アウランガバード旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「南インドと 世界遺産アジャンタ・エローラ遺跡」を巡る8泊10日のツアーに参加しました。<br />10年前の北インドのゴールデントライアングルに続き、2度目のインドです。<br /><br />昨日、世界遺産「アジャンター石窟寺院」に片道3時間かけてアウランガーバードから悪路を往復しました。<br />本来なら夕方行く予定だった「ビービー・カ・マクバラー」ですが、バスが故障するトラブルに見舞われ、今日、朝一で訪れます。<br />アウランガーバード市郊外に在って ”ミニ タージ・マハル” と言われている遺跡です。<br /><br />この後、このインド旅行の最後の観光地「エローラ石窟寺院」に行き、帰国の途に就きます。

南&西インドの旅⑨ エローラ石窟群途上で訪れたアウランガーバード近郊のミニ・タージマハル「ビービー・カ・マクバラー」

5いいね!

2019/03/09 - 2019/03/18

67位(同エリア105件中)

旅行記グループ 南 & 西インド10日間の旅

0

39

実結樹

実結樹さん

「南インドと 世界遺産アジャンタ・エローラ遺跡」を巡る8泊10日のツアーに参加しました。
10年前の北インドのゴールデントライアングルに続き、2度目のインドです。

昨日、世界遺産「アジャンター石窟寺院」に片道3時間かけてアウランガーバードから悪路を往復しました。
本来なら夕方行く予定だった「ビービー・カ・マクバラー」ですが、バスが故障するトラブルに見舞われ、今日、朝一で訪れます。
アウランガーバード市郊外に在って ”ミニ タージ・マハル” と言われている遺跡です。

この後、このインド旅行の最後の観光地「エローラ石窟寺院」に行き、帰国の途に就きます。

旅行の満足度
3.5
観光
3.5
ホテル
4.0
交通
2.5
同行者
社員・団体旅行
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
観光バス 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)
利用旅行会社
クラブツーリズム

PR

  • 昨日 8日目の2019/3/16(土)は「アジャンター石窟寺院」を丸一日かけて往復して終わりました

    昨日 8日目の2019/3/16(土)は「アジャンター石窟寺院」を丸一日かけて往復して終わりました

    アジャンター石窟群 史跡・遺跡

  • 9日目 2019/3/17(日)<br />6:45 ホテルの窓から見えた日の出です。<br />今日もいいお天気そう? 良過ぎかな?<br />

    9日目 2019/3/17(日)
    6:45 ホテルの窓から見えた日の出です。
    今日もいいお天気そう? 良過ぎかな?

  • 7:00 朝食

    7:00 朝食

  • ホテルのドアマンのオジサマ

    ホテルのドアマンのオジサマ

  • 8:00 帰国の支度をしたトランクを詰め込み、2連泊した「ホテル VITS アウランガーバード」を発ちます<br />

    8:00 帰国の支度をしたトランクを詰め込み、2連泊した「ホテル VITS アウランガーバード」を発ちます

    ホテル VITS アウランガーバード ホテル

  • 今日のメインは「エローラ石窟寺院」ですが、先ずは「ビービー・カ・マクバラー」に行きます。<br />本来は昨日「アジャンター石窟寺院」からの帰路回り込む筈でした。<br />でも、バスの故障トラブルで行けなくなってしまったので、朝一で今日の観光となりました。<br />バスが変わっているかとチョットだけ期待したのですがそれは甘い考えでした。<br />おいおい、重たいトランクも加重しているし、エローラから更に空港まで移動なのに大丈夫かよ?

    今日のメインは「エローラ石窟寺院」ですが、先ずは「ビービー・カ・マクバラー」に行きます。
    本来は昨日「アジャンター石窟寺院」からの帰路回り込む筈でした。
    でも、バスの故障トラブルで行けなくなってしまったので、朝一で今日の観光となりました。
    バスが変わっているかとチョットだけ期待したのですがそれは甘い考えでした。
    おいおい、重たいトランクも加重しているし、エローラから更に空港まで移動なのに大丈夫かよ?

  • 8:20 市内から北に13kmくらいなので、ほどなく ”ミニ・タージマハル” と言われている「ビービー・カ・マクバラー」に到着。<br />これは券売所で、外国人の窓口は現地の人とは別だそうです。<br />料金も外国人は300ルピー(約500円)に対し、<br />インドの人は15ルピーとのこと。<br />なんと! 私たちは20倍です・・<br /><br />京都で大声で話している外国人の拝観料も5,000円くらいにしたらどうでしょうかねえ (u_u)

    8:20 市内から北に13kmくらいなので、ほどなく ”ミニ・タージマハル” と言われている「ビービー・カ・マクバラー」に到着。
    これは券売所で、外国人の窓口は現地の人とは別だそうです。
    料金も外国人は300ルピー(約500円)に対し、
    インドの人は15ルピーとのこと。
    なんと! 私たちは20倍です・・

    京都で大声で話している外国人の拝観料も5,000円くらいにしたらどうでしょうかねえ (u_u)

