アマルフィ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7年ぶりのイタリア旅行。<br />前回は、東日本大震災の翌日から出かけたためバチが当たり、連日の雨。<br />しかも一番楽しみにしていた青の洞窟も波があってクローズとなり、さんざんな旅行になってしまいました。<br />そのリベンジを兼ねて、天候が最も安定する7月に出かけてきました。<br />今回の旅程は、<br />7月10日(火)関空よりフランクフルト経由ローマに行き宿泊<br />7月11日(水)ローマからパレルモに飛行機で移動し、パレルモ市内観光<br />7月12日(木)世界遺産のアグリジェントとカルタジローネを観光し、タオルミーナで連泊<br />7月13日(金)タオルミーナとシラクーサ観光<br />7月14日(土)タオルミーナからアルベロベッロへバスで大移動し、アルベロベッロ観光<br />7月15日(日)マテーラとポンペイ遺跡を観光しナポリで宿泊<br />7月16日(月)カプリ島とアマルフィー観光後ナポリ泊<br />7月17日~18日ナポリよりフランクフルト経由関空に移動して帰宅。<br />今回は、旅物語の7泊9日のパックツアーでしたが、参加者が少なくゆったりとした旅でした。<br />天候にも恵まれ、連日の30度越えで観光は大変でしたが、日本と違い湿度が低いので日陰に入るととてもさわやか。<br />逆に日本のほうが連日の猛暑で体調を壊しそうでした。<br />今回は、観光最終日の午後から行ったアマルフィー観光と帰国までを紹介します。<br />アマルフィーも絶好の観光日和。<br />青空と青い海。<br />できればここで一日のんびりしたかったです。

美しきシチリア島と南イタリアの旅Ⅹ(アマルフィー観光と帰国編)

10いいね!

2018/07/10 - 2018/07/18

298位(同エリア591件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

7年ぶりのイタリア旅行。
前回は、東日本大震災の翌日から出かけたためバチが当たり、連日の雨。
しかも一番楽しみにしていた青の洞窟も波があってクローズとなり、さんざんな旅行になってしまいました。
そのリベンジを兼ねて、天候が最も安定する7月に出かけてきました。
今回の旅程は、
7月10日(火)関空よりフランクフルト経由ローマに行き宿泊
7月11日(水)ローマからパレルモに飛行機で移動し、パレルモ市内観光
7月12日(木)世界遺産のアグリジェントとカルタジローネを観光し、タオルミーナで連泊
7月13日(金)タオルミーナとシラクーサ観光
7月14日(土)タオルミーナからアルベロベッロへバスで大移動し、アルベロベッロ観光
7月15日(日)マテーラとポンペイ遺跡を観光しナポリで宿泊
7月16日(月)カプリ島とアマルフィー観光後ナポリ泊
7月17日~18日ナポリよりフランクフルト経由関空に移動して帰宅。
今回は、旅物語の7泊9日のパックツアーでしたが、参加者が少なくゆったりとした旅でした。
天候にも恵まれ、連日の30度越えで観光は大変でしたが、日本と違い湿度が低いので日陰に入るととてもさわやか。
逆に日本のほうが連日の猛暑で体調を壊しそうでした。
今回は、観光最終日の午後から行ったアマルフィー観光と帰国までを紹介します。
アマルフィーも絶好の観光日和。
青空と青い海。
できればここで一日のんびりしたかったです。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
3.0
グルメ
4.0
交通
2.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス 飛行機
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
JTB

PR

  • 7月16日(月)午前中、カプリ島観光後、この高速艇でソレントに向かいます。<br />それにしても青の洞窟はとてもきれいでした。

    7月16日(月)午前中、カプリ島観光後、この高速艇でソレントに向かいます。
    それにしても青の洞窟はとてもきれいでした。

  • ソレントには、当初このチケットのように13時55分カプリ島発の高速艇で向かう予定でしたが、青の洞窟の観光が早く終わったので、一便早い13時の船でソレンとに向かいます。

    ソレントには、当初このチケットのように13時55分カプリ島発の高速艇で向かう予定でしたが、青の洞窟の観光が早く終わったので、一便早い13時の船でソレンとに向かいます。

  • ソレント行きの高速艇も満席。<br />ちょうど観光シーズンのため、この時期イタリアの観光地はどこに行っても多くの観光客がいます。<br />それにしても外人は日焼けを気にしないのかな?<br />皆さん薄着で帽子もかぶっていません。

