北大東・南大東島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
フォートラベルの「沖縄の島旅 体験レポートキャンペーン」なるものに、なんと!当選してしまった。<br />2019年早々に今年の運を使い果たした感あり。<br />それはともかく、当選通知が来てからのドタバタよ・・・<br /><br />4トラ事務局の方々との打ち合わせや、宿とレンタカーの手配、観光スポットや歴史やら諸々の下調べ、大東経験者である「紫音さん」「notchさん」らに問い合わせ、よくある「ペアご招待」と勝手に思い込んだ相方の説得(笑)などなど…<br /><br />今回の島旅はあらかじめルートが決められていて、那覇→南大東→北大東→那覇を空路で移動する。幹線と違って1日1便でしかも火曜出発と言う。<br />まさか週半ばに3日間休暇を取るわけにもいかず、一週間の休暇を申請し、仕事を調整。<br /><br />そんなこんなのドタバタはあったものの、兎にも角にも準備を整えていざ出発!<br /><br />【アドバイスいただいた方の大東旅行記はこちら】<br />紫音さん・・・https://4travel.jp/travelogue/11451992<br />notchさん・・・https://4travel.jp/travelogue/11420094

絶海の孤島に明治のフロンティア・スピリッツを見る ~南大東島の旅 1~

101いいね!

2019/02/05 - 2019/02/06

6位(同エリア113件中)

旅行記グループ 大東島

7

45

琉球熱

琉球熱さん

この旅行記スケジュールを元に

フォートラベルの「沖縄の島旅 体験レポートキャンペーン」なるものに、なんと!当選してしまった。
2019年早々に今年の運を使い果たした感あり。
それはともかく、当選通知が来てからのドタバタよ・・・

4トラ事務局の方々との打ち合わせや、宿とレンタカーの手配、観光スポットや歴史やら諸々の下調べ、大東経験者である「紫音さん」「notchさん」らに問い合わせ、よくある「ペアご招待」と勝手に思い込んだ相方の説得(笑)などなど…

今回の島旅はあらかじめルートが決められていて、那覇→南大東→北大東→那覇を空路で移動する。幹線と違って1日1便でしかも火曜出発と言う。
まさか週半ばに3日間休暇を取るわけにもいかず、一週間の休暇を申請し、仕事を調整。

そんなこんなのドタバタはあったものの、兎にも角にも準備を整えていざ出発!

【アドバイスいただいた方の大東旅行記はこちら】
紫音さん・・・https://4travel.jp/travelogue/11451992
notchさん・・・https://4travel.jp/travelogue/11420094

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
同行者
一人旅
交通手段
レンタカー JALグループ スカイマーク
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 【予習の項】<br /><br />南(北)大東島、聞いたことはあってもどこにあるのかよくわからないという人も多いのではなかろうか?<br />台風の進路予想等で頻繁に登場する名前だが、それ以上のことは意外に知られていない。県内の観光客を誘致するキャンペーンを張っているくらいだから、沖縄の中でも異色なのだ。<br /><br />大東島は那覇の東方約360kmの場所にある南北二つの島だ。空路で約1時間、海路で約15時間。南北両島の距離は約8kmで、フライトはわずか5分、定期便空路としては日本最短だという。<br /><br />サトウキビ農業と漁業が中心。<br />断崖絶壁に囲まれた島の海は荒々しく、うねりが大きいために船は岸壁に接岸できず、人も荷物もクレーンで釣り上げられたゴンドラで乗下船する・・・

    【予習の項】

    南(北)大東島、聞いたことはあってもどこにあるのかよくわからないという人も多いのではなかろうか?
    台風の進路予想等で頻繁に登場する名前だが、それ以上のことは意外に知られていない。県内の観光客を誘致するキャンペーンを張っているくらいだから、沖縄の中でも異色なのだ。

    大東島は那覇の東方約360kmの場所にある南北二つの島だ。空路で約1時間、海路で約15時間。南北両島の距離は約8kmで、フライトはわずか5分、定期便空路としては日本最短だという。

    サトウキビ農業と漁業が中心。
    断崖絶壁に囲まれた島の海は荒々しく、うねりが大きいために船は岸壁に接岸できず、人も荷物もクレーンで釣り上げられたゴンドラで乗下船する・・・

