長崎市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
昨年(2018年)のひときわ暑かった夏。九州の旅の様子です。<br /><br />長崎市内を巡ります。暑かったので、歩く気力は少なく、基本、路面電車です。

去年の夏を思い出す 長崎駅から

6いいね!

2018/08/05 - 2018/08/05

1694位(同エリア2707件中)

sh

shさん

昨年(2018年)のひときわ暑かった夏。九州の旅の様子です。

長崎市内を巡ります。暑かったので、歩く気力は少なく、基本、路面電車です。

PR

  • 長崎駅前から。<br /><br />カラスじゃないです。鳩。<br />いつもはカメラを構えるとすぐ逃げられるのですが、今回はあっさり撮れました。<br />気温のせいで動きが鈍い、わけじゃない、のかな。

    長崎駅前から。

    カラスじゃないです。鳩。
    いつもはカメラを構えるとすぐ逃げられるのですが、今回はあっさり撮れました。
    気温のせいで動きが鈍い、わけじゃない、のかな。

  • JR駅前だからか、結構大きな電停のような気がします。<br />歩道橋からの階段が多いのが目立ちます。

    JR駅前だからか、結構大きな電停のような気がします。
    歩道橋からの階段が多いのが目立ちます。

    長崎駅前電停

  • 困ったときには、案内図を見よう、ということで。

    困ったときには、案内図を見よう、ということで。

  • どんな案内図か、ということで、まずは広域で。<br />長崎の中心部が結構入り組んだところにあることが、改めて分かります。

    どんな案内図か、ということで、まずは広域で。
    長崎の中心部が結構入り組んだところにあることが、改めて分かります。

  • アップで。<br />これだけいきなり見ても、「ここに行きたい!」というインスピレーションを呼び起こすわけではないとは思うのですが。

    アップで。
    これだけいきなり見ても、「ここに行きたい!」というインスピレーションを呼び起こすわけではないとは思うのですが。

  • ちょっとしたことでも、南国風を感じてしまうのは、この画像を撮る前までは、南国にあまり行かないので感動しやすいだけなんだ、と思っておりましたが、ここに来て、何も考えていないだけなのかも知れない、と思ったりして。<br /><br />たぶん、座ってゆっくりできる状況にはない、というか、そんな気温じゃないのでした、このときは。

    ちょっとしたことでも、南国風を感じてしまうのは、この画像を撮る前までは、南国にあまり行かないので感動しやすいだけなんだ、と思っておりましたが、ここに来て、何も考えていないだけなのかも知れない、と思ったりして。

    たぶん、座ってゆっくりできる状況にはない、というか、そんな気温じゃないのでした、このときは。

  • 駅前で2つに線路が分かれております。<br />そんなの事前に調べたりすれば容易に分かるだろう、何が珍しい? と言われると、それまでなのですが。<br /><br />少なくとも、歴史ある港町故か、四角形に区画された街にはなっていないことが感じられます。

    駅前で2つに線路が分かれております。
    そんなの事前に調べたりすれば容易に分かるだろう、何が珍しい? と言われると、それまでなのですが。

    少なくとも、歴史ある港町故か、四角形に区画された街にはなっていないことが感じられます。

  • 長崎駅から、<br />まずは、こちらに来ました。

    長崎駅から、
    まずは、こちらに来ました。

    浦上車庫前電停

  • 長崎駅前方面。<br />カーブしてます。<br />そして、道路とは区分されたところを走っています。「路面電車」でない区間があるわけです。

    長崎駅前方面。
    カーブしてます。
    そして、道路とは区分されたところを走っています。「路面電車」でない区間があるわけです。

  • 乗ってきた電車、ではないけれど、乗ってきた電車と同じ方向の電車。

    乗ってきた電車、ではないけれど、乗ってきた電車と同じ方向の電車。

  • これだけ見ると、路面電車感はありません。

    これだけ見ると、路面電車感はありません。

  • 浦上車庫、という停留所名だけあって、車庫があります。

    浦上車庫、という停留所名だけあって、車庫があります。

  • 実は、長崎駅前電停側から見た場合、浦上車庫電停は、専用軌道区間が終わる直前で、次の岩屋橋電停からはまた「路面電車」になるわけです。<br />道路に合流しようか、というところ。

