フィレンツェ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
毎年恒例となってしまった凱旋門賞の後はイタリア観光です。<br />水の都ベネツィアからミラノを経由してフィレンツェに入りました。昨日はフィレンツェ到着後すぐにピサの斜塔を1日観光しました。<br />そして今日と明日はフィレンツェをゆっくりまわろうと思います。<br />実はフィレンツェは7年前に1度来た事があるので前回行かなかった観光地を観光する予定です。<br /><br />今回の旅行の目的の(4)フィレンツェでウフィツィ美術館を見学。<br />前回のイタリア旅行ではウフィツィ美術館に行かなかったので今回は必ず行こう思っていた所です。<br /><br />ウフィツィ美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチの『受胎告知』そしてフィレンツェにはもう一つの『受胎告知』があるサン・マルコ美術館でフラ・アンジェリコのフレスコ画『受胎告知』も見学します。<br />この二つの名画をフィレンツェ前半と後半で紹介します。<br /><br />今回の旅行の目的<br />(1)凱旋門賞観戦 シャンティイ競馬場・芝2400m<br /><br />(2)イタリアの高速列車、フレッチェロッサ(FrecciaRossa)とイタロ     italoに乗車。<br /><br />(3)ベネツィアでゴンドラに乗る。(×)<br /><br />(4)フィレンツェでウフィツィ美術館を見学。<br /><br />(5)ローマで美味しいパスタを食べる。<br /><br />今回の旅の世界遺産<br />登録名:フィレンツェ歴史地区<br />登録年:1982年<br />分類:文化遺産<br /><br />登録名:メディチ家の館と庭園<br />登録年:2013年<br />分類 :文化遺産<br /><br />登録名:ヴェネツィアとその潟<br />登録年:1987年<br />分類 :文化遺産<br /><br />登録名:ピサのドゥオモ広場<br />登録年:1987年<br />分類 :文化遺産<br /><br />登録名:ヴァチカン市国<br />登録年:1984年<br />分類 :文化遺産<br /><br />-全日程-<br />◎が今回の旅行記<br />-全日程-<br />◎が今回の旅行記<br /><br />9月29日(金) <br />広島駅18:39発(さくら567号)博多19:47着<br />福岡21:00分発(JL332)羽田22:35着<br /><br />9月30日(土) <br />大崎25:00分発(WILLER EXPRESS) 成田 <br />成田11:40分発 (JL415) パリ17:10分着<br /><br />10月1日(日) <br />パリ北駅9:41分発(TER)シャンティイ・グヴィユ駅<br />凱旋門賞 観戦<br /><br />10月2日(月) <br />(ベネツィアの空港のストライキにより出発が遅延)<br />午前パリ観光<br />パリ18:05分発 (AF1426) ベニスVCE  19:40分着<br />             <br />10月3日(火) <br />ベネツィア観光<br /><br />10月4日(水) <br />ベネツィア半日観光 <br />ベネツィア駅15:50分発(フレッチェロッサ9744)ミラノ18:15分着<br />      <br />10月5日(木)<br />ミラノ駅9:35分発(イタロ9911)フィレンツェ11:25分着<br />フィレンツェSMN駅12:28分発(レジョナーレ・ヴェローチェ3170) <br />ピサ13:28分着<br />ピサの斜塔観光<br />ピサ駅17:32駅(レジョナーレ・ヴェローチェ3118)  <br />フィレンツェSMN駅18:32着  <br /><br />◎10月6日(金)<br />フィレンツェ観光<br /><br />10月7日(土)<br />フィレンツェ駅9:33分発(イタロ9905)ローマ駅11:05分着<br /><br />10月8日(日)<br />ローマ16:10分発 (AF1105) パリCDG18:20分着<br />パリCDG21:55分発 (JL416)<br /><br />10月9日(月)成田16:30分着<br />成田 (リムジンバス)羽田<br />羽田18:55分発 (JL267) 広島20:40分着<br />				<br />写真はジョットの鐘楼から見たドゥオモのクーポラと<br />フィレンツェの街並み。

2017年10月 フランス凱旋門賞とイタリア鉄道の旅(6)フレンツェ前編

73いいね!

