マテーラ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7年ぶりのイタリア旅行。<br />前回は、東日本大震災の翌日から出かけたためバチが当たり、連日の雨。<br />しかも一番楽しみにしていた青の洞窟も波があってクローズとなり、さんざんな旅行になってしまいました。<br />そのリベンジを兼ねて、天候が最も安定する7月に出かけてきました。<br />今回の旅程は、<br />7月10日(火)関空よりフランクフルト経由ローマに行き宿泊<br />7月11日(水)ローマからパレルモに飛行機で移動し、パレルモ市内観光<br />7月12日(木)世界遺産のアグリジェントとカルタジローネを観光し、タオルミーナで連泊<br />7月13日(金)タオルミーナとシラクーサ観光<br />7月14日(土)タオルミーナからアルベロベッロへバスで大移動し、アルベロベッロ観光<br />7月15日(日)マテーラとポンペイ遺跡を観光しナポリで宿泊<br />7月16日(月)カプリ島とアマルフィー観光後ナポリ泊<br />7月17日~18日ナポリよりフランクフルト経由関空に移動して帰宅。<br />今回は、旅物語の7泊9日のパックツアーでしたが、参加者が少なくゆったりとした旅でした。<br />天候にも恵まれ、連日の30度越えで観光は大変でしたが、日本と違い湿度が低いので日陰に入るととてもさわやか。<br />逆に日本のほうが連日の猛暑で体調を壊しそうでした。<br />今回は、旅行6日目の午前中に観光した世界遺産マテーラを紹介します。<br />マテーラは、今回のツアーではあまり期待していなかったのですが、岩窟住居サッシが広がる眺めは遙か昔にタイムスリップした気分にさせてくれました。

美しきシチリア島と南イタリアの旅Ⅶ(マテーラ観光編)

8いいね!

2018/07/10 - 2018/07/18

181位(同エリア370件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

7年ぶりのイタリア旅行。
前回は、東日本大震災の翌日から出かけたためバチが当たり、連日の雨。
しかも一番楽しみにしていた青の洞窟も波があってクローズとなり、さんざんな旅行になってしまいました。
そのリベンジを兼ねて、天候が最も安定する7月に出かけてきました。
今回の旅程は、
7月10日(火)関空よりフランクフルト経由ローマに行き宿泊
7月11日(水)ローマからパレルモに飛行機で移動し、パレルモ市内観光
7月12日(木)世界遺産のアグリジェントとカルタジローネを観光し、タオルミーナで連泊
7月13日(金)タオルミーナとシラクーサ観光
7月14日(土)タオルミーナからアルベロベッロへバスで大移動し、アルベロベッロ観光
7月15日(日)マテーラとポンペイ遺跡を観光しナポリで宿泊
7月16日(月)カプリ島とアマルフィー観光後ナポリ泊
7月17日~18日ナポリよりフランクフルト経由関空に移動して帰宅。
今回は、旅物語の7泊9日のパックツアーでしたが、参加者が少なくゆったりとした旅でした。
天候にも恵まれ、連日の30度越えで観光は大変でしたが、日本と違い湿度が低いので日陰に入るととてもさわやか。
逆に日本のほうが連日の猛暑で体調を壊しそうでした。
今回は、旅行6日目の午前中に観光した世界遺産マテーラを紹介します。
マテーラは、今回のツアーではあまり期待していなかったのですが、岩窟住居サッシが広がる眺めは遙か昔にタイムスリップした気分にさせてくれました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
JTB

PR

  • 7月15日(日)、旅行6日目。<br />観光も今日と明日の2日間だけ。<br />本日の予定は、世界遺産のマテーラとポンペイ遺跡観光後ナポリに宿泊する予定。<br />朝食前にアルベロベッロのトゥルッリを散策した後、ホテルで朝食をいただきます。<br />相変わらず野菜がないのでシンプルな食事です。<br />ちなみにこのホテルでは、スクランブルエッグとベーコン以外はブッフェスタイルの食事でしたが、種類が少なくこんな食事になってしまいました。