    ソレント行きの高速艇も満席。
    ちょうど観光シーズンのため、この時期イタリアの観光地はどこに行っても多くの観光客がいます。
    それにしても外人は日焼けを気にしないのかな?
    皆さん薄着で帽子もかぶっていません。

  • カプリ島からソレンとまでは高速艇で約40分。<br />あっという間にソレント側の陸地が見えてきます。<br />山の向こうには雲海が広がっていて、アマルフィーの天気がちょっと心配。

    カプリ島からソレンとまでは高速艇で約40分。
    あっという間にソレント側の陸地が見えてきます。
    山の向こうには雲海が広がっていて、アマルフィーの天気がちょっと心配。

  • ソレントの沖には帆船が停泊していました。<br />帆を張っていないのがちょっと残念・・。

    ソレントの沖には帆船が停泊していました。
    帆を張っていないのがちょっと残念・・。

  • ナポリからカプリ島までの船は結構揺れましたが、カプリ島からソレントまでの船はほとんど揺れず、快適なクルーズでした。<br />ソレントに到着し、バスの駐車場に向かいます。

    ナポリからカプリ島までの船は結構揺れましたが、カプリ島からソレントまでの船はほとんど揺れず、快適なクルーズでした。
    ソレントに到着し、バスの駐車場に向かいます。

  • ソレントは、レンティーナ半島の北岸にある切り立った崖の上に造られたリゾート地です。<br />そのためこの写真のように崖に沿って多くのホテルが並んでいます。

    ソレントは、レンティーナ半島の北岸にある切り立った崖の上に造られたリゾート地です。
    そのためこの写真のように崖に沿って多くのホテルが並んでいます。

  • バス駐車場の展望台から眺めると、カプリ島が見えます。<br />こうやって見るとカプリ島は目の前です。

    バス駐車場の展望台から眺めると、カプリ島が見えます。
    こうやって見るとカプリ島は目の前です。

  • ソレントは、高級リゾート地ですので素敵なホテルが並んでいます。<br />これらのホテルからの眺めは絶景だと思います。<br />宿泊費も高いんだろうな。

    ソレントは、高級リゾート地ですので素敵なホテルが並んでいます。
    これらのホテルからの眺めは絶景だと思います。
    宿泊費も高いんだろうな。

  • ソレントから小型バスに乗ってアマルフィーに向かいます。<br />アマルフィー海岸の道は狭いため今まで乗っていた大型バスではなく、小型バスになります。<br />とはいうもののツアーメンバーは12名ですので、添乗員さんからはグループで海側が見られるよう、バスの横4席を2名で利用するように言われました。<br />人数が少ないと助かります。

    ソレントから小型バスに乗ってアマルフィーに向かいます。
    アマルフィー海岸の道は狭いため今まで乗っていた大型バスではなく、小型バスになります。
    とはいうもののツアーメンバーは12名ですので、添乗員さんからはグループで海側が見られるよう、バスの横4席を2名で利用するように言われました。
    人数が少ないと助かります。

  • アマルフィーまではこのような海岸線を走っていきます。<br />ソレントからアマルフィーまでは東に向かって走行しますので、走行方向に向かって右側の席が海側になります。<br />左側の席に座ると山側のため眺めが良くありません。

    アマルフィーまではこのような海岸線を走っていきます。
    ソレントからアマルフィーまでは東に向かって走行しますので、走行方向に向かって右側の席が海側になります。
    左側の席に座ると山側のため眺めが良くありません。

  • ソレントから40分足らずでポジターノの丘に到着。<br />ここもアマルフィー海岸を代表する人気のリゾート地で、中世にはアマルフィー共和国の一部として東方貿易で発展した町です。

    ソレントから40分足らずでポジターノの丘に到着。
    ここもアマルフィー海岸を代表する人気のリゾート地で、中世にはアマルフィー共和国の一部として東方貿易で発展した町です。

  • ここからの景色が絶景なのですが、残念なことに少し雲が出てきてちょっと残念。

    ここからの景色が絶景なのですが、残念なことに少し雲が出てきてちょっと残念。

  • ここがポジターノの中心地で、カラフルな建物が斜面に寄り添うように建っています。<br />ポジターノの丘は絶景スポットですので、多くの観光客がこの展望台に来ていて、並んで写真撮影をしました。

    ここがポジターノの中心地で、カラフルな建物が斜面に寄り添うように建っています。
    ポジターノの丘は絶景スポットですので、多くの観光客がこの展望台に来ていて、並んで写真撮影をしました。

  • ここはポジターノの丘の売店です。<br />手前の赤色の『大入(千客万来)』の暖簾がとても気になります。<br />ここではアマルフィー名物のレモンやブドウなどの果物やオリーブ油などが売られています。