  • 入場券代わりのプラスチックコイン「トークン」

    入場券代わりのプラスチックコイン「トークン」

  • 「ビービー・カ・マクバラー」はアグラの「タージ・マハル」を模して造られました。<br />ムガル帝国の第6代皇帝「アウラングゼーブ帝」の妃「ディルラース・バーヌー・ベーグム」を偲び、1678年にその息子の「アーザム・シャー」が母の為に建立した霊廟です。<br />デカン高原に唯一残るムガル王朝の建造物とのこと。

    「ビービー・カ・マクバラー」はアグラの「タージ・マハル」を模して造られました。
    ムガル帝国の第6代皇帝「アウラングゼーブ帝」の妃「ディルラース・バーヌー・ベーグム」を偲び、1678年にその息子の「アーザム・シャー」が母の為に建立した霊廟です。
    デカン高原に唯一残るムガル王朝の建造物とのこと。

  • 入口の楼門

    入口の楼門

  • 簡単な(形式的な?)荷物検査などがあります

    簡単な(形式的な?)荷物検査などがあります

  • 内側から見た楼門です

    内側から見た楼門です

  • 日の出とともに入場はOKだという情報もあります。<br />夕方に行くと現地の人で大混雑だというのですが、この時間だとこんなに空いています。<br />夕日に照らされた白亜の霊廟を、少しは涼しくなった夕方に見に行くのが現地の人達のトレンドだそうな・・<br />乾季なので中央の水路に水が流れていませんが、雨季には景色も違ってくるそうです。

    日の出とともに入場はOKだという情報もあります。
    夕方に行くと現地の人で大混雑だというのですが、この時間だとこんなに空いています。
    夕日に照らされた白亜の霊廟を、少しは涼しくなった夕方に見に行くのが現地の人達のトレンドだそうな・・
    乾季なので中央の水路に水が流れていませんが、雨季には景色も違ってくるそうです。

  • 「ミニ タージ・マハール」だとも言われていますが、比較してしまうと勿論本家には勝てません。<br />けれど単体で見れば本家と見まごう外観です。<br /><br />10年前のアグラの本家の時は曇天で空が白っぽく、御廟と空が一体化してしまい、青空に映える白亜の威容ではなかったのが心残りなんですよね。<br />今日はバックが青い空だけでもラッキーです。<br />それに朝一だから人も少ないし・・

    「ミニ タージ・マハール」だとも言われていますが、比較してしまうと勿論本家には勝てません。
    けれど単体で見れば本家と見まごう外観です。

    10年前のアグラの本家の時は曇天で空が白っぽく、御廟と空が一体化してしまい、青空に映える白亜の威容ではなかったのが心残りなんですよね。
    今日はバックが青い空だけでもラッキーです。
    それに朝一だから人も少ないし・・

    ビービー カ マクバラー 寺院・教会

  • 近付くと変色した部分が目立ちます。<br />総大理石のタージ・マハールと違い、大理石はドームと墓周辺だけで、その他は砂岩に白漆喰を塗った安普請?なんだそうです。<br />あくまでも「タージ・マハールに比べたら」の話ですけれどね。<br />私は豪華なお墓なんてさらさら欲しくない・・

    近付くと変色した部分が目立ちます。
    総大理石のタージ・マハールと違い、大理石はドームと墓周辺だけで、その他は砂岩に白漆喰を塗った安普請?なんだそうです。
    あくまでも「タージ・マハールに比べたら」の話ですけれどね。
    私は豪華なお墓なんてさらさら欲しくない・・

  • 階段から上の霊廟の周りは土足禁止が基本ですが、ガイドさんが言うには「その日の係員次第で状況は変わる」とのこと。<br />私達が行った時は靴のままで大丈夫でした。

