ロンドン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
女子大学生、初めての一人旅です。<br />クリスマス直前から年末まで、<br />5泊7日のロンドン旅行。<br /><br />今回は、成田からヒースローまでの飛行機移動についてです。<br /><br /><br />1ヶ月ほど前に決めた弾丸旅行です。<br />行く前にはいろいろ心配もありましたが、<br />もう、本当に楽しかった!!!<br />クリスマス感を存分に味わえた1週間でした。<br />

初ひとり旅@ロンドン! ① ヒースロー空港まで(ブリティッシュエアウェイズ)

39いいね!

2018/12/23 - 2018/12/29

755位(同エリア9391件中)

旅行記グループ ロンドン一人旅!

0

5

チップ

チップさん

女子大学生、初めての一人旅です。
クリスマス直前から年末まで、
5泊7日のロンドン旅行。

今回は、成田からヒースローまでの飛行機移動についてです。


1ヶ月ほど前に決めた弾丸旅行です。
行く前にはいろいろ心配もありましたが、
もう、本当に楽しかった!!!
クリスマス感を存分に味わえた1週間でした。

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス タクシー 徒歩
航空会社
ブリティッシュエアウェイズ
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)
利用旅行会社
旅工房

PR

  • 12月23日、出発の日。<br />ここまで読み込んだガイドブックを持って空港へ。<br /><br />成田空港12:10発の飛行機です。<br />ブリティッシュエアウェイズ、成田→ヒースロー直行便を利用しました。<br /><br /><br />家族が空港まで送ってくれました。<br />事前にオンラインチェックインをしていたので<br />空港での手続きは簡単でした。<br /><br /><br />荷物を預け、保安検査場を通り、一人でゲートまで歩きます。<br /><br />搭乗ゲートに着くと、イギリス人がいっぱい。<br />みんなの「クリスマス休暇は故郷に帰ります」感。<br />これから本当にロンドンに行くんだなあ…と一人で感動していました。<br /><br /><br />飛行機に乗ると、<br />キャビンクルーの陽気なおじさん(イギリス人)がサンタ帽をかぶっていました。<br />かわいい……!<br /><br /><br />座席はエコノミークラス、通路側です。<br />事前にブリティッシュエアウェイズのマイページから座席の予約(有料)をしていました。<br /><br /><br />離陸後すぐ、軽食が配られました。<br />このとき、食事と一緒にワインを飲むか聞かれます。

    12月23日、出発の日。
    ここまで読み込んだガイドブックを持って空港へ。

    成田空港12:10発の飛行機です。
    ブリティッシュエアウェイズ、成田→ヒースロー直行便を利用しました。


    家族が空港まで送ってくれました。
    事前にオンラインチェックインをしていたので
    空港での手続きは簡単でした。


    荷物を預け、保安検査場を通り、一人でゲートまで歩きます。

    搭乗ゲートに着くと、イギリス人がいっぱい。
    みんなの「クリスマス休暇は故郷に帰ります」感。
    これから本当にロンドンに行くんだなあ…と一人で感動していました。


    飛行機に乗ると、
    キャビンクルーの陽気なおじさん(イギリス人)がサンタ帽をかぶっていました。
    かわいい……!


    座席はエコノミークラス、通路側です。
    事前にブリティッシュエアウェイズのマイページから座席の予約(有料)をしていました。


    離陸後すぐ、軽食が配られました。
    このとき、食事と一緒にワインを飲むか聞かれます。

  • とても美味しかったのですが、このプレッツェル、<br />「袋の開け方」が全然わからず。<br /><br />切り込みもなく、端は絶妙につまめない感じになっていて、<br />私が最終的にとった手段は<br />中の空気を一カ所に集めて空気を抜いて、<br />その穴を広げていくという地味な開け方でした。<br /><br />(みんな難なく食べていたけど、どうやったんだろう…)<br /><br /><br /><br />1回目の機内食(ランチ)です。<br />Beef or Salmon?と聞かれて<br />(あ、サーモン食べたい)と思ってサーモンをお願いしたら<br /><br /><br /><br /><br />

    とても美味しかったのですが、このプレッツェル、
    「袋の開け方」が全然わからず。

    切り込みもなく、端は絶妙につまめない感じになっていて、
    私が最終的にとった手段は
    中の空気を一カ所に集めて空気を抜いて、
    その穴を広げていくという地味な開け方でした。

    (みんな難なく食べていたけど、どうやったんだろう…)



