ベローナ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2018年のゴールデンウイークは、羽田からドイツのミュンヘンに入りイタリアのローマから帰る航空券を確保。帰国日はゴールデンウイーク最終日の5月6日にして、乗り継ぎ便を通常料金で入手できる4月25日に出発を前倒しした、11泊12日のスケジュール。羽田を出た翌日の早朝にミュンヘンに着き、3日目の午後の国際列車でイタリアに向かうまで、南ドイツに滞在。<br /> ミュンヘンから国際列車ユーロシティーで、オーストリアにインスブルックを経てイタリアのボルツァーノへ。3泊してドロミテと周辺の北イタリアを巡ってから一路南へ。ベローナからボローニャ、フィレンツェ。横道にそれてピサを経由してリオマッジーレに立ち寄りローマに至る鉄道の旅です。<br /><br />1日目<br />空港駅からドイツ鉄道Sバーンでミュンヘン中央駅へ<br />バイエルンチケットでニュルンベルク、レーゲンスブルクを周遊。<br />https://4travel.jp/travelogue/11663748<br /><br />2日目<br />登山電車でドイツ最高峰のツークシュピツェと壁画の街ミッテンヴァルトへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11664007<br /><br />3日目<br />ミュンヘンのレジデンスと春のビール祭り、ドイツ博物館交通分館見学後、国際列車ユーロシティーでオーストリア経由イタリアのボルツァーノへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11664031<br /><br />4日目<br />ボルツァーノからローカル線をメラーノで乗り継ぎ、スイスとオーストリア国境近くの終点、マッレス・ヴェノスタへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11669950<br /><br />5日目<br />ボルツァーノからチャーター車でドロミテ周遊 カレッツア湖、ポルドイ峠、サンタマッダレーナ村<br />https://4travel.jp/travelogue/11670106<br /><br />6日目 午前<br />ボルツァーノからロープウエーでソプラボルツァーノへ  レノン鉄道の木造電車に乗車<br />https://4travel.jp/travelogue/11670195<br /><br />6日目 午後<br />ボルツァーノ散策後、イタリア鉄道の快速列車でトレントで途中下車してヴェローナへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11674894<br /><br />7日目 午前<br />ヴェローナ散策後、イタリア鉄道の快速列車でボローニャへ<br />【この旅行記です】<br /><br />7日目 午後<br />ボローニャ散策後、高速列車イタロでフィレンツェへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11677296<br /><br />8日目 午前<br />フィレンツェからローカル列車でピサへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11677305<br /><br />8日目 午後<br />ピサからローカル列車でチンクエテッレ散策後フィレンツェへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11679414

南ドイツ・北イタリア鉄道の旅(その8 ヴェローナ散策後、イタリア鉄道の快速列車でボローニャへ)

28いいね!

2018/04/25 - 2018/05/06

65位(同エリア580件中)

モボ101

モボ101さん

2018年のゴールデンウイークは、羽田からドイツのミュンヘンに入りイタリアのローマから帰る航空券を確保。帰国日はゴールデンウイーク最終日の5月6日にして、乗り継ぎ便を通常料金で入手できる4月25日に出発を前倒しした、11泊12日のスケジュール。羽田を出た翌日の早朝にミュンヘンに着き、3日目の午後の国際列車でイタリアに向かうまで、南ドイツに滞在。
 ミュンヘンから国際列車ユーロシティーで、オーストリアにインスブルックを経てイタリアのボルツァーノへ。3泊してドロミテと周辺の北イタリアを巡ってから一路南へ。ベローナからボローニャ、フィレンツェ。横道にそれてピサを経由してリオマッジーレに立ち寄りローマに至る鉄道の旅です。

1日目
空港駅からドイツ鉄道Sバーンでミュンヘン中央駅へ
バイエルンチケットでニュルンベルク、レーゲンスブルクを周遊。
https://4travel.jp/travelogue/11663748

2日目
登山電車でドイツ最高峰のツークシュピツェと壁画の街ミッテンヴァルトへ
https://4travel.jp/travelogue/11664007

3日目
ミュンヘンのレジデンスと春のビール祭り、ドイツ博物館交通分館見学後、国際列車ユーロシティーでオーストリア経由イタリアのボルツァーノへ
https://4travel.jp/travelogue/11664031

