ウィーン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ベオグラードからクラクフへ直接行くバスがないのでウィーンに立ち寄ることに。プラハから旅を続けて今の段階で最も印象に残っているこの街を、前回の滞在も踏まえ一日かけてあちこち巡る。<br /><br />8/21 福岡~上海<br />8/22 上海~モスクワ~プラハ<br />8/23 プラハ<br />8/24 プラハ~チェスキー・クルムロフ<br />8/25 チェスキー・クルムロフ<br />8/26 チェスキー・クルムロフ~ウィーン<br />8/27 ウィーン<br />8/28 ウィーン<br />8/29 ウィーン~ブラチスラバ<br />8/30 ブラチスラバ~ブダペスト<br />8/31 ブダペスト<br />9/1 ブダペスト<br />9/2 ブダペスト~ベオグラード<br />9/3 ベオグラード~ウィーン<br />9/4 ウィーン<br />9/5 ウィーン~クラクフ<br />9/6 クラクフ~オシフィエンチム~クラクフ<br />9/7 クラクフ<br />9/8 クラクフ<br />9/9 クラクフ~ウッチ<br />9/10 ウッチ~リヴィウ<br />9/11 リヴィウ<br />9/12 リヴィウ~ワルシャワ~シュチェチン<br />9/13 シュチェチン~ベルリン<br />9/14 ベルリン<br />9/15 ベルリン<br />9/16 ベルリン<br />9/17 ベルリン<br />9/18 ベルリン~ドレスデン<br />9/19 ドレスデン~プラハ<br />9/20 プラハ<br />9/21 プラハ~チェスキー・クルムロフ~プラハ<br />9/21 プラハ<br />9/22 プラハ<br />9/23 プラハ~パリ~上海<br />9/24 上海~福岡

東欧諸国周遊(2018/8/21~9/24)9/4

28いいね!

2018/08/21 - 2018/09/24

698位(同エリア5722件中)

旅行記グループ 東欧諸国周遊(2018/8/21~9/24)

0

172

ベオグラードからクラクフへ直接行くバスがないのでウィーンに立ち寄ることに。プラハから旅を続けて今の段階で最も印象に残っているこの街を、前回の滞在も踏まえ一日かけてあちこち巡る。

8/21 福岡~上海
8/22 上海~モスクワ~プラハ
8/23 プラハ
8/24 プラハ~チェスキー・クルムロフ
8/25 チェスキー・クルムロフ
8/26 チェスキー・クルムロフ~ウィーン
8/27 ウィーン
8/28 ウィーン
8/29 ウィーン~ブラチスラバ
8/30 ブラチスラバ~ブダペスト
8/31 ブダペスト
9/1 ブダペスト
9/2 ブダペスト~ベオグラード
9/3 ベオグラード~ウィーン
9/4 ウィーン
9/5 ウィーン~クラクフ
9/6 クラクフ~オシフィエンチム~クラクフ
9/7 クラクフ
9/8 クラクフ
9/9 クラクフ~ウッチ
9/10 ウッチ~リヴィウ
9/11 リヴィウ
9/12 リヴィウ~ワルシャワ~シュチェチン
9/13 シュチェチン~ベルリン
9/14 ベルリン
9/15 ベルリン
9/16 ベルリン
9/17 ベルリン
9/18 ベルリン~ドレスデン
9/19 ドレスデン~プラハ
9/20 プラハ
9/21 プラハ~チェスキー・クルムロフ~プラハ
9/21 プラハ
9/22 プラハ
9/23 プラハ~パリ~上海
9/24 上海~福岡

PR

  • ベオグラードからブダペストを経由してウィーンへ向かう。このバスに朝まで乗っていればあのきらびやかなウィーンへまた行ける。そこに思い至ると気持ちも晴れた。現時点では、この旅行で最も印象に残ったのはプラハでもブダペストでもなく、当然ベオグラードでもなくウィーン。朝が来るのが待ち遠しかった。早朝、ブダペストで一旦休憩しまたウィーンに向けて出発する。<br />またしばらく走り、朝の7時過ぎにウィーンに着いた。昨日、一昨日とバスでお世話になった女性に挨拶しようと思ったけど見当たらなかった。多分、ブダペストで降りたんだろう。これは寂しかった。<br />ウィーンのバス乗り場でパンを頬張り、その後街に出ていった。もう初めてウィーンに来た日の様に道に迷ったりはしない。幾つもの失敗を犯しつつもウィーンからベオグラードまで旅したことが自信に繋がっていた。この街でまず最初に行くのは…

