フィレンツェ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
4/29日はフィレンツェ3日目。<br />天気は曇り/晴れということで、ジョットの鐘楼に登り、そのあと対岸の街歩きとします。<br />ミケランジェロ広場にはバスもあるけど、私は歩き倒しました。<br /><br />◆本日の施設<br />ジョットの鐘楼登り<br />オーニッサンティ教会<br />サンタトリニタ橋<br />ピッティ宮殿の外観<br />サン・ミニアート門<br />ローズガーデン<br />イリスガーデン<br />ミケランジェロ広場<br />サンミニアートアルモンテ教会<br /><br />◆旅程<br />・4/25~4/27:ボローニャ<br />・4/27~4/30:フィレンツェ←今回はここ<br />・4/30~5/2:トリノ<br />・5/2~5/3:ミラノ

北イタリア【6】バラが咲き誇る花の都★ フィレンツェ3日目

13いいね!

2019/04/24 - 2019/05/04

1127位(同エリア3622件中)

旅行記グループ 北イタリア★GW

0

60

天野川

天野川さん

4/29日はフィレンツェ3日目。
天気は曇り/晴れということで、ジョットの鐘楼に登り、そのあと対岸の街歩きとします。
ミケランジェロ広場にはバスもあるけど、私は歩き倒しました。

◆本日の施設
ジョットの鐘楼登り
オーニッサンティ教会
サンタトリニタ橋
ピッティ宮殿の外観
サン・ミニアート門
ローズガーデン
イリスガーデン
ミケランジェロ広場
サンミニアートアルモンテ教会

◆旅程
・4/25~4/27:ボローニャ
・4/27~4/30:フィレンツェ←今回はここ
・4/30~5/2:トリノ
・5/2~5/3:ミラノ

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 4/29はジョットの鐘楼に登ることからスタート。<br />これもやはり朝イチが混まないだろうということで、朝食後、急ぎドゥオーモ広場へ。

    4/29はジョットの鐘楼に登ることからスタート。
    これもやはり朝イチが混まないだろうということで、朝食後、急ぎドゥオーモ広場へ。

  • ジョットの鐘楼からの眺めが、例の「ザ・フィレンツェ」の映像です。<br />これは外せませんが、もうちょっと晴れていたらなぁと思いながら登ります。

    ジョットの鐘楼からの眺めが、例の「ザ・フィレンツェ」の映像です。
    これは外せませんが、もうちょっと晴れていたらなぁと思いながら登ります。

    ジョットの鐘楼 建造物

  • こんな隙間から見えるだけで、胸きゅん。

    こんな隙間から見えるだけで、胸きゅん。

  • わぁ。。<br />(灬*д*灬)?

    わぁ。。
    (灬*д*灬)?