    ここはポジターノの丘の売店です。
    手前の赤色の『大入(千客万来)』の暖簾がとても気になります。
    ここではアマルフィー名物のレモンやブドウなどの果物やオリーブ油などが売られています。

  • この写真はポジターノからアマルフィーへの途中で撮った写真です。<br />バスが曲がりくねった道を走り、その間の車窓はこの写真のように色とりどりの街並みを見ることができます。

    この写真はポジターノからアマルフィーへの途中で撮った写真です。
    バスが曲がりくねった道を走り、その間の車窓はこの写真のように色とりどりの街並みを見ることができます。

  • そのためバスに乗る際には走行方向に向かって右側の席がお勧めです。<br />ティレニア海もきれいに見えます。

    そのためバスに乗る際には走行方向に向かって右側の席がお勧めです。
    ティレニア海もきれいに見えます。

  • アマルフィー海岸の道は狭く、曲がりくねった道を走るので車に弱い人は、酔い止めを飲んでいた方が良いかもしれません。<br />ただこのような絶景を眺めていると酔うのも忘れてしまうかも。

    アマルフィー海岸の道は狭く、曲がりくねった道を走るので車に弱い人は、酔い止めを飲んでいた方が良いかもしれません。
    ただこのような絶景を眺めていると酔うのも忘れてしまうかも。

  • この教会のドーム状の屋根はマヨリカ焼きかな?

    この教会のドーム状の屋根はマヨリカ焼きかな?

  • 山沿いの斜面にはレモンの木が植えられています。

    山沿いの斜面にはレモンの木が植えられています。

  • このような海岸線の崖にもホテルがあります。<br />アマルフィー海岸は世界遺産ですので、これから新しいホテルを建てるのは難しいし、これらのホテルを維持するのも大変だと思います。

    このような海岸線の崖にもホテルがあります。
    アマルフィー海岸は世界遺産ですので、これから新しいホテルを建てるのは難しいし、これらのホテルを維持するのも大変だと思います。

  • ここはトイレ休憩したところですが、この岬のどこかにエメラルドの洞窟があるそうです。

    ここはトイレ休憩したところですが、この岬のどこかにエメラルドの洞窟があるそうです。

  • トイレ休憩したのがこの陶器屋さん。<br />色々な陶器が展示販売されていて目の保養をさせていただきました。<br />(庶民には高すぎて手が出ません)

    トイレ休憩したのがこの陶器屋さん。
    色々な陶器が展示販売されていて目の保養をさせていただきました。
    (庶民には高すぎて手が出ません)

  • もう少しでアマルフィー。<br />ソレントからは渋滞もなく2時間弱で到着しました。<br />日曜日などは結構渋滞するそうです。

    もう少しでアマルフィー。
    ソレントからは渋滞もなく2時間弱で到着しました。
    日曜日などは結構渋滞するそうです。

  • アマルフィーに到着後、まずはドゥオーモ広場に向かいます。

    アマルフィーに到着後、まずはドゥオーモ広場に向かいます。

  • ここでは約1時間の自由散策。<br />アマルフィーの町はとても小さいので1時間もあれば十分回れます。

    ここでは約1時間の自由散策。
    アマルフィーの町はとても小さいので1時間もあれば十分回れます。

  • この像は、X十字架を背負ったこの町の聖人アンドレアです。<br />ドゥオーモ広場の入り口にあるので、皆さんの憩いの場になっています。

    この像は、X十字架を背負ったこの町の聖人アンドレアです。
    ドゥオーモ広場の入り口にあるので、皆さんの憩いの場になっています。

  • アマルフィーに来たのは今回で2度目。<br />前回入らなかった聖アンドレア大聖堂に向かいます。

    アマルフィーに来たのは今回で2度目。
    前回入らなかった聖アンドレア大聖堂に向かいます。

  • まずは5ユーロ払って、天国の回廊に入ります。<br />ここから順に地下礼拝堂やドゥオーモなどが見学できます。<br />この天国の回廊は、1266~1268年に建造された貴族たちの墓地です。<br />120本の柱からなる尖塔アーチが交差する独特な装飾になっています。

    まずは5ユーロ払って、天国の回廊に入ります。
    ここから順に地下礼拝堂やドゥオーモなどが見学できます。
    この天国の回廊は、1266~1268年に建造された貴族たちの墓地です。
    120本の柱からなる尖塔アーチが交差する独特な装飾になっています。

  • 天国の回廊の壁にはこのようなビザンチン風のモザイク装飾もあります。

    天国の回廊の壁にはこのようなビザンチン風のモザイク装飾もあります。

  • そしてこのようなモザイク画も残っています。<br />これは町の守護聖人の聖アンドレアかな?