    ベオグラードからブダペストを経由してウィーンへ向かう。このバスに朝まで乗っていればあのきらびやかなウィーンへまた行ける。そこに思い至ると気持ちも晴れた。現時点では、この旅行で最も印象に残ったのはプラハでもブダペストでもなく、当然ベオグラードでもなくウィーン。朝が来るのが待ち遠しかった。早朝、ブダペストで一旦休憩しまたウィーンに向けて出発する。
    またしばらく走り、朝の7時過ぎにウィーンに着いた。昨日、一昨日とバスでお世話になった女性に挨拶しようと思ったけど見当たらなかった。多分、ブダペストで降りたんだろう。これは寂しかった。
    ウィーンのバス乗り場でパンを頬張り、その後街に出ていった。もう初めてウィーンに来た日の様に道に迷ったりはしない。幾つもの失敗を犯しつつもウィーンからベオグラードまで旅したことが自信に繋がっていた。この街でまず最初に行くのは…

  • 前回のウィーン訪問でも一番印象に残ったシェーンブルン宮殿に行く。まだ朝早いから人も少ないはず。

    前回のウィーン訪問でも一番印象に残ったシェーンブルン宮殿に行く。まだ朝早いから人も少ないはず。

  • またここに来れるとは思わなかった!次に来るのは何十年後になるか…と考えていたのに。

    またここに来れるとは思わなかった!次に来るのは何十年後になるか…と考えていたのに。

  • 朝早いのでまだ人もまばら。トイレで歯を磨いたり髭を剃ったりした。さすがに今回は中に入らないけど宮殿を外側から見学する。

    朝早いのでまだ人もまばら。トイレで歯を磨いたり髭を剃ったりした。さすがに今回は中に入らないけど宮殿を外側から見学する。

  • 宮殿内の公園には朝から散歩している人がいる。

    宮殿内の公園には朝から散歩している人がいる。

  • 宮殿の後ろ側まで歩いた。

    宮殿の後ろ側まで歩いた。

  • 後ろから宮殿を捉える。

    後ろから宮殿を捉える。

  • さらに後ろまで歩き宮殿を捉える。朝からジョギングをしている人が多い。

    さらに後ろまで歩き宮殿を捉える。朝からジョギングをしている人が多い。

  • だんだんと人が増えてきたな。観光客もいれば地元の人もいるんだろう。

    だんだんと人が増えてきたな。観光客もいれば地元の人もいるんだろう。

  • ついさっきまで人が少なかったのに。外側から見学するだけなら無料なのもあり人で溢れ出した。

    ついさっきまで人が少なかったのに。外側から見学するだけなら無料なのもあり人で溢れ出した。

  • スペイン人の団体とばったり会う。朝からはしゃいでる。

    スペイン人の団体とばったり会う。朝からはしゃいでる。

  • 宮殿前方に戻ると馬車が待機していた。これから観光客で溢れ出す。まだ人の少ない時間帯に来れて良かった。この広大なシェーンブルン宮殿を独り占めした気分だった。これからまたウィーンの街を歩く。前回ここに来たとき、音声ガイドで「毎晩8時からシェーンブルン宮殿でコンサートが行われる。」と聞いたので夜にまた戻ってくる。

    宮殿前方に戻ると馬車が待機していた。これから観光客で溢れ出す。まだ人の少ない時間帯に来れて良かった。この広大なシェーンブルン宮殿を独り占めした気分だった。これからまたウィーンの街を歩く。前回ここに来たとき、音声ガイドで「毎晩8時からシェーンブルン宮殿でコンサートが行われる。」と聞いたので夜にまた戻ってくる。

  • また後で!

