アルベロベッロ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7年ぶりのイタリア旅行。<br />前回は、東日本大震災の翌日から出かけたためバチが当たり、連日の雨。<br />しかも一番楽しみにしていた青の洞窟も波があってクローズとなり、さんざんな旅行になってしまいました。<br />そのリベンジを兼ねて、天候が最も安定する7月に出かけてきました。<br />今回の旅程は、<br />7月10日(火)関空よりフランクフルト経由ローマに行き宿泊<br />7月11日(水)ローマからパレルモに飛行機で移動し、パレルモ市内観光<br />7月12日(木)世界遺産のアグリジェントとカルタジローネを観光し、タオルミーナで連泊<br />7月13日(金)タオルミーナとシラクーサ観光<br />7月14日(土)タオルミーナからアルベロベッロへバスで大移動し、アルベロベッロ観光<br />7月15日(日)マテーラとポンペイ遺跡を観光しナポリで宿泊<br />7月16日(月)カプリ島とアマルフィー観光後ナポリ泊<br />7月17日~18日ナポリよりフランクフルト経由関空に移動して帰宅。<br />今回は、旅物語の7泊9日のパックツアーでしたが、参加者が少なくゆったりとした旅でした。<br />天候にも恵まれ、連日の30度越えで観光は大変でしたが、日本と違い湿度が低いので日陰に入るととてもさわやか。<br />逆に日本のほうが連日の猛暑で体調を壊しそうでした。<br />今回は、旅行5日目のタオルミーナからアルベロベッロまでの移動と観光を紹介します。<br />アルベロベッロのおとぎ話の国のようなトゥルッリ。<br />今回は夏場の観光だったため、昼・夜・朝の3つの不思議な景色を楽しむことができました。

美しきシチリア島と南イタリアの旅Ⅵ(アルベロベッロ観光編)

39いいね!

2018/07/10 - 2018/07/18

27位(同エリア517件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

7年ぶりのイタリア旅行。
前回は、東日本大震災の翌日から出かけたためバチが当たり、連日の雨。
しかも一番楽しみにしていた青の洞窟も波があってクローズとなり、さんざんな旅行になってしまいました。
そのリベンジを兼ねて、天候が最も安定する7月に出かけてきました。
今回の旅程は、
7月10日(火)関空よりフランクフルト経由ローマに行き宿泊
7月11日(水)ローマからパレルモに飛行機で移動し、パレルモ市内観光
7月12日(木)世界遺産のアグリジェントとカルタジローネを観光し、タオルミーナで連泊
7月13日(金)タオルミーナとシラクーサ観光
7月14日(土)タオルミーナからアルベロベッロへバスで大移動し、アルベロベッロ観光
7月15日(日)マテーラとポンペイ遺跡を観光しナポリで宿泊
7月16日(月)カプリ島とアマルフィー観光後ナポリ泊
7月17日~18日ナポリよりフランクフルト経由関空に移動して帰宅。
今回は、旅物語の7泊9日のパックツアーでしたが、参加者が少なくゆったりとした旅でした。
天候にも恵まれ、連日の30度越えで観光は大変でしたが、日本と違い湿度が低いので日陰に入るととてもさわやか。
逆に日本のほうが連日の猛暑で体調を壊しそうでした。
今回は、旅行5日目のタオルミーナからアルベロベッロまでの移動と観光を紹介します。
アルベロベッロのおとぎ話の国のようなトゥルッリ。
今回は夏場の観光だったため、昼・夜・朝の3つの不思議な景色を楽しむことができました。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
3.5
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
JTB

PR

  • 7月14日(土)早いもので旅行5日目。<br />ホテルの客室バルコニーから外を眺めるとこの絶景。<br />今日も天気が良さそうです。<br />本日の旅程は、タオルミーナからトゥルッリで有名なアルベロベッロまでの大移動とそこの観光です。

    7月14日(土)早いもので旅行5日目。
    ホテルの客室バルコニーから外を眺めるとこの絶景。
    今日も天気が良さそうです。
    本日の旅程は、タオルミーナからトゥルッリで有名なアルベロベッロまでの大移動とそこの観光です。

  • まずはホテルの朝食をいただきます。<br />今回も野菜がないためその代わりにフルーツをいただきます。<br />イタリア人の朝食はパンとコーヒーなどの簡単な食事のため生野菜はいただかないようです。<br />でも旅行に出ると何でこんなに食べることができるのかいつも不思議です。<br />普段はイタリア人と同様にパンとコーヒーだけなのに・・・。

    まずはホテルの朝食をいただきます。
    今回も野菜がないためその代わりにフルーツをいただきます。
    イタリア人の朝食はパンとコーヒーなどの簡単な食事のため生野菜はいただかないようです。
    でも旅行に出ると何でこんなに食べることができるのかいつも不思議です。
    普段はイタリア人と同様にパンとコーヒーだけなのに・・・。

