ローテンブルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ヴュルツブルクからロ-テンブルクへロマンティック街道を移動。<br />歴史的には中世及び近代から現代にかけ観光地として栄えている街。<br />美しい中世の街並みが残るロ-テンブルクの街は観光化され過ぎているようにも感じたがされどロマンティック街道の中では日本人には人気が高い観光地のようだ。<br />童話の世界から抜け出てきたようなメルヒェンを感じさせる美しい街並みと夜景が印象に残った。<br />何よりカメラを向けて絵になる撮影ポイントが沢山あるのが素晴らしい。<br /><br />ドイツを旅した日本画家東山魁夷がこの地で何枚もの絵を描いている。<br />「泉」1970年、「赤い屋根」1971年、「塔の影」1971年,「ロ-テンブルクの門」1971年、「丘の上のロ-テンブルク」1971年など<br /><br />日本でいうと古い格式のある旅籠みたいな1264年築のロマンティックホテル・マルクストゥルムに宿泊し小鳥のさえずりで朝目を覚ますフレッシュな体験をした。<br />観光すると絶景も記憶に残るがマルクストゥルムのように日本人にフレンドリ-な女主人がいて雰囲気の良いホテルに宿泊すると充実感が更に増す。マルクストゥルムは日本でいうと老舗旅館だ。<br />ナチス統治下のユダヤ人追放の負の歴史はあるが日本画家東山魁夷に限らず美しい街は世界の人から愛されている。<br />ドイツらしいメルヒェンチックな童話の世界にタイムスリップしたかのように時の流れを忘れさせてくれる。<br /><br />表紙画像 市庁舎の塔からロ-テンブルクの街並み<br /><br />□ 6/24(金) 成田空港→オランダ スキポ-ル空港乗継ぎ→ミュンヘン空港  ミュンヘン泊 <br />□ 6/25(土) ノイシュバンシュタイン城,ヴィ-ス教会 ミュンヘン泊<br />□ 6/26(日) 日中 ケ-ニヒス湖,オ-バ-湖(Obersee ) <br />□ 6/26(日)  夜   ミュンヘン旧市街  ミュンヘン泊<br />□ 6/27(月) 午前 ミュンヘン旧市街<br />□ 6/27(月) 午前 ハイデルベルク旧市街 ハイデルベルク泊<br />□ 6/28(火) 午前 ハイデルベルク<br />□ 6/28(火) 午後 ヴュルツブルク<br />■ 6/28(火) 夜 ロ-テンブルク旧市街 ロ-テンブルク泊<br />□ 6/29(水) 午前 ディンケルスビュール,午後 ニュルンベルク<br />■ 6/29(水) 夜 ロ-テンブルク旧市街  ロ-テンブルク泊<br />■ 6/30(木) 午前 ロ-テンブルク<br />□ 6/30(木) 午後 フランクフルト  フランクフルト泊<br />□ 7/1 (金) ライン川下り(リュ-デスハイム→ボッパルト),<br />                マインツ  ケルン泊<br />□ 7/2 (土) 午後 アムステルダム ザ-ンセ・スカンス アムステルダム泊<br />□ 7/3 (日) 日中  アムステルダム旧市街観光<br />□ 7/3 (日) 夕方  オランダ スキポ-ル空港発(成田直行)機内泊 <br />    7/4 (月) 成田空港着<br /> <br />以下Wikipediaなどから引用<br />ローテンブルクの正式名称<br />ローテンブルク・オプ・デア・タウバー 独: Rothenburg ob der Tauber<br />タウバー川を望む丘の上のロ-テンブルクと訳されるようだ。<br />歴史<br />東フランケン地方の貴族によって970年頃創設、ロ-テンブルク泊が城を建てる。その後ホーエンシュタウフェン家が1194年から1254年迄統治。1274年以降は神聖ロ-マ帝国の帝国自由都市とみなされるようになる。<br />1373年から1408年のトップラ-市長の頃が街の全盛期でニュルンベルクにつぐフランケン地方第2の街となる。<br />この頃十字軍のもたらした聖血によりヤコブ教会への巡礼で栄える。<br />1618年からの30年戦争の間で街の存亡の危機を旧市長のヌッシュにより回避した話は祝祭劇『マイスタートゥルンク』で今も語りつがれている。<br />30年戦争終結後に街の発展が停まり逆に幸いして中世の街が保存された。<br />しばらく経済の停滞は続いたが1880年代以降観光地として発展、ナチス支持者からドイツのお手本の街とされ人気が増した。ナチス統治下でハイデルベルク同様ユダヤ人は追放。ミュンヘン、ニュルンベルクなど南ドイツはナチスが活躍した場所でもあり空襲で破壊されている。<br />第2次世界大戦で空爆され街の東側40%が破壊されたが戦後全世界から再建のための寄付が寄せられ再建された。<br /><br />

2016年 ドイツの旅(6)ロ-テンブルク 童話の世界のような美しい中世の街並み

14いいね!

