台北旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年9月に台湾に行ってきました。<br />旅程としては成田から高雄、新幹線で台北に移動。帰りは桃園から成田の予定です。<br />飛行機はチャイナエアラインビジネスクラスを利用しました。<br />帰国後バタバタしていてアップの時期を逸してしまいましたが、写真やメモの整理をしつつのんびり続けていく予定です。<br /><br />今回は7日目、ついに最終日です。<br /><br />〇1日目<br />  2019年夏 台湾一人旅 Part1 (チャイナエアラインビジネスクラスで高雄に+鴨肉珍で夕食)<br />   https://4travel.jp/travelogue/11564616<br />〇2日目前半<br />  2019年夏 台湾一人旅 Part2 (岡山の航空教育展示館を見学)<br />   https://4travel.jp/travelogue/11566726<br />〇2日目後半<br />  2019年夏 台湾一人旅 Part3 (台南市内を散策→自強夜市に)<br />   https://4travel.jp/travelogue/11569714<br />〇3日目前半<br />  2019年夏 台湾一人旅 Part4 (普快車3671次に乗車して台東に)<br />   https://4travel.jp/travelogue/11572151<br />〇3日目後半<br />  2019年夏 台湾一人旅 Part5 (台東市街へ)<br />   https://4travel.jp/travelogue/11574604<br />〇4日目<br />  2019年夏 台湾一人旅 Part6 (台湾新幹線で台北に)<br />   https://4travel.jp/travelogue/11578651<br />〇5日目<br />  2019年夏 台湾一人旅 Part7 (烏来の温泉に)<br />   https://4travel.jp/travelogue/11584355<br />〇6日目<br />  2019年夏 台湾一人旅 Part8 (台北市内をブラブラと)<br />   https://4travel.jp/travelogue/11590695<br />〇7日目<br />  今ここ!

2019年夏 台湾一人旅 Part9 (ついに帰国の日に)

17いいね!

2019/09/01 - 2019/09/07

13364位(同エリア26769件中)

旅行記グループ 2019年夏 台湾一人旅

0

23

NinjaRoomさん

2019年9月に台湾に行ってきました。
旅程としては成田から高雄、新幹線で台北に移動。帰りは桃園から成田の予定です。
飛行機はチャイナエアラインビジネスクラスを利用しました。
帰国後バタバタしていてアップの時期を逸してしまいましたが、写真やメモの整理をしつつのんびり続けていく予定です。

今回は7日目、ついに最終日です。

〇1日目
  2019年夏 台湾一人旅 Part1 (チャイナエアラインビジネスクラスで高雄に+鴨肉珍で夕食)
   https://4travel.jp/travelogue/11564616
〇2日目前半
  2019年夏 台湾一人旅 Part2 (岡山の航空教育展示館を見学)
   https://4travel.jp/travelogue/11566726
〇2日目後半
  2019年夏 台湾一人旅 Part3 (台南市内を散策→自強夜市に)
   https://4travel.jp/travelogue/11569714
〇3日目前半
  2019年夏 台湾一人旅 Part4 (普快車3671次に乗車して台東に)
   https://4travel.jp/travelogue/11572151
〇3日目後半
  2019年夏 台湾一人旅 Part5 (台東市街へ)
   https://4travel.jp/travelogue/11574604
〇4日目
  2019年夏 台湾一人旅 Part6 (台湾新幹線で台北に)
   https://4travel.jp/travelogue/11578651
〇5日目
  2019年夏 台湾一人旅 Part7 (烏来の温泉に)
   https://4travel.jp/travelogue/11584355
〇6日目
  2019年夏 台湾一人旅 Part8 (台北市内をブラブラと)
   https://4travel.jp/travelogue/11590695
〇7日目
  今ここ!