  • 今日はシチリア島からフェリーに乗ってイタリア本土に渡り、イタリアのブーツのかかと部位に位置するアルベロベッロまでの大移動です。<br />そのためホテルを7時45分に出発し、フェリーが出るメッシーナまで向かいます。<br />ここがメッシーナの町で、タオルミーナからの距離が54Km。<br />約1時間で到着。<br />

    今日はシチリア島からフェリーに乗ってイタリア本土に渡り、イタリアのブーツのかかと部位に位置するアルベロベッロまでの大移動です。
    そのためホテルを7時45分に出発し、フェリーが出るメッシーナまで向かいます。
    ここがメッシーナの町で、タオルミーナからの距離が54Km。
    約1時間で到着。

  • ここからイタリア本土までは数社のフェリーが出ているようで、港ではひっきりなしにフェリーが出入りしています。

    ここからイタリア本土までは数社のフェリーが出ているようで、港ではひっきりなしにフェリーが出入りしています。

  • メッシーナの町はシチリア島の玄関口に当たるため結構賑わっています。

    メッシーナの町はシチリア島の玄関口に当たるため結構賑わっています。

  • フェリーは出発時刻が一応決まっていますが、満車になり次第出港しているようで、私たちも予定より早くメッシーナの港を出港しました。<br />結構大きなフェリーに車を満載して出港します。

    フェリーは出発時刻が一応決まっていますが、満車になり次第出港しているようで、私たちも予定より早くメッシーナの港を出港しました。
    結構大きなフェリーに車を満載して出港します。

  • イタリア本土側のヴィラ・サン・ジョバンニまでは約20分間のクルーズ。<br />ちょうど明石と淡路島の岩屋くらいの距離だと思います。<br />そのため、このメッシーナ海峡に橋を架ける計画が昔からあるようですが、なかなか実現しないようです。<br />橋が架かると便利になりますが、フェリー乗務員などの職がなくなったりといろいろな利権が絡んでくるのかもしれません

    イタリア本土側のヴィラ・サン・ジョバンニまでは約20分間のクルーズ。
    ちょうど明石と淡路島の岩屋くらいの距離だと思います。
    そのため、このメッシーナ海峡に橋を架ける計画が昔からあるようですが、なかなか実現しないようです。
    橋が架かると便利になりますが、フェリー乗務員などの職がなくなったりといろいろな利権が絡んでくるのかもしれません

  • これはメッシーナ港の灯台です。<br />日本の灯台よりおしゃれな形です。

    これはメッシーナ港の灯台です。
    日本の灯台よりおしゃれな形です。

  • メッシーナの中心部のドゥオーモも見えます。<br />船上は風があるので、日差しを避ければ船室内より外のほうがさわやかです。

    メッシーナの中心部のドゥオーモも見えます。
    船上は風があるので、日差しを避ければ船室内より外のほうがさわやかです。

  • 向こうに見える陸地がイタリア本土側のヴィラ・サン・ジョバンニです。<br />このフェリーはバスや乗用車などの車専用ですが、別会社のフェリーでは鉄道車両も載せているようです。<br />鉄道でイタリア本土からシチリア島に渡って観光するのもいいかな・・。

    向こうに見える陸地がイタリア本土側のヴィラ・サン・ジョバンニです。
    このフェリーはバスや乗用車などの車専用ですが、別会社のフェリーでは鉄道車両も載せているようです。
    鉄道でイタリア本土からシチリア島に渡って観光するのもいいかな・・。

  • ヴィラ・サン・ジョバンニには20分足らずで到着。<br />船上のデッキからあわててバスに戻ります。

    ヴィラ・サン・ジョバンニには20分足らずで到着。
    船上のデッキからあわててバスに戻ります。

  • この写真の左の鉄塔がシチリア島で、右の陸地がイタリア本土側のヴィラ・サン・ジョバンニです。<br />この間のメッシーナ海峡が最も狭く、1km足らずの距離です。

    この写真の左の鉄塔がシチリア島で、右の陸地がイタリア本土側のヴィラ・サン・ジョバンニです。
    この間のメッシーナ海峡が最も狭く、1km足らずの距離です。

  • フェリーを降りて、バスで一路アルベロベッロまで向かいます。<br />この写真のメッシーナ海峡の向こうに見える島は、今朝までいたシチリア島です。<br />目の前に見えます。

    フェリーを降りて、バスで一路アルベロベッロまで向かいます。
    この写真のメッシーナ海峡の向こうに見える島は、今朝までいたシチリア島です。
    目の前に見えます。