    そしてこのようなモザイク画も残っています。
    これは町の守護聖人の聖アンドレアかな?

  • 回廊の後にはドゥオーモ付属美術館に入ります。

    回廊の後にはドゥオーモ付属美術館に入ります。

  • この美術館には多くの宝物が展示されています。

    この美術館には多くの宝物が展示されています。

  • そして地下礼拝堂に向かいます。<br />この礼拝堂はシンプルですが、次の地下祭室クリプタには圧倒されます。

    そして地下礼拝堂に向かいます。
    この礼拝堂はシンプルですが、次の地下祭室クリプタには圧倒されます。

  • これが聖アンドレアの聖遺骸を安置している地下祭室クリプタです。<br />地下祭壇は装飾された大理石で埋め尽くされ、とても豪華です。

    これが聖アンドレアの聖遺骸を安置している地下祭室クリプタです。
    地下祭壇は装飾された大理石で埋め尽くされ、とても豪華です。

  • 天井も圧倒されます。<br />このヴォールト天井に施されたフレスコ画もとてもきれいでした。

    天井も圧倒されます。
    このヴォールト天井に施されたフレスコ画もとてもきれいでした。

  • これが祭壇で、中央には先ほどのドゥオーモ広場にあったものと同じ,X十字架を背負った聖アンドレアの銅像があります。

    これが祭壇で、中央には先ほどのドゥオーモ広場にあったものと同じ,X十字架を背負った聖アンドレアの銅像があります。

  • そして最後がこのドゥオーモ。<br />ここは町の守護聖人アンドレアを祭る大聖堂で、6世紀に創建されたものです、<br />元々ロマネスク様式だった建物を18世紀に改築され、モザイクと多色使いの大理石が使われています。

    そして最後がこのドゥオーモ。
    ここは町の守護聖人アンドレアを祭る大聖堂で、6世紀に創建されたものです、
    元々ロマネスク様式だった建物を18世紀に改築され、モザイクと多色使いの大理石が使われています。

  • ここの天井も素晴らしく、聖アンドレアの生涯をテーマにした、マドンナの奇跡や聖アンドレアの十字架像が描かれています。<br />それと黄金の装飾がとてもまばゆい。

    ここの天井も素晴らしく、聖アンドレアの生涯をテーマにした、マドンナの奇跡や聖アンドレアの十字架像が描かれています。
    それと黄金の装飾がとてもまばゆい。

  • ドゥオーモの後ろ側から祭壇を眺めるとこんな感じで、柱にもきれいな装飾が施されています。<br />5ユーロでこれらきれいな装飾が見られるので、アマルフィーに来たからには必見です。

    イチオシ

    ドゥオーモの後ろ側から祭壇を眺めるとこんな感じで、柱にもきれいな装飾が施されています。
    5ユーロでこれらきれいな装飾が見られるので、アマルフィーに来たからには必見です。

  • ドゥオーモの内部見学後、町を散策します。

    ドゥオーモの内部見学後、町を散策します。

  • 先ほどのドゥオーモ広場から山に向かって通りを上っていきます。<br />通りの左右にはレストランやおみやげ屋さんが並んでいます。

    先ほどのドゥオーモ広場から山に向かって通りを上っていきます。
    通りの左右にはレストランやおみやげ屋さんが並んでいます。

  • これらの店はどれも観光客で大賑わい。

    これらの店はどれも観光客で大賑わい。

  • ここはシーフードフライで有名なレストラン。<br />日本のテレビでも紹介されたそうです。<br />イカなどのシーフードフライがとても美味しそうでした。<br />時間がもっとあれば食べたのにちょっと残念。<br />イカフライとビールは絶対にあうと思います。

    ここはシーフードフライで有名なレストラン。
    日本のテレビでも紹介されたそうです。
    イカなどのシーフードフライがとても美味しそうでした。
    時間がもっとあれば食べたのにちょっと残念。
    イカフライとビールは絶対にあうと思います。

  • そしてUターンして再びドゥオーモ広場。<br />たしか7年前に来たときは、このドゥオーモはもっと金ピカだったような気がします。(改装直後だったせいかな?)

    そしてUターンして再びドゥオーモ広場。
    たしか7年前に来たときは、このドゥオーモはもっと金ピカだったような気がします。(改装直後だったせいかな?)