旅行の満足度
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
鉄道 飛行機
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
エクスペディア

PR

  • 最終日の朝食? です。<br />昨日食べ過ぎたせいでお腹が空かないのと、どうせ空港まで行けばラウンジで食事出来るので、コンビニで買った豆漿と来るときの飛行機でもらったスナックのみで済ませました。<br /><br />飛行機はお昼過ぎの便ですが、結局この日は出発までホテルで本を読んだりしてダラダラと過ごしました。これなら早朝のLCC便で帰るのと変わらない気も。

    最終日の朝食? です。
    昨日食べ過ぎたせいでお腹が空かないのと、どうせ空港まで行けばラウンジで食事出来るので、コンビニで買った豆漿と来るときの飛行機でもらったスナックのみで済ませました。

    飛行機はお昼過ぎの便ですが、結局この日は出発までホテルで本を読んだりしてダラダラと過ごしました。これなら早朝のLCC便で帰るのと変わらない気も。

    サントス ホテル ホテル

    リーズナブルなホテル by NinjaRoomさん
  • 空港まではMRTを乗り継いで。<br />ただし台北駅での乗り換え(旧来のMRT駅から空港線のMRT駅の間)はあまり良くないんですよね。<br />北門駅で乗り換えた方が早いという話もあるんですが、そんなことはすっかり忘れて台北駅まで来てしまい、スーツケース引いて20分近くかかってようやく空港線のMRT駅に到着。<br /><br />ちょうど直達車に発車寸前に乗り込むことが出来たのと、座ることもできたので快適快適。以前はバスで一時間以上かかっていたことを思えば楽になったものです。<br /><br />なお、空港線のMRTも旧来のMRTと同じく飲食禁止ですのでご注意を。<br />タピオカミルクティーのカップ持った日本人女子二人組はさっそく注意されてました。。。おいおい。

    空港まではMRTを乗り継いで。
    ただし台北駅での乗り換え(旧来のMRT駅から空港線のMRT駅の間)はあまり良くないんですよね。
    北門駅で乗り換えた方が早いという話もあるんですが、そんなことはすっかり忘れて台北駅まで来てしまい、スーツケース引いて20分近くかかってようやく空港線のMRT駅に到着。

    ちょうど直達車に発車寸前に乗り込むことが出来たのと、座ることもできたので快適快適。以前はバスで一時間以上かかっていたことを思えば楽になったものです。

    なお、空港線のMRTも旧来のMRTと同じく飲食禁止ですのでご注意を。
    タピオカミルクティーのカップ持った日本人女子二人組はさっそく注意されてました。。。おいおい。

    台湾桃園国際空港 (TPE) 空港

  • 桃園の空港では以前、荷物を預けるだけで1時間以上並んでウンザリしたこともあるのですが、今回はビジネスクラスですので専用のカウンターでの対応であっさり通過。<br />この空港の場合、出国審査時は特にプライオリティレーンに該当するものはありませんが、並んでいたのは数人のレベルで拍子抜け。<br />たまたまだったのか、それとも中国大陸からの観光客が減っているせいでしょうか。

    桃園の空港では以前、荷物を預けるだけで1時間以上並んでウンザリしたこともあるのですが、今回はビジネスクラスですので専用のカウンターでの対応であっさり通過。
    この空港の場合、出国審査時は特にプライオリティレーンに該当するものはありませんが、並んでいたのは数人のレベルで拍子抜け。
    たまたまだったのか、それとも中国大陸からの観光客が減っているせいでしょうか。

  • おかげで結構出発まで時間もあるので、ラウンジでのんびり食事でもしましょう。<br />こちらの第2ターミナルにはチャイナエアラインのラウンジが2か所あるようですが、素直にカウンターで案内されたD4近くのこちらのラウンジに。<br /><br />もう一つのラウンジのほうが空いていると聞いたのですが、そちらはゲートまで遠いのでこちらが混んでいたら移動するつもりだったのですが、それほどの混雑でもなく。

    おかげで結構出発まで時間もあるので、ラウンジでのんびり食事でもしましょう。
    こちらの第2ターミナルにはチャイナエアラインのラウンジが2か所あるようですが、素直にカウンターで案内されたD4近くのこちらのラウンジに。

    もう一つのラウンジのほうが空いていると聞いたのですが、そちらはゲートまで遠いのでこちらが混んでいたら移動するつもりだったのですが、それほどの混雑でもなく。

    チャイナエアラインラウンジ V2 (桃園国際空港) 空港ラウンジ

  • さすがにお腹が空いてしまったので、さっそく点心系を中心にガッツリと。(正直に言いますと、これはあくまで一皿目です。。。)<br /><br />まだ午前中なこともあり、ビールなんて飲んでいるのは私くらい?<br />ちょっと恥ずかしかったです。 

    さすがにお腹が空いてしまったので、さっそく点心系を中心にガッツリと。(正直に言いますと、これはあくまで一皿目です。。。)