  • ホントにキレイだ。<br />こんな間近で見れて、感動です。<br /><br />この緑の大理石が、フィレンツェの美しさを引き立てていると思います。

    ホントにキレイだ。
    こんな間近で見れて、感動です。

    この緑の大理石が、フィレンツェの美しさを引き立てていると思います。

  • 守られている感じがして、登っても不安がないですね。

    守られている感じがして、登っても不安がないですね。

  • てっぺん到着。

    てっぺん到着。

  • これだ!<br />バンバン撮影。<br />パノラマをお見せできないのが残念ですね。

    イチオシ

    地図を見る

    これだ!
    バンバン撮影。
    パノラマをお見せできないのが残念ですね。

  • 天気が良かったらなぁ。

    天気が良かったらなぁ。

  • 美しいですね。

    美しいですね。

  • ドゥオーモのてっぺんに先日登りましたね。

    イチオシ

    地図を見る

    ドゥオーモのてっぺんに先日登りましたね。

  • ヴェッキオ宮殿

    ヴェッキオ宮殿

  • オーニッサンティ教会へ向かいます。<br />道すがら、こんなメディチ家の紋章がそこかしこに。

    オーニッサンティ教会へ向かいます。
    道すがら、こんなメディチ家の紋章がそこかしこに。

  • これもそうですね。

    これもそうですね。

  • オーニッサンティ教会。<br />ここは無料です。

    オーニッサンティ教会。
    ここは無料です。

    オーニッサンティ教会 寺院・教会

  • 昨日も来ましたが、開いてなかった。<br />中は豪華ですよ。

    昨日も来ましたが、開いてなかった。
    中は豪華ですよ。

  • 祭壇も美しいです。<br />たくさん教会を見すぎて、マヒしています。

    祭壇も美しいです。
    たくさん教会を見すぎて、マヒしています。

  • こういうレベルのものがゴロゴロあるのですから、イタリアはカソリックの国なだけありますね。

    こういうレベルのものがゴロゴロあるのですから、イタリアはカソリックの国なだけありますね。

  • サンタトリニタ橋からポンテヴェッキオを眺める。<br />今日は対岸に行きます。<br />歩き倒しますよ。

    サンタトリニタ橋からポンテヴェッキオを眺める。
    今日は対岸に行きます。
    歩き倒しますよ。

  • ピノキオ。<br />フィレンツェの作家の作品なんですよ。<br /><br />原作を読みましたが、ディズニー映画版が秀逸すぎて、その対比でブラックな感じにげんなり。<br />『ピノキオ』は私が唯一ディズニー映画で感動する素晴らしい映画です。

    ピノキオ。
    フィレンツェの作家の作品なんですよ。

    原作を読みましたが、ディズニー映画版が秀逸すぎて、その対比でブラックな感じにげんなり。
    『ピノキオ』は私が唯一ディズニー映画で感動する素晴らしい映画です。

  • 対岸は雰囲気がいいです。<br />人通りも少ないし、のんびり。

    対岸は雰囲気がいいです。
    人通りも少ないし、のんびり。

  • ついでにピッティ宮殿に寄ってみたら、本日は月曜で閉まっていた。

    ついでにピッティ宮殿に寄ってみたら、本日は月曜で閉まっていた。

    ピッティ宮 城・宮殿

  • 疲れたので、休憩。<br />イタリアと言えば、リモンチェッロ。<br />レモンのお酒。<br /><br />並々ついでいただいた。これが結構アルコール度数高め。<br />で、肝心の味は甘すぎてレモンな感じが失せてました。<br />イタリアの味覚に合わない私。

    疲れたので、休憩。
    イタリアと言えば、リモンチェッロ。
    レモンのお酒。

    並々ついでいただいた。これが結構アルコール度数高め。
    で、肝心の味は甘すぎてレモンな感じが失せてました。
    イタリアの味覚に合わない私。

  • ほろ酔いで街歩き。

    ほろ酔いで街歩き。

  • サン・ミニアート門をくぐると、ミケランジェロ広場の近くに出ます。

    サン・ミニアート門をくぐると、ミケランジェロ広場の近くに出ます。

  • けっこうきつい登り。<br />これが嫌でなければ、歩くのをオススメします。<br />なぜなら

    けっこうきつい登り。
    これが嫌でなければ、歩くのをオススメします。
    なぜなら

  • この左手に

    この左手に

  • ローズガーデンがあるのです!

    ローズガーデンがあるのです!

  • ホラ。<br />素敵でしょ。<br /><br />フィレンツェの旧市街を一望できます。<br />ここはあらかじめ「季節が合えばオススメ」として知っていたので、来ました。

    イチオシ

    地図を見る

    ホラ。
    素敵でしょ。

    フィレンツェの旧市街を一望できます。
    ここはあらかじめ「季節が合えばオススメ」として知っていたので、来ました。

  • ちょうどGWはバラの見ごろでした。

    ちょうどGWはバラの見ごろでした。

  • こんなに美しいバラ園。<br />絶対おすすめです。<br /><br />実はここを通り抜けると、ミケランジェロ広場に行けるのですよ。

    イチオシ

    地図を見る

    こんなに美しいバラ園。
    絶対おすすめです。

    実はここを通り抜けると、ミケランジェロ広場に行けるのですよ。

  • すごく美しく整えられた庭園です。

    すごく美しく整えられた庭園です。

  • バラ園を突っ切ると、ミケランジェロ広場の真下に出ます。

    バラ園を突っ切ると、ミケランジェロ広場の真下に出ます。

  • いた。<br />ミケランジェロのダヴィデ王のレプリカ。

    いた。
    ミケランジェロのダヴィデ王のレプリカ。

  • こちら、ダヴィデ王像の下の像は、いろんなミケランジェロの作品の集合体のようです。<br /><br />やっぱり感動しないな。昨日、素晴らしいホンモノを見たので。<br />

    こちら、ダヴィデ王像の下の像は、いろんなミケランジェロの作品の集合体のようです。

    やっぱり感動しないな。昨日、素晴らしいホンモノを見たので。

  • イリスガーデンもミケランジェロ広場の奥にあります。

    イリスガーデンもミケランジェロ広場の奥にあります。

  • 塀の上がミケランジェロ広場。<br />ということは、ローズガーデンとイリスガーデンに挟まれているのですね。<br />時間があれば、季節があえば、ぜひお立ち寄りください。

