シチリア州旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7年ぶりのイタリア旅行。<br />前回は、東日本大震災の翌日から出かけたためバチが当たり、連日の雨。<br />しかも一番楽しみにしていた青の洞窟も波があってクローズとなり、さんざんな旅行になってしまいました。<br />そのリベンジを兼ねて、天候が最も安定する7月に出かけてきました。<br />今回の旅程は、<br />7月10日(火)関空よりフランクフルト経由ローマに行き宿泊<br />7月11日(水)ローマからパレルモに飛行機で移動し、パレルモ市内観光<br />7月12日(木)世界遺産のアグリジェントとカルタジローネを観光し、タオルミーナで連泊<br />7月13日(金)タオルミーナとシラクーサ観光<br />7月14日(土)タオルミーナからアルベロベッロへバスで大移動し、アルベロベッロ観光<br />7月15日(日)マテーラとポンペイ遺跡を観光しナポリで宿泊<br />7月16日(月)カプリ島とアマルフィー観光後ナポリ泊<br />7月17日~18日ナポリよりフランクフルト経由関空に移動して帰宅。<br />今回は、旅物語の7泊9日のパックツアーでしたが、参加者が少なくゆったりとした旅でした。<br />天候にも恵まれ、連日の30度越えで観光は大変でしたが、日本と違い湿度が低いので日陰に入るととてもさわやか。<br />逆に日本のほうが連日の猛暑で体調を壊しそうでした。<br />今回は、旅行3日目の午後に観光した世界産のカルタジローネを紹介します。<br />カルタジローネは陶器の町。<br />世界遺産でもある142段の階段のスカーラの上から眺める景色は絶景でした。

美しきシチリア島と南イタリア旅行Ⅲ(カルタジローネ観光編)

10いいね!

2018/07/10 - 2018/07/18

32位(同エリア111件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

7年ぶりのイタリア旅行。
前回は、東日本大震災の翌日から出かけたためバチが当たり、連日の雨。
しかも一番楽しみにしていた青の洞窟も波があってクローズとなり、さんざんな旅行になってしまいました。
そのリベンジを兼ねて、天候が最も安定する7月に出かけてきました。
今回の旅程は、
7月10日(火)関空よりフランクフルト経由ローマに行き宿泊
7月11日(水)ローマからパレルモに飛行機で移動し、パレルモ市内観光
7月12日(木)世界遺産のアグリジェントとカルタジローネを観光し、タオルミーナで連泊
7月13日(金)タオルミーナとシラクーサ観光
7月14日(土)タオルミーナからアルベロベッロへバスで大移動し、アルベロベッロ観光
7月15日(日)マテーラとポンペイ遺跡を観光しナポリで宿泊
7月16日(月)カプリ島とアマルフィー観光後ナポリ泊
7月17日~18日ナポリよりフランクフルト経由関空に移動して帰宅。
今回は、旅物語の7泊9日のパックツアーでしたが、参加者が少なくゆったりとした旅でした。
天候にも恵まれ、連日の30度越えで観光は大変でしたが、日本と違い湿度が低いので日陰に入るととてもさわやか。
逆に日本のほうが連日の猛暑で体調を壊しそうでした。
今回は、旅行3日目の午後に観光した世界産のカルタジローネを紹介します。
カルタジローネは陶器の町。
世界遺産でもある142段の階段のスカーラの上から眺める景色は絶景でした。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.5
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
JTB

PR

  • ここからは旅行3日目の午後から行ったカルタジローネの観光とタオルミーナでの宿泊までを紹介します。<br />昼食後、まずは世界遺産のカルタジローネに向かいます。<br />アグリジェントからカルタジローネまでは117Km離れていて、バスで約2時間かかります。<br />

    ここからは旅行3日目の午後から行ったカルタジローネの観光とタオルミーナでの宿泊までを紹介します。
    昼食後、まずは世界遺産のカルタジローネに向かいます。
    アグリジェントからカルタジローネまでは117Km離れていて、バスで約2時間かかります。

  • 車窓からは右手に地中海が広がり絶景です。<br />この海の向こう側はアフリカのチュニジア。<br />道理で暑いはずです。

    車窓からは右手に地中海が広がり絶景です。
    この海の向こう側はアフリカのチュニジア。
    道理で暑いはずです。

  • これはパラセーリングをしているのかな?<br />海岸線には海水浴場が広がっているようです。

    これはパラセーリングをしているのかな?
    海岸線には海水浴場が広がっているようです。

  • 途中から地中海ともお別れして再び山の中に入っていきます。<br />山の中に入ると午前中と同じような景色が続きます。

    途中から地中海ともお別れして再び山の中に入っていきます。
    山の中に入ると午前中と同じような景色が続きます。

  • カルタジローネには15時30分に到着。<br />アグリジェントからはバスでちょうど2時間かかりました。<br />カルタジローネは標高600mの高地にある陶器が有名な町で、先史時代から陶器造りが行われ、ギリシャ時代にその生産が盛んになったところです。<br />有名なスカーラ周辺には駐車場がないのでちょっと離れた所にバスを停めます。<br />ここは州立陶器博物館で、壁にもたくさんの陶器が飾られています。

