ヤンゴン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
★概要<br />2018年7月27日(金)<br /><br />羽田空港発の早朝便で香港を経由してヤンゴンへ。<br /><br /><br />★全体概要<br />2010年にインドネシアのボロブドゥール遺跡へ行った際に「世界3大仏教遺跡」を知った。<br />カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマーのバガン。<br />その頃から「いつか行きたい場所」としてリストアップされていた。<br />近年の民主化や経済自由化により急速に発展し、「アジア最後のフロンティア」と呼ばれることもあるというミャンマー。<br />平成最後になりそうな旅に相応しい国かもしれない。<br /><br />本文中の金額は旅行当時の両替レート。

ミャンマー一人旅(1/10)香港経由ヤンゴン行き

10いいね!

2018/07/27 - 2018/07/27

862位(同エリア1411件中)

旅行記グループ ミャンマー一人旅

0

26

hiro-ism

hiro-ismさん

★概要
2018年7月27日(金)

羽田空港発の早朝便で香港を経由してヤンゴンへ。


★全体概要
2010年にインドネシアのボロブドゥール遺跡へ行った際に「世界3大仏教遺跡」を知った。
カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマーのバガン。
その頃から「いつか行きたい場所」としてリストアップされていた。
近年の民主化や経済自由化により急速に発展し、「アジア最後のフロンティア」と呼ばれることもあるというミャンマー。
平成最後になりそうな旅に相応しい国かもしれない。

本文中の金額は旅行当時の両替レート。

同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
タクシー 徒歩 飛行機
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 今回の旅は羽田から6時35分発の早朝便。<br />もっと遅い時間の便もあったが、乗り継ぎや現地到着時間を考えるとそれが最も効率良かった。<br />とはいえ始発でも間に合わない時間なので前夜のうちに羽田空港へ。

    今回の旅は羽田から6時35分発の早朝便。
    もっと遅い時間の便もあったが、乗り継ぎや現地到着時間を考えるとそれが最も効率良かった。
    とはいえ始発でも間に合わない時間なので前夜のうちに羽田空港へ。

  • 国際線ターミナルで晩飯。<br />23時近い時間だと開いている店も限られてくるのでどこもそれなりの人。<br />その中でカウンター席もあって1人で入り易かった店へ。<br />天ぷらやおでんなどを扱う半分居酒屋みたいな店。<br />吉野家やモスバーガーなど、もっと1人で入り易くて安価な店もあったが、そこに逃げたくはなかった。<br />ビールがグラスで720円、天ぷら茶漬け御膳1,650円ほど、ビール2杯と合わせて税込み3,330円という空港価格の最初の晩餐。

    国際線ターミナルで晩飯。
    23時近い時間だと開いている店も限られてくるのでどこもそれなりの人。
    その中でカウンター席もあって1人で入り易かった店へ。
    天ぷらやおでんなどを扱う半分居酒屋みたいな店。
    吉野家やモスバーガーなど、もっと1人で入り易くて安価な店もあったが、そこに逃げたくはなかった。
    ビールがグラスで720円、天ぷら茶漬け御膳1,650円ほど、ビール2杯と合わせて税込み3,330円という空港価格の最初の晩餐。

  • 羽田の国内線ターミナルは24時で閉まるため、国内線の早朝便を待つ人は国際線ターミナルに流れてくるという。<br />確かにベンチや椅子などの座れる場所や横になれる場所は国内外の様々な人がいる。<br />出発ロビーをウロウロするも、良さそうな寝床が無かったので出国してしまうことに。<br />出国エリアは人が減り、どのソファも横になって寝られるだけの余裕があるし、全体的に広いのでどこも人がまばら。<br />出国前エリアの人の多さを考えると航空券を手にしている海外組は積極的に出国した方が良さそうだ。<br />空港中心部から外れ、全く人がいない椅子があったのでそこを寝床にする。