  • そしてこの鉄塔がイタリア本土に最も近いメッシーナの先端部です。<br />橋ではつながっていませんが、電線はつながっているようです。

    そしてこの鉄塔がイタリア本土に最も近いメッシーナの先端部です。
    橋ではつながっていませんが、電線はつながっているようです。

  • ここでトイレ休憩。<br />目的地のアルベロベッロまではまだ約400Kmもあります。

    ここでトイレ休憩。
    目的地のアルベロベッロまではまだ約400Kmもあります。

  • アルベロベッロまでは、フェリーで渡ったヴィラ・サン・ジョバンニからティレニア海沿いに北上し、ブーツの形をしたイタリアのつま先からかかとの所まで移動します。<br />このきれいな海はティレニア海です。

    アルベロベッロまでは、フェリーで渡ったヴィラ・サン・ジョバンニからティレニア海沿いに北上し、ブーツの形をしたイタリアのつま先からかかとの所まで移動します。
    このきれいな海はティレニア海です。

  • ヴィラ・サン・ジョバンニから約2時間走って、コセンツァ市に到着。

    ヴィラ・サン・ジョバンニから約2時間走って、コセンツァ市に到着。

  • ここのレストランで昼食をいただきます。<br />

    ここのレストランで昼食をいただきます。

  • 下町の小さなレストランです。

    下町の小さなレストランです。

  • これが前菜のフシッリパスタカラブリア風のパスタ。<br />平麺をマカロニ状に丸めたモチモチのパスタで、おいしくいただきました。

    これが前菜のフシッリパスタカラブリア風のパスタ。
    平麺をマカロニ状に丸めたモチモチのパスタで、おいしくいただきました。

  • これがメインディッシュのポークのエスカロップキノコ添えです。<br />日本人好みの味付けで美味しくいただきました。<br />ただ骨付きだったので食べにくいの難点です。

    これがメインディッシュのポークのエスカロップキノコ添えです。
    日本人好みの味付けで美味しくいただきました。
    ただ骨付きだったので食べにくいの難点です。

  • そしてデザートは、フルーツジャムのタルトです。<br />それほど甘くなかったのですが、パサパサしていてちょっと食べにくい。<br />食事の量は日本人に合わせて少なめにしてくれているのだと思います。

    そしてデザートは、フルーツジャムのタルトです。
    それほど甘くなかったのですが、パサパサしていてちょっと食べにくい。
    食事の量は日本人に合わせて少なめにしてくれているのだと思います。

  • 昼食後さらにアルベロベッロを目指して向かいます。<br />この頃になるとお昼を食べた後なので皆さんおやすみタイムになります。

    昼食後さらにアルベロベッロを目指して向かいます。
    この頃になるとお昼を食べた後なので皆さんおやすみタイムになります。

  • 何せアルベロベッロまで距離があるので途中1回のトイレ休憩。<br />長時間バスに乗っているとエコノミークラス症候群になるので、バスを降りて運動がてらショップをのぞくのも結構楽しいです。<br />日本で見かけない、いろいろな食べ物やお土産があります。

    何せアルベロベッロまで距離があるので途中1回のトイレ休憩。
    長時間バスに乗っているとエコノミークラス症候群になるので、バスを降りて運動がてらショップをのぞくのも結構楽しいです。
    日本で見かけない、いろいろな食べ物やお土産があります。

  • さらに進んでいくとブドウ畑が現れてきます。<br />このあたりではワイン用のブドウを生産しているようです。

    さらに進んでいくとブドウ畑が現れてきます。
    このあたりではワイン用のブドウを生産しているようです。

  • アルベロベッロに近づいてくると、トゥルッリの建物が増えてきます。

    アルベロベッロに近づいてくると、トゥルッリの建物が増えてきます。

  • ちょうど電車が来ていたので慌てて撮影。<br />ちょっとおしゃれな車両です。

    ちょうど電車が来ていたので慌てて撮影。
    ちょっとおしゃれな車両です。

  • これが宿泊したマグリスホテル。<br />日本のビジネスホテルのような形です。<br />ホテルに到着したのが16時30分ですので、タオルミーナから8時間弱かかったことになります。<br />バスに乗っているだけなのに結構疲れます。

    これが宿泊したマグリスホテル。
    日本のビジネスホテルのような形です。
    ホテルに到着したのが16時30分ですので、タオルミーナから8時間弱かかったことになります。
    バスに乗っているだけなのに結構疲れます。

  • 客室がこれで、ベッドが小さい。<br />寝返りをうつとベッドから落ちてしまいそう。<br />今回利用したホテルで最も小さかったベッドです。<br />ただ室内はきれいです。

    客室がこれで、ベッドが小さい。
    寝返りをうつとベッドから落ちてしまいそう。
    今回利用したホテルで最も小さかったベッドです。
    ただ室内はきれいです。