2017/09/29 - 2017/10/09

100位(同エリア3695件中)

Longchamp

Longchampさん

毎年恒例となってしまった凱旋門賞の後はイタリア観光です。
水の都ベネツィアからミラノを経由してフィレンツェに入りました。昨日はフィレンツェ到着後すぐにピサの斜塔を1日観光しました。
そして今日と明日はフィレンツェをゆっくりまわろうと思います。
実はフィレンツェは7年前に1度来た事があるので前回行かなかった観光地を観光する予定です。

今回の旅行の目的の(4)フィレンツェでウフィツィ美術館を見学。
前回のイタリア旅行ではウフィツィ美術館に行かなかったので今回は必ず行こう思っていた所です。

ウフィツィ美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチの『受胎告知』そしてフィレンツェにはもう一つの『受胎告知』があるサン・マルコ美術館でフラ・アンジェリコのフレスコ画『受胎告知』も見学します。
この二つの名画をフィレンツェ前半と後半で紹介します。

今回の旅行の目的
(1)凱旋門賞観戦 シャンティイ競馬場・芝2400m

(2)イタリアの高速列車、フレッチェロッサ(FrecciaRossa)とイタロ     italoに乗車。

(3)ベネツィアでゴンドラに乗る。(×)

(4)フィレンツェでウフィツィ美術館を見学。

(5)ローマで美味しいパスタを食べる。

今回の旅の世界遺産
登録名:フィレンツェ歴史地区
登録年:1982年
分類:文化遺産

登録名:メディチ家の館と庭園
登録年:2013年
分類 :文化遺産

登録名:ヴェネツィアとその潟
登録年:1987年
分類 :文化遺産

登録名:ピサのドゥオモ広場
登録年:1987年
分類 :文化遺産

登録名:ヴァチカン市国
登録年:1984年
分類 :文化遺産

-全日程-
◎が今回の旅行記
-全日程-
◎が今回の旅行記

9月29日(金) 
広島駅18:39発(さくら567号)博多19:47着
福岡21:00分発(JL332)羽田22:35着

9月30日(土) 
大崎25:00分発(WILLER EXPRESS) 成田 
成田11:40分発 (JL415) パリ17:10分着

10月1日(日) 
パリ北駅9:41分発(TER)シャンティイ・グヴィユ駅
凱旋門賞 観戦

10月2日(月) 
(ベネツィアの空港のストライキにより出発が遅延)
午前パリ観光
パリ18:05分発 (AF1426) ベニスVCE 19:40分着
             
10月3日(火) 
ベネツィア観光

10月4日(水) 
ベネツィア半日観光 
ベネツィア駅15:50分発(フレッチェロッサ9744)ミラノ18:15分着
     
10月5日(木)
ミラノ駅9:35分発(イタロ9911)フィレンツェ11:25分着
フィレンツェSMN駅12:28分発(レジョナーレ・ヴェローチェ3170) 
ピサ13:28分着
ピサの斜塔観光
ピサ駅17:32駅(レジョナーレ・ヴェローチェ3118)  
フィレンツェSMN駅18:32着  

◎10月6日(金)
フィレンツェ観光

10月7日(土)
フィレンツェ駅9:33分発(イタロ9905)ローマ駅11:05分着

10月8日(日)
ローマ16:10分発 (AF1105) パリCDG18:20分着
パリCDG21:55分発 (JL416)

10月9日(月)成田16:30分着
成田 (リムジンバス)羽田
羽田18:55分発 (JL267) 広島20:40分着

写真はジョットの鐘楼から見たドゥオモのクーポラと
フィレンツェの街並み。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2017年10月6日(金)<br />ホテル コッローディ、朝の散歩に出かけます。<br />

    2017年10月6日(金)
    ホテル コッローディ、朝の散歩に出かけます。

  • ホテルに近い中央市場に来ました。<br /><br />市場が近くに有るとつい来てしまいますね!

    ホテルに近い中央市場に来ました。

    市場が近くに有るとつい来てしまいますね!

  • まだ朝早いのでお店は開店してますが<br />人がいなくて寂しい雰囲気。<br />市場なので朝から賑わっていると<br />思っていたので以外な感じ。<br />

    まだ朝早いのでお店は開店してますが
    人がいなくて寂しい雰囲気。
    市場なので朝から賑わっていると
    思っていたので以外な感じ。

  • 2階はフードコードになってました。<br />今日の行動の中でここで食事もありかな?