2016/06/28 - 2016/06/30

295位(同エリア904件中)

旅行記グループ 2016年 ドイツの旅

0

52

MK988さん

ヴュルツブルクからロ-テンブルクへロマンティック街道を移動。
歴史的には中世及び近代から現代にかけ観光地として栄えている街。
美しい中世の街並みが残るロ-テンブルクの街は観光化され過ぎているようにも感じたがされどロマンティック街道の中では日本人には人気が高い観光地のようだ。
童話の世界から抜け出てきたようなメルヒェンを感じさせる美しい街並みと夜景が印象に残った。
何よりカメラを向けて絵になる撮影ポイントが沢山あるのが素晴らしい。

ドイツを旅した日本画家東山魁夷がこの地で何枚もの絵を描いている。
「泉」1970年、「赤い屋根」1971年、「塔の影」1971年,「ロ-テンブルクの門」1971年、「丘の上のロ-テンブルク」1971年など

日本でいうと古い格式のある旅籠みたいな1264年築のロマンティックホテル・マルクストゥルムに宿泊し小鳥のさえずりで朝目を覚ますフレッシュな体験をした。
観光すると絶景も記憶に残るがマルクストゥルムのように日本人にフレンドリ-な女主人がいて雰囲気の良いホテルに宿泊すると充実感が更に増す。マルクストゥルムは日本でいうと老舗旅館だ。
ナチス統治下のユダヤ人追放の負の歴史はあるが日本画家東山魁夷に限らず美しい街は世界の人から愛されている。
ドイツらしいメルヒェンチックな童話の世界にタイムスリップしたかのように時の流れを忘れさせてくれる。

表紙画像 市庁舎の塔からロ-テンブルクの街並み

□ 6/24(金) 成田空港→オランダ スキポ-ル空港乗継ぎ→ミュンヘン空港 ミュンヘン泊
□ 6/25(土) ノイシュバンシュタイン城,ヴィ-ス教会 ミュンヘン泊
□ 6/26(日) 日中 ケ-ニヒス湖,オ-バ-湖(Obersee )
□ 6/26(日) 夜 ミュンヘン旧市街 ミュンヘン泊
□ 6/27(月) 午前 ミュンヘン旧市街
□ 6/27(月) 午前 ハイデルベルク旧市街 ハイデルベルク泊
□ 6/28(火) 午前 ハイデルベルク
□ 6/28(火) 午後 ヴュルツブルク
■ 6/28(火) 夜 ロ-テンブルク旧市街 ロ-テンブルク泊
□ 6/29(水) 午前 ディンケルスビュール,午後 ニュルンベルク
■ 6/29(水) 夜 ロ-テンブルク旧市街 ロ-テンブルク泊
■ 6/30(木) 午前 ロ-テンブルク
□ 6/30(木) 午後 フランクフルト フランクフルト泊
□ 7/1 (金) ライン川下り(リュ-デスハイム→ボッパルト),
マインツ ケルン泊
□ 7/2 (土) 午後 アムステルダム ザ-ンセ・スカンス アムステルダム泊
□ 7/3 (日) 日中 アムステルダム旧市街観光
□ 7/3 (日) 夕方 オランダ スキポ-ル空港発(成田直行)機内泊
7/4 (月) 成田空港着