    また後で!

  • 今夜また来る。これを機に、ウィーンのあちこちを一日で巡りたい衝動に駆られた。今ではトラムも地下鉄も乗りこなせる。何処にでも行ってやろう。今日はウィーンを振り返る日にする。

    今夜また来る。これを機に、ウィーンのあちこちを一日で巡りたい衝動に駆られた。今ではトラムも地下鉄も乗りこなせる。何処にでも行ってやろう。今日はウィーンを振り返る日にする。

  • グーグルマップで道程を確認しクンストハウス・ウィーンに行く。もう今回は辿り着くまでに派手に道に迷ったりはしない。あのぐにゃぐにゃぶりをまた楽しみたかった。

    グーグルマップで道程を確認しクンストハウス・ウィーンに行く。もう今回は辿り着くまでに派手に道に迷ったりはしない。あのぐにゃぐにゃぶりをまた楽しみたかった。

  • 前回ここに来たとき、このデザインは斬新だけど体が不自由な人は建物内での移動は大変だろうなと感じた。今日改めてここに来ると、車椅子に乗った人が道の凹んだ部分を器用に移動していた。そのあたりの事情まで踏まえて設計されているのかもしれない。

    前回ここに来たとき、このデザインは斬新だけど体が不自由な人は建物内での移動は大変だろうなと感じた。今日改めてここに来ると、車椅子に乗った人が道の凹んだ部分を器用に移動していた。そのあたりの事情まで踏まえて設計されているのかもしれない。

