飯塚・中間・直方旅行記(ブログ) 一覧に戻る
年の瀬も押し迫った12月も下旬近く、山口に所用で出かけました。<br />せっかくの機会なので、そのあと一日休みをもらって、山口県南部と、九州に渡って筑豊地方の鉄道に乗りに行ってきました。<br /><br />筑豊地方を通る鉄道線のうち、第3セクター化した平成筑豊鉄道を通しで乗ってきました。<br />引き続き、同じような境遇なのになぜかこれだけ3セク化されなかった後藤寺線に乗車。<br />そして最後に、鹿児島本線の黒崎駅前と直方市内を結ぶ、筑豊電鉄という路面電車のような電車に乗りました。<br />筑豊電鉄は3回目の乗車、後藤寺線はたぶん20年ぶりくらいの2回目。ただ、どちらも前回の乗車時の記憶があいまいで、こんな路線だったかなあ、という感じです。最近、こういうことが多くなってきましたねえ(笑)<br /><br />今回は、切符の関係で帰りも飛行機ではなくて新幹線です。<br />小倉からまっすぐ東京行きには乗らずに、なかなか乗る機会のない九州新幹線に直通するN700系を乗り継ぎつつ、寄り道して夕食をとりつつ、それなりに凝ったことをして帰宅したのでした。<br />

山口県南部と筑豊周辺の鉄道に乗ってきた【その8】 後藤寺線と筑豊電鉄と九州新幹線仕様のN700系

72いいね!

2019/12/18 - 2019/12/20

12位(同エリア118件中)

Tagucyan

Tagucyanさん

年の瀬も押し迫った12月も下旬近く、山口に所用で出かけました。
せっかくの機会なので、そのあと一日休みをもらって、山口県南部と、九州に渡って筑豊地方の鉄道に乗りに行ってきました。

筑豊地方を通る鉄道線のうち、第3セクター化した平成筑豊鉄道を通しで乗ってきました。
引き続き、同じような境遇なのになぜかこれだけ3セク化されなかった後藤寺線に乗車。
そして最後に、鹿児島本線の黒崎駅前と直方市内を結ぶ、筑豊電鉄という路面電車のような電車に乗りました。
筑豊電鉄は3回目の乗車、後藤寺線はたぶん20年ぶりくらいの2回目。ただ、どちらも前回の乗車時の記憶があいまいで、こんな路線だったかなあ、という感じです。最近、こういうことが多くなってきましたねえ(笑)

今回は、切符の関係で帰りも飛行機ではなくて新幹線です。
小倉からまっすぐ東京行きには乗らずに、なかなか乗る機会のない九州新幹線に直通するN700系を乗り継ぎつつ、寄り道して夕食をとりつつ、それなりに凝ったことをして帰宅したのでした。

同行者
一人旅
交通手段
新幹線 JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 【その7】からつづき<br /><br />筑豊地方の中を走る、平成筑豊鉄道。<br />田川線、伊田線、糸田線の順に乗って、田川後藤寺駅まで来た。

    【その7】からつづき

    筑豊地方の中を走る、平成筑豊鉄道。
    田川線、伊田線、糸田線の順に乗って、田川後藤寺駅まで来た。

    田川後藤寺駅

  • ここから、それらの路線と同じような境遇のはずなのになぜか3セク化されずにJR線のままの、後藤寺線に乗る。<br />やってきました国鉄型車両。というか、これしかいないんですけどね。

    ここから、それらの路線と同じような境遇のはずなのになぜか3セク化されずにJR線のままの、後藤寺線に乗る。
    やってきました国鉄型車両。というか、これしかいないんですけどね。

  • 1両編成、両側に運転台がついているキハ40。<br />この車両は、そのエンジンを強力なやつに積み替えた、キハ140という改造車。<br />それにしてもこの車両、傷だらけですねえ。

    1両編成、両側に運転台がついているキハ40。
    この車両は、そのエンジンを強力なやつに積み替えた、キハ140という改造車。
    それにしてもこの車両、傷だらけですねえ。

  • 古き良き、キハの車内。<br />4人掛けボックシートだけでなく、2人掛けがあるのもポイント高い。<br />このあと、それなりに混雑してきた。<br />この路線だけ3セク化されなかったのは、他の路線よりも利用者が多いというのもあるのかな。

    古き良き、キハの車内。
    4人掛けボックシートだけでなく、2人掛けがあるのもポイント高い。
    このあと、それなりに混雑してきた。
    この路線だけ3セク化されなかったのは、他の路線よりも利用者が多いというのもあるのかな。

