ディンケルスビュール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ディンケルスビュールはロ-テンブルクから40kmほど離れた要塞街で電車が廃止されバスの本数が少なく車で来ないと不便な場所だ。<br />14世紀から17世紀の中世から近世迄で発展が停まったので昔の時代の面影が残っている。<br />聖ゲオルク教会と塔が目を惹くが教会前の広場(Weinmarkt)はロ-テンブルクより大きくはなく街並みも派手さが少ない。<br />交通が不便なおかげで雰囲気が似ているロ-テンブルクよりのんびりしている。観光スポットはこの街全体の街並みだろう。<br />東山魁夷曰く「当てもなく歩くのにふさわしい風情を見せている」。<br />街歩きに頼りにするのは街の4つの門と塔。<br />ディンケルスビュールのロ-テンブルク門から外に出ると花が咲いている庭園があり水鳥と池から見る街の景色に癒される。<br />時がゆっくり流れる街を城壁の中と外を散策することをお奨めする。<br />因みにこの街のモットーは『川と草地のロマンティック』。<br /><br />□ 6/24(金) 成田空港→オランダ スキポ-ル空港乗継ぎ→ミュンヘン空港  ミュンヘン泊 <br />□ 6/25(土) ノイシュバンシュタイン城,ヴィ-ス教会 ミュンヘン泊<br />□ 6/26(日) 日中 ケ-ニヒス湖,オ-バ-湖(Obersee ) <br />□ 6/26(日)  夜   ミュンヘン旧市街  ミュンヘン泊<br />□ 6/27(月) 午前 ミュンヘン旧市街<br />□ 6/27(月) 午前 ハイデルベルク旧市街 ハイデルベルク泊<br />□ 6/28(火) 午前 ハイデルベルク<br />□ 6/28(火) 午後 ヴュルツブルク  ロ-テンブルク泊<br />■ 6/29(水) 午前 ディンケルスビュール<br />□ 6/29(水) 午後 ニュルンベルク<br />□ 6/29(水) 夜 ロ-テンブルク旧市街  ロ-テンブルク泊<br />□ 6/30(木) 午前 ロ-テンブルク<br />□ 6/30(木) 午後 フランクフルト  フランクフルト泊<br />□ 7/1 (金) ライン川下り(リュ-デスハイム→ボッパルト),<br />                マインツ  ケルン泊<br />□ 7/2 (土) 午後 アムステルダム ザ-ンセ・スカンス アムステルダム泊<br />□ 7/3 (日) 日中  アムステルダム旧市街観光<br />□ 7/3 (日) 夕方  オランダ スキポ-ル空港発(成田直行)機内泊 <br />    7/4 (月) 成田空港着<br /><br />画像は手前にヴェルニッツ川、遠くにディンケルスビュ-ルの街。<br /><br />歴史<br />住民の大部分はアレマン人。<br />1188年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(バルバロッサ:赤髭王)が、「ティンケルスプーエル城(Burgum Tinkelspuhel)」を五男のコンラート・フォン・ローテンブルクに与えたとする文書が残っている。<br />1274年、ディンケルスビュールは帝国自由都市として認められた。<br />1618年の30年戦争から第2次世界大戦迄大きな被害はなかったため中世の面影が残った。<br />30年戦争の際、スェ-デン軍に街が破壊されそうになったとき子供たちが街を破壊しないよう懇願し願いが聞き入れられた。<br />現在、子供が主役の歴史祭りキンダーツェッヒェDie Kinderzecheが7月第3週行われ市民による歴史劇とパレードが繰り広げられている。<br />観光的にはこの祭りとクリスマスマ-ケットがこの街の最大の見物であろう。1806年にはバイエルン王国に編入された。1826年に、バイエルン王ルートヴィヒ1世の通達により王国内の城塞の破壊が禁止され城壁を含めた旧市街の維持が意識的に図られる。<br />第1次世界大戦、第2次世界大戦でほとんど被害を受けなかった。

2016年 ドイツの旅(7)ディンケルスビュ-ル 時の流れが緩やかな中世の街を散策

14いいね!

