フィレンツェ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7年前は、初めてのイタリアで最初のローマで弾けすぎ、フィレンツェでは、つめつめの予定はこなせませんでした。(詰め込みすぎだったのですが!)<br />心残りだった、パラティーナ美術館とミケランジェロ広場に行きましょう!<br /><br />ローマ(早朝街歩き)<br />→オルヴィエート(TVで観たあのお店へ♪)<br />→チヴィタ・ディ・バニャレッジョ(‥ここまで来られたんだなぁ、私ひとりで!)<br />→フィレンツェ(7年前のリベンジ)<br />→ピサ(夜と朝のピサの美しさ)<br />→ラヴェンナ(静かな街と人との触れあい)<br />→ヴェネチア(昼間と夜の違う顔‥)<br />→ミラノ(最後の晩餐・ロンダニーニのピエタ)

2度目のイタリア!④フィレンツェ 7年前のリベンジ!

32いいね!

2018/08/08 - 2018/08/19

393位(同エリア3710件中)

旅行記グループ 2度目のイタリア 2018/8

3

74

maay

maayさん

7年前は、初めてのイタリアで最初のローマで弾けすぎ、フィレンツェでは、つめつめの予定はこなせませんでした。(詰め込みすぎだったのですが!)
心残りだった、パラティーナ美術館とミケランジェロ広場に行きましょう!

ローマ(早朝街歩き)
→オルヴィエート(TVで観たあのお店へ♪)
→チヴィタ・ディ・バニャレッジョ(‥ここまで来られたんだなぁ、私ひとりで!)
→フィレンツェ(7年前のリベンジ)
→ピサ(夜と朝のピサの美しさ)
→ラヴェンナ(静かな街と人との触れあい)
→ヴェネチア(昼間と夜の違う顔‥)
→ミラノ(最後の晩餐・ロンダニーニのピエタ)

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩 飛行機
航空会社
ユーロウイングス 中国東方航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • B&amp;B Le Stanze del Duomo<br />フイレンツェの中心にあり、とても便利な立地。<br />

    B&B Le Stanze del Duomo
    フイレンツェの中心にあり、とても便利な立地。

  • 広々していて寛げました。

    広々していて寛げました。

  • 7年前に行けなかった、パラティーナ美術館と<br />ミケランジェロ広場に行きたい!<br />そしてサンタ・マリア・デル・フィオーレの中も。<br />ところが…

    7年前に行けなかった、パラティーナ美術館と
    ミケランジェロ広場に行きたい!
    そしてサンタ・マリア・デル・フィオーレの中も。
    ところが…

  • なんと、今回も…<br />サンタ・マリア・デル・フィオーレ…<br />中を見られないという事態に(笑)

    なんと、今回も…
    サンタ・マリア・デル・フィオーレ…
    中を見られないという事態に(笑)

  • この後のヴェネツィア、ピサは<br />ぬかりなくネット予約をしてきたのですが、<br />何故かフィレンツェは、何もせずに来ていました。

    この後のヴェネツィア、ピサは
    ぬかりなくネット予約をしてきたのですが、
    何故かフィレンツェは、何もせずに来ていました。

  • ウフィツィ美術館の予約だけは、と思い<br />イタリア来てからもネット予約を見ていたのですが、<br />何故か途中でやめてしまっていたんですね。<br />何でなのか…自分でもよくわからないのですが。<br />私がフィレンツェにいる期間は<br />もうネットではどちらも予約が取れず並ぶしかないようです。<br />フィレンツェカードを買うほど色々とまわるつもりは無く…

    ウフィツィ美術館の予約だけは、と思い
    イタリア来てからもネット予約を見ていたのですが、
    何故か途中でやめてしまっていたんですね。
    何でなのか…自分でもよくわからないのですが。
    私がフィレンツェにいる期間は
    もうネットではどちらも予約が取れず並ぶしかないようです。
    フィレンツェカードを買うほど色々とまわるつもりは無く…

  • ウフィツィ美術館は、何としても!<br />と思い、17:30頃に美術館のチケット売り場へ。<br />数人しか並んでいなくて、売り場でおそるおそる、<br />“明日のチケット、ありますか…?”<br />“何時ですか?”<br />えっ?!思わぬご返事に拍子抜け(笑)<br />15:30のチケットを取ることが出来ました。<br />他の時間もとれた様子です。<br /><br />皆さん、夕方のチケット売り場で翌日以降のチケット<br />多分取れますよ!