  • 田川後藤寺駅を出発。<br />後藤寺線だけ下がっていく。

    田川後藤寺駅を出発。
    後藤寺線だけ下がっていく。

  • セメント会社のプラントが見えてきた。

    セメント会社のプラントが見えてきた。

  • そのプラントの中にある、船尾駅。駅周辺が埃っぽい。<br />こんな駅があると聞いていたが、そうかこの駅か。

    そのプラントの中にある、船尾駅。駅周辺が埃っぽい。
    こんな駅があると聞いていたが、そうかこの駅か。

    船尾駅

  • あの元総理の麻生さんも関係しているらしいセメント会社の工場が続く。

    あの元総理の麻生さんも関係しているらしいセメント会社の工場が続く。

  • しばらくすると、普通の田園風景に戻る。

    しばらくすると、普通の田園風景に戻る。

  • 筑前庄内駅。

    筑前庄内駅。

    筑前庄内駅

  • 下鴨生駅。<br />かつてここから漆生線が分岐していた。<br />その路線はさらに廃線となった下山田線と一体となったダイヤで・・・ いずれも子供の頃、全国版時刻表で眺めていたお話。その時代に来てみたかった。

    下鴨生駅。
    かつてここから漆生線が分岐していた。
    その路線はさらに廃線となった下山田線と一体となったダイヤで・・・ いずれも子供の頃、全国版時刻表で眺めていたお話。その時代に来てみたかった。

    下鴨生駅

  • 上三緒駅。

    上三緒駅。

    上三緒駅

  • この路線の駅はいずれもすっきりと整理されてしまっていて、駅舎もない簡単な駅になってしまっていた。

    この路線の駅はいずれもすっきりと整理されてしまっていて、駅舎もない簡単な駅になってしまっていた。

  • 終点、新飯塚駅。結構あっさり着いてしまった。

    終点、新飯塚駅。結構あっさり着いてしまった。

    新飯塚駅

  • 結果的に言うと、今回国鉄型はこれが最後となった。<br />見納め。

    結果的に言うと、今回国鉄型はこれが最後となった。
    見納め。

  • 新飯塚駅の改札口。一旦外に出る。<br />計算したら、ここで1度外に出た方が安いので(笑)<br />しかもここから先は持参のsuicaが使える。

    新飯塚駅の改札口。一旦外に出る。
    計算したら、ここで1度外に出た方が安いので(笑)
    しかもここから先は持参のsuicaが使える。

  • 新飯塚駅からは、筑豊本線に乗る。

    新飯塚駅からは、筑豊本線に乗る。

  • このあたりの筑豊本線は、篠栗線とあわせて「福北ゆたか線」という愛称が付いている。<br />

    このあたりの筑豊本線は、篠栗線とあわせて「福北ゆたか線」という愛称が付いている。

  • 博多駅始発で、篠栗線内の区間は快速運転の直方行き。<br />そういえば、篠栗線は電化されてから乗ってないなあ(汗)

    博多駅始発で、篠栗線内の区間は快速運転の直方行き。
    そういえば、篠栗線は電化されてから乗ってないなあ(汗)

  • 813系の車内。金曜日の午後、ガラガラ。

    813系の車内。金曜日の午後、ガラガラ。

  • 筑豊本線の新飯塚駅から若松駅までは、複線区間。<br />やっぱりここも石炭輸送の名残。

    筑豊本線の新飯塚駅から若松駅までは、複線区間。
    やっぱりここも石炭輸送の名残。

  • ガラガラの車内で、足を延ばしてゆっくり景色を見る。

    ガラガラの車内で、足を延ばしてゆっくり景色を見る。

  • 勝野駅。<br />ここからは宮田線という短い路線が分岐していた。<br />整理される前の筑豊の路線網で、唯一私が乗ったことがあるのがこの宮田線。

    勝野駅。
    ここからは宮田線という短い路線が分岐していた。
    整理される前の筑豊の路線網で、唯一私が乗ったことがあるのがこの宮田線。

    勝野駅

  • 先ほど乗った平成筑豊鉄道の伊田線と並列する区間。<br />お互いに複線なので、堂々4線。

    先ほど乗った平成筑豊鉄道の伊田線と並列する区間。
    お互いに複線なので、堂々4線。

  • 終点、直方駅に着いた、というか戻ってきた。

    終点、直方駅に着いた、というか戻ってきた。

  • 先ほども見た、直方駅の駅舎。<br />さっきと太陽の位置が変わって、逆光になってきた。

    先ほども見た、直方駅の駅舎。
    さっきと太陽の位置が変わって、逆光になってきた。

    直方駅

  • 駅前にある、地元出身の大関魁皇の銅像。<br />「特急かいおう」の名前の由来になっている。<br />この特急が登場したとき、当時まだ現役だった力士のしこ名を特急の名称にするなんてすごいなあ、と思った。地元の英雄なんですね。私もこの力士は好みでした。<br />

    駅前にある、地元出身の大関魁皇の銅像。
    「特急かいおう」の名前の由来になっている。
    この特急が登場したとき、当時まだ現役だった力士のしこ名を特急の名称にするなんてすごいなあ、と思った。地元の英雄なんですね。私もこの力士は好みでした。

