白樺湖・蓼科・車山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
大きく、深呼吸をしたい!<br />体を思いっきり動かしたい!<br /><br />3月2日以降の政府による学校の休校要請以降、子供達はフラストレーションが蓄積していると思います。<br />ソレは、コドモだけではなくオトナも同じです。<br /><br />日本の通勤電車では同じ車両に乗り合う方と2m以上の間隔を空けて立ったり座ったりするのは到底無理な話で、COVID-19の不顕性感染が示唆され、誰がウイルスを保持しているのか何処にウイルスが付着しているのかが分からない状態下、見知らぬヒトとお互いの肩や背中、髪がふれあう空間に閉じ込められ、通勤電車は感染の危機に晒された状況と化しています。<br /><br />そんな綱渡り的な状態で運行されている通勤電車での感染を少しでも防ぐためにマスクを装着したくても、使い捨てマスクは2月初旬には店頭から姿を消し、運良く最後に入手できた1箱すら消毒して洗って再利用を繰り返しても(洗うことで効果が持続するのかは疑問ですが)、もう底を尽きようとしています。<br /><br />自宅以外では、職場でも通勤途中でも深呼吸をすることすら躊躇われる日々が続き、体を動かして緊張でこわばった全身を緩めたくても、スポーツジムはクラスターの発生しやすい場所として名指しされ、ジムという単語をだすことすら憚られる雰囲気が世間に蔓延しています。<br /><br />もう、こんな毎日は嫌!<br />このままでは、ウイルスにやられる前に精神的な健康状態が悪化し、感染を予防するための健康な肉体の維持すら難しくなってしまいます。<br /><br />ジムで運動できないのならば、他のヒトとの十分な間隔を空けられる場所で躰を思いっきり動かせば、良いのではないでしょうか?<br />でも、そんな場所はいずこに?<br /><br />感染の危険性が少なくて、他の方が居たとしてもヒト間距離をたっぷりととれる場所は、雪山。<br />幸い、我が家の相棒は山が大好きで、そんな彼を雪山トレックに誘えば二つ返事でプランニングに協力してくれる筈。<br /><br />相棒と共に雪の北八ヶ岳を楽しむSnow Trekに、心の安定と健康を取り戻しに行ってきました。<br />

静寂のIce Museumに佇み 雪天狗に挑む☆深呼吸すら躊躇われる日々の中で/コロナを ぶちかませ!信玄の秘湯&SnowTrek@北八ヶ岳

89いいね!

2020/03/20 - 2020/03/21

24位(同エリア1386件中)

旅行記グループ Blanca -白-

4

62

ウェンディ

ウェンディさん

大きく、深呼吸をしたい!
体を思いっきり動かしたい!

3月2日以降の政府による学校の休校要請以降、子供達はフラストレーションが蓄積していると思います。
ソレは、コドモだけではなくオトナも同じです。

日本の通勤電車では同じ車両に乗り合う方と2m以上の間隔を空けて立ったり座ったりするのは到底無理な話で、COVID-19の不顕性感染が示唆され、誰がウイルスを保持しているのか何処にウイルスが付着しているのかが分からない状態下、見知らぬヒトとお互いの肩や背中、髪がふれあう空間に閉じ込められ、通勤電車は感染の危機に晒された状況と化しています。

そんな綱渡り的な状態で運行されている通勤電車での感染を少しでも防ぐためにマスクを装着したくても、使い捨てマスクは2月初旬には店頭から姿を消し、運良く最後に入手できた1箱すら消毒して洗って再利用を繰り返しても(洗うことで効果が持続するのかは疑問ですが)、もう底を尽きようとしています。

自宅以外では、職場でも通勤途中でも深呼吸をすることすら躊躇われる日々が続き、体を動かして緊張でこわばった全身を緩めたくても、スポーツジムはクラスターの発生しやすい場所として名指しされ、ジムという単語をだすことすら憚られる雰囲気が世間に蔓延しています。

もう、こんな毎日は嫌!
このままでは、ウイルスにやられる前に精神的な健康状態が悪化し、感染を予防するための健康な肉体の維持すら難しくなってしまいます。

ジムで運動できないのならば、他のヒトとの十分な間隔を空けられる場所で躰を思いっきり動かせば、良いのではないでしょうか?
でも、そんな場所はいずこに?

感染の危険性が少なくて、他の方が居たとしてもヒト間距離をたっぷりととれる場所は、雪山。
幸い、我が家の相棒は山が大好きで、そんな彼を雪山トレックに誘えば二つ返事でプランニングに協力してくれる筈。

相棒と共に雪の北八ヶ岳を楽しむSnow Trekに、心の安定と健康を取り戻しに行ってきました。

旅行の満足度
5.0
ショッピング
4.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
自家用車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 躰を思いっきり動かしたい!<br />そんな思いから選んだ雪山は、首都圏からも近く、車で3時間で行ける北八ヶ岳。<br /><br />毎日のニュースをチェックして、天気やウィルスの動向を鑑みて雪山トレッキングに行くのは3/20・3/21と決め、1日目は足慣らしでピラタスの山頂で軽く数時間、2日目は本命の北八ヶ岳の天狗岳(コースタイム:往復7時間)に挑戦しようと考えていた。<br />1泊を要する日程で、夜は山の中でテントしか選択肢はないかと最初は考えていたのだが、気になっていた宿へ状況を確認すると宿泊予約はほとんど無くガラガラでとのことで、急遽、山の中の温泉宿への一泊を決定し、家を出発したのは3/20の早朝、午前4時。<br /><br />中央道から長野県へと入り山道を走っていると、道路脇に現れたのは鹿の親子。<br /><br />朝の静寂の空気の中で木の芽などを食べていた親子だったが、カメラのシャッター音に驚いて、こちらを凝視。<br />母鹿はすぐに林の奥の方へと移動し姿を消したが、子鹿の方はどうやらこちらにも興味津々の様子。<br />子供の好奇心というモノは、どの生き物でも変わらないらしい。<br />

    イチオシ

    躰を思いっきり動かしたい!
    そんな思いから選んだ雪山は、首都圏からも近く、車で3時間で行ける北八ヶ岳。

    毎日のニュースをチェックして、天気やウィルスの動向を鑑みて雪山トレッキングに行くのは3/20・3/21と決め、1日目は足慣らしでピラタスの山頂で軽く数時間、2日目は本命の北八ヶ岳の天狗岳(コースタイム:往復7時間)に挑戦しようと考えていた。
    1泊を要する日程で、夜は山の中でテントしか選択肢はないかと最初は考えていたのだが、気になっていた宿へ状況を確認すると宿泊予約はほとんど無くガラガラでとのことで、急遽、山の中の温泉宿への一泊を決定し、家を出発したのは3/20の早朝、午前4時。

