日月潭周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
正月の旅行、やっぱり高く、一番手軽な韓国は「寒い・・・」。<br />消去法で、去年に続き今年も台湾です。<br /><br />2日間台北市内に泊まりましたが、あと2泊は「日月潭」に泊まってみました。<br />蒋介石元総統ゆかりの「日月行館」に泊まり、この日は1日中「日月潭」観光です。<br />日月潭を行き来する遊覧船、日月潭を一周するバス「環湖公車」を使っての観光のあと、最後はロープウェーです。<br /><br /> ①3回目の台北到着、ホテルは「兄弟大飯店」・夕食は「火鍋料理」<br /> http://4travel.jp/travelogue/10924957<br /> ②台北市内観光します(台大医院、二二八公園)<br /> http://4travel.jp/travelogue/10962747<br /> ③台北市内観光(国立台湾博物館、台湾総統府、中山堂など)<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968460<br /> ④台北市内観光(中正紀念堂)<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968692<br /> ⑤饒河街夜市と本格中華の夕食<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968701<br /> ⑥台北から國光客運で「日月潭」に向かいます<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968703<br /> ⑦「日月潭」の名館「日月行館」に宿泊しました<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968710<br /> ⑧「日月潭」の観光は、まず遊覧船からスタート<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968726<br /> ⑨日月潭を一周するバス「環湖公車」で観光を続けます<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968868<br />★⑩「日月潭」観光の最後はロープウェー<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968870<br /> ⑪最終日、「日月潭」を後にして、台中に向かいます<br /> http://4travel.jp/travelogue/10969062<br /> ⑫最後の観光スポットは「彩虹眷村」、そして、帰国<br /> http://4travel.jp/travelogue/10969064

「正月、去年に続いて台湾は3度目の訪問」⑩~1日中「日月潭」観光をしておりますが、最後はロープウェー!

21いいね!

2015/01/01 - 2015/01/05

109位(同エリア342件中)

entetsu

entetsuさん

正月の旅行、やっぱり高く、一番手軽な韓国は「寒い・・・」。
消去法で、去年に続き今年も台湾です。

2日間台北市内に泊まりましたが、あと2泊は「日月潭」に泊まってみました。
蒋介石元総統ゆかりの「日月行館」に泊まり、この日は1日中「日月潭」観光です。
日月潭を行き来する遊覧船、日月潭を一周するバス「環湖公車」を使っての観光のあと、最後はロープウェーです。

 ①3回目の台北到着、ホテルは「兄弟大飯店」・夕食は「火鍋料理」
 http://4travel.jp/travelogue/10924957
 ②台北市内観光します(台大医院、二二八公園)
 http://4travel.jp/travelogue/10962747
 ③台北市内観光(国立台湾博物館、台湾総統府、中山堂など)
 http://4travel.jp/travelogue/10968460
 ④台北市内観光(中正紀念堂)
 http://4travel.jp/travelogue/10968692
 ⑤饒河街夜市と本格中華の夕食
 http://4travel.jp/travelogue/10968701
 ⑥台北から國光客運で「日月潭」に向かいます
 http://4travel.jp/travelogue/10968703
 ⑦「日月潭」の名館「日月行館」に宿泊しました
 http://4travel.jp/travelogue/10968710
 ⑧「日月潭」の観光は、まず遊覧船からスタート
 http://4travel.jp/travelogue/10968726
 ⑨日月潭を一周するバス「環湖公車」で観光を続けます
 http://4travel.jp/travelogue/10968868
★⑩「日月潭」観光の最後はロープウェー
 http://4travel.jp/travelogue/10968870
 ⑪最終日、「日月潭」を後にして、台中に向かいます
 http://4travel.jp/travelogue/10969062
 ⑫最後の観光スポットは「彩虹眷村」、そして、帰国
 http://4travel.jp/travelogue/10969064

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス タクシー 徒歩 飛行機
航空会社
バニラエア (運航停止)

PR

  • 「玄奘寺」前のバス停から、日月潭を一周する「環湖公車」に乗り、「日月潭青年活動中心」バス停で下車しました。<br /><br />このバス停が「日月潭ロープウェー」の最寄です。<br /><br />「日月潭青年活動中心」は、宿泊施設やホールなどのある複合施設です。

    「玄奘寺」前のバス停から、日月潭を一周する「環湖公車」に乗り、「日月潭青年活動中心」バス停で下車しました。

    このバス停が「日月潭ロープウェー」の最寄です。

    「日月潭青年活動中心」は、宿泊施設やホールなどのある複合施設です。

  • こんな感じでロ−プウェーが行き来していました。

    こんな感じでロ−プウェーが行き来していました。

  • 「日月潭ロープウェー」。<br /><br />日月潭と「九族文化村」を結ぶロープウェーで、2010年1月開通しました。<br /><br />バス便ですと我々が降りた「日月潭青年活動中心前」ですが、遊覧船できた場合は「伊達邵ハーバー」から遊歩道で10分ほどだそうです。

