アグリジェント旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7年ぶりのイタリア旅行。<br />前回は、東日本大震災の翌日から出かけたためバチが当たり、連日の雨。<br />しかも一番楽しみにしていた青の洞窟も波があってクローズとなり、さんざんな旅行になってしまいました。<br />そのリベンジを兼ねて、天候が最も安定する7月に出かけてきました。<br />今回の旅程は、<br />7月10日(火)関空よりフランクフルト経由ローマに行き宿泊<br />7月11日(水)ローマからパレルモに飛行機で移動し、パレルモ市内観光<br />7月12日(木)世界遺産のアグリジェントとカルタジローネを観光し、タオルミーナで連泊<br />7月13日(金)タオルミーナとシラクーサ観光<br />7月14日(土)タオルミーナからアルベロベッロへバスで大移動し、アルベロベッロ観光<br />7月15日(日)マテーラとポンペイ遺跡を観光しナポリで宿泊<br />7月16日(月)カプリ島とアマルフィー観光後ナポリ泊<br />7月17日~18日ナポリよりフランクフルト経由関空に移動して帰宅。<br />今回は、旅物語の7泊9日のパックツアーでしたが、参加者が少なくゆったりとした旅でした。<br />天候にも恵まれ、連日の30度越えで観光は大変でしたが、日本と違い湿度が低いので日陰に入るととてもさわやか。<br />逆に日本のほうが連日の猛暑で体調を壊しそうでした。<br />今回は、旅行3日目の午前中観光したアグリジェントの神殿の谷を紹介します。<br />この日も天気が良く、日陰の少ない神殿の谷でしたが、水分補給しつつ何とか壮大なギリシャの神殿群を見学することができました。<br />それにしてもコンコルディア神殿は保存状態が良く、思った以上にきれいで感動しました。<br />

美しきシチリア島と南イタリアの旅Ⅱ(アグリジェント観光編)

15いいね!

2018/07/10 - 2018/07/18

27位(同エリア143件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

7年ぶりのイタリア旅行。
前回は、東日本大震災の翌日から出かけたためバチが当たり、連日の雨。
しかも一番楽しみにしていた青の洞窟も波があってクローズとなり、さんざんな旅行になってしまいました。
そのリベンジを兼ねて、天候が最も安定する7月に出かけてきました。
今回の旅程は、
7月10日(火)関空よりフランクフルト経由ローマに行き宿泊
7月11日(水)ローマからパレルモに飛行機で移動し、パレルモ市内観光
7月12日(木)世界遺産のアグリジェントとカルタジローネを観光し、タオルミーナで連泊
7月13日(金)タオルミーナとシラクーサ観光
7月14日(土)タオルミーナからアルベロベッロへバスで大移動し、アルベロベッロ観光
7月15日(日)マテーラとポンペイ遺跡を観光しナポリで宿泊
7月16日(月)カプリ島とアマルフィー観光後ナポリ泊
7月17日~18日ナポリよりフランクフルト経由関空に移動して帰宅。
今回は、旅物語の7泊9日のパックツアーでしたが、参加者が少なくゆったりとした旅でした。
天候にも恵まれ、連日の30度越えで観光は大変でしたが、日本と違い湿度が低いので日陰に入るととてもさわやか。
逆に日本のほうが連日の猛暑で体調を壊しそうでした。
今回は、旅行3日目の午前中観光したアグリジェントの神殿の谷を紹介します。
この日も天気が良く、日陰の少ない神殿の谷でしたが、水分補給しつつ何とか壮大なギリシャの神殿群を見学することができました。
それにしてもコンコルディア神殿は保存状態が良く、思った以上にきれいで感動しました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
JTB

PR

  • 7月12日(木)旅行3日目。<br />本日は世界遺産のアグリジェントの神殿の谷とカルタジローネを観光してタオルミーナに行く予定。<br />朝起きると雲一つない快晴。<br />今日も暑そうです。<br />これが宿泊したホテルのパレルモのサン・パオロ・パレスの外観です。

    7月12日(木)旅行3日目。
    本日は世界遺産のアグリジェントの神殿の谷とカルタジローネを観光してタオルミーナに行く予定。
    朝起きると雲一つない快晴。
    今日も暑そうです。
    これが宿泊したホテルのパレルモのサン・パオロ・パレスの外観です。

