ウィーン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ウィーン旧市街はリング通り(Ringstrasse)と言う環状道路で囲まれています。このリンク周辺には、様々な様式の歴史的建造物やモニュメントが多数あります。<br /><br />私は、旧市街の西方に天高くタワーが聳えるウィーン市庁舎(Neues Rathaus)を皮切りに、リング通りを反時計回りで次の順序で散策しました。 <br />1)	ウィーン市庁舎(Neues Rathaus):1887年建てられたネオゴシック様式の建築です。<br />2) 国会議事堂(Parlament):知恵の女神アテナ像が立っているギリシャ神殿風の建物。1883年に完成。<br />3) 美術史博物館(Kunsthistorisches Museum):古代から19世紀に至るヨーロッパ各地の美術品を収蔵。フランツ・ヨーゼフ1世の命により建設が始まり、1881年に完成。<br />4) カールス教会(Karlskirche):バロック建築の傑作のひとつ。<br />5) 楽友協会(Musikverein):ウイーン・フィルのニューイヤーコンサートの会場として有名。<br />6) 市立公園(Stadtpark):「ワルツ王」と呼ばれるヨハン・シュトラウスの銅像が立っている公園。<br />7) ベルヴェデーレ宮殿(Schloss Belvedere): 1700年代初頭に建てられたバロック様式の建築。ここには、グスタフ・クリムトの“接吻”などを所蔵する絵画館があります。<br /><br />その後、徒歩であるくには遠い近郊の観光名所は、地下鉄、電車、バスなどを利用して訪れました。訪ねたのは、次の通りです。<br />1) 軍事史博物館(Heeresgeschichtliches Museum):第一次世界大戦、第二次世界大戦で使用された兵器など様々な軍事資料が展示されています。<br />2) プラーター公園(Der Wiener Prater):市民の憩いの場であるとともに、遊園地には巨大な大観覧車があることで有名。<br />3) アッシジ聖フランチェスコ教会(Kirche zum heiligen Franz von Assisi):フランツ・ヨーゼフ1世が即位してから50周年の記念として造られたネオ・ロマネスク様式の教会。<br />4) シェーンブルン宮殿(Schloss Schönbrunn):マリア・テレジア治世下の1750年頃に完成。ハプスブルク家は、夏の離宮として利用。<br />5) ウィーンの森(Wienerwald) :カーレンベルグ(Kahlenberg)の丘ではブドウが栽培されています。グリンツィング(Grinzing)はホイリゲがあり、新酒のワインが楽しめます。<br />

ウィーン旧市街周辺及び近郊の散策

9いいね!

2005/07/03 - 2005/07/05

2794位(同エリア5828件中)

旅行記グループ オーストリアの旅

0

23

Masakatsu Yoshida

Masakatsu Yoshidaさん

ウィーン旧市街はリング通り(Ringstrasse)と言う環状道路で囲まれています。このリンク周辺には、様々な様式の歴史的建造物やモニュメントが多数あります。

私は、旧市街の西方に天高くタワーが聳えるウィーン市庁舎(Neues Rathaus)を皮切りに、リング通りを反時計回りで次の順序で散策しました。
1) ウィーン市庁舎(Neues Rathaus):1887年建てられたネオゴシック様式の建築です。
2) 国会議事堂(Parlament):知恵の女神アテナ像が立っているギリシャ神殿風の建物。1883年に完成。
3) 美術史博物館(Kunsthistorisches Museum):古代から19世紀に至るヨーロッパ各地の美術品を収蔵。フランツ・ヨーゼフ1世の命により建設が始まり、1881年に完成。
4) カールス教会(Karlskirche):バロック建築の傑作のひとつ。
5) 楽友協会(Musikverein):ウイーン・フィルのニューイヤーコンサートの会場として有名。
6) 市立公園(Stadtpark):「ワルツ王」と呼ばれるヨハン・シュトラウスの銅像が立っている公園。
7) ベルヴェデーレ宮殿(Schloss Belvedere): 1700年代初頭に建てられたバロック様式の建築。ここには、グスタフ・クリムトの“接吻”などを所蔵する絵画館があります。

その後、徒歩であるくには遠い近郊の観光名所は、地下鉄、電車、バスなどを利用して訪れました。訪ねたのは、次の通りです。
1) 軍事史博物館(Heeresgeschichtliches Museum):第一次世界大戦、第二次世界大戦で使用された兵器など様々な軍事資料が展示されています。
2) プラーター公園(Der Wiener Prater):市民の憩いの場であるとともに、遊園地には巨大な大観覧車があることで有名。
3) アッシジ聖フランチェスコ教会(Kirche zum heiligen Franz von Assisi):フランツ・ヨーゼフ1世が即位してから50周年の記念として造られたネオ・ロマネスク様式の教会。
4) シェーンブルン宮殿(Schloss Schönbrunn):マリア・テレジア治世下の1750年頃に完成。ハプスブルク家は、夏の離宮として利用。
5) ウィーンの森(Wienerwald) :カーレンベルグ(Kahlenberg)の丘ではブドウが栽培されています。グリンツィング(Grinzing)はホイリゲがあり、新酒のワインが楽しめます。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
4.5
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
航空会社
オーストリア航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 440円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集