2016/06/29 - 2016/06/29

24位(同エリア80件中)

旅行記グループ 2016年 ドイツの旅

2

54

MK988さん

ディンケルスビュールはロ-テンブルクから40kmほど離れた要塞街で電車が廃止されバスの本数が少なく車で来ないと不便な場所だ。
14世紀から17世紀の中世から近世迄で発展が停まったので昔の時代の面影が残っている。
聖ゲオルク教会と塔が目を惹くが教会前の広場(Weinmarkt)はロ-テンブルクより大きくはなく街並みも派手さが少ない。
交通が不便なおかげで雰囲気が似ているロ-テンブルクよりのんびりしている。観光スポットはこの街全体の街並みだろう。
東山魁夷曰く「当てもなく歩くのにふさわしい風情を見せている」。
街歩きに頼りにするのは街の4つの門と塔。
ディンケルスビュールのロ-テンブルク門から外に出ると花が咲いている庭園があり水鳥と池から見る街の景色に癒される。
時がゆっくり流れる街を城壁の中と外を散策することをお奨めする。
因みにこの街のモットーは『川と草地のロマンティック』。

□ 6/24(金) 成田空港→オランダ スキポ-ル空港乗継ぎ→ミュンヘン空港 ミュンヘン泊
□ 6/25(土) ノイシュバンシュタイン城,ヴィ-ス教会 ミュンヘン泊
□ 6/26(日) 日中 ケ-ニヒス湖,オ-バ-湖(Obersee )
□ 6/26(日) 夜 ミュンヘン旧市街 ミュンヘン泊
□ 6/27(月) 午前 ミュンヘン旧市街
□ 6/27(月) 午前 ハイデルベルク旧市街 ハイデルベルク泊
□ 6/28(火) 午前 ハイデルベルク
□ 6/28(火) 午後 ヴュルツブルク ロ-テンブルク泊
■ 6/29(水) 午前 ディンケルスビュール
□ 6/29(水) 午後 ニュルンベルク
□ 6/29(水) 夜 ロ-テンブルク旧市街 ロ-テンブルク泊
□ 6/30(木) 午前 ロ-テンブルク
□ 6/30(木) 午後 フランクフルト フランクフルト泊
□ 7/1 (金) ライン川下り(リュ-デスハイム→ボッパルト),
マインツ ケルン泊
□ 7/2 (土) 午後 アムステルダム ザ-ンセ・スカンス アムステルダム泊
□ 7/3 (日) 日中 アムステルダム旧市街観光
□ 7/3 (日) 夕方 オランダ スキポ-ル空港発(成田直行)機内泊
7/4 (月) 成田空港着

画像は手前にヴェルニッツ川、遠くにディンケルスビュ-ルの街。

歴史
住民の大部分はアレマン人。
1188年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(バルバロッサ:赤髭王)が、「ティンケルスプーエル城(Burgum Tinkelspuhel)」を五男のコンラート・フォン・ローテンブルクに与えたとする文書が残っている。
1274年、ディンケルスビュールは帝国自由都市として認められた。
1618年の30年戦争から第2次世界大戦迄大きな被害はなかったため中世の面影が残った。
30年戦争の際、スェ-デン軍に街が破壊されそうになったとき子供たちが街を破壊しないよう懇願し願いが聞き入れられた。
現在、子供が主役の歴史祭りキンダーツェッヒェDie Kinderzecheが7月第3週行われ市民による歴史劇とパレードが繰り広げられている。
観光的にはこの祭りとクリスマスマ-ケットがこの街の最大の見物であろう。1806年にはバイエルン王国に編入された。1826年に、バイエルン王ルートヴィヒ1世の通達により王国内の城塞の破壊が禁止され城壁を含めた旧市街の維持が意識的に図られる。
第1次世界大戦、第2次世界大戦でほとんど被害を受けなかった。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 8:03<br />ロ-テンブルク駅前から路線バスに乗車<br />7:56発 807線ロ-テンブルク駅 Dombühl Bahnhof 行き乗車<br />8:29着  終点Dombühl Bahnhof下車<br />Dombühl Bahnhof乗換え<br />8:40 発   813線Gymnasium,Dinkelsbühl行き乗車<br />9:18 Am Staufenwall Dinkelsbuhlで下車

    8:03
    ロ-テンブルク駅前から路線バスに乗車
    7:56発 807線ロ-テンブルク駅 Dombühl Bahnhof 行き乗車
    8:29着 終点Dombühl Bahnhof下車
    Dombühl Bahnhof乗換え
    8:40 発 813線Gymnasium,Dinkelsbühl行き乗車
    9:18 Am Staufenwall Dinkelsbuhlで下車