    カルタジローネには15時30分に到着。
    アグリジェントからはバスでちょうど2時間かかりました。
    カルタジローネは標高600mの高地にある陶器が有名な町で、先史時代から陶器造りが行われ、ギリシャ時代にその生産が盛んになったところです。
    有名なスカーラ周辺には駐車場がないのでちょっと離れた所にバスを停めます。
    ここは州立陶器博物館で、壁にもたくさんの陶器が飾られています。

  • 有名なスカーラまでは、通常駐車場から徒歩で移動することが多いのですが、私たちはこのシャトルトレインに乗って向かいます。<br />この暑い中、徒歩で移動するのは大変です。

    有名なスカーラまでは、通常駐車場から徒歩で移動することが多いのですが、私たちはこのシャトルトレインに乗って向かいます。
    この暑い中、徒歩で移動するのは大変です。

  • シャトルトレインはこのように長いので、狭い町中を運転するのは大変だと思います。<br />でも乗っていると童心に返ってなんとなくわくわくします。

    シャトルトレインはこのように長いので、狭い町中を運転するのは大変だと思います。
    でも乗っていると童心に返ってなんとなくわくわくします。

  • ここがスカーラのそばにある市庁舎広場です。<br />ここまで先ほどのシャトルトレインで送ってもらえます。

    ここがスカーラのそばにある市庁舎広場です。
    ここまで先ほどのシャトルトレインで送ってもらえます。

  • 市庁舎広場の路面はさすが陶器の町ですので鮮やかな陶器製になっています。<br />このマヨルカ焼きは、アラブ人によって技術が導入され、イタリア各地に広まったそうです。

    市庁舎広場の路面はさすが陶器の町ですので鮮やかな陶器製になっています。
    このマヨルカ焼きは、アラブ人によって技術が導入され、イタリア各地に広まったそうです。

  • これが市庁舎広場からサンタ・マリア・デル・モンテ教会にかけて一直線に延びている142段の色鮮やかな階段のスカーラです。<br />この階段は、カルタジローネの町の上にある旧市街と下にある新市街をつなぐ目的で1606年に造られたそうです。

    これが市庁舎広場からサンタ・マリア・デル・モンテ教会にかけて一直線に延びている142段の色鮮やかな階段のスカーラです。
    この階段は、カルタジローネの町の上にある旧市街と下にある新市街をつなぐ目的で1606年に造られたそうです。

  • 1844年に階段が整備され、1954年に階段に陶器のタイルで装飾が行われたそうです。<br />その際、142段の階段の蹴上がりに色とりどりのマヨルカ焼きの装飾が施されています。

    1844年に階段が整備され、1954年に階段に陶器のタイルで装飾が行われたそうです。
    その際、142段の階段の蹴上がりに色とりどりのマヨルカ焼きの装飾が施されています。

  • これがそのマヨルカ焼きで、これは鳥。

    これがそのマヨルカ焼きで、これは鳥。

  • そしてこれは何かの動物?

    そしてこれは何かの動物?

  • これは女性。

    これは女性。

  • これは?

    これは?

  • ・・と動物や植物・人物をモチーフにしたいろいろなデザインのマヨルカ焼きのタイルが組み込まれています。

    ・・と動物や植物・人物をモチーフにしたいろいろなデザインのマヨルカ焼きのタイルが組み込まれています。

  • またその階段の両側にはおみやげ屋さんが並んでいて、名物のマヨルカ焼きを売っています。

    またその階段の両側にはおみやげ屋さんが並んでいて、名物のマヨルカ焼きを売っています。

  • マヨルカ焼きの特徴はとても鮮やかで、斬新なデザインです。

    マヨルカ焼きの特徴はとても鮮やかで、斬新なデザインです。

  • ここは142段の階段を登りきった所にある広場です。<br />たった142段と思いましたが、いざ登ってみると結構きつい。<br />大汗をかいてここまで登りました。