  • これはホテルのキーですがトゥルッリの形のキーホルダーが可愛い。<br />104号室ですが、フロントのある0階が1階ですので、2階の部屋になります。

    これはホテルのキーですがトゥルッリの形のキーホルダーが可愛い。
    104号室ですが、フロントのある0階が1階ですので、2階の部屋になります。

  • こちらが洗面・浴室ですが、一応バスタブもありました。

    こちらが洗面・浴室ですが、一応バスタブもありました。

  • 荷物を部屋に置いてアルベロベッロの観光のスタート。<br />何せこの日の日の入りが20時22分ですので、17時だとまだまだ明るい。<br />十分観光できます。<br />それに気温も夕方だと下がってくるので観光するには最適です。<br />この写真は聖メディチ・コズマエ・ダミアーノ教会です。

    荷物を部屋に置いてアルベロベッロの観光のスタート。
    何せこの日の日の入りが20時22分ですので、17時だとまだまだ明るい。
    十分観光できます。
    それに気温も夕方だと下がってくるので観光するには最適です。
    この写真は聖メディチ・コズマエ・ダミアーノ教会です。

  • 今回宿泊したマグリスホテルは、駅に近くトゥルッリで有名なモンティ地区やアイアピッコラ地区も徒歩圏内ですので観光に便利です。<br />ここは、モンティ地区などに向かうヴィットリオ・エマヌエーレ大通りです。

    今回宿泊したマグリスホテルは、駅に近くトゥルッリで有名なモンティ地区やアイアピッコラ地区も徒歩圏内ですので観光に便利です。
    ここは、モンティ地区などに向かうヴィットリオ・エマヌエーレ大通りです。

  • ここはポポロ広場で、この広場を左に行くとアイアピッコラ地区に行けます。

    ここはポポロ広場で、この広場を左に行くとアイアピッコラ地区に行けます。

  • ポポロ広場をちょっと進むとジャンジローラモ広場になります。<br />ここからの景色が絶景!!

    ポポロ広場をちょっと進むとジャンジローラモ広場になります。
    ここからの景色が絶景!!

  • ジャンジローラモ広場から見たモンティ地区のトゥルッリです。

    ジャンジローラモ広場から見たモンティ地区のトゥルッリです。

  • モンティ地区には緩やかな斜面に1000を越えるトゥルッリが立ち並んでいます。

    イチオシ

    モンティ地区には緩やかな斜面に1000を越えるトゥルッリが立ち並んでいます。

  • 道路を挟んだ手前にはレストランが有り、その向こうに多数のトゥルッリが並んでいます。

    道路を挟んだ手前にはレストランが有り、その向こうに多数のトゥルッリが並んでいます。

  • その道を進んでいきます。

    その道を進んでいきます。

  • 小さな道路の両側には、いろいろな形のトゥルッリが並んでいます。

    小さな道路の両側には、いろいろな形のトゥルッリが並んでいます。

  • このモンティ地区のトゥルッリは観光客用のおみやげ屋さんなどのショップやレストランが多くあります。

    このモンティ地区のトゥルッリは観光客用のおみやげ屋さんなどのショップやレストランが多くあります。

  • さすが有名な観光地ですので夕方にもかかわらず多くの観光客が来ています。

    さすが有名な観光地ですので夕方にもかかわらず多くの観光客が来ています。

  • シチリアでは中国・韓国系の観光客の方が少なかったのですが、イタリア本土に入って来ると、沢山の観光客を見かけました。<br />そのためとても賑やかです。

    シチリアでは中国・韓国系の観光客の方が少なかったのですが、イタリア本土に入って来ると、沢山の観光客を見かけました。
    そのためとても賑やかです。

  • それにしてもとても不思議な景色です。

    それにしてもとても不思議な景色です。

  • トゥルッリは昔、接合剤のモルタルを使わず、すぐに取り壊せるよう石材を積み重ねただけの建物でした。<br />これは17世紀の領主ジャンジローラモ2世がアルベロベッロの町を建設する際、ナポリ王の許可を得ていなかったため、査察が来たときにすぐに取り壊せるようにしたためだそうです。<br />ただ今では、家が壊れないようモルタルを使って造られています。

    トゥルッリは昔、接合剤のモルタルを使わず、すぐに取り壊せるよう石材を積み重ねただけの建物でした。
    これは17世紀の領主ジャンジローラモ2世がアルベロベッロの町を建設する際、ナポリ王の許可を得ていなかったため、査察が来たときにすぐに取り壊せるようにしたためだそうです。
    ただ今では、家が壊れないようモルタルを使って造られています。

  • この写真はトゥルッリの建物の中の天井裏です。<br />空間を上手に利用するため、このように梁を取り付けていろいろなものを置けるようにしています。<br />ちなみにこの家は、ガイドブックなどでも紹介されています、日本人の陽子さんが経営するおみやげ屋さんです。