4日目
ボルツァーノからローカル線をメラーノで乗り継ぎ、スイスとオーストリア国境近くの終点、マッレス・ヴェノスタへ
https://4travel.jp/travelogue/11669950

5日目
ボルツァーノからチャーター車でドロミテ周遊 カレッツア湖、ポルドイ峠、サンタマッダレーナ村
https://4travel.jp/travelogue/11670106

6日目 午前
ボルツァーノからロープウエーでソプラボルツァーノへ レノン鉄道の木造電車に乗車
https://4travel.jp/travelogue/11670195

6日目 午後
ボルツァーノ散策後、イタリア鉄道の快速列車でトレントで途中下車してヴェローナへ
https://4travel.jp/travelogue/11674894

7日目 午前
ヴェローナ散策後、イタリア鉄道の快速列車でボローニャへ
【この旅行記です】

7日目 午後
ボローニャ散策後、高速列車イタロでフィレンツェへ
https://4travel.jp/travelogue/11677296

8日目 午前
フィレンツェからローカル列車でピサへ
https://4travel.jp/travelogue/11677305

8日目 午後
ピサからローカル列車でチンクエテッレ散策後フィレンツェへ
https://4travel.jp/travelogue/11679414

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
その他
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • イタリア5日目は、ヴェローナの観光後にボローニャで途中下車して、フィレンツェまで移動です。ヴェローナ・ポルタ・ヌオヴァ駅は、旧市街の南側。駅前からタクシーで旧市街の外、北側の高台にあるサン・ピエトロ城まで上り、徒歩で旧市街を抜けて駅に戻る計画を立てたけど、雨上がりのためかタクシー乗り場は長蛇の列で、タクシーもなかなか来ない。

    イタリア5日目は、ヴェローナの観光後にボローニャで途中下車して、フィレンツェまで移動です。ヴェローナ・ポルタ・ヌオヴァ駅は、旧市街の南側。駅前からタクシーで旧市街の外、北側の高台にあるサン・ピエトロ城まで上り、徒歩で旧市街を抜けて駅に戻る計画を立てたけど、雨上がりのためかタクシー乗り場は長蛇の列で、タクシーもなかなか来ない。

  • やむなく、旧市街に行くバスに変更して、ブラ門で城壁をくぐった先のブラ広場で下車。

    やむなく、旧市街に行くバスに変更して、ブラ門で城壁をくぐった先のブラ広場で下車。

  • 広場に面して建つギリシャ神殿風の立派な建物は、ヴェローナの市庁舎。

    広場に面して建つギリシャ神殿風の立派な建物は、ヴェローナの市庁舎。

  • その隣には、古代ローマの円形闘技場アレーナ。長径139m、短径110mの楕円形で、ローマのコロッセオに比べると規模は小さいものの、築2000年にしては保存状態も良く、夏には屋外オペラも上演される現役の施設。

    その隣には、古代ローマの円形闘技場アレーナ。長径139m、短径110mの楕円形で、ローマのコロッセオに比べると規模は小さいものの、築2000年にしては保存状態も良く、夏には屋外オペラも上演される現役の施設。

  • オフシーズンとはいえ、ここまで来ると多くの団体客を見かけるようになるけど、日本人の場合はゴールデンウイークだから高額の旅費を払える方々でしょう。そういえば、四半世紀前にイタリア周遊9日間の安いパックツアーで初ヨーロッパ、観光バスでミラノからここアレーナにちょっとだけ立ち寄り、ジュリエットの家を見てからベネチアに向かって以来のヴェローナ訪問です。

    オフシーズンとはいえ、ここまで来ると多くの団体客を見かけるようになるけど、日本人の場合はゴールデンウイークだから高額の旅費を払える方々でしょう。そういえば、四半世紀前にイタリア周遊9日間の安いパックツアーで初ヨーロッパ、観光バスでミラノからここアレーナにちょっとだけ立ち寄り、ジュリエットの家を見てからベネチアに向かって以来のヴェローナ訪問です。

