伊豆大島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
伊豆大島の三原山噴火口一周の「お鉢まわり」ハイキング後のランチで利用しました。<br />朝は9:00~開いていて、バスの時間やハイキングの所要時間との兼ね合いも含めてベストな位置関係かなと思います。<br />尤も、山頂口の食事処といえば実質このお店しか無いんですが・・<br />椿油で揚げた明日葉と海老の天丼&明日葉そばのセット「椿天丼」を頂きました。<br /><br /><br />

伊豆大島三原山山頂口唯一の食事処 団体客御用達「名代 歌乃茶屋」で椿天丼のランチ

6いいね!

2020/02/19 - 2020/02/21

273位(同エリア403件中)

旅行記グループ 伊豆大島2泊3日の旅

0

23

実結樹

実結樹さん

伊豆大島の三原山噴火口一周の「お鉢まわり」ハイキング後のランチで利用しました。
朝は9:00~開いていて、バスの時間やハイキングの所要時間との兼ね合いも含めてベストな位置関係かなと思います。
尤も、山頂口の食事処といえば実質このお店しか無いんですが・・
椿油で揚げた明日葉と海老の天丼&明日葉そばのセット「椿天丼」を頂きました。


旅行の満足度
3.5
グルメ
3.5
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
高速・路線バス JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 6:00 東海汽船の大型船で岡田港着 <br />6:30 大島温泉ホテルにて露天風呂入浴と朝食バイキング <br />8:48 大島温泉ホテル前のバス停を発ち<br />8:55 三原山頂口バス停着 

    6:00 東海汽船の大型船で岡田港着 
    6:30 大島温泉ホテルにて露天風呂入浴と朝食バイキング 
    8:48 大島温泉ホテル前のバス停を発ち
    8:55 三原山頂口バス停着 

  • 9:00 三原山展望所から、

    9:00 三原山展望所から、

  • 山頂を目指して歩き始めます

    山頂を目指して歩き始めます

  • 噴火口一周の「お鉢まわり」を終えて、

    噴火口一周の「お鉢まわり」を終えて、

  • 元来た道を戻って来ると12:00。<br />往復のハイキング所要時間は丁度3時間でした。

    元来た道を戻って来ると12:00。
    往復のハイキング所要時間は丁度3時間でした。

  • 山頂口展望台近くの坂の下にこんな寂れたお店の残骸がありました。<br />きっと随分と前に立ち行かなくなったんでしょうね。

    山頂口展望台近くの坂の下にこんな寂れたお店の残骸がありました。
    きっと随分と前に立ち行かなくなったんでしょうね。

  • 「名代 歌乃茶屋」はバス停近くの

    「名代 歌乃茶屋」はバス停近くの

    名代 歌乃茶屋 グルメ・レストラン

    三原山山頂口で唯一の食事処 「名代 歌乃茶屋」 by 実結樹さん
  • お土産店です

    お土産店です

  • 店の奥に食事処があります。<br />お茶とお水はセルフ対応。

    店の奥に食事処があります。
    お茶とお水はセルフ対応。

  • キャパは数百席もありそうです。<br />団体客の為に昼食が事前に用意され始めていました。

    キャパは数百席もありそうです。
    団体客の為に昼食が事前に用意され始めていました。

  • 店からは富士山や元町港や大島空港の滑走路が望めます。<br />空いていれば窓際に座ってもいいのですが、折角の絶景なのに窓が高い位置にあるので座ってしまうと外が見えなくなってしまうのが残念な造りです。<br />

    店からは富士山や元町港や大島空港の滑走路が望めます。
    空いていれば窓際に座ってもいいのですが、折角の絶景なのに窓が高い位置にあるので座ってしまうと外が見えなくなってしまうのが残念な造りです。

  • 「椿天丼」税込1,100円を頂きます。<br />前払いでお会計をして、好きな席に座ります。<br />店員さんは明るくて親切な対応です。<br />

    「椿天丼」税込1,100円を頂きます。
    前払いでお会計をして、好きな席に座ります。
    店員さんは明るくて親切な対応です。

  • 「椿天丼」と銘打ってあるので椿油で揚げた天婦羅がウリなんでしょうが、100%ではなくやはりブレンドです。<br />椿油は高価ですからね・・

    「椿天丼」と銘打ってあるので椿油で揚げた天婦羅がウリなんでしょうが、100%ではなくやはりブレンドです。
    椿油は高価ですからね・・

  • 最初の盛り付けはこんな感じでしたが、

    最初の盛り付けはこんな感じでしたが、

  • 明日葉の天婦羅を1枚食べた後になって海老天が下に2本入っているのが発覚しました。<br />大島なので海老よりも明日葉が主役なんでしょうね。<br />明日葉の天婦羅はサクサクに揚がっています。<br />あと、この下に玉ねぎと人参の掻揚が一つ入っていました。<br />掛かっているとろみのあるたれはかなり甘めです。

