スコットランド旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2020年の真冬の真っただ中、スコットランドを訪ねました。目的は当然、石の遺跡巡りです。<br /><br />この時期は畑の農作物が完全に刈り取られているので、普段は見ることのできない農地の真ん中にある石の遺跡も、簡単に見ることができます。ただし、2月と言えば真冬です。現地の雪はどんな感じ、レンタカーのタイヤは大丈夫?服装は?など悩ましいことばかりです。<br /><br />しかも、この時期にスコットランドを訪ねるような好き者は殆ど居ないため、冬のスコットランドの情報は意外に収取が難しい。<br /><br />そんな2月のスコットランド様子を、少しづつレポートします。<br /><br />今回のスケジュールはこんな感じです<br /><br />■日時 2020年2月7日~24日<br />■場所 スコットランド<br />■宿泊 基本は車中泊<br />■移動 飛行機 レンタカー<br /><br />■往路 02/07 QR813 HND 23:50-06:10 DOH<br />    02/08 QR029 DOH 07:50-12:35 EDI<br />■復路 02/23 QR030 EDI 14:05-23:59 DOH<br />    02/24 QR812 DOH 07:00-22:30 HND<br />

2020 Feb Scotland 1 飛行機移動やSIMカード入手の件

7いいね!

2020/02/07 - 2020/02/24

238位(同エリア607件中)

menhir(メンヒル)

menhir(メンヒル)さん

2020年の真冬の真っただ中、スコットランドを訪ねました。目的は当然、石の遺跡巡りです。

この時期は畑の農作物が完全に刈り取られているので、普段は見ることのできない農地の真ん中にある石の遺跡も、簡単に見ることができます。ただし、2月と言えば真冬です。現地の雪はどんな感じ、レンタカーのタイヤは大丈夫?服装は?など悩ましいことばかりです。

しかも、この時期にスコットランドを訪ねるような好き者は殆ど居ないため、冬のスコットランドの情報は意外に収取が難しい。

そんな2月のスコットランド様子を、少しづつレポートします。

今回のスケジュールはこんな感じです

■日時 2020年2月7日~24日
■場所 スコットランド
■宿泊 基本は車中泊
■移動 飛行機 レンタカー

■往路 02/07 QR813 HND 23:50-06:10 DOH
    02/08 QR029 DOH 07:50-12:35 EDI
■復路 02/23 QR030 EDI 14:05-23:59 DOH
    02/24 QR812 DOH 07:00-22:30 HND

旅行の満足度
4.0

PR

  • 欧州へ移動する常套手段は中近東でトランジット。今回もカタール航空を使いました。羽田の最終便なので、一旦帰宅しシャワーを浴び夕食をとってから空港までゆったり移動です。<br /><br />カタール航空ではチェックインは従来通りハンド処理ですが、事前にWEBチェックインしておくと優先ゲートに並べます。<br /><br />チケットも家で印刷して持参しましたが、正式のチケットに変更されました。事前チェックインの意味があまり感じられませんが、やむをえませんね。

    欧州へ移動する常套手段は中近東でトランジット。今回もカタール航空を使いました。羽田の最終便なので、一旦帰宅しシャワーを浴び夕食をとってから空港までゆったり移動です。

    カタール航空ではチェックインは従来通りハンド処理ですが、事前にWEBチェックインしておくと優先ゲートに並べます。

    チケットも家で印刷して持参しましたが、正式のチケットに変更されました。事前チェックインの意味があまり感じられませんが、やむをえませんね。

    羽田空港 第3旅客ターミナル 空港

  • 比較的ゆったりとしたチェックイン。ピーク時期を外した旅行なので、長蛇の列は無かったです。

    比較的ゆったりとしたチェックイン。ピーク時期を外した旅行なので、長蛇の列は無かったです。

  • 出発は10分繰り上げでした。夜中の便にはよくあることなので、ぎりぎりにチェックインされる方は注意が必要です。

    出発は10分繰り上げでした。夜中の便にはよくあることなので、ぎりぎりにチェックインされる方は注意が必要です。

  • 2月のこの時期は、卒業旅行や団体旅行などが増えるためか、満席状態でした。空きシートを利用したゆったり移動する作戦はだめでした。<br /><br />搭乗すると、2時間後に夕食、到着2時間前に朝食が配膳されます。深夜便なので眠気も襲ってきたので、夕食は断り、寝ることにしました。