  • ロビーもとても広いホテルです。

    ロビーもとても広いホテルです。

  • ホテル出発は8時のため朝食は7時からいただきます。<br />ブッフェスタイルの朝食ですが、あいかわらず野菜はトマトとポテトだけでした。<br />赤いジュースはトマトではなく、ブラッドオレンジジュースです。<br />見た目と味は異なり、飲んでみるとやっぱりオレンジジュースでした。

    ホテル出発は8時のため朝食は7時からいただきます。
    ブッフェスタイルの朝食ですが、あいかわらず野菜はトマトとポテトだけでした。
    赤いジュースはトマトではなく、ブラッドオレンジジュースです。
    見た目と味は異なり、飲んでみるとやっぱりオレンジジュースでした。

  • ホテルを8時に出発し、アグリジェントを目指します。<br />パレルモからは山越の道を走ります。<br />石造りの橋も素敵です。

    ホテルを8時に出発し、アグリジェントを目指します。
    パレルモからは山越の道を走ります。
    石造りの橋も素敵です。

  • 周りの景色は大きな木もなく、原野が続きます。

    周りの景色は大きな木もなく、原野が続きます。

  • イタリア南部もそうでしたが、多くの発電用の風車があります。<br />ただソーラーパネルはあまり見かけませんでした。

    イタリア南部もそうでしたが、多くの発電用の風車があります。
    ただソーラーパネルはあまり見かけませんでした。

  • 時折山頂にはお城のような砦も見られます。

    時折山頂にはお城のような砦も見られます。

  • これも城塞かな?<br />このあたりはこのような城塞が沢山見られました。

    これも城塞かな?
    このあたりはこのような城塞が沢山見られました。

  • このあたりは雨が少ないので野菜作りには適していないのか、ほとんどが牧草地です。

    このあたりは雨が少ないので野菜作りには適していないのか、ほとんどが牧草地です。

  • たまに放牧された牛も見られます。

    たまに放牧された牛も見られます。

  • アグリジェントまではパレルモから130Kmあり、バスで約3時間かかるため、途中ガソリンスタンドでトイレ休憩します。<br />ガソリンスタンドには売店とバールがあり、ここのトイレは有料で50セントです。<br />ただ買い物すると無料になります。

    アグリジェントまではパレルモから130Kmあり、バスで約3時間かかるため、途中ガソリンスタンドでトイレ休憩します。
    ガソリンスタンドには売店とバールがあり、ここのトイレは有料で50セントです。
    ただ買い物すると無料になります。

  • 今回シチリア島と南イタリアを周遊したバスがこれです。<br />大型バスですが、乗員は添乗員さんを入れて13名。<br />一人が二座席以上利用できるので長いバス移動も楽ちんです。

    今回シチリア島と南イタリアを周遊したバスがこれです。
    大型バスですが、乗員は添乗員さんを入れて13名。
    一人が二座席以上利用できるので長いバス移動も楽ちんです。

  • さらにアグリジェントを目指して移動します。<br />景色は変わらず、このような原野を進んでいきます。

    さらにアグリジェントを目指して移動します。
    景色は変わらず、このような原野を進んでいきます。

  • 雲一つない青空の下、アグリジェントを目指します。<br />このような景色ばかりですので見飽きてしまいます。

    雲一つない青空の下、アグリジェントを目指します。
    このような景色ばかりですので見飽きてしまいます。

  • パレルモから2時間30分かけてやっとアグリジェントに到着。<br />丘の上に遺跡の一部が見えます。

    パレルモから2時間30分かけてやっとアグリジェントに到着。
    丘の上に遺跡の一部が見えます。

  • ここはゼウス地区側の神殿広場。<br />ここで現地ガイドの陽子さんと合流。<br />陽子さんはイタリア人のご主人と結婚され、ここに約30年住みついている公認ガイドさんで、NHKテレビや世界不思議発見などにも出演された有名な日本人ガイドさんです。

    ここはゼウス地区側の神殿広場。
    ここで現地ガイドの陽子さんと合流。
    陽子さんはイタリア人のご主人と結婚され、ここに約30年住みついている公認ガイドさんで、NHKテレビや世界不思議発見などにも出演された有名な日本人ガイドさんです。