    中央道から長野県へと入り山道を走っていると、道路脇に現れたのは鹿の親子。

    朝の静寂の空気の中で木の芽などを食べていた親子だったが、カメラのシャッター音に驚いて、こちらを凝視。
    母鹿はすぐに林の奥の方へと移動し姿を消したが、子鹿の方はどうやらこちらにも興味津々の様子。
    子供の好奇心というモノは、どの生き物でも変わらないらしい。

  • 久々の雪山トレッキングなので、1日目となるこの日はリハビリを兼ねたお気楽コース。<br />と言うことで、トレイルヘッドまでは北八ヶ岳ロープウェイを使って移動する。<br />(トレイルヘッドまでは徒歩でも行けるが、登り1.5時間なので、私はらくちんロープウェイ派)<br /><br />ロープウェイの始発は9時だが切符の販売は8:20~で、乗車ゲートも8:40にはオープンする。<br />乗車料金は往復1900円、JAFとモンベルの会員証提示で200円引きだが、お勧めはJAF利用で、モンベルは会員本人のみだがJAFは同行者5人まで200円引きが適応される。<br />

    久々の雪山トレッキングなので、1日目となるこの日はリハビリを兼ねたお気楽コース。
    と言うことで、トレイルヘッドまでは北八ヶ岳ロープウェイを使って移動する。
    (トレイルヘッドまでは徒歩でも行けるが、登り1.5時間なので、私はらくちんロープウェイ派)

    ロープウェイの始発は9時だが切符の販売は8:20~で、乗車ゲートも8:40にはオープンする。
    乗車料金は往復1900円、JAFとモンベルの会員証提示で200円引きだが、お勧めはJAF利用で、モンベルは会員本人のみだがJAFは同行者5人まで200円引きが適応される。

    北八ヶ岳ロープウェイ 乗り物

    JAFの会員証で200円OFFがお得 by ウェンディさん
  • ロープウェイ乗り場の掲示板で本日の気象条件を確認。<br /><br />天気予報では今日は全国的に晴れると言っていたが、山の天気はどうやら回復が遅れそうで日中は曇りとのこと。<br />ロープウェイ山頂駅での気温はマイナス7℃で風速は毎秒11m。<br />ということは、私が予定しているルートは更に寒くって風も強いと言うことか。<br />

    ロープウェイ乗り場の掲示板で本日の気象条件を確認。

    天気予報では今日は全国的に晴れると言っていたが、山の天気はどうやら回復が遅れそうで日中は曇りとのこと。
    ロープウェイ山頂駅での気温はマイナス7℃で風速は毎秒11m。
    ということは、私が予定しているルートは更に寒くって風も強いと言うことか。

  • この日に雪山トレックを予定している場所は、ピラタス蓼科スノーリゾートの一角で、スキーゲレンデの上にある八ヶ岳国定公園の中。<br />ピラタスは北八ヶ岳を一望しながら滑走できるスキー場なので、ほとんどがボードやスキー目的のお客さんかと思いきや、ロープウェイに乗った乗客の半分以上は、これから歩きます!という雪山対応の格好をした方々。<br /><br />なんだ!<br />みんな考えることは同じだね~。<br /><br />

    この日に雪山トレックを予定している場所は、ピラタス蓼科スノーリゾートの一角で、スキーゲレンデの上にある八ヶ岳国定公園の中。
    ピラタスは北八ヶ岳を一望しながら滑走できるスキー場なので、ほとんどがボードやスキー目的のお客さんかと思いきや、ロープウェイに乗った乗客の半分以上は、これから歩きます!という雪山対応の格好をした方々。

    なんだ!
    みんな考えることは同じだね~。

    ピラタス蓼科スノーリゾートスキー場 スキー場

    SNSへの写真投稿で500円のお買い物券貰えます by ウェンディさん
  • 今回の雪山トレッキングのプランニングにあたり、私がやっていたのは何処で雪遊びをするかの考え事だけではない。<br /><br />3月末には手持ちの使い捨てマスクが無くなるので、その対応策として端切れ布からせっせとマスクを手作りしていた。<br />立体型手作りマスクは使い捨ての紙マスクよりもフィルター機能が劣りがちだが、ソレを補うためダブルガーゼを用いた6層構造。<br />しかし厚い生地との戦いは厳しく、わが兵にも負傷者がでて、4本のミシン針が分厚いマスクとの戦いに敗れた。<br /><br />布マスクは紙マスクよりは効果は劣るかもしれないが、6重の布で鼻と口を覆っておけば、電車の中での予期せぬくしゃみ攻撃の飛沫から少しでも身を守ることができるだろうし、もし仮に自分自身が自覚せぬままに保菌していたとしても他人に感染させるリスクは減らせるだろう。<br /><br />毎晩毎晩、母さんは夜なべをして、できたマスクは家族の分を含め16枚。<br />これだけあれば、洗い替えのサイクルもバッチリで、色物漂白剤で手洗いし、アイロンで殺菌すれば衛生面も問題なし。<br /><br />この手作りマスクは勿論、今回のトレッキングにも持参しロープウェイの中でも着用し、更にトレッキング時にも強風から顔を守るのに役立った。<br />

    今回の雪山トレッキングのプランニングにあたり、私がやっていたのは何処で雪遊びをするかの考え事だけではない。

    3月末には手持ちの使い捨てマスクが無くなるので、その対応策として端切れ布からせっせとマスクを手作りしていた。
    立体型手作りマスクは使い捨ての紙マスクよりもフィルター機能が劣りがちだが、ソレを補うためダブルガーゼを用いた6層構造。
    しかし厚い生地との戦いは厳しく、わが兵にも負傷者がでて、4本のミシン針が分厚いマスクとの戦いに敗れた。

    布マスクは紙マスクよりは効果は劣るかもしれないが、6重の布で鼻と口を覆っておけば、電車の中での予期せぬくしゃみ攻撃の飛沫から少しでも身を守ることができるだろうし、もし仮に自分自身が自覚せぬままに保菌していたとしても他人に感染させるリスクは減らせるだろう。

    毎晩毎晩、母さんは夜なべをして、できたマスクは家族の分を含め16枚。
    これだけあれば、洗い替えのサイクルもバッチリで、色物漂白剤で手洗いし、アイロンで殺菌すれば衛生面も問題なし。

    この手作りマスクは勿論、今回のトレッキングにも持参しロープウェイの中でも着用し、更にトレッキング時にも強風から顔を守るのに役立った。

  • ロープウェイが山頂駅(1771m)に到着したら、サングラスを嵌め、耳当て付きの帽子を被り、早速歩き出す。   <br /><br />

    ロープウェイが山頂駅(1771m)に到着したら、サングラスを嵌め、耳当て付きの帽子を被り、早速歩き出す。

    北横岳の坪庭 自然・景勝地

    スノー・ハイクは坪庭だけでは消化不良かな by ウェンディさん
  • 実は、この日の雪山トレッキングは山頂駅に到着するまでは、北八ヶ岳ロープウェイがリーフレットで推奨するコース(写真:北八ヶ岳 スノーシューで行く ふかふか雪上さんぽルート)を歩こうかと考えていたのだが、山頂駅に到着して現地の案内地図を見て計画変更。