    1回目の機内食(ランチ)です。
    Beef or Salmon?と聞かれて
    (あ、サーモン食べたい)と思ってサーモンをお願いしたら




  • サーモン…なのか…?<br />サバの味噌煮込みみたいな味でした。<br />柔らかくてすごく美味しかったのですが、<br />食べれば食べるほど、サーモンだろうかという謎が深まります。<br /><br /><br />パン用のバター、チーズ、<br />抹茶あずきケーキ、クラッカーもあります。<br /><br />奥の白いカップは何だろうと思いましたが、<br />ポットとトレーを持ったキャビンクルーに渡すと<br />コーヒーや紅茶を注いでくれます。<br />ストレートの紅茶が美味しかったです。<br /><br /><br /><br /><br />フライトが12時間もあるので爆睡。<br />起きたらノルウェーの上を飛んでいました。<br />

    サーモン…なのか…?
    サバの味噌煮込みみたいな味でした。
    柔らかくてすごく美味しかったのですが、
    食べれば食べるほど、サーモンだろうかという謎が深まります。


    パン用のバター、チーズ、
    抹茶あずきケーキ、クラッカーもあります。

    奥の白いカップは何だろうと思いましたが、
    ポットとトレーを持ったキャビンクルーに渡すと
    コーヒーや紅茶を注いでくれます。
    ストレートの紅茶が美味しかったです。




    フライトが12時間もあるので爆睡。
    起きたらノルウェーの上を飛んでいました。

  • <br /><br />着陸前の機内食。<br />Chicken or Pasta?で<br />(そろそろ洋食が食べたいな)<br />と思ってチキンにしたら<br /><br /><br />



    着陸前の機内食。
    Chicken or Pasta?で
    (そろそろ洋食が食べたいな)
    と思ってチキンにしたら


  • 思いっきり、和食。<br /><br />でも美味しかったです。<br />イギリス紳士が花形にんじんをフォークに突き刺して、しげしげ眺めていました。<br /><br /><br /><br /><br />いよいよヒースロー空港に着陸。<br />16時過ぎなのに外は真っ暗でした。<br /><br />入国審査の「non EU」の列に着くと、<br />着陸後すぐ急いで向かったのに大行列。<br />※入国審査エリアは撮影禁止です。<br /><br />列の進みがあまりにゆっくりなので、<br />アメリカンな男の子が<br />自分のリュックを床に置いて、<br />蹴飛ばしながら前に進んでいました。<br /><br />退屈しのぎに設置されたクイズや、<br />イギリスへようこそ、みたいな映像を見たり<br />スマホの海外設定をしたりして待ちます。<br /><br /><br /><br /><br />やっと私の番。<br />聞かれたのは、<br />・渡英の目的<br />・どこから来たか<br />・ひとりで来たのか<br />・何日間滞在するのか<br />・滞在後はどこに行くのか<br />(他の国には行かないね?という確認)<br /><br />くらい。<br />簡単な質問ですが、けっこう聞くなあ、と。<br />さすがヒースロー。<br />入国が厳しくて有名なだけあります。<br /><br /><br /><br /><br />荷物が出てくるゲートを掲示板で探し、<br />行ってみたらすぐ荷物が出てきました。<br />ラッキー。<br /><br /><br />そしていよいよ到着ロビーに向かいます。<br />ここまでで着陸後1時間が経過。<br /><br />到着ロビーに行ったらすぐに<br />タクシーの運転手さんとの待ち合わせ場所へ。<br />しかし、この待ち合わせが思ったより大変なのでした。<br />(続く)<br /><br />

    思いっきり、和食。

    でも美味しかったです。
    イギリス紳士が花形にんじんをフォークに突き刺して、しげしげ眺めていました。




    いよいよヒースロー空港に着陸。
    16時過ぎなのに外は真っ暗でした。

    入国審査の「non EU」の列に着くと、
    着陸後すぐ急いで向かったのに大行列。
    ※入国審査エリアは撮影禁止です。

    列の進みがあまりにゆっくりなので、
    アメリカンな男の子が
    自分のリュックを床に置いて、
    蹴飛ばしながら前に進んでいました。

    退屈しのぎに設置されたクイズや、
    イギリスへようこそ、みたいな映像を見たり
    スマホの海外設定をしたりして待ちます。




    やっと私の番。
    聞かれたのは、
    ・渡英の目的
    ・どこから来たか
    ・ひとりで来たのか
    ・何日間滞在するのか
    ・滞在後はどこに行くのか
    (他の国には行かないね?という確認)

    くらい。
    簡単な質問ですが、けっこう聞くなあ、と。
    さすがヒースロー。
    入国が厳しくて有名なだけあります。




    荷物が出てくるゲートを掲示板で探し、
    行ってみたらすぐ荷物が出てきました。
    ラッキー。


    そしていよいよ到着ロビーに向かいます。
    ここまでで着陸後1時間が経過。

    到着ロビーに行ったらすぐに
    タクシーの運転手さんとの待ち合わせ場所へ。
    しかし、この待ち合わせが思ったより大変なのでした。
    (続く)

39いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

ロンドン一人旅!

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集