竹富島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旅行二日目は丸一日かけて竹富島でまったりします。まあ、丸一日とか言っておきながら、船に乗ったのが11時半だったりするのですが。家族4人で行くまったり旅in竹富島。(2)では石垣島から竹富島に渡って、のんびり集落を突っ切り、カイジ浜まで歩いていきます。<br /><br />2020/03/02投稿

2020.01 家族でのんびり石垣・竹富島(2)高速船で竹富島へ。のんびり歩いてカイジ浜へ向かおう。

40いいね!

2020/01/31 - 2020/02/02

179位(同エリア1119件中)

planaly

planalyさん

旅行二日目は丸一日かけて竹富島でまったりします。まあ、丸一日とか言っておきながら、船に乗ったのが11時半だったりするのですが。家族4人で行くまったり旅in竹富島。(2)では石垣島から竹富島に渡って、のんびり集落を突っ切り、カイジ浜まで歩いていきます。

2020/03/02投稿

同行者
家族旅行
交通手段
徒歩

PR

  • 朝起きて……というかすでに昼近いのですが。10時頃にのんびりと部屋で朝食というまったりバカンスな旅行。ま、食べてるものは値引きシール付きのスーパー惣菜ばかりなので、バカンスって感じはしないですけどね。

    朝起きて……というかすでに昼近いのですが。10時頃にのんびりと部屋で朝食というまったりバカンスな旅行。ま、食べてるものは値引きシール付きのスーパー惣菜ばかりなので、バカンスって感じはしないですけどね。

  • 11時も過ぎようかという頃になって、ようやく宿を出発。

    11時も過ぎようかという頃になって、ようやく宿を出発。

  • 車で10分ほど。ユーグレナ石垣港離島ターミナルに到着しました。

    車で10分ほど。ユーグレナ石垣港離島ターミナルに到着しました。

    石垣港離島ターミナル 乗り物

  • ちょっとうろうろした挙げ句、第二駐車場へ。思ったよりも結構車が停まっていますね。

    ちょっとうろうろした挙げ句、第二駐車場へ。思ったよりも結構車が停まっていますね。

  • 離島ターミナルの中。ここはプラネタリウム?

    離島ターミナルの中。ここはプラネタリウム?

  • さあ切符を買いましょう。あちこちへの便がありますねえ。<br />このときは意識していませんでしたが、案内を見ると日本最南端の有人島・波照間島への便が出ています。そう言えば、ここ石垣からは日本最南端の波照間島や、最西端の与那国島へと行けるのでした。行ってみたいなあ。

    さあ切符を買いましょう。あちこちへの便がありますねえ。
    このときは意識していませんでしたが、案内を見ると日本最南端の有人島・波照間島への便が出ています。そう言えば、ここ石垣からは日本最南端の波照間島や、最西端の与那国島へと行けるのでした。行ってみたいなあ。

  • それ以外にも幾つもの島へ航路が出ています。本数は場所によって様々。波照間島へは一日3便なんですねえ……。

    それ以外にも幾つもの島へ航路が出ています。本数は場所によって様々。波照間島へは一日3便なんですねえ……。

  • 八重山諸島の島々。

    八重山諸島の島々。

  • こうした島々を回るのに最適なのが、このアイランドホッピングパス。島巡りに最適ですね。以前友人のFが使っていたなあ。次回は使っていろんな島に渡ってみたいところです。

    こうした島々を回るのに最適なのが、このアイランドホッピングパス。島巡りに最適ですね。以前友人のFが使っていたなあ。次回は使っていろんな島に渡ってみたいところです。

  • さて、今日これから渡るのは竹富島。以前、母と弟が訪問してすごく良かったから今回は家族で! とのことでした。自転車は疲れるので1人で石垣島を車でまわるなんて言っていた父も、結局は竹富島へ行くことに。

    さて、今日これから渡るのは竹富島。以前、母と弟が訪問してすごく良かったから今回は家族で! とのことでした。自転車は疲れるので1人で石垣島を車でまわるなんて言っていた父も、結局は竹富島へ行くことに。