    ウフィツィ美術館は、何としても!
    と思い、17:30頃に美術館のチケット売り場へ。
    数人しか並んでいなくて、売り場でおそるおそる、
    “明日のチケット、ありますか…?”
    “何時ですか?”
    えっ?!思わぬご返事に拍子抜け(笑)
    15:30のチケットを取ることが出来ました。
    他の時間もとれた様子です。

    皆さん、夕方のチケット売り場で翌日以降のチケット
    多分取れますよ!

  • 朝のサンタ・マリア・デル・フィオーレ<br />昼間は暑いのに、ものすごい人が並んでいます。<br />開くのも早い時間では無いので<br />早々と今回も入場をあきらめましたー(泣)<br /><br />本当にフィレンツェはもの凄い人人人!<br />…私もそのひとりですが!

    朝のサンタ・マリア・デル・フィオーレ
    昼間は暑いのに、ものすごい人が並んでいます。
    開くのも早い時間では無いので
    早々と今回も入場をあきらめましたー(泣)

    本当にフィレンツェはもの凄い人人人!
    …私もそのひとりですが!

  • やはり朝は静か。<br /><br />フィレンツェの今回の目的は<br />パラティーナ美術館で ラファエロ に酔いしれる。<br />ウフィツィ美術館をゆっくりとめぐる。<br />そして、ミケランジェロ広場。<br />あとは余裕があれば!<br />

    やはり朝は静か。

    フィレンツェの今回の目的は
    パラティーナ美術館で ラファエロ に酔いしれる。
    ウフィツィ美術館をゆっくりとめぐる。
    そして、ミケランジェロ広場。
    あとは余裕があれば!

  • 7年前、シニョーリア広場の カフェ・リヴォワールで<br />美しい夜の広場に酔いしれたことを思い出します。<br />カフェのテーブルとイスは広場に大きく広がっていて<br />自由な空間だった。<br />そんな昔の広々とした自由な雰囲気は、少しだけ失われつつあるかもしれない。

    7年前、シニョーリア広場の カフェ・リヴォワールで
    美しい夜の広場に酔いしれたことを思い出します。
    カフェのテーブルとイスは広場に大きく広がっていて
    自由な空間だった。
    そんな昔の広々とした自由な雰囲気は、少しだけ失われつつあるかもしれない。

  • さぁ、今朝は、開館と同時にパラティーナ美術館に入りましょう。<br />何故かというと、<br />9時までに入ると、チケットが半額!<br />16ユーロが8ユーロです。<br />めっちゃ並んでるんじゃないかなぁ…ぎりぎりになったもんなぁ…。

    さぁ、今朝は、開館と同時にパラティーナ美術館に入りましょう。
    何故かというと、
    9時までに入ると、チケットが半額!
    16ユーロが8ユーロです。
    めっちゃ並んでるんじゃないかなぁ…ぎりぎりになったもんなぁ…。

  • ん?

    ん?

  • がら~ん(笑)

    がら~ん(笑)

  • 川一つ渡るだけだし、歩いて10分ほど離れているだけなんですが、<br />ウフィツィ美術館とのこの差は何でしょう!

    川一つ渡るだけだし、歩いて10分ほど離れているだけなんですが、
    ウフィツィ美術館とのこの差は何でしょう!

  • パラティーナ美術館は、メディチ家の宮殿だったピッティ宮の中にあります。<br />

    パラティーナ美術館は、メディチ家の宮殿だったピッティ宮の中にあります。

  • 豪華な宮殿の中に絵画が飾られている<br />豪華な空間です。<br />明るくて広々していて人が少なくて<br />とてもゆったりと名画を鑑賞できます。

    豪華な宮殿の中に絵画が飾られている
    豪華な空間です。
    明るくて広々していて人が少なくて
    とてもゆったりと名画を鑑賞できます。

  • ラファエロ!

    ラファエロ!

  • ラファエロ「小椅子の聖母」

    ラファエロ「小椅子の聖母」

  • これがラファエロの間。<br />人がほとんどいなくて贅沢な時間です!

    これがラファエロの間。
    人がほとんどいなくて贅沢な時間です!

  • ラファエロは肖像画の名手。<br />この方は、才能に溢れ、自信に満ちた方なんでしょう!

