フランクフルト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
6月30日 <br />午後ロ-テンブルクからフランクフルトへ電車で移動。午後はフランクフルトの大聖堂、レ-マ-広場、ゲ-テハウス、シュテ-デル美術館見学。<br />レ-マ-広場に仮設スタンドがあって木組みの家が良く見えなくショックでした。<br />マイン川岸から見た大聖堂の風景と夜のフランクフルト中央駅の建物がきれいでした。<br />白アスパラガスが獲れる時期としては終了寸前でしたがバ-ゼラ-・エック Baseler Eckで食べられました。<br />シュパ-ゲルが美味しかったのでレ-マ-広場の台無しの景色のショックは解消しました。<br /><br />□ 6/24(金) 成田空港→オランダ スキポ-ル空港乗継ぎ→ミュンヘン空港  ミュンヘン泊 <br />□ 6/25(土) ノイシュバンシュタイン城,ヴィ-ス教会 ミュンヘン泊<br />□ 6/26(日) 日中 ケ-ニヒス湖,オ-バ-湖(Obersee ) <br />□ 6/26(日)  夜   ミュンヘン旧市街  ミュンヘン泊<br />□ 6/27(月) 午前 ミュンヘン旧市街<br />□ 6/27(月) 午前 ハイデルベルク旧市街 ハイデルベルク泊<br />□ 6/28(火) 午前 ハイデルベルク<br />□ 6/28(火) 午後 ヴュルツブルク  ロ-テンブルク泊<br />□ 6/29(水) 午前 ディンケルスビュール<br />□ 6/29(水) 午後 ニュルンベルク<br />□ 6/29(水) 夜 ロ-テンブルク旧市街  ロ-テンブルク泊<br />□ 6/30(木) 午前 ロ-テンブルク<br />■ 6/30(木) 午後 フランクフルト  フランクフルト泊<br />□ 7/1 (金) ライン川下り(リュ-デスハイム→ボッパルト),マインツ<br />                ケルン泊                <br />□ 7/2 (土) 午後 アムステルダム ザ-ンセ・スカンス アムステルダム泊<br />□ 7/3 (日) 日中  アムステルダム旧市街観光<br />□ 7/3 (日) 夕方  オランダ スキポ-ル空港発(成田直行)機内泊 <br />    7/4 (月) 成田空港着<br /><br />画像はマイン川岸からフランクフルト大聖堂<br />

2016年 ドイツの旅(9)フランクフルト マイン川岸からの眺望が美しい街

14いいね!

2016/06/30 - 2016/06/30

1003位(同エリア2503件中)

旅行記グループ 2016年 ドイツの旅

0

20

MK988さん

6月30日
午後ロ-テンブルクからフランクフルトへ電車で移動。午後はフランクフルトの大聖堂、レ-マ-広場、ゲ-テハウス、シュテ-デル美術館見学。
レ-マ-広場に仮設スタンドがあって木組みの家が良く見えなくショックでした。
マイン川岸から見た大聖堂の風景と夜のフランクフルト中央駅の建物がきれいでした。
白アスパラガスが獲れる時期としては終了寸前でしたがバ-ゼラ-・エック Baseler Eckで食べられました。
シュパ-ゲルが美味しかったのでレ-マ-広場の台無しの景色のショックは解消しました。

□ 6/24(金) 成田空港→オランダ スキポ-ル空港乗継ぎ→ミュンヘン空港 ミュンヘン泊
□ 6/25(土) ノイシュバンシュタイン城,ヴィ-ス教会 ミュンヘン泊
□ 6/26(日) 日中 ケ-ニヒス湖,オ-バ-湖(Obersee )
□ 6/26(日) 夜 ミュンヘン旧市街 ミュンヘン泊
□ 6/27(月) 午前 ミュンヘン旧市街
□ 6/27(月) 午前 ハイデルベルク旧市街 ハイデルベルク泊
□ 6/28(火) 午前 ハイデルベルク
□ 6/28(火) 午後 ヴュルツブルク ロ-テンブルク泊
□ 6/29(水) 午前 ディンケルスビュール
□ 6/29(水) 午後 ニュルンベルク
□ 6/29(水) 夜 ロ-テンブルク旧市街 ロ-テンブルク泊
□ 6/30(木) 午前 ロ-テンブルク
■ 6/30(木) 午後 フランクフルト フランクフルト泊
□ 7/1 (金) ライン川下り(リュ-デスハイム→ボッパルト),マインツ
ケルン泊
□ 7/2 (土) 午後 アムステルダム ザ-ンセ・スカンス アムステルダム泊
□ 7/3 (日) 日中 アムステルダム旧市街観光
□ 7/3 (日) 夕方 オランダ スキポ-ル空港発(成田直行)機内泊
7/4 (月) 成田空港着

