パリ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
この年は相変わらず会社を 3週間も休み<br />9月7日から26日までの旅だが、<br />大半はパリで映画を見るだけで、帰りに<br />初めての北欧でコペンハーゲンに 3泊した。<br />珍しくこの年はパリで何人かの知人に会い<br />パーティにまで行ったので比較的移動が多く、<br />普段はシャトレー、レ・アールぐらいまでしか行かない<br />右岸にも結構行っている。<br /><br />写真は右岸と言っても東の端(橋?)、<br />1905年開通のメトロ専用高架橋 (Viaduc d&#39;Austerlitz)<br />西のデファンス地区同様、東の端にも<br />パリらしくない近代的ビルが増えだした。<br />今回は右岸を、大まかに東から西に…<br />もちろんルーヴルやコンコルド、<br />チュイルリーなども通っているが<br />あくまで、この年の写真にあるものだけで…

1993年 パリところどころ 2/6 :次は右岸に

11いいね!

1993/09/07 - 1993/09/21

5974位(同エリア15798件中)

旅行記グループ 1993年 パリ・コペンハーゲン

0

48

milouchat

milouchatさん

この年は相変わらず会社を 3週間も休み
9月7日から26日までの旅だが、
大半はパリで映画を見るだけで、帰りに
初めての北欧でコペンハーゲンに 3泊した。
珍しくこの年はパリで何人かの知人に会い
パーティにまで行ったので比較的移動が多く、
普段はシャトレー、レ・アールぐらいまでしか行かない
右岸にも結構行っている。

写真は右岸と言っても東の端(橋?)、
1905年開通のメトロ専用高架橋 (Viaduc d'Austerlitz)
西のデファンス地区同様、東の端にも
パリらしくない近代的ビルが増えだした。
今回は右岸を、大まかに東から西に…
もちろんルーヴルやコンコルド、
チュイルリーなども通っているが
あくまで、この年の写真にあるものだけで…

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 再開発されたベルシー地区以外は<br />あまり観光客は来ないだろう12区のボードレール街。<br />だから何? 別にどうと言うこともないが 1974年、<br />初海外で 1か月パリにいたのがバスティーユ近くの<br />11区で、カルティエ・ラタン以外で歩き回ったのが<br />11,12,20区あたりなので懐かしくて?

    再開発されたベルシー地区以外は
    あまり観光客は来ないだろう12区のボードレール街。
    だから何? 別にどうと言うこともないが 1974年、
    初海外で 1か月パリにいたのがバスティーユ近くの
    11区で、カルティエ・ラタン以外で歩き回ったのが
    11,12,20区あたりなので懐かしくて?

  • でも隣の 4区マレ地区は訪ねる観光客も多い。<br />マレの外れ、パリ最古と言われるヴォージュ広場です。<br />ここも多くの映画に登場する。 例えば…<br />『鬼火』『輪舞(64)』『昼下がりの情事』などなど…

    でも隣の 4区マレ地区は訪ねる観光客も多い。
    マレの外れ、パリ最古と言われるヴォージュ広場です。
    ここも多くの映画に登場する。 例えば…
    『鬼火』『輪舞(64)』『昼下がりの情事』などなど…

  • 少し中心に戻ってポンヌフのアンリ四世騎馬像。<br />バックに見えるのは老舗百貨店 Samaritaine 、<br />写真では店のすぐ前にあるかのように見えるが<br />実際はポンヌフの真ん中 (シテ島) で<br />200メートルぐらいは離れている。<br />サマリテーヌは 2005年に閉店したが<br />改築され免税店の DFS が 2020年に開店だとか。<br />航空写真を見ると大々的な解体工事が行われている

    少し中心に戻ってポンヌフのアンリ四世騎馬像。
    バックに見えるのは老舗百貨店 Samaritaine 、
    写真では店のすぐ前にあるかのように見えるが
    実際はポンヌフの真ん中 (シテ島) で
    200メートルぐらいは離れている。
    サマリテーヌは 2005年に閉店したが
    改築され免税店の DFS が 2020年に開店だとか。
    航空写真を見ると大々的な解体工事が行われている