    2階はフードコードになってました。
    今日の行動の中でここで食事もありかな?

  • ジャンボきのこに思わず目を奪われる!<br />何の料理に使うのだろう?

    ジャンボきのこに思わず目を奪われる!
    何の料理に使うのだろう?

  • 真ん中のお肉って・・・鳥?

    真ん中のお肉って・・・鳥?

  • 今日は「レプッブリカ広場」を<br />中心にフィレンツェを散策します。

    今日は「レプッブリカ広場」を
    中心にフィレンツェを散策します。

  • このような感じの絵もいいかなと1枚撮りました。

    このような感じの絵もいいかなと1枚撮りました。

  • アルノ川沿いのヴァザーリの回廊<br />昼間は人が多くてこんな写真は撮れない。<br />朝の散歩はスナップ撮りにぴったり。<br /><br />いったんホテルに戻ります。

    アルノ川沿いのヴァザーリの回廊
    昼間は人が多くてこんな写真は撮れない。
    朝の散歩はスナップ撮りにぴったり。

    いったんホテルに戻ります。

  • フィレンツェ観光開始!<br />ホテルから歩いて10分、サン・マルコ教会に到着。

    フィレンツェ観光開始!
    ホテルから歩いて10分、サン・マルコ教会に到着。

  • サン・マルコ美術館を見る前に教会に入ります。

    サン・マルコ美術館を見る前に教会に入ります。

  • 教会内にも「受胎告知」がありました。

    教会内にも「受胎告知」がありました。

  • 主祭壇とクーポラのフラスコ画。

    主祭壇とクーポラのフラスコ画。

  • 一旦外に出て協会の入り口の隣にある小さな扉が、<br />サン・マルコ美術館です。<br /><br />入口がわからなくて教会と美術館を1周してしまいました。<br />(すぐ近くにあったのに!)

    一旦外に出て協会の入り口の隣にある小さな扉が、
    サン・マルコ美術館です。

    入口がわからなくて教会と美術館を1周してしまいました。
    (すぐ近くにあったのに!)

  • サン・マルコ美術館に入場。<br />入ると聖アントニーオの中庭が目の前に広がります。<br /><br />入場券<br />「受胎告知」の絵が印刷されています。

    サン・マルコ美術館に入場。
    入ると聖アントニーオの中庭が目の前に広がります。

    入場券
    「受胎告知」の絵が印刷されています。

  • 聖アントニーオ中庭の回廊

    聖アントニーオ中庭の回廊

  • 聖アントニーオ中庭の回廊に先にある<br />フラ・アンジェリコ<br />「磔刑を崇める聖ドメニコ」(1442年)<br />

    聖アントニーオ中庭の回廊に先にある
    フラ・アンジェリコ
    「磔刑を崇める聖ドメニコ」(1442年)

  • 窓から見る聖アントニーオ中庭、天気も回復してきたようです。

    窓から見る聖アントニーオ中庭、天気も回復してきたようです。

  • こちらは大食堂だった部屋。

    こちらは大食堂だった部屋。

  • 大食堂のフレスコ画<br />ジョバンニ・アントニオ・ソリアーニ<br />「聖ドメニコの奇跡の夕食」1536年<br />キリストの磔刑に描かれた食堂に天使が食べ物を運んでいる場面<br />

    大食堂のフレスコ画
    ジョバンニ・アントニオ・ソリアーニ
    「聖ドメニコの奇跡の夕食」1536年
    キリストの磔刑に描かれた食堂に天使が食べ物を運んでいる場面

  • ブラウティッラ・ネッリ<br />「死せるキリストの哀悼」<br />この板絵は修道女画家が描いたもの

    ブラウティッラ・ネッリ
    「死せるキリストの哀悼」
    この板絵は修道女画家が描いたもの

  • 大食堂を出ると<br /><br />右側の絵はジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ<br />聖エリザベス