    この写真はトゥルッリの建物の中の天井裏です。
    空間を上手に利用するため、このように梁を取り付けていろいろなものを置けるようにしています。
    ちなみにこの家は、ガイドブックなどでも紹介されています、日本人の陽子さんが経営するおみやげ屋さんです。

  • そしてこちらが寝室です。<br />この陽子さんのお店では家の中を自由に見学させていただけます。

    そしてこちらが寝室です。
    この陽子さんのお店では家の中を自由に見学させていただけます。

  • そしてこちらは陽子さんの家の屋上から眺めたモンティ地区のトゥルッリです。

    そしてこちらは陽子さんの家の屋上から眺めたモンティ地区のトゥルッリです。

  • 屋上から眺めるとトゥルッリの雰囲気も変わります。<br />円錐形の屋根の頂上にある小尖塔(ピナクル)は星形や球体など様々な形をしています。

    屋上から眺めるとトゥルッリの雰囲気も変わります。
    円錐形の屋根の頂上にある小尖塔(ピナクル)は星形や球体など様々な形をしています。

  • こうやって見るとトゥルッリ以外の建物もあり、建物も進化しているのかもしれません。

    こうやって見るとトゥルッリ以外の建物もあり、建物も進化しているのかもしれません。

  • それにしても絶景です。<br />ただ家の中を見学させていただきましたが、結局何も買わずに出て行ってしまいました。<br />申し訳ありません・・・。

    イチオシ

    それにしても絶景です。
    ただ家の中を見学させていただきましたが、結局何も買わずに出て行ってしまいました。
    申し訳ありません・・・。

  • 向こうに見える教会は先ほど見た、聖メディチ・コズマエ・ダミアーノ教会です。

    向こうに見える教会は先ほど見た、聖メディチ・コズマエ・ダミアーノ教会です。

  • 陽子さんのお店を出て、これから自由散策になります。

    陽子さんのお店を出て、これから自由散策になります。

  • こちらのトゥルッリは結構大きな建物です。<br />いろいろな小物類のお土産を売っています。

    こちらのトゥルッリは結構大きな建物です。
    いろいろな小物類のお土産を売っています。

  • こちらはモンティ地区の丘の上にある聖アントニオ教会です。<br />1926年に建てられた高さ21.5mのトゥルッリ形の教会です。

    こちらはモンティ地区の丘の上にある聖アントニオ教会です。
    1926年に建てられた高さ21.5mのトゥルッリ形の教会です。

  • 何せこのモンティ地区には1000軒ものいろいろな形のトゥルッリがあるので見飽きません。

    イチオシ

    何せこのモンティ地区には1000軒ものいろいろな形のトゥルッリがあるので見飽きません。

  • このトゥルッリの屋根先端のピンナーコロ(小尖塔)は、石積み屋根の要石でもあり、ロープをかけて引き抜くと瞬時に屋根が崩れるようになっているそうです。

    このトゥルッリの屋根先端のピンナーコロ(小尖塔)は、石積み屋根の要石でもあり、ロープをかけて引き抜くと瞬時に屋根が崩れるようになっているそうです。

  • モンティ地区の小高いところから眺めたアイアピッコラ地区のトゥルッリです。<br />こちらの地区にも400軒のトゥルッリがあります。<br />こんどはアイアピッコラ地区に移動します。

    モンティ地区の小高いところから眺めたアイアピッコラ地区のトゥルッリです。
    こちらの地区にも400軒のトゥルッリがあります。
    こんどはアイアピッコラ地区に移動します。

  • まずはモンティ地区入り口のマルテロッタ広場を抜けてアイアピッコラ地区に向かいます。

    まずはモンティ地区入り口のマルテロッタ広場を抜けてアイアピッコラ地区に向かいます。

  • アイアピッコラ地区のトゥルッリはほとんどが一般住居になっているので、おみやげ屋さんやレストランもなくひっそりとしています。

    アイアピッコラ地区のトゥルッリはほとんどが一般住居になっているので、おみやげ屋さんやレストランもなくひっそりとしています。

  • エマヌエーレ通りを引き返して聖メディチ・コズマエ・ダミアーノ教会に向かいます。

    エマヌエーレ通りを引き返して聖メディチ・コズマエ・ダミアーノ教会に向かいます。

  • 教会の前に行くとここでも結婚式を行っていました。<br />この車に乗ってハネムーンに出かけるのかな?

    教会の前に行くとここでも結婚式を行っていました。
    この車に乗ってハネムーンに出かけるのかな?