  • その後、今度は海岸に向かうと、ビーチでは沢山の方がバカンスを楽しんでいます。

    その後、今度は海岸に向かうと、ビーチでは沢山の方がバカンスを楽しんでいます。

  • この日の気温も30度を越えていたので海に入ると気持ちいいだろうな。<br />(日本ではこの時期、体温以上の気温になっていたのでイタリアのほうが涼しいかも)

    この日の気温も30度を越えていたので海に入ると気持ちいいだろうな。
    (日本ではこの時期、体温以上の気温になっていたのでイタリアのほうが涼しいかも)

  • 堤防の先端からアマルフィーの町を眺めるとこんな感じで、絶景です。

    堤防の先端からアマルフィーの町を眺めるとこんな感じで、絶景です。

  • 右手の山を見るとツィーロ塔(12世紀の防御塔)や墓地も見えます。<br />それにしても沢山の海水浴客がいます。

    右手の山を見るとツィーロ塔(12世紀の防御塔)や墓地も見えます。
    それにしても沢山の海水浴客がいます。

  • そしてこちらは、リゾートホテルが並んでいます。<br />このあたりのリゾートホテルの宿泊費はこの時期高いんだろうな。

    そしてこちらは、リゾートホテルが並んでいます。
    このあたりのリゾートホテルの宿泊費はこの時期高いんだろうな。

  • 正面には先ほど行ったドゥオーモの鐘楼が見えます。<br />この鐘楼は、13世紀に建造され、下部はロマネスク様式。<br />上部は写真でも解るように特徴あるイスラム様式になっています。

    正面には先ほど行ったドゥオーモの鐘楼が見えます。
    この鐘楼は、13世紀に建造され、下部はロマネスク様式。
    上部は写真でも解るように特徴あるイスラム様式になっています。

  • この砂浜で寝そべって一日を過ごしたい・・。

    この砂浜で寝そべって一日を過ごしたい・・。

  • ツアーの集合時間が迫ってきたので、お土産を買いに先ほどのドゥオーモ広場に向かいます。<br />お土産はこのドゥオーモ広場の横にあるお菓子屋さんのアンドレア パンサ店。

    ツアーの集合時間が迫ってきたので、お土産を買いに先ほどのドゥオーモ広場に向かいます。
    お土産はこのドゥオーモ広場の横にあるお菓子屋さんのアンドレア パンサ店。

  • ここで添乗員さんお勧めのマロングラッセを購入。<br />ここではマロングラッセをバラ買いできるので自分たちが食べる分だけを買いました。(値段は1個3ユーロ位しました)<br />お店の中もとてもおしゃれです。

    ここで添乗員さんお勧めのマロングラッセを購入。
    ここではマロングラッセをバラ買いできるので自分たちが食べる分だけを買いました。(値段は1個3ユーロ位しました)
    お店の中もとてもおしゃれです。

  • アマルフィーの観光後、ナポリに戻ります。<br />アテネまでは今度は山越えの道を走ります。<br />

    アマルフィーの観光後、ナポリに戻ります。
    アテネまでは今度は山越えの道を走ります。

  • そのためティレニア海ともここでお別れ。<br />アマルフィーにはまた来られるのかな?

    そのためティレニア海ともここでお別れ。
    アマルフィーにはまた来られるのかな?

  • 山越の道を走っていると前の車が止まって停滞。<br />よく見ると山羊さんの大移動。<br />牧羊犬の犬がしっかり山羊さんの移動を手伝っていました。<br />それにしても一般道をこのように移動するなんてビックリです。<br />

    山越の道を走っていると前の車が止まって停滞。
    よく見ると山羊さんの大移動。
    牧羊犬の犬がしっかり山羊さんの移動を手伝っていました。
    それにしても一般道をこのように移動するなんてビックリです。

  • 峠を越えると天気が一変。<br />黒い雲が迫ってきて、今回の旅行で始めて雨に遭いました。<br />ただバスでの移動中だったため観光には全く問題なく、この雨もすぐに止みました。

    峠を越えると天気が一変。
    黒い雲が迫ってきて、今回の旅行で始めて雨に遭いました。
    ただバスでの移動中だったため観光には全く問題なく、この雨もすぐに止みました。

  • ナポリには18時に到着。<br />夕食はナポリ市内のレストランですが、予約している時間より早く到着したので、バスの運転手さんの好意でナポリ市内車窓観光します。<br />ナポリ市内は治安が悪いので徒歩観光せず、ほとんどのツアーでは車窓観光になっています。<br />ただ話しに聞くと現在では治安がだいぶ改善されたようです。

    ナポリには18時に到着。
    夕食はナポリ市内のレストランですが、予約している時間より早く到着したので、バスの運転手さんの好意でナポリ市内車窓観光します。
    ナポリ市内は治安が悪いので徒歩観光せず、ほとんどのツアーでは車窓観光になっています。
    ただ話しに聞くと現在では治安がだいぶ改善されたようです。

  • ここはウンベルトⅠ世のガッレリア。<br />ミラノのガッレリアよりは規模が小さいかな?