  • 歩くとぐにゃぐにゃした感触が靴の底から伝わってくる。

    歩くとぐにゃぐにゃした感触が靴の底から伝わってくる。

  • 中に入る。

    中に入る。

  • この一枚から床の歪み加減が伝わればいいけど。

    この一枚から床の歪み加減が伝わればいいけど。

  • 内装の奇抜さでここまで人を惹き付けるんだから大したもの。一旦ここを後にして徒歩圏内のフンデルトヴァッサーハウスにも行く。

    内装の奇抜さでここまで人を惹き付けるんだから大したもの。一旦ここを後にして徒歩圏内のフンデルトヴァッサーハウスにも行く。

  • こっちのほうが人気あるな。今改めて写真を見ると床が歪んでいるせいで自転車が傾いている。

    こっちのほうが人気あるな。今改めて写真を見ると床が歪んでいるせいで自転車が傾いている。

  • 周りは閑静な住宅街なのにこの界隈だけ観光客で溢れている。

    周りは閑静な住宅街なのにこの界隈だけ観光客で溢れている。

  • 道を挟んでこちらが集合住宅。この凹んだ部分、住宅内はどうなっているんだろう。

    道を挟んでこちらが集合住宅。この凹んだ部分、住宅内はどうなっているんだろう。

  • こっちも集合住宅側。歪み具合が伝わってくる。

    こっちも集合住宅側。歪み具合が伝わってくる。

  • 道に設置された噴水。

    道に設置された噴水。

  • 破れたポスターの様なデザイン。

    破れたポスターの様なデザイン。

  • 道を挟んでもう片側の建物内はお土産屋になっている。

    道を挟んでもう片側の建物内はお土産屋になっている。

  • また外に出る。このアスレチックを彷彿させる建物が一番人気みたいだった。

    また外に出る。このアスレチックを彷彿させる建物が一番人気みたいだった。

  • この電話ボックスは撤去されてほしくない。

    この電話ボックスは撤去されてほしくない。

  • フンデルトヴァッサーの残した遊び心溢れる設計をしっかり堪能した。歩いてまたクンストハウスに戻る。

    フンデルトヴァッサーの残した遊び心溢れる設計をしっかり堪能した。歩いてまたクンストハウスに戻る。

  • 戻ってきた。

    戻ってきた。

  • 歪み具合の伝わってくる一枚。

    歪み具合の伝わってくる一枚。

  • 屋外カフェより。

    屋外カフェより。

  • この独創性溢れる建物に人が住んでいることに驚く。さて、そろそろ昼食の時間だ。ウィーン市民の台所、ナッシュマルクトにでも行ってみよう。

    この独創性溢れる建物に人が住んでいることに驚く。さて、そろそろ昼食の時間だ。ウィーン市民の台所、ナッシュマルクトにでも行ってみよう。

  • グーグルマップさえあればそれほど迷わず目的地に行けるようになっていた。ここがナッシュマルクト。まずはざっと歩いてみる。

    グーグルマップさえあればそれほど迷わず目的地に行けるようになっていた。ここがナッシュマルクト。まずはざっと歩いてみる。

  • この市場ではオーストリア料理を食べられるのは当然として、日本料理だって食べられる。でも、その辺りは全部高い。他に選択肢もないのでケバブを頬張ることにした。

    この市場ではオーストリア料理を食べられるのは当然として、日本料理だって食べられる。でも、その辺りは全部高い。他に選択肢もないのでケバブを頬張ることにした。

  • これを食べている間、大量の鳩がまとわりついて大変な思いをした。すぐ傍で同じくケバブを食べていたおじさんがその光景を見て「ピッピッ。」と鳩の鳴き声を真似しながら表情を緩めていた。それを見ているとこの窮屈な状況すらすっと受け入れられた。

    これを食べている間、大量の鳩がまとわりついて大変な思いをした。すぐ傍で同じくケバブを食べていたおじさんがその光景を見て「ピッピッ。」と鳩の鳴き声を真似しながら表情を緩めていた。それを見ているとこの窮屈な状況すらすっと受け入れられた。

  • この市場には食料品があれば衣類だってある。

    この市場には食料品があれば衣類だってある。

  • このケーキ、上に乗った花柄のチョコレートが蝿に食い尽くされてたりして不衛生だったな。

    このケーキ、上に乗った花柄のチョコレートが蝿に食い尽くされてたりして不衛生だったな。

  • ここは酒屋か。

    ここは酒屋か。

  • 昼食を終えて市場内もざっと見学した。市場に行くとその土地の人たちの生活を目の当たりにできる。それを見たくて旅先ではよく市場へ行く。ここは大体見たし、また他の場所へ行こう。

    昼食を終えて市場内もざっと見学した。市場に行くとその土地の人たちの生活を目の当たりにできる。それを見たくて旅先ではよく市場へ行く。ここは大体見たし、また他の場所へ行こう。

  • ということで、ウィーンのシンボルともいわれるシュテファン大聖堂まで来た。ここを起点にすればウィーンのあちこちに難なく行ける。前回来たときはもう一生ここに戻ってこれないかも…と思ったけど、再訪は意外と早かった。

    ということで、ウィーンのシンボルともいわれるシュテファン大聖堂まで来た。ここを起点にすればウィーンのあちこちに難なく行ける。前回来たときはもう一生ここに戻ってこれないかも…と思ったけど、再訪は意外と早かった。