  • そんな南大東島は、元々はるか南のニューギニア沖で生まれ、そこから4800万年もかけて3000km以上も移動し、今の場所にやってきた。<br />なんとも気が遠くなるような話。<br />「4800万年」と言われても、「ニューギニアから移動した」と言われても、正直ピンとこない。<br />しかし、入植してまだ100年。これならピンとくる。<br /><br />『島4800万年 人100年』<br /><br />島の食堂で見かけたポスター。<br />なるほど、これは良いフレーズ。<br />まらばその100年をちょっと偲んでみよう。

    そんな南大東島は、元々はるか南のニューギニア沖で生まれ、そこから4800万年もかけて3000km以上も移動し、今の場所にやってきた。
    なんとも気が遠くなるような話。
    「4800万年」と言われても、「ニューギニアから移動した」と言われても、正直ピンとこない。
    しかし、入植してまだ100年。これならピンとくる。

    『島4800万年 人100年』

    島の食堂で見かけたポスター。
    なるほど、これは良いフレーズ。
    まらばその100年をちょっと偲んでみよう。

  • 空港売店にあった「ボロジノ娘」Tシャツ。<br /><br />島の中学生を中心とした民謡グループの名前だ。<br />ボロジノ娘の活動は15歳まで。なぜなら島には高校がない。中学を卒業すると子供たちは島を出て行かなければならないからだ。<br />そんな島の親子を描いた映画が『旅立ちの島唄 ~十五の春~』である。<br /><br />そもそも「ボロジノ」とは?<br />1820年にロシアの艦船ボロジノ号が航海の途中で現在の大東諸島を発見し、その船名にちなんで「ボロジノ島」と名付けたのがその由来である。<br /><br />古来、琉球人の間では“うふあがり島”(はるか東の島)と知られていたという。

    空港売店にあった「ボロジノ娘」Tシャツ。

    島の中学生を中心とした民謡グループの名前だ。
    ボロジノ娘の活動は15歳まで。なぜなら島には高校がない。中学を卒業すると子供たちは島を出て行かなければならないからだ。
    そんな島の親子を描いた映画が『旅立ちの島唄 ~十五の春~』である。

    そもそも「ボロジノ」とは?
    1820年にロシアの艦船ボロジノ号が航海の途中で現在の大東諸島を発見し、その船名にちなんで「ボロジノ島」と名付けたのがその由来である。

    古来、琉球人の間では“うふあがり島”(はるか東の島)と知られていたという。

  • 島の名物の一つ、大東寿司。<br /><br />那覇空港の売店でも売られているから、沖縄旅行の帰りに食べたことのある人も多いのでは?<br />みりん醤油に漬けたサワラ(時にマグロ)を使った、所謂「漬け」寿司である。<br />「寿司」も「漬け」も沖縄には珍しい食。<br />どこかで見たことないか?<br />そう、八丈島である。<br /><br />1900年から始まるこの島の開拓史は、遠く八丈島からの入植者たちによって幕を切る。<br /><br />【予習の項】終わり

    島の名物の一つ、大東寿司。

    那覇空港の売店でも売られているから、沖縄旅行の帰りに食べたことのある人も多いのでは?
    みりん醤油に漬けたサワラ(時にマグロ)を使った、所謂「漬け」寿司である。
    「寿司」も「漬け」も沖縄には珍しい食。
    どこかで見たことないか?
    そう、八丈島である。

    1900年から始まるこの島の開拓史は、遠く八丈島からの入植者たちによって幕を切る。

    【予習の項】終わり

  • さて、出発当日。<br />始発のスカイマーク、羽田はまだ目が覚めたばかり。

    さて、出発当日。
    始発のスカイマーク、羽田はまだ目が覚めたばかり。

    羽田空港 第1旅客ターミナル 空港

    まだまだ賑わいは戻らず by 琉球熱さん
  • 那覇到着は9:30なのに、那覇発は13:10。<br />なんというスケジュール… ま、タダだから文句は言えないけど。<br />3時間ほど那覇の街を散歩してきた。<br />南大東行きの待合室は1階。つまり沖止め=バス移動。<br />離島旅の風情、これも悪くない。