  • シテ島と言えばノートルダムだが今回は省略。<br />シテ島の花市場で何かの撮影をやっていた。<br />[実は1974年の初パリで知り合ったアイリッシュの<br />元ダンサーが花市場に店を出しているが、それは別旅行記で…]

    シテ島と言えばノートルダムだが今回は省略。
    シテ島の花市場で何かの撮影をやっていた。
    [実は1974年の初パリで知り合ったアイリッシュの
    元ダンサーが花市場に店を出しているが、それは別旅行記で…]

  • 向こうに見えるのはコンシェルジュリー、<br />ということは Pont au Change の北から<br />南向き、シャトレー広場ですね

    向こうに見えるのはコンシェルジュリー、
    ということは Pont au Change の北から
    南向き、シャトレー広場ですね

  • メトロの Chatelet (Les Halles)駅。<br />巨大な駅なので出口を間違うと大変なことに。<br />後ろに見えるのはナポレオン、エジプト勝利記念塔<br />なので Rue Victoria の出口だが、<br />現在 パリ名物の広告塔は消えている

    メトロの Chatelet (Les Halles)駅。
    巨大な駅なので出口を間違うと大変なことに。
    後ろに見えるのはナポレオン、エジプト勝利記念塔
    なので Rue Victoria の出口だが、
    現在 パリ名物の広告塔は消えている

  • 記念塔はシャトレー広場の真ん中に立っている。<br />台座にはスフィンクスが4頭(人?)いる。<br />奥に見えるのは Théâtre de la Ville だが<br />塔を挟んだ反対側には双子のような<br />Théâtre du Châtelet がある

    記念塔はシャトレー広場の真ん中に立っている。
    台座にはスフィンクスが4頭(人?)いる。
    奥に見えるのは Théâtre de la Ville だが
    塔を挟んだ反対側には双子のような
    Théâtre du Châtelet がある

  • そのシャトレー座の東南角(セーヌ沿い)にあるブラスリー。<br />SV を見ると店は 2008年は Au Vieux Chatelet (古いシャトレー)<br />2014年以降は Cafe Boards de Seine (セーヌ沿い) になっているが<br />面白いことに現在は上部が巨大な広告パネルで<br />2018年7月は NETFLIX、10月は iPhone Xs<br />2019年4月は HUAWEI P30 になっている<br />

    そのシャトレー座の東南角(セーヌ沿い)にあるブラスリー。
    SV を見ると店は 2008年は Au Vieux Chatelet (古いシャトレー)
    2014年以降は Cafe Boards de Seine (セーヌ沿い) になっているが
    面白いことに現在は上部が巨大な広告パネルで
    2018年7月は NETFLIX、10月は iPhone Xs
    2019年4月は HUAWEI P30 になっている

  • シャトレー広場のすぐ北には<br />サン・ティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の<br />出発地(の1つ)サン・ジャックの塔がある。<br />だから巡礼にはホタテ貝 (コキーユ・サン・ジャック)を<br />お守りにぶら下げる(サン・ティアゴとサン・ジャックは同じ名前)。<br />ちなみに『サムライ』でドロンが追っ手をまくとき<br />この道を走る

    シャトレー広場のすぐ北には
    サン・ティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の
    出発地(の1つ)サン・ジャックの塔がある。
    だから巡礼にはホタテ貝 (コキーユ・サン・ジャック)を
    お守りにぶら下げる(サン・ティアゴとサン・ジャックは同じ名前)。
    ちなみに『サムライ』でドロンが追っ手をまくとき
    この道を走る

  • いつも不思議に思うが、僕の場合まともな地図さえ持たずに<br />歩き回ることが多いが、肉体的記憶なのか意識せずに<br />同じ場所を歩くことが多い。<br />★上の写真とまったく同じ場所から 78年にも写真を撮っていた。<br />15年経っても、ほとんど何も変わっていない…<br />(横断歩道のゼブラが増えている)