    明日葉の天婦羅を1枚食べた後になって海老天が下に2本入っているのが発覚しました。
    大島なので海老よりも明日葉が主役なんでしょうね。
    明日葉の天婦羅はサクサクに揚がっています。
    あと、この下に玉ねぎと人参の掻揚が一つ入っていました。
    掛かっているとろみのあるたれはかなり甘めです。

  • 「激辛青唐がらし粉末」は大島名産で850円で売っています。<br />ほんの少しでも本当に辛いので加減して使います。<br />でも、妙に気に入ったのでこの旅唯一の自分へのお土産で買って帰りました。

    「激辛青唐がらし粉末」は大島名産で850円で売っています。
    ほんの少しでも本当に辛いので加減して使います。
    でも、妙に気に入ったのでこの旅唯一の自分へのお土産で買って帰りました。

  • 明日葉を練り込んだ冷たいお蕎麦の小鉢

    明日葉を練り込んだ冷たいお蕎麦の小鉢

  • この店のお蕎麦には全て明日葉が練り込んであるそうです。<br />Wi-Fiも使えるみたいですが試しませんでした。

    この店のお蕎麦には全て明日葉が練り込んであるそうです。
    Wi-Fiも使えるみたいですが試しませんでした。

  • 明日葉のつくだ煮とたくあん。<br />その他に味噌汁が付いています。<br />

    明日葉のつくだ煮とたくあん。
    その他に味噌汁が付いています。

  • 他にも大島の郷土色を打ち出したメニューが色々あるようです。<br /><br />このお店には有料のロッカーがあります。<br />「お鉢まわり」(お鉢 ”めぐり” と言いたいんですが三原山は ”まわり” なんですね)をして山頂口まで往復して来る場合はここに荷物を預けておくと便利かも。<br /><br />トイレは和式の1個室しか使えず、なおかつ水流がとても弱いのです。<br />団体さん対応のお店なのにそれでは困りますよね。<br />

    他にも大島の郷土色を打ち出したメニューが色々あるようです。

    このお店には有料のロッカーがあります。
    「お鉢まわり」(お鉢 ”めぐり” と言いたいんですが三原山は ”まわり” なんですね)をして山頂口まで往復して来る場合はここに荷物を預けておくと便利かも。

    トイレは和式の1個室しか使えず、なおかつ水流がとても弱いのです。
    団体さん対応のお店なのにそれでは困りますよね。

  • 直ぐ近くの都立?「富士箱根伊豆国立公園展望避難休憩舎」はこの日は閉まっていましたが、確かここにもトイレは有ったように記憶しています。<br />7年前は大島ジオパークの展示を説明してくれたガイドさんも居たのですが、今はどうなっているのでしょうか?<br />

    直ぐ近くの都立?「富士箱根伊豆国立公園展望避難休憩舎」はこの日は閉まっていましたが、確かここにもトイレは有ったように記憶しています。
    7年前は大島ジオパークの展示を説明してくれたガイドさんも居たのですが、今はどうなっているのでしょうか?

  • バスの待合所は広くて暖房が利いていました。<br />ここにも大島の自然のパネル展示がされているのですが、トイレが有ったかどうかは確認していません。

    バスの待合所は広くて暖房が利いていました。
    ここにも大島の自然のパネル展示がされているのですが、トイレが有ったかどうかは確認していません。

  • 三原山山頂口には三原山の勇姿を眺めながらおしるこや甘酒などが頂ける「御神火茶屋」という茶店の他は、ここ「歌乃茶屋」しかありません。<br />時間的にも丁度良い頃に利用できるし、観光地としては割と良心的な値段設定のお店だと思います。<br />

    三原山山頂口には三原山の勇姿を眺めながらおしるこや甘酒などが頂ける「御神火茶屋」という茶店の他は、ここ「歌乃茶屋」しかありません。
    時間的にも丁度良い頃に利用できるし、観光地としては割と良心的な値段設定のお店だと思います。

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

伊豆大島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集