    那覇到着は9:30なのに、那覇発は13:10。
    なんというスケジュール… ま、タダだから文句は言えないけど。
    3時間ほど那覇の街を散歩してきた。
    南大東行きの待合室は1階。つまり沖止め=バス移動。
    離島旅の風情、これも悪くない。

    那覇空港 空港

    沖縄の玄関口 by 琉球熱さん
  • 那覇はあいにくの雨。

    那覇はあいにくの雨。

  • 高度を上げたボンバルディアが雨雲を突っ切ると、広がる青い空。

    高度を上げたボンバルディアが雨雲を突っ切ると、広がる青い空。

  • 虹の輪に囲まれた機影

    虹の輪に囲まれた機影

  • 島が見えてきた。<br />噂通りの断崖の連続。

    イチオシ

    地図を見る

    島が見えてきた。
    噂通りの断崖の連続。

    南大東島 自然・景勝地

    絶海、孤島、開拓、サトウキビ by 琉球熱さん
  • 広大な農地が見えてきて

    広大な農地が見えてきて

  • 遂に到着、南大東島。

    遂に到着、南大東島。

    南大東空港 空港

    意外に充実 by 琉球熱さん
  • いいなぁ、この光景。<br />離島にやってきた!感満載。

    いいなぁ、この光景。
    離島にやってきた!感満載。

  • まずは南大東漁港へ。<br />島の北部にあり、うっすらと北大東が望める。

    まずは南大東漁港へ。
    島の北部にあり、うっすらと北大東が望める。

    南大東漁港 名所・史跡

    大事業で完成した大規模漁港 by 琉球熱さん
  • この漁港が凄い。<br />まるで要塞のようだ。<br />しかしこの要塞にも、島ならではの苦悩があった。

    この漁港が凄い。
    まるで要塞のようだ。
    しかしこの要塞にも、島ならではの苦悩があった。

    南大東漁港 名所・史跡

    大事業で完成した大規模漁港 by 琉球熱さん
  • 港に設置された事業説明のパネル。<br /><br />島の北部(赤丸部分)に漁港がある。<br />通常と違うのはその造り方。<br />普通の港は、海辺に防波堤を造り、テトラを入れて造られていく。<br />一方、南大東漁港は「岩盤掘り込み方式」と言う工法で、下図のように陸地自体を掘削して造るもの。<br /><br />周辺の海は普段からうねりが強い。だから通常の工法では港が造れない。加えて断崖絶壁で漁船は接岸できず、クレーンで船を上げ下ろししてきたのだ。<br /><br />普通に使える漁港、こんななんでもないことが漁業関係者の切実な夢だったとは。<br /><br />そんな背景があって採用されたのが「岩盤掘り込み方式」というわけ。島の岩盤を東京ドーム2杯分も掘り抜いたというから、その規模がわかろうというもの。<br />この大規模事業は到底自治体の手に負えるものではない。<br />国の事業として約300億円を投じて完成、式典には国交大臣も参列したという。<br /><br />避難港としての役割も担い、対面の北大東島にも同様の大規模漁港が造られた。<br />風向きによって使い分けるというわけだ。<br />南大東島から見える北大東島の白い部分は、実はこの港と対になった大規模漁港なのだ。

    港に設置された事業説明のパネル。

    島の北部(赤丸部分)に漁港がある。
    通常と違うのはその造り方。
    普通の港は、海辺に防波堤を造り、テトラを入れて造られていく。
    一方、南大東漁港は「岩盤掘り込み方式」と言う工法で、下図のように陸地自体を掘削して造るもの。

    周辺の海は普段からうねりが強い。だから通常の工法では港が造れない。加えて断崖絶壁で漁船は接岸できず、クレーンで船を上げ下ろししてきたのだ。

    普通に使える漁港、こんななんでもないことが漁業関係者の切実な夢だったとは。

    そんな背景があって採用されたのが「岩盤掘り込み方式」というわけ。島の岩盤を東京ドーム2杯分も掘り抜いたというから、その規模がわかろうというもの。
    この大規模事業は到底自治体の手に負えるものではない。
    国の事業として約300億円を投じて完成、式典には国交大臣も参列したという。

