木曽・塩尻旅行記(ブログ) 一覧に戻る
往路、名古屋6:12-7:35中津川7:40-8:09南木曽<br /><br />JR南木曽駅を8:20頃出発。<br />妻籠宿~大妻籠~馬籠峠~馬籠宿~十曲峠~落合宿~中津川宿。<br />JR中津川駅には14:00頃到着。<br /><br />復路、中津川14:20-15:35名古屋<br /><br /><br />JR南木曽駅から馬籠峠間は、緩やかな登り道。<br />馬籠峠から馬籠峠間は、急な下り道。<br /><br />妻籠宿を過ぎると馬籠宿までは、熊出没注意箇所。<br />いつ熊と遭遇するかわからないような木々が覆い茂った薄暗い侘しい中山道。道なりには10箇所前後の熊除け鈴が設置され、また熊出没注意の看板が立て掛けられている。<br />熊除け鈴を各自身に付けて歩く必要性がある。<br /><br />この間は、土曜日で天候が良かった為か、同じウォーカーとの出会いは多かった(海外の人も多い)。<br /><br />馬籠宿から落合宿間は、緩やかな下り道が続くが、途中十曲峠だけは登り下りがある。<br />落合宿から中津川宿間は、高低差が少ないアップタウンの道が多く、歩き疲れた状況だったのでかなりキツかった。<br /><br />馬籠宿を過ぎるとウォーカーとの出会いは3~4組程度とほとんどなかった。<br />落合宿を過ぎると中津川市街地となり枝分かれする道が多くなるが、中山道の道筋は舗装路が工夫されており迷うことはない。<br /><br />*自称健脚。

中山道ウォーク:JR南木曽駅~妻籠宿~馬籠宿~落合宿~中津川宿~JR中津川駅

4いいね!

2018/11/03 - 2018/11/03

787位(同エリア1058件中)

TTukomi

TTukomiさん

この旅行記のスケジュール

2018/11/03

この旅行記スケジュールを元に

往路、名古屋6:12-7:35中津川7:40-8:09南木曽

JR南木曽駅を8:20頃出発。
妻籠宿~大妻籠~馬籠峠~馬籠宿~十曲峠~落合宿~中津川宿。
JR中津川駅には14:00頃到着。

復路、中津川14:20-15:35名古屋


JR南木曽駅から馬籠峠間は、緩やかな登り道。
馬籠峠から馬籠峠間は、急な下り道。

妻籠宿を過ぎると馬籠宿までは、熊出没注意箇所。
いつ熊と遭遇するかわからないような木々が覆い茂った薄暗い侘しい中山道。道なりには10箇所前後の熊除け鈴が設置され、また熊出没注意の看板が立て掛けられている。
熊除け鈴を各自身に付けて歩く必要性がある。

この間は、土曜日で天候が良かった為か、同じウォーカーとの出会いは多かった(海外の人も多い)。

馬籠宿から落合宿間は、緩やかな下り道が続くが、途中十曲峠だけは登り下りがある。
落合宿から中津川宿間は、高低差が少ないアップタウンの道が多く、歩き疲れた状況だったのでかなりキツかった。

馬籠宿を過ぎるとウォーカーとの出会いは3~4組程度とほとんどなかった。
落合宿を過ぎると中津川市街地となり枝分かれする道が多くなるが、中山道の道筋は舗装路が工夫されており迷うことはない。