    7月15日(日)、旅行6日目。
    観光も今日と明日の2日間だけ。
    本日の予定は、世界遺産のマテーラとポンペイ遺跡観光後ナポリに宿泊する予定。
    朝食前にアルベロベッロのトゥルッリを散策した後、ホテルで朝食をいただきます。
    相変わらず野菜がないのでシンプルな食事です。
    ちなみにこのホテルでは、スクランブルエッグとベーコン以外はブッフェスタイルの食事でしたが、種類が少なくこんな食事になってしまいました。

  • 朝食後、アルベロベッロからマテーラにバスで向かいます。<br />車窓はこのような平原が続き、多くの風力発電用の風車が回っていました。

    朝食後、アルベロベッロからマテーラにバスで向かいます。
    車窓はこのような平原が続き、多くの風力発電用の風車が回っていました。

  • ここは牧草地のようで、このあたりは1年を通じて風が強いせいか多くの風力発電設備がありました。<br /><br /><br />

    ここは牧草地のようで、このあたりは1年を通じて風が強いせいか多くの風力発電設備がありました。


  • アルベロベッロからマテーラまでは距離が約70Km、1時間30分で到着。<br />位置的にはイタリアの長靴のかかとから土踏まずの所までの移動となります。<br />ここはマテーラの岩窟住居サッシではないけれど、洞窟のようなところが見られます。

    アルベロベッロからマテーラまでは距離が約70Km、1時間30分で到着。
    位置的にはイタリアの長靴のかかとから土踏まずの所までの移動となります。
    ここはマテーラの岩窟住居サッシではないけれど、洞窟のようなところが見られます。

  • マテーラ市内の駐車場にバスを停めて、歩いて岩窟住居サッシに向かいます。

    マテーラ市内の駐車場にバスを停めて、歩いて岩窟住居サッシに向かいます。

  • この当たりは近代的な建物が続きます。

    この当たりは近代的な建物が続きます。

  • 駐車場から10分足らずでヴィットリオ・ヴェネスト広場に到着。<br />この広場からは岩窟住居サッシのイメージは浮かびませんが、ここが岩窟住居のスタート地点になります。

    駐車場から10分足らずでヴィットリオ・ヴェネスト広場に到着。
    この広場からは岩窟住居サッシのイメージは浮かびませんが、ここが岩窟住居のスタート地点になります。

  • この広場の下はサッソ・バリサーノ地区の岩窟住居サッシへの入り口になっています。

    この広場の下はサッソ・バリサーノ地区の岩窟住居サッシへの入り口になっています。

  • そして広場の展望台から眺めた景色がこれでサッソ・バリサーノ地区の岩窟住居サッシが一望できます。

    そして広場の展望台から眺めた景色がこれでサッソ・バリサーノ地区の岩窟住居サッシが一望できます。

  • マテーラには二つのサッシ地区があり、一つがこのサッソ・バリサーノ地区。<br />もう一つが、旧市街のドゥオーモを越えた所にあるサッソ・カヴェオーソ地区です。<br />私たちはこの二つのサッシ地区を観光します。

    マテーラには二つのサッシ地区があり、一つがこのサッソ・バリサーノ地区。
    もう一つが、旧市街のドゥオーモを越えた所にあるサッソ・カヴェオーソ地区です。
    私たちはこの二つのサッシ地区を観光します。

  • 先ほどの展望台から二つのサッソの境界部分にあるドゥオーモを目指します。<br />その間も歴史を感じる建物が左右に広がります。

    先ほどの展望台から二つのサッソの境界部分にあるドゥオーモを目指します。
    その間も歴史を感じる建物が左右に広がります。

  • その間、このような小さな広場が何カ所かありました。<br />この日も天気が良く、陽が当たるところは結構暑いので、なるべく日陰のところを選んで進みます。

    その間、このような小さな広場が何カ所かありました。
    この日も天気が良く、陽が当たるところは結構暑いので、なるべく日陰のところを選んで進みます。

  • ドゥオーモまでに行く途中、何カ所かサッソ・バリサーノ地区の岩窟住居を望む展望台があります。<br />サッソ・バリサーノ地区の岩窟住居サッシは、すり鉢状になった地形に多くの住居が連なっています。