    実は、この日の雪山トレッキングは山頂駅に到着するまでは、北八ヶ岳ロープウェイがリーフレットで推奨するコース(写真:北八ヶ岳 スノーシューで行く ふかふか雪上さんぽルート)を歩こうかと考えていたのだが、山頂駅に到着して現地の案内地図を見て計画変更。

  • 推奨ルートはどう見ても平地だけでそんなにトレーニング要素がなく、更に眺望という点でもイマイチ。<br /><br />それならば、リーフレットでは上級者・・・となっているが、三ツ岳を巡るコースが面白そう。<br />上級向けと言う意味は、スノーシューでは登れないと言うこと。<br />幸い私たちは雪山トレック用に12本爪のアイゼンも持参しているので装備は問題ないし、第一、三ツ岳まで登れば蓼科山も、北横岳の眺望もバッチリ見えるはず。<br /><br />と言うわけで、現地に到着してのいきなりのルート変更で、まずは足慣らしで縞枯山へと登り、雨池峠から三ツ岳の3峰を越えるルートを歩くことにした。

    推奨ルートはどう見ても平地だけでそんなにトレーニング要素がなく、更に眺望という点でもイマイチ。

    それならば、リーフレットでは上級者・・・となっているが、三ツ岳を巡るコースが面白そう。
    上級向けと言う意味は、スノーシューでは登れないと言うこと。
    幸い私たちは雪山トレック用に12本爪のアイゼンも持参しているので装備は問題ないし、第一、三ツ岳まで登れば蓼科山も、北横岳の眺望もバッチリ見えるはず。

    と言うわけで、現地に到着してのいきなりのルート変更で、まずは足慣らしで縞枯山へと登り、雨池峠から三ツ岳の3峰を越えるルートを歩くことにした。

  • この日は曇りベースの天気で太陽の温かさは期待できなかったので、トレッキングの装備は春の雪山ではなく冬の雪山向けで。<br />ズボンの下には体温保持用のスパッツ、そして上着には薄手のダウンを投入した。<br /><br />写真は北八ヶ岳ロープウェイの雪上ハイキング・リーフレットにあった装備の一例。<br />紙上では、スノー・ハイクにはスキーやボードのウェアで代用可能だとなっているが、私はコレは疑問視かな。<br />代用できなくはないが、運動の目的が異なるのでスキーやボードのウェアでは快適な雪上ハイキングにはならないと思う。<br /><br />服装以外の装備に関しては、スノー・ハイクならばこの絵の装備で十分で、三つ岳に挑むならば、この絵+アイゼン(積雪状況によってはピッケルも)必要となる。<br /><br />

    この日は曇りベースの天気で太陽の温かさは期待できなかったので、トレッキングの装備は春の雪山ではなく冬の雪山向けで。
    ズボンの下には体温保持用のスパッツ、そして上着には薄手のダウンを投入した。

    写真は北八ヶ岳ロープウェイの雪上ハイキング・リーフレットにあった装備の一例。
    紙上では、スノー・ハイクにはスキーやボードのウェアで代用可能だとなっているが、私はコレは疑問視かな。
    代用できなくはないが、運動の目的が異なるのでスキーやボードのウェアでは快適な雪上ハイキングにはならないと思う。

    服装以外の装備に関しては、スノー・ハイクならばこの絵の装備で十分で、三つ岳に挑むならば、この絵+アイゼン(積雪状況によってはピッケルも)必要となる。

  • ロープウェイの山頂駅から歩き出して10分ほどで、縞枯山荘に到着。<br /><br />この辺りはクロスカントリーの愛好者に有名なエリアで、クロスカントリースキーやスノー・ハイクを縞枯山荘に宿泊し、何日も楽しむ方も多いそうだ。<br />

    ロープウェイの山頂駅から歩き出して10分ほどで、縞枯山荘に到着。

    この辺りはクロスカントリーの愛好者に有名なエリアで、クロスカントリースキーやスノー・ハイクを縞枯山荘に宿泊し、何日も楽しむ方も多いそうだ。

    縞枯山荘 宿・ホテル

    Snow Activityの基地/雪の縞枯山荘 by ウェンディさん
  • 雨池峠の分岐に到着したら、そこからは登り道の縞枯山の登山道に入る。<br />久しぶりの足慣らしなので、まずは軽く筋肉トレーニング。<br /><br />ここの登りはアイゼンも必要なく、雪山用の登山靴を履いていれば難なく歩ける。<br /><br />

    雨池峠の分岐に到着したら、そこからは登り道の縞枯山の登山道に入る。
    久しぶりの足慣らしなので、まずは軽く筋肉トレーニング。

    ここの登りはアイゼンも必要なく、雪山用の登山靴を履いていれば難なく歩ける。

  • 縞枯山の山頂は2403mで、雨池峠の分岐→縞枯山山頂までは30分。<br />でも、眺望が良いのは縞枯山の山頂ではなく、山頂を少し通り過ぎた縞枯山展望台(2368m)で、ここからは茶臼山方面が一望できる。<br /><br />この日は残念ながら分厚い雲が空を覆っていたので、絶景!と言うモノは見られなかった。<br /><br />

    縞枯山の山頂は2403mで、雨池峠の分岐→縞枯山山頂までは30分。
    でも、眺望が良いのは縞枯山の山頂ではなく、山頂を少し通り過ぎた縞枯山展望台(2368m)で、ここからは茶臼山方面が一望できる。

    この日は残念ながら分厚い雲が空を覆っていたので、絶景!と言うモノは見られなかった。

  • 絶景こそなかったが、お日様のない雪山には、晴れた日とは異なる静寂の美があった。  <br /><br />

    絶景こそなかったが、お日様のない雪山には、晴れた日とは異なる静寂の美があった。  

  • 枝先に付着した水が夜間の冷え込みで霧氷となり、唯一無二の不思議な造形を作り出す。<br /><br />静寂の中のSnow Museum。<br />偶然が作り上げるこの形、明日になったらまた別なモノに変わっているのだろう。<br /><br />

    イチオシ

    枝先に付着した水が夜間の冷え込みで霧氷となり、唯一無二の不思議な造形を作り出す。

    静寂の中のSnow Museum。
    偶然が作り上げるこの形、明日になったらまた別なモノに変わっているのだろう。

  • 氷を纏う枝は、雪山という海に生息するスノー・コーラル(雪珊瑚)。<br /><br />地上では桜が花開いているというのに、2400mの世界ではIce Flowerが満開♪。<br /><br />