  • そして次の竹富航路便は1130分発なのですが、切符を買った時点でもう5分もありません。これを逃すと本数の多い竹富島航路とは言え、次は90分後。急いで桟橋へやってきました。

    そして次の竹富航路便は1130分発なのですが、切符を買った時点でもう5分もありません。これを逃すと本数の多い竹富島航路とは言え、次は90分後。急いで桟橋へやってきました。

  • 竹富行きは右側の4番乗り場から。そして左の3番乗り場からは同じ1130発小浜島行きが泊まっています。こうして並んでいると乗り間違えそうですが、係の人がいっぱいいるので大丈夫そうです。右側の、旅客船『にぃぬふぁぶし』(八重山観光フェリー)に乗りますよ。

    竹富行きは右側の4番乗り場から。そして左の3番乗り場からは同じ1130発小浜島行きが泊まっています。こうして並んでいると乗り間違えそうですが、係の人がいっぱいいるので大丈夫そうです。右側の、旅客船『にぃぬふぁぶし』(八重山観光フェリー)に乗りますよ。

  • それでは船内へ。出港直前だけあって席はだいぶ埋まっていますね。ちなみに、『にぃぬふぁぶし』とは沖縄方言で「子(ね)の方角にある星」つまり「北極星」のことだそうですよ。

    それでは船内へ。出港直前だけあって席はだいぶ埋まっていますね。ちなみに、『にぃぬふぁぶし』とは沖縄方言で「子(ね)の方角にある星」つまり「北極星」のことだそうですよ。

  • 後ろのデッキに出れたので、外で海を眺めていくことにします。

    後ろのデッキに出れたので、外で海を眺めていくことにします。

  • タラップ(というか渡し板?)があげられました。出港!

    タラップ(というか渡し板?)があげられました。出港!

  • 桟橋を離れて進み出します。

    桟橋を離れて進み出します。

  • 隣にいた小浜島行きも動き出していますね。

    隣にいた小浜島行きも動き出していますね。

  • お、後ろついてきた。

    お、後ろついてきた。

  • 離島ターミナルに泊まっている他の船を横目に石垣港を進んでいきます。

    離島ターミナルに泊まっている他の船を横目に石垣港を進んでいきます。

  • 八重山諸島の島々を結んでいるんでしょうねえ。

    八重山諸島の島々を結んでいるんでしょうねえ。

  • 港内なのでまだ速度控えめ。

    港内なのでまだ速度控えめ。

  • 小浜島行きの船がすぐ後ろを続いてやってきます。

    小浜島行きの船がすぐ後ろを続いてやってきます。

  • 港から離れるとちょっと速度上がった?

    港から離れるとちょっと速度上がった?

  • 石垣港がだんだん小さく。

    石垣港がだんだん小さく。

  • ちょっと編集かかって色鮮やかに(笑)

    ちょっと編集かかって色鮮やかに(笑)

  • 港から海に出る少し前、進行方向の右側、海上保安庁の巡視船が何隻も停泊してます。

    港から海に出る少し前、進行方向の右側、海上保安庁の巡視船が何隻も停泊してます。

  • 結構大きめな巡視船が何隻も停泊しているこちら石垣港、尖閣諸島警備の拠点なんですよね。同型艦が何隻も停泊してます。ここから尖閣諸島海域へとローテーションで向かうんでしょうね。

    結構大きめな巡視船が何隻も停泊しているこちら石垣港、尖閣諸島警備の拠点なんですよね。同型艦が何隻も停泊してます。ここから尖閣諸島海域へとローテーションで向かうんでしょうね。

  • ちなみに、私が以前に石垣に来たときは、同海域へ中国公船が入ってくることが増えた時期で、おそらくここには全国からかき集めてきた多種多様な巡視船が集まっていたはず。