画像はマイン川岸からフランクフルト大聖堂

同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 6月30日 16:35<br />フランクフルト中央駅から地下鉄U4で大聖堂駅へ。<br />皇帝の選挙や戴冠式が行なわれていたことから、通称「カイザードーム」と呼ばれるバルトロメウス大聖堂 Kaiserdom St. Bartholomäus。通称フランクフルト大聖堂。<br />白壁のヴィ-ス教会と違いここは明るい茶色の外壁。<br />第2次世界大戦で破壊されるも再建。

    6月30日 16:35
    フランクフルト中央駅から地下鉄U4で大聖堂駅へ。
    皇帝の選挙や戴冠式が行なわれていたことから、通称「カイザードーム」と呼ばれるバルトロメウス大聖堂 Kaiserdom St. Bartholomäus。通称フランクフルト大聖堂。
    白壁のヴィ-ス教会と違いここは明るい茶色の外壁。
    第2次世界大戦で破壊されるも再建。

  • 金色の地の祭壇のレリ-フは豪華。<br />3000年以上前のエジプト古代王朝の時代から宗教的な装飾には金色が頻繁に使われる。

    金色の地の祭壇のレリ-フは豪華。
    3000年以上前のエジプト古代王朝の時代から宗教的な装飾には金色が頻繁に使われる。

  • 16:35<br />祭壇前にはキリストの磔刑のレリ-フと彫刻が混じっている装飾品が置かれていた。

    16:35
    祭壇前にはキリストの磔刑のレリ-フと彫刻が混じっている装飾品が置かれていた。

  • キリストの磔刑の部分を拡大

    キリストの磔刑の部分を拡大

  • 16:36<br />上:幼子イエス<br />下:最後の晩餐のレリ-フ

    16:36
    上:幼子イエス
    下:最後の晩餐のレリ-フ

  • 16:39

    16:39

  • 下の部分拡大<br />十字架から降ろされたキリスト

    下の部分拡大
    十字架から降ろされたキリスト

  • 16:39<br />パイプオルガン

    16:39
    パイプオルガン

  • 16:40<br />形が美しいパイプオルガン

    16:40
    形が美しいパイプオルガン

  • 17:00<br />レ-マ-広場へは大聖堂から徒歩ですぐ。<br />階段のような「切妻屋根」で旗のあるゴシック様式の旧市庁舎が「レーマー」。<br />その前に結婚式の人達がいた。

    17:00
    レ-マ-広場へは大聖堂から徒歩ですぐ。
    階段のような「切妻屋根」で旗のあるゴシック様式の旧市庁舎が「レーマー」。
    その前に結婚式の人達がいた。

  • 上にJust Marriedと書かれたオ-トバイ

    上にJust Marriedと書かれたオ-トバイ

  • 17:02<br />レ-マ-広場にあるニコライ聖堂 Alte Nikolaikirche<br />外観はヴュルツブルクのマリエンカペレ(聖母マリア礼拝堂)を小形化した赤と白の建物。

    17:02
    レ-マ-広場にあるニコライ聖堂 Alte Nikolaikirche
    外観はヴュルツブルクのマリエンカペレ(聖母マリア礼拝堂)を小形化した赤と白の建物。

  • 17:03<br />レ-マ-広場には観覧席がありオストツァイレ(Ostzeile)と呼ばれるフランクフルト名物の木組みの建物はよく見えない。<br /><br />フランクフルト市庁舎は目の前にあるのに観光客のこと考えていないのかしら?<br />早々にこの場を去る。<br />

    17:03
    レ-マ-広場には観覧席がありオストツァイレ(Ostzeile)と呼ばれるフランクフルト名物の木組みの建物はよく見えない。

    フランクフルト市庁舎は目の前にあるのに観光客のこと考えていないのかしら?
    早々にこの場を去る。

  • ゲ-テハウス(博物館) Goethe-Haus/Goethe-Museum<br />場所がわからずカフェのテラスに座っていた若い男性に「ゲ-テハウスはどこですか」と言っても通じない。<br />地球の歩き方の本からGoethe-Hausの文字を見せたら理解してもらったが今度は場所を知らない。<br />隣の老婦人たちが「ゲ-テハウスはあっちよ」という感じで指差しして教えてくれた。<br />