    まだ午前中なこともあり、ビールなんて飲んでいるのは私くらい?
    ちょっと恥ずかしかったです。 

  • 帰りの飛行機です。<br />シップは来た時と同じA330。<br />104便です。

    帰りの飛行機です。
    シップは来た時と同じA330。
    104便です。

  • ゲート近くの故宮博物館のショップをのんびり見ていたらとうに搭乗が始まっていて、自分がゲートに着いた頃には優先搭乗どころか乗客が誰もいないので冷や汗。<br />ビジネスクラスに乗る時などもあまり優先搭乗はしない事が多いのでそれは良いのですが、それにしても危なかった。<br /><br />慌てて駆け込むように機内に入って席に向かおうとしたら、CAさんが「あれっ?」という顔を。<br />あ、しまった。行きの便とは違う側の座席にしたのを忘れて通路を間違えた。<br />間際になって駆け込んできた間抜けが予約しているあと一席がどこかぐらいは当然把握されているのでしょうから。。。<br /><br />あわてて引き返してようやく自分の席に。みっともない。<br />担当のCAさんが早速ご挨拶に。<br />「そうかな?」と思った通り日本の方でした。<br />「Ninja様。本日はご搭乗いただきまして誠にありがとうございます。担当の〇〇でございます。御用の際は」と、まるでどこかの日系航空会社を髣髴とさせる完璧なご挨拶。(さすがに機内アナウンスは例の「お帰りなさいませ」ではありませんでしたが(笑))<br />もう一人の担当CAさんは台湾の方で、いつもニコニコと気持ち良い接客。<br />もちろん日本語もペラペラ。<br /><br />行きの高雄便では英語中心のコミュニケーションだったのですが、桃園便は日本人が多いのでおそらくCAさんのチーム編成自体を変えているのでしょうね。

    ゲート近くの故宮博物館のショップをのんびり見ていたらとうに搭乗が始まっていて、自分がゲートに着いた頃には優先搭乗どころか乗客が誰もいないので冷や汗。
    ビジネスクラスに乗る時などもあまり優先搭乗はしない事が多いのでそれは良いのですが、それにしても危なかった。

    慌てて駆け込むように機内に入って席に向かおうとしたら、CAさんが「あれっ?」という顔を。
    あ、しまった。行きの便とは違う側の座席にしたのを忘れて通路を間違えた。
    間際になって駆け込んできた間抜けが予約しているあと一席がどこかぐらいは当然把握されているのでしょうから。。。

    あわてて引き返してようやく自分の席に。みっともない。
    担当のCAさんが早速ご挨拶に。
    「そうかな?」と思った通り日本の方でした。
    「Ninja様。本日はご搭乗いただきまして誠にありがとうございます。担当の〇〇でございます。御用の際は」と、まるでどこかの日系航空会社を髣髴とさせる完璧なご挨拶。(さすがに機内アナウンスは例の「お帰りなさいませ」ではありませんでしたが(笑))
    もう一人の担当CAさんは台湾の方で、いつもニコニコと気持ち良い接客。
    もちろん日本語もペラペラ。

    行きの高雄便では英語中心のコミュニケーションだったのですが、桃園便は日本人が多いのでおそらくCAさんのチーム編成自体を変えているのでしょうね。

  • ボーディング・ブリッジが離れていき。

    ボーディング・ブリッジが離れていき。

  • さようなら、台湾の皆さん。<br />お世話になりました。<br />また来ます。

    さようなら、台湾の皆さん。
    お世話になりました。
    また来ます。

  • 地上滑走中です。<br />もうすっかり珍しくなった747。

    地上滑走中です。
    もうすっかり珍しくなった747。

  • 第3ターミナルの建設中。<br />確かこの辺に「航空科学館」があったはずなのですが、既に跡形もなく。

    第3ターミナルの建設中。
    確かこの辺に「航空科学館」があったはずなのですが、既に跡形もなく。

  • いつもビールのくせに、元を取ろうと機内では必ずワインを頼むセコい男。<br />といつも &quot;同行者&quot; が横にいると笑われるのですが。<br />もちろん、エコノミー席のようにミニボトル渡されるのではなく、フルボトルから一杯毎に注いでいただけます。

