津軽半島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
先日ネットオークションで落札した18きっぷがまだ1回分残っていました。<br />18きっぷを最大限に利用したいと思って、今回行ってきたのが竜飛です。<br /><br />竜飛へは、ジョイフルトレインのリゾートあすなろ竜飛号で。<br />この列車があったから竜飛に行ってきたと言っても過言ではありません。<br /><br />竜飛・帯島の津軽海峡亭でど〜〜んと本マグロ丼!! <br />世にも奇妙な階段国道を息を切らしながら上り、<br />まぶしい白亜の灯台に見惚れて、<br />津軽海峡冬景色の歌碑にセンチメンタルして、津軽海峡の潮風を浴びてきました。<br /><br />旅の記念に動画を作りました。<br />良かったら見てくださいね。<br />https://www.youtube.com/watch?v=3So1gfbiRo0<br /><br />

リゾートあすなろで竜飛へ

14いいね!

2015/09/05 - 2015/09/05

124位(同エリア307件中)

0

26

めんちゃん

めんちゃんさん

先日ネットオークションで落札した18きっぷがまだ1回分残っていました。
18きっぷを最大限に利用したいと思って、今回行ってきたのが竜飛です。

竜飛へは、ジョイフルトレインのリゾートあすなろ竜飛号で。
この列車があったから竜飛に行ってきたと言っても過言ではありません。

竜飛・帯島の津軽海峡亭でど〜〜んと本マグロ丼!! 
世にも奇妙な階段国道を息を切らしながら上り、
まぶしい白亜の灯台に見惚れて、
津軽海峡冬景色の歌碑にセンチメンタルして、津軽海峡の潮風を浴びてきました。

旅の記念に動画を作りました。
良かったら見てくださいね。
https://www.youtube.com/watch?v=3So1gfbiRo0

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
5.0
交通
4.5
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス JRローカル
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 7月末に鳴子温泉に行ってきた時に、わたしは初めてジョイフルトレインに乗りました。リゾートみのりです。でもその日は平日(金曜日)とあって、私が乗った車両にはたった3人しか乗車していない?!なんともスッキリしませんでした。<br /><br />そんな思いからリベンジ・ジョイフルトレイン!の気持ちが膨らみ、リゾートあすなろ竜飛号に乗ることにしました。

    7月末に鳴子温泉に行ってきた時に、わたしは初めてジョイフルトレインに乗りました。リゾートみのりです。でもその日は平日(金曜日)とあって、私が乗った車両にはたった3人しか乗車していない?!なんともスッキリしませんでした。

    そんな思いからリベンジ・ジョイフルトレイン!の気持ちが膨らみ、リゾートあすなろ竜飛号に乗ることにしました。

  • リゾートあすなろの横顔です。

    リゾートあすなろの横顔です。

  • 車内はリゾートみのりのようにシート間を広く取ってあり、ゆったりしていました。でも私は背が低いので、足が届きませんでした。

    車内はリゾートみのりのようにシート間を広く取ってあり、ゆったりしていました。でも私は背が低いので、足が届きませんでした。

  • 青森駅を過ぎると三味線演奏が始まりました。<br />リゾート列車の美味しいところですね。

    青森駅を過ぎると三味線演奏が始まりました。
    リゾート列車の美味しいところですね。

  • 切符の確認をしに来た乗務員さんからクリアファイルをいただきました。<br />それも嬉しい!

    切符の確認をしに来た乗務員さんからクリアファイルをいただきました。
    それも嬉しい!

  • 弘前09:06発のリゾートあすなろが、三厩駅に着いたのが11:19。<br /><br />三厩駅で想定外の歓迎を受けて恐縮していたら、あとで駅ハイ(駅からハイキング)の企画だったことがわかりました。

    弘前09:06発のリゾートあすなろが、三厩駅に着いたのが11:19。

    三厩駅で想定外の歓迎を受けて恐縮していたら、あとで駅ハイ(駅からハイキング)の企画だったことがわかりました。

    三厩駅

  • 三厩駅前には竜飛行のバスが停留していました。<br />このバスは外ヶ浜町営バスで、一回100円で乗れます。<br /><br />このバスに乗りこみ竜飛方面に向かいましたが、私が降車したのは竜飛漁港でした。そこで降車した人はひとりもいませんでした。<br /><br /><br />

    三厩駅前には竜飛行のバスが停留していました。
    このバスは外ヶ浜町営バスで、一回100円で乗れます。

    このバスに乗りこみ竜飛方面に向かいましたが、私が降車したのは竜飛漁港でした。そこで降車した人はひとりもいませんでした。


    三厩駅

  • 竜飛漁港です。<br />私はここで降車したのは、津軽海峡亭でのランチと階段国道をのぼる目的があったからです。

    竜飛漁港です。
    私はここで降車したのは、津軽海峡亭でのランチと階段国道をのぼる目的があったからです。

  • 津軽海峡亭はバス停の竜飛漁港から歩いて数分。途中真っ赤な神社がありました。

    津軽海峡亭はバス停の竜飛漁港から歩いて数分。途中真っ赤な神社がありました。

  • 津軽海峡亭です。<br />竜飛の帯島にあります。<br /><br />新鮮で格安の海鮮を食べられるというので、是非来てみたかったんです。

    津軽海峡亭です。
    竜飛の帯島にあります。

    新鮮で格安の海鮮を食べられるというので、是非来てみたかったんです。

    津軽海峡亭 宿・ホテル

    新鮮・格安のマグロ丼が食べられます by めんちゃんさん
  • 店のご主人が本日のおすすめを教えてくれました。<br />おすすめの中から、本まぐろ丼をオーダーしました。