    階段から上の霊廟の周りは土足禁止が基本ですが、ガイドさんが言うには「その日の係員次第で状況は変わる」とのこと。
    私達が行った時は靴のままで大丈夫でした。

  • 南東から見た霊廟

    南東から見た霊廟

  • よく見ると繊細で美しい外壁の彫刻です

    よく見ると繊細で美しい外壁の彫刻です

  • 漆喰装飾にしては綺麗です

    漆喰装飾にしては綺麗です

  • 四方に配されたミナレット

    四方に配されたミナレット

  • メンテは必要ですね。<br />裏側だったのが幸いです。

    メンテは必要ですね。
    裏側だったのが幸いです。

  • 上からの眺め。<br />雨季には水路に水が張られ、緑が増して一段と綺麗な景色になるそうです。

    上からの眺め。
    雨季には水路に水が張られ、緑が増して一段と綺麗な景色になるそうです。

  • マス目状に四方にこのような通路が延びています。<br />地元の方の散歩道になっているようです。

    マス目状に四方にこのような通路が延びています。
    地元の方の散歩道になっているようです。

  • 遠くにアウランガーバードの城壁やデカン高原の山々も

    遠くにアウランガーバードの城壁やデカン高原の山々も

  • 向かって左側だけにモスクも併設されています。<br />タージ・マハールのように完全なる左右対称という訳にはいかなかったんですね。

    向かって左側だけにモスクも併設されています。
    タージ・マハールのように完全なる左右対称という訳にはいかなかったんですね。

  • モスクのある方向にメッカがあるそうです。<br />そうか、ムガル帝国はイスラム教なんだ ・・

    モスクのある方向にメッカがあるそうです。
    そうか、ムガル帝国はイスラム教なんだ ・・

  • 青空に映えます

    青空に映えます

  • 霊廟内部でサリーを着た現地の女性たちが覗いていたのは

    霊廟内部でサリーを着た現地の女性たちが覗いていたのは

  • 后のお墓。<br />火葬せずに棺に入ったままなのかな?<br />尤も、400年も経てば綺麗に白くなってしまっているだろうけど・・

    后のお墓。
    火葬せずに棺に入ったままなのかな?
    尤も、400年も経てば綺麗に白くなってしまっているだろうけど・・

  • 沢山のお賽銭?が投げ入れられていました。<br />いつ誰が回収するんだ?<br /><br />ネットで調べようのないこういうことこそガイドさんに聞いて来れば良かったと今更後悔。

    沢山のお賽銭?が投げ入れられていました。
    いつ誰が回収するんだ?

    ネットで調べようのないこういうことこそガイドさんに聞いて来れば良かったと今更後悔。

  • 一巡して階段で下に降ります

    一巡して階段で下に降ります

  • アグラの本家「タージ・マハール」と比べると、<br />ビンボー建築だとか、<br />こっちを先に見ないとがっかりするとか、<br />安っぽいとかの評価も多いですね。<br /><br />私も、海外旅行を始めて最初の頃に行ったバチカンで「サン・ピエトロ大聖堂」を見てしまったので、その後どんな教会を見てもつい比べてしまってがっかりしていたのと同じです。<br />でも、田舎にあったり、質素であったり、小さくても、それはそれなりに関わった人たちの精一杯の思いが込められているのではないかと思うように気持ちを切り替えました。<br /><br />アグラに行く前にここに来る人は数少ない筈です。<br />みんな既に本家を見てしまっています。<br />でも、折角西インドまで来たんだから、アジャンター・エローラ遺跡と併せてここもセットで見ておいてもいいのではないでしょうか?

    アグラの本家「タージ・マハール」と比べると、
    ビンボー建築だとか、
    こっちを先に見ないとがっかりするとか、
    安っぽいとかの評価も多いですね。

    私も、海外旅行を始めて最初の頃に行ったバチカンで「サン・ピエトロ大聖堂」を見てしまったので、その後どんな教会を見てもつい比べてしまってがっかりしていたのと同じです。
    でも、田舎にあったり、質素であったり、小さくても、それはそれなりに関わった人たちの精一杯の思いが込められているのではないかと思うように気持ちを切り替えました。

    アグラに行く前にここに来る人は数少ない筈です。
    みんな既に本家を見てしまっています。
    でも、折角西インドまで来たんだから、アジャンター・エローラ遺跡と併せてここもセットで見ておいてもいいのではないでしょうか?

  • ポツンと建っている外のトイレです

    ポツンと建っている外のトイレです

  • 9:00 「ビービー・カ・マクバラー」を後にして「エローラ石窟群」に向かい更に北西に進みます

    9:00 「ビービー・カ・マクバラー」を後にして「エローラ石窟群」に向かい更に北西に進みます

  • 車窓左に見えた「ダウラターバード要塞」の遺跡。<br />後方の岩山の上には、

    車窓左に見えた「ダウラターバード要塞」の遺跡。
    後方の岩山の上には、

    ダウラターバード 城・宮殿

  • こんな砦?が建っていました。<br />展望回転レストランみたいです。

    こんな砦?が建っていました。
    展望回転レストランみたいです。

  • ダウラターバード要塞の戦勝記念塔「チャーンド・ミナール」は1435年に建造され、高さは60mあります。<br />ミナール = ミナレット = モスクの尖塔  ← 今調べました

    ダウラターバード要塞の戦勝記念塔「チャーンド・ミナール」は1435年に建造され、高さは60mあります。
    ミナール = ミナレット = モスクの尖塔  ← 今調べました

  • 更に先に進んだ所に有った渓谷沿いの何かの城壁の一部でしょうか?

    更に先に進んだ所に有った渓谷沿いの何かの城壁の一部でしょうか?

  • 10:15 約1時間でこの旅最後の観光地となる世界遺産「エローラ石窟群」に到着です。<br />アジャンター遺跡ほど乗車が長距離でなかったので内心ほっとしました。

    10:15 約1時間でこの旅最後の観光地となる世界遺産「エローラ石窟群」に到着です。
    アジャンター遺跡ほど乗車が長距離でなかったので内心ほっとしました。

    エローラ石窟群 寺院・教会

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

南 & 西インド10日間の旅

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 589円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集