  • 9:25<br />Am Staufenwall Dinkelsbuhlバス停からヴェルニッツ通りを歩きディンケルスビュ-ルの街の中へ。

    9:25
    Am Staufenwall Dinkelsbuhlバス停からヴェルニッツ通りを歩きディンケルスビュ-ルの街の中へ。

  • 9:27<br />東のヴェルニッツ門 Wörnitztor<br />この先にディンケルスビュ-ルの街がある。<br />

    9:27
    東のヴェルニッツ門 Wörnitztor
    この先にディンケルスビュ-ルの街がある。

  • 拡大<br />左 ディンケルスビュ-ルの紋章<br />右 神聖ロ-マ帝国の紋章

    拡大
    左 ディンケルスビュ-ルの紋章
    右 神聖ロ-マ帝国の紋章

  • 9:27<br />ヴェルニッツ川を渡る<br />

    9:27
    ヴェルニッツ川を渡る

  • 9:29<br />手前にライオンの噴水Löwenbrunnen、奥の円錐の屋根の建物が聖ゲオルク教会。

    イチオシ

    9:29
    手前にライオンの噴水Löwenbrunnen、奥の円錐の屋根の建物が聖ゲオルク教会。

  • 噴水を拡大

    噴水を拡大

  • 9:36<br />ワイン広場(Weinmarkt)前<br />右に「ドイチェス・ハウス」<br />

    9:36
    ワイン広場(Weinmarkt)前
    右に「ドイチェス・ハウス」

  • 1440年頃に建てられた細工が細やかな「ドイチェス・ハウス」 Deutsches Haus<br />切妻屋根の木組みの建物,現在はホテル兼レストラン。

    1440年頃に建てられた細工が細やかな「ドイチェス・ハウス」 Deutsches Haus
    切妻屋根の木組みの建物,現在はホテル兼レストラン。

  • 9:37<br />ワイン広場(Weinmarkt)前<br />

    9:37
    ワイン広場(Weinmarkt)前

  • 9:39<br />聖ゲオルク教会 St.-Georgs-Münster<br />ニコラウス・エーゼラー父子によって1448年から1499年にかけて建てられたゴシック様式の教会。<br />

    9:39
    聖ゲオルク教会 St.-Georgs-Münster
    ニコラウス・エーゼラー父子によって1448年から1499年にかけて建てられたゴシック様式の教会。