    避難港としての役割も担い、対面の北大東島にも同様の大規模漁港が造られた。
    風向きによって使い分けるというわけだ。
    南大東島から見える北大東島の白い部分は、実はこの港と対になった大規模漁港なのだ。

  • 空から見ると、この港が島に食い込むような形で造られていることがよくわかる。<br /><br />係留施設ができたことで、クレーンでの上げ下ろしが不要となり、漁船も徐々に大型化しているという。<br /><br />利用開始は2002年頃。<br />わずか十数年前である。あまりに最近のことに絶句する

    空から見ると、この港が島に食い込むような形で造られていることがよくわかる。

    係留施設ができたことで、クレーンでの上げ下ろしが不要となり、漁船も徐々に大型化しているという。

    利用開始は2002年頃。
    わずか十数年前である。あまりに最近のことに絶句する

  • 島の経済の屋台骨、サトウキビ栽培は今が正に書き入れ時。

    島の経済の屋台骨、サトウキビ栽培は今が正に書き入れ時。

  • 刈取りが済んだ圃場(畑)とこれからの圃場<br />島内はどこに行ってもサトウキビ畑

    刈取りが済んだ圃場(畑)とこれからの圃場
    島内はどこに行ってもサトウキビ畑

  • 離島ならではの給水(貯水)塔<br />海水の淡水化も行われているそうだ。

    離島ならではの給水(貯水)塔
    海水の淡水化も行われているそうだ。

  • 宿 KIRAKU<br />コテージタイプで快適だった。<br /><br />商業振興策の一環だろうか、割引券が付いていた。<br />大盤振る舞いだが夜しか使えないのは残念。

    宿 KIRAKU
    コテージタイプで快適だった。

    商業振興策の一環だろうか、割引券が付いていた。
    大盤振る舞いだが夜しか使えないのは残念。

    南大東 コテージ KIRAKU <南大東島> 宿・ホテル

    2名1室合計 17,000円~

    快適なコテージ by 琉球熱さん
  • さて、歴史の勉強をしよう。

    さて、歴史の勉強をしよう。

    ふるさと文化センター 美術館・博物館

    侮るなかれ、必見です by 琉球熱さん
  • 「ふるさと文化センター」は南大東島の歴史を学ぶには最適の施設。<br />開拓当時のものから

    「ふるさと文化センター」は南大東島の歴史を学ぶには最適の施設。
    開拓当時のものから

  • 戦時中の遺品や

    戦時中の遺品や

  • 漁具や農具も展示されている

    漁具や農具も展示されている

  • 今も不発弾が見つかるのは、やはり沖縄。<br />大東島は陸上戦こそなかったが空襲や艦砲射撃は受けたという。

    今も不発弾が見つかるのは、やはり沖縄。
    大東島は陸上戦こそなかったが空襲や艦砲射撃は受けたという。

  • 開拓史はこの人物抜きには語れない。玉置半右衛門。<br />1900年(明治33年)1月23日に八丈島出身の23人とともに上陸。<br />無人島だった島を開墾し、製糖工場を立ち上げ、沖縄初のトロッコ鉄道を走らせて事業を拡大、隣の北大東島でもリン鉱石採掘を始めた。<br /><br />まさに『開拓の祖』である。

    開拓史はこの人物抜きには語れない。玉置半右衛門。
    1900年(明治33年)1月23日に八丈島出身の23人とともに上陸。
    無人島だった島を開墾し、製糖工場を立ち上げ、沖縄初のトロッコ鉄道を走らせて事業を拡大、隣の北大東島でもリン鉱石採掘を始めた。

    まさに『開拓の祖』である。

  • 屋外に展示されている往時の蒸気機関車。<br />所謂「シュガートレイン」。<br /><br />この鉄道は島内を網羅していたというから、その財力たるや、恐るべし。

    屋外に展示されている往時の蒸気機関車。
    所謂「シュガートレイン」。

    この鉄道は島内を網羅していたというから、その財力たるや、恐るべし。

    南大東島 シュガートレイン 美術館・博物館

    南大東に行ったら必見 by 琉球熱さん
  • 国から南北大東島の払い下げを受け、島は玉置商会の社有地となった。<br />このため交通、通信や病院、学校なども会社が運営し、島内では会社発行の代用紙幣が流通していたというのだから驚く。<br />日本国の通貨が通用しない日本… これは一つの独立国家では?