    2月のこの時期は、卒業旅行や団体旅行などが増えるためか、満席状態でした。空きシートを利用したゆったり移動する作戦はだめでした。

    搭乗すると、2時間後に夕食、到着2時間前に朝食が配膳されます。深夜便なので眠気も襲ってきたので、夕食は断り、寝ることにしました。

  • ドーハ到着は早朝です。ドーハはハブ空港なので、深夜に全世界からたくさんの飛行機が到着する。深夜でも早朝でも日中と同じ混雑です。<br /><br />飛行機の最後尾の席からトランジット入国手続きまで約20分くらい。ハブ空港らしくトランジット客を裁くのも効率的なので、慌てることはありません。<br /><br />荷物検査が終了すると、次の飛行機のゲートを探す必要があります。チェック場にはゲート掲示板が沢山ありますが、結構込み合っています。ここは、一旦人の流れに従って、一つ下の階に移動しましょう。すると人ごみの少ない掲示板が有るのでここで確認するのが良いです。<br /><br />または、エスカレータを降りた先にFAQブースが有るので、ここで直接聞くのも良いです。

    ドーハ到着は早朝です。ドーハはハブ空港なので、深夜に全世界からたくさんの飛行機が到着する。深夜でも早朝でも日中と同じ混雑です。

    飛行機の最後尾の席からトランジット入国手続きまで約20分くらい。ハブ空港らしくトランジット客を裁くのも効率的なので、慌てることはありません。

    荷物検査が終了すると、次の飛行機のゲートを探す必要があります。チェック場にはゲート掲示板が沢山ありますが、結構込み合っています。ここは、一旦人の流れに従って、一つ下の階に移動しましょう。すると人ごみの少ない掲示板が有るのでここで確認するのが良いです。

    または、エスカレータを降りた先にFAQブースが有るので、ここで直接聞くのも良いです。

    ハマド国際空港 (新ドーハ国際空港) 空港

    仮眠シートの確保 by menhir(メンヒル)さん
  • エジンバラへ向かう飛行機のゲートへ到着。ここまでが遠かった。<br /><br />ハマド空港は巨大だ。空港の中をモノレールが走っている位なので相当大きい。目的のゲートを確認して、慌てず効率的に移動しないと汗びっしょりになりますよ。<br /><br />ゲート場所を確認し、移動距離を確認し手からゆっくり歩きましょう。<br /><br />空港内は無料のWIFIが飛んでいます。ログインにはeチケットが必要です。

    エジンバラへ向かう飛行機のゲートへ到着。ここまでが遠かった。

    ハマド空港は巨大だ。空港の中をモノレールが走っている位なので相当大きい。目的のゲートを確認して、慌てず効率的に移動しないと汗びっしょりになりますよ。

    ゲート場所を確認し、移動距離を確認し手からゆっくり歩きましょう。

    空港内は無料のWIFIが飛んでいます。ログインにはeチケットが必要です。

  • エジンバラまでの飛行機はガラガラでした。3列席を占有して横になりながらゆったり移動できました。<br /><br />エジンバラまでの便は軽食が2回提供されます。運動せず食事ばかりしているので、体調がおかしくなりそうです。

    エジンバラまでの飛行機はガラガラでした。3列席を占有して横になりながらゆったり移動できました。

    エジンバラまでの便は軽食が2回提供されます。運動せず食事ばかりしているので、体調がおかしくなりそうです。

  • 12時過ぎに無事エジンバラに到着。入国審査場前は大混雑です。

    12時過ぎに無事エジンバラに到着。入国審査場前は大混雑です。

    エディンバラ空港 (EDI) 空港

  • 但し、日本を含む複数国は、、、、、、

    但し、日本を含む複数国は、、、、、、

  • 無人ゲートが利用できます。稼働していたゲートは少なかったですが、効率良く入国手続きが進んでいました。

    無人ゲートが利用できます。稼働していたゲートは少なかったですが、効率良く入国手続きが進んでいました。

  • 無事入国できました。その次は通信手段の確保ですね。<br /><br />エディンバラでは入国すると何にもありません。一般的な空港でよく見かける、通信会社のブースもありません。<br /><br />思い出しました。スコットランドを含めてUKエリアは、通信カードのアクティベートは自分で行うためです。10年前は通信会社がいくつかありましたが、今では皆無。