    羽田の国内線ターミナルは24時で閉まるため、国内線の早朝便を待つ人は国際線ターミナルに流れてくるという。
    確かにベンチや椅子などの座れる場所や横になれる場所は国内外の様々な人がいる。
    出発ロビーをウロウロするも、良さそうな寝床が無かったので出国してしまうことに。
    出国エリアは人が減り、どのソファも横になって寝られるだけの余裕があるし、全体的に広いのでどこも人がまばら。
    出国前エリアの人の多さを考えると航空券を手にしている海外組は積極的に出国した方が良さそうだ。
    空港中心部から外れ、全く人がいない椅子があったのでそこを寝床にする。

  • クーラーが効いて涼しかったのでウィンドブレーカーを着て、衣類が入った圧縮袋を枕にする。<br />充電用のコンセントもある。

    クーラーが効いて涼しかったのでウィンドブレーカーを着て、衣類が入った圧縮袋を枕にする。
    充電用のコンセントもある。

  • 翌朝、出発直前の空港。

    翌朝、出発直前の空港。

  • ミャンマーまでの飛行機は全日空の直行便を始め、タイ、台湾、ベトナムを経由する便など複数の候補があった。<br />その中で選んだのは香港を経由するキャセイパシフィック航空。<br />香港は20年前に初めて海外一人旅をした場所。<br />そして10年前の海外一人旅でも経由として寄った場所。<br />今回も香港経由の選択肢があるのならば悩む必要はなかった。<br />

    ミャンマーまでの飛行機は全日空の直行便を始め、タイ、台湾、ベトナムを経由する便など複数の候補があった。
    その中で選んだのは香港を経由するキャセイパシフィック航空。
    香港は20年前に初めて海外一人旅をした場所。
    そして10年前の海外一人旅でも経由として寄った場所。
    今回も香港経由の選択肢があるのならば悩む必要はなかった。

  • 航空券はキャセイパシフィック航空で購入したが、運航便はキャセイドラゴン航空。

    航空券はキャセイパシフィック航空で購入したが、運航便はキャセイドラゴン航空。

  • 進行方向の右側窓側に座ったら富士山が見える。<br />これまで飛行機から見た富士山では1番大きく綺麗に見られたと思う。

    進行方向の右側窓側に座ったら富士山が見える。
    これまで飛行機から見た富士山では1番大きく綺麗に見られたと思う。

  • 飛行時間は約3時間40分で香港国際空港に到着。

    飛行時間は約3時間40分で香港国際空港に到着。

  • 10時過ぎながらフードコートが大混雑。

    10時過ぎながらフードコートが大混雑。

  • フードコートの一画で昼飯。<br />香港ドルは持っていないのでクレジットカードが使えるか確認し、それっぽい店でワンタン麺のセットを注文。<br />さらに別の店でアサヒスーパードライの生があったのでそれも注文。<br />正直アサヒである必要は無いというかアサヒじゃない方が良かったのだが、ビールを気軽に頼めそうな店がそこしかなかった。<br />クレジットカード精算だったので料金やレートを全く意識していなかったが、香港空港のフリーWi-fiを繋げてネットで確認してみる。<br />ワンタン麺セットは青菜と椎茸の小皿2つとワンタン麺で99香港ドルは換算後約1,400円。<br />生ビールは68香港ドルで962円ってどっちも高っ!

    フードコートの一画で昼飯。
    香港ドルは持っていないのでクレジットカードが使えるか確認し、それっぽい店でワンタン麺のセットを注文。
    さらに別の店でアサヒスーパードライの生があったのでそれも注文。
    正直アサヒである必要は無いというかアサヒじゃない方が良かったのだが、ビールを気軽に頼めそうな店がそこしかなかった。
    クレジットカード精算だったので料金やレートを全く意識していなかったが、香港空港のフリーWi-fiを繋げてネットで確認してみる。
    ワンタン麺セットは青菜と椎茸の小皿2つとワンタン麺で99香港ドルは換算後約1,400円。
    生ビールは68香港ドルで962円ってどっちも高っ!