    ラファエロは肖像画の名手。
    この方は、才能に溢れ、自信に満ちた方なんでしょう!

  • その方がどんな方か、<br />人間味が伝わってきますね。<br />ちょっと弱々しそうな青年かな?

    その方がどんな方か、
    人間味が伝わってきますね。
    ちょっと弱々しそうな青年かな?

  • この方の目元口元なんかも<br />ちょっと緊張して力はいっているような。<br />声が大きくて、実はおおらかそうな人。<br />想像ですが!<br /><br />

    この方の目元口元なんかも
    ちょっと緊張して力はいっているような。
    声が大きくて、実はおおらかそうな人。
    想像ですが!

  • ラファエロ「トンマーゾ・インギラーミの肖像」<br />存在感ありありですね。

    ラファエロ「トンマーゾ・インギラーミの肖像」
    存在感ありありですね。

  • 「大公の聖母」<br />数年前、上野の美術館に来たとき<br />この絵の歴史などTVで沢山番組をやっていましたね。<br />見に行きたかったけれど、混んでそうで足が向きませんでしたが。<br />今朝は、私ひとりで鑑賞しています。<br />こんな贅沢…ないですね。

    「大公の聖母」
    数年前、上野の美術館に来たとき
    この絵の歴史などTVで沢山番組をやっていましたね。
    見に行きたかったけれど、混んでそうで足が向きませんでしたが。
    今朝は、私ひとりで鑑賞しています。
    こんな贅沢…ないですね。

  • 「ラ・ヴェラータ」<br />ラファエロの恋人、パン屋の娘 フォルナリーナ<br />パン屋の娘がまるで貴婦人のよう。<br />穏やかな表情と美しい衣装。<br />モデルとラファエロの想いまでが伝わってくるような絵です。

    「ラ・ヴェラータ」
    ラファエロの恋人、パン屋の娘 フォルナリーナ
    パン屋の娘がまるで貴婦人のよう。
    穏やかな表情と美しい衣装。
    モデルとラファエロの想いまでが伝わってくるような絵です。

  • カラヴァッジョ「眠るキューピット」<br />異彩を放ちまくっています。

    カラヴァッジョ「眠るキューピット」
    異彩を放ちまくっています。

  • 贅沢な展示のされ方ですね。

    贅沢な展示のされ方ですね。

  • 天井も美しい。

    天井も美しい。

  • ゆっくりと名画を堪能します。<br />時々中央の椅子に座りながら。

    ゆっくりと名画を堪能します。
    時々中央の椅子に座りながら。

  • ルーベンス「4人の哲学者」

    ルーベンス「4人の哲学者」

  • ティツィアーノ「マグダラのマリア」

    ティツィアーノ「マグダラのマリア」

  • 当時の女性の豪華な衣装!

    当時の女性の豪華な衣装!

  • この噴水の向こう側は、ボーボリ庭園。<br />迷いましたが‥今日は、15:30からウフィツィ美術館にも行きますから、<br />この後はお昼をかって部屋に戻り、ゆっくりしましょう。<br />かなり足が疲れましたー!

    この噴水の向こう側は、ボーボリ庭園。
    迷いましたが‥今日は、15:30からウフィツィ美術館にも行きますから、
    この後はお昼をかって部屋に戻り、ゆっくりしましょう。
    かなり足が疲れましたー!

  • だいぶ人が増えてきましたね。<br />でも、ウフィツィ美術館とは比べものになりませんが!

    だいぶ人が増えてきましたね。
    でも、ウフィツィ美術館とは比べものになりませんが!

  • パラティーナ美術館、いいもの見せて頂きました!

    パラティーナ美術館、いいもの見せて頂きました!

  • シニョリーア広場 ヴェッキオ宮<br />1度目は、「500人広場」や「フランチェスコ1世の書斎」や<br />ヴィスコンティの映画のような数々の部屋を堪能しました。<br /><br />お昼は、ウフィツィの裏手の方の路地沿いにある<br />「All′Antico Vinaio」パニーニのお店に行ってみました。<br />昨夕、通ったら、もの凄い行列でびっくりしましたが、<br />誰も並んでいませんでした!