*自称健脚。

PR

  • 8:09  南木曽駅到着。駅で15分程準備後出発する。

    8:09 南木曽駅到着。駅で15分程準備後出発する。

  • 8:27  SLのある公園。

    8:27 SLのある公園。

  • SLのある公園前の中山道の案内図。

    SLのある公園前の中山道の案内図。

  • 妻籠宿まで3.1km。

    妻籠宿まで3.1km。

  • 8:36  木曽義仲のかぶと観音。境内を通る。休息ベンチあり。

    8:36 木曽義仲のかぶと観音。境内を通る。休息ベンチあり。

  • 8:41  石畳のある竹林の道。

    8:41 石畳のある竹林の道。

  • 8:43  上久保の一里塚。

    8:43 上久保の一里塚。

  • 8:50  蛇石。

    8:50 蛇石。

  • 8:54  妻籠城跡への分岐点。妻籠城跡へは右手の道を登る。

    8:54 妻籠城跡への分岐点。妻籠城跡へは右手の道を登る。

  • 9:01  妻籠城跡。

    9:01 妻籠城跡。

  • 妻籠城跡より妻籠宿を望む。

    妻籠城跡より妻籠宿を望む。

  • 9:13  鯉ケ岩。

    9:13 鯉ケ岩。

  • 9:15  妻籠宿高札場。

    9:15 妻籠宿高札場。

  • 妻籠宿案内図。

    妻籠宿案内図。

  • 9:25  妻籠宿の桝形。ここの景観は必見。

    9:25 妻籠宿の桝形。ここの景観は必見。

  • 9:26  妻籠宿の町並み。この付近は江戸時代にタイムスリップした感がある。

    9:26 妻籠宿の町並み。この付近は江戸時代にタイムスリップした感がある。

  • 9:36  妻籠宿を出てすぐの標識。馬籠宿まで6.9km。

    9:36 妻籠宿を出てすぐの標識。馬籠宿まで6.9km。

  • 9:45  大妻籠。

    9:45 大妻籠。

  • 大妻籠の町並み。うだつのある旅籠。

    大妻籠の町並み。うだつのある旅籠。

  • 9:54  大妻籠を出ると少し県道を歩く。県道からの中山道への分岐点、石畳のある道。

    9:54 大妻籠を出ると少し県道を歩く。県道からの中山道への分岐点、石畳のある道。

  • 9:56  牛頭観音。

    9:56 牛頭観音。

  • 9:57  中山道に設けられている熊除けの鈴。ここを始めに馬籠宿まで数箇所熊除けの鈴が設けられている。

    9:57 中山道に設けられている熊除けの鈴。ここを始めに馬籠宿まで数箇所熊除けの鈴が設けられている。

  • 9:58  つづら折りの石畳を登りきると段々田んぼの場所に出る。

    9:58 つづら折りの石畳を登りきると段々田んぼの場所に出る。

  • 10:04  倉科神社。

    10:04 倉科神社。

  • 10:09  男滝女滝。中山道のコースから外れる。滝を過ぎと中山道のコースと合流する。ここは谷筋の薄暗い侘しい場所。

    10:09 男滝女滝。中山道のコースから外れる。滝を過ぎと中山道のコースと合流する。ここは谷筋の薄暗い侘しい場所。

  • 男滝。

    男滝。

  • 女滝。

    女滝。

  • 10:19  中山道の形状がよく残っている石畳の道を歩く。

    10:19 中山道の形状がよく残っている石畳の道を歩く。

  • 10:27  一石栃白木番所跡。番所跡内に立場茶屋がある。熊除け鈴のある薄暗い道なりから解放された一息つける安心感のある場所だ。<br />

    10:27 一石栃白木番所跡。番所跡内に立場茶屋がある。熊除け鈴のある薄暗い道なりから解放された一息つける安心感のある場所だ。

  • 一石栃白木番所跡に建つ、立場茶屋。ここからは少しキツイ登り坂。登りきると馬籠峠。

    一石栃白木番所跡に建つ、立場茶屋。ここからは少しキツイ登り坂。登りきると馬籠峠。

  • 10:41  馬籠峠。県道に出る。峠の茶屋がある。<br /><br />妻籠宿から馬籠宿(JR中津川駅)へ向かうピークの峠。ここからはほぼ下り道。

    10:41 馬籠峠。県道に出る。峠の茶屋がある。

    妻籠宿から馬籠宿(JR中津川駅)へ向かうピークの峠。ここからはほぼ下り道。

  • 10:43  馬籠峠からしばらく県道を歩く。県道から妻籠宿へ向かう分岐後すぐ[熊出没注意]の立て看板が!

    10:43 馬籠峠からしばらく県道を歩く。県道から妻籠宿へ向かう分岐後すぐ[熊出没注意]の立て看板が!

  • 10:45  峠の集落付近の紅葉。

    10:45 峠の集落付近の紅葉。

  • 10:52  バス停清水付近の紅葉。

    10:52 バス停清水付近の紅葉。

  • 11:03  この石畳の坂を登りきると素晴らしい展望が。馬籠宿陣馬上展望台へと向かう。

    11:03 この石畳の坂を登りきると素晴らしい展望が。馬籠宿陣馬上展望台へと向かう。

  • 11:07  馬籠宿陣馬上展望台。眼前に恵那山を望む。下りとすぐに高札場。

    11:07 馬籠宿陣馬上展望台。眼前に恵那山を望む。下りとすぐに高札場。

  • 11:08  馬籠宿高札場。

    11:08 馬籠宿高札場。

  • 11:07  馬籠宿藤村記念館から馬籠宿の中山道を脇にそれると永昌寺。島崎藤村の墓。<br /><br />小説「夜明け前」に万福寺として出てくる寺らしい。

    11:07 馬籠宿藤村記念館から馬籠宿の中山道を脇にそれると永昌寺。島崎藤村の墓。

    小説「夜明け前」に万福寺として出てくる寺らしい。

  • 11:23  車坂:馬籠宿の桝形。

    11:23 車坂:馬籠宿の桝形。

  • 11:41  馬籠城跡(中央の杉の木々付近)。<br /><br />人混みの多いのは馬籠宿のバス停のある県道まで。県道を越えると静かな中山道に。<br />県道を少し下りと中山道沿いに馬籠城跡が。<br />城跡としての遺構はわからなかった。ただ城跡の案内板があるのみ。