  • 9:41<br />アーチが幾重にもつながる天井。<br />

    9:41
    アーチが幾重にもつながる天井。

  • 祭壇を拡大

    祭壇を拡大

  • 祭壇画

    祭壇画

  • 9:41<br />後方にパイプオルガン

    9:41
    後方にパイプオルガン

  • 拡大<br />

    拡大

  • 黄色のシャツを着た男性がオルガン曲を演奏していた。<br />癒されるひととき。

    黄色のシャツを着た男性がオルガン曲を演奏していた。
    癒されるひととき。

  • 9:44<br />裏手の豪華な扉。<br />塔の上に登れることを知らずに教会を退出。

    9:44
    裏手の豪華な扉。
    塔の上に登れることを知らずに教会を退出。

  • 9:50<br />教会前広場の路上の果物の売店

    9:50
    教会前広場の路上の果物の売店

  • イチゴを買って食べる、日本のイチゴより少し酸味が強い。

    イチゴを買って食べる、日本のイチゴより少し酸味が強い。

  • 10:24<br />イベントホ-ル Schrannen - Festsaal <br />1階にはジャズ演奏会のポスタ-掲示。<br />

    10:24
    イベントホ-ル Schrannen - Festsaal
    1階にはジャズ演奏会のポスタ-掲示。

  • 10:25<br />聖ゲオルク教会からこの辺迄がワイン広場(Weinmarkt)<br />かつてワインの店が多かったところ。<br />

    10:25
    聖ゲオルク教会からこの辺迄がワイン広場(Weinmarkt)
    かつてワインの店が多かったところ。

  • 10:25<br />正面の赤い建物 Hotel-Restaurant-Weinkeller Eisenkrug<br /><br /><br />

    10:25
    正面の赤い建物 Hotel-Restaurant-Weinkeller Eisenkrug


  • 10:26<br />マルチン・ルタ-通り<br />正面 	新聞社 Fränkische Landeszeitung<br /><br /> <br />

    10:26
    マルチン・ルタ-通り
    正面 新聞社 Fränkische Landeszeitung


  • 10:27<br />マルチン・ルタ-通り<br />正面 パン屋兼カフェ Liebi&#39;s Stadtcafé <br />

    10:27
    マルチン・ルタ-通り
    正面 パン屋兼カフェ Liebi's Stadtcafé

  • 10:28<br />マルチン・ルタ-通り<br />奥にロ-テンブルク門<br />

    10:28
    マルチン・ルタ-通り
    奥にロ-テンブルク門

  • 北のロ-テンブルク門

    北のロ-テンブルク門

  • 10:29<br />歩いてきた道を振り返る<br />左 塔のある教会 Heilig-Geist-Kirche

    10:29
    歩いてきた道を振り返る
    左 塔のある教会 Heilig-Geist-Kirche

  • 10:32<br />ロ-テンブルク門 入口

    10:32
    ロ-テンブルク門 入口

  • 10:32<br />城壁の外へ出る

    10:32
    城壁の外へ出る

  • 10:34<br />右に茶色の円錐の屋根のファウル塔(怠け者の塔 ) Faulturm<br />

    イチオシ

    10:34
    右に茶色の円錐の屋根のファウル塔(怠け者の塔 ) Faulturm

  • 10:37<br />赤、青、白の色とりどりの花。

    10:37
    赤、青、白の色とりどりの花。

  • 10:37<br />池の向こう岸にロ-テンブルク門、手前では水鳥が日向ぼっこ。<br />この風景は600年前も同じだったに違いない。

    イチオシ

    10:37
    池の向こう岸にロ-テンブルク門、手前では水鳥が日向ぼっこ。
    この風景は600年前も同じだったに違いない。

  • 水鳥を拡大

    水鳥を拡大

  • 10:38<br />市門の外の街(フォアシュタット)、家は重厚。

    10:38
    市門の外の街(フォアシュタット)、家は重厚。

  • 10:41<br />池に沿ってファウル塔  Faulturmの方へ歩く

    10:41
    池に沿ってファウル塔 Faulturmの方へ歩く

  • 10:43<br />城壁の外は木々に囲まれ直射日光を浴びず散策に最適な道。<br />犬と散歩している人が前に。

    10:43
    城壁の外は木々に囲まれ直射日光を浴びず散策に最適な道。
    犬と散歩している人が前に。

  • 10:48<br />ゼークリンガー門 Segringer Tor<br />

    10:48
    ゼークリンガー門 Segringer Tor

  • 10:51<br />どっしりしている家。<br />60年前の子供の頃、故郷札幌で茶色のレンガの外壁で雪が落ちやすいよう急勾配の屋根のこの画像の家と似た形の家を見かけた。<br />今の札幌は屋根が急勾配の場合は明るい色のモルタルやサイディングの外壁の民家が多い。<br />ドイツ人は窓が小さく機能的でなくても古いもののデザインの良さを認めて修繕を繰り返して古い家に住む人がいるようだ。<br /><br />

    10:51
    どっしりしている家。
    60年前の子供の頃、故郷札幌で茶色のレンガの外壁で雪が落ちやすいよう急勾配の屋根のこの画像の家と似た形の家を見かけた。
    今の札幌は屋根が急勾配の場合は明るい色のモルタルやサイディングの外壁の民家が多い。
    ドイツ人は窓が小さく機能的でなくても古いもののデザインの良さを認めて修繕を繰り返して古い家に住む人がいるようだ。

  • 10:52<br />中央奥に重なっているのは三人の王の塔(ドライケーニヒス塔:手前)と緑の塔(グリューナー塔:奥)か。<br />贅沢な景色の道で犬を連れて散歩する人は羨ましい。<br />リッチというのはお金によるものではなくこういう空間で毎日暮らすことができる人が豊かな人と思う。

    10:52
    中央奥に重なっているのは三人の王の塔(ドライケーニヒス塔:手前)と緑の塔(グリューナー塔:奥)か。
    贅沢な景色の道で犬を連れて散歩する人は羨ましい。
    リッチというのはお金によるものではなくこういう空間で毎日暮らすことができる人が豊かな人と思う。

  • 塔を拡大

    塔を拡大

  • 西のゼークリンガー門 Segringer Tor

    西のゼークリンガー門 Segringer Tor

  • 10:53<br />ゼークリンガー門 入口

    10:53
    ゼークリンガー門 入口

  • 10:55<br />ゼークリンガー通り<br />ゼークリンガー門 付近から聖ゲオルク教会(正面)