    店のご主人が本日のおすすめを教えてくれました。
    おすすめの中から、本まぐろ丼をオーダーしました。

    津軽海峡亭 宿・ホテル

    新鮮・格安のマグロ丼が食べられます by めんちゃんさん
  • さかなの値段も味もわからない私でも、それが格安で美味しいということはすぐに理解できました^^<br /><br />

    さかなの値段も味もわからない私でも、それが格安で美味しいということはすぐに理解できました^^

    津軽海峡亭 宿・ホテル

    新鮮・格安のマグロ丼が食べられます by めんちゃんさん
  • 階段国道の前に来ました。<br />案内図があります。

    階段国道の前に来ました。
    案内図があります。

    階段国道339号 名所・史跡

  • 階段国道は、国道でありながら車は通れない世にも奇妙な国道です。<br />

    階段国道は、国道でありながら車は通れない世にも奇妙な国道です。

    階段国道339号 名所・史跡

  • 民家の軒先を通りながら道なりに進むと、国道339の看板が見えました。

    民家の軒先を通りながら道なりに進むと、国道339の看板が見えました。

  • 振り返ると青い津軽海峡が見えました。<br />ここが頂上(笑)かと思ったらまだ途中でした。

    振り返ると青い津軽海峡が見えました。
    ここが頂上(笑)かと思ったらまだ途中でした。

    階段国道339号 名所・史跡

  • わらう膝をだましながら頂上に辿りつきました。

    わらう膝をだましながら頂上に辿りつきました。

    階段国道339号 名所・史跡

  • そこにも階段国道の案内図がありました。

    そこにも階段国道の案内図がありました。

  • まだ階段の呪縛から逃れられないのか…と思いながら、次は灯台を目指します。

    まだ階段の呪縛から逃れられないのか…と思いながら、次は灯台を目指します。

  • 竜飛崎灯台に着きました。<br />白亜の灯台がまぶしい!!<br /><br />竜飛は風の岬と言われるだけあって、ものすごい風でした。<br />その様子は動画を見ていただければと思います。

    竜飛崎灯台に着きました。
    白亜の灯台がまぶしい!!

    竜飛は風の岬と言われるだけあって、ものすごい風でした。
    その様子は動画を見ていただければと思います。

  • 灯台の近辺を少し散策した後は、津軽海峡冬景色の歌詞碑の前に行ってみました。<br />そこではボタンを押すと、石川さゆりの津軽海峡冬景色の歌が流れます。<br />当然、目の前を通り過ぎる人はボタンを押していきます。

    灯台の近辺を少し散策した後は、津軽海峡冬景色の歌詞碑の前に行ってみました。
    そこではボタンを押すと、石川さゆりの津軽海峡冬景色の歌が流れます。
    当然、目の前を通り過ぎる人はボタンを押していきます。

  • 津軽海峡を見渡してみました。<br />あの真っ赤な神社も、ランチした津軽海峡亭も見えました。

    津軽海峡を見渡してみました。
    あの真っ赤な神社も、ランチした津軽海峡亭も見えました。

  • 青函トンネル工事殉職者慰霊碑です。

    青函トンネル工事殉職者慰霊碑です。

  • 青函トンネル記念館(道の駅三厩になっています)にも立ち寄りました。滞在時間2時間半の間に青函トンネル記念館の体験坑道の時間は取れず、今回の旅は強制終了となりました。

    青函トンネル記念館(道の駅三厩になっています)にも立ち寄りました。滞在時間2時間半の間に青函トンネル記念館の体験坑道の時間は取れず、今回の旅は強制終了となりました。

  • 帰りはリゾートあすなろには乗らずに旧車(笑)に乗りました。<br />青森で途中下車するには、旧車(笑)のほうが滞在時間が長かったからです。

    帰りはリゾートあすなろには乗らずに旧車(笑)に乗りました。
    青森で途中下車するには、旧車(笑)のほうが滞在時間が長かったからです。

  • 青森駅にカラフルな列車が停まっていました。<br />奥羽本線全通110周年記念のラッピング列車「ご当地もぐもぐ号」でした。<br />こんな電車があると、さらに旅って楽しくなりますね。<br /><br />この列車に乗って、私は帰路に着くのでありました。

    青森駅にカラフルな列車が停まっていました。
    奥羽本線全通110周年記念のラッピング列車「ご当地もぐもぐ号」でした。
    こんな電車があると、さらに旅って楽しくなりますね。

    この列車に乗って、私は帰路に着くのでありました。

この旅行記のタグ

関連タグ

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

津軽半島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集