    塀の上がミケランジェロ広場。
    ということは、ローズガーデンとイリスガーデンに挟まれているのですね。
    時間があれば、季節があえば、ぜひお立ち寄りください。

  • イリスガーデンはもっとスカスカで、写真映えはしませんけどね。

    イリスガーデンはもっとスカスカで、写真映えはしませんけどね。

  • 無料ですから。

    無料ですから。

  • キレイですね。

    キレイですね。

  • ミケランジェロ広場広場からの眺めも撮影。

    ミケランジェロ広場広場からの眺めも撮影。

  • どの角度から見ても美しい街並みですけど、

    どの角度から見ても美しい街並みですけど、

  • 私のお気に入りは、ここ、サンミニアートアルモンテ教会。

    私のお気に入りは、ここ、サンミニアートアルモンテ教会。

  • サンミニアートアルモンテ教会は、ミケランジェロ広場の少し奥にあります。<br />ぜひ行ってください!

    サンミニアートアルモンテ教会は、ミケランジェロ広場の少し奥にあります。
    ぜひ行ってください!

  • 結構人気なのかしら。

    結構人気なのかしら。

  • こうしてみると、ドゥオーモやサンタマリアノヴェッラ教会とも似ています。

    こうしてみると、ドゥオーモやサンタマリアノヴェッラ教会とも似ています。

  • それは、この緑の大理石を使用しているから。

    それは、この緑の大理石を使用しているから。

  • 内観も大理石を使用しています。<br />大きくて、素晴らしいです。

    内観も大理石を使用しています。
    大きくて、素晴らしいです。

  • 床も模様があるのです。

    床も模様があるのです。

  • そしてこの眺め!<br />私はミケランジェロ広場よりも、こちらのほうが好きですね。

    そしてこの眺め!
    私はミケランジェロ広場よりも、こちらのほうが好きですね。

  • あれは何だろうと思って、後に行ったのですが、登れませんでした。<br />たまたま工事中だったのかもしれませんが。

    あれは何だろうと思って、後に行ったのですが、登れませんでした。
    たまたま工事中だったのかもしれませんが。

  • 降りてきました。

    降りてきました。

  • ポンテヴェッキオの右隣りの建物は、明日行くウフィツィ美術館です。

    ポンテヴェッキオの右隣りの建物は、明日行くウフィツィ美術館です。

  • さて、Hotel Lungarnoの入り口を入ると、川面が見えますね。<br />行ってみましょう。

    さて、Hotel Lungarnoの入り口を入ると、川面が見えますね。
    行ってみましょう。

  • ポンテヴェッキオが見えます。

    ポンテヴェッキオが見えます。

  • 旧市街地に戻って、ウフィツィ美術館の近くを歩く。<br />すごく人通りが多いです。<br />そして、川岸には、素敵なお土産屋さんもありました。

    旧市街地に戻って、ウフィツィ美術館の近くを歩く。
    すごく人通りが多いです。
    そして、川岸には、素敵なお土産屋さんもありました。

  • 晴れてきました。<br />ドゥオーモ。<br />見れば見るほど、この模様、この大理石があってのフィレンツェの景色なんですよね。

    晴れてきました。
    ドゥオーモ。
    見れば見るほど、この模様、この大理石があってのフィレンツェの景色なんですよね。

  • Fiaschetteria Nuvoliという一杯飲み屋へ。<br />ヌーヴォリというところは、地元では人気のお店ということで、昨日に続き2回目のお邪魔です。

    Fiaschetteria Nuvoliという一杯飲み屋へ。
    ヌーヴォリというところは、地元では人気のお店ということで、昨日に続き2回目のお邪魔です。

  • Lampredotto (ランプレドット)フィレンツェ名物のモツ煮をチョイス。<br /><br />まぁ、こんなもん?<br />よく、パンに挟んで売っていますよね?<br />昔、庶民はお金がなかったから、金持ちが食べない部位を食べていたんですよ。<br />もつ煮込み。フィレンツェ名物ということで。<br /><br />明日はウフィツィ美術館です!

    Lampredotto (ランプレドット)フィレンツェ名物のモツ煮をチョイス。

    まぁ、こんなもん?
    よく、パンに挟んで売っていますよね?
    昔、庶民はお金がなかったから、金持ちが食べない部位を食べていたんですよ。
    もつ煮込み。フィレンツェ名物ということで。

    明日はウフィツィ美術館です!

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集