    いつも不思議に思うが、僕の場合まともな地図さえ持たずに
    歩き回ることが多いが、肉体的記憶なのか意識せずに
    同じ場所を歩くことが多い。
    ★上の写真とまったく同じ場所から 78年にも写真を撮っていた。
    15年経っても、ほとんど何も変わっていない…
    (横断歩道のゼブラが増えている)

  • サン・ジャックの塔の北には<br />イノサンの泉がある。<br />名前はイノセントでも墓地の跡で<br />黒い歴史がある

    サン・ジャックの塔の北には
    イノサンの泉がある。
    名前はイノセントでも墓地の跡で
    黒い歴史がある

  • 突き当たりに異様な建物が見える。<br />ボーブール (ポンピドゥー・センター) です。<br />Rue Aubry-le-Boucher から東向き

    突き当たりに異様な建物が見える。
    ボーブール (ポンピドゥー・センター) です。
    Rue Aubry-le-Boucher から東向き

  • 全面ガラスとパイプ(?)のモダンな建物

    全面ガラスとパイプ(?)のモダンな建物

  • 出来たのは1977年、まるで工事中の足場みたい。<br />エッフェル塔同様、最初は批判も多かったが<br />今ではパリを代表する観光名所の1つ

    出来たのは1977年、まるで工事中の足場みたい。
    エッフェル塔同様、最初は批判も多かったが
    今ではパリを代表する観光名所の1つ

  • 外壁面、チューブのエスカレーターで上階に来ました。<br />左手遠くにサクレクール寺院が見えている<br />こんなに高いのに上部に柵も何もない…<br />今は知らないが、あくまで自己責任ですね 。<br />(ロッキー・ホラーじゃないが Enter At Your Own Risk です)

    外壁面、チューブのエスカレーターで上階に来ました。
    左手遠くにサクレクール寺院が見えている
    こんなに高いのに上部に柵も何もない…
    今は知らないが、あくまで自己責任ですね 。
    (ロッキー・ホラーじゃないが Enter At Your Own Risk です)

  • 下では大道芸人がいて観衆がたくさん。<br />緩い坂になっているので座って見るのに最適

    下では大道芸人がいて観衆がたくさん。
    緩い坂になっているので座って見るのに最適

  • その少し西には同じようにチューブの(?)<br />再開発で出来た、上に向かってではなく<br />地下に広がる(地上1階地下4階)、やはり奇抜な<br />Forum des Halles があった。<br />階は niveau (レベル) 0 とか -1 とかで表す。<br />しかし2016年に終わった再々開発で<br />建物は当時とは全然違うようだ <br />(工事中の 1974年から来ているのに<br />2006年以来13年もパリに来れていない)

    その少し西には同じようにチューブの(?)
    再開発で出来た、上に向かってではなく
    地下に広がる(地上1階地下4階)、やはり奇抜な
    Forum des Halles があった。
    階は niveau (レベル) 0 とか -1 とかで表す。
    しかし2016年に終わった再々開発で
    建物は当時とは全然違うようだ
    (工事中の 1974年から来ているのに
    2006年以来13年もパリに来れていない)

  • Forum 内のエスカレーター。<br />エスカレーターでもタバコを吸う時代。<br />この時はビデオで作品を作るため<br />このエスカレーターだけで<br />連続して10分ほど撮影している。<br />大昔の 8ミリフィルムでは 1巻3分ほどしか撮れず<br />大変だったがテープになり最高 4時間も撮れるように…<br />(今なら電源さえあれば、ほぼ無限?)<br />

    Forum 内のエスカレーター。
    エスカレーターでもタバコを吸う時代。
    この時はビデオで作品を作るため
    このエスカレーターだけで
    連続して10分ほど撮影している。
    大昔の 8ミリフィルムでは 1巻3分ほどしか撮れず
    大変だったがテープになり最高 4時間も撮れるように…
    (今なら電源さえあれば、ほぼ無限?)