  • さて、ここからこれも約8年ぶりとなる筑豊電鉄に乗りに行く。<br />筑豊電鉄の駅はJRの駅とは少し離れている。

    さて、ここからこれも約8年ぶりとなる筑豊電鉄に乗りに行く。
    筑豊電鉄の駅はJRの駅とは少し離れている。

  • 直方の市内を歩き、

    直方の市内を歩き、

  • ちょっと裏道も歩いたりして、

    ちょっと裏道も歩いたりして、

  • 歩いて10分くらいで、筑豊直方駅に着いた。<br />このすぐ右方向に鉄橋があり、その高さの関係で高架駅になっている。

    歩いて10分くらいで、筑豊直方駅に着いた。
    このすぐ右方向に鉄橋があり、その高さの関係で高架駅になっている。

    筑豊直方駅

  • 階段を上ってホームへ。

    階段を上ってホームへ。

  • 筑豊電鉄は、かつてあった西鉄北九州線という路面電車と直通運転していた関係で、路面電車の規格になっていて、ホームが低い。<br />料金も車内で払うので、駅は無人駅。

    筑豊電鉄は、かつてあった西鉄北九州線という路面電車と直通運転していた関係で、路面電車の規格になっていて、ホームが低い。
    料金も車内で払うので、駅は無人駅。

  • 線路の終点方向を見る。<br />向こう側のホームは、たぶん普段は使ってないと思われる。

    線路の終点方向を見る。
    向こう側のホームは、たぶん普段は使ってないと思われる。

  • 筑豊直方駅の駅名標。

    筑豊直方駅の駅名標。

  • 電車がやってきた。<br />昼間は、終点の筑豊直方駅までは24分おきに電車がやってくる。

    電車がやってきた。
    昼間は、終点の筑豊直方駅までは24分おきに電車がやってくる。

  • かつて、JR黒崎駅前のロータリーにあった西鉄北九州線の電停まで乗り入れていて、その名残で現在も始点は「黒崎駅前」という名前になっている。

    かつて、JR黒崎駅前のロータリーにあった西鉄北九州線の電停まで乗り入れていて、その名残で現在も始点は「黒崎駅前」という名前になっている。

  • 車内。<br />前回乗った時には車掌が乗っていた。<br />現在はラッシュ時を除いてワンマン化されている。

    車内。
    前回乗った時には車掌が乗っていた。
    現在はラッシュ時を除いてワンマン化されている。

  • バスと同じタイプの運賃箱。<br />後乗り前降りの整理券制で、私が持っているsuicaをはじめ、交通系ICカードが使える。

    バスと同じタイプの運賃箱。
    後乗り前降りの整理券制で、私が持っているsuicaをはじめ、交通系ICカードが使える。

  • 筑豊直方駅を出発。

    筑豊直方駅を出発。

  • 基本的に路面電車と同じ規格なので、駅はどこもこんな感じ。<br />到着が少し遅れて、折返しの出発も遅れていたために、どんどん先に進む。

    基本的に路面電車と同じ規格なので、駅はどこもこんな感じ。
    到着が少し遅れて、折返しの出発も遅れていたために、どんどん先に進む。

  • 5つめの駅、楠橋駅。<br />この路線の車庫と営業所がある駅で、乗務員が交代。<br />すこし停車時間があった。<br />

    5つめの駅、楠橋駅。
    この路線の車庫と営業所がある駅で、乗務員が交代。
    すこし停車時間があった。

    楠橋駅

  • 楠橋駅を出発。車庫の横を通る。

    楠橋駅を出発。車庫の横を通る。

  • 楠橋駅からさらに3駅、筑豊中間駅。

    楠橋駅からさらに3駅、筑豊中間駅。

    筑豊中間駅

  • この駅で途中下車する。

    この駅で途中下車する。

  • この路線の他の駅とあまり変わらない雰囲気の駅だが、昼間は半数の電車がこの駅で折り返しとなる。

    この路線の他の駅とあまり変わらない雰囲気の駅だが、昼間は半数の電車がこの駅で折り返しとなる。

  • ということで、この駅折返しの電車がやってきた。<br />新型車両の5000系。これに乗りたかったのでわざわざ乗り換えた。<br />どの電車にどの車両が使われているのかは電鉄のHPに書かれているので、容易に予定が立てられる。

    ということで、この駅折返しの電車がやってきた。
    新型車両の5000系。これに乗りたかったのでわざわざ乗り換えた。
    どの電車にどの車両が使われているのかは電鉄のHPに書かれているので、容易に予定が立てられる。

  • なんだか今風の車内。

    なんだか今風の車内。

  • もちろん、運転席後ろの席に座ります(笑)

    もちろん、運転席後ろの席に座ります(笑)

  • 筑豊中間駅を出発。<br />さっきの電車よりも見晴らしがいいぞ(笑)

    筑豊中間駅を出発。
    さっきの電車よりも見晴らしがいいぞ(笑)