    ゲ-テハウス(博物館) Goethe-Haus/Goethe-Museum
    場所がわからずカフェのテラスに座っていた若い男性に「ゲ-テハウスはどこですか」と言っても通じない。
    地球の歩き方の本からGoethe-Hausの文字を見せたら理解してもらったが今度は場所を知らない。
    隣の老婦人たちが「ゲ-テハウスはあっちよ」という感じで指差しして教えてくれた。

  • 18:00<br />ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、<br />1749年8月28日 - 1832年3月22日)詩人、劇作家、小説家、自然科学者<br />ヴァイマル公国の宮廷顧問、その後枢密顧問官・政務長官つまり宰相も務めた<br />ゲ-テ博物館の中は絵や家具が展示されていたが王侯貴族のものから見ると見劣りする。調度物の画像はまったく撮影しなかった。<br />有名な小説の売れっ子でも王侯貴族と教会の所有物とはまったく比較にならないので革命が起きマリ-アントワネットが犠牲になるのも理解できる。

    18:00
    ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、
    1749年8月28日 - 1832年3月22日)詩人、劇作家、小説家、自然科学者
    ヴァイマル公国の宮廷顧問、その後枢密顧問官・政務長官つまり宰相も務めた
    ゲ-テ博物館の中は絵や家具が展示されていたが王侯貴族のものから見ると見劣りする。調度物の画像はまったく撮影しなかった。
    有名な小説の売れっ子でも王侯貴族と教会の所有物とはまったく比較にならないので革命が起きマリ-アントワネットが犠牲になるのも理解できる。

  • 18:06<br />ヴァッカ-ス・カフェ Wacker&#39;s Kaffee<br />ヴァッカ-ス・カフェは老舗の自家焙煎コ-ヒ-店、1杯が安くて後味がすっきりし雑味が少ないので立ち飲みで何種類もおかわりした。<br />ブル-マウンテンのコ-ヒ-豆が日本より安いのでお土産に買う。

    18:06
    ヴァッカ-ス・カフェ Wacker's Kaffee
    ヴァッカ-ス・カフェは老舗の自家焙煎コ-ヒ-店、1杯が安くて後味がすっきりし雑味が少ないので立ち飲みで何種類もおかわりした。
    ブル-マウンテンのコ-ヒ-豆が日本より安いのでお土産に買う。

  • 19:14<br />ゲ-テハウスからマイン川対岸へトラムで移動。<br />遠くに大聖堂、手前に遊覧船乗り場。

    イチオシ

    19:14
    ゲ-テハウスからマイン川対岸へトラムで移動。
    遠くに大聖堂、手前に遊覧船乗り場。

  • 19:16<br />大聖堂に近寄って撮影。

    19:16
    大聖堂に近寄って撮影。

  • 19:25<br />シュテ-デル美術館 Das St&#228;del<br />銀行家ヨハン・フリードリヒ・シュテーデルの遺言で設立。<br /><br />ヤン・ファン・エイク、ボッティチェリ、フェルメ-ル、レンブラント、ドガの有名画家の作品が展示されていたが既に他のヨ-ロッパの美術館で傑作を見ているのでヨハン・ハインリヒ・ヴィルヘルム・ティシュバインによるゲ-テの肖像画が目を惹いた。<br />

    19:25
    シュテ-デル美術館 Das Städel
    銀行家ヨハン・フリードリヒ・シュテーデルの遺言で設立。

    ヤン・ファン・エイク、ボッティチェリ、フェルメ-ル、レンブラント、ドガの有名画家の作品が展示されていたが既に他のヨ-ロッパの美術館で傑作を見ているのでヨハン・ハインリヒ・ヴィルヘルム・ティシュバインによるゲ-テの肖像画が目を惹いた。

  • 20:14<br />日本人が多いバ-ゼラ-・エック Baseler Eckで夕食。美味しいシュパ-ゲル(白アスパラガス)と上にのっていたソ-スが美味しくドイツ旅行でも印象に残る料理。<br />ホテルへ戻る途中、フランクフルト中央駅Frankfurt(Main)Hbfを見た。<br />日中より夜景の建物が断然美しい。

    イチオシ

    20:14
    日本人が多いバ-ゼラ-・エック Baseler Eckで夕食。美味しいシュパ-ゲル(白アスパラガス)と上にのっていたソ-スが美味しくドイツ旅行でも印象に残る料理。
    ホテルへ戻る途中、フランクフルト中央駅Frankfurt(Main)Hbfを見た。
    日中より夜景の建物が断然美しい。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2016年 ドイツの旅

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集