浪江・富岡・川内 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
正月休み前、1日有給休暇を取って、4月1日に浪江駅まで、10月21日に富岡駅まで部分復旧した常磐線に乗り行きに出かけています。<br />震災以来、このあたりを訪れるのは3回目になります。<br /><br />仙台から南下して、浪江から4月1日に復旧した区間を含む浪江-原ノ町間を往復しました。<br /><br />ここから、現在も不通となっている浪江-富岡間を行きます。<br />ここも通るのが3回目ですが、いつもあまりいい気分になれないですね。<br />途中、ギリギリ避難区域となっておらず、復旧工事の様子が眺められるところに寄り道。<br /><br />富岡からは、10月21日に復旧したばかりの区間に乗車。<br />ここでは、ウワサのあの電車にも乗ることができました。<br /><br />最後にその帰り道の途中でご当地グルメをいただいたのでした♪

常磐線の不通区間を再訪する【その3】 浪江から富岡へ南下。その先の復旧区間に乗る。

61いいね!

2017/12/26 - 2017/12/26

2位(同エリア34件中)

正月休み前、1日有給休暇を取って、4月1日に浪江駅まで、10月21日に富岡駅まで部分復旧した常磐線に乗り行きに出かけています。
震災以来、このあたりを訪れるのは3回目になります。

仙台から南下して、浪江から4月1日に復旧した区間を含む浪江-原ノ町間を往復しました。

ここから、現在も不通となっている浪江-富岡間を行きます。
ここも通るのが3回目ですが、いつもあまりいい気分になれないですね。
途中、ギリギリ避難区域となっておらず、復旧工事の様子が眺められるところに寄り道。

富岡からは、10月21日に復旧したばかりの区間に乗車。
ここでは、ウワサのあの電車にも乗ることができました。

最後にその帰り道の途中でご当地グルメをいただいたのでした♪

同行者
一人旅
交通手段
レンタカー 新幹線 JRローカル 徒歩
利用旅行会社
個別手配

PR

この旅行記のタグ

61いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • Akrさん 2018/02/17 11:11:58
    常磐線の復旧具合が手に取るようにわかりますね。
    Tagucyanさま

    こんにちは。Akrでございます。
    帰宅困難区域は、実際に行くと本当に考えされますね。震災前まで普通に生活されていた場所がバリケードされて無人になっている異様な光景。一日も早く、普通の生活が出来るようになることを祈るばかりです。

    常磐線の復旧も手に取るようにわかりますね。
    実際、もう常磐線の全線再開は私が生きているうちに見られないのでは?というのが震災直後に思いました。でも少しづつ北から、南から復旧して行ってついには全線開通の運びですね。その日が待ち遠しい。

    夜の森駅のツツジ。有名ですよね。これもまた見られる日が来るんですね。
    夜の森といえば、桜並木も有名ですね。全線復旧したらゆっくり各駅降りてみたい。

    651系の特急は本当に設定の意図が見えません。
    地元へのサービスってわけでもないし、間合いでもないし。車両不足?
    でも、乗車券だけで往年のスーパーひたち車両に乗れるのは乗り得ですね。
    昭和時代の急行列車の間合い運用でグリーンにただ乗りしたことを思い出しました。
    ただ、普通列車格下げと言ったからってボックス固定にしなくてもいいのでは?とも思います。

    最後に、レンタカーって同一県内の営業所で返却すれば乗り捨て料金かからないのですか?それとも福島県だけの特例でしょうか?乗り捨て料金ってけっこう馬鹿にならないですので基本料金だけで借りられればレンタカーの使い道も広がりますね。

    東京ゆきの新幹線は無事動いていて良かったですね。
    この翌日、仙台では大雪でした。思い出した!

    それではまた!
    失礼しました。

     -Akr-


    Tagucyan

    Tagucyanさんからの返信 2018/02/17 17:51:05
    常磐線の復旧作業はじわじわと進んでいるようですが…

    Akrさま
    こんにちは。

    常磐線の復旧工事は、じわじわと進んでいるようです。
    ただ、復旧には駅の周辺の復旧も必要でしょうから、年単位で時間がかかるようですね。

    夜ノ森駅は、駅舎と集落のある東側は相変わらず帰宅困難区域ですが、線路を境にして西側はその区域から外れています。畑が広がっていますが、人も住んでいます。目の前に駅があるのに、近づけないのは歯がゆいですね。

    651系の普通車は、いわき−富岡間を1日2往復しています。
    常磐線が完全復旧したら快速運転するのでは、とかいろいろ憶測が飛んでいますが、結局のところ意図がよくわからないですね。
    でも、乗車券だけであの型の電車に乗れるのはお得です。ムダにいい気分になれます(笑)
    そういえば、昔間合い運用とかでグリーン車付きの優等列車が鈍行に使われたりしていましたね。グリーン車も普通車扱いだったので、その車両だけ妙に混雑していたりして。

    レンタカーの乗り捨てですが、大概の会社では、基本的に同県内ならは料金タダのようです。さすがに北海道だけは例外ですが。
    福島県内だって、例えば浜通りと会津ではかなり距離がありますが、今回利用したレンタカー会社ではそれでもタダでした。
    前回は、そのまま国道6号線を南下していわきで返却しましたが、今回はそれとかぶるのもなんだし、どうせタダなら、と中通りの郡山に向かいました。そのまま会津若松まで行ってもタダしたけど、さすがにそれは…

    郡山から乗ったのは各駅停車のやまびこ号でした。
    那須塩原で抜かされるはずのはやぶさ号がかなり遅れていて、小山での追い抜きと変更されたためにこちらにも遅れが出て、遅れは6分程度でしたけどそのあとの接続がガタガタになって、自宅に着いたのは予定より30分遅れとなりました。

    ---
    Tagucyan

Tagucyanさんのトラベラーページ

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

浪江・富岡・川内(福島) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集