  • 駅は相変わらずこんな感じ。

    駅は相変わらずこんな感じ。

  • 気のせいか、このあたりから新型車両をよく見るような気がする。

    気のせいか、このあたりから新型車両をよく見るような気がする。

  • 三ヶ森駅。

    三ヶ森駅。

    三ケ森駅

  • 永犬丸(えいのまる)駅。

    永犬丸(えいのまる)駅。

    永犬丸駅

  • 途中、高架に上がる区間もある。

    途中、高架に上がる区間もある。

  • 高架区間にある穴生(あのお)駅。

    高架区間にある穴生(あのお)駅。

    穴生駅

  • さらに2駅進んで、熊西駅。<br />この手前から、JR鹿児島線と並行している(左側)。<br />JR線と並行している区間は、かつて西鉄北九州線に乗り入れている区間であった。<br />現在は管理が西鉄から筑豊電鉄に移行している。<br /><br />西鉄北九州線は、かつて門司から折尾まで走っていた長距離の路面電車だった。かなり昔、小倉にあった砂津から折尾までの路線だった頃、乗ったことがある。<br />所要時間が1時間以上もかかる、乗り応えのある路線だった。<br />終点の折尾駅は、高架の専用ホームだった記憶がある。

    さらに2駅進んで、熊西駅。
    この手前から、JR鹿児島線と並行している(左側)。
    JR線と並行している区間は、かつて西鉄北九州線に乗り入れている区間であった。
    現在は管理が西鉄から筑豊電鉄に移行している。

    西鉄北九州線は、かつて門司から折尾まで走っていた長距離の路面電車だった。かなり昔、小倉にあった砂津から折尾までの路線だった頃、乗ったことがある。
    所要時間が1時間以上もかかる、乗り応えのある路線だった。
    終点の折尾駅は、高架の専用ホームだった記憶がある。

    熊西駅

  • 西黒崎駅。このホームの左側にこの路線の車両の整備を行う工場がある。<br />最初に乗った電車が折り返してやってきた。

    西黒崎駅。このホームの左側にこの路線の車両の整備を行う工場がある。
    最初に乗った電車が折り返してやってきた。

    西黒崎駅

  • 西黒崎駅を出ると、すぐに終点「黒崎駅前」駅に着く。<br />向かって右側が降車ホーム、左側が乗車ホームと使い分けられている。<br />そのさらに右側にも線路とホームがあるが、普段は使われていない。

    西黒崎駅を出ると、すぐに終点「黒崎駅前」駅に着く。
    向かって右側が降車ホーム、左側が乗車ホームと使い分けられている。
    そのさらに右側にも線路とホームがあるが、普段は使われていない。

    黒崎駅前駅

  • 黒崎駅前駅の駅名標。<br />ホームではなく、ホームの入口付近の柱にある。

    黒崎駅前駅の駅名標。
    ホームではなく、ホームの入口付近の柱にある。

  • この駅にだけ、ホームに乗車券の券売機がある。

    この駅にだけ、ホームに乗車券の券売機がある。

  • 黒崎駅のバスターミナルに隣接していて、バス乗り場の一部のようになっている。

    黒崎駅のバスターミナルに隣接していて、バス乗り場の一部のようになっている。

  • ホームの突きあたりが、JRの駅に上がっていくエスカレータ。

    ホームの突きあたりが、JRの駅に上がっていくエスカレータ。

  • こちらがJRの黒崎駅。

    こちらがJRの黒崎駅。

    黒崎駅

  • 黒崎駅からは、鹿児島線の電車に乗って小倉駅に向かう。

    黒崎駅からは、鹿児島線の電車に乗って小倉駅に向かう。

  • この電車は途中、スペースワールド駅で特急電車に抜かされた。

    この電車は途中、スペースワールド駅で特急電車に抜かされた。

    スペースワールド駅

  • 駅名には残っているスペースワールドだけど、現在は広大な空き地になっていた。

    駅名には残っているスペースワールドだけど、現在は広大な空き地になっていた。

  • 小倉駅に到着。<br />これで、今回の目的はほぼ終わりです。

    小倉駅に到着。
    これで、今回の目的はほぼ終わりです。

    小倉駅 (福岡県)

  • ということで、小倉駅の新幹線ホーム。<br />といっても、素直には帰りませんよ。

    ということで、小倉駅の新幹線ホーム。
    といっても、素直には帰りませんよ。

  • 乗るのはこれです。

    乗るのはこれです。

  • 鹿児島中央発新大阪行きのさくら号。<br />

    鹿児島中央発新大阪行きのさくら号。

  • JR九州のN700系。<br />これに乗るのは初めてだったりする。

    JR九州のN700系。
    これに乗るのは初めてだったりする。

  • JR九州の車両、なんといっても車内放送のチャイム音がいい。<br />なんというか壮大で、凝ったメロディーなんですよ。<br />はっきり言ってJR東海やJR西日本の「安っぽい」チャイムとは力の入れ方が違う。<br /><br />