    ドゥオーモまでに行く途中、何カ所かサッソ・バリサーノ地区の岩窟住居を望む展望台があります。
    サッソ・バリサーノ地区の岩窟住居サッシは、すり鉢状になった地形に多くの住居が連なっています。

  • この正面に見える教会が、二つのサッシ地区の教会となるドゥオーモです。<br />鐘楼が一際目立ちます。

    この正面に見える教会が、二つのサッシ地区の教会となるドゥオーモです。
    鐘楼が一際目立ちます。

  • それにしても不思議な景色です。<br />これらの建物は今でも使われていて、多くの方が生活しています。

    それにしても不思議な景色です。
    これらの建物は今でも使われていて、多くの方が生活しています。

  • これは何のモニュメントかな?

    これは何のモニュメントかな?

  • この日も日傘が大活躍します。<br />夏のイタリア旅行には日傘が必携です。

    この日も日傘が大活躍します。
    夏のイタリア旅行には日傘が必携です。

  • ここはどこだったかな?

    ここはどこだったかな?

  • マテーラの洞窟住居は、サッシ(Sassi)と呼ばれていますが、サッソ(Sasso)はイタリア語で「岩」を意味していて、その複数形がサッシとなります。<br />だからたくさんの岩という意味かな?

    マテーラの洞窟住居は、サッシ(Sassi)と呼ばれていますが、サッソ(Sasso)はイタリア語で「岩」を意味していて、その複数形がサッシとなります。
    だからたくさんの岩という意味かな?

  • この複数形のサッシは、8世紀から13世紀にかけて東方からの修道僧が住み着いたといわれ、この写真のように石灰岩で幾層にも重なっています。

    この複数形のサッシは、8世紀から13世紀にかけて東方からの修道僧が住み着いたといわれ、この写真のように石灰岩で幾層にも重なっています。

  • それにしても不思議な景色です。

    それにしても不思議な景色です。

  • ただこのあたりは洞窟住居ではなく、石造りの住居です。

    ただこのあたりは洞窟住居ではなく、石造りの住居です。

  • そしてこの建物が二つのサッシ地区の境界部に当たるところにあるドゥオーモです。<br />このドゥオーモはチヴィタの丘の頂上に建ち、13世紀のロマネスク様式の大聖堂です。<br />中には入りませんでしたが、町の守護聖人ブルーナの聖母を描いたビザンチン様式のフレスコ画や古代の聖堂跡、ロマネスク様式の柱頭装飾などがあるそうです。

    そしてこの建物が二つのサッシ地区の境界部に当たるところにあるドゥオーモです。
    このドゥオーモはチヴィタの丘の頂上に建ち、13世紀のロマネスク様式の大聖堂です。
    中には入りませんでしたが、町の守護聖人ブルーナの聖母を描いたビザンチン様式のフレスコ画や古代の聖堂跡、ロマネスク様式の柱頭装飾などがあるそうです。

  • このドゥオーモがあるチヴィタの丘からの景色が絶景で、眼下にサッソ・バリサーノ地区のサッシが一望できます。

    このドゥオーモがあるチヴィタの丘からの景色が絶景で、眼下にサッソ・バリサーノ地区のサッシが一望できます。

  • この日は天気が良かったので青空と白い建物のコントラストがとてもきれいです。<br />その後、もう一つのサッシ地区のサッソ・カヴェオーソ地区に向かいます。

    この日は天気が良かったので青空と白い建物のコントラストがとてもきれいです。
    その後、もう一つのサッシ地区のサッソ・カヴェオーソ地区に向かいます。

  • サッソ・カヴェオーソ地区の渓谷の反対側にもこのような洞窟住居が見られます。<br />こちらのほうが本物の洞窟住居のような感じです。<br />まるでトルコのカッパドキアの洞窟住居のような感じです。

    サッソ・カヴェオーソ地区の渓谷の反対側にもこのような洞窟住居が見られます。
    こちらのほうが本物の洞窟住居のような感じです。
    まるでトルコのカッパドキアの洞窟住居のような感じです。