  • 私たちは神殿の谷の最も高い位置にあるジュノーネ(ヘラ)神殿から下って観光できるよう、ジュノーネ神殿側のチケット売り場から入場します。

    私たちは神殿の谷の最も高い位置にあるジュノーネ(ヘラ)神殿から下って観光できるよう、ジュノーネ神殿側のチケット売り場から入場します。

  • 入場ゲート前には定番のおみやげ屋さんが並んでいて、各国の言語に翻訳されたガイドブックも売られています。<br />もちろん日本語のガイドブックもありました。

    入場ゲート前には定番のおみやげ屋さんが並んでいて、各国の言語に翻訳されたガイドブックも売られています。
    もちろん日本語のガイドブックもありました。

  • それとここでは日傘も売られています。<br />ただ日傘をさしているのは日本人だけですが・・・。<br />とはいうものの神殿の谷では日陰になるところが少ないので、日傘は必携です。

    それとここでは日傘も売られています。
    ただ日傘をさしているのは日本人だけですが・・・。
    とはいうものの神殿の谷では日陰になるところが少ないので、日傘は必携です。

  • ジュノーネ神殿に行く途中、振り返ると有名なコンコルディア神殿が見えます。<br />ジュノーネ神殿からはズーと下り坂になるので暑いときはこのルートで観光するのが良いと思います。

    ジュノーネ神殿に行く途中、振り返ると有名なコンコルディア神殿が見えます。
    ジュノーネ神殿からはズーと下り坂になるので暑いときはこのルートで観光するのが良いと思います。

  • ここからはアグリジェントの街並みを見渡せます。

    ここからはアグリジェントの街並みを見渡せます。

  • これがジュノーネ(ヘラ)神殿です。<br />標高120mの丘の頂上にあるきれいな神殿遺跡です。

    これがジュノーネ(ヘラ)神殿です。
    標高120mの丘の頂上にあるきれいな神殿遺跡です。

  • 紀元前460~440年の神殿跡で、紀元前406年にカルタゴの侵攻にあって炎上し、中世の地震で倒壊したそうです。<br />25本のドーリア式列柱とアーキトレーヴ(柱の上の横材)の一部だけが残った神殿です。<br />こうやってみるととても絵になります。

    紀元前460~440年の神殿跡で、紀元前406年にカルタゴの侵攻にあって炎上し、中世の地震で倒壊したそうです。
    25本のドーリア式列柱とアーキトレーヴ(柱の上の横材)の一部だけが残った神殿です。
    こうやってみるととても絵になります。

  • 神殿前には羊を生け贄に捧げた祭壇跡もあります。<br />

    神殿前には羊を生け贄に捧げた祭壇跡もあります。

  • また祭壇跡の横には、このようなモニュメントもありました。

    また祭壇跡の横には、このようなモニュメントもありました。

  • ここから神殿の谷を眺めるとこんな感じです。<br />遠くにコンコルディア神殿も望めます。

    ここから神殿の谷を眺めるとこんな感じです。
    遠くにコンコルディア神殿も望めます。

  • ジュノーネ神殿の後ろ(反対)側はこんな感じです。<br />ギリシャ神話の最高位の女神を祀る神殿のため、恋愛成就や結婚を祈願するとかなうという噂があるそうです。

    ジュノーネ神殿の後ろ(反対)側はこんな感じです。
    ギリシャ神話の最高位の女神を祀る神殿のため、恋愛成就や結婚を祈願するとかなうという噂があるそうです。

  • 遺跡内のメインストリートである『聖なる道』を歩いてコンコルディア神殿を目指します。<br />この『聖なる道』の両側にはたくさんのアーモンドの木が植えられています。

    遺跡内のメインストリートである『聖なる道』を歩いてコンコルディア神殿を目指します。
    この『聖なる道』の両側にはたくさんのアーモンドの木が植えられています。

  • それがこの木で、アーモンドの実が沢山なっていました。<br />このアーモンドの木は、1月末頃から咲き始め、3月にはアーモンドの花祭りが催されるようです。<br />その頃になるとここはアーモンドの白い花で埋め尽くされ、とてもきれいだそうです。

    それがこの木で、アーモンドの実が沢山なっていました。
    このアーモンドの木は、1月末頃から咲き始め、3月にはアーモンドの花祭りが催されるようです。
    その頃になるとここはアーモンドの白い花で埋め尽くされ、とてもきれいだそうです。

  • そしてこちらは『イナゴ豆』の実です。<br />この豆の実の中に入っている種を持っていると金持ちになれるとのことで、財布の中に入れておくとよいそうです。<br />この後もちろん拾って、財布の中に入れておきました。<br />御利益があるかな?

    そしてこちらは『イナゴ豆』の実です。
    この豆の実の中に入っている種を持っていると金持ちになれるとのことで、財布の中に入れておくとよいそうです。
    この後もちろん拾って、財布の中に入れておきました。
    御利益があるかな?