    国から南北大東島の払い下げを受け、島は玉置商会の社有地となった。
    このため交通、通信や病院、学校なども会社が運営し、島内では会社発行の代用紙幣が流通していたというのだから驚く。
    日本国の通貨が通用しない日本… これは一つの独立国家では?

  • 島には当時のレールの跡が数か所残っている。<br />かつてここをサトウキビを満載したトロッコがガタゴトと走っていたのだ。<br /><br />その後玉置商会は急速に衰退し、大正期には東洋製糖に事業と島の所有権を売り渡してしまった。<br />戦前には同社を合併した大日本製糖(現・大日本明治製糖)が継承。

    島には当時のレールの跡が数か所残っている。
    かつてここをサトウキビを満載したトロッコがガタゴトと走っていたのだ。

    その後玉置商会は急速に衰退し、大正期には東洋製糖に事業と島の所有権を売り渡してしまった。
    戦前には同社を合併した大日本製糖(現・大日本明治製糖)が継承。

  • 製糖業を営む企業が島全体を所有し、行政まで支配するという異常な(と言っても当時はそれほど異常ではなかったのかもしれない)状態は、なんと戦後まで続く・・・<br /><br />1946年、沖縄のアメリカ軍政開始により村制が施行されたが、村民の土地所有権が認められたのは、1964年になってからだった。

    製糖業を営む企業が島全体を所有し、行政まで支配するという異常な(と言っても当時はそれほど異常ではなかったのかもしれない)状態は、なんと戦後まで続く・・・

    1946年、沖縄のアメリカ軍政開始により村制が施行されたが、村民の土地所有権が認められたのは、1964年になってからだった。

  • 玉置半右衛門翁と並んで紹介されていたのは元琉球列島高等弁務官ポール・W・キャラウェイ。<br /><br />大東の人々は、無人島を開拓し事業を興した玉置半右衛門の功績は認めつつも、その後の統治の有り様には複雑な思いがあるらしい。<br />一方で、占領軍の人間と言えど、キャラウェイ氏を村史に登場させるのは、「恩人」との思いがあるからだそうだ。

    玉置半右衛門翁と並んで紹介されていたのは元琉球列島高等弁務官ポール・W・キャラウェイ。

    大東の人々は、無人島を開拓し事業を興した玉置半右衛門の功績は認めつつも、その後の統治の有り様には複雑な思いがあるらしい。
    一方で、占領軍の人間と言えど、キャラウェイ氏を村史に登場させるのは、「恩人」との思いがあるからだそうだ。

  • 先に触れたように、村民に土地所有権を認める決定は、キャラウェイ氏の尽力があったからこそと言われている。<br />米軍将校の銅像など沖縄県内ではなかなか見られないが、ここでは村の恩人として胸像が建てられている。

    先に触れたように、村民に土地所有権を認める決定は、キャラウェイ氏の尽力があったからこそと言われている。
    米軍将校の銅像など沖縄県内ではなかなか見られないが、ここでは村の恩人として胸像が建てられている。

    ふるさと文化センター 美術館・博物館

    侮るなかれ、必見です by 琉球熱さん
  • 島の開拓は八丈島出身者によって始まったことは触れたが、最初の入植者が「大和」だった名残りが、この島では強く残っている。<br /><br />「おじゃりあれ」「あばよーい」と言った方言、大東ずし、神社、相撲(江戸相撲)などがそうだが、この地蔵も「大和」の文化だ。<br />右手の小さな地蔵は、この地で開拓民として働き他界した人物の奥方が建てたもの。<br />その後、奥方は一人で内地に戻ったという。

    島の開拓は八丈島出身者によって始まったことは触れたが、最初の入植者が「大和」だった名残りが、この島では強く残っている。

    「おじゃりあれ」「あばよーい」と言った方言、大東ずし、神社、相撲(江戸相撲)などがそうだが、この地蔵も「大和」の文化だ。
    右手の小さな地蔵は、この地で開拓民として働き他界した人物の奥方が建てたもの。
    その後、奥方は一人で内地に戻ったという。