  • 教会の内部はこんな感じで思ったよりシンプルでした。

    教会の内部はこんな感じで思ったよりシンプルでした。

  • ここはアルベロベッロの守護聖人で貧者を無償で治療した双子の医師、聖コズマと聖ミアーノを祀る教会です。<br />元は小さな教会だったものが改築を続け、1885年にネオクラシック様式の現在の姿になったそうです。

    ここはアルベロベッロの守護聖人で貧者を無償で治療した双子の医師、聖コズマと聖ミアーノを祀る教会です。
    元は小さな教会だったものが改築を続け、1885年にネオクラシック様式の現在の姿になったそうです。

  • 教会を越えてさらに道を進んでいくと正面に王者のトゥルッリと呼ばれるトゥルッロ・ソヴラーノが現れます。

    教会を越えてさらに道を進んでいくと正面に王者のトゥルッリと呼ばれるトゥルッロ・ソヴラーノが現れます。

  • このトゥルッロ・ソヴラーノは、1700年代前半に神父の住居として建設されたもので、町最大のトゥルッリです。<br />この建物は、12のトゥルッロが組み合わさった構造になっていて、中央の屋根は高さ14mもあります。

    このトゥルッロ・ソヴラーノは、1700年代前半に神父の住居として建設されたもので、町最大のトゥルッリです。
    この建物は、12のトゥルッロが組み合わさった構造になっていて、中央の屋根は高さ14mもあります。

  • このトゥルッロ・ソヴラーノ周辺にもこのようなトゥルッリがあります。<br />向こうに見えるのは先ほど中に入った聖メディチ・コズマエ・ダミアーノ教会です。<br />この写真を見ても解るようにアルベロベッロの町は比較的小さく、2時間もあれば一通り観光できます。

    このトゥルッロ・ソヴラーノ周辺にもこのようなトゥルッリがあります。
    向こうに見えるのは先ほど中に入った聖メディチ・コズマエ・ダミアーノ教会です。
    この写真を見ても解るようにアルベロベッロの町は比較的小さく、2時間もあれば一通り観光できます。

  • その後ホテルに戻って、レストランで夕食をいただきます。<br />今晩のメニューは、前菜がこのパスタ。<br />貝状のパスタの上にオレキェッテパスタ野菜ソースがかかっています。<br />味は普通のパスタと同様に美味しくいただきました。

    その後ホテルに戻って、レストランで夕食をいただきます。
    今晩のメニューは、前菜がこのパスタ。
    貝状のパスタの上にオレキェッテパスタ野菜ソースがかかっています。
    味は普通のパスタと同様に美味しくいただきました。

  • メインディッシュは、チキンのオーブン焼き。<br />日本の鶏のモモ焼きと一緒で、これも美味しくいただきました。<br />ただ日本のモモ焼きと異なり身が簡単にほぐれるのでナイフとフォークで簡単にいただくことができました。

    メインディッシュは、チキンのオーブン焼き。
    日本の鶏のモモ焼きと一緒で、これも美味しくいただきました。
    ただ日本のモモ焼きと異なり身が簡単にほぐれるのでナイフとフォークで簡単にいただくことができました。

  • デザートがこのアイス。<br />これまた美味しくいただきました。<br />夕食が終わったのが20時30分。<br />まだ外は明るいので、一旦部屋で休憩。

    デザートがこのアイス。
    これまた美味しくいただきました。
    夕食が終わったのが20時30分。
    まだ外は明るいので、一旦部屋で休憩。

  • 外がやっと暗くなりかけたので、再び散策に出かけました。<br />明るいうちに一通り町を歩いたので迷うことなく散策できます。<br />まだ完全に暗くなっていませんが、時間は20時50分です。

    外がやっと暗くなりかけたので、再び散策に出かけました。
    明るいうちに一通り町を歩いたので迷うことなく散策できます。
    まだ完全に暗くなっていませんが、時間は20時50分です。

  • 21時になるとさすがに暗くなり、ポポロ広場のイルミネーションにも灯りがともり始めました。

    21時になるとさすがに暗くなり、ポポロ広場のイルミネーションにも灯りがともり始めました。

  • まずはモンティ地区のトゥルッリを見学に行きます。<br />トゥルッリにも灯りがともり昼間の表情と変わっています。

    まずはモンティ地区のトゥルッリを見学に行きます。
    トゥルッリにも灯りがともり昼間の表情と変わっています。

  • このようにトゥルッリの屋根や煙突にイルミネーションがつけられているものもあります。<br />21時を回っていますが、観光客が結構まだいます。

    このようにトゥルッリの屋根や煙突にイルミネーションがつけられているものもあります。
    21時を回っていますが、観光客が結構まだいます。

  • そしてここは、プロジェクションマッピングでトゥルッリの建物に色々な模様が映し出されています。<br />このトゥルッリ前はレストランになっていて、食事をしながらこの景色が楽しめるようになっています。

    そしてここは、プロジェクションマッピングでトゥルッリの建物に色々な模様が映し出されています。
    このトゥルッリ前はレストランになっていて、食事をしながらこの景色が楽しめるようになっています。