  • 中に入る。入った途端、外の喧騒から一気に厳粛な空気に切り替わる。ここでは誰もが静かになる。

    中に入る。入った途端、外の喧騒から一気に厳粛な空気に切り替わる。ここでは誰もが静かになる。

  • シュテファン大聖堂のすぐ近くにアイスクリーム屋が!食べてみるか。

    シュテファン大聖堂のすぐ近くにアイスクリーム屋が!食べてみるか。

  • 他の国でも感じたけど、ヨーロッパの内陸国は乳業が盛んなのか乳製品が美味しい。暑い日はこれに限る。

    他の国でも感じたけど、ヨーロッパの内陸国は乳業が盛んなのか乳製品が美味しい。暑い日はこれに限る。

  • さて、今度は旧市街を歩いてみよう。

    さて、今度は旧市街を歩いてみよう。

  • ハプスブルク家の人々の眠るカプツィーナー教会。さすがに今日は中に入らないけど、数日前に見学したときの印象は今も強く残っている。

    ハプスブルク家の人々の眠るカプツィーナー教会。さすがに今日は中に入らないけど、数日前に見学したときの印象は今も強く残っている。

  • せっかくなので王宮まで歩く。数日前のウィーン滞在を今日一日で振り返る。

    せっかくなので王宮まで歩く。数日前のウィーン滞在を今日一日で振り返る。

  • ペスト記念柱まで歩いた。

    ペスト記念柱まで歩いた。

  • 聖ペーター教会も見えてきた。入ってみるか。この辺りは馬車が通るので道がインド並みに不衛生だ。

    聖ペーター教会も見えてきた。入ってみるか。この辺りは馬車が通るので道がインド並みに不衛生だ。

  • ここに入るとウィーンの喧騒からほんの一瞬離れられて楽になる。

    ここに入るとウィーンの喧騒からほんの一瞬離れられて楽になる。

  • 天井の隅々にまで絵が描かれている。

    天井の隅々にまで絵が描かれている。

  • 教会の見学終わり。市庁舎まで歩くことにした。

    教会の見学終わり。市庁舎まで歩くことにした。

  • 前回ここを通ったときも書いたけど、このタイムトラベルウィーンは体験しておくべきだったな。建物の外まで溢れる人だかりからどれだけ人気があるか伝わってくる。

    前回ここを通ったときも書いたけど、このタイムトラベルウィーンは体験しておくべきだったな。建物の外まで溢れる人だかりからどれだけ人気があるか伝わってくる。

  • ホーフブルク宮殿に着いた。シュテファン大聖堂からここまでの道筋は地図を見なくても行き来できるくらいにわかりやすい。今回はシシィ博物館などは見学しないけど、ここに来ただけで前回の見学を思い出す。

    ホーフブルク宮殿に着いた。シュテファン大聖堂からここまでの道筋は地図を見なくても行き来できるくらいにわかりやすい。今回はシシィ博物館などは見学しないけど、ここに来ただけで前回の見学を思い出す。

  • 門から中に入りひたすらまっすぐに歩く。その先にマリア・テレジアの銅像が見えてくる。

    門から中に入りひたすらまっすぐに歩く。その先にマリア・テレジアの銅像が見えてくる。

  • 見えてきた。近々何かイベントがあるのかテントが設置されている。

    見えてきた。近々何かイベントがあるのかテントが設置されている。

  • ハプスブルク家の栄光を語り継ぐマリア・テレジアとその子孫たち。そして、そこに集まる現在のウィーン市民。数日間のウィーン滞在を振り返るにはここに来るのがちょうどいい。

    ハプスブルク家の栄光を語り継ぐマリア・テレジアとその子孫たち。そして、そこに集まる現在のウィーン市民。数日間のウィーン滞在を振り返るにはここに来るのがちょうどいい。

  • そして次は市庁舎まで歩く。何日か前までウィーンフィルムフェスティバルが行われていた場所だ。あの会場が今どうなっているのか見ておきたい。

    そして次は市庁舎まで歩く。何日か前までウィーンフィルムフェスティバルが行われていた場所だ。あの会場が今どうなっているのか見ておきたい。

  • 前回は歩かなかった市庁舎脇の通路。

    前回は歩かなかった市庁舎脇の通路。

  • 何と!会場では撤去作業が行われていた!当たり前の展開ではあるけどこの目で見ると残念だ。

    何と!会場では撤去作業が行われていた!当たり前の展開ではあるけどこの目で見ると残念だ。

  • 市庁舎からまた歩く。ここはヴォディーフ教会。後で知ったけど、フランツ・ヨーゼフがテロによる暗殺から逃れられたことを感謝し、弟のマクシミリアンが建てたものとのこと。それほど人気のある建築物ではないようだった。<br />このすぐ近くにテコンドー教室があり、そこで練習に励む子どもたちの姿が強く印象に残っている。

    市庁舎からまた歩く。ここはヴォディーフ教会。後で知ったけど、フランツ・ヨーゼフがテロによる暗殺から逃れられたことを感謝し、弟のマクシミリアンが建てたものとのこと。それほど人気のある建築物ではないようだった。
    このすぐ近くにテコンドー教室があり、そこで練習に励む子どもたちの姿が強く印象に残っている。