  • 英国の劇作家、シェークスピアが書いた恋愛悲劇“ロミオとジュリエット”(イタリア語ではロメオとジュリエッタ)の舞台は14世紀のヴェローナ。アレーナの横から賑やかなマッツィーニ通りを進み、角を曲がった先で旗を持った添乗員が入っていくのが、ジュリエットが住んでいたことになっている家。ジュリエット像は、映画のようなバルコニーではなく中庭に立っていて、おっぱいに触ると幸せや富と名誉が得られるとかで、多くの観光客に磨かれて胸はピッカピカ。

    英国の劇作家、シェークスピアが書いた恋愛悲劇“ロミオとジュリエット”(イタリア語ではロメオとジュリエッタ)の舞台は14世紀のヴェローナ。アレーナの横から賑やかなマッツィーニ通りを進み、角を曲がった先で旗を持った添乗員が入っていくのが、ジュリエットが住んでいたことになっている家。ジュリエット像は、映画のようなバルコニーではなく中庭に立っていて、おっぱいに触ると幸せや富と名誉が得られるとかで、多くの観光客に磨かれて胸はピッカピカ。

  • 旧市街の中心に白いテントの露店が並ぶのは、古代ローマ時代からの歴史があるエルベ広場。細長い広場の入口には、700年前からここに立つ市場の塔。

    旧市街の中心に白いテントの露店が並ぶのは、古代ローマ時代からの歴史があるエルベ広場。細長い広場の入口には、700年前からここに立つ市場の塔。

  • 広場の真ん中付近で、子供達が遊んでいるこの小さな祠のような建物は、700年前のさらし台なのだとか。

    広場の真ん中付近で、子供達が遊んでいるこの小さな祠のような建物は、700年前のさらし台なのだとか。

  • 広場に面した12世紀の旧市庁舎。ラジョーネ宮に立つ高さ84mのランベルティの塔。12世紀後半の建設で15世紀に修復、時計が取り付けられたのは18世紀後半のことだとか。

    広場に面した12世紀の旧市庁舎。ラジョーネ宮に立つ高さ84mのランベルティの塔。12世紀後半の建設で15世紀に修復、時計が取り付けられたのは18世紀後半のことだとか。

  • 広場を先に進むと、ヴェローナのマドンナの噴水。14世紀につくられたものだけど、中央に立つマドンナは4世紀、古代ローマ時代の彫像を他から運んできたそうで、こんな時代からリサイクルがが行われていたんですね。

    広場を先に進むと、ヴェローナのマドンナの噴水。14世紀につくられたものだけど、中央に立つマドンナは4世紀、古代ローマ時代の彫像を他から運んできたそうで、こんな時代からリサイクルがが行われていたんですね。

  • 広場の奥に建つマッフェイ宮殿は17世紀のバロック様式。ここは古代ローマ時代に神殿があった場所だそうで、屋上にはアポロやミネルヴァをはじめとするローマ神話の神々の姿。隣にはガルデッロ塔。手前の円柱の上には、15世紀から18世紀までヴェローナを統治したヴェネチア共和国のシンボル、サンマルコの有翼の獅子像。

    広場の奥に建つマッフェイ宮殿は17世紀のバロック様式。ここは古代ローマ時代に神殿があった場所だそうで、屋上にはアポロやミネルヴァをはじめとするローマ神話の神々の姿。隣にはガルデッロ塔。手前の円柱の上には、15世紀から18世紀までヴェローナを統治したヴェネチア共和国のシンボル、サンマルコの有翼の獅子像。