  • しばらくすると正面にコンコルディア神殿が現れます。<br />『コンコルディア』とは『和解』『平和』『調和』を象徴するローマ女神のことだそうです。

    しばらくすると正面にコンコルディア神殿が現れます。
    『コンコルディア』とは『和解』『平和』『調和』を象徴するローマ女神のことだそうです。

  • 神殿前のこのモニュメントはイカロスの像で、遺跡とは関係なく2011年にポーランドの作家によって寄贈されたそうです。<br />このモニュメントはギリシャを飛び立ち、翼が折れて落下した場面をイメージしているそうで、なんとなくこの神殿にマッチしています。

    神殿前のこのモニュメントはイカロスの像で、遺跡とは関係なく2011年にポーランドの作家によって寄贈されたそうです。
    このモニュメントはギリシャを飛び立ち、翼が折れて落下した場面をイメージしているそうで、なんとなくこの神殿にマッチしています。

  • コンコルディア神殿は、紀元前440年頃に建造された周柱式ドーリス式神殿で、ローマ神話の平和・調和の女神コンコルディアに捧げられたことになっていますが、はっきり解っていないそうです。<br />6世紀のビザンチン時代に神殿は教会に改築され、(一説によるとアラブ時代にはモスク)、ノルマン時代に再び教会になり、18世紀に元の神殿の姿に戻りました。<br />教会に改築したときに、円柱と円柱の間を塞いで壁にしたため、結果的に神殿を補強することになり、地震で崩壊することなく、素晴らしい保存状態で今でも残っています。

    コンコルディア神殿は、紀元前440年頃に建造された周柱式ドーリス式神殿で、ローマ神話の平和・調和の女神コンコルディアに捧げられたことになっていますが、はっきり解っていないそうです。
    6世紀のビザンチン時代に神殿は教会に改築され、(一説によるとアラブ時代にはモスク)、ノルマン時代に再び教会になり、18世紀に元の神殿の姿に戻りました。
    教会に改築したときに、円柱と円柱の間を塞いで壁にしたため、結果的に神殿を補強することになり、地震で崩壊することなく、素晴らしい保存状態で今でも残っています。

  • 神殿の規模は、横17m x 縦38m 高さ 15m 柱の本数 6 x 13本。<br />この美しいドーリス式の建築物は日本にもあり、それが唐招提寺だそうです。<br />奈良時代にシルクロード経由でその様式が伝わったのかもしれません。

    神殿の規模は、横17m x 縦38m 高さ 15m 柱の本数 6 x 13本。
    この美しいドーリス式の建築物は日本にもあり、それが唐招提寺だそうです。
    奈良時代にシルクロード経由でその様式が伝わったのかもしれません。

  • 先ほどのコンコルディア神殿とヘラクレス神殿の間の道には、2015年からアグリジェント固有種のヤギ『Capra Girgentana』が放牧されています。<br />西アジアの山岳地帯に住むマーコールの血を引くヤギで、螺旋状の角を持っています。<br />このヤギは現地ガイドの陽子さんにとても慣れていて、タローと名前を呼ぶと近づいてきます。

    先ほどのコンコルディア神殿とヘラクレス神殿の間の道には、2015年からアグリジェント固有種のヤギ『Capra Girgentana』が放牧されています。
    西アジアの山岳地帯に住むマーコールの血を引くヤギで、螺旋状の角を持っています。
    このヤギは現地ガイドの陽子さんにとても慣れていて、タローと名前を呼ぶと近づいてきます。

  • さらに『聖なる道』を進んでいきます。<br />夏場は日陰が少ないので暑くて大変です。<br />ただ日陰に入ると、地中海から吹いてくる涼しい風でとてもさわやかです。

    さらに『聖なる道』を進んでいきます。
    夏場は日陰が少ないので暑くて大変です。
    ただ日陰に入ると、地中海から吹いてくる涼しい風でとてもさわやかです。