  • 香港空港から空港内バスで飛行機まで。

    香港空港から空港内バスで飛行機まで。

  • 香港発ヤンゴン行きの機内。

    香港発ヤンゴン行きの機内。

  • 機内食でビールは無かったものの、アイスがハーゲンダッツなのは高評価。

    機内食でビールは無かったものの、アイスがハーゲンダッツなのは高評価。

  • 約3時間でヤンゴンに到着すると雨。<br />雨季だから仕方ないか。

    約3時間でヤンゴンに到着すると雨。
    雨季だから仕方ないか。

  • 入国したヤンゴン国際空港は思っていたよりも立派。<br />少なくともここ数年で訪れたウズベキスタン、ラオスよりは格上。<br />空港内の銀行で20ドルを両替。<br />20ドル札だと1ドル1,405チャット(表記はKyatなので略称はk)、ちなみに50か100ドル札だと1,425チャット。<br />直前の日本の銀行で両替した際に1ドルが114円ほどだったので114円が1,405チャット計算で1チャットが0.08円。<br />現地通貨のチャットに8をかけてゼロを2つ取ったら日本円、少し分かりにくい。<br />以降のレートは1チャット(k)が0.08円で計算。

    入国したヤンゴン国際空港は思っていたよりも立派。
    少なくともここ数年で訪れたウズベキスタン、ラオスよりは格上。
    空港内の銀行で20ドルを両替。
    20ドル札だと1ドル1,405チャット(表記はKyatなので略称はk)、ちなみに50か100ドル札だと1,425チャット。
    直前の日本の銀行で両替した際に1ドルが114円ほどだったので114円が1,405チャット計算で1チャットが0.08円。
    現地通貨のチャットに8をかけてゼロを2つ取ったら日本円、少し分かりにくい。
    以降のレートは1チャット(k)が0.08円で計算。

  • 空港を出ると声をかけてくるタクシーの客引き。<br />それらを無視してタクシーカウンターへ行く。<br />最新版である1年前の地球の歩き方には8,000k(≒640円)が相場と書かれていたがタクシーカウンターの言い値は10米ドル(≒1,140円)。<br />高くねーか?と思ったがタクシーカウンターの言い値だし、その場で払おうとすると「直接ドライバーに払え」と言うし、そのドライバーも声をかけてきた奴とは違うし…まぁ多分そういうシステムなんだろうと思うことにする。<br />多少ぼられていたとしても1,140円で無事にホテルまで行ってもらえたら充分。<br />エアコン付きのタクシーでヤンゴンのダウンタウンを目指す。

    空港を出ると声をかけてくるタクシーの客引き。
    それらを無視してタクシーカウンターへ行く。
    最新版である1年前の地球の歩き方には8,000k(≒640円)が相場と書かれていたがタクシーカウンターの言い値は10米ドル(≒1,140円)。
    高くねーか?と思ったがタクシーカウンターの言い値だし、その場で払おうとすると「直接ドライバーに払え」と言うし、そのドライバーも声をかけてきた奴とは違うし…まぁ多分そういうシステムなんだろうと思うことにする。
    多少ぼられていたとしても1,140円で無事にホテルまで行ってもらえたら充分。
    エアコン付きのタクシーでヤンゴンのダウンタウンを目指す。

  • ヤンゴンのダウンタウン。<br />相変わらずの雨。

    ヤンゴンのダウンタウン。
    相変わらずの雨。

  • ダウンタウン中心部、スーレーパゴダ通りを歩道橋から。<br />中心に見えるのがスーレーパヤー。

    ダウンタウン中心部、スーレーパゴダ通りを歩道橋から。
    中心に見えるのがスーレーパヤー。

  • 反対側のスーレーパゴダ通り。<br />左がスーレースクエアというショッピングモールとスーレーシャングリラホテル。<br />右側がサクラタワーなるビル。

    反対側のスーレーパゴダ通り。
    左がスーレースクエアというショッピングモールとスーレーシャングリラホテル。
    右側がサクラタワーなるビル。

  • サクラタワーの屋上にあるバー、ヤンゴンヤンゴン。<br />19時までハッピーアワーでチャージやドリンクが5,000k(≒400円)均一だという。<br />入口で入場料5,000k(≒400円)を払う。<br />入場料に1杯分のドリンク代も含まれているという。