以下Wikipediaなどから引用
ローテンブルクの正式名称
ローテンブルク・オプ・デア・タウバー 独: Rothenburg ob der Tauber
タウバー川を望む丘の上のロ-テンブルクと訳されるようだ。
歴史
東フランケン地方の貴族によって970年頃創設、ロ-テンブルク泊が城を建てる。その後ホーエンシュタウフェン家が1194年から1254年迄統治。1274年以降は神聖ロ-マ帝国の帝国自由都市とみなされるようになる。
1373年から1408年のトップラ-市長の頃が街の全盛期でニュルンベルクにつぐフランケン地方第2の街となる。
この頃十字軍のもたらした聖血によりヤコブ教会への巡礼で栄える。
1618年からの30年戦争の間で街の存亡の危機を旧市長のヌッシュにより回避した話は祝祭劇『マイスタートゥルンク』で今も語りつがれている。
30年戦争終結後に街の発展が停まり逆に幸いして中世の街が保存された。
しばらく経済の停滞は続いたが1880年代以降観光地として発展、ナチス支持者からドイツのお手本の街とされ人気が増した。ナチス統治下でハイデルベルク同様ユダヤ人は追放。ミュンヘン、ニュルンベルクなど南ドイツはナチスが活躍した場所でもあり空襲で破壊されている。
第2次世界大戦で空爆され街の東側40%が破壊されたが戦後全世界から再建のための寄付が寄せられ再建された。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
タクシー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 6月28日 21:09<br />ヴュルツブルクからロ-テンブルクへ電車で移動し20時前に到着。<br />ロ-テンブルクの駅前で運良く1台タクシ-が停まっていたのでそのタクシ-に乗ってホテルへ向った。<br />日本なら夜の時間だが日の入りが21:30頃なのでその時間迄は体力があれば観光ができる。ホテルからロ-テンブルクの街歩きに出掛けた。<br /><br />画像はマルクト広場の近く<br />ケーテ・ウォルファルト本店クリスマスビレッジ <br />Kathe Wohlfahrt&#39;s  Weihnachtsdorf 1964年設立<br /><br />クリスマスといえばこのくるみ割り人形。<br />こちらの店は奥行きがあり大きい、店内は撮影禁止。

    6月28日 21:09
    ヴュルツブルクからロ-テンブルクへ電車で移動し20時前に到着。
    ロ-テンブルクの駅前で運良く1台タクシ-が停まっていたのでそのタクシ-に乗ってホテルへ向った。
    日本なら夜の時間だが日の入りが21:30頃なのでその時間迄は体力があれば観光ができる。ホテルからロ-テンブルクの街歩きに出掛けた。

    画像はマルクト広場の近く
    ケーテ・ウォルファルト本店クリスマスビレッジ
    Kathe Wohlfahrt's Weihnachtsdorf 1964年設立

    クリスマスといえばこのくるみ割り人形。
    こちらの店は奥行きがあり大きい、店内は撮影禁止。

  • ショ-ウィンドウを拡大

    ショ-ウィンドウを拡大

  • 6月28日 21:10<br />マルクト広場の近くケーテ・ウォルファルト本店クリスマスビレッジの向かい側<br />一年中クリスマス用品を取り扱う専門店ケーテ・ウォルファルト支店<br />Christmas Shop Kathe Wohlfahrt&#39;s  <br /> <br /><br />

    6月28日 21:10
    マルクト広場の近くケーテ・ウォルファルト本店クリスマスビレッジの向かい側
    一年中クリスマス用品を取り扱う専門店ケーテ・ウォルファルト支店
    Christmas Shop Kathe Wohlfahrt's


  • 6月28日 21:11<br />ショ-ウィンドウを拡大

    6月28日 21:11
    ショ-ウィンドウを拡大

  • 6月28日 21:19<br />旧市街西側にあるブルク門 Brugtor<br />背が高い塔が上にある門でおしゃれな外観。<br />この先にはブルク公園がある、公園の場所にかつて城があったが廃墟となり地震で崩壊。

    6月28日 21:19
    旧市街西側にあるブルク門 Brugtor
    背が高い塔が上にある門でおしゃれな外観。
    この先にはブルク公園がある、公園の場所にかつて城があったが廃墟となり地震で崩壊。

  • 6月28日 21:26<br />旧市街北西にあるクリンゲン門 Klingentor<br />塔の高さは30m,かつて塔の上に給水設備があった。<br /><br /><br />

    イチオシ

    6月28日 21:26
    旧市街北西にあるクリンゲン門 Klingentor
    塔の高さは30m,かつて塔の上に給水設備があった。


  • 前の画像で手前左の赤茶木組みの建物を拡大<br />日本食堂 ルーブル(Louvre) で日本人夫婦経営の店。<br />日本食堂ルーブルの窓には「KIRIN ICHIBAN」と書かれたポスタ-、<br />その下には日本の酒の一升瓶らしきものが見える。<br />

    前の画像で手前左の赤茶木組みの建物を拡大
    日本食堂 ルーブル(Louvre) で日本人夫婦経営の店。
    日本食堂ルーブルの窓には「KIRIN ICHIBAN」と書かれたポスタ-、
    その下には日本の酒の一升瓶らしきものが見える。