    シニョリーア広場 ヴェッキオ宮
    1度目は、「500人広場」や「フランチェスコ1世の書斎」や
    ヴィスコンティの映画のような数々の部屋を堪能しました。

    お昼は、ウフィツィの裏手の方の路地沿いにある
    「All′Antico Vinaio」パニーニのお店に行ってみました。
    昨夕、通ったら、もの凄い行列でびっくりしましたが、
    誰も並んでいませんでした!

  • ハムやチーズが沢山入っています。<br />これで5ユーロ!<br />おまけに、これは半分です!<br />ガッツリ食べたい若者向けです!<br />私は食べきれなくて、冷蔵庫に入れておきました。<br />(残り半分は、翌日のお昼になりました(笑))

    ハムやチーズが沢山入っています。
    これで5ユーロ!
    おまけに、これは半分です!
    ガッツリ食べたい若者向けです!
    私は食べきれなくて、冷蔵庫に入れておきました。
    (残り半分は、翌日のお昼になりました(笑))

  • いよいよ再び、ウフィツィ美術館。<br />フィリッポ・リッピ「聖母子と二大天使」<br />ボッティチェッリやダヴィンチなど少し後の天才達に影響を与えた画家。<br />

    いよいよ再び、ウフィツィ美術館。
    フィリッポ・リッピ「聖母子と二大天使」
    ボッティチェッリやダヴィンチなど少し後の天才達に影響を与えた画家。

  • ボッティチェッリ「ザクロの聖母」

    ボッティチェッリ「ザクロの聖母」

  • なんて見目麗しいお顔達!

    なんて見目麗しいお顔達!

  • あら、目が合いました?

    あら、目が合いました?

  • 「マニフィカトの聖母」<br />額も麗しい。

    「マニフィカトの聖母」
    額も麗しい。

  • いよいよ!「La Primavera(春)」

    いよいよ!「La Primavera(春)」

  • 本当に美しい女性ですね。。

    本当に美しい女性ですね。。

  • 「ヴィーナスの誕生」<br />展示のされ方がだいぶ変わっていました。

    「ヴィーナスの誕生」
    展示のされ方がだいぶ変わっていました。

  • ウフィツィの回廊。<br />天井近くに居並ぶ肖像群が凄い…。

    ウフィツィの回廊。
    天井近くに居並ぶ肖像群が凄い…。

  • ポンテヴェッキオが見えます。<br />以前は、ここしか写真が撮れませんでした。

    ポンテヴェッキオが見えます。
    以前は、ここしか写真が撮れませんでした。

  • 美しい青が鮮やかです。

    美しい青が鮮やかです。

  • フィリッピーノ・リッピ<br />「東方三博士の礼拝」<br />随分とドラマチック!

    フィリッピーノ・リッピ
    「東方三博士の礼拝」
    随分とドラマチック!

  • 聖母子像は、どれも本当に美しいですね。

    聖母子像は、どれも本当に美しいですね。

  • ダヴィンチの未完作品。<br />完成した作品では見られない、<br />生き生きとしたデッサンの筆遣いが見えます。<br />そばに接近して眺めました。

    ダヴィンチの未完作品。
    完成した作品では見られない、
    生き生きとしたデッサンの筆遣いが見えます。
    そばに接近して眺めました。

  • 若いダヴィンチが師匠と描いた有名な天使。<br />

    若いダヴィンチが師匠と描いた有名な天使。

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ<br />「受胎告知」

    レオナルド・ダ・ヴィンチ
    「受胎告知」

  • ラファエロ<br />「エリザベッタ・ゴンザーカの肖像」<br />ヘアバンドは、この頃の流行なんでしょうか。<br />服の幾何学模様が、随分と斬新で20世紀的!

    ラファエロ
    「エリザベッタ・ゴンザーカの肖像」
    ヘアバンドは、この頃の流行なんでしょうか。
    服の幾何学模様が、随分と斬新で20世紀的!

  • ラファエロ<br />「マッダレーナ・ドニの肖像」<br />なかなか迫力のあるご婦人です。<br />随分と豪華なネックレスが印象的。<br />モナリザの描き方に影響されたとか。<br />でも…もうちょっと笑顔でも良かったような…。<br />でもラファエロは、その人物そのものを描いているんでしょうね。

    ラファエロ
    「マッダレーナ・ドニの肖像」
    なかなか迫力のあるご婦人です。
    随分と豪華なネックレスが印象的。
    モナリザの描き方に影響されたとか。
    でも…もうちょっと笑顔でも良かったような…。
    でもラファエロは、その人物そのものを描いているんでしょうね。

  • ラファエロ<br />『ベルヴェデーレの聖母子』

    ラファエロ
    『ベルヴェデーレの聖母子』

  • ジョルジョ・ヴァザーリ<br />「ロレンツォ・イル・マニフィコの肖像」<br />この方にご挨拶せねばなりませんね。<br />今回もフィレンツェを堪能させて頂いております!