  • 南大東島への上陸ポイントとなっている西港を見下ろす高台に作られた上陸記念碑。<br /><br />右の碑は、開拓主の玉置半右衛門の命により初上陸に成功した第一回洋丸船長小島岩松上陸記念碑<br />中が1904年に暴風雨に遭遇し沖縄近海で死亡した小島岩松と島の開拓に貢献し1912年に亡くなった開拓事務長長山田恵吉の碑<br />左が大東島開拓と鳥島爆発記念碑。<br /><br />突然鳥島の記念碑とはおかしな気もするが、玉置翁は鳥島のアホウドリで財を築いた経歴を持つ。開拓民の中には鳥島の出身者もいたらしい。

    南大東島への上陸ポイントとなっている西港を見下ろす高台に作られた上陸記念碑。

    右の碑は、開拓主の玉置半右衛門の命により初上陸に成功した第一回洋丸船長小島岩松上陸記念碑
    中が1904年に暴風雨に遭遇し沖縄近海で死亡した小島岩松と島の開拓に貢献し1912年に亡くなった開拓事務長長山田恵吉の碑
    左が大東島開拓と鳥島爆発記念碑。

    突然鳥島の記念碑とはおかしな気もするが、玉置翁は鳥島のアホウドリで財を築いた経歴を持つ。開拓民の中には鳥島の出身者もいたらしい。

    上陸記念碑 名所・史跡

    欲張りすぎて主旨不明に by 琉球熱さん
  • 突然、ダイトウオオコウモリ<br /><br />ここは西港の近くにあるキャンプ場、フロンティアパークとも呼ばれている場所のシャワー室。

    突然、ダイトウオオコウモリ

    ここは西港の近くにあるキャンプ場、フロンティアパークとも呼ばれている場所のシャワー室。

  • 水飲み場までコウモリ(笑)

    水飲み場までコウモリ(笑)

  • さらにトイレの入口には特大サイズ<br />夜は怖いな

    さらにトイレの入口には特大サイズ
    夜は怖いな

  • 敷地内には開拓百周年記念碑がある。<br />ちょうど夕陽を浴びて、なんだか神々しい。<br />碑の右に立つのは玉置翁、左側は開拓民。

    敷地内には開拓百周年記念碑がある。
    ちょうど夕陽を浴びて、なんだか神々しい。
    碑の右に立つのは玉置翁、左側は開拓民。

    南大東島 開拓百周年記念碑 名所・史跡

    上陸の丘に by 琉球熱さん
  • 西港旧ボイラー小屋<br /><br />西港を見下ろす位置に建つ石灰岩の建物。<br />これはかつて台風時に船舶を陸地に引き揚げておくためのウインチの原動力室だったもの。<br />南大東島では唯一文化財登録されている施設だ。<br />クレーンを使うようになってお役御免になったようだが、それにしても陸地からウインチで引き揚げるとは…

    西港旧ボイラー小屋

    西港を見下ろす位置に建つ石灰岩の建物。
    これはかつて台風時に船舶を陸地に引き揚げておくためのウインチの原動力室だったもの。
    南大東島では唯一文化財登録されている施設だ。
    クレーンを使うようになってお役御免になったようだが、それにしても陸地からウインチで引き揚げるとは…

    南大東島西港 旧ボイラー小屋 名所・史跡

    かつて船を引き揚げるための施設だった by 琉球熱さん
  • ミレニアムパーク<br /><br />妙なネーミングだが、夕陽を見るには良い場所だ。<br />堤防に描かれた絵は、小学生の卒業記念。

    ミレニアムパーク

    妙なネーミングだが、夕陽を見るには良い場所だ。
    堤防に描かれた絵は、小学生の卒業記念。

    ミレニアムパーク 公園・植物園

    夕陽のスポット by 琉球熱さん
  • 静かなショウタイムが始まった

    イチオシ

    静かなショウタイムが始まった

  • 夜、ちょっと外に出てみた。<br />夜が早い離島にしては不似合いな絵。<br />しかしこの時期はサトウキビ収穫のピーク、製糖工場は終夜操業。

    夜、ちょっと外に出てみた。
    夜が早い離島にしては不似合いな絵。
    しかしこの時期はサトウキビ収穫のピーク、製糖工場は終夜操業。

  • 見上げればプラネタリウムのような星空

    見上げればプラネタリウムのような星空

  • まだわずか100年の歴史…と言えども、無人島からの開拓は想像を超える艱難辛苦の連続であっただろう。<br />しかし開拓の黎明期が過ぎれば、今度は富める者とそうでない者の支配・対立構造が生まれ、支配側にも栄枯盛衰があり、封建的な支配構造が終わって民主化の一歩を踏み出してからわずか50年余である。<br /><br />南大東島開拓史、美談では済まされない歴史をしみじみ感じる一日だった。