  • 6月28日  21:26 クリンゲン門拡大 <br />右にFremdenzimmerと書かれている看板のホテル。<br />こんな絵の入った看板が街のあちこちでお店の上に置かれていた。

    6月28日 21:26 クリンゲン門拡大
    右にFremdenzimmerと書かれている看板のホテル。
    こんな絵の入った看板が街のあちこちでお店の上に置かれていた。

  • 6月28日  21:36<br />マルクト広場から<br />夕陽に染まり赤くなった市庁舎。<br />左端に見えるのが肉屋兼舞踏館(フライシュ・ウント・タンツハウス)。<br />

    6月28日 21:36
    マルクト広場から
    夕陽に染まり赤くなった市庁舎。
    左端に見えるのが肉屋兼舞踏館(フライシュ・ウント・タンツハウス)。

  • 6月28日  21:37<br />マルクト広場から<br />夕暮れの空の濃紺の色は自分の好みの色。<br />右の通りはヘレンガッセ<br />左は肉屋兼舞踏館(フライシュ・ウント・タンツハウス)、右隣にマリーエン・アポテーケ(聖マリア薬局)

    イチオシ

    6月28日 21:37
    マルクト広場から
    夕暮れの空の濃紺の色は自分の好みの色。
    右の通りはヘレンガッセ
    左は肉屋兼舞踏館(フライシュ・ウント・タンツハウス)、右隣にマリーエン・アポテーケ(聖マリア薬局)

  • 6月28日  21:39<br />マルクト広場から<br />左 市庁舎<br />右 市参事会酒宴館 Ratstrinkstube

    6月28日 21:39
    マルクト広場から
    左 市庁舎
    右 市参事会酒宴館 Ratstrinkstube

  • 6月29日 19:32<br />午前はディンケルスビュ-ル、午後はニュルンベルクへ旅行。<br />ニュルンベルクから戻って来たのが19時頃。<br /><br />画像はロマンティックホテル・マルクストゥルム<br />日暮れ時はホテルの女主人左と近所の人?右の情報交換のおしゃべりタイムか。

    6月29日 19:32
    午前はディンケルスビュ-ル、午後はニュルンベルクへ旅行。
    ニュルンベルクから戻って来たのが19時頃。

    画像はロマンティックホテル・マルクストゥルム
    日暮れ時はホテルの女主人左と近所の人?右の情報交換のおしゃべりタイムか。

  • 6月29日 19:34<br />右から ロマンティックホテル・マルクストゥルム,奥マルクス塔,手前レ-ダ-ア-チ。<br />ここはプレ-ンライン同様にロ-テンブルクの代表的な景観の一つ。

    6月29日 19:34
    右から ロマンティックホテル・マルクストゥルム,奥マルクス塔,手前レ-ダ-ア-チ。
    ここはプレ-ンライン同様にロ-テンブルクの代表的な景観の一つ。

  • 6月29日 19:34<br />ホテル横のマルクス塔の屋根に小鳥の巣があった。<br />朝、小鳥のさえずりで目を覚ましフレッシュな気分になった。

    6月29日 19:34
    ホテル横のマルクス塔の屋根に小鳥の巣があった。
    朝、小鳥のさえずりで目を覚ましフレッシュな気分になった。

  • 6月29日 19:36<br />旧市街街並み<br />同じ形の赤茶の屋根の連なりが美しい、外壁は屋根の茶と同系色か白で目にうるさくない。

    6月29日 19:36
    旧市街街並み
    同じ形の赤茶の屋根の連なりが美しい、外壁は屋根の茶と同系色か白で目にうるさくない。

  • 6月29日 21:00<br />マルクト広場前<br />市参事会酒宴館

    6月29日 21:00
    マルクト広場前
    市参事会酒宴館

  • 6月29日 21:00<br />市参事会酒宴館を拡大<br />仕掛け時計マイスタ-トゥルンク (市長の一気飲みの意)<br />定時になると左ティリ-将軍、右ヌッシュ市長の仕掛け人形が現れる。

    6月29日 21:00
    市参事会酒宴館を拡大
    仕掛け時計マイスタ-トゥルンク (市長の一気飲みの意)
    定時になると左ティリ-将軍、右ヌッシュ市長の仕掛け人形が現れる。