    氷を纏う枝は、雪山という海に生息するスノー・コーラル(雪珊瑚)。

    地上では桜が花開いているというのに、2400mの世界ではIce Flowerが満開♪。

  • 太陽の光がないだけで、生きている樹ですらモノトーンの色合い。<br /><br />生を輝きを感じさせない無機質な美しさが、雪に囲まれた世界には溢れている。<br />

    太陽の光がないだけで、生きている樹ですらモノトーンの色合い。

    生を輝きを感じさせない無機質な美しさが、雪に囲まれた世界には溢れている。

  • 雨池峠から縞枯山への往復は約1時間で、ほどよい準備運動。<br />続いて本日のメインである三ツ岳(2360m)へのトレッキングにチャレンジする。<br /><br />三ツ岳へのルートはいきなりの急登から始まり、その醍醐味あふれる箇所は雨池山(2325m)を超えてからのゴツゴツ岩場。

    雨池峠から縞枯山への往復は約1時間で、ほどよい準備運動。
    続いて本日のメインである三ツ岳(2360m)へのトレッキングにチャレンジする。

    三ツ岳へのルートはいきなりの急登から始まり、その醍醐味あふれる箇所は雨池山(2325m)を超えてからのゴツゴツ岩場。

  • 三ツ岳にはⅠ峰、Ⅱ峰、Ⅲ峰の3つの峰があり、雨池山から第Ⅰ峰までは比較的楽勝で「なんだこの程度のモノか・・・」と思っていたのだが、

    三ツ岳にはⅠ峰、Ⅱ峰、Ⅲ峰の3つの峰があり、雨池山から第Ⅰ峰までは比較的楽勝で「なんだこの程度のモノか・・・」と思っていたのだが、

  • その先の第Ⅱ峰周辺は厳しい岩場が続き、氷が張り付いた岩はアイゼンを装着していないと歩くことはできない。  

    その先の第Ⅱ峰周辺は厳しい岩場が続き、氷が張り付いた岩はアイゼンを装着していないと歩くことはできない。  

    八ヶ岳 自然・景勝地

    新緑の5月 春の雪山お気楽散歩(北八ヶ岳 麦草峠~白駒池~高見石) by ウェンディさん
  • 岩場の難所が現れるのは第Ⅰ峰を過ぎてすぐで、急な山道を登って尾根に出たと思ったら、目の前に現れるのは荒涼たる岩の連続。

    岩場の難所が現れるのは第Ⅰ峰を過ぎてすぐで、急な山道を登って尾根に出たと思ったら、目の前に現れるのは荒涼たる岩の連続。

  • そして、ここから第Ⅲ峰までは、ずっとこんな荒れ果てた岩場が続く。  

    そして、ここから第Ⅲ峰までは、ずっとこんな荒れ果てた岩場が続く。  

  • 遠目に見ると切り立ったギザギザ岩に雪が付着して、あんなところ歩けない~とか思ってしまうが、実際にその場に立ってみると切り立つ岩には幅があり、見た目よりは怖くはない。<br /><br />(写真:第Ⅱ峰の頂)

    遠目に見ると切り立ったギザギザ岩に雪が付着して、あんなところ歩けない~とか思ってしまうが、実際にその場に立ってみると切り立つ岩には幅があり、見た目よりは怖くはない。

    (写真:第Ⅱ峰の頂)

  • 怖くはないとはいうものの、それなりの崖をよじ登り下るので怪我と隣り合わせのトレッキングではある。<br /><br />

    怖くはないとはいうものの、それなりの崖をよじ登り下るので怪我と隣り合わせのトレッキングではある。

  • しかし、岩から落下したとしてもよほど打ち所が悪くない限りは死にはしない高さなので、岩と雪のスリルを楽しめるルートだった。<br /><br />

    イチオシ

    しかし、岩から落下したとしてもよほど打ち所が悪くない限りは死にはしない高さなので、岩と雪のスリルを楽しめるルートだった。

  • 第Ⅲ峰からは蓼科山や北横岳が一望でき、なかなかの眺望の良さ。<br /><br />これで、天気が良ければもう少し楽しめるにね。<br />

    第Ⅲ峰からは蓼科山や北横岳が一望でき、なかなかの眺望の良さ。

    これで、天気が良ければもう少し楽しめるにね。

  • この日、雨池峠から三ツ岳経由でロープウェイの山頂駅までのトレッキングで要した時間は約3時間。<br /><br />最初に写真で紹介した地図のルートを歩いた総時間は4.5時間だった。<br /><br />

    イチオシ

    この日、雨池峠から三ツ岳経由でロープウェイの山頂駅までのトレッキングで要した時間は約3時間。

    最初に写真で紹介した地図のルートを歩いた総時間は4.5時間だった。

  • 久々の雪山トレッキングで疲れた躰を癒やすのは良質の温泉ということで、翌日の雪山とトレッキングのスタート地点ともなる渋の湯の宿:信玄の秘湯として名高い渋御殿湯へと向かう。<br />

    久々の雪山トレッキングで疲れた躰を癒やすのは良質の温泉ということで、翌日の雪山とトレッキングのスタート地点ともなる渋の湯の宿:信玄の秘湯として名高い渋御殿湯へと向かう。

    渋御殿湯 宿・ホテル

    2名1室合計 19,800円~

    極上のトロトロの湯だが、それ以上は期待しない by ウェンディさん
  • 渋御殿湯の源泉の温度にはいくつかあり、31℃の炭酸を吹き出す源泉が一番良質とのことだったが、さすがに真冬にプールの水温程度のお湯は冷たすぎて私には無理。<br />31℃は諦めて、加温の42℃の温泉でゆっくりと暖まる。<br />このご時世と言うこともあり温泉は私以外に誰も利用者の居ない貸し切り状態で、じっくりと冷え切った躰を温めることができた。<br /><br />渋御殿湯には浴室が2つあり、1つはシャワー設備もあり石けんも使える浴室;御殿湯でもう一つは温泉の浴槽だけでシャワーもカランも無い浴室;長寿湯。<br /><br />お湯の泉質が良いのは2つ目の温泉浴槽だけの浴室;長寿湯で、古くからの湯治旅館の佇まいが感じられるお風呂だった。<br />温泉の泉質はpHが3以下と酸性度の強い湯だったのだが、不思議なことに私の敏感肌でも痛くない優しいお湯。<br />草津の湯のピリピリ感が苦手・・・と言う方にもお勧めだ。<br /><br />ただ、昔ながらの温泉宿なので脱衣場に暖房設備は無く、その室温は外気温より若干暖かい程度(息が白かったので多分10℃は切っていただろう)。<br />浴室のお湯との脱衣場の温度差が大きく、年配の方には不向きな温泉宿だ。<br />