  • この建物は現在、管理事務所として使われていますが、ヘラクレス神殿の円柱を復元した英国人考古学者、ハードキャッスル卿邸の『ヴィラ・アウレア』です。

    この建物は現在、管理事務所として使われていますが、ヘラクレス神殿の円柱を復元した英国人考古学者、ハードキャッスル卿邸の『ヴィラ・アウレア』です。

  • 『ヴィラ・アウレア』の花壇にはいろいろな花が植えられています。

    『ヴィラ・アウレア』の花壇にはいろいろな花が植えられています。

  • 可憐な花びらです。

    可憐な花びらです。

  • これはブーゲンビリアかな?<br />とても鮮やかです。

    これはブーゲンビリアかな?
    とても鮮やかです。

  • これはエルコレ(ヘラクレス)神殿。<br />時間の関係で見学しませんでしたが、神殿の谷の中で見られる最古のドーリア式神殿だそうです。

    これはエルコレ(ヘラクレス)神殿。
    時間の関係で見学しませんでしたが、神殿の谷の中で見られる最古のドーリア式神殿だそうです。

  • その周りのもこのような神殿の柱のようなものが復元されずに残っています。

    その周りのもこのような神殿の柱のようなものが復元されずに残っています。

  • この神殿の谷には古代ギリシャの神殿群が集中し、古代には何と30万人もの人々が住んでいてそうです。

    この神殿の谷には古代ギリシャの神殿群が集中し、古代には何と30万人もの人々が住んでいてそうです。

  • ここはゼウス(ジュピター)神殿。<br />ギリシャ神話の最高神ゼウスに捧げられた神殿です。<br />ただ残念なことに神殿は残ってなく、石材のがれきの山状態でした。

    ここはゼウス(ジュピター)神殿。
    ギリシャ神話の最高神ゼウスに捧げられた神殿です。
    ただ残念なことに神殿は残ってなく、石材のがれきの山状態でした。

  • この神殿は長さ112.7m、横幅56.3mのギリシャ建築最大の神殿跡だそうで、未完成のうち紀元前406年にカルタゴ軍の襲撃で中断し、地震によって廃墟と化したそうです。<br />この像はレプリカで、神殿を支える高さ約17mもある柱を飾っていた巨大人像『テラモーネ』です。<br />本物は州立考古学博物館にあります。

    この神殿は長さ112.7m、横幅56.3mのギリシャ建築最大の神殿跡だそうで、未完成のうち紀元前406年にカルタゴ軍の襲撃で中断し、地震によって廃墟と化したそうです。
    この像はレプリカで、神殿を支える高さ約17mもある柱を飾っていた巨大人像『テラモーネ』です。
    本物は州立考古学博物館にあります。

  • これは生け贄用の祭壇かな?<br />遠くにはアグリジェントの街並みが見えます。

    これは生け贄用の祭壇かな?
    遠くにはアグリジェントの街並みが見えます。

  • これは2012年に発見された2体目のテラモーネです。

    これは2012年に発見された2体目のテラモーネです。

  • これは先ほどのレプリカのテラモーネです。<br />何か腹筋運動しているように見えます。

    これは先ほどのレプリカのテラモーネです。
    何か腹筋運動しているように見えます。

  • 神殿の谷の観光は2時間程度ではとうてい全部を見学することができません。<br />遺跡が大好きな私にとってとても残念です。<br />時間があればまた訪問して、ゆっくりと回りたいものです。

    神殿の谷の観光は2時間程度ではとうてい全部を見学することができません。
    遺跡が大好きな私にとってとても残念です。
    時間があればまた訪問して、ゆっくりと回りたいものです。

  • この日の昼食は神殿の谷のそばにあるレストラン。<br />夏なのにエアコン無しでも涼しい風が入っていてとてもさわやかです。

    この日の昼食は神殿の谷のそばにあるレストラン。
    夏なのにエアコン無しでも涼しい風が入っていてとてもさわやかです。

  • この日のメニューは、前菜がアンチョービのかかったトマトパスタ。<br />ビールと一緒に美味しくいただきます。<br />暑い中の遺跡観光後だったため冷えたビールがうまい!!

    この日のメニューは、前菜がアンチョービのかかったトマトパスタ。
    ビールと一緒に美味しくいただきます。
    暑い中の遺跡観光後だったため冷えたビールがうまい!!

  • メインディッシュは、シチリア風肉のロール巻き(牛肉巻き)。<br />これも美味しくいただきました。

    メインディッシュは、シチリア風肉のロール巻き(牛肉巻き)。
    これも美味しくいただきました。

  • デザートは、カンノーロ。<br />これはあまり口に合いませんでした。<br />昼食後は次の観光地のカルタジローネを目指してバスで移動します。<br />カルタジローネの観光は次の旅行記で紹介させていただきます。

    デザートは、カンノーロ。
    これはあまり口に合いませんでした。
    昼食後は次の観光地のカルタジローネを目指してバスで移動します。
    カルタジローネの観光は次の旅行記で紹介させていただきます。

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集