    イチオシ

    まだわずか100年の歴史…と言えども、無人島からの開拓は想像を超える艱難辛苦の連続であっただろう。
    しかし開拓の黎明期が過ぎれば、今度は富める者とそうでない者の支配・対立構造が生まれ、支配側にも栄枯盛衰があり、封建的な支配構造が終わって民主化の一歩を踏み出してからわずか50年余である。

    南大東島開拓史、美談では済まされない歴史をしみじみ感じる一日だった。

101いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (7)

開く

閉じる

  • おかめ亭ちゃぴ丸_M社W接種さん 2019/02/17 21:39:33
    ダイトウオオコウモリ
    琉球熱さん、こんばんは
    シャワー室のダイトウオオコウモリ、センスすごいですね(笑)
    夜、徘徊中にうっかり見つけたらチビリそうです。
    体験レポートキャンペーンの大東島当選者は琉球熱さんでしたか!ちょいちょいお邪魔させてもらっているトラベラーさんが当たってると、なんだかこちらまで嬉しいです。
    冬なのに天気に恵まれたようで良かったですね(^-^)
    私は伊平屋・伊是名島の当選連絡をもらいましたが日程の都合がつかず結局辞退しました…軽い気持ちで応募して当選した後調べてみたらうちからは要前後泊でした…
    残念でしたけど、真冬の船移動もしんどいので行ける時に自力で行こうと思います。

    琉球熱さんの旅行記は本当に情報が濃く自分もその場所に行ったような気持ちになり、旅行できない時の妄想旅行を助けてくださいます。今夜は妄想ランデブーでダイトウオオコウモリと風呂トイレ別の宿に泊まって不発弾探します。
    またお邪魔させていただきます♪

    琉球熱

    琉球熱さん からの返信 2019/02/17 23:36:56
    RE: ダイトウオオコウモリ
    ちゃっぴぃさん、こんにちは!

    > 私は伊平屋・伊是名島の当選連絡をもらいましたが

    わっ! ここにも当選者!
    実は渡名喜の当選者もつながりのある人だったんですよ。

    そうですか、辞退・・・ それは残念でしたね。
    前泊ってことは午前の便で島に渡るスケジュールだったんですか?
    運天港まで遠いですからね。
    でも、伊平屋は八重山とは違った風情で興味深いですよ。海も人が少なくてキレイです。
    是非、行ってみてください。伊是名もいつか、と思いつつまだ果たせていません。

    > シャワー室のダイトウオオコウモリ、センスすごいですね(笑)

    すごいでしょ?(笑)
    でも、ダイトウオオコウモリって、所謂フルーツバットなのでカワイイ顔しているんですよね。島の人たちからも愛されているようです。

    旅行記、お褒めいただき光栄です。
    これからもちゃっぴぃさんの妄想の手助けできるよう精進します(笑)

    -------琉球熱-------
  • よーべんさん 2019/02/17 16:15:03
    おかえりなさーい
    どうもこんにちはー

    ~フロンティア・スピリッツを見る~
    めっちゃかっこいいタイトル!テレビの特番みたいで題名からグッときましたよ!