    無事入国できました。その次は通信手段の確保ですね。

    エディンバラでは入国すると何にもありません。一般的な空港でよく見かける、通信会社のブースもありません。

    思い出しました。スコットランドを含めてUKエリアは、通信カードのアクティベートは自分で行うためです。10年前は通信会社がいくつかありましたが、今では皆無。

  • 渡航者はコンビニで通信カードを購入して、自分で携帯電話に差し込んでアクティベートします。とはいえ、難しい設定は不要。最近の携帯電話はSIMカードを差し込むだけで自動的にアクティベートしてくれます。<br /><br />今回も少し不安でしたが、入国ゲートの目の前にあるコンビニでSIMカードを購入し、自分の携帯電話に差し込みます。5分程待つと通信が開始されました。特別な番号などの入力は全くありません。<br /><br />ちなみに、UKエリアは「As Pay You Go」。利用した分だけ支払う方式。利用料金分の通信が終了したら、利用料金をチャージして使います。チャージする場所は、コンビニやガソリンスタンド、スーパーなど、どこでも可能です。<br /><br />今回は後でチャージするのが面倒なので、13Gのカードを購入しました。また購入したEE-SIMは欧州圏内で利用が可能なカードでした。最近はこのようなエリアカードが増えているので嬉しい。このSIMは次の旅行にも利用できそうです。<br /><br />今回は13Gのものを購入しましたが(2Gと13Gの2種類しかなかったので、、、、)、テザリングでもう一台のスマホをカーナビに使用し、最終データ利用は2Gに満たなかったです。

    渡航者はコンビニで通信カードを購入して、自分で携帯電話に差し込んでアクティベートします。とはいえ、難しい設定は不要。最近の携帯電話はSIMカードを差し込むだけで自動的にアクティベートしてくれます。

    今回も少し不安でしたが、入国ゲートの目の前にあるコンビニでSIMカードを購入し、自分の携帯電話に差し込みます。5分程待つと通信が開始されました。特別な番号などの入力は全くありません。

    ちなみに、UKエリアは「As Pay You Go」。利用した分だけ支払う方式。利用料金分の通信が終了したら、利用料金をチャージして使います。チャージする場所は、コンビニやガソリンスタンド、スーパーなど、どこでも可能です。

    今回は後でチャージするのが面倒なので、13Gのカードを購入しました。また購入したEE-SIMは欧州圏内で利用が可能なカードでした。最近はこのようなエリアカードが増えているので嬉しい。このSIMは次の旅行にも利用できそうです。

    今回は13Gのものを購入しましたが(2Gと13Gの2種類しかなかったので、、、、)、テザリングでもう一台のスマホをカーナビに使用し、最終データ利用は2Gに満たなかったです。

  • 続いては空港からの移動方法です。空港からの移動はバスが定番です。但し路線バスは走っていません。空港から市内までのバスは、専用のバスになります。<br /><br />一つはAIRLINKというバス。

    続いては空港からの移動方法です。空港からの移動はバスが定番です。但し路線バスは走っていません。空港から市内までのバスは、専用のバスになります。

    一つはAIRLINKというバス。

  • もう一つはSkylinkという専用バスです。似ているの間違えやすいです。いずれも市の中心部まで行きますが、途中で止まるバス停や経路が違います。<br /><br />料金は片道4.5ポンド。但し市内の区間だけを乗り降りする場合は、沿線バスと同額の一律1.8ポンドです。