    10:55
    ゼークリンガー通り
    ゼークリンガー門 付近から聖ゲオルク教会(正面)

  • 10:57<br />ゼークリンガー通り<br />パン屋 Altstadtbäckerei Eichner付近から<br />ここからの街並みの美しさはロ-テンブルクにひけをとらない。

    イチオシ

    10:57
    ゼークリンガー通り
    パン屋 Altstadtbäckerei Eichner付近から
    ここからの街並みの美しさはロ-テンブルクにひけをとらない。

  • 11:02<br />ゼークリンガー通り<br />アイスクリ-ム店 Crema Gelato Dinkelsbühl 付近<br />年代の古そうな家が連なる商店街<br /><br />

    11:02
    ゼークリンガー通り
    アイスクリ-ム店 Crema Gelato Dinkelsbühl 付近
    年代の古そうな家が連なる商店街

  • 11:14<br />ゼークリンガー通り<br />緑の建物 Hotel Restaurant PIAZZA<br />聖ゲオルク教会から50mほど

    11:14
    ゼークリンガー通り
    緑の建物 Hotel Restaurant PIAZZA
    聖ゲオルク教会から50mほど

  • 11:15<br />ゼークリンガー通り<br />右は図書館 Stadtbibliothek Dinkelsbühl<br />聖ゲオルク教会前<br />

    11:15
    ゼークリンガー通り
    右は図書館 Stadtbibliothek Dinkelsbühl
    聖ゲオルク教会前

  • 11:21<br />ネルドリンガ-通り <br />メガネ店 Brillen Schmidt付近<br />白い窓枠の4軒の家は各外壁が一体になったパッチワ-クみたいに見える。

    11:21
    ネルドリンガ-通り
    メガネ店 Brillen Schmidt付近
    白い窓枠の4軒の家は各外壁が一体になったパッチワ-クみたいに見える。

  • 11:24<br />ネルドリンガ-通り <br />緑系とベ-ジュ・オレンジ系の色の外壁の家が交互に建ちデザイン化された空間を形成。

    11:24
    ネルドリンガ-通り
    緑系とベ-ジュ・オレンジ系の色の外壁の家が交互に建ちデザイン化された空間を形成。

  • 11:25<br />南のネルドリンガ-門 正面

    11:25
    南のネルドリンガ-門 正面

  • 11:28<br />ネルドリンガ-門から城壁の外へ出る。<br />いよいよこの街と別れの時が来た。

    11:28
    ネルドリンガ-門から城壁の外へ出る。
    いよいよこの街と別れの時が来た。

  • ネルドリンガ-門を拡大

    ネルドリンガ-門を拡大

  • 11:30<br />手前にヴェルニッツ川が流れ、遠くにディンケルスビュ-ルの街。<br />ヴェルニッツ島の前からディンケルスビュ-ルのモットー『川と草地のロマンティック』を具現化した風景を見る。<br />2時間の滞在ながらドイツの街並みの良い景色に沢山出会え収穫の多い旅だった。<br />これからアンスバッハ経由でニュルンベルク へ向う<br />805線のバス  Inselwiese,Ansbach行き<br />ディンケルスビュ-ルZOB  Schwedenwiese  11:38発<br />アンスバッハ駅     Ansbach Bahnhof            12:37着<br />バスから電車に乗り換え<br />アンスバッハ Ansbach                12:50発  電車 RE19911<br />ニュルンベルク    Nürnberg Hbf   13:25着<br />

    イチオシ

    11:30
    手前にヴェルニッツ川が流れ、遠くにディンケルスビュ-ルの街。
    ヴェルニッツ島の前からディンケルスビュ-ルのモットー『川と草地のロマンティック』を具現化した風景を見る。
    2時間の滞在ながらドイツの街並みの良い景色に沢山出会え収穫の多い旅だった。
    これからアンスバッハ経由でニュルンベルク へ向う
    805線のバス Inselwiese,Ansbach行き
    ディンケルスビュ-ルZOB Schwedenwiese 11:38発
    アンスバッハ駅 Ansbach Bahnhof 12:37着
    バスから電車に乗り換え
    アンスバッハ Ansbach 12:50発 電車 RE19911
    ニュルンベルク Nürnberg Hbf 13:25着

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2016年 ドイツの旅

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • イタリア大好きさん 2019/03/11 11:21:48
    ディンケルスピュールに路線バスでアクセスはすごいですね。
     イタリア大好きです。たくさんの投票ありがとうございます。
     