    渋御殿湯の源泉の温度にはいくつかあり、31℃の炭酸を吹き出す源泉が一番良質とのことだったが、さすがに真冬にプールの水温程度のお湯は冷たすぎて私には無理。
    31℃は諦めて、加温の42℃の温泉でゆっくりと暖まる。
    このご時世と言うこともあり温泉は私以外に誰も利用者の居ない貸し切り状態で、じっくりと冷え切った躰を温めることができた。

    渋御殿湯には浴室が2つあり、1つはシャワー設備もあり石けんも使える浴室;御殿湯でもう一つは温泉の浴槽だけでシャワーもカランも無い浴室;長寿湯。

    お湯の泉質が良いのは2つ目の温泉浴槽だけの浴室;長寿湯で、古くからの湯治旅館の佇まいが感じられるお風呂だった。
    温泉の泉質はpHが3以下と酸性度の強い湯だったのだが、不思議なことに私の敏感肌でも痛くない優しいお湯。
    草津の湯のピリピリ感が苦手・・・と言う方にもお勧めだ。

    ただ、昔ながらの温泉宿なので脱衣場に暖房設備は無く、その室温は外気温より若干暖かい程度(息が白かったので多分10℃は切っていただろう)。
    浴室のお湯との脱衣場の温度差が大きく、年配の方には不向きな温泉宿だ。

  • 客室にはこたつと昔ながらの石油ストーブがあるが、ストーブを切った後の夜間の冷え込みはかなり厳しかった。<br /><br />寒さが厳しいのに、布団は綿の入った掛け布団と毛布だけ。<br />寒さで夜中に何回も目が覚めた。<br />旅館の寒さ加減は近年には珍しいタイプで、旅館の中にいてもトイレ(ボットン式)の手洗い用の水が夜間に凍って出なくなるような寒さなので、山小屋がグレードアップした温泉宿だと思って行くのがお勧めだ。<br />

    客室にはこたつと昔ながらの石油ストーブがあるが、ストーブを切った後の夜間の冷え込みはかなり厳しかった。

    寒さが厳しいのに、布団は綿の入った掛け布団と毛布だけ。
    寒さで夜中に何回も目が覚めた。
    旅館の寒さ加減は近年には珍しいタイプで、旅館の中にいてもトイレ(ボットン式)の手洗い用の水が夜間に凍って出なくなるような寒さなので、山小屋がグレードアップした温泉宿だと思って行くのがお勧めだ。

    渋御殿湯 宿・ホテル

    2名1室合計 19,800円~

    極上のトロトロの湯だが、それ以上は期待しない by ウェンディさん
  • 翌朝6:45、渋御殿湯をチェックアウト。<br />車はそのまま宿の駐車場に置かせて貰い、登山口へと向かう。<br /><br />渋御殿湯では、北八ヶ岳の登山者用に駐車場も経営していて、その駐車料金は1日1000円。<br />宿泊者は無料で停めさせて貰える。<br /><br />

    翌朝6:45、渋御殿湯をチェックアウト。
    車はそのまま宿の駐車場に置かせて貰い、登山口へと向かう。

    渋御殿湯では、北八ヶ岳の登山者用に駐車場も経営していて、その駐車料金は1日1000円。
    宿泊者は無料で停めさせて貰える。

  • 登山ゲートのチェックポイントで、入山届を書いて提出。<br />渋御殿湯から登山ゲートまでは徒歩5分と近かった。<br />

    登山ゲートのチェックポイントで、入山届を書いて提出。
    渋御殿湯から登山ゲートまでは徒歩5分と近かった。

  • この日、目的とする天狗岳は昨日のお遊び雪山トレッキングよりは難度の高い山で、毎年遭難者が出ている。<br /><br />今年も遭難件数が24件あり、死者1名、行方不明者1名が出ているとのこと。<br />お気楽気分での雪山トレッキング♪とは行かない、気を引き締めなくてはならない山だ。<br /><br />

    この日、目的とする天狗岳は昨日のお遊び雪山トレッキングよりは難度の高い山で、毎年遭難者が出ている。

    今年も遭難件数が24件あり、死者1名、行方不明者1名が出ているとのこと。
    お気楽気分での雪山トレッキング♪とは行かない、気を引き締めなくてはならない山だ。

  • 朝7:30過ぎに朝日が森の中へと入りってきて、登山道が明るくなる。<br /><br />

    朝7:30過ぎに朝日が森の中へと入りってきて、登山道が明るくなる。

  • ひたすら登りの道を歩いて、1時間半で黒百合ヒュッテに到着。<br /><br />黒百合ヒュッテまではスノー・ハイクに近い道なのでアイゼンは不要だが、この先は氷が張り付く岩場もあるので鉄の靴底のアイゼンが必須。<br />熊の爪の様な12本爪のアイゼンを靴に装着し、ストックをピッケルに持ち替える。<br />

    ひたすら登りの道を歩いて、1時間半で黒百合ヒュッテに到着。

    黒百合ヒュッテまではスノー・ハイクに近い道なのでアイゼンは不要だが、この先は氷が張り付く岩場もあるので鉄の靴底のアイゼンが必須。
    熊の爪の様な12本爪のアイゼンを靴に装着し、ストックをピッケルに持ち替える。

    黒百合ヒュッテ 宿・ホテル

    3月下旬、徒歩5分の中山峠から眺める東天狗がかっこ良い by ウェンディさん
  • ヒュッテの前の広場にはカラフルなテント村。<br /><br />私たちも宿を予約していなかったら、このパターンだったと思う。<br />

    ヒュッテの前の広場にはカラフルなテント村。

    私たちも宿を予約していなかったら、このパターンだったと思う。

  • 渋温泉から天狗岳までのトレッキングルートを地図に入れてみた。<br />黒百合ヒュッテまでは急な登りではあるが、そんなには難しくない道。<br />しかし、中山峠から山頂までは一歩間違えたらケガ以上の惨事を引き起こすエリア。<br /><br />気を引き締めて歩かなければならないところだ。<br /><br />

    渋温泉から天狗岳までのトレッキングルートを地図に入れてみた。
    黒百合ヒュッテまでは急な登りではあるが、そんなには難しくない道。
    しかし、中山峠から山頂までは一歩間違えたらケガ以上の惨事を引き起こすエリア。

    気を引き締めて歩かなければならないところだ。

  • 中山峠まで登ると、本日の目的地である東天狗の尖った岩が見える。

    イチオシ

    中山峠まで登ると、本日の目的地である東天狗の尖った岩が見える。

  • 私がこれから目指す東天狗は2640m。<br /><br />とがった剣先が天狗の鼻のように見えるから、天狗と名前がついているそうだ。<br />

    私がこれから目指す東天狗は2640m。

    とがった剣先が天狗の鼻のように見えるから、天狗と名前がついているそうだ。

  • 中山峠から先は、天狗岳を正面に見ながら歩く。

    中山峠から先は、天狗岳を正面に見ながら歩く。

  • 目の前に目的の峰があるのだから、歩くのも楽勝のように思えるが、実はこの日の山の稜線は強風が吹きあれ、北から南へと吹き抜ける風は躰を倒しそうになる。<br /><br />写真左側の人物の横で風が雪を巻き上げているのが分かるだろうか。<br />コレはそれほど強くない風の時だから撮れた写真で、風速20mを超える風が吹いている時にはとてもカメラなんて構える余裕はない。<br />