  • ティリ-将軍

    ティリ-将軍

  • ヌッシュ市長<br />1631年ロ-テンブルクを制圧したティリ-将軍が一気にワイン(3.25リッタ-)を飲みほすと街を救済するとの呼びかけで名乗りをあげたヌッシュ市長が一気飲みして街の人々が助かったという30年戦争の中での実話。<br />日本でこんな粋なはからいは安宅の関の関守の富樫泰家が弁慶の偽の勧進帳の読み上げで富樫泰家が義経一行を山伏と信じたふりをして義経一行を通過させた話しくらいか?<br /><br />

    ヌッシュ市長
    1631年ロ-テンブルクを制圧したティリ-将軍が一気にワイン(3.25リッタ-)を飲みほすと街を救済するとの呼びかけで名乗りをあげたヌッシュ市長が一気飲みして街の人々が助かったという30年戦争の中での実話。
    日本でこんな粋なはからいは安宅の関の関守の富樫泰家が弁慶の偽の勧進帳の読み上げで富樫泰家が義経一行を山伏と信じたふりをして義経一行を通過させた話しくらいか?

  • 6月29日 21:00<br />マルクト広場に夜警ツァ-の団体が集合

    6月29日 21:00
    マルクト広場に夜警ツァ-の団体が集合

  • 6月29日 21:12<br />旧市街北側<br />ヴァイサ-(白)塔 WeißerTurm

    6月29日 21:12
    旧市街北側
    ヴァイサ-(白)塔 WeißerTurm

  • 6月29日 21:24<br />日暮れ時、城壁から<br />絵から抜け出たような聖ヤコブ教会が見えた

    イチオシ

    6月29日 21:24
    日暮れ時、城壁から
    絵から抜け出たような聖ヤコブ教会が見えた

  • 6月29日 22:42<br />ロマンティックホテル・マルクストゥルムの部屋から花火を見る<br />

    6月29日 22:42
    ロマンティックホテル・マルクストゥルムの部屋から花火を見る

  • 6月30日 9:07<br />午前中ロ-テンブルクで観光、その後、妻はクリスマス用品をお土産に買いに行く。<br /><br />画像はホテルの部屋、3星のホテルにしては雰囲気が良い。

    6月30日 9:07
    午前中ロ-テンブルクで観光、その後、妻はクリスマス用品をお土産に買いに行く。

    画像はホテルの部屋、3星のホテルにしては雰囲気が良い。

  • 6月30日 9:07<br />ロマンティックなベッド

    6月30日 9:07
    ロマンティックなベッド

  • 6月30日 9:07<br />出入口と収納

    6月30日 9:07
    出入口と収納

  • 6月30日 9:07<br />バスタブ付き

    6月30日 9:07
    バスタブ付き

  • 6月30日 9:30<br />中世犯罪博物館?Mittelalterliches Kriminal museum<br />

    6月30日 9:30
    中世犯罪博物館?Mittelalterliches Kriminal museum

  • 6月30日 9:30<br />プレ-ンライン Plönlein  (「小さな場所」の意)<br />正面 ジーバー塔 Siebersturm<br /><br />少し前方の場所から撮影すると旅行パンフレットでお馴染みの画像になる。<br /><br />

    6月30日 9:30
    プレ-ンライン Plönlein (「小さな場所」の意)
    正面 ジーバー塔 Siebersturm

    少し前方の場所から撮影すると旅行パンフレットでお馴染みの画像になる。

  • 6月30日 9:32<br />浮き浮きした気分にさせる鮮やかな色とりどりの外壁の家。<br />

    6月30日 9:32
    浮き浮きした気分にさせる鮮やかな色とりどりの外壁の家。

  • 6月30日 9:40<br />シュピタルガッセから見たジーバー塔 Siebersturm 背面

    6月30日 9:40
    シュピタルガッセから見たジーバー塔 Siebersturm 背面

  • 6月30日<br />旧市街の南方向<br />シュピタ-ル門 Spitalturm

    6月30日
    旧市街の南方向
    シュピタ-ル門 Spitalturm

  • 6月30日 9:53<br />右の高い塔は市庁舎の塔のようだ。

    6月30日 9:53
    右の高い塔は市庁舎の塔のようだ。

  • 6月30日 10:00<br />ベッカライ・シュトリッフラー(Backerei Striffler)<br /><br />

    6月30日 10:00
    ベッカライ・シュトリッフラー(Backerei Striffler)

  • 6月30日 拡大<br />この店ではローテンブルグ名物シュネーバル(「雪玉」の意味)(Schneeball)が売っている。<br />シュネーバルは、クッキーのような生地を丸めて揚げたお菓子。

    6月30日 拡大
    この店ではローテンブルグ名物シュネーバル(「雪玉」の意味)(Schneeball)が売っている。
    シュネーバルは、クッキーのような生地を丸めて揚げたお菓子。