    11:41 馬籠城跡(中央の杉の木々付近)。

    人混みの多いのは馬籠宿のバス停のある県道まで。県道を越えると静かな中山道に。
    県道を少し下りと中山道沿いに馬籠城跡が。
    城跡としての遺構はわからなかった。ただ城跡の案内板があるのみ。

  • 11:57  子規公園。<br />正岡子規「桑の実の 木曽路出づれば 穂麦かな」の句碑があるサンセットポイントの公園。<br />広々とした濃尾平野が見える。中心部の小山は苗木城跡。

    11:57 子規公園。
    正岡子規「桑の実の 木曽路出づれば 穂麦かな」の句碑があるサンセットポイントの公園。
    広々とした濃尾平野が見える。中心部の小山は苗木城跡。

  • 12:00  新茶屋。<br />木曽路はここまで。

    12:00 新茶屋。
    木曽路はここまで。

  • 12:05  落合の石畳。<br />全長840mにおよぶ石畳。国の指定史跡。そのうち約70mは当時のまま残っている。<br />当時のまま残るのは東海道の箱根と中山道の落合の2箇所のみ。それがここ。

    12:05 落合の石畳。
    全長840mにおよぶ石畳。国の指定史跡。そのうち約70mは当時のまま残っている。
    当時のまま残るのは東海道の箱根と中山道の落合の2箇所のみ。それがここ。

  • 12:25  十曲峠を抜けて落合川に出る。

    12:25 十曲峠を抜けて落合川に出る。

  • 12:37  落合宿本陣。

    12:37 落合宿本陣。

  • 12:44  善昌寺の「門冠の松」。<br />中山道はこの手前を左に曲がる。

    12:44 善昌寺の「門冠の松」。
    中山道はこの手前を左に曲がる。

  • 12:50  落合五郎城跡。遺構はない。

    12:50 落合五郎城跡。遺構はない。

  • 12:56  中山道から少し外れる。水戸藩士、熊谷三郎の墓。幕末の天狗党の一員。

    12:56 中山道から少し外れる。水戸藩士、熊谷三郎の墓。幕末の天狗党の一員。

  • 13:05  与坂立場跡。この辺りから中津川宿に入るJRの中津川駅手前までは、高低差は少ないがアップダウンの繰り返し。<br />このアップダウンは、JR南木曽駅から歩き通してきた足にはかなりこたえる。

    13:05 与坂立場跡。この辺りから中津川宿に入るJRの中津川駅手前までは、高低差は少ないがアップダウンの繰り返し。
    このアップダウンは、JR南木曽駅から歩き通してきた足にはかなりこたえる。

  • 13:09  落合宿が終わり中津川宿へのノボリ。

    13:09 落合宿が終わり中津川宿へのノボリ。

  • 13:10  子野の一里塚。

    13:10 子野の一里塚。

  • 13:17  子野地蔵堂石仏群。

    13:17 子野地蔵堂石仏群。

  • 13:21  中山道は国道19号線の地下道を通る。

    13:21 中山道は国道19号線の地下道を通る。

  • 13:23  中央部の小山は苗木城跡。

    13:23 中央部の小山は苗木城跡。

  • 13:33  中津川宿茶屋坂の高札場にある案内板。

    13:33 中津川宿茶屋坂の高札場にある案内板。

  • 中津川宿茶屋坂の高札場。

    中津川宿茶屋坂の高札場。

  • 13:40  中津川駅を通り越し中津川宿の中央部にある幕末の長州藩士桂小五郎の隠れ家跡。

    13:40 中津川駅を通り越し中津川宿の中央部にある幕末の長州藩士桂小五郎の隠れ家跡。

  • 13:46  中津川宿本陣跡。

    13:46 中津川宿本陣跡。

  • 13:48  中津川宿の桝形。

    13:48 中津川宿の桝形。

  • 14:00  JR中津川駅到着。

    14:00 JR中津川駅到着。

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

木曽・塩尻の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集