    目の前に目的の峰があるのだから、歩くのも楽勝のように思えるが、実はこの日の山の稜線は強風が吹きあれ、北から南へと吹き抜ける風は躰を倒しそうになる。

    写真左側の人物の横で風が雪を巻き上げているのが分かるだろうか。
    コレはそれほど強くない風の時だから撮れた写真で、風速20mを超える風が吹いている時にはとてもカメラなんて構える余裕はない。

  • 比較的平たい部分を歩いているときの風は多少強くてもそれほど怖さはないが、斜面を登っている最中の強風は恐怖。<br /><br />この写真は私が風の強さに耐えきれず、立って居られなくなり、頭を下げて風をやり過ごす耐風姿勢をとっている時を相棒に激写されたモノ。<br /><br />ピッケルを雪に突き立て躰を支え風に耐えているのだが、雪山でのここまでの強風体験は私も今回が初めてだった。<br /><br />そして、私はこの時に相棒に私の過ちを指摘された。<br />雪山でピッケルを持つのは山側の手。<br />反対で持っていると、滑落時にそれだけ落ちる距離が長くなる…と。

    比較的平たい部分を歩いているときの風は多少強くてもそれほど怖さはないが、斜面を登っている最中の強風は恐怖。

    この写真は私が風の強さに耐えきれず、立って居られなくなり、頭を下げて風をやり過ごす耐風姿勢をとっている時を相棒に激写されたモノ。

    ピッケルを雪に突き立て躰を支え風に耐えているのだが、雪山でのここまでの強風体験は私も今回が初めてだった。

    そして、私はこの時に相棒に私の過ちを指摘された。
    雪山でピッケルを持つのは山側の手。
    反対で持っていると、滑落時にそれだけ落ちる距離が長くなる…と。

  • 強風も怖いが、このルートで怖いのは荒れ狂う風ではない。<br /><br />天狗への登りの斜度は立った姿勢を保持したまま登れないほどの角度で、一番急な斜面ではピッケルの鶴嘴(ツルハシ)の先端を雪に打ち付け、ピッケルと両足の3点支持で雪壁をよじ登らなければならない。<br /><br />写真の上方で斜面を登っているヒトがピッケルを使いながら雪壁を登っている方。<br />私も同じ斜面を登ったが、足がすくむ場面もあった。<br /><br />

    強風も怖いが、このルートで怖いのは荒れ狂う風ではない。

    天狗への登りの斜度は立った姿勢を保持したまま登れないほどの角度で、一番急な斜面ではピッケルの鶴嘴(ツルハシ)の先端を雪に打ち付け、ピッケルと両足の3点支持で雪壁をよじ登らなければならない。

    写真の上方で斜面を登っているヒトがピッケルを使いながら雪壁を登っている方。
    私も同じ斜面を登ったが、足がすくむ場面もあった。

  • 必死になって登る私には斜面を登りながら後ろの絶景を振り返る余裕はなかったが、相棒はかなりの余裕で、必死に歩く私の姿を記録にたくさん残していた。

    必死になって登る私には斜面を登りながら後ろの絶景を振り返る余裕はなかったが、相棒はかなりの余裕で、必死に歩く私の姿を記録にたくさん残していた。

  • 馬の背を歩いているときにバランスを崩して私が斜面を落ちかけたときも、助けるのではなく写真を撮っていた。<br /><br />で、ここでもまた私は山側の手ではなく利き手の右にピッケルを持っていて、怒られた。

    馬の背を歩いているときにバランスを崩して私が斜面を落ちかけたときも、助けるのではなく写真を撮っていた。

    で、ここでもまた私は山側の手ではなく利き手の右にピッケルを持っていて、怒られた。

  • 一番急な斜面を登り切ると、最終目的地の東天狗の先端が目の前に。

    一番急な斜面を登り切ると、最終目的地の東天狗の先端が目の前に。

  • 風に煽られながらも、一歩一歩着実に山頂へと近づく。  

    風に煽られながらも、一歩一歩着実に山頂へと近づく。  

  • 青い空を背景にそびえる東天狗岳。<br /><br />その山頂が目の前にある。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    青い空を背景にそびえる東天狗岳。

    その山頂が目の前にある。

    天狗岳(長野県茅野市) 自然・景勝地

    初春の天狗で雪遊び(スノートレック) by ウェンディさん
  • 山頂到着は10:30。<br />歩き始めて3時間半で東天狗岳の山頂(2640m)へと到着した。<br /><br />山頂からは北八ヶ岳、そして南八ヶ岳の硫黄岳、赤岳までが一望できる最高の絶景が広がる。

    山頂到着は10:30。
    歩き始めて3時間半で東天狗岳の山頂(2640m)へと到着した。

    山頂からは北八ヶ岳、そして南八ヶ岳の硫黄岳、赤岳までが一望できる最高の絶景が広がる。

  • 私が、凄い景色だね~と興奮していたとき、相棒はと言うと“黄昏れていた”。<br />彼の視線の先にあったのは、東天狗岳の向かいにある西天狗と岳呼ばれる峰。<br /><br />天狗岳は猫耳(双耳)峰で二つの切り立つ峰から形成され、私が辿り着いた山頂が東天狗、そしてお向かいにあるのが西天狗だ。<br />西天狗は斜面の角度が急で雪山では難所と言われている峰で、昨シーズンも滑落者があり救助ヘリが出動した場所でもあり、とても雪山初心者の私の技術では太刀打ちできない。<br /><br />私を伴ってはチャレンジできない西天狗だが、彼一人ならば行けるだろう。<br /><br />

    私が、凄い景色だね~と興奮していたとき、相棒はと言うと“黄昏れていた”。
    彼の視線の先にあったのは、東天狗岳の向かいにある西天狗と岳呼ばれる峰。

    天狗岳は猫耳(双耳)峰で二つの切り立つ峰から形成され、私が辿り着いた山頂が東天狗、そしてお向かいにあるのが西天狗だ。
    西天狗は斜面の角度が急で雪山では難所と言われている峰で、昨シーズンも滑落者があり救助ヘリが出動した場所でもあり、とても雪山初心者の私の技術では太刀打ちできない。

    私を伴ってはチャレンジできない西天狗だが、彼一人ならば行けるだろう。

  • で、私から相棒に提案。<br /><br />私は山頂の風が少ない場所で待っているから、彼だけでも西天狗にチャレンジしてくれば・・・と。<br /><br />最初は「君をおいてはいけない」と紳士に申し出を固辞した相棒だったが、私が「本当に行かなくって良いの?」と念を押したら、結局、一人でチャレンジすることに。<br />

