長崎旅行記(ブログ) 一覧に戻る
昨年(2018年)、暑かった夏の旅の画像です。<br /><br />このときの旅も終盤に入りました。<br /><br />でも、ただ長崎を離れるのも、ということで、<br />現在、非電化とあって、特急列車なら経由しないJR九州・長崎本線の浦上~長与~喜々津間の、いわゆる「長与回り」(旧線とかとも呼ばれることがあります)に乗車してみましたので、そのときの画像を。<br /><br /><br />タイトル画像は(また)海ですが、今回内容では海はちょっとだけです。

去年の夏を思い出す 長崎本線「長与回り」

11いいね!

2018/08/07 - 2018/08/07

3002位(同エリア7848件中)

sh

shさん

昨年(2018年)、暑かった夏の旅の画像です。

このときの旅も終盤に入りました。

でも、ただ長崎を離れるのも、ということで、
現在、非電化とあって、特急列車なら経由しないJR九州・長崎本線の浦上~長与~喜々津間の、いわゆる「長与回り」(旧線とかとも呼ばれることがあります)に乗車してみましたので、そのときの画像を。


タイトル画像は(また)海ですが、今回内容では海はちょっとだけです。

PR

  • 本当は長崎駅からスタートしているのですが、長崎駅でたくさん写真を撮ってしまったので、その様子はまた今度。<br />なので、今回は、次の浦上駅から。

    本当は長崎駅からスタートしているのですが、長崎駅でたくさん写真を撮ってしまったので、その様子はまた今度。
    なので、今回は、次の浦上駅から。

    浦上駅

  • 浦上駅ホーム。<br />別に何か特別なものがある、というわけではないのですが。<br />大きな駅ではないのですが、特急も全便停車する主要駅ですね。<br />浦上駅の駅の方の様子は、以前の旅行記でちょっと載せております。<br />https://4travel.jp/travelogue/11517857

    浦上駅ホーム。
    別に何か特別なものがある、というわけではないのですが。
    大きな駅ではないのですが、特急も全便停車する主要駅ですね。
    浦上駅の駅の方の様子は、以前の旅行記でちょっと載せております。
    https://4travel.jp/travelogue/11517857

  • 長崎から浦上までは複線区間。<br />浦上を出ても、最初はもう1線併走していますが。

    長崎から浦上までは複線区間。
    浦上を出ても、最初はもう1線併走していますが。

  • もう1線は、だんだん離れていきます。

    もう1線は、だんだん離れていきます。

  • トンネルに入ってしまいました。<br />この、トンネルに入っていく方が、市布回り、とかいったりもするらしい、長崎本線の新線。特急列車はみんなこちらの方を通ります。<br />単線なので、トンネル内に行き違いのできる信号場があったりします。

    トンネルに入ってしまいました。
    この、トンネルに入っていく方が、市布回り、とかいったりもするらしい、長崎本線の新線。特急列車はみんなこちらの方を通ります。
    単線なので、トンネル内に行き違いのできる信号場があったりします。

  • 新線と分かれてからは、本格的に(?)旧線(長与回り)。<br />こちらは非電化となります。<br />でも、まだ長崎市内なので、ローカル感は強くない、と思うのですが。

    新線と分かれてからは、本格的に(?)旧線(長与回り)。
    こちらは非電化となります。
    でも、まだ長崎市内なので、ローカル感は強くない、と思うのですが。

  • このときは長崎本線新線との比較のことばかり考えていたのですが、<br />後で調べてみると、この駅から路面電車の電停まで歩いてほんの数分。直線距離なら200mもあるのだろうか、というぐらいの近さ。<br />長崎駅までの所要時間なら、いくらローカルでもこの駅から乗れば早そうですが、本数などの利便性や運賃では路面電車なんでしょうね。 

    このときは長崎本線新線との比較のことばかり考えていたのですが、
    後で調べてみると、この駅から路面電車の電停まで歩いてほんの数分。直線距離なら200mもあるのだろうか、というぐらいの近さ。
    長崎駅までの所要時間なら、いくらローカルでもこの駅から乗れば早そうですが、本数などの利便性や運賃では路面電車なんでしょうね。 

    西浦上駅

  • 長与回りなので、長与駅。<br />結構大きな駅です。<br />もう長崎市内からは離れています。駅名のとおり、長与町内。

    長与回りなので、長与駅。
    結構大きな駅です。
    もう長崎市内からは離れています。駅名のとおり、長与町内。

    長与駅

  • 長与回りでは、行き違いのできる駅が少なくなっています。<br />昔からこうだったのか、新線ができて整理されたのかはわかりませんが。<br />だから、行き違いシーンは貴重(でもないかな)。