  • こちらがサッソ・カヴェオーソ地区のサッシです。<br />こちらは渓谷沿いの崖にへばりつくような感じでサッシが広がっています。

    こちらがサッソ・カヴェオーソ地区のサッシです。
    こちらは渓谷沿いの崖にへばりつくような感じでサッシが広がっています。

  • よく見ると崩れかけの住居も見られます。

    よく見ると崩れかけの住居も見られます。

  • 現地ガイドさんの話しでは、こちらのサッシは空き屋が多く、無料でこの空き家を国から貸与してもらえるそうです。<br />ただ、水道・電気が通じていないので、それらインフラを整備しなければならず、その費用が結構かかるようです。

    現地ガイドさんの話しでは、こちらのサッシは空き屋が多く、無料でこの空き家を国から貸与してもらえるそうです。
    ただ、水道・電気が通じていないので、それらインフラを整備しなければならず、その費用が結構かかるようです。

  • そして中央の小高い山(岩)にはマドンナ・デ・イドリス教会が有り、その左下側にはサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会が見えます。

    そして中央の小高い山(岩)にはマドンナ・デ・イドリス教会が有り、その左下側にはサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会が見えます。

  • このサッシは現在修理中のようです。<br />ただ世界遺産に登録されているので修理するのも大変だと思います。

    このサッシは現在修理中のようです。
    ただ世界遺産に登録されているので修理するのも大変だと思います。

  • サッソ・カヴェオーソ地区ではこのようにサッシ住宅街を歩いて行けるので昔の生活を身近に感じられます。

    サッソ・カヴェオーソ地区ではこのようにサッシ住宅街を歩いて行けるので昔の生活を身近に感じられます。

  • 崖にへばりついてサッシが建てられているので、道路から住居に入るには階段やアーチ状の橋を渡って入るようです。

    崖にへばりついてサッシが建てられているので、道路から住居に入るには階段やアーチ状の橋を渡って入るようです。

  • そして先ほど見たマドンナ・デ・イドリス教会(右)とサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会(左)のある広場に出てきました。

    そして先ほど見たマドンナ・デ・イドリス教会(右)とサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会(左)のある広場に出てきました。

  • ここからは渓谷の景色も見ることができます。<br />よく見ると対岸にも洞窟住居が見られます。

    ここからは渓谷の景色も見ることができます。
    よく見ると対岸にも洞窟住居が見られます。

  • ここの広場に素敵な車を発見。<br />このようなスポーツカーでイタリアを周遊してみたいものです。

    ここの広場に素敵な車を発見。
    このようなスポーツカーでイタリアを周遊してみたいものです。

  • ここから見るサッソ・カヴェオーソ地区のサッシ群も素敵です。

    ここから見るサッソ・カヴェオーソ地区のサッシ群も素敵です。

  • この出店で売っているものはこのサッシ群の岩から造ったものかな?<br />このあたりの石は石灰岩ですので加工しやすいのかもしれません。

    この出店で売っているものはこのサッシ群の岩から造ったものかな?
    このあたりの石は石灰岩ですので加工しやすいのかもしれません。

  • ここで自由時間になったので、サン・ピエトロ・カヴォオーソ教会に入ってみます。<br />中は思ったよりシンプルな造りでした。

    ここで自由時間になったので、サン・ピエトロ・カヴォオーソ教会に入ってみます。
    中は思ったよりシンプルな造りでした。

  • でもこのような素敵な祭壇もありました。

    でもこのような素敵な祭壇もありました。

  • これらサッシは8世紀から13世紀にかけて、東方からイスラム勢力を逃れた修道僧がここに住み着き、130以上の洞窟住居を構えたそうです。<br />その後小作農民が住みつき、19世紀までは比較的快適な住環境だったようですが、20世紀に入ると人口が急増し、元々は畜舎であった採光も水の流れも劣悪な洞窟も住居として使用されるようになったそうです。