    もう一つはSkylinkという専用バスです。似ているの間違えやすいです。いずれも市の中心部まで行きますが、途中で止まるバス停や経路が違います。

    料金は片道4.5ポンド。但し市内の区間だけを乗り降りする場合は、沿線バスと同額の一律1.8ポンドです。

  • バスは2階建てで、1階部分は荷物置き場が広々取られています。中心部に行くので完全満員状態です。

    バスは2階建てで、1階部分は荷物置き場が広々取られています。中心部に行くので完全満員状態です。

  • また最近開通したトラムで市内へ行く方法もあります。こちらは空港から利用する場合は片道6.5ポンド。市内間で利用する場合はバスと同額の1.8ポンドです。

    また最近開通したトラムで市内へ行く方法もあります。こちらは空港から利用する場合は片道6.5ポンド。市内間で利用する場合はバスと同額の1.8ポンドです。

  • チケットはカード現金いずれでも支払いができます。現金の場合はコインのみ利用可能で、残念ながらおつりは出てきません。

    チケットはカード現金いずれでも支払いができます。現金の場合はコインのみ利用可能で、残念ながらおつりは出てきません。

  • 乗車すると車掌さんが検札にやってきます。この時検札用の切れ込みに注目してください。これは象ですね。期間中数回使用しましたが、いろんな種類がありました。

    乗車すると車掌さんが検札にやってきます。この時検札用の切れ込みに注目してください。これは象ですね。期間中数回使用しましたが、いろんな種類がありました。

  • トラムもバスも市内利用は一律1.8ポンド。なので、1DAYチケットや3DAYチケットなど様々な種類があります。気にされる方は、事前に調べて利用されると良いと思います。

    トラムもバスも市内利用は一律1.8ポンド。なので、1DAYチケットや3DAYチケットなど様々な種類があります。気にされる方は、事前に調べて利用されると良いと思います。

  • さて、続いては帰国編です。エジンバラ空港はスコットランドの主力空港ですがとても小さい空港です。日本でいえば伊丹空港くらいの規模でしょうか?こじんまりしているのでチェックインも迷うことはないと思います。

    さて、続いては帰国編です。エジンバラ空港はスコットランドの主力空港ですがとても小さい空港です。日本でいえば伊丹空港くらいの規模でしょうか?こじんまりしているのでチェックインも迷うことはないと思います。

    エディンバラ空港 (EDI) 空港

  • 結構ガラガラ状態です。

    結構ガラガラ状態です。

  • 帰りは土産などを満載したキャリーバックを預けます。この時、預ける荷物はチェックインカウンターではなく、別の場所まで自分で運ぶ必要があります。

    帰りは土産などを満載したキャリーバックを預けます。この時、預ける荷物はチェックインカウンターではなく、別の場所まで自分で運ぶ必要があります。

  • 続いて一つ上のフロアで機内持ち込み荷物のチェックがあります。空港の規模にしてはとても多いチェックレーンが有るのでイライラすることも有りません。

    続いて一つ上のフロアで機内持ち込み荷物のチェックがあります。空港の規模にしてはとても多いチェックレーンが有るのでイライラすることも有りません。

  • 荷物を受け取り、指示に従い先へ進むと、、、、、

    荷物を受け取り、指示に従い先へ進むと、、、、、

  • いきなり免税コーナーになります。つまり出国ゲートが無いのです。航空会社のチェックインカウンターで出国検査が行われたことになるのでしょうか?当然のことながら出国のスタンプもありません。不思議な仕組みです。<br /><br />さて免税コーナーですが、さすがにウィスキーの国だけあって品ぞろえが素晴らしいです。また試飲物も充実していて、18年物やカスクストレングスなども試飲が可能です。良いですね。

    いきなり免税コーナーになります。つまり出国ゲートが無いのです。航空会社のチェックインカウンターで出国検査が行われたことになるのでしょうか?当然のことながら出国のスタンプもありません。不思議な仕組みです。

    さて免税コーナーですが、さすがにウィスキーの国だけあって品ぞろえが素晴らしいです。また試飲物も充実していて、18年物やカスクストレングスなども試飲が可能です。良いですね。