    いつもビールのくせに、元を取ろうと機内では必ずワインを頼むセコい男。
    といつも "同行者" が横にいると笑われるのですが。
    もちろん、エコノミー席のようにミニボトル渡されるのではなく、フルボトルから一杯毎に注いでいただけます。

  • ちなみにイタリアの「コンティ・セリストーリ」という銘柄。<br />ワインには全く詳しくないのですが、ドライな割にしっかりした味わいでおいしかったです。

    ちなみにイタリアの「コンティ・セリストーリ」という銘柄。
    ワインには全く詳しくないのですが、ドライな割にしっかりした味わいでおいしかったです。

  • 食事は洋食を選択。<br />でもメニューをよく見ると&quot;華洋料理&quot; という名称なんですね。<br /><br />行きの便も洋食を選択したので本当は和食も食べてみたかったのですが、(チャイナエアラインではない別の)某航空会社で&quot;和食&quot; と称するものを食べて以来、舌音痴の私でもちょっと日和ってます。

    食事は洋食を選択。
    でもメニューをよく見ると"華洋料理" という名称なんですね。

    行きの便も洋食を選択したので本当は和食も食べてみたかったのですが、(チャイナエアラインではない別の)某航空会社で"和食" と称するものを食べて以来、舌音痴の私でもちょっと日和ってます。

  • 食事も美味しいし、ワインも進む。<br />ワインのグラスが半分以下になると、次の瞬間には担当のCAさんのどちらかがボトルを持って横に立っていらっしゃって。。。(嬉)<br />注がれると嫌とは言えない性格? なので結構いただいてしまいました。<br /><br />行きの高雄便は英語でのコミュニケーションもそうでしたが、なんというか米系航空会社みたいな、お願いすればやってくれる感じの対応。<br />(あ、別に問題があったとかではないです。念のため)<br />それに比べると帰りの桃園便は、古き良き時代の日系航空会社の国際線ビジネスクラスがこういう感じだったなあと思い出させてくれるような接客。<br />好みは分かれるかもしれませんが、オジサン的には結構好きです。<br /><br />3~4時間の飛行時間でわざわざビジネスクラスってどうよという話ですが、荷物を預けるのに待たなくてよい優先チェックイン、空港のラウンジ、機内での食事&飲み物、広い座席、接客等々、数万円の価格差であることを考えると自分的には十分満足でした。<br />機会があればまた乗ろうと思います。

    食事も美味しいし、ワインも進む。
    ワインのグラスが半分以下になると、次の瞬間には担当のCAさんのどちらかがボトルを持って横に立っていらっしゃって。。。(嬉)
    注がれると嫌とは言えない性格? なので結構いただいてしまいました。

    行きの高雄便は英語でのコミュニケーションもそうでしたが、なんというか米系航空会社みたいな、お願いすればやってくれる感じの対応。
    (あ、別に問題があったとかではないです。念のため)
    それに比べると帰りの桃園便は、古き良き時代の日系航空会社の国際線ビジネスクラスがこういう感じだったなあと思い出させてくれるような接客。
    好みは分かれるかもしれませんが、オジサン的には結構好きです。

    3~4時間の飛行時間でわざわざビジネスクラスってどうよという話ですが、荷物を預けるのに待たなくてよい優先チェックイン、空港のラウンジ、機内での食事&飲み物、広い座席、接客等々、数万円の価格差であることを考えると自分的には十分満足でした。
    機会があればまた乗ろうと思います。

  • そろそろ酔っ払いそうなので誘惑を振り切り、デザートにしていただきました。<br /><br />機内では「ジョブス」というアップルの創業者を描いた映画を鑑賞。<br />アップル社の初期のころが話題なので、自分はリアルタイムで経験していますが(今思うととんでもない値段でマックを買いました)、アップルというとスマホやタブレットのイメージが強いであろう若い皆さんにはどこまで理解されるか。<br />もっとも最近は「ボヘミアンラプソディ」のように、ちょっと前のことというか当時のことを知っている人向けの映画というのも多いので、これもその一つと考えればよいのかも。