    これらサッシは8世紀から13世紀にかけて、東方からイスラム勢力を逃れた修道僧がここに住み着き、130以上の洞窟住居を構えたそうです。
    その後小作農民が住みつき、19世紀までは比較的快適な住環境だったようですが、20世紀に入ると人口が急増し、元々は畜舎であった採光も水の流れも劣悪な洞窟も住居として使用されるようになったそうです。

  • そのため衛生状態も極度に悪化し、乳児の死亡率は50%にも達したそうです。<br />これを行政当局も見逃せなくなり、1950年代に法整備し、マテーラ郊外に新たな集合住宅を建設し、サッシ地区の住民約1万5000人を強制的に移住させたそうです。

    そのため衛生状態も極度に悪化し、乳児の死亡率は50%にも達したそうです。
    これを行政当局も見逃せなくなり、1950年代に法整備し、マテーラ郊外に新たな集合住宅を建設し、サッシ地区の住民約1万5000人を強制的に移住させたそうです。

  • この結果、サッシ地区は無人の廃墟と化したそうです。<br />しかし150以上の石窟聖堂や3,000戸ほどの洞穴住居、地下水路で各戸の貯水槽に上水を供給するシステムなどのユニークな文化的資産が見直され、1993年にユネスコの世界文化遺産に指定されました。<br />そのため多くの観光客がここを訪れるようになったそうです。

    この結果、サッシ地区は無人の廃墟と化したそうです。
    しかし150以上の石窟聖堂や3,000戸ほどの洞穴住居、地下水路で各戸の貯水槽に上水を供給するシステムなどのユニークな文化的資産が見直され、1993年にユネスコの世界文化遺産に指定されました。
    そのため多くの観光客がここを訪れるようになったそうです。

  • これから昔の洞窟住居の中を見学します。

    これから昔の洞窟住居の中を見学します。

  • まずは控え室でマテーラのサッシに関するビデオをここで観賞します。

    まずは控え室でマテーラのサッシに関するビデオをここで観賞します。

  • その後、洞窟住居内を見学。<br />日本人の団体の観光客だったせいか、観光案内は日本語でしてくれました。<br />狭い洞窟内に家畜などと生活し、ベッドや機織り機、キッチンなどが所狭しと置かれていました。<br />これは機織り機です。

    その後、洞窟住居内を見学。
    日本人の団体の観光客だったせいか、観光案内は日本語でしてくれました。
    狭い洞窟内に家畜などと生活し、ベッドや機織り機、キッチンなどが所狭しと置かれていました。
    これは機織り機です。

  • こちらがキッチン。

    こちらがキッチン。

  • ベッドと家具。<br />ベッドの下にも収容できるようになっています。<br />このような生活環境だと衛生的にも非常に悪く、乳児の死亡率が高かったことが頷けます。

    ベッドと家具。
    ベッドの下にも収容できるようになっています。
    このような生活環境だと衛生的にも非常に悪く、乳児の死亡率が高かったことが頷けます。

  • とはいうものの、昔の日本の生活も同じようだったような気がします。

    とはいうものの、昔の日本の生活も同じようだったような気がします。

  • こちらのサッソ・カヴェオーソ地区のサッシはあまり生活感がなく、宿泊施設やレストラン・おみやげ屋さんは少ないようです。

    こちらのサッソ・カヴェオーソ地区のサッシはあまり生活感がなく、宿泊施設やレストラン・おみやげ屋さんは少ないようです。

  • この岩の中にマドンナ・デ・イドリス教会があるなんて信じられません。<br />よく見ると岩の上に十字架があるので、何とか教会があると言うことが解ります。

    この岩の中にマドンナ・デ・イドリス教会があるなんて信じられません。
    よく見ると岩の上に十字架があるので、何とか教会があると言うことが解ります。

  • そしてここは墓地だそうです。<br />当時は色の変わっているところに埋葬したそうです。

    そしてここは墓地だそうです。
    当時は色の変わっているところに埋葬したそうです。

  • ここからもう一つのサッシ地区であるサッソ・バリサーノ地区に戻ります。

    ここからもう一つのサッシ地区であるサッソ・バリサーノ地区に戻ります。

  • これら洞窟住居の5分の一ほどが宿泊施設やレストラン、工芸品のお店などに利用されているそうです。

    これら洞窟住居の5分の一ほどが宿泊施設やレストラン、工芸品のお店などに利用されているそうです。

  • この大きなパンがマテーラパンです。<br />マテーラは隣のプーリア州と同じくパンが美味しいといわれています。<br />パン生地はパスタと同じセモリナ粉で作られ、外側はカリカリと香ばしく中はしっとりした食感だそうです。<br />それにしてもとても大きなパンです。