  • このように街灯だけのトゥルッリもあります。<br />こんな感じのトゥルッリのほうが風情があっていいです。

    このように街灯だけのトゥルッリもあります。
    こんな感じのトゥルッリのほうが風情があっていいです。

  • それにしても人気のある観光地ですので夜になっても観光客が途絶えません。<br />お店も繁盛しています。

    それにしても人気のある観光地ですので夜になっても観光客が途絶えません。
    お店も繁盛しています。

  • そして今度はアイア・ピッコラ地区のトゥルッリを見学します。<br />こちら側ではお祭りがあるようで、通りにはこのようなイルミネーションが飾られていました。

    そして今度はアイア・ピッコラ地区のトゥルッリを見学します。
    こちら側ではお祭りがあるようで、通りにはこのようなイルミネーションが飾られていました。

  • このような形で、通りに何枚ものイルミネーションが取り付けられています。<br />この時期、イタリア中の都市で、その地方の守護聖人の祭が催されているようです。

    このような形で、通りに何枚ものイルミネーションが取り付けられています。
    この時期、イタリア中の都市で、その地方の守護聖人の祭が催されているようです。

  • この奥に教会があるのでひときわイルミネーションがきれいです。

    この奥に教会があるのでひときわイルミネーションがきれいです。

  • これがその教会です。<br />ただ形を見ると教会ではなく、モスクのように見えます。

    これがその教会です。
    ただ形を見ると教会ではなく、モスクのように見えます。

  • 今度はこのイルミネーションを引き返します。<br />まだ祭が始まっていないせいか、観光客や地元の方もあまりいませんでした。

    今度はこのイルミネーションを引き返します。
    まだ祭が始まっていないせいか、観光客や地元の方もあまりいませんでした。

  • そして元来たエマヌエーレ通りまで戻ってきました。

    そして元来たエマヌエーレ通りまで戻ってきました。

  • 聖メディチ・コズマエ・ダミアーノ教会も建物全体が照明で照らされていました。<br />1時間足らずの散策後、この日はホテルに戻ってやすみました。<br />この日は、バス移動だったのであまり歩くことはないかなと思いましたが、夜遊びをしましたので歩数は7500歩でした。

    聖メディチ・コズマエ・ダミアーノ教会も建物全体が照明で照らされていました。
    1時間足らずの散策後、この日はホテルに戻ってやすみました。
    この日は、バス移動だったのであまり歩くことはないかなと思いましたが、夜遊びをしましたので歩数は7500歩でした。

  • 7月15日(日)旅行6日目。<br />観光は今日と明日のみ。<br />楽しい旅行はあっという間に時間が過ぎてしまいます。<br />この日の観光は、世界遺産のマテーラとポンペイ遺跡を回ってアテネで宿泊。<br />ホテルの出発はちょっと遅めの8時30分。<br />

    7月15日(日)旅行6日目。
    観光は今日と明日のみ。
    楽しい旅行はあっという間に時間が過ぎてしまいます。
    この日の観光は、世界遺産のマテーラとポンペイ遺跡を回ってアテネで宿泊。
    ホテルの出発はちょっと遅めの8時30分。

  • 朝食は7時15分からですので、再びアルベロベッロの町を朝食前に散策します。<br />何せ日の出が5時30分ですので、明るくなっても十分観光することができます。