    JR九州の車両、なんといっても車内放送のチャイム音がいい。
    なんというか壮大で、凝ったメロディーなんですよ。
    はっきり言ってJR東海やJR西日本の「安っぽい」チャイムとは力の入れ方が違う。

  • そしてこれが普通車の車内。

    そしてこれが普通車の車内。

  • グリーン車並の豪華なシート。<br />東京まで直通する「詰め込み主義」の車両とは、同じ料金でも差が歴然。<br />これだと人気が出るのは必然的で、途中駅の新山口駅で一気に満席になった。

    グリーン車並の豪華なシート。
    東京まで直通する「詰め込み主義」の車両とは、同じ料金でも差が歴然。
    これだと人気が出るのは必然的で、途中駅の新山口駅で一気に満席になった。

  • さて、そのまままっすぐ新大阪まで向かいません。<br />というかこのままだと、夕食が駅弁になってしまいます。<br />まあそれでも全然いいんですけど、今回はちょっと広島駅で途中下車してみます。

    さて、そのまままっすぐ新大阪まで向かいません。
    というかこのままだと、夕食が駅弁になってしまいます。
    まあそれでも全然いいんですけど、今回はちょっと広島駅で途中下車してみます。

  • 可部線が延伸して、それに乗りに来て以来となる広島駅。

    可部線が延伸して、それに乗りに来て以来となる広島駅。

  • ああそういえばこんな駅だったな。

    ああそういえばこんな駅だったな。

  • 駅前の路面電車乗り場にいた「カープ電車」。<br />たしかにここは広島ですね。

    駅前の路面電車乗り場にいた「カープ電車」。
    たしかにここは広島ですね。

  • 広島に寄り道したのは、なんとなく広島風お好み焼きが食べたかったから。<br />駅ビル2階には、お好み焼き屋さんが並んでいる。<br />前回もここに来た。

    広島に寄り道したのは、なんとなく広島風お好み焼きが食べたかったから。
    駅ビル2階には、お好み焼き屋さんが並んでいる。
    前回もここに来た。

  • 今回はこのお店に入ってみましょう。

    今回はこのお店に入ってみましょう。

    貴家 広島アッセ店 グルメ・レストラン

  • 広島風お好み焼きといえば、やっぱり焼きそば入りですね。<br />せっかくだから、いろいろトッピングしてみましょう。

    広島風お好み焼きといえば、やっぱり焼きそば入りですね。
    せっかくだから、いろいろトッピングしてみましょう。

  • 目の前の鉄板で焼いている様子を眺める。これが楽しい。<br />店員さんはみんなカープのTシャツ着てるし。

    目の前の鉄板で焼いている様子を眺める。これが楽しい。
    店員さんはみんなカープのTシャツ着てるし。

  • どーん。出てきました。<br />焼きそば入りなので、見た目よりもボリュームがある。

    どーん。出てきました。
    焼きそば入りなので、見た目よりもボリュームがある。

  • 今はカキのシーズンですから、入れてみました♪

    今はカキのシーズンですから、入れてみました♪

  • お腹いっぱいになりました。<br />また新幹線に乗ります。

    お腹いっぱいになりました。
    また新幹線に乗ります。

  • ここからもまっすぐ東京行きには乗りませんよ(笑)

    ここからもまっすぐ東京行きには乗りませんよ(笑)

  • はい、またこれです。

    はい、またこれです。

  • こんどは新大阪行きのみずほ号。

    こんどは新大阪行きのみずほ号。

  • あーあ、今度はJR西日本の車両。<br />JR九州の車内チャイムがまた聞きたかった。

    あーあ、今度はJR西日本の車両。
    JR九州の車内チャイムがまた聞きたかった。

  • でも、普通車はJR九州と共通の豪華なシート。<br />明らかに混んでいた。みんな考えること同じ。

    でも、普通車はJR九州と共通の豪華なシート。
    明らかに混んでいた。みんな考えること同じ。

  • 食後のデザートタイム。<br />車内販売で、新幹線名物「シンカンセンノスゴイカタイアイス」を買う。<br />東海道・山陽新幹線ではまだ健在。

    食後のデザートタイム。
    車内販売で、新幹線名物「シンカンセンノスゴイカタイアイス」を買う。
    東海道・山陽新幹線ではまだ健在。

  • この構図、SNSでよく見るのでやってみました(笑)

    この構図、SNSでよく見るのでやってみました(笑)

  • 終点、新大阪駅に到着。<br />すぐ向かいに、6分後に出発する東京行きが停まっていて、それに乗り換える。<br />今朝は山口の宇部にいて、そのあと九州に渡って筑豊地方の鉄道を乗り回し、帰りに広島で夕食を食って、今は大阪。<br />もう、頭がついていきません(笑)

    終点、新大阪駅に到着。
    すぐ向かいに、6分後に出発する東京行きが停まっていて、それに乗り換える。
    今朝は山口の宇部にいて、そのあと九州に渡って筑豊地方の鉄道を乗り回し、帰りに広島で夕食を食って、今は大阪。
    もう、頭がついていきません(笑)