    ここはウンベルトⅠ世のガッレリア。
    ミラノのガッレリアよりは規模が小さいかな?

  • ここは王宮。<br />17世紀初頭にスペイン国王のナポリ滞在時の居城として建設された宮殿です。<br />いまは王宮博物館になっています。

    ここは王宮。
    17世紀初頭にスペイン国王のナポリ滞在時の居城として建設された宮殿です。
    いまは王宮博物館になっています。

  • そしてこちらがヌォーヴォ城(アンジュー家の城)。<br />13世紀に造られ、そばにある要塞の卵城と区別するためヌォーヴォ城と名付けられたそうです。<br />確かに初めてみると、区別が付きにくい。<br />

    そしてこちらがヌォーヴォ城(アンジュー家の城)。
    13世紀に造られ、そばにある要塞の卵城と区別するためヌォーヴォ城と名付けられたそうです。
    確かに初めてみると、区別が付きにくい。

  • この日のディナーは、前菜が野菜サラダ。<br />久しぶりに新鮮な生野菜。<br />とても美味しくいただきました。

    この日のディナーは、前菜が野菜サラダ。
    久しぶりに新鮮な生野菜。
    とても美味しくいただきました。

  • この日のメインディッシュはナポリ名物のピッツァマルゲリータ。<br />とてもふわふわのピザ生地でとても美味しい。<br />でもボリュームがとても大きい。(直径が30センチくらいありました)<br />そのため美味しかったのにだいぶ残してしまいました。<br />それとナポリは大都会のためビールの値段が今までで一番高い。<br />そのため赤ワインを注文しましたが、ワインは産地だったせいかとても安かったです。

    この日のメインディッシュはナポリ名物のピッツァマルゲリータ。
    とてもふわふわのピザ生地でとても美味しい。
    でもボリュームがとても大きい。(直径が30センチくらいありました)
    そのため美味しかったのにだいぶ残してしまいました。
    それとナポリは大都会のためビールの値段が今までで一番高い。
    そのため赤ワインを注文しましたが、ワインは産地だったせいかとても安かったです。

  • デザートはナポリ地方の名物焼き菓子のスフォリアテッレ。<br />パイ生地の中にコッタチーズとカスタードクリームが入っていて、美味しくいただきました。<br />その後ホテルに戻って、翌日は朝が早いのでやすみました。

    デザートはナポリ地方の名物焼き菓子のスフォリアテッレ。
    パイ生地の中にコッタチーズとカスタードクリームが入っていて、美味しくいただきました。
    その後ホテルに戻って、翌日は朝が早いのでやすみました。

  • 7月17日(火)帰国のための大移動。<br />ホテル出発が朝の4時30分。<br />そのため3時30分に起床。<br />そうすると何と外は雷雨。<br />この雷雨がもう一日早ければ青の洞窟には入られなかったかも。(ラッキーでした。その後インターネットで確認すると、この日の青の洞窟はクローズになっていました。)<br />ホテルを4時30分に出発し、ナポリ・カポディキーノ国際空港に5時過ぎに到着。<br />到着すると空港会社のチェックインカウンターは、朝が早いにもかかわらず長蛇の列。<br />にもかかわらず、空港会社の係員はマイペース。(これも国民性かな)<br />私たちは時間に余裕があったので良かったのですが、別の団体ツアー客はキリキリ間に合ったそうです。<br />

    7月17日(火)帰国のための大移動。
    ホテル出発が朝の4時30分。
    そのため3時30分に起床。
    そうすると何と外は雷雨。
    この雷雨がもう一日早ければ青の洞窟には入られなかったかも。(ラッキーでした。その後インターネットで確認すると、この日の青の洞窟はクローズになっていました。)
    ホテルを4時30分に出発し、ナポリ・カポディキーノ国際空港に5時過ぎに到着。
    到着すると空港会社のチェックインカウンターは、朝が早いにもかかわらず長蛇の列。
    にもかかわらず、空港会社の係員はマイペース。(これも国民性かな)
    私たちは時間に余裕があったので良かったのですが、別の団体ツアー客はキリキリ間に合ったそうです。