    ちなみに、私が以前に石垣に来たときは、同海域へ中国公船が入ってくることが増えた時期で、おそらくここには全国からかき集めてきた多種多様な巡視船が集まっていたはず。

  • 今では退役しているタイプも含めた完全混成部隊だったそうです。見に行けばよかったなあ。今の新しいタイプが揃っている光景も壮観ですけどね。<br />おっと、この写真、よく見たら奥の巡視船だけ型が違うな。

    今では退役しているタイプも含めた完全混成部隊だったそうです。見に行けばよかったなあ。今の新しいタイプが揃っている光景も壮観ですけどね。
    おっと、この写真、よく見たら奥の巡視船だけ型が違うな。

  • で、5分くらいかけて港を出ると一気に速度が上がりました。

    で、5分くらいかけて港を出ると一気に速度が上がりました。

  • これを出たら外海かな。

    これを出たら外海かな。

  • 後ろを着いてきた小浜島行きが別れていきます。

    後ろを着いてきた小浜島行きが別れていきます。

  • いってらっしゃ~い。

    いってらっしゃ~い。

  • 進行方向左側には、クルーズ船が停まっていますね。

    進行方向左側には、クルーズ船が停まっていますね。

  • 海の色がエメラルドグリーン。おお、きれい。

    海の色がエメラルドグリーン。おお、きれい。

  • 向こう側に見えるのは奄美大島かな?

    向こう側に見えるのは奄美大島かな?