    大食堂を出ると

    右側の絵はジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ
    聖エリザベス

  • 次は洗手盤の間

    次は洗手盤の間

  • 洗手盤の間にある最後の審判 1499-1501<br /><br />フラ・バルトロメオと<br />マリオット・アルベルティネッリ<br />このフラスコ画はふたりの共作ではなくフラ・バルトロメオが<br />制作を休止したためマリオット・アルベルティネッリが<br />引き継いで完成させた作品。<br /><br />下の部分(地獄の部分でしょうか?)は薄くなっていて<br />別な場所に有ったためで大きく痛んでいます。<br />このフラスコ画は大改修して蘇ったようです。<br />    

    洗手盤の間にある最後の審判 1499-1501

    フラ・バルトロメオと
    マリオット・アルベルティネッリ
    このフラスコ画はふたりの共作ではなくフラ・バルトロメオが
    制作を休止したためマリオット・アルベルティネッリが
    引き継いで完成させた作品。

    下の部分(地獄の部分でしょうか?)は薄くなっていて
    別な場所に有ったためで大きく痛んでいます。
    このフラスコ画は大改修して蘇ったようです。
        

  • 参事会の間に来ました。

    参事会の間に来ました。

  • この部屋でも大きなフレスコ画を見る事ができる。<br /><br />フラ・アンジェリコ<br />キリスト磔刑と聖人たち 1442年

    この部屋でも大きなフレスコ画を見る事ができる。

    フラ・アンジェリコ
    キリスト磔刑と聖人たち 1442年

  • そして、小食堂の「最後の晩餐」<br />ドメニコ・ギルダンダイオ 1479-1480<br /><br />それでは2階にあるフラ・アンジェリコの「受胎告知」<br />を鑑賞しましょう。

    そして、小食堂の「最後の晩餐」
    ドメニコ・ギルダンダイオ 1479-1480

    それでは2階にあるフラ・アンジェリコの「受胎告知」
    を鑑賞しましょう。

  • そして2階に上がるとまさかのフレスコ画が!<br />フラ・アンジェリコの「受胎告知」?<br /><br />これ本物?いやいや特別な部屋に展示しているはずです・・・

    そして2階に上がるとまさかのフレスコ画が!
    フラ・アンジェリコの「受胎告知」?

    これ本物?いやいや特別な部屋に展示しているはずです・・・

  • 第一廊下 僧房のフレスコ絵をいくつか紹介します。<br />

    第一廊下 僧房のフレスコ絵をいくつか紹介します。

  • 第1僧房<br />フラ・アンジェリコ<br />『我に触れるな』1438-1443<br /><br />

    第1僧房
    フラ・アンジェリコ
    『我に触れるな』1438-1443

  • 第3僧房<br />これもフラ・アンジェリコ<br />「受胎告知」 1438-1443<br />

    第3僧房
    これもフラ・アンジェリコ
    「受胎告知」 1438-1443

  • 第4僧房<br />「カルヴァリオへの道」<br /><br />

    第4僧房
    「カルヴァリオへの道」

  • そして、「受胎告知」は本物でした!<br />こんな感じで展示しているとは思いません。<br />特別な部屋で展示していると思っていたので、少し驚きました。<br />

    そして、「受胎告知」は本物でした!
    こんな感じで展示しているとは思いません。
    特別な部屋で展示していると思っていたので、少し驚きました。

  • まさかの展示方法でしたがフラ・アンジェリコの「受胎告知」を<br />見る事ができてその場を離れたくないような感情が芽生えてきました。<br /><br />この後にもうひとつの有名な「受胎告知」を見るのが本当に<br />楽しみになりました。

    まさかの展示方法でしたがフラ・アンジェリコの「受胎告知」を
    見る事ができてその場を離れたくないような感情が芽生えてきました。

    この後にもうひとつの有名な「受胎告知」を見るのが本当に
    楽しみになりました。

  • 少しアップしてみます。

    少しアップしてみます。

  • この空間は2階にある図書館。

    この空間は2階にある図書館。

  • ☆図書館<br />聖歌の音符なのでしょうか?

    ☆図書館
    聖歌の音符なのでしょうか?

  • アントーニの中庭 キオストロ回廊

    アントーニの中庭 キオストロ回廊

  • サン・マルコ美術館の帰りリカーソリ通りにあるアカデミア美術館。<br />すごい行列です。

    サン・マルコ美術館の帰りリカーソリ通りにあるアカデミア美術館。
    すごい行列です。

  • チケット売り場

    チケット売り場

  • ドゥオーモの前にあるサン・ジョヴァンニ洗礼堂。

    ドゥオーモの前にあるサン・ジョヴァンニ洗礼堂。

  • 洗礼堂の内部です。

    洗礼堂の内部です。

  • 八角型のクーポラに描かれた絵は必見!