  • 日本語でお土産の表示

    日本語でお土産の表示

  • 6月30日 10:01<br />中世の武具を売っている骨董店 Zur Waffenkammer<br />店の前に甲冑が置かれている。<br />

    6月30日 10:01
    中世の武具を売っている骨董店 Zur Waffenkammer
    店の前に甲冑が置かれている。

  • 6月30日 10:03<br />聖ゲオルクの泉 St.Georgbrunnen<br />日本画家東山魁夷の絵「泉」1970年の構図に近い画像。<br /><br />

    6月30日 10:03
    聖ゲオルクの泉 St.Georgbrunnen
    日本画家東山魁夷の絵「泉」1970年の構図に近い画像。

  • 6月30日 10:04<br />ヘレンガッセからの街並み

    6月30日 10:04
    ヘレンガッセからの街並み

  • 6月30日 10:13<br />市庁舎の横の階段から塔に登ると市街が見渡せる。<br />この塔はロ-テンブルクの街並みを見渡せる代表的な撮影場所の一つ。<br />自動車が駐車しているので中世ではなく現代とわかる。<br />階段は幅が狭くて急なので要注意。

    イチオシ

    6月30日 10:13
    市庁舎の横の階段から塔に登ると市街が見渡せる。
    この塔はロ-テンブルクの街並みを見渡せる代表的な撮影場所の一つ。
    自動車が駐車しているので中世ではなく現代とわかる。
    階段は幅が狭くて急なので要注意。

  • 日本画家東山魁夷の「塔の影」1971年の絵の構図に近い画像。<br />「塔の影」の絵には黄色の家に手前の塔の影が映っている。

    日本画家東山魁夷の「塔の影」1971年の絵の構図に近い画像。
    「塔の影」の絵には黄色の家に手前の塔の影が映っている。

  • 日本画家東山魁夷の「赤い屋根」1971年の絵の構図に近い画像。<br />さすがプロの目線は素人と違い絵になる!<br />正面の塔はマルクス塔、時計台はレ-ダ-ア-チ

    イチオシ

    日本画家東山魁夷の「赤い屋根」1971年の絵の構図に近い画像。
    さすがプロの目線は素人と違い絵になる!
    正面の塔はマルクス塔、時計台はレ-ダ-ア-チ

  • 旧市街北方向<br />シュピタ-ル門が見える。

    旧市街北方向
    シュピタ-ル門が見える。

  • 6月30日 <br />旧市街西の方向か。<br />ブルク門が見える。<br />

    6月30日
    旧市街西の方向か。
    ブルク門が見える。

  • 6月30日  10:33<br />ヘレン(領主?)の泉 Herrnbrunnen

    6月30日 10:33
    ヘレン(領主?)の泉 Herrnbrunnen

  • 6月30日  10:36<br />ブルク門Brugtorが見える

    6月30日 10:36
    ブルク門Brugtorが見える

  • 6月30日  10:37<br />ヘレンガッセからの街並み<br />高い塔は市庁舎の塔<br />

    6月30日 10:37
    ヘレンガッセからの街並み
    高い塔は市庁舎の塔

  • 6月30日  10:51<br />中央奥の宿泊したロマンティックホテル・マルクストゥルムとお別れだがまたいつか来たい。<br />ロ-テンブルクのように街のどこをとっても目を楽しませてくれる街はそう多くはないだろう。<br />ドイツらしいメルヒェンチックな童話の世界にタイムスリップしたかのように時の流れを忘れさせてくれる。<br /><br />駅は1km以内だが路面が凸凹している、ス-ツケ-スのキャスタ-が壊れるとあとが大変になるので前日ホテルの女主人へ12時にタクシ-の予約を依頼した。<br />電車で次の目的地フランクフルトヘ向う

    6月30日 10:51
    中央奥の宿泊したロマンティックホテル・マルクストゥルムとお別れだがまたいつか来たい。
    ロ-テンブルクのように街のどこをとっても目を楽しませてくれる街はそう多くはないだろう。
    ドイツらしいメルヒェンチックな童話の世界にタイムスリップしたかのように時の流れを忘れさせてくれる。

    駅は1km以内だが路面が凸凹している、ス-ツケ-スのキャスタ-が壊れるとあとが大変になるので前日ホテルの女主人へ12時にタクシ-の予約を依頼した。
    電車で次の目的地フランクフルトヘ向う

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2016年 ドイツの旅

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集