    ニューギニアからちょびちょび移動してきてたのは知ってましたが、人が定住してまだ100年なんですね。
    毎回那覇からヨロンへ行く時、隣の大東島行きの案内を見ててずっと憧れていました。
    港も青ヶ島みたいでおもしろそう。
    いつか行くときは行きは船、帰りは飛行機のプランにしようと思います。

    レポート旅行なだけあり情報大満載ですね!
    琉球の熱を帯びたレポート、サスガでございます。

    続きも楽しみにしてまーす


    よーべん

    らびたん

    らびたんさん からの返信 2019/02/17 16:26:50
    Re: おかえりなさーい
    琉球熱さん、よーべんさん
    横から失礼しまーす♪

    いやあ4トラ事務局の方も素晴らしい人選ですよね。
    私的にはお2人のどっちかが当たるといいなと思っていたので、
    希望かなって勝手にムフフと喜んでいました。

    >毎回那覇からヨロンへ行く時、隣の大東島行きの案内を見ててずっと憧れていました。
    これこれ!
    那覇からだと同じ1時台ですからね。
    私も与論いったとき隣が気になっていました!!

    琉球熱さんなんだからやっぱ沖縄の旅行記が一番好きです☆
    絶対に外せない歴史も非常にわかりやすいので、
    このままガイドブックになれますね。

    それにしても月初の平日火曜日からってw
    私だったら辞退しちゃうかも・・・ということを考え応募する勇気がありませんでした。
    会社になんて言ったんですか?!
    突然1週間休み・・・も妙だなと言われませんでしたか?^^

    らびたん

    琉球熱

    琉球熱さん からの返信 2019/02/17 23:22:07
    RE: Re: おかえりなさーい
    お〜 なんだい2人そろって!
    投票ありがとねー

    そーかい、そーかい。タイトル、そんなにヨカッタ?(*^^)v
    よーべんさんに顔向けできないモノは書けないなーと思っていたし(笑)

    > 港も青ヶ島みたいでおもしろそう。
    > いつか行くときは行きは船、帰りは飛行機のプランにしようと思います。

    それはベストな選択だね〜
    時間があったら私もそうしたかったよ
    「クレーン吊り」、一度は体験してみたいものだね。

    最初で最後かもしれないから、けっこう調べて行ったよ。
    さらに! 実は南では在住の人にいろいろ教えてもらったし、案内もしてもらったし。

    > 私的にはお2人のどっちかが当たるといいなと思っていたので、
    > 希望かなって勝手にムフフと喜んでいました。

    あ、コラコラ
    ネタばらししちゃダメ

    > 琉球熱さんなんだからやっぱ沖縄の旅行記が一番好きです☆

    海の中はナシでしたが、それでもよかった?

    > 会社になんて言ったんですか?!

    うむ。「休むぞ」と(笑)
    年度内で一週間の連続休暇を取れるから、割と平気。

    お尻(期限)切られていたから、けっこうきつかった〜(←旅行記アップ)

    これからクチコミだぁ〜(汗)

    -------琉球熱--------
  • momonga_bonさん 2019/02/17 06:36:49
    キャンペーン当選とは羨ましい
    琉球熱さん、こんにちわ。

    フォートラのキャンペーンで南大東島へ行ったとは。
    個人で行くには結構ハードルが高い場所なので羨ましいなぁ~。

    ところで。
    普段、ジェットに乗っているとプロペラ機に乗ると感動しません?
    あの低いタラップに感動した記憶があります。

    水は雨水と海水の淡水化とのことですが、こーゆー離島って電気はどうしているんですかね?ちょっと気になったので是非、レポートお願いします。

    星空も凄いし、綺麗な海もあって素敵な旅になりそうですね。
    次回は綺麗な海のレポートもお待ちしております。

    ----- momonga_bon -----

    琉球熱

    琉球熱さん からの返信 2019/02/17 23:28:53
    RE: キャンペーン当選とは羨ましい
    momonga_bonさん、こんにちは

    投票&書き込み、ありがとうございます。

    突然の当選通知でしたが、文字通り千載一遇のチャンスだったので、仕事よりも優先しました(笑)

    確かにプロペラ機は興奮しますね。
    あの、ブォ〜〜ンという音、頑張ってます―――――という感じで。

    電気は風力・太陽熱なども併用しているそうですよ。メインは本島からの供給のようですが。

    > 次回は綺麗な海のレポートもお待ちしております。

    ここはダイビングは無理っぽいです、私は。
    深くて早くて… 私のスキルじゃ無理ですね〜
    これでも3ケタの本数潜ってますが、明るくてまったりできる海ばっかりなので、こういうデンジャラスな海には潜れません(笑)

    -------琉球熱-------

琉球熱さんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集