     「ディンケルスピュール」と「ネルトリンゲン」は列車でのアクセスがむつかしいということで、私は時間がかかるのと、ゆっくり観光できないのを承知で「ヨーロッパバス」を選択したのですが「MK988」さんは事もなげに「路線バス」でアクセスするんですね。ニースでも感じたんですが、「路線バス」って使いこなせると便利なんですが、1泊や日帰りで乗るのはハードルが高く感じました。

     「フュッセン」でノイシュバンシュタイン城を見た後、列車でミュンヘンに戻り、そこからICEでヴェルツブルグで1泊、再び列車でローテンブルクも考えたのですが(この場合、ヴィース教会は自力でいかなければいけませんが)、「ディンケルスピュール」「ネルトリンゲン」「アウクスブルグ」にちょこっと寄りたくて、「ヨーロッパバス」にしました。

    この選択はいかがでしょう。1か月前でも迷っています。一応ヴェルツブルグからフランクフルトへのICEは予約したのでそれには乗りたいのですが、バスでの「フュッセン」=>「ローテンブルク」=>「ヴェルツブルグ」の移動はしんどいような気も。

    また、寄りますね。
    イタリア大好き。

    MK988さん からの返信 2019/03/11 15:13:48
    RE: ディンケルスピュールに路線バスでアクセスはすごいですね。
    イタリア大好きさんへ
     
    >  「ディンケルスピュール」と「ネルトリンゲン」は列車でのアクセスがむつかしいということで、私は時間がかかるのと、ゆっくり観光できないのを承知で「ヨーロッパバス」を選択したのですが「MK988」さんは事もなげに「路線バス」でアクセスするんですね。ニースでも感じたんですが、「路線バス」って使いこなせると便利なんですが、1泊や日帰りで乗るのはハードルが高く感じました。

    A.観光の仕方について

    1.「ヨーロッパバス」で観光は団体のツア−と同じで効率よく観光地を移動
    電車と違いス−ツケ−スを運ばなくて良いので体力が温存できます。

    2.拠点の街を決めて路線バスで2ケ所位の観光地を移動
    路線バスにス−ツケ−スを乗せての移動はドイツと日本は同じで通路をふさぎ無理そうで迷惑乗車です。

    1.のように色々な街を見たい
    2.のようにヴィ−ス教会やアウクスブルクの市庁舎の黄金の間をじっくりみる、ディンケルビュ−ルの街歩きをじっくり楽しみたい

    欲をいえば最初のドイツ旅行は1.で、2度目のドイツ旅行は2.で行うと理想的ですね。
    ヴィ−ス教会は規模が小さいので2度目は行きたくならないと思います。

    イタリア大好きさんの旅行記を見ると1.の色々なところをさ-っと歩いて観光ガイドを旅行記にされているようにお見受けします。
    私が2のパタ−ンに近いのは写真をじっくり撮影する時間が必要なためです。

    「ヨーロッパバス」で旅行している人の旅行記の内容と個別に街をじっくり観光してる人の旅行記を比較され、ご自分に向いているのはどちらか決めてはいかがでしょうか?

    B.交通機関の検索方法について (ご存じだと思いますが)
    1.GOOGLEの地図で上と下に行き先の地名を2ケ所入れて電車マ−クで検索
    2.ドイツ鉄道 英語バ−ジョンhttps://www.bahn.com/enで検索。
    3.路線バスの路線と時刻表は根気よく地元のバス会社から調べる

    C.タクシ−の利用について
    タクシ−利用は駅から近距離なら時間短縮となり高くはありません。
    ドイツは流しのタクシ−は少ないようですが、大きな都会の駅には停まっています。
    地方の街ロ−テンブルクは駅前に1台だけで客を乗せたら駅前は停車0台になります。
    ドイツの近距離のタクシ−運賃は日本と同じくらいだったと思います。
    例 フランクフルト
    https://www.otoa.com/support/city_detail.php?area=I&country=DE&city=FRA&kdde=13

    D.バイエルンチケット1等で手配の場合
    ドイツ鉄道ICEの移動は1等車で座席を予約すれば確実に座れます。
    フランクフルトからのICEはビジネスマンで混んでいて満員状態の時がありました。
    予約席は日本円で1000円はしないと思います。

    MK988より

MK988さんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集