  • ホーフブルク宮殿~市庁舎と前回のウィーン滞在で巡った場所を再訪した。また街まで歩こう。

    ホーフブルク宮殿~市庁舎と前回のウィーン滞在で巡った場所を再訪した。また街まで歩こう。

  • ホーフブルク宮殿のすぐ近くにあるデメル。デメルのザッハトルテも食べたくはあったけど、既にザッハーで食べているので今回はいい。見学のつもりで中には入った。名物のザッハトルテの他に見た目からどんな味が想像もつかない洋菓子画ずらりと並んでいる。デメルのコンセプトはザッハーとは全くの別物みたいだ。熱心なケーキ好きにはウィーンに来たらザッハーとデメルの両方を試してほしい。

    ホーフブルク宮殿のすぐ近くにあるデメル。デメルのザッハトルテも食べたくはあったけど、既にザッハーで食べているので今回はいい。見学のつもりで中には入った。名物のザッハトルテの他に見た目からどんな味が想像もつかない洋菓子画ずらりと並んでいる。デメルのコンセプトはザッハーとは全くの別物みたいだ。熱心なケーキ好きにはウィーンに来たらザッハーとデメルの両方を試してほしい。

  • さてと、この界隈を後にしてまた街歩きを始める。一日でウィーンのあちこちを巡った。そろそろ日の沈む頃だ。

    さてと、この界隈を後にしてまた街歩きを始める。一日でウィーンのあちこちを巡った。そろそろ日の沈む頃だ。

  • 夕食の時間なのか飲食店は賑わっている。ただ、この辺りの店は高そうだ。今日は別に食べたいものがある。

    夕食の時間なのか飲食店は賑わっている。ただ、この辺りの店は高そうだ。今日は別に食べたいものがある。

  • シュテファン大聖堂まで戻ってきた。この周辺は本当に人気があるな。この聖堂は過去に一体どれだけの人から写真を撮られてるんだろうと考えてしまう。

    シュテファン大聖堂まで戻ってきた。この周辺は本当に人気があるな。この聖堂は過去に一体どれだけの人から写真を撮られてるんだろうと考えてしまう。

  • 今日はここで食べる。前に一度来たことがあるフードスタンド。もう一度ここでカリーヴルストを食べたかった。

    今日はここで食べる。前に一度来たことがあるフードスタンド。もう一度ここでカリーヴルストを食べたかった。

  • 付け合せのパンが前にここに来たときと違う。オーナーの気分で毎回変わるみたいだ。カリーヴルストはこれから行くドイツが本場なんだろうけど、ここで食べたものだけで満たされている。

    付け合せのパンが前にここに来たときと違う。オーナーの気分で毎回変わるみたいだ。カリーヴルストはこれから行くドイツが本場なんだろうけど、ここで食べたものだけで満たされている。

  • さてと、食事も済んだし、そろそろシェーンブルン宮殿の夜のコンサートに向けて出発する時間だ。着いたのは午後8時になる少し前だったけどどうにか間に合った。

    さてと、食事も済んだし、そろそろシェーンブルン宮殿の夜のコンサートに向けて出発する時間だ。着いたのは午後8時になる少し前だったけどどうにか間に合った。

  • 夜のシェーンブルン宮殿は眩い輝きを放っている。さて、門から中に入ろう。…と、ここで警備員に呼び止められてしまった。8時には施錠するらしく、門から次々に人が出ていく。音声ガイドで聞いたコンサートの情報、あれは聞き間違えだ。宮殿の敷地内には結局入れなかったけど、門の外からそのライトアップされた様をじっくりと眺めた。不思議と中に入れなかったことへの後悔はそれほどなく、ただただ眩い光に見とれていた。

    夜のシェーンブルン宮殿は眩い輝きを放っている。さて、門から中に入ろう。…と、ここで警備員に呼び止められてしまった。8時には施錠するらしく、門から次々に人が出ていく。音声ガイドで聞いたコンサートの情報、あれは聞き間違えだ。宮殿の敷地内には結局入れなかったけど、門の外からそのライトアップされた様をじっくりと眺めた。不思議と中に入れなかったことへの後悔はそれほどなく、ただただ眩い光に見とれていた。