  • この人も吸っている。<br />迷惑だよね…<br />僕は歩きタバコもしません

    この人も吸っている。
    迷惑だよね…
    僕は歩きタバコもしません

  • Forum に合わせ(?)周辺のアパルトマンも<br />同様にパリらしくないモダンな建物に

    Forum に合わせ(?)周辺のアパルトマンも
    同様にパリらしくないモダンな建物に

  • サマリテーヌが見えるが、いくら何でも<br />レ・アールから見えるはずはないので<br />支店でもあったのだろう

    サマリテーヌが見えるが、いくら何でも
    レ・アールから見えるはずはないので
    支店でもあったのだろう

  • レ・アールには 1969年まで中央市場があり<br />ここから北方面には風俗関係の店も多い。 <br />(セットだが) ワイルダーの『あなただけ今晩は』も<br />舞台はレ・アールで主人公シャーリー・マクレーンの<br />仕事は娼婦。 今もこの通りの北の方には仕事中の女性が<br />昼間から立っています (それはまた別の話)。<br />ここは Rue Saint-Denis 、左手前 73番地の店は<br />ゲイ御用達の店として有名だったパブ Conway&#39;s だが<br />右隣の青い看板に 2 Salles 、Cineclub という字が見える。<br />映画館のようでもあるが表のポスターが文字だけ、<br />つまりポルノ映画館です。<br />ただし映画館と言っても、いわゆる映画ではなく<br />ハード・コアのビデオを見せる小屋(だと思われる)。<br />右手奥に見える塔は Église Saint-Leu-Saint-Gilles de Paris

    レ・アールには 1969年まで中央市場があり
    ここから北方面には風俗関係の店も多い。
    (セットだが) ワイルダーの『あなただけ今晩は』も
    舞台はレ・アールで主人公シャーリー・マクレーンの
    仕事は娼婦。 今もこの通りの北の方には仕事中の女性が
    昼間から立っています (それはまた別の話)。
    ここは Rue Saint-Denis 、左手前 73番地の店は
    ゲイ御用達の店として有名だったパブ Conway's だが
    右隣の青い看板に 2 Salles 、Cineclub という字が見える。
    映画館のようでもあるが表のポスターが文字だけ、
    つまりポルノ映画館です。
    ただし映画館と言っても、いわゆる映画ではなく
    ハード・コアのビデオを見せる小屋(だと思われる)。
    右手奥に見える塔は Église Saint-Leu-Saint-Gilles de Paris

  • 中央市場がランジスに移転した跡地にできたのが<br />Forum des Halles で大々的な工事は<br />1972年から始まった。<br />ジャン・ギャバンの『殺意の瞬間』で<br />昔の中央市場の様子が分かる。<br />突き当たりに見えるのは…

    中央市場がランジスに移転した跡地にできたのが
    Forum des Halles で大々的な工事は
    1972年から始まった。
    ジャン・ギャバンの『殺意の瞬間』で
    昔の中央市場の様子が分かる。
    突き当たりに見えるのは…

  • これは何でしょう。 巨大な耳です。<br />分かる人には、どこだか分かりますね

    これは何でしょう。 巨大な耳です。
    分かる人には、どこだか分かりますね

  • これです。<br />少し引くと、見覚えのある現代彫刻

    これです。
    少し引くと、見覚えのある現代彫刻

  • さらに引くと Saint Eustache 教会の前。<br />Forum の北、すぐ近くです。<br />古い建物と現代彫刻、ある意味でパリらしい

    さらに引くと Saint Eustache 教会の前。
    Forum の北、すぐ近くです。
    古い建物と現代彫刻、ある意味でパリらしい

  • でもパノラマ写真では頭が切れる。<br />面白くないね

    でもパノラマ写真では頭が切れる。
    面白くないね

  • だから上だけ?

    だから上だけ?