  • 東京行きののぞみ号。<br />ここからは素直にこれに乗って、新横浜から横浜線に乗り換えて、帰宅したのでした。<br /><br />今回もいろいろ押し込めすぎ、濃くなってしまいましたが、これでおわりです。<br /><br />- 完 ー

    東京行きののぞみ号。
    ここからは素直にこれに乗って、新横浜から横浜線に乗り換えて、帰宅したのでした。

    今回もいろいろ押し込めすぎ、濃くなってしまいましたが、これでおわりです。

    - 完 ー

72いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (14)

開く

閉じる

  • 長崎マリーンズさん 2020/03/21 13:16:20
    九州へようこそ
    Tagucyan様

    久しぶりにコメントいたします、長崎マリーンズです。

    九州・山口シリーズ拝読致しました。ようこそ九州へ!笑
    筑豊地区を中心に回られたようですが、当方この辺りの路線図が
    きちんと整理されておりません笑

    3セクなのに複線が残るのはやはり炭鉱ゆかりなんですね!
    福北ゆたか線も昔は非電化のローカル線だったのにいまでは
    電化されて私の最寄りの長崎本線の旧線とは差が付きました笑

    今回の乗られたキハ40系ですが、最近は長崎地区で九州カラーの
    白と青いラインの物は見かけなくなりました。
    更に今回のダイヤ改正で夜に遭遇したらイカ釣り漁船みたいな風貌の
    YC-1系なるものまでデビューしました。機会があれば乗車しに来てください!

    長崎マリーンズ

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2020/03/21 14:31:48
    2年半ぶりにおじゃましました

    長崎マリーンズさま
    こんにちは。

    約2年半ぶりに九州にお邪魔いたしました。
    今回は、筑豊地区を集中的に回ってみました。

    私が時刻表に興味を持ち始めた頃は、このあたりの路線網はもっと複雑で、乗りつぶしの行程案とかいろいろと妄想していましたが結構大変でした。が、それが実現する前にかなり整理されてしまいました。
    今でもムダに構内が広い駅や複線区間など、かつて石炭輸送で相当栄えていたんだなあという様子がうかがえます。

    そして今や、福北ゆたか線の複線区間は堂々複線電化ですね。
    その一部である篠栗線は、電化されてから乗ってません(笑) 福岡近郊なのにローカルな路線、というイメージがあったのですが、もうすっかり近郊電車になったんでしょうねえ。

    YC-1系と821系電車、あの前面のギラギラは何なんですかね(笑)
    イカ釣り漁船・・・ うまい表現ですねえ。
    しかも、YCって「やさしくて、力持ち」の略だとか。そのネーミングもすごい。
    JR九州の車両はいろいろと個性的ですが、あの車両もインパクト強いですね。

    ---
    Tagucyan
  • 墨水さん 2020/03/17 22:55:42
    だめだ・・・。
    Tagucyanさん、今晩は。
    だめだ・・・、付いていけない・・・。(笑)
    ので、今日、時刻表を買ってきた。(笑)
    たけ~~~~っ!、税込み1205円!。
    新幹線!、早くなったわ!。(笑)
    毎時12本の「のぞみ」は、突っ込みすぎだろと思うのは、昭和生まれの悲しさか?。
    でも、コロナで当面減便するらしいけど・・・。
    去年の11月頃だったか、日曜日に東京駅に行ったら、みどりの窓口に行列できていてビックリした事を覚えている。
    JR東海HPには、新幹線の指定券は「当日購入困難」見たいに書かれていて、またまたビックリ!。
    あっ、旅行記の感想としては、お好み焼きが「旨そう」でした。(爆)
    食い付いたのは、そこです!。(笑)
    JR九州のチャイム?、ん~~っ、探しておく・・・・。(笑)
    墨水。

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2020/03/17 23:26:20
    スミマセンマニアックで。

    墨水さま
    こんばんは。

    スミマセン、土地勘がないと地図や時刻表片手でないと理解できない旅行記で(笑)

    全国版時刻表ですが、調べてみたのですが、本体価格1,095円というのは2008年10月号からで、もうかれこれ11年半も変わっていませんでした。
    変わったのが、消費税。当時は5%だったので、税込み1,150円でした。
    それが、8%になって1,183円、さらに昨年10%になって1,205円。
    10%になった時は、さすがに私も高くなったなあと思いました。本屋さんじゃなくて、国に文句を言ってください(笑)

    のぞみ号、増えましたねえ。ダイヤ改正早々、減便するそうですけど・・・
    改めて見ると一番すごい時間帯は3分間隔。もう、ほとんどラッシュ時の通勤電車みたいですよ。そんなに需要があるんですね。
    私は早朝の下りと深夜の上りばかりに乗っていますが、たしかに油断すると満席だったりします。そのほかの時間帯は知りません(笑)