  • チェックイン後、ツアー客の皆さんと話しをするとほとんどの人が昨晩からお腹の調子が悪いとのこと。(体調が良かったのは私を含め数人だけでした)<br />しかも昨日カプリ島のレストランで一緒だった、別会社のツアー客の人も3割くらいの人が下痢症状とのこと。<br />たぶん昨日の昼食でいただいた、海鮮リゾットの貝にあたったのかもしれません。<br />とはいうものの、皆さん下痢止めの薬を飲んで何とか無事に帰国することができました。(旅先で体調を崩すと大変です)

    チェックイン後、ツアー客の皆さんと話しをするとほとんどの人が昨晩からお腹の調子が悪いとのこと。(体調が良かったのは私を含め数人だけでした)
    しかも昨日カプリ島のレストランで一緒だった、別会社のツアー客の人も3割くらいの人が下痢症状とのこと。
    たぶん昨日の昼食でいただいた、海鮮リゾットの貝にあたったのかもしれません。
    とはいうものの、皆さん下痢止めの薬を飲んで何とか無事に帰国することができました。(旅先で体調を崩すと大変です)

  • 朝6時になると雷雨も止んで朝日が昇りはじめました。<br />本日のフライトは、ナポリを7時15分に出発し、フランクフルトに9時20分着。<br />その後、フランクフルトを13時45分に出発し、関空に翌日(7月18日)朝7時45分到着の予定。

    朝6時になると雷雨も止んで朝日が昇りはじめました。
    本日のフライトは、ナポリを7時15分に出発し、フランクフルトに9時20分着。
    その後、フランクフルトを13時45分に出発し、関空に翌日(7月18日)朝7時45分到着の予定。

  • ナポリ・カポディキーノ国際空港ではまだ朝早いせいか、お店もひっそりとしていました。

    ナポリ・カポディキーノ国際空港ではまだ朝早いせいか、お店もひっそりとしていました。

  • 雨は止んだものの天気は今一。<br />今回のツアーでは観光中に雨が全く降らなかったのでとてもラッキーでした。

    雨は止んだものの天気は今一。
    今回のツアーでは観光中に雨が全く降らなかったのでとてもラッキーでした。

  • 空港では皆さん、あまり体調が良くないのでほとんどの人がベンチで休憩。<br />免税店も思ったより少なかったです。

    空港では皆さん、あまり体調が良くないのでほとんどの人がベンチで休憩。
    免税店も思ったより少なかったです。

  • この飛行機がナポリ7時15分発、フランクフルト9時20分着予定のLH337便です。<br />

    この飛行機がナポリ7時15分発、フランクフルト9時20分着予定のLH337便です。

  • 今回も飛行機までバスで移動し、飛行機の前と後ろの2ヶ所から搭乗します。<br />飛行機への搭乗は、ターミナルからの搭乗よりこのように階段で乗り込む方が旅行に行くという気分になります。

    今回も飛行機までバスで移動し、飛行機の前と後ろの2ヶ所から搭乗します。
    飛行機への搭乗は、ターミナルからの搭乗よりこのように階段で乗り込む方が旅行に行くという気分になります。

  • フランクフルトまでは約2時間のフライト。<br />ナポリをほぼ定刻に離陸。<br />機内食は出ず、このようなパンのようなお菓子と飲み物がいただけます。

    フランクフルトまでは約2時間のフライト。
    ナポリをほぼ定刻に離陸。
    機内食は出ず、このようなパンのようなお菓子と飲み物がいただけます。

  • フランクフルト国際空港には定刻よりちょっと遅れて到着。<br />とても大きい空港ですので、関空行きのターミナルまで大移動。<br />結構歩きました。<br />その代わり免税店などは沢山あります。

    フランクフルト国際空港には定刻よりちょっと遅れて到着。
    とても大きい空港ですので、関空行きのターミナルまで大移動。
    結構歩きました。
    その代わり免税店などは沢山あります。

  • 関空行きの出発ターミナルまで移動。<br />外を眺めるといい天気。<br />この空港での乗り継ぎが4時間もあり、空港内をブラブラ。

    関空行きの出発ターミナルまで移動。
    外を眺めるといい天気。
    この空港での乗り継ぎが4時間もあり、空港内をブラブラ。

  • ふと外を見ると変わった機体のルフトハンザ機を発見。<br />レトロ調のルフトハンザ機です。

    ふと外を見ると変わった機体のルフトハンザ機を発見。
    レトロ調のルフトハンザ機です。

  • 皆さん、昨晩からあまり体調が良くないので、ほとんどの人がこの出発ロビーで時間をつぶしていました。<br />旅先で体調を壊すと大変です。<br />しかも生水に当たるのではなく、レストランの食事で当たるので、どうしようもありません。<br />そのため色々な薬は必携です。