  • レ・アールに最後まで残っている古い建物、<br />ブルス (元商品取引所?) が安藤忠雄設計で美術館<br />Bourse de Commerce, Collection Pinault <br />としてオープンするらしい

    レ・アールに最後まで残っている古い建物、
    ブルス (元商品取引所?) が安藤忠雄設計で美術館
    Bourse de Commerce, Collection Pinault
    としてオープンするらしい

  • シャンゼリゼ通りまで出てロン・ポアンの噴水。<br />後ろに見えるのは現 Lancel のあるビルのようです。<br />この6つある噴水群も 2018年の工事で<br />現在は全然違う形になっている

    シャンゼリゼ通りまで出てロン・ポアンの噴水。
    後ろに見えるのは現 Lancel のあるビルのようです。
    この6つある噴水群も 2018年の工事で
    現在は全然違う形になっている

  • エトワールの凱旋門が見える

    エトワールの凱旋門が見える

  • シャンゼリゼは小雨です

    シャンゼリゼは小雨です

  • 別に何でもないシャンゼリゼのマクドナルドだが<br />『勝手にしやがれ』に出てくる店に似ているので<br />撮った。 しかし調べると全然違った。<br />でも 2階の雰囲気はそっくり

    別に何でもないシャンゼリゼのマクドナルドだが
    『勝手にしやがれ』に出てくる店に似ているので
    撮った。 しかし調べると全然違った。
    でも 2階の雰囲気はそっくり

  • 手回しオルガンのシャンゼリゼ大道芸人(でいいのかな?)。<br />下に犬、上に猫がいます(見れば分かる?)

    手回しオルガンのシャンゼリゼ大道芸人(でいいのかな?)。
    下に犬、上に猫がいます(見れば分かる?)

  • 猫のアップ。<br />不機嫌そうな顔?

    猫のアップ。
    不機嫌そうな顔?

  • 可哀相だから犬もアップで、<br />やはり不機嫌そう。 テリア種ですね。<br />子供の頃 家にいた犬に似ているが<br />もっと毛並みが良かった

    可哀相だから犬もアップで、
    やはり不機嫌そう。 テリア種ですね。
    子供の頃 家にいた犬に似ているが
    もっと毛並みが良かった

  • シャンゼリゼではないが<br />珍しく猫が堂々と街を歩いている

    シャンゼリゼではないが
    珍しく猫が堂々と街を歩いている

  • まともな凱旋門の写真も…

    まともな凱旋門の写真も…

  • シャンゼリゼ大通りと交わる Rue de Berri<br />右真ん中近くの白いビルは<br />[また、なぜか左右を間違えて書いた、左ですね…]<br />『勝手にしやがれ』に登場する <br />21番地にあった元 New York Herald Tribune 社ビル。<br />手前の薬局は 2008年にはあるが 2012年は空き家、<br />2014年には LodinG という靴屋や bsc という洋品店に

    シャンゼリゼ大通りと交わる Rue de Berri
    右真ん中近くの白いビルは
    [また、なぜか左右を間違えて書いた、左ですね…]
    『勝手にしやがれ』に登場する
    21番地にあった元 New York Herald Tribune 社ビル。
    手前の薬局は 2008年にはあるが 2012年は空き家、
    2014年には LodinG という靴屋や bsc という洋品店に

  • 94年の旅行記にも載せたが<br />その先 13番地にあった Johnny Rock (現 Wisper) 、<br />ジョニー・アリディの店です。<br />えっ誰か知らない?<br />シルヴィー・ヴァルタンの元旦那 (こういう言い方は気分悪いだろうな)、<br />いやジョニー・トーの『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』主演の殺し屋です

    94年の旅行記にも載せたが
    その先 13番地にあった Johnny Rock (現 Wisper) 、
    ジョニー・アリディの店です。
    えっ誰か知らない?
    シルヴィー・ヴァルタンの元旦那 (こういう言い方は気分悪いだろうな)、
    いやジョニー・トーの『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』主演の殺し屋です

  • 少し北に向かってグラン・ブールヴァールの方まで…<br />Bd Haussman の 157番地に真ん中のビルがある。<br />例えば「映画で歩くパリ」や 「映画で旅するフランス」 でも<br />『死刑台のエレベーター』の舞台として紹介され、<br />このビルの写真が出ている。 だから僕も撮ったのだが…<br />実は間違いで実際は向かい(右)のビルだった<br />ただし撮影では複数のビルを使っている

