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集