    で、私から相棒に提案。

    私は山頂の風が少ない場所で待っているから、彼だけでも西天狗にチャレンジしてくれば・・・と。

    最初は「君をおいてはいけない」と紳士に申し出を固辞した相棒だったが、私が「本当に行かなくって良いの?」と念を押したら、結局、一人でチャレンジすることに。

  • ここからの3枚は、相棒が西天狗岳にチャレンジする際に撮った写真。<br /><br />例年よりも雪が少なくて、歩きやすかったそうだ。<br /><br />

    ここからの3枚は、相棒が西天狗岳にチャレンジする際に撮った写真。

    例年よりも雪が少なくて、歩きやすかったそうだ。

  • 西天狗の山頂は2646mで、私が待機していた東天狗よりも6m高い。   

    西天狗の山頂は2646mで、私が待機していた東天狗よりも6m高い。   

  • 西天狗の斜面を下りながら、目の前に聳える東天狗の峰。<br /><br />コレは、かっこ良い!ね <br />

    西天狗の斜面を下りながら、目の前に聳える東天狗の峰。

    コレは、かっこ良い!ね 

    八ヶ岳中信高原国定公園 自然・景勝地

    3月下旬の北八ヶ岳スノートレック♪三ツ岩編 by ウェンディさん
  • 西天狗にチャレンジに行った相棒を待つ私は、少しでも風の来ない岩陰で待機。<br />と言っても山頂エリアなので、基本は風が強く、寒い。<br /><br />多分、気温はマイナス10℃は下まわっていたと思う。<br />

    西天狗にチャレンジに行った相棒を待つ私は、少しでも風の来ない岩陰で待機。
    と言っても山頂エリアなので、基本は風が強く、寒い。

    多分、気温はマイナス10℃は下まわっていたと思う。

  • 喉が乾いたので、飲み物をと思い背中のザックからペットボトルを取り出すと、水の音がしない。<br />蓋を開けて、大笑い。<br />見事にペットボトル内の水分が凍り、シャーベットになっていた。<br /><br />さすがにマイナス10℃の世界でシャーベットは食べたくない。<br /><br />

    喉が乾いたので、飲み物をと思い背中のザックからペットボトルを取り出すと、水の音がしない。
    蓋を開けて、大笑い。
    見事にペットボトル内の水分が凍り、シャーベットになっていた。

    さすがにマイナス10℃の世界でシャーベットは食べたくない。

  • 相棒が西天狗への往復に費やした時間は40分ほど。<br />冷凍庫の中のような気温で更に強風が吹く環境下でその40分を待った私には、1時間以上に感じられる位の長い時間だった。<br /><br />東天狗からの下りは絶景の八ヶ岳山麓を見下ろしながら。<br />

    相棒が西天狗への往復に費やした時間は40分ほど。
    冷凍庫の中のような気温で更に強風が吹く環境下でその40分を待った私には、1時間以上に感じられる位の長い時間だった。

    東天狗からの下りは絶景の八ヶ岳山麓を見下ろしながら。

  • あんなに怖かった斜面も、下りとなると怖さは薄れる。<br /><br />登りでズルリと足を滑らせて斜面から落ちかけたトラバースも難なくクリアー。<br />

    あんなに怖かった斜面も、下りとなると怖さは薄れる。

    登りでズルリと足を滑らせて斜面から落ちかけたトラバースも難なくクリアー。

  • 帰路は、登りとは反対側のルートで、天狗の奥庭呼ばれる岩がゴツゴツのルートを歩く。

    帰路は、登りとは反対側のルートで、天狗の奥庭呼ばれる岩がゴツゴツのルートを歩く。

  • そして、斜面を下って黒百合ヒュッテへと戻り、13時前に雪の中でのランチタイム。<br /><br />ランチは冬山の定番、担々麺のカップラーメン。<br />標高が高いので湯が完全沸騰しないのでちょっと固麺とはなってしまうが、冷え切った躰には温かいラーメンは何よりのご馳走だ。<br /><br />ランチを終えてパワーチャージをしたらあとは勢いをつけて駐車場まで下るだけ。<br />下りのコースタイムは1.5時間なのだが、アイゼンを外して軽くなった足はまるでターボがついたみたいにぴょんぴょんと跳ね、なんと30分かからず下りきってしまった。<br /><br />渋の湯からの東天狗・西天狗へのトレッキングの所要時間はランチタイムの45分を含めて7時間10分だった。<br />

    そして、斜面を下って黒百合ヒュッテへと戻り、13時前に雪の中でのランチタイム。

    ランチは冬山の定番、担々麺のカップラーメン。
    標高が高いので湯が完全沸騰しないのでちょっと固麺とはなってしまうが、冷え切った躰には温かいラーメンは何よりのご馳走だ。

    ランチを終えてパワーチャージをしたらあとは勢いをつけて駐車場まで下るだけ。
    下りのコースタイムは1.5時間なのだが、アイゼンを外して軽くなった足はまるでターボがついたみたいにぴょんぴょんと跳ね、なんと30分かからず下りきってしまった。

    渋の湯からの東天狗・西天狗へのトレッキングの所要時間はランチタイムの45分を含めて7時間10分だった。

  • 帰路は家へと直帰の予定だったが、高速のI.C.までの通り道にある御射鹿池(みしゃがいけ)に寄り道。<br />御射鹿池は、画家の東山魁夷さんが“緑響く”という作品のモチーフとした池だ。<br /><br />有名な池なので人が沢山いるかと思ったら、駐車場(無料)もガラガラ。<br /><br />実は、御射鹿池には昨日も立ち寄っていて、昨日は曇り空の御射鹿池を眺めた。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    帰路は家へと直帰の予定だったが、高速のI.C.までの通り道にある御射鹿池(みしゃがいけ)に寄り道。
    御射鹿池は、画家の東山魁夷さんが“緑響く”という作品のモチーフとした池だ。

    有名な池なので人が沢山いるかと思ったら、駐車場(無料)もガラガラ。

    実は、御射鹿池には昨日も立ち寄っていて、昨日は曇り空の御射鹿池を眺めた。

    御射鹿池 自然・景勝地

    初春は、太陽がない時が映える! by ウェンディさん
  • そして、この日は青空の御射鹿池。<br /><br />池を見るならば青空でしょ!と思い込んでいたが、実際に池を見て思ったのは、昨日ほどキレイではないかも。<br />そして、改めて撮った写真を見返してみても、やはり曇天の方が池の雰囲気をそのまま表している。<br /><br />昨日の曇空の時には湖面がダークな色合の鏡面となりカラマツの木立がリフレインし、なんとなくミステリアスな雰囲気なのに、天気が良く晴れている日の御射鹿池は、ただの池っていう感じ。<br /><br />何事も天気が良ければOKと言うわけではないようだ。