  • 就航している本数も少ないです。但し、ロンドンやアイルランドなど近郊への便が充実しています。いわゆるインターシティー便で、片道1時間ちょっとの移動になります。日本も、韓国や中国への便もこのようになれば素敵ですね。

    就航している本数も少ないです。但し、ロンドンやアイルランドなど近郊への便が充実しています。いわゆるインターシティー便で、片道1時間ちょっとの移動になります。日本も、韓国や中国への便もこのようになれば素敵ですね。

  • ドーハまでの便は19番ゲートから出発。出国ゲートから一番遠い場所なので、余裕をもって移動しましょう。<br /><br />今回の便は機材不調により1時間の遅れでした。良くあることです。

    ドーハまでの便は19番ゲートから出発。出国ゲートから一番遠い場所なので、余裕をもって移動しましょう。

    今回の便は機材不調により1時間の遅れでした。良くあることです。

  • 実は空港の敷地内にも石の遺跡が有ります。滑走路のすぐ脇なので、絶対に近づくことはできません。唯一のチャンスは離着陸の際に見ること。それを考慮して座席は窓際を確保。<br /><br />避雷針?のような施設の左側奥に小さいながらも石を確認できました。CAT STONEという5千年前のスタンディングストーンです。

    実は空港の敷地内にも石の遺跡が有ります。滑走路のすぐ脇なので、絶対に近づくことはできません。唯一のチャンスは離着陸の際に見ること。それを考慮して座席は窓際を確保。

    避雷針?のような施設の左側奥に小さいながらも石を確認できました。CAT STONEという5千年前のスタンディングストーンです。

  • ドーハまでの便は行きと同じでガラガラ。今回も一列占有して、横になってドーハまで寝て過ごしました。

    ドーハまでの便は行きと同じでガラガラ。今回も一列占有して、横になってドーハまで寝て過ごしました。

  • ドーハでは駐機場がアイランドだったため、専用バスで空港建物まで移動です。

    ドーハでは駐機場がアイランドだったため、専用バスで空港建物まで移動です。

    ハマド国際空港 (新ドーハ国際空港) 空港

    仮眠シートの確保 by menhir(メンヒル)さん
  • 無事トランジット手続きが終了しました。この時点で深夜2時。出発は朝7時なので時間をつぶして待つことにします。

    無事トランジット手続きが終了しました。この時点で深夜2時。出発は朝7時なので時間をつぶして待つことにします。

  • なかなか出発ゲートの案内が出なかったのですが、ようやくB4ゲートの案内が出ました。

    なかなか出発ゲートの案内が出なかったのですが、ようやくB4ゲートの案内が出ました。

  • ハマド空港では長時間トランジット者向けにサイレントルームが用意されています。しかも男女別々に用意されています。さすがはトランジットを前提とした空港ですね。<br /><br />但し、数は沢山あるのですが、競争率はかなり高いです。

    ハマド空港では長時間トランジット者向けにサイレントルームが用意されています。しかも男女別々に用意されています。さすがはトランジットを前提とした空港ですね。

    但し、数は沢山あるのですが、競争率はかなり高いです。

  • 帰りの便は、行きと同様に満員でした。決められた席でおとなしく過ごすしか手段はありません。2回の食事も眠さが優先したため断って過ごしました。<br /><br />22:20 予定通り羽田空港に到着しました。ここから入国検査を行い、荷物を受け取りゲートを通り抜けが完了したのが22:50でした。荷物がなかなか出てきませんでしたが、大体23時のバスや電車に乗ることができます。<br /><br />続いてはレンタカーや宿泊場所に関してのレポートです。

    帰りの便は、行きと同様に満員でした。決められた席でおとなしく過ごすしか手段はありません。2回の食事も眠さが優先したため断って過ごしました。

    22:20 予定通り羽田空港に到着しました。ここから入国検査を行い、荷物を受け取りゲートを通り抜けが完了したのが22:50でした。荷物がなかなか出てきませんでしたが、大体23時のバスや電車に乗ることができます。

    続いてはレンタカーや宿泊場所に関してのレポートです。

    羽田空港 第3旅客ターミナル 空港

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集