    少し北に向かってグラン・ブールヴァールの方まで…
    Bd Haussman の 157番地に真ん中のビルがある。
    例えば「映画で歩くパリ」や 「映画で旅するフランス」 でも
    『死刑台のエレベーター』の舞台として紹介され、
    このビルの写真が出ている。 だから僕も撮ったのだが…
    実は間違いで実際は向かい(右)のビルだった
    ただし撮影では複数のビルを使っている

  • Rue argenson と Bd Haussman の角、2つ星 Hôtel d&#39;Argenson<br />1階のパン屋さんは2009年までは写真と同じだが<br />少なくとも2012年以降は Retrodor という名前に変わっている

    Rue argenson と Bd Haussman の角、2つ星 Hôtel d'Argenson
    1階のパン屋さんは2009年までは写真と同じだが
    少なくとも2012年以降は Retrodor という名前に変わっている

  • かっての大繁華街グラン・ブールヴァールも<br />今では比較的治安はよくない場所が多い。<br />別に悪いことはしてなくても警官を見ると逃げたくなるが<br />パトカーに追われているわけではありません

    かっての大繁華街グラン・ブールヴァールも
    今では比較的治安はよくない場所が多い。
    別に悪いことはしてなくても警官を見ると逃げたくなるが
    パトカーに追われているわけではありません

  • これはどこのパサージュだったか…<br />パサージュと言うより、ただの通路?

    これはどこのパサージュだったか…
    パサージュと言うより、ただの通路?

  • 多分東駅近くだったと思うが<br />大がかりな内装工事らしく<br />3階にセメントを流し込んでいるようです。<br />パリに限らずヨーロッパの古い<br />アパルトマンにはエレベーターがなく<br />狭い階段の建物が多いので引っ越しも大変。<br />だからまあ家具付きが多いんですが

    多分東駅近くだったと思うが
    大がかりな内装工事らしく
    3階にセメントを流し込んでいるようです。
    パリに限らずヨーロッパの古い
    アパルトマンにはエレベーターがなく
    狭い階段の建物が多いので引っ越しも大変。
    だからまあ家具付きが多いんですが

  • エッフェル塔が見える。<br />セーヌはコンコルド橋北詰、<br />華麗なるアレクサンドル三世橋が見えている

    エッフェル塔が見える。
    セーヌはコンコルド橋北詰、
    華麗なるアレクサンドル三世橋が見えている

  • これがアレクサンドル三世橋。<br />橋の 4隅には、このような金の女神像がある。<br />ここも映画によく出てくる橋。<br />例えば『ミッドナイト・イン・パリ』のラストが有名。<br />オペラ周辺やエッフェル塔方面は滅多に行かないので、<br />これで右岸の端から端(橋?)も終わり…<br />

    これがアレクサンドル三世橋。
    橋の 4隅には、このような金の女神像がある。
    ここも映画によく出てくる橋。
    例えば『ミッドナイト・イン・パリ』のラストが有名。
    オペラ周辺やエッフェル塔方面は滅多に行かないので、
    これで右岸の端から端(橋?)も終わり…

  • どこかのキオスク。 雑誌の一番下、右2つの表紙<br />誰だか分かりますか?<br />TV 「ペリー・メイソン」 が代表作のレイモンド・バーです。<br />1993年9月12日、そう僕の滞在中に死去しました。<br />日本でどれぐらいの規模で報じられたか知らないが<br />雑誌の表紙を飾ることはなかっただろう…<br />(昔はペリー・メイソンが大好きで早川のポケミス、<br />ほぼ全作品 80冊以上を今も持っています)<br />ということで次は TV から映画に繋ぎます

    どこかのキオスク。 雑誌の一番下、右2つの表紙
    誰だか分かりますか?
    TV 「ペリー・メイソン」 が代表作のレイモンド・バーです。
    1993年9月12日、そう僕の滞在中に死去しました。
    日本でどれぐらいの規模で報じられたか知らないが
    雑誌の表紙を飾ることはなかっただろう…
    (昔はペリー・メイソンが大好きで早川のポケミス、
    ほぼ全作品 80冊以上を今も持っています)
    ということで次は TV から映画に繋ぎます

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集