    そろそろ酔っ払いそうなので誘惑を振り切り、デザートにしていただきました。

    機内では「ジョブス」というアップルの創業者を描いた映画を鑑賞。
    アップル社の初期のころが話題なので、自分はリアルタイムで経験していますが(今思うととんでもない値段でマックを買いました)、アップルというとスマホやタブレットのイメージが強いであろう若い皆さんにはどこまで理解されるか。
    もっとも最近は「ボヘミアンラプソディ」のように、ちょっと前のことというか当時のことを知っている人向けの映画というのも多いので、これもその一つと考えればよいのかも。

  • 気が付けばあっという間に千葉県上空。<br />いつ見てもゴルフ場だらけですな。

    気が付けばあっという間に千葉県上空。
    いつ見てもゴルフ場だらけですな。

  • 成田の田畑に自機の影が映り。

    成田の田畑に自機の影が映り。

  • 着陸寸前。

    着陸寸前。

  • あーあ、着いちゃったなー。<br />と旅行の後の帰国便ではいつもそんな気分に。<br />お疲れさまでした。

    あーあ、着いちゃったなー。
    と旅行の後の帰国便ではいつもそんな気分に。
    お疲れさまでした。

    成田国際空港 空港

  • 台湾は何回か訪問したこともあり有名な観光地や博物館などは一通り回ってしまったのと、今回は一人旅だった事もあり、二人や家族一緒の時にはあまり行けない所を中心に据えてみました。<br /><br />今回のヒットはやはり枋寮と台東間の普快車の乗車だったかなと思います。<br />なお、Part4にも追記しましたが、既に列車の時間は全く変わってしまっていますのでご注意を。<br />Part4では高雄から枋寮まで行く列車が少なくて大変だったという話を延々と書きましたが、その後電化工事が終わったこともあり完全に昔話となってしまいました。<br />これから行かれる方はそんな苦労は有りませんので、鉄道好きな方は機会があればぜひチャレンジを。<br /><br />(注)残念ながら、普快車の運行は2020年12月をもって一旦終了となりました。<br /><br />それにしても今読み返すと、一週間も滞在した割にはあまりいろいろ回っていませんね。確かに天候の悪い日も有ったのは確かですが。<br />昔だったら折角来たのだからと、朝から晩まで観光地駆け回ってホテルは寝るだけという感じでしたが、もうそんな体力もなく。

    台湾は何回か訪問したこともあり有名な観光地や博物館などは一通り回ってしまったのと、今回は一人旅だった事もあり、二人や家族一緒の時にはあまり行けない所を中心に据えてみました。

    今回のヒットはやはり枋寮と台東間の普快車の乗車だったかなと思います。
    なお、Part4にも追記しましたが、既に列車の時間は全く変わってしまっていますのでご注意を。
    Part4では高雄から枋寮まで行く列車が少なくて大変だったという話を延々と書きましたが、その後電化工事が終わったこともあり完全に昔話となってしまいました。
    これから行かれる方はそんな苦労は有りませんので、鉄道好きな方は機会があればぜひチャレンジを。

    (注)残念ながら、普快車の運行は2020年12月をもって一旦終了となりました。

    それにしても今読み返すと、一週間も滞在した割にはあまりいろいろ回っていませんね。確かに天候の悪い日も有ったのは確かですが。
    昔だったら折角来たのだからと、朝から晩まで観光地駆け回ってホテルは寝るだけという感じでしたが、もうそんな体力もなく。

  • 食事は男一人旅ということもあり、スイーツ系が全く登場せず。<br />&quot;同行者&quot; はスイーツは別腹というタイプなので、一緒の時は毎日のように豆花などを食べることになるのですが、自分は「そんな余裕があれば魯肉飯をもう一杯」という方なので。<br />とはいっても甘いものも嫌いではないので、今回も実際には愛玉やタピオカなどは食べているのですが。<br /><br />今回一番良かった食事は高雄の鴨肉珍かなあ。<br />台湾での一番目の食事ということもあったのかもしれませんが、「あ~台湾に来たなー」というスイッチが入りました。<br /><br />台湾の飲食業の皆さんは本当に親切です。<br />なかには「中国語喋れないのが来た。めんどくさー」みたいな顔をされることもあるのですが、そういう店に限って帰りにこちらが「好呷(ホウチャ=台湾語で美味しいの意味)」などと言うと、ニコニコしながら「アリガトー」なんて返してくる単なるツンデレ? だったりするので止められません。<br /><br />なお、この旅行記では食事については &quot;流れ&quot; というか、店に行ってから食事が出来るまでどうすれば良いのか(どうやって注文するのか、お金は前払いか後か等々)を出来るだけ書くようにしてみました。<br />お店の場所はスマホのマップが使える今の時代には余程小さい店以外は詳細説明不要だと思いますし、金額も頼んだもの次第なのであまり参考にはならないと思うのですが、言葉の通じない海外で飲食店に関して自分が事前に一番知りたいことがこれだったので。<br />同じ店でも忙しい時間とそうではない時間で頼み方が変わったりするので、皆さんが行くときは異なるかもしれませんが参考にしていただければ。