    八角型のクーポラに描かれた絵は必見!

  • 最後の審判を行うキリスト<br /><br />左手の下の地獄図は本当に怖く描かれています。

    最後の審判を行うキリスト

    左手の下の地獄図は本当に怖く描かれています。

  • キリストの右手側に描かれた天国。

    キリストの右手側に描かれた天国。

  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ(花の聖母大聖堂)と<br />ジョットの鐘楼(右側)

    サンタ・マリア・デル・フィオーレ(花の聖母大聖堂)と
    ジョットの鐘楼(右側)

  • こちらは7年前にも登ったジョットの鐘楼。<br />

    こちらは7年前にも登ったジョットの鐘楼。

  • ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)<br />

    ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

  • ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)<br /><br />クーポラの上には前回(7年前)に登ったので今回はパス。<br />7年前はほとんど並ばないで入場できたのが、今は現地に<br />行っも予約しないとすぐ入場する事は出来ないのが残念に<br />思います。

    ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)

    クーポラの上には前回(7年前)に登ったので今回はパス。
    7年前はほとんど並ばないで入場できたのが、今は現地に
    行っも予約しないとすぐ入場する事は出来ないのが残念に
    思います。

  • ジョットの鐘楼、チケットが購入できたのでまた登ってみます。<br />

    ジョットの鐘楼、チケットが購入できたのでまた登ってみます。

  • チケットです。

    チケットです。

  • 階段の途中にある休憩所。<br />3か所あるので助かります。<br /><br />階段は414段もあるので休み休み登ります。

    階段の途中にある休憩所。
    3か所あるので助かります。

    階段は414段もあるので休み休み登ります。

  • クーポラ(ドーム)が見えてきました。<br />この景色何度見ても(2回目ですが・・・)最高の景色。

    クーポラ(ドーム)が見えてきました。
    この景色何度見ても(2回目ですが・・・)最高の景色。

  • フィレンツェの中心「ドゥオーモ広場」

    フィレンツェの中心「ドゥオーモ広場」

  • ジョットの鐘楼に登ったらこの定番の写真はカメラに収めたい!<br /><br /><br /><br />表題の写真に採用です。

    イチオシ

    ジョットの鐘楼に登ったらこの定番の写真はカメラに収めたい!



    表題の写真に採用です。

  • 前回のイタリアの旅で登ったドゥオモのクーポラ。

    前回のイタリアの旅で登ったドゥオモのクーポラ。

  • やっとの思いで最上階まで来ました!

    やっとの思いで最上階まで来ました!

  • クーポラと同じぐらいの高さまで来ました。<br />世界文化遺産の街に来た事を実感します。

    クーポラと同じぐらいの高さまで来ました。
    世界文化遺産の街に来た事を実感します。

  • 世界遺産の街を違う角度から。<br />

    世界遺産の街を違う角度から。

  • 真ん中に「レプッブリカ広場」が見えます。

    真ん中に「レプッブリカ広場」が見えます。

  • 「レプッブリカ広場」

    「レプッブリカ広場」

  • 今回も鐘楼にから見たドゥオモとフレンチェの景色が<br />撮れたので大満足です。<br /><br />フレンチェ後半はもうひとつの「受胎告知」を見るため<br />ウフィツィ美術館を見学します。 <br /><br />2020年8月19日  投稿 

    今回も鐘楼にから見たドゥオモとフレンチェの景色が
    撮れたので大満足です。

    フレンチェ後半はもうひとつの「受胎告知」を見るため
    ウフィツィ美術館を見学します。 

    2020年8月19日 投稿 

  • 2017年10月 フランス凱旋門賞とイタリア鉄道の旅(7)<br />フレンツェ後編に続きます。<br />https://4travel.jp/travelogue/11408252

    2017年10月 フランス凱旋門賞とイタリア鉄道の旅(7)
    フレンツェ後編に続きます。
    https://4travel.jp/travelogue/11408252

73いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集