    ここは142段の階段を登りきった所にある広場です。
    たった142段と思いましたが、いざ登ってみると結構きつい。
    大汗をかいてここまで登りました。

  • ただここからの眺めは絶景。<br />市街が一望できます。<br />この景色を見ると、ここまで登ってきた疲れが吹っ飛びます。

    ただここからの眺めは絶景。
    市街が一望できます。
    この景色を見ると、ここまで登ってきた疲れが吹っ飛びます。

  • アップで見ると遠くには教会も望めます。

    アップで見ると遠くには教会も望めます。

  • そして広場の横には、サンタ・マリア・デル・モンテ教会があります。<br />自由行動だったので教会に入ります。<br />ちなみに入場は無料でした。

    そして広場の横には、サンタ・マリア・デル・モンテ教会があります。
    自由行動だったので教会に入ります。
    ちなみに入場は無料でした。

  • 正面の祭壇には13世紀の聖母像が置かれていました。

    正面の祭壇には13世紀の聖母像が置かれていました。

  • 天井にはマヨルカ焼き伝説のような絵が描かれています。<br />マヨルカ焼き伝説とは、約1000年前アラブ人の男性がシチリア人の娘と恋に落ちたそうです。<br />その後アラブ人の男性に奥さんと子供がいることが解り、このまま家に帰してはならぬと思い、娘は彼の首を切り落としたそうです。<br />その後切り落とした首をバルコニーに置き、その頭にバジリコが植えると、それが見事に育ったそうです。<br />それを見た人々が『バジリコがよく育つ植木鉢』との噂が広まり、アラブ人の頭の形の植木鉢の注文が殺到したそうです。<br />そのためこの地方のお土産の定番にもなっています。

    天井にはマヨルカ焼き伝説のような絵が描かれています。
    マヨルカ焼き伝説とは、約1000年前アラブ人の男性がシチリア人の娘と恋に落ちたそうです。
    その後アラブ人の男性に奥さんと子供がいることが解り、このまま家に帰してはならぬと思い、娘は彼の首を切り落としたそうです。
    その後切り落とした首をバルコニーに置き、その頭にバジリコが植えると、それが見事に育ったそうです。
    それを見た人々が『バジリコがよく育つ植木鉢』との噂が広まり、アラブ人の頭の形の植木鉢の注文が殺到したそうです。
    そのためこの地方のお土産の定番にもなっています。

  • サンタ・マリア・デル・モンテ教会見学後、階段を降りて市庁舎広場に戻ってきました。<br />この後さすがに暑いのでジェラードを買って、クールダウン。<br />暑い日にはビールかジェラードに限ります。

    サンタ・マリア・デル・モンテ教会見学後、階段を降りて市庁舎広場に戻ってきました。
    この後さすがに暑いのでジェラードを買って、クールダウン。
    暑い日にはビールかジェラードに限ります。

  • 再びシャトルトレインに乗ってバス駐車場に向かいます。<br /><br />

    再びシャトルトレインに乗ってバス駐車場に向かいます。

  • その後、本日の宿泊地のタオルミーナを目指してバスで移動します。<br />タオルミーナにはカルタジローネから約130Km。<br />バスで約2時間かかります。<br />この日はパレルモからタオルミーナまで合計380Kmの移動です。

    その後、本日の宿泊地のタオルミーナを目指してバスで移動します。
    タオルミーナにはカルタジローネから約130Km。
    バスで約2時間かかります。
    この日はパレルモからタオルミーナまで合計380Kmの移動です。

  • 途中のカターニアから高速道路で向かいます。<br />料金所は日本のETCのようなシステムで通過。

    途中のカターニアから高速道路で向かいます。
    料金所は日本のETCのようなシステムで通過。

  • 途中ガソリンスタンドでトイレ休憩。<br />ここのバールではビールなどのアルコール類も売っていました。<br />日本では信じられません。

    途中ガソリンスタンドでトイレ休憩。
    ここのバールではビールなどのアルコール類も売っていました。
    日本では信じられません。

  • ここからバスの右側車窓からイオニア海が広がります。

    ここからバスの右側車窓からイオニア海が広がります。

  • それにしても絶景です。

    それにしても絶景です。

  • カルタジローネから約2時間後の18時30分にタオルミーナに到着。<br />ここが連泊するタオルミーナパークホテルです。

    カルタジローネから約2時間後の18時30分にタオルミーナに到着。
    ここが連泊するタオルミーナパークホテルです。

  • 客室はこんな感じ。<br />ここのベッドも小さめです。<br />イタリア人ってこんなに小柄だったっけ?

    客室はこんな感じ。
    ここのベッドも小さめです。
    イタリア人ってこんなに小柄だったっけ?