  • ラジョーネ宮の裏には、優美な建物に取り囲まれたシニョーリ広場。中央にはダンテ像。背後には、アーチが美しいコンシリオの回廊。

    ラジョーネ宮の裏には、優美な建物に取り囲まれたシニョーリ広場。中央にはダンテ像。背後には、アーチが美しいコンシリオの回廊。

  • 隣接して、13世紀半ばから14世紀にヴェローナを統治したスカラ家の宮殿、ポデスタ宮。

    隣接して、13世紀半ばから14世紀にヴェローナを統治したスカラ家の宮殿、ポデスタ宮。

  • 旧市庁舎、ラジョーネ宮の中庭には、こんな優美な大理石の階段が。

    旧市庁舎、ラジョーネ宮の中庭には、こんな優美な大理石の階段が。

  • シニョーリ広場を抜けた所にスカラ家の廟。街の真ん中で、お墓に石棺が乗っています。

    シニョーリ広場を抜けた所にスカラ家の廟。街の真ん中で、お墓に石棺が乗っています。

  • 廟の先、14世紀の煉瓦造りの建物が、モンテッキ家の邸宅。ロミオもその一員であったことから、ロミオの家とされています。

    廟の先、14世紀の煉瓦造りの建物が、モンテッキ家の邸宅。ロミオもその一員であったことから、ロミオの家とされています。

  • ヴェローナで一番大きな教会は、ドゥオーモではなくこのサンタナスターシア教会。13世紀末に建て始めて15世紀後半に出来上がったけど、正面の上半分は表面に飾りの煉瓦がなく、未完成のままで500年以上が経過しているのだとか。シニョーリ広場のすぐ先だけど、団体客が来ないので、急に静かになります。

    ヴェローナで一番大きな教会は、ドゥオーモではなくこのサンタナスターシア教会。13世紀末に建て始めて15世紀後半に出来上がったけど、正面の上半分は表面に飾りの煉瓦がなく、未完成のままで500年以上が経過しているのだとか。シニョーリ広場のすぐ先だけど、団体客が来ないので、急に静かになります。

  • 正面入口の上にはフレスコ画が残り、その右には聖ピエトロの生涯を描いたレリーフ。

    正面入口の上にはフレスコ画が残り、その右には聖ピエトロの生涯を描いたレリーフ。

  • 内部は3身廊の構成。

    内部は3身廊の構成。

  • 色大理石で模様をつくった床と、赤大理石の柱の下で背中で水盤を支える2人の男。

    色大理石で模様をつくった床と、赤大理石の柱の下で背中で水盤を支える2人の男。

  • 柱のもとに聖母子像。

    柱のもとに聖母子像。

  • 礼拝堂の、聖母子のフレスコ画。

    礼拝堂の、聖母子のフレスコ画。

  • 側面には礼拝堂が並ぶ。

    側面には礼拝堂が並ぶ。

  • ガイドブックによると、これが有名なフレスコ画“聖ゲオルギウスと王女”らしい。

    ガイドブックによると、これが有名なフレスコ画“聖ゲオルギウスと王女”らしい。

  • ドゥオーモに向かう道で振り返ると、サンタナスターシア教会の後陣の側に建つスマートな鐘楼の姿。

    ドゥオーモに向かう道で振り返ると、サンタナスターシア教会の後陣の側に建つスマートな鐘楼の姿。

  • ヴェローナで一番古いカトリックの教会といわれている大聖堂、ドゥオーモ。12世紀の建築だが、ここは初期キリスト教時代にバジリカがあった場所だとか。

    ヴェローナで一番古いカトリックの教会といわれている大聖堂、ドゥオーモ。12世紀の建築だが、ここは初期キリスト教時代にバジリカがあった場所だとか。

  • 正面入口はボルツァーノのドゥオーモと同様に、両側で12世紀のライオンが支える柱廊玄関。天使のブロンズ像は後世のものでしょう。

    正面入口はボルツァーノのドゥオーモと同様に、両側で12世紀のライオンが支える柱廊玄関。天使のブロンズ像は後世のものでしょう。

  • ドゥオーモのすぐ裏を、大きく湾曲して流れるアディジェ川。対岸の丘の上には、今朝タクシーで行こうとしていたサン・ピエトロ城。

    ドゥオーモのすぐ裏を、大きく湾曲して流れるアディジェ川。対岸の丘の上には、今朝タクシーで行こうとしていたサン・ピエトロ城。

  • その崖下には、ローマ時代の劇場の遺跡。

    その崖下には、ローマ時代の劇場の遺跡。

  • 対岸へはこんなアーチをくぐって、石積みのピエトラ橋を渡ります。

    対岸へはこんなアーチをくぐって、石積みのピエトラ橋を渡ります。

  • 橋の上から旧市街に目を向ければ、サンタナスターシア教会の鐘楼。

    橋の上から旧市街に目を向ければ、サンタナスターシア教会の鐘楼。

  • 橋の上から見上げる、対岸にあるもう一つの丘の上の丸い建物は、直訳するとルルドの聖母の聖域。四半世紀前にツアーバスでここまで登ったようで、ヴェローナの街の全景を写した写真が残っているけど、今回は残念ながらもう時間切れ。

