鳥取市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
山陰の名城巡りです。

2018春、山陰の名城巡り(24/24):3月19日(14):鳥取城(4):登り石垣、山側から眺めた仁風閣、吉川経家公像

33いいね!

2018/03/18 - 2018/03/19

158位(同エリア886件中)

山陰の名城巡りです。

交通手段
観光バス 新幹線

PR

  • 山側から見下ろした、『仁風閣(じんふうかく)』の建物光景です。国の重要文化財の建物です。この建物は、旧鳥取藩主の池田仲博侯爵の別邸として建てられました。

    山側から見下ろした、『仁風閣(じんふうかく)』の建物光景です。国の重要文化財の建物です。この建物は、旧鳥取藩主の池田仲博侯爵の別邸として建てられました。

  • 山側から見下ろした、『仁風閣(じんふうかく)』のズームアップ光景です。

    山側から見下ろした、『仁風閣(じんふうかく)』のズームアップ光景です。

  • 登り石垣の光景です。

    登り石垣の光景です。

  • 鳥取城を背にして立つ、吉川経家公のブロンズ像です。『吉川経家(きっかわ・つねいえ:1547~1581年)』公は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で、毛利氏の家臣でした。本姓は藤原氏、石見吉川氏10代当主の吉川経安の嫡男です。天正9年(1581年)、織田信長の命を受けた羽柴秀吉率いる中国討伐軍が、因幡国まで侵攻しました。毛利氏に従属していた鳥取城主・山名豊国は織田氏に降伏しようとしたため、家臣の森下道誉・中村春続に追放され、森下らは吉川元春に支援を要請しました。元春はこの要請を受け入れました。

    鳥取城を背にして立つ、吉川経家公のブロンズ像です。『吉川経家(きっかわ・つねいえ:1547~1581年)』公は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で、毛利氏の家臣でした。本姓は藤原氏、石見吉川氏10代当主の吉川経安の嫡男です。天正9年(1581年)、織田信長の命を受けた羽柴秀吉率いる中国討伐軍が、因幡国まで侵攻しました。毛利氏に従属していた鳥取城主・山名豊国は織田氏に降伏しようとしたため、家臣の森下道誉・中村春続に追放され、森下らは吉川元春に支援を要請しました。元春はこの要請を受け入れました。

  • 少し角度を変えてズームアップした、吉川経家公のブロンズ像の光景です。平成5年(1993年)に建立された像です。吉川経家が参戦した鳥取城籠城戦では、『鳥取城渇え殺し』と呼ばれる悲惨な出来事が起きました。鳥取城の守備兵は、おおよそ4,000人ほどでした。経家はすぐに防衛線の構築に取り掛かり、籠城の準備を進めましたが、兵糧の蓄えが僅か平時城兵3か月分しかありませんでした。経家の予測より早く、羽柴秀吉率いる2万の因幡侵攻軍が鳥取城を包囲し、籠城戦が開始されました。人肉を食べる地獄絵図となり、それでも4ヶ月の籠城に耐えましたが、経家達は、城兵の助命を条件とし、降伏しました。

    少し角度を変えてズームアップした、吉川経家公のブロンズ像の光景です。平成5年(1993年)に建立された像です。吉川経家が参戦した鳥取城籠城戦では、『鳥取城渇え殺し』と呼ばれる悲惨な出来事が起きました。鳥取城の守備兵は、おおよそ4,000人ほどでした。経家はすぐに防衛線の構築に取り掛かり、籠城の準備を進めましたが、兵糧の蓄えが僅か平時城兵3か月分しかありませんでした。経家の予測より早く、羽柴秀吉率いる2万の因幡侵攻軍が鳥取城を包囲し、籠城戦が開始されました。人肉を食べる地獄絵図となり、それでも4ヶ月の籠城に耐えましたが、経家達は、城兵の助命を条件とし、降伏しました。

  • 吉川経家公の頭部のズームアップ光景です。秀吉は経家の奮戦を称え、自害するのは森下道誉・中村春続だけでよく、経家は帰還させるとの意思を伝えました。しかし経家はそれを拒否し、責任を取って自害するとの意志を変えませんでした。秀吉は信長に確認をとり、信長は経家の自害を許可しました。秀吉は経家の首を見るなり『哀れなる義士かな』と言って男泣きしたと伝わり、安土の織田信長のもとに送られ、信長によって丁重に葬られました。

    吉川経家公の頭部のズームアップ光景です。秀吉は経家の奮戦を称え、自害するのは森下道誉・中村春続だけでよく、経家は帰還させるとの意思を伝えました。しかし経家はそれを拒否し、責任を取って自害するとの意志を変えませんでした。秀吉は信長に確認をとり、信長は経家の自害を許可しました。秀吉は経家の首を見るなり『哀れなる義士かな』と言って男泣きしたと伝わり、安土の織田信長のもとに送られ、信長によって丁重に葬られました。

  • 『吉川経家の鳥取籠城と自刃のこと』のタイトルがあった説明看板の光景です。開城を決意した経家に対し秀吉は、『経家公は、連れてきた家来と共に芸州に帰られたい』と勧めたと紹介してありました。見事な切腹で果てた経家公は、その年35歳、子供たちに残した遺書など、今でも心を強く打つものがあります。

    『吉川経家の鳥取籠城と自刃のこと』のタイトルがあった説明看板の光景です。開城を決意した経家に対し秀吉は、『経家公は、連れてきた家来と共に芸州に帰られたい』と勧めたと紹介してありました。見事な切腹で果てた経家公は、その年35歳、子供たちに残した遺書など、今でも心を強く打つものがあります。

  • 建学が終わった後での紹介になりましたが、『久松山ろく(麓)史蹟・見て歩き』のタイトルがあった案内看板の光景です。頂上から麓までの城址と、城下町の見どころが紹介されていました。

    建学が終わった後での紹介になりましたが、『久松山ろく(麓)史蹟・見て歩き』のタイトルがあった案内看板の光景です。頂上から麓までの城址と、城下町の見どころが紹介されていました。

  • 行きも帰りも、岡山駅と名古屋までは新幹線を利用しました。往きはひかり号でしたが、帰りはのぞみ号でした。山陰から山陽へのバス移動には、思った以上に時間がかかりました。

    行きも帰りも、岡山駅と名古屋までは新幹線を利用しました。往きはひかり号でしたが、帰りはのぞみ号でした。山陰から山陽へのバス移動には、思った以上に時間がかかりました。

33いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

鳥取市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集