    長与回りでは、行き違いのできる駅が少なくなっています。
    昔からこうだったのか、新線ができて整理されたのかはわかりませんが。
    だから、行き違いシーンは貴重(でもないかな)。

  • さすがに、だいぶ景色がローカルになってきました。

    さすがに、だいぶ景色がローカルになってきました。

  • かなりの斜面でも建物が建っているのが目に留まるのですが、目に留める私が長崎を意識しすぎなのでしょうか。

    かなりの斜面でも建物が建っているのが目に留まるのですが、目に留める私が長崎を意識しすぎなのでしょうか。

    本川内駅

  • 先ほどの画像、もうちょっと角度を変えてもう1枚。

    先ほどの画像、もうちょっと角度を変えてもう1枚。

  • 地図と照らし合わせると、たぶん、ですが、この道路が、概ね長与回りのルートに沿って、もう少し先の海沿いまで延びています。

    地図と照らし合わせると、たぶん、ですが、この道路が、概ね長与回りのルートに沿って、もう少し先の海沿いまで延びています。

  • 大草駅から、行政区画上、諫早市内に入ります。

    大草駅から、行政区画上、諫早市内に入ります。

    大草駅

  • 海沿い。<br />海の色からすると、この辺りは深いのでしょうか。そう見えるだけなのかな。

    海沿い。
    海の色からすると、この辺りは深いのでしょうか。そう見えるだけなのかな。

  • 地図だけ見ると、大草駅周辺からはしばらくずっと海沿いばかり走っているようにも見えますが、実際にはところどころ、海が見えない程度の内陸を走っています。

    地図だけ見ると、大草駅周辺からはしばらくずっと海沿いばかり走っているようにも見えますが、実際にはところどころ、海が見えない程度の内陸を走っています。

  • 東園駅。<br />駅名標しか撮れていませんが、載せてしまいます。<br /><br />本当は、大草駅からこの駅へ向かう途中で、かなり海よりのところをずっとカーブして走る、特徴ある区間があったらしいのですが、例によって事前に細かくリサーチしないので、記憶に残っていないのでした。

    東園駅。
    駅名標しか撮れていませんが、載せてしまいます。

    本当は、大草駅からこの駅へ向かう途中で、かなり海よりのところをずっとカーブして走る、特徴ある区間があったらしいのですが、例によって事前に細かくリサーチしないので、記憶に残っていないのでした。

    東園駅

  • 右側から線路が合流してきました。<br />いや、こちらが左側から合流していく、と表現した方が良いのかな。

    右側から線路が合流してきました。
    いや、こちらが左側から合流していく、と表現した方が良いのかな。

  • 喜々津駅。<br />ここから諫早駅までは、再び複線区間になります。

    喜々津駅。
    ここから諫早駅までは、再び複線区間になります。

  • 車内からなので、こういう位置関係で撮ったのでした。

    車内からなので、こういう位置関係で撮ったのでした。

  • JR九州のベーシックな駅名標もあります。

    JR九州のベーシックな駅名標もあります。

    喜々津駅

  • 諫早駅に到着。

    諫早駅に到着。

    諫早駅

  • 乗ってきた列車。<br />ワンマン・竹松行き。<br />諫早駅から大村線に直通するわけです。

    乗ってきた列車。
    ワンマン・竹松行き。
    諫早駅から大村線に直通するわけです。

  • 車両はシーサイドライナー塗装で青くなっていますが、快速ではありません。

    車両はシーサイドライナー塗装で青くなっていますが、快速ではありません。

  • 今回の旅ではほんのちょっと乗っただけだった817系電車。<br />長崎周辺の電車の普通列車は大抵この車両。この辺で乗るには良い車両だと思います。<br />福岡周辺では、同じ817系でもロングシート車があったはず。

    今回の旅ではほんのちょっと乗っただけだった817系電車。
    長崎周辺の電車の普通列車は大抵この車両。この辺で乗るには良い車両だと思います。
    福岡周辺では、同じ817系でもロングシート車があったはず。

  • 諫早駅は駅舎自体は使用を開始しているものの、周辺はまだまだ工事中のようですね。

    諫早駅は駅舎自体は使用を開始しているものの、周辺はまだまだ工事中のようですね。

  • 島原鉄道ホーム。<br />今回、全線乗り通したのでした。<br /><br /><br /><br />こうして、いよいよ、今回の旅であちこち乗り回った長崎県内とも、もう少しでしばしのお別れとなるわけですが、<br />この先の様子は、また別の旅行記で。

    島原鉄道ホーム。
    今回、全線乗り通したのでした。



    こうして、いよいよ、今回の旅であちこち乗り回った長崎県内とも、もう少しでしばしのお別れとなるわけですが、
    この先の様子は、また別の旅行記で。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集