    ジョルジョ・ヴァザーリ
    「ロレンツォ・イル・マニフィコの肖像」
    この方にご挨拶せねばなりませんね。
    今回もフィレンツェを堪能させて頂いております!

  • 翌朝、ミケランジェロ広場に向かいました。<br />サンタマリアノヴェッラ駅前から<br />12番のバスに乗ります。

    翌朝、ミケランジェロ広場に向かいました。
    サンタマリアノヴェッラ駅前から
    12番のバスに乗ります。

  • この眺めを見られて満足!<br /><br />ところが帰りのバスでノヴェッラ駅の近くで降り忘れ…。<br />先のバス停から中心街に戻ります。<br />サンマルコ修道院の裏手あたりに出てきました。

    この眺めを見られて満足!

    ところが帰りのバスでノヴェッラ駅の近くで降り忘れ…。
    先のバス停から中心街に戻ります。
    サンマルコ修道院の裏手あたりに出てきました。

  • その後、サンタ・マリア・デルフィオーレ にちょっと挑戦してみようかなぁ…と思いましたが、長蛇の列を見て、すぐに心が折れました(笑)<br />その足で、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会に向かいます。<br />

    その後、サンタ・マリア・デルフィオーレ にちょっと挑戦してみようかなぁ…と思いましたが、長蛇の列を見て、すぐに心が折れました(笑)
    その足で、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会に向かいます。

  • …ここも混んでいるかしら…と不安な気持ちで向かいましたが、<br />なんとすぐに入場できました。<br />フィオーレ教会との、この差は何なのだろう?<br /><br />ファサードの装飾が見事です。

    …ここも混んでいるかしら…と不安な気持ちで向かいましたが、
    なんとすぐに入場できました。
    フィオーレ教会との、この差は何なのだろう?

    ファサードの装飾が見事です。

  • 中もがらがらで、ゆっくり時間を過ごせます。

    中もがらがらで、ゆっくり時間を過ごせます。

  • 壁画が素晴らしい!

    壁画が素晴らしい!

  • ギルランダイオ<br />「聖母マリアの誕生」

    ギルランダイオ
    「聖母マリアの誕生」

  • 見所満載です。

    見所満載です。

  • 木製の十字架が天井から吊り下げられています。<br />ジョットの作品。<br />かなりの重量感と迫力。

    木製の十字架が天井から吊り下げられています。
    ジョットの作品。
    かなりの重量感と迫力。

  • 静かな回廊。<br />他にも見所満載で、静かにゆっくりと時間を過ごせます。

    静かな回廊。
    他にも見所満載で、静かにゆっくりと時間を過ごせます。

  • 買わないけれど…サンタマリアノヴェッラ薬局。<br />入り口がちょっと地味でわかりづらい。

    買わないけれど…サンタマリアノヴェッラ薬局。
    入り口がちょっと地味でわかりづらい。

  • 中に入ると、いい香りで満ちあふれています。

    中に入ると、いい香りで満ちあふれています。

  • 展示もあり美しい内部です。<br />そして、ここを出ようとしたところ、ちょうど激しいゲリラ豪雨!<br />フィオーレ教会前で並んでいた人たちが心配。

    展示もあり美しい内部です。
    そして、ここを出ようとしたところ、ちょうど激しいゲリラ豪雨!
    フィオーレ教会前で並んでいた人たちが心配。

  • さて、夜は中央市場2階ののフードコートに来ました。<br />中央市場は閉まっているので、やってないんじゃないかしら…と思うほどの外観。<br />でもエスカレーターの前で警備しているお兄さんに示されて上に上がると、<br />こんな感じ。

    さて、夜は中央市場2階ののフードコートに来ました。
    中央市場は閉まっているので、やってないんじゃないかしら…と思うほどの外観。
    でもエスカレーターの前で警備しているお兄さんに示されて上に上がると、
    こんな感じ。

  • 好きなお店で好きな物買ってきて、好きな席で戴きます!