    この大きなパンがマテーラパンです。
    マテーラは隣のプーリア州と同じくパンが美味しいといわれています。
    パン生地はパスタと同じセモリナ粉で作られ、外側はカリカリと香ばしく中はしっとりした食感だそうです。
    それにしてもとても大きなパンです。

  • 先ほどのマテーラパンは、食事パンとして料理にとても合うそうで、ピスタチオクリームやサラミを乗せて食べたり、シンプルにオリーブオイルをつけて食べるそうです。

    先ほどのマテーラパンは、食事パンとして料理にとても合うそうで、ピスタチオクリームやサラミを乗せて食べたり、シンプルにオリーブオイルをつけて食べるそうです。

  • 昼食レストランに行く途中、面白い飾りを発見。<br />骸骨が入った紋章なのかな?<br />現地ガイドさんいわく、日本人に人気だとのこと。<br />どうして?

    昼食レストランに行く途中、面白い飾りを発見。
    骸骨が入った紋章なのかな?
    現地ガイドさんいわく、日本人に人気だとのこと。
    どうして?

  • そしてこちらはサン・フランチェスコ・ダッシジ教会です。<br />写真が小さくてわかりにくいですが中央上部には、マドンナ像(聖母)が優しく微笑んでいます。<br />

    そしてこちらはサン・フランチェスコ・ダッシジ教会です。
    写真が小さくてわかりにくいですが中央上部には、マドンナ像(聖母)が優しく微笑んでいます。

  • そしてこちらが本日の昼食レストラン。<br />洞窟の中のレストランですので中はヒンヤリしています。<br />中の雰囲気もとてもいい感じ。<br />ここは日本人観光客用のレストランのせいか、他社ツアーの団体客も多く来ていました。

    そしてこちらが本日の昼食レストラン。
    洞窟の中のレストランですので中はヒンヤリしています。
    中の雰囲気もとてもいい感じ。
    ここは日本人観光客用のレストランのせいか、他社ツアーの団体客も多く来ていました。

  • 本日の料理の前菜はトマトとルッコラのホームメイドパスタ。<br />パスタは日本のマカロニとほぼ同じ。<br />美味しくいただきました。

    本日の料理の前菜はトマトとルッコラのホームメイドパスタ。
    パスタは日本のマカロニとほぼ同じ。
    美味しくいただきました。

  • メインディッシュは、ポークオープン焼きとサラダ。<br />味は美味しかったのですが、ポークが骨付きだったので食べにくい。

    メインディッシュは、ポークオープン焼きとサラダ。
    味は美味しかったのですが、ポークが骨付きだったので食べにくい。

  • デザートは、ホーメイドアイスクリーム。<br />この日も暑かったので美味しくいただきました。

    デザートは、ホーメイドアイスクリーム。
    この日も暑かったので美味しくいただきました。

  • マテーラは日本人観光客としてはまだまだ穴場のようです。<br />比較的観光客も少なくゆっくり観光ができます。<br />しかも料理も美味しく、物価もローマやフィレンツェなどと比較して安いのでお勧めの観光地です。<br />この後のポンペイ遺跡の観光は、次の旅行記で紹介します。

    マテーラは日本人観光客としてはまだまだ穴場のようです。
    比較的観光客も少なくゆっくり観光ができます。
    しかも料理も美味しく、物価もローマやフィレンツェなどと比較して安いのでお勧めの観光地です。
    この後のポンペイ遺跡の観光は、次の旅行記で紹介します。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集