    食い付いたのは、お好み焼きでしたか。本編の中で唯一分かりやすかったところですね(笑) それでかまわないです、はい。

    JR九州車両の新幹線車内のチャイム、YouTubeで調べればすぐ出てきます。
    他の社のとは全然違いますから。
    山陽新幹線区間でもこのチャイムなので、結構「おぉぉっ」と思いますよ。

    ---
    Tagucyan
  • あっぺ呑んさん 2020/03/17 12:01:25
    北九州方面に行ったのは約半世紀前かな!
    Tagucyanさま

    こんにちは
    あっぺ呑んです。


    高校生の頃仙台から、客車普通列車で上野駅に行き東京発10:00桜島・高千穂で(桜島)で博多には朝6:00ころ着いたような記憶があります。脳型機関区にはD50,D60いてぼた山あったような・・・・・・遠い昔ですね。東北人にとって九州は遠いですが、新幹線もありますし、機会があればまた行ってみたいです。


    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2020/03/17 20:19:29
    その時代に行ってみたかったです

    あっぺ呑んさま
    こんばんは。

    その頃が一番乗り鉄していて楽しそうな時代ではなかったかと思います。
    私が実際乗りに行き始めた頃は、常磐線回りで上野発仙台行きの旧客鈍行とかまだ残っていましたけど、乗る前になくなってしまいました。

    午前中に東京駅を出発して九州に向かう急行列車、乗ってみたかったですねえ。
    その向かった先では、SLがいっぱい停まっていて・・・ もう見られない光景ですが、ムダに広い駅構内など、当時を偲ばせる雰囲気は残っています。

    個人的には、名所旧跡に行けなくても、これらを見られただけでも、十分実感できました。

    ---
    Tagucyan

    あっぺ呑ん

    あっぺ呑んさん からの返信 2020/03/19 15:04:52
    再開発前に是非!

    Tagucyanさま                                    
    こんにちは。                                                                            直方機関区(先日は誤字ですいません)ムダに広い駅構内が再開発される前に是非もう一度訪れて、当時を偲んでみたいと思います。                                                                                                        あっぺ呑ん

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2020/03/20 15:16:25
    RE: 再開発前に是非!
    あっぺ呑んさま

    私も最初「のうがた」と入力して「脳型」になってしまいました。

    直方、田川伊田、田川後藤寺、・・・ むかし石炭輸送で栄えた駅は、今では広い構内のみが当時を偲ばせますけど、それ自体が筑豊の名所旧跡の1つだと思いますね。

    いずれなくなってしまうかも知れませんから、その前に見ておきたいものです。

    ---
    Tagucyan
  • Akrさん 2020/03/16 20:46:13
    広島で途中下車!←最後が想定外でした(笑)
    Tagucyanさま

    こんばんは。Akrでございます。

    懐かしい路線名が出て来ました。漆生線に上山田線・・・
    国鉄時代に乗りつぶしをしていたら、北海道と筑豊地区で苦労しますね。昔の時刻表の路線図見たら、なにがなんだかもう・・・
    そんな中で、筑豊本線は本線名乗るだけあっていまも健在ですね。私の世代ですと筑豊本線といえば、寝台特急あかつきでしょうか。乗れず仕舞いでしたが、確か、博多経由と筑豊本線経由に分かれるんじゃなかったでしたっけ?

    筑豊鉄道は東北民としてはあまり馴染みが無くて、名前知ってる程度でしたが、路面電車スタイルなんですね。専用軌道のようですが、世田谷線のような感じでしょうか。黒崎駅でバスターミナルに乗り入れするのは便利そうですね。

    そして最後に想定外の事が!
    九州直通のN700の指定席は、座席が立派なので「ああ、これで新大阪まで乗ってのぞみだな」と勝手に思っていましたらまさかの広島途中下車。それもお好み焼き食べるため(笑)
    珍しく鉄路で帰還だったのですね。お疲れさまでした。なんか何日も旅したような濃い内容で面白かったです。

    -Akr-

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2020/03/16 22:54:55
    なんだか広島風お好み焼きという気分でした(笑)

    Akrさま
    こんばんは

    本文にも書いていますが、子供の頃眺めていた筑豊の複雑な路線網に乗ってみたかったです。漆生線、上山田線、添田線が乗りにくさの上位だったと思います。
    その点、北海道の方がまだギリギリ間に合っていまして、標津線、深名線、天北線などには乗っています。羽幌線とか名寄本線とか湧網線とか、100km前後もあるようなローカル線もあったのですが、タッチの差で間に合いませんでした(かなり後悔)。

    筑豊本線を走る寝台特急あかつき、ありましたねえ。たしか門司で2つに分かれて、片方は博多経由、片方は筑豊本線経由。今や超ローカル区間に成り下がった桂川−原田間にも、寝台列車が走っていたんですよねえ。