    朝食は7時15分からですので、再びアルベロベッロの町を朝食前に散策します。
    何せ日の出が5時30分ですので、明るくなっても十分観光することができます。

  • ジャンジローラモ広場からモンティ地区を眺めると朝焼けを浴びたトゥルッリがきれいです。

    ジャンジローラモ広場からモンティ地区を眺めると朝焼けを浴びたトゥルッリがきれいです。

  • 徐々に陽が昇っていくと、トゥルッリの屋根が朝陽に照らされてきます。

    徐々に陽が昇っていくと、トゥルッリの屋根が朝陽に照らされてきます。

  • モンティ地区に入っていくと、さすがに朝早いので観光客は一人もいません。

    モンティ地区に入っていくと、さすがに朝早いので観光客は一人もいません。

  • そのためこの景色を独り占めできます。

    そのためこの景色を独り占めできます。

  • 朝のすがすがしい空気の中を散策するのはとても気持ちいい!!<br />昼間は気温が30度を軽く超しますが、朝晩は25度前後ですのでとてもさわやかです。

    朝のすがすがしい空気の中を散策するのはとても気持ちいい!!
    昼間は気温が30度を軽く超しますが、朝晩は25度前後ですのでとてもさわやかです。

  • トゥルッリの白壁にピンクの花が映えます。

    トゥルッリの白壁にピンクの花が映えます。

  • 徐々におとぎの国も夜が明けて目覚めてきます。

    徐々におとぎの国も夜が明けて目覚めてきます。

  • ここは昨日家の中を見学させていただいた陽子さんのお店兼住宅です。

    ここは昨日家の中を見学させていただいた陽子さんのお店兼住宅です。

  • しばらくするとトゥルッリの屋根から陽が登ってきます。

    しばらくするとトゥルッリの屋根から陽が登ってきます。

  • そうすると一斉にトゥルッリの屋根に日が当たり始めました。<br />この屋根の模様は、古代信仰やキリスト教に関するもの、星座を表すものなど色々なものがあるそうです。<br />その中で手前のハートに屋が刺さった模様がひときわ目を引きます。<br />このハートマークは聖母マリアの貫かれた心臓だそうです。

    そうすると一斉にトゥルッリの屋根に日が当たり始めました。
    この屋根の模様は、古代信仰やキリスト教に関するもの、星座を表すものなど色々なものがあるそうです。
    その中で手前のハートに屋が刺さった模様がひときわ目を引きます。
    このハートマークは聖母マリアの貫かれた心臓だそうです。

  • こちらの模様は何を表しているのかな?

    こちらの模様は何を表しているのかな?

  • ブラリブラリ散策していると、トゥルッリに住んでいる住民の方が壁のペンキを塗っている姿に遭遇。<br />このきれいな景色も、住民の方のこのような努力によって維持されているのだと思います。

    ブラリブラリ散策していると、トゥルッリに住んでいる住民の方が壁のペンキを塗っている姿に遭遇。
    このきれいな景色も、住民の方のこのような努力によって維持されているのだと思います。

  • やはりここの景色が一番絵になります。

    イチオシ

    やはりここの景色が一番絵になります。

  • これはトゥルッリでお店をしている家のショーウインドーです。<br />可愛い形の模型のトゥルッリが売られています。<br />ただこれは荷物になる上、壊れる恐れがあるので買うのを断念。

    これはトゥルッリでお店をしている家のショーウインドーです。
    可愛い形の模型のトゥルッリが売られています。
    ただこれは荷物になる上、壊れる恐れがあるので買うのを断念。

  • 6時30分になると夜も完全に明けて新しい1日が始まります。

    6時30分になると夜も完全に明けて新しい1日が始まります。

  • モンティ地区を見渡すことができるジャンジローラモ広場に行き、そこからモンティ地区を見るとこの絶景。<br />観光客はこの頃になるとさすがに数人現れていました。<br />

    イチオシ

    モンティ地区を見渡すことができるジャンジローラモ広場に行き、そこからモンティ地区を見るとこの絶景。
    観光客はこの頃になるとさすがに数人現れていました。

  • この景色を見られるのはここに宿泊した人に限られる贅沢な時間でした。

    この景色を見られるのはここに宿泊した人に限られる贅沢な時間でした。

  • 朝食時間が迫ってきたのでホテルに引き返します。<br />ここは昨晩、イルミネーションに照らされていたポポロ広場です。<br />さすがにひっそりしています。

    朝食時間が迫ってきたのでホテルに引き返します。
    ここは昨晩、イルミネーションに照らされていたポポロ広場です。
    さすがにひっそりしています。

  • そしてこのエマヌエーレ通りも人通りもまだまばらです。<br />今回は、アルベロベッロのトゥルッリの昼間と夜間、早朝の3つの顔を見学することができました。<br />どの顔をとても個性のあるもので、このおとぎの国を堪能することができました。<br />朝食後に観光するマテーラは次の旅行記で紹介させていただきます。

    そしてこのエマヌエーレ通りも人通りもまだまばらです。
    今回は、アルベロベッロのトゥルッリの昼間と夜間、早朝の3つの顔を見学することができました。
    どの顔をとても個性のあるもので、このおとぎの国を堪能することができました。
    朝食後に観光するマテーラは次の旅行記で紹介させていただきます。

39いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • ももであさん 2018/08/16 19:23:14
    ちょっと見ぬ間に
    旅好き長さん♪

    アルベロベッロの夜って、プロジェクション・
    マッピングやルミナリエまで登場するように
    なっていたのですね。

    ちょうど9年前に行きましたが、当時でさえ
    商業化されてるなーって印象を持ちましたが、
    アルベロベッロ。いよいよ本気ですね!?

    ももであ

    旅好き長さん

    旅好き長さんさん からの返信 2018/08/18 18:11:51
    RE: ちょっと見ぬ間に
    ももであさん

    書き込みどうもありがとうございます。
    私はアルベロベッロが初めてだったので、違和感を感じませでしたが、確かに商業化されつつあるのかもしれませんね。
    この後行ったマテーラは期待していなかったのですが、良かったです。

    旅好き長さん

旅好き長さんさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集