    食事は男一人旅ということもあり、スイーツ系が全く登場せず。
    "同行者" はスイーツは別腹というタイプなので、一緒の時は毎日のように豆花などを食べることになるのですが、自分は「そんな余裕があれば魯肉飯をもう一杯」という方なので。
    とはいっても甘いものも嫌いではないので、今回も実際には愛玉やタピオカなどは食べているのですが。

    今回一番良かった食事は高雄の鴨肉珍かなあ。
    台湾での一番目の食事ということもあったのかもしれませんが、「あ~台湾に来たなー」というスイッチが入りました。

    台湾の飲食業の皆さんは本当に親切です。
    なかには「中国語喋れないのが来た。めんどくさー」みたいな顔をされることもあるのですが、そういう店に限って帰りにこちらが「好呷(ホウチャ=台湾語で美味しいの意味)」などと言うと、ニコニコしながら「アリガトー」なんて返してくる単なるツンデレ? だったりするので止められません。

    なお、この旅行記では食事については "流れ" というか、店に行ってから食事が出来るまでどうすれば良いのか(どうやって注文するのか、お金は前払いか後か等々)を出来るだけ書くようにしてみました。
    お店の場所はスマホのマップが使える今の時代には余程小さい店以外は詳細説明不要だと思いますし、金額も頼んだもの次第なのであまり参考にはならないと思うのですが、言葉の通じない海外で飲食店に関して自分が事前に一番知りたいことがこれだったので。
    同じ店でも忙しい時間とそうではない時間で頼み方が変わったりするので、皆さんが行くときは異なるかもしれませんが参考にしていただければ。

  • これまで使っていたブログサイトが閉鎖されてしまったのでこちらのサイトに書き始めたのですが、Part1が帰国後2か月以上経ってから、最終回に行き着いたのは5か月後という体たらくで全く筆が進まず、お読みいただいていた方には申し訳ありませんでした。<br /><br />以前のサイトでは自分の興味ある分野だけ書いていたので、(今回の旅行を前のサイトに書いていたら、おそらく飛行機の博物館に行った+普快車という鉄道に乗ったということくらいしか書いていなかったかと)こちらのサイトではできるだけ旅行記っぽく書こうとしたのですが、今自分で読み返してみると「どっかのオヤジがどこで飯食ったなんて皆さん興味無いだろうなあ」と思う部分もありますね。<br /><br />また、こちらのサイトに慣れていないせいで写真とコメントの分量のバランスの悪さ、アップされた時の写真の色調なども想定と異なり試行錯誤。<br />次回また書くことがあればもうちょっと何とかしようと思っております。<br /><br />最後になりましたが、お読みいただいてありがとうございました。

    これまで使っていたブログサイトが閉鎖されてしまったのでこちらのサイトに書き始めたのですが、Part1が帰国後2か月以上経ってから、最終回に行き着いたのは5か月後という体たらくで全く筆が進まず、お読みいただいていた方には申し訳ありませんでした。

    以前のサイトでは自分の興味ある分野だけ書いていたので、(今回の旅行を前のサイトに書いていたら、おそらく飛行機の博物館に行った+普快車という鉄道に乗ったということくらいしか書いていなかったかと)こちらのサイトではできるだけ旅行記っぽく書こうとしたのですが、今自分で読み返してみると「どっかのオヤジがどこで飯食ったなんて皆さん興味無いだろうなあ」と思う部分もありますね。

    また、こちらのサイトに慣れていないせいで写真とコメントの分量のバランスの悪さ、アップされた時の写真の色調なども想定と異なり試行錯誤。
    次回また書くことがあればもうちょっと何とかしようと思っております。

    最後になりましたが、お読みいただいてありがとうございました。

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
台湾最安 160円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

台湾の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集