    サクラタワーの屋上にあるバー、ヤンゴンヤンゴン。
    19時までハッピーアワーでチャージやドリンクが5,000k(≒400円)均一だという。
    入口で入場料5,000k(≒400円)を払う。
    入場料に1杯分のドリンク代も含まれているという。

  • カウンター席に座りメニューも見ずにビールを注文。<br />ビールはハイネケン、キリン、ミャンマーがあると言われたので迷わずミャンマーを注文。<br />ミャンマーで初めて口にするものがビール、いよいよ旅らしくなってきた。<br />ハッピーアワーは19時までなのでもう1杯何か飲もうと思ってメニューを見て気が付いた。<br />ドリンクメニューは5,000k(≒400円)以上が標準な中で、ミャンマービールの通常価格は4,000k(≒320円)。<br />これは5,000k(≒400円)の入場料込ドリンクの値段で飲むものじゃなかった…<br />まぁ、飲みたいものを飲むのが1番だけど。<br />

    カウンター席に座りメニューも見ずにビールを注文。
    ビールはハイネケン、キリン、ミャンマーがあると言われたので迷わずミャンマーを注文。
    ミャンマーで初めて口にするものがビール、いよいよ旅らしくなってきた。
    ハッピーアワーは19時までなのでもう1杯何か飲もうと思ってメニューを見て気が付いた。
    ドリンクメニューは5,000k(≒400円)以上が標準な中で、ミャンマービールの通常価格は4,000k(≒320円)。
    これは5,000k(≒400円)の入場料込ドリンクの値段で飲むものじゃなかった…
    まぁ、飲みたいものを飲むのが1番だけど。

  • 2杯目はメニューに7,000k(≒560円)となっていたモヒート、ハッピーアワーの恩恵を受けて5,000k(≒400円)。<br />ちゃんとしているバーのようなのにクレジットカードは使えず、つど現金清算のシステム。<br />ミントが沢山入ったモヒートはちゃんとして美味しかった。<br />その2杯だけで出たので合計1万k、日本円換算800円ほどだから安い。

    2杯目はメニューに7,000k(≒560円)となっていたモヒート、ハッピーアワーの恩恵を受けて5,000k(≒400円)。
    ちゃんとしているバーのようなのにクレジットカードは使えず、つど現金清算のシステム。
    ミントが沢山入ったモヒートはちゃんとして美味しかった。
    その2杯だけで出たので合計1万k、日本円換算800円ほどだから安い。

  • サクラタワー屋上から眺める夜のスーレーパヤー。

    サクラタワー屋上から眺める夜のスーレーパヤー。

  • 外が雨で歩くのが面倒になり、晩飯は同じサクラタワーにあるレストラン。<br />店頭にあるメニューを見てもそこまで高くない。<br />店員にクレジットカードが使えるか聞いたら大丈夫だと言うので入る。<br />恐らく現地では高級な部類に入るレストランだからか店内はガラガラ。<br />ミャンマービールの生3,000k(≒240円)、生ビールの値段は屋上バーより安い。

    外が雨で歩くのが面倒になり、晩飯は同じサクラタワーにあるレストラン。
    店頭にあるメニューを見てもそこまで高くない。
    店員にクレジットカードが使えるか聞いたら大丈夫だと言うので入る。
    恐らく現地では高級な部類に入るレストランだからか店内はガラガラ。
    ミャンマービールの生3,000k(≒240円)、生ビールの値段は屋上バーより安い。

  • 値段が6,000k(≒480円)と手頃だったなんちゃらヌードル。<br />なんちゃらヌードルはフォーみたいな感じでアッサリして食べ易い。<br />高級な店らしく上品な大皿に控えめな量で出てきた。<br />それでも今の胃袋には丁度良いくらいの量。<br />ビール2杯飲んで合計12,000k(≒960円)。

    値段が6,000k(≒480円)と手頃だったなんちゃらヌードル。
    なんちゃらヌードルはフォーみたいな感じでアッサリして食べ易い。
    高級な店らしく上品な大皿に控えめな量で出てきた。
    それでも今の胃袋には丁度良いくらいの量。
    ビール2杯飲んで合計12,000k(≒960円)。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ミャンマーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ミャンマー最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ミャンマーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集