    そして、この日は青空の御射鹿池。

    池を見るならば青空でしょ!と思い込んでいたが、実際に池を見て思ったのは、昨日ほどキレイではないかも。
    そして、改めて撮った写真を見返してみても、やはり曇天の方が池の雰囲気をそのまま表している。

    昨日の曇空の時には湖面がダークな色合の鏡面となりカラマツの木立がリフレインし、なんとなくミステリアスな雰囲気なのに、天気が良く晴れている日の御射鹿池は、ただの池っていう感じ。

    何事も天気が良ければOKと言うわけではないようだ。

  • 高速のインターに入る手前の直線道路で、南八ヶ岳の男性的な勇姿が目の前に広がる。<br /><br />日本の夏山は蒸し暑く刺す虫が多いのでここのところ敬遠し、日本の山は雪山が良いなと思っていたが、春に雪解けが始まった山の姿を見ているとグリーンシーズンも魅力的に見えてくる。<br /><br />コロナ騒動が落ち着いたら、また緑が満ちた山に歩きに行こうかな。<br />

    高速のインターに入る手前の直線道路で、南八ヶ岳の男性的な勇姿が目の前に広がる。

    日本の夏山は蒸し暑く刺す虫が多いのでここのところ敬遠し、日本の山は雪山が良いなと思っていたが、春に雪解けが始まった山の姿を見ているとグリーンシーズンも魅力的に見えてくる。

    コロナ騒動が落ち着いたら、また緑が満ちた山に歩きに行こうかな。

89いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

Blanca -白-

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • jamokaさん 2020/03/29 10:42:28
    信じたい自己免疫力 (汗)
    こんにちは^_^
    後で思えばなんてことは無くても登っている最中は油断できない、神経使う雪山はコロナより危険度高かったかもですね~
    目に見えないウィルス撃退法、自然界の中に答えあるんじゃないのかな~なんて、、誰か発見してくれ~

    ウェンディさん仕様のマスク、皆さんが自助努力で作ったらかなり感染者減るかも~(^^)/
    マスクの隙間に挟める何かミクロフィルターみたいなペーパー売ってるといいなぁ…と思います。
    母は努力は無限大ですね(^_-)

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2020/03/29 17:38:48
    RE: 信じたい自己免疫力 (汗)
    jamokaさん こんにちは。

    こちらは今日は雪模様で寒い1日。
    悪天候のおかげで、自分が感染することで周りに菌をまき散らす危険性に考えの及ばない一部の若者達の行動も鈍っているはず。
    関東一円に外出自粛要請が出ているこの週末には、ある意味、おあつらえの天気でした。

    北八ヶ岳での雪山トレッキングは運動不足でこわばっていた躰の緊張を緩め心の安定を取り戻すのにちょうど良いトレーニング。
    自分自身の不注意で命を落とすかも(大げさな表現ですが)という緊張感と、目標に向かって歩き、東天狗の山頂から360度の眺望を眺められた達成感で、連日のコロナ報道のせいで鈍っていた野生の勘を取り戻した気がします。
    ヒトにはもともと備わっている自己免疫力がありますが、精神的にダメージを喰らうとその自分自身の力さえも低下しがち。
    他の方との接触ができるだけ少ない方法で、免疫力を落とさない毎日を過ごしたいですね。

    マスク着用はWHOでは効果なしとして推奨していませんが、その効果の現れ方はその国の文化、習慣、働き方等などにより大きく変わると思います。
    日本の場合は、電車内などの混み合った空間では、見知らぬ感染者から放出される飛沫を防ぎ、自分が予期せぬ感染をしていた場合にも他のヒトへの感染予防手段として効果があるのではないかと思います。
    使い捨てのマスクは病院、介護施設、自宅介護をしている方々に優先的に供給して、見た目は元気な方々は再利用可能な自作の布マスクで乗り切れば、現在のマスク狂騒曲ももう少しはマシになるかと。
    小さな布があればマスクは手縫いでも作れますし、あとはjamokaさんがおっしゃられているようなフィルター類があるとなお、良いですね。

    昨日のニュースで、感染率や死亡率の低い国ではBCGの予防接種が国民全員に対して行われている傾向があると書いてありました。
    東京都での感染率が日々増えていく昨今、明日からの日常がどうなる事かまだまだ分かりませんが、安全性がある程度担保されている既存薬が効くかもしれないという研究、もっと進むと良いですね。

    ウェンディ
  • fujickeyさん 2020/03/24 17:00:06
    コロナなんかに負けないぞ!
    ウェンディさん、こんにちは。

    電車で通勤(しかも都内へ)している身としては
    感染リスクが一番高いところにいるんだろうなと思っています。
    時差通勤をしている方のおかげで、
    朝はいつの通りの時間の電車が空いている・・・という状況ですが
    帰りはやはり満員です。
    隣の人と触れない位置になんて立てないし座れない。

    人混みに行かなければいいのよね!という判断で
    わたしも川や雪山へ繰り出しております。
    ただ職業柄(保育士さんや看護師さん)、
    外出自体を制限されている仲間もいます。

    川は今月末には正式にシーズンインするのですが
    今年の冬は雪も少なかったので雪解け水がどのくらいになるのか不安です。

    このままだと海外に行ってきます!なんて言える状況でもないですもんね。

    でも個人的な気持ちとしては
    「コロナなんかに負けないぞ!」でいたいと思います。

    fujickey

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2020/03/24 23:45:18
    RE: コロナなんかに負けないぞ!
    fujickeyさん こんばんは

    コロナが本格的に話題になり出したのは2020年の1月初旬。
    一部地域の流感で終わるかと思いきや、クルーズ船で感染が広がり、そして世界中がウィルスに汚染される事態にまで発展してしました。
    GW頃には収まるかと期待していましたが、どうやらソレも期待薄。

    エアロゾル感染だの接触感染だの何処に行っても気が休まるときがなく、寝ているときだけが唯一コロナのことを考えていないかも。

    今は罹患しないことと、もしも自分が症状無く罹患していた場合には他人を感染させない事が第一優先事項で、人混みはできるかぎり避けなければならず、ジムにも行けない日々でストレスも満載。
    今回はそんな精神的なダメージを回復しようと大自然の中へ飛び出してきました。

    それにしても、日本は世界の状況から見ると感染者も死者も少ないですよね。
    マスクが効果無いとWHOは主張していますが、日本の通勤電車のように他人との距離感が狭い状況下では、マスクによる予防対策も効果があるのかもしれません。

    早く次の旅の計画を立てたいですが、今の状況ではしばらくは難しそうです。
    コロナに負けるな!私たち!って、毎日を頑張っている人たち、そして世界中の医療関係者の方々を応援したいです。

    ウェンディ

ウェンディさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

白樺湖・蓼科・車山の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集