    筑豊電鉄は、規格としては路面電車みたいですが、全区間専用路線なので、世田谷線みたいな感じですね。おまけにこちらには高架区間や高架駅まであります。黒崎駅は、たしか昔はJR駅前ロータリーの片隅に駅があったのですが、その後周辺が整備されてバスターミナルと一体化となり、利用する側からすると便利になりました。

    帰りですが、切符の関係で行きと同じく新幹線となしました。
    ただし、小倉からあの詰め込み主義の狭いシートで一気に東京まで行くのはちょっとしんどい、ということで、同じN700系でも広々シートのさくらとみずほに乗ることにしました。
    小倉発が夕方。あのまま行くと、新大阪に着くのがちょっと遅い時間になり、メシの食いっぱぐれになりそうということで、思い浮かんだのが広島のお好み焼きでした。
    そういえば以前、家族で北東北旅行に出かけたときも、帰りに盛岡からまっすぐ帰らないで、仙台で降りて牛タン食べました。どうやら私はそういう発想をしがちなようです(笑)
    結果的には小倉からJR九州、広島からJR西日本、さらに新大阪からJR東海と、3社の車両に続けて乗ることになったのでした。

    いつも思うんですけど、短い時間にいろんなことを押し込めすぎるんですよね、私^^;
    毎度長編になってしまい、かたじけないです。

    ---
    Tagucyan
  • マプトさん 2020/03/16 19:54:27
    後藤寺線の印象
    お晩でした。筑豊の電車旅、読みました。
    九州からその日のうち、横浜方面に帰れるって、北海道にいたらすごいと思います。さすが新幹線は速いですね。
    さてさて、後藤寺線ですが、ずっと昔に乗りました。筑豊炭田の名残りが、夕張のようにあるべかと思ったんですが、あっさりした路線でした。そんな印象です。下鴨生でも降りましたが、何もなかったです。
    もう売っていない九州ワイド周遊券を淀屋橋の京阪尾の旅行会社で買ってのことです。端末でなく、ぴらぴらの紙の券でした。

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2020/03/16 22:39:15
    他の路線と比べるとあっさりしてますね

    マプトさま
    こんばんは。

    今回は広島で途中下車して夕食を食べましたが、ダイヤ上は博多発東京行きの最終が18:59発ですから、博多で夕食を食べても東京近郊の我が家にも帰れるわけで、そういう意味では新幹線もすごいですよね。

    後藤寺線ですが、筑豊の他の路線と比べてもずいぶんと整理されすぎて、あまり石炭輸送の路線だったという名残が残っていなかったですね。途中の船尾駅は石炭ではなくセメント工場の中にありますし。平成筑豊鉄道の各路線のあとに乗ったので、余計そう感じたのかも知れません。

    私も本格的に乗り鉄を始めた頃も、まだぴらぴら印刷タイプの周遊券の全盛でした。北海道ワイドから九州ワイドまで、いろいろ持ってます。いつの頃からか、マルス発券のやつに変わりましたね。その後、なくなっちゃいましたけど。
    初めて筑豊に足を踏み入れたときも、まだギリギリ印刷タイプの周遊券だったと思います。
    元周遊券ユーザーからすると、18きっぷ(たしか当時もあったような気がする)は、どこに行ったのかスタンプでしかわからないので、その点がモノ足らないんですよねえ。

    ---
    Tagucyan

    マプト

    マプトさん からの返信 2020/03/17 06:20:37
    RE: 他の路線と比べるとあっさりしてますね
    おはようございます。
    私は、今も18に降りた駅で下車印を押してもらっています。あとで切符を見た時、どこをどう回ったかと言うことがわかるからです。ただ、今の券に下車印を推してもらっても、にじんでわかんなくなることもあるのが難点ですね。

    昔のワイド周遊券は、ぴらぴらの紙で、地図やら路線が書かれていましたね。道内の人が道内を旅行するとき、八戸に北海道ワイドを買いに行く人もいたほどです。当時使った周遊券を見返したら、「土佐久礼」「根室」「門司」「志布志」は、地図の位置に下車印を押してくれています。茶目っ気がありますね。

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2020/03/17 20:06:30
    RE: RE: 他の路線と比べるとあっさりしてますね

    マプトさま
    こんばんは。

    なるほど、途中下車印を押してもらうという方法がありますね。
    自動改札がない頃は必ず押されていましたが、今は言わないと押してくれません。
    あと、おっしゃるとおりマルス発券の切符はスタンプがにじんでしまうことが多いですね。
    余談ですが、私の自宅の最寄り駅では、無効印をお願いするとE233系のイラストの入った丸いスタンプを押してくれるのですが、これはにじまないんです。インクの材質でもあるんですかね。

    昔の周遊券、北海道・四国・九州ワイドとかは路線図が省略されて輪郭の地図が書かれてましたねえ。あとは路線図が多かったような気がしますけど。
    >地図の位置に下車印を押してくれています。
    昔の駅員は、粋なことをしてくれましたねえ。

    ---
    Tagucyan

Tagucyanさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

飯塚・中間・直方の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集