  • お風呂にはバスタブがあったので一安心。<br />これで疲れもとれそう。

    お風呂にはバスタブがあったので一安心。
    これで疲れもとれそう。

  • このホテルで最も良かったのが海側の客室だったこと。<br />それと客室にはバルコニーが付いています。

    このホテルで最も良かったのが海側の客室だったこと。
    それと客室にはバルコニーが付いています。

  • しかもそのバルコニーからの景色が絶景。<br />イオニア海が一望できます。

    しかもそのバルコニーからの景色が絶景。
    イオニア海が一望できます。

  • さらにエトナ山も望めます。<br />ただちょっとエトナ山が霞んでよく見えない。

    さらにエトナ山も望めます。
    ただちょっとエトナ山が霞んでよく見えない。

  • しばらくするとエトナ山がくっきりと見えるようになりました。<br />これまた絶景です。<br />客室からの眺めは今回の旅行で最も良かったです。

    しばらくするとエトナ山がくっきりと見えるようになりました。
    これまた絶景です。
    客室からの眺めは今回の旅行で最も良かったです。

  • この日の夕食はホテルのレストランでいただきます。<br />これは前菜の野菜スープ。<br />優しい味付けでした。<br />ここではビールの大瓶が有り、値段も5ユーロと安かったです。

    この日の夕食はホテルのレストランでいただきます。
    これは前菜の野菜スープ。
    優しい味付けでした。
    ここではビールの大瓶が有り、値段も5ユーロと安かったです。

  • メインディッシュはポーク料理。<br />ポークの上にトマトソースがかかっています。<br />味は美味しかったのですが、骨付きだったため食べにくい・・。

    メインディッシュはポーク料理。
    ポークの上にトマトソースがかかっています。
    味は美味しかったのですが、骨付きだったため食べにくい・・。

  • 夕食後、タオルミーナの町を散策します。<br />レストランの前にはこのように魚が陳列され、好きな魚をいろいろな料理にしていただけるようです。<br />どれも美味しそう。

    夕食後、タオルミーナの町を散策します。
    レストランの前にはこのように魚が陳列され、好きな魚をいろいろな料理にしていただけるようです。
    どれも美味しそう。

  • レストランの外にもテーブルを出してそこでもいただけるようです。<br />室内より外のほうが涼しくていいのかも。

    レストランの外にもテーブルを出してそこでもいただけるようです。
    室内より外のほうが涼しくていいのかも。

  • おみやげ屋さんも遅くまでやっています。

    おみやげ屋さんも遅くまでやっています。

  • 小物のお土産も多く、ばらまき用によさそうです。<br />レモン関係のお土産が多かったです。

    小物のお土産も多く、ばらまき用によさそうです。
    レモン関係のお土産が多かったです。

  • ここはグラニータ専門店のバンバール(BAM BAR)です。<br />タオルミーナでは有名なお店で、今は客が少なくすいていますが、昼間は行列もできるそうです。<br />ちなみに安倍総理ご夫妻もここに来たそうです。

    ここはグラニータ専門店のバンバール(BAM BAR)です。
    タオルミーナでは有名なお店で、今は客が少なくすいていますが、昼間は行列もできるそうです。
    ちなみに安倍総理ご夫妻もここに来たそうです。

  • それにしてもこのようなレストランで好きな魚を注文し、食べてみたいものです。<br />でも魚に値段表示がないのでさすがに注文しにくい・・・。<br />いわゆる日本のお寿司屋さんの時価のようで、貧乏人はなかなか注文しにくい。

    それにしてもこのようなレストランで好きな魚を注文し、食べてみたいものです。
    でも魚に値段表示がないのでさすがに注文しにくい・・・。
    いわゆる日本のお寿司屋さんの時価のようで、貧乏人はなかなか注文しにくい。

  • これは町の展望台から眺めたタオルミーナの港の夜景です。<br />とてもきれいです。

    これは町の展望台から眺めたタオルミーナの港の夜景です。
    とてもきれいです。

  • アップで見るとこんな感じ。

    アップで見るとこんな感じ。

  • その後ホテルに帰り、客室のバルコニーから眺めた夜景がこれで、先ほどの展望台からの景色とほぼ同じでした。<br />自分の部屋からこのような景色が眺められるなんて最高です。<br />明日はタオルミーナの市内観光とシラクーサ観光。<br />いずれの町の散策も楽しみです。<br />この日もお風呂には入って、日本から持ってきた焼酎を飲んでやすみました。

    その後ホテルに帰り、客室のバルコニーから眺めた夜景がこれで、先ほどの展望台からの景色とほぼ同じでした。
    自分の部屋からこのような景色が眺められるなんて最高です。
    明日はタオルミーナの市内観光とシラクーサ観光。
    いずれの町の散策も楽しみです。
    この日もお風呂には入って、日本から持ってきた焼酎を飲んでやすみました。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集