  • おっと、もう竹富島ですかね。はやいなあ。

    おっと、もう竹富島ですかね。はやいなあ。

  • さっきも書いたけど、海がほんとグリーンがかった青。

    さっきも書いたけど、海がほんとグリーンがかった青。

  • いやあ、石垣島の海も充分綺麗だったけれども、ちょっと離れるとさらにこんな色になるんだ。

    いやあ、石垣島の海も充分綺麗だったけれども、ちょっと離れるとさらにこんな色になるんだ。

  • 速度が少し落ちたな? とおもったら。

    速度が少し落ちたな? とおもったら。

  • あっという間に竹富島に到着します。

    あっという間に竹富島に到着します。

  • 港に到着。

    港に到着。

  • 本当にあっという間でした。竹富島、石垣島から近いものなあ。

    本当にあっという間でした。竹富島、石垣島から近いものなあ。

    竹富港 乗り物

  • みんなぞろぞろと下船。

    みんなぞろぞろと下船。

  • こちらの桟橋に船が到着しました。

    こちらの桟橋に船が到着しました。

  • さて、みなさんが降りてから向かっていく先を見ると……。

    さて、みなさんが降りてから向かっていく先を見ると……。

  • 桟橋にはレンタサイクルショップや水牛観光などの送迎バスが何台も停まっています。ここから、使うお店を決めてバスに乗ると連れて行ってくれます。

    桟橋にはレンタサイクルショップや水牛観光などの送迎バスが何台も停まっています。ここから、使うお店を決めてバスに乗ると連れて行ってくれます。

  • 当初は私達家族もレンタサイクルを借りてまわろうと思っていたのですが、予定を変更して歩いて観光することにしました。

    当初は私達家族もレンタサイクルを借りてまわろうと思っていたのですが、予定を変更して歩いて観光することにしました。

  • フェリーターミナルによって、帰りの船の時間を調べておきましょう。17時50分発か。

    フェリーターミナルによって、帰りの船の時間を調べておきましょう。17時50分発か。

  • 琉球諸語。方言、島言葉。

    琉球諸語。方言、島言葉。

  • それでは待合所(てぇどぅんかりゆし館っていう名前らしいです)を出て、ゆっくり歩いていきましょう。

    それでは待合所(てぇどぅんかりゆし館っていう名前らしいです)を出て、ゆっくり歩いていきましょう。

    てぇどぅんかりゆし館 専門店

  • 西表石垣国立公園 竹富島

    西表石垣国立公園 竹富島

  • こうして昔の建物(の復元?)がありますね。

    こうして昔の建物(の復元?)がありますね。

  • 中はこんな感じ。

    中はこんな感じ。

  • 港から集落に向かうと現れるこちらの小屋、昔使われていたフナヤー跡というものだそうです。

    港から集落に向かうと現れるこちらの小屋、昔使われていたフナヤー跡というものだそうです。

  • で、集落への道を歩いていくと、道のそばに牛が座っておりました。

    で、集落への道を歩いていくと、道のそばに牛が座っておりました。

  • これ、石垣牛なのかな? ここは竹富島だけど。

    これ、石垣牛なのかな? ここは竹富島だけど。

  • 向こうにもいるよ。

    向こうにもいるよ。

  • 草をムシャムシャたべています。

    草をムシャムシャたべています。

  • 牛の写真を撮る弟の図。

    牛の写真を撮る弟の図。

  • ヤギもいた。

    ヤギもいた。

  • そんな牛や山羊を眺めながら、こんな道を歩いていきます。

    そんな牛や山羊を眺めながら、こんな道を歩いていきます。

  • ここからが集落かな。

    ここからが集落かな。

  • 小さな島ですが、きれいな郵便局があります。

    小さな島ですが、きれいな郵便局があります。

    竹富郵便局 名所・史跡

  • 集落での一葉。

    集落での一葉。

  • 赤い花。

    赤い花。

  • 茂っております。

    茂っております。

  • 南国だなあ。

    南国だなあ。

  • この花、ハイビスカス、であってます?(電車の形式ならともかく、花の種類には自信がない)

    この花、ハイビスカス、であってます?(電車の形式ならともかく、花の種類には自信がない)

  • さらに歩いていくと、小学校・中学校が。

    さらに歩いていくと、小学校・中学校が。

  • 芝生がいっぱいですね。全校生徒は何人くらいだろう。<br />中には入れないので、門から眺めるだけにしましょう。

    芝生がいっぱいですね。全校生徒は何人くらいだろう。
    中には入れないので、門から眺めるだけにしましょう。

  • そろそろ集落も端っこかな。

    そろそろ集落も端っこかな。

  • でっかいガジュマルの木!

    でっかいガジュマルの木!

  • 集落の端あたりに看板がありました。こんな島の形です。そして歩いて回れる大きさですよ。<br />ただ、養殖池が並ぶ関係者以外立入禁止のエリアも多いです。

    集落の端あたりに看板がありました。こんな島の形です。そして歩いて回れる大きさですよ。
    ただ、養殖池が並ぶ関係者以外立入禁止のエリアも多いです。

  • ここを出ると完全に集落から出る感じだなあ。

    ここを出ると完全に集落から出る感じだなあ。

  • 集落から外れて、海の方へ歩いていきましょう。

    集落から外れて、海の方へ歩いていきましょう。

  • 結構カラスが多いぞ。

    結構カラスが多いぞ。

  • こちらの道の方に歩いて、カイジ浜へと向かいましょう。

    こちらの道の方に歩いて、カイジ浜へと向かいましょう。

  • てくてく。

    てくてく。

  • 暖かい気候のせいか、チョウがいっぱい飛んでます。

    暖かい気候のせいか、チョウがいっぱい飛んでます。

  • この水色のチョウ、すごくキレイ。

    この水色のチョウ、すごくキレイ。

  • このチョウはあちこち飛び回って1か所でとどまることがなく、なかなか写真をとれなかったのですが、ゆっくり観察しながら歩いていると、こうしてとまっているところを写真に撮ることができました。私の腕前ではこの程度です。

    このチョウはあちこち飛び回って1か所でとどまることがなく、なかなか写真をとれなかったのですが、ゆっくり観察しながら歩いていると、こうしてとまっているところを写真に撮ることができました。私の腕前ではこの程度です。

  • あれ、このこはずっとこの草にとまったままだな。おかげで写真撮りやすいけれども。うーん……あ、よく見ると蜘蛛の巣に捕まっていたわ。気づけば蜘蛛がチョウのそばまでやってきてるよ。弱肉強食、自然は厳しいなあ。