  • ライトアップは何時まで続くんだろう。続々と人が出ていく。

    ライトアップは何時まで続くんだろう。続々と人が出ていく。

  • もうここに来ることは一生ないかもしれない。そこに考えが至ると、この光景を脳裏に焼きつけておきたいと強く思った。

    もうここに来ることは一生ないかもしれない。そこに考えが至ると、この光景を脳裏に焼きつけておきたいと強く思った。

  • さようなら、シェーンブルン宮殿。

    さようなら、シェーンブルン宮殿。

  • 近いうちは無理かもしれないけどまた今度来る。

    近いうちは無理かもしれないけどまた今度来る。

  • 地下鉄に乗りまたシュテファン大聖堂に戻る。もう夜なのに昼より減ったとはいえこの辺りはまだまだ沢山の人がいる。この時間帯にシュテファン大聖堂に入ったことはない。中に入ってみよう。

    地下鉄に乗りまたシュテファン大聖堂に戻る。もう夜なのに昼より減ったとはいえこの辺りはまだまだ沢山の人がいる。この時間帯にシュテファン大聖堂に入ったことはない。中に入ってみよう。

  • パイプオンガンの音が延々と鳴り響く。何度が音楽が途切れ、その度にもうここも閉まるのか?と思った。少し待つとまた音楽が辺りを包み、この流れがずっと続いた。朝まで続くんじゃないかと思ったほどだ。

    パイプオンガンの音が延々と鳴り響く。何度が音楽が途切れ、その度にもうここも閉まるのか?と思った。少し待つとまた音楽が辺りを包み、この流れがずっと続いた。朝まで続くんじゃないかと思ったほどだ。

  • この写真からだと見えないけど、椅子が並んでいるのでそこに座りパイプオルガンの音色に耳を傾けていた。途切れてはまた流れ出す。ある時、その音が完全に止まりこの教会が閉まるのを悟った。周囲の人たちも続々と外に出ていった。厳粛なムードに包まれ、ここで過ごした10時までの間は今振り返っても貴重な時間だったと思う。

    この写真からだと見えないけど、椅子が並んでいるのでそこに座りパイプオルガンの音色に耳を傾けていた。途切れてはまた流れ出す。ある時、その音が完全に止まりこの教会が閉まるのを悟った。周囲の人たちも続々と外に出ていった。厳粛なムードに包まれ、ここで過ごした10時までの間は今振り返っても貴重な時間だったと思う。