    橋の上から見上げる、対岸にあるもう一つの丘の上の丸い建物は、直訳するとルルドの聖母の聖域。四半世紀前にツアーバスでここまで登ったようで、ヴェローナの街の全景を写した写真が残っているけど、今回は残念ながらもう時間切れ。

  • この場所に木の橋が架けられたのは紀元前1世紀までさかのぼり、橋の左側の一部は古代ローマ時代に石橋に架け替えた当時のものが残り、右側は13世紀末、中央部分は16世紀の再建部分のため色が異なるのでしょう。第二次世界大戦で被災し、川に崩落した石材を拾い集めて戦後に再建したのが今の姿。

    この場所に木の橋が架けられたのは紀元前1世紀までさかのぼり、橋の左側の一部は古代ローマ時代に石橋に架け替えた当時のものが残り、右側は13世紀末、中央部分は16世紀の再建部分のため色が異なるのでしょう。第二次世界大戦で被災し、川に崩落した石材を拾い集めて戦後に再建したのが今の姿。

  • ピエトラ橋のたもとの停留所から、バスに乗ってヴェローナ・ポルタ・ヌオヴァ駅に戻ります。駅前バスターミナル到着前に、車窓に見えたポルタ・ヌオヴァ。ヴェローナの入口の“新しい門”という意味だけど16世紀の建築で、古代ローマからの歴史のある街では築500年ならまだ新しいのでしょう。

    ピエトラ橋のたもとの停留所から、バスに乗ってヴェローナ・ポルタ・ヌオヴァ駅に戻ります。駅前バスターミナル到着前に、車窓に見えたポルタ・ヌオヴァ。ヴェローナの入口の“新しい門”という意味だけど16世紀の建築で、古代ローマからの歴史のある街では築500年ならまだ新しいのでしょう。

  • ポルタ・ヌオヴァ駅前のバスターミナルに戻ってきました。

    ポルタ・ヌオヴァ駅前のバスターミナルに戻ってきました。

  • ホテルから荷物をピックアップして、駅の券売機でボローニャまでのチケットを買い、ホームに上がると向かい側にドイツのミュンヘン行きユーロシティーが発車を待っています。4日前にミュンヘンからボルツァーノまで乗ったのと同じ、オーストリア連邦鉄道の電気機関車と客車の編成。ボローニャまで乗車する快速RVは、右側の奥に見えるプッシュプルの緑の客車列車。

    ホテルから荷物をピックアップして、駅の券売機でボローニャまでのチケットを買い、ホームに上がると向かい側にドイツのミュンヘン行きユーロシティーが発車を待っています。4日前にミュンヘンからボルツァーノまで乗ったのと同じ、オーストリア連邦鉄道の電気機関車と客車の編成。ボローニャまで乗車する快速RVは、右側の奥に見えるプッシュプルの緑の客車列車。

  • ユーロシティーの編成には、食堂車も組み込まれています。4日前に乗ったユーロシティーには連結していなくて、夕食を食べそこなったのは何だったのでしょう。

    ユーロシティーの編成には、食堂車も組み込まれています。4日前に乗ったユーロシティーには連結していなくて、夕食を食べそこなったのは何だったのでしょう。

  • 側線には、E412型電気機関車の牽く貨物列車。

    側線には、E412型電気機関車の牽く貨物列車。

  • ボローニャに向かうRVの車窓から、落書きだらけのE652型の姿。

    ボローニャに向かうRVの車窓から、落書きだらけのE652型の姿。

  • 少し前まで、イタリアの非電化ローカル線の主役だったALn668型ディーゼルカー。JRのキハ40相当のこの車両も、部分低床の連接ディーゼルカーに置き換えられ、急激に数を減らしています。

    少し前まで、イタリアの非電化ローカル線の主役だったALn668型ディーゼルカー。JRのキハ40相当のこの車両も、部分低床の連接ディーゼルカーに置き換えられ、急激に数を減らしています。

  • 途中駅で見かけたALn668型。乗降扉が中央に隣接して2個所が一般的だけど、離れて2個所のタイプもあるようです。

    途中駅で見かけたALn668型。乗降扉が中央に隣接して2個所が一般的だけど、離れて2個所のタイプもあるようです。

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集