    あれ、このこはずっとこの草にとまったままだな。おかげで写真撮りやすいけれども。うーん……あ、よく見ると蜘蛛の巣に捕まっていたわ。気づけば蜘蛛がチョウのそばまでやってきてるよ。弱肉強食、自然は厳しいなあ。

  • ぶら下がってるのなんだろう。

    ぶら下がってるのなんだろう。

  • おっと、そろそろチョウの観察や撮影に夢中になるのをやめて浜へと向かいましょう。なお、チョウの観察をしていた私と弟をおいて、両親は先に行ってしまっています。

    おっと、そろそろチョウの観察や撮影に夢中になるのをやめて浜へと向かいましょう。なお、チョウの観察をしていた私と弟をおいて、両親は先に行ってしまっています。

  • 竹富島はレンタサイクルを借りてまわる人が多いようで、こうして自転車でまわっている観光客とよくすれ違いました。

    竹富島はレンタサイクルを借りてまわる人が多いようで、こうして自転車でまわっている観光客とよくすれ違いました。

  • 浜のちょっと手前にある、蔵元跡。

    浜のちょっと手前にある、蔵元跡。

    竹富島蔵元跡 名所・史跡

  • かつての役場とのことです。

    かつての役場とのことです。

  • ここでやって先行していた両親においつきました。ベンチに座って持ってきたせんべいでもいただきます。落としたかけらをひょいと地面に落としたら、あっという間にカラスが拾っていきました(笑)。

    ここでやって先行していた両親においつきました。ベンチに座って持ってきたせんべいでもいただきます。落としたかけらをひょいと地面に落としたら、あっという間にカラスが拾っていきました(笑)。

  • こうして、竹富島に着いてからのんびりここまで歩いてきました。竹富島上陸してからここまでの所要時間はなんと90分! 家族が、というか私と弟がそれぞれ気になったものを撮影していたらこんな時間になってしまいました。<br />まあ、いいんです。今回の旅行はひたすらまったりゆたりと過ごす旅。帰りの船に間に合えばそれでいいでしょう。次回はいよいよビーチ編です。

    こうして、竹富島に着いてからのんびりここまで歩いてきました。竹富島上陸してからここまでの所要時間はなんと90分! 家族が、というか私と弟がそれぞれ気になったものを撮影していたらこんな時間になってしまいました。
    まあ、いいんです。今回の旅行はひたすらまったりゆたりと過ごす旅。帰りの船に間に合えばそれでいいでしょう。次回はいよいよビーチ編です。

    星砂の浜(竹富島) ビーチ

40いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • Tagucyanさん 2020/03/03 23:59:23
    竹富島だ
    planalyさま
    こんばんは。

    竹富島、個人的にはとてもなつかしい。
    独身時代、よく行く民宿がありまして、たぶん通算で10泊以上してます(笑)
    石垣島から高速船で10分くらいなので、石垣市内には泊まらないで、わざわざ竹富島で泊まっていたぐらいです。
    こういう島はどこでもそうでしょうが、夕方以降ムチャクチャ静かになるのが好きなんです。星空もきれいですし。

    その頃、将来子供ができたら家族でこの宿に泊まりたいと思っていましたが、5年前それが実現しました。
    それ以来、八重山自体に行ってないですねえ・・・また行きたいです。

    ---
    Tagucyan

    planaly

    planalyさん からの返信 2020/03/05 23:28:10
    RE: 竹富島だ
    Tagucyanさま

    こんばんは。お返事おそくなりすみません。
    竹富島に10泊以上泊まっておられたとは。なんともうらやましい。ご家族で行けたときの思いもひとしおだったのではないでしょうか。
    この旅行、家族4人ででかけて、海を見ながらのんびりしていただけだったような気がしますが、贅沢な一時でした。
    最終便が出た後になると、石垣に泊まっている観光客が帰っちゃうので、すごく静になるんでしょうねえ。星とかほんと綺麗だろうなあ。

    私も泊まってみたくなりました。

    planaly

planalyさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

竹富島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集