    皆さん、昨晩からあまり体調が良くないので、ほとんどの人がこの出発ロビーで時間をつぶしていました。
    旅先で体調を壊すと大変です。
    しかも生水に当たるのではなく、レストランの食事で当たるので、どうしようもありません。
    そのため色々な薬は必携です。

  • この機体が関空行きの飛行機です。<br />この時は晴れていましたが出発間際に雷雨になり、出発が1時間遅れ。<br />荷物を機内に積み込むのに雨に濡れるとまずいので、積み込みを中断したため遅れたとのこと。(ただ関空で荷物を受け取った時、バックは濡れてましたけど)

    この機体が関空行きの飛行機です。
    この時は晴れていましたが出発間際に雷雨になり、出発が1時間遅れ。
    荷物を機内に積み込むのに雨に濡れるとまずいので、積み込みを中断したため遅れたとのこと。(ただ関空で荷物を受け取った時、バックは濡れてましたけど)

  • そのためフランクフルト国際空港を約1時間遅れの14時30分に出発。<br />遅れたのが天気のせいなので仕方ないけど、まずはビールをいただきます。

    そのためフランクフルト国際空港を約1時間遅れの14時30分に出発。
    遅れたのが天気のせいなので仕方ないけど、まずはビールをいただきます。

  • 離陸して2時間経過後に出てきた遅めの昼食。<br />主菜は牛ストリップロインのハーブクリーム煮とチキンカレーライスの2種類の選択。<br />名前を聞いても料理がよくわからないので、無難なチキンカレーライスをいただきます。<br />味はあまり美味しくなかったです。

    離陸して2時間経過後に出てきた遅めの昼食。
    主菜は牛ストリップロインのハーブクリーム煮とチキンカレーライスの2種類の選択。
    名前を聞いても料理がよくわからないので、無難なチキンカレーライスをいただきます。
    味はあまり美味しくなかったです。

  • その後一路関空を目指します。<br />関空までは来たときより少し早い、約11時間のフライト。<br />食事後はオヤスミタイム。<br />今回も前に座っている人がいきなり背もたれをフルに倒され、狭い空間で長時間耐えなければならないフライトになりました。<br />日本人なのにもう少し後ろの人への配慮が欲しいものです。

    その後一路関空を目指します。
    関空までは来たときより少し早い、約11時間のフライト。
    食事後はオヤスミタイム。
    今回も前に座っている人がいきなり背もたれをフルに倒され、狭い空間で長時間耐えなければならないフライトになりました。
    日本人なのにもう少し後ろの人への配慮が欲しいものです。

  • 本来は関空に到着する2時間前くらいに朝食になるのですが、出てきたのは1時間前。<br />着陸までほとんど時間がないので、とても慌ただしい朝食になりました。<br />しかもまずい。<br />ほとんど残してしまいました。<br />関空には、定刻より1時間遅れの10時20分に到着。<br />無事に荷物を受け取り、帰宅することができました。<br />7年前のリベンジを兼ねたイタリア旅行でしたが、今回は天気に恵まれ、しかも青の洞窟にも入ることができ、近年ではまれな大満足の旅行でした。<br />ただ日本に帰ってから暑いこと。<br />もう少しイタリアにいるんだった。<br />飛行機では眠れず、時差ボケでしんどいけれど明日から仕事です。<br />次の旅行のため頑張って働きたいと思います。

    本来は関空に到着する2時間前くらいに朝食になるのですが、出てきたのは1時間前。
    着陸までほとんど時間がないので、とても慌ただしい朝食になりました。
    しかもまずい。
    ほとんど残してしまいました。
    関空には、定刻より1時間遅れの10時20分に到着。
    無事に荷物を受け取り、帰宅することができました。
    7年前のリベンジを兼ねたイタリア旅行でしたが、今回は天気に恵まれ、しかも青の洞窟にも入ることができ、近年ではまれな大満足の旅行でした。
    ただ日本に帰ってから暑いこと。
    もう少しイタリアにいるんだった。
    飛行機では眠れず、時差ボケでしんどいけれど明日から仕事です。
    次の旅行のため頑張って働きたいと思います。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集