  • シュテファン大聖堂の外に出る。クラクフ行きのバスが出発するのは午後11時過ぎだ。もうしばらくの間街歩きができる。

    シュテファン大聖堂の外に出る。クラクフ行きのバスが出発するのは午後11時過ぎだ。もうしばらくの間街歩きができる。

  • この頃になると特に目的も持たずにウィーンを歩いた。これは歩いている最中に見つけたケーキ屋。お土産用のザッハトルテが扱われている。

    この頃になると特に目的も持たずにウィーンを歩いた。これは歩いている最中に見つけたケーキ屋。お土産用のザッハトルテが扱われている。

  • こちらもケーキ。

    こちらもケーキ。

  • ヨーロッパではおなじみのチェス。

    ヨーロッパではおなじみのチェス。

  • スター・ウォーズに出てくる乗り物の模型。

    スター・ウォーズに出てくる乗り物の模型。

  • 夜10時過ぎにオペラ座までも歩いた。この周辺はウィーン滞在中に何度も来たな。今では懐かしく思う。

    夜10時過ぎにオペラ座までも歩いた。この周辺はウィーン滞在中に何度も来たな。今では懐かしく思う。

  • オペラ座と道を挟んで隣にあるカフェ・ザッハー。ここでザッハトルテを食べた。

    オペラ座と道を挟んで隣にあるカフェ・ザッハー。ここでザッハトルテを食べた。

  • 夜中の街歩きでこれを見つけた。ウィーンでロケが行われたことでも知られている映画史に残る傑作『第三の男』の看板。ここだけの話、『第三の男』は観たことがない。

    夜中の街歩きでこれを見つけた。ウィーンでロケが行われたことでも知られている映画史に残る傑作『第三の男』の看板。ここだけの話、『第三の男』は観たことがない。

  • オペラ座からシュテファン大聖堂に戻る途中でバイオリンを弾いている人を見かけた。この時間なのに物凄い人だかり。

    オペラ座からシュテファン大聖堂に戻る途中でバイオリンを弾いている人を見かけた。この時間なのに物凄い人だかり。

  • 中央の男性がバイオリン奏者。右に座っている女性がマネージャーの様な質位置の人。左側の人は、演奏の熱気に押されて調子に乗って中央の人の隣に座った!一緒に音楽を奏でたい様だけど、何の役にも立たない!

    中央の男性がバイオリン奏者。右に座っている女性がマネージャーの様な質位置の人。左側の人は、演奏の熱気に押されて調子に乗って中央の人の隣に座った!一緒に音楽を奏でたい様だけど、何の役にも立たない!

  • 左側に座った人はやんわりと観客側に戻された。バイオリンの音色はいつまでも、夜のウィーンに鳴り響く。

    左側に座った人はやんわりと観客側に戻された。バイオリンの音色はいつまでも、夜のウィーンに鳴り響く。

  • もうすっかり満ち足りていた。このバイオリンが鳴り止まないうちにこの街を後にしよう。さようなら、ウィーン。

    もうすっかり満ち足りていた。このバイオリンが鳴り止まないうちにこの街を後にしよう。さようなら、ウィーン。

  • さようなら、シュテファン大聖堂。グーグルマップを頼りに地下鉄に乗ってウィーンの駅近くににあるバス乗り場へ向かう。<br />途中、道に迷ったけど、酒に酔ったおじさんに道を尋ねてバス乗り場の場所を教えてもらった。「何処に行く?」と聞かれたので「クラクフ!」と答えるとバス乗り場の場所を指さしてくれた。バス乗り場に着くとそこには他にも人がいたのでここで間違いないことがわかった。この時間、Tシャツだけで過ごすのは寒くて仕方ない。いつになったらバスが来るんだろう。そんな時、バスの発着の遅れを知らせるメールが届いた。翌日の0時過ぎにクラクフ行きのバスが出発するとのこと!これがわかっていればまだウィーンの街歩きができたのに!<br />一日を振り返る。前回のウィーン滞在を振り返る復習の日だったのに、初めて来た街の様にウィーンは新鮮だ。重いバッグを背負ったままあるき続けたのに、気分も昨日のベオグラードの時とは違って晴れている。プラハからウィーンまで巡ってきたけど一番好きなのはここだ。ハプスブルク家の栄光の下に形作られていたウィーン、いつかまたここに来るつもり。

    さようなら、シュテファン大聖堂。グーグルマップを頼りに地下鉄に乗ってウィーンの駅近くににあるバス乗り場へ向かう。
    途中、道に迷ったけど、酒に酔ったおじさんに道を尋ねてバス乗り場の場所を教えてもらった。「何処に行く?」と聞かれたので「クラクフ!」と答えるとバス乗り場の場所を指さしてくれた。バス乗り場に着くとそこには他にも人がいたのでここで間違いないことがわかった。この時間、Tシャツだけで過ごすのは寒くて仕方ない。いつになったらバスが来るんだろう。そんな時、バスの発着の遅れを知らせるメールが届いた。翌日の0時過ぎにクラクフ行きのバスが出発するとのこと!これがわかっていればまだウィーンの街歩きができたのに!
    一日を振り返る。前回のウィーン滞在を振り返る復習の日だったのに、初めて来た街の様にウィーンは新鮮だ。重いバッグを背負ったままあるき続けたのに、気分も昨日のベオグラードの時とは違って晴れている。プラハからウィーンまで巡ってきたけど一番好きなのはここだ。ハプスブルク家の栄光の下に形作られていたウィーン、いつかまたここに来るつもり。

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集