    実は、長崎駅前電停側から見た場合、浦上車庫電停は、専用軌道区間が終わる直前で、次の岩屋橋電停からはまた「路面電車」になるわけです。
    道路に合流しようか、というところ。

  • 浦上車庫電停の、長崎駅前電停方面の「ホーム」は、ちょっとずれた位置にあります。

    浦上車庫電停の、長崎駅前電停方面の「ホーム」は、ちょっとずれた位置にあります。

  • 次に乗る電車が来ました。<br />さらに、先の方に向かうことにします。

    次に乗る電車が来ました。
    さらに、先の方に向かうことにします。

  • そして、一気に、終着駅、じゃない、終着電停?に来てしまいました。<br />運賃は、念のため最新のものを確認しましょう。(そんなに頻繁に変わらないとは思うのですが、今後、税率とか変わったりするし。)<br /><br />ちなみに、途中の昭和町通電停のところで色がつかず、薄くなっているのは、昭和町通電停は赤迫電停行きのみが停車し、赤迫電停発の電車は通過するからです。

    そして、一気に、終着駅、じゃない、終着電停?に来てしまいました。
    運賃は、念のため最新のものを確認しましょう。(そんなに頻繁に変わらないとは思うのですが、今後、税率とか変わったりするし。)

    ちなみに、途中の昭和町通電停のところで色がつかず、薄くなっているのは、昭和町通電停は赤迫電停行きのみが停車し、赤迫電停発の電車は通過するからです。

    赤迫電停

  • すべての車両をすぐに折り返すのではなく、待機させている車両があるみたいです。

    すべての車両をすぐに折り返すのではなく、待機させている車両があるみたいです。

  • 縦列で停めています。3両編成で運転しているわけではない、と思うのですが。

    縦列で停めています。3両編成で運転しているわけではない、と思うのですが。

  • 危険物と鳥獣は持ち込み禁止のようです。<br />ここに書くのか。合理的といえば合理的。でも、あまり見かけない。

    危険物と鳥獣は持ち込み禁止のようです。
    ここに書くのか。合理的といえば合理的。でも、あまり見かけない。

  • この先は線路はありません。

    この先は線路はありません。

  • 確かに、行き止まり。

    確かに、行き止まり。

  • 角度を変えて。

    角度を変えて。

  • 色とりどりの縦列停車。

    色とりどりの縦列停車。

  • いつまでも停留所にいるのもどうかと思って、周辺を眺めてみます。<br />高いマンションとかが並んでおります。<br />平日朝などは、この先のエリアからここまでバスで来て、乗り換えて長崎市中心部に向かう方も結構いるようです。

    いつまでも停留所にいるのもどうかと思って、周辺を眺めてみます。
    高いマンションとかが並んでおります。
    平日朝などは、この先のエリアからここまでバスで来て、乗り換えて長崎市中心部に向かう方も結構いるようです。

  • 坂の先の方までびっしりと。さすが長崎、という感じなのですが。

    坂の先の方までびっしりと。さすが長崎、という感じなのですが。

  • かと思うと、山(丘?)がこんなふうにあったりして。<br />由来などは調べていないのですが。<br /><br /><br /><br />ということで、<br />まずは、長崎のいわゆる路面電車、長崎電気軌道の路線の一方の終着、赤迫電停まで来てみました。<br />後で調べてみると(後でなのか、自分(苦笑))、長崎駅前電停から住吉電停までが本線、住吉電停から赤迫電停までの1停留所分だけが赤迫支線、ということのようで、全体に電車の運転系統とは一致していないようなのですが、そんな中(?)、まだ長崎電気軌道の電車に乗っていきます。<br />その様子は、別の旅行記で。

    かと思うと、山(丘?)がこんなふうにあったりして。
    由来などは調べていないのですが。



    ということで、
    まずは、長崎のいわゆる路面電車、長崎電気軌道の路線の一方の終着、赤迫電停まで来てみました。
    後で調べてみると(後でなのか、自分(苦笑))、長崎駅前電停から住吉電停までが本線、住吉電停から赤迫電停までの1停留所分だけが赤迫支線、ということのようで、全体に電車の運転系統とは一致していないようなのですが、そんな中(?)、まだ長崎電気軌道の電車に乗っていきます。
    その様子は、別の旅行記で。

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

長崎市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集