    好きなお店で好きな物買ってきて、好きな席で戴きます!

  • モッツァレッラチーズの専門店で買ったブッラータチーズとライスコロッケのアランチーニ、ビールを戴きます。<br />私は、この位で十分なんです♪<br />

    モッツァレッラチーズの専門店で買ったブッラータチーズとライスコロッケのアランチーニ、ビールを戴きます。
    私は、この位で十分なんです♪

  • デザートは、マンダリンのグラニータ!<br />暑さに疲れた体には一番!<br />美味しかったー!<br /><br />さぁ、明日はピサへ参ります。<br />子供の頃から知っているピサの斜塔。<br />何だかベタな観光地のイメージがあったのですが…<br />人生で初めてくらいの美しい色に巡り合えました!<br />ピサ!!<br />

    デザートは、マンダリンのグラニータ!
    暑さに疲れた体には一番!
    美味しかったー!

    さぁ、明日はピサへ参ります。
    子供の頃から知っているピサの斜塔。
    何だかベタな観光地のイメージがあったのですが…
    人生で初めてくらいの美しい色に巡り合えました!
    ピサ!!

32いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • procidaさん 2021/03/14 05:54:34
    Firenze!
    maayさんへ

    maayさんの旅行記は全て見てるつもりでしたが、Firenze編を見落としてました。
    屋根のない美術館…
    その名の通り芸術の街ですね。

    中央市場私も何度も行きました。
    一番人気の持つ煮込みのハンバーガーを食べたら、口に合わず…笑

    チーズとライスコロッケ!
    最高に美味しそう。

    早くコロナが終息してほしいですね。
    その時はまたイタリアに行きたいですね。

    プロチダ

    maay

    maayさん からの返信 2021/03/14 10:33:11
    RE: Firenze!
    procidaさん!

    コメントをありがとうございます!プロチダさんがイタリアの風を持ってきてくれた気がします(*^_^*)
    旅に出られない日々が一年続いてしまいましたね・・コロナ収束を願うばかりです。旅以前の人々の健康と元気と笑顔を祈りつつ!

    フィレンツェの旅!懐かしいです。
    プロチダさんがいいね、とコメントをくれて、久しぶりにおもいだしました。
    フィレンツェは本当に暑くて、人が多くて、人の多いところを避けて歩き回っていたこと、朝のパラティーナ美術館の名画独り占めの至福の時間、そしてこの旅では、ジェラートとグラニータを毎日食べて涼を取っていたのを思い出します。
    旅って自由ですねー笑

    今は、今度ユーロに行けたら、オーストリアから列車でイタリアに入ろう!とか妄想しています。列車を乗り換える、初めて名前を聞いた北イタリアの街にときめいたり、ベネチアからシチリアに列車を乗り継いでいったら、どんなルートで、どんな街に泊まりながら?とか、イタリアからスイスの山々を眺めながら列車で旅して、ドイツに入ろう、とか、これ、数ヶ月の旅になりますね笑

    仕事しながら、YouTubeで、ベネチアの街を定点でライヴ中継動画を流しっぱなしにしてみたり、ウォーキングツアーの映像を見て、禁断症状を癒やしたりもしています大笑

    maay



    procida

    procidaさん からの返信 2021/03/16 14:50:34
    RE: RE: Firenze!
    maayさんへ

    >今度ユーロに行けたら・・・
    オーストリアからイタリア
    ベネチアからシチリア
    イタリア〜スイス〜ドイツ

    私もほとんど同じようなことをよく考えます。^^
    オーストリアから入るにはどこで乗り換えて・・・
    全部で3回乗り換えか〜。
    わずかしかない時間で乗り換えできるかな。
    そんなことをGooglemap見ながら考えます。

    >ウォーキングツアーの映像を見て・・・
    それいいですね。
    私もさっそく試してみます。

    北海道の田舎に住んでますが、
    高いところを国際線がよく飛んでいます。
    一時は全くと言っていいほど見ませんでしたが、
    最近はアメリカから成田や上海に向かって飛んでいます。
    半年前と比べたら、
    動きが出てきたかな・・・
    と思うと勝手にうれしくなったりしています。

    それではまた!
    プロチダ

maayさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

PAGE TOP

ピックアップ特集