    「日月潭ロープウェー」。

    日月潭と「九族文化村」を結ぶロープウェーで、2010年1月開通しました。

    バス便ですと我々が降りた「日月潭青年活動中心前」ですが、遊覧船できた場合は「伊達邵ハーバー」から遊歩道で10分ほどだそうです。

    日月潭九族ロープウエイ その他の交通機関

    九族文化村へは便利。結構長い。 by entetsuさん
  • のんびり、ゆらゆら〜。

    のんびり、ゆらゆら〜。

  • 「日月潭ロープウェー」。<br />中国語では、「日月潭纜車」と呼ばれます。

    「日月潭ロープウェー」。
    中国語では、「日月潭纜車」と呼ばれます。

  • 乗り込みましょう。<br /><br />なお、ご覧のようにバリアフリーになっていて、車椅子のまんまロープウェーに乗り込めます。

    乗り込みましょう。

    なお、ご覧のようにバリアフリーになっていて、車椅子のまんまロープウェーに乗り込めます。

  • チケット代は300元です。<br />セット券の「日月潭水陸空悠遊券」を見せると、ロープウェー分のチケットを切り取ってくれます。<br />チケット1枚で往復分になります。<br />セット券は360元でしたので、やっぱりお得ですね。<br /><br />「日月潭ロープウェー」駅〜「九族文化村」駅の往復運転です。

    チケット代は300元です。
    セット券の「日月潭水陸空悠遊券」を見せると、ロープウェー分のチケットを切り取ってくれます。
    チケット1枚で往復分になります。
    セット券は360元でしたので、やっぱりお得ですね。

    「日月潭ロープウェー」駅〜「九族文化村」駅の往復運転です。

  • ゴンドラは8人乗りですが、ゆっくり二人で乗せてくれました。<br /><br />結構広々しています。

    ゴンドラは8人乗りですが、ゆっくり二人で乗せてくれました。

    結構広々しています。

  • ロープウェーは、全長1,877?で、乗車時間は約20分。<br />台北にある「猫空ロープウェー」程ではありませんが、ゆっくり楽しめます。<br /><br />でも、案外スピードは出ています。<br />日本にあるような短いロープウェーとはちょっと違う感じ〜。

    イチオシ

    ロープウェーは、全長1,877?で、乗車時間は約20分。
    台北にある「猫空ロープウェー」程ではありませんが、ゆっくり楽しめます。

    でも、案外スピードは出ています。
    日本にあるような短いロープウェーとはちょっと違う感じ〜。

  • 逆光ですが、風光明媚な日月潭が望めます。

    逆光ですが、風光明媚な日月潭が望めます。

    日月潭湖畔 滝・河川・湖

  • 抜群の景観ですね。

    イチオシ

    抜群の景観ですね。

  • ロープウェーはゆっくりと、でも実際はかなりのスピードで進んで行きます。

    ロープウェーはゆっくりと、でも実際はかなりのスピードで進んで行きます。

  • 「九族文化村」駅に着きました。<br /><br />ロープウェーのゴンドラの色は、赤、黄、青の3色です。

    「九族文化村」駅に着きました。

    ロープウェーのゴンドラの色は、赤、黄、青の3色です。

  • 「九族文化村」入口付近の建物。<br /><br />ロープウェーが出来るまでは、「九族文化村」に来るにはバス便かタクシーしかなかったのですが、2011年のロープウェー完成で随分とアクセスが良くなったようです。<br /><br />「日月潭」からヒョイっと行けるようになりました。<br /><br />

    「九族文化村」入口付近の建物。

    ロープウェーが出来るまでは、「九族文化村」に来るにはバス便かタクシーしかなかったのですが、2011年のロープウェー完成で随分とアクセスが良くなったようです。

    「日月潭」からヒョイっと行けるようになりました。

  • ただ、フォートラベラーの多くの方が書かれていたように、一日で日月潭の観光スポットを全部回った上で、「九族文化村」まで楽しむ時間はちょっと取れそうにありませんでした。<br /><br />もうこの頃17時を回っていました。

    ただ、フォートラベラーの多くの方が書かれていたように、一日で日月潭の観光スポットを全部回った上で、「九族文化村」まで楽しむ時間はちょっと取れそうにありませんでした。

    もうこの頃17時を回っていました。

    九族文化村 テーマパーク・動物園・水族館・植物園

    「日月潭ロープウェイ(日月潭纜車)」が出来てアクセスはよくなったとか。ゆっくり観光する時間取れず・・・。 by entetsuさん
  • 仕方がないので、ポスターで失礼(笑)。<br /><br />九族文化村が作られたのは1980年代後半で、当時の台湾の原住民は9民族に分けられていたため、この名前が付けられたそうです。<br /><br />その後、サオ族を始め5民族が認定され、現在では14の原住民が公認されています。<br />しかしながら文化村は、完成当時の9民族のまま名前を代えることなく今日に至っているそうです。

    仕方がないので、ポスターで失礼(笑)。

    九族文化村が作られたのは1980年代後半で、当時の台湾の原住民は9民族に分けられていたため、この名前が付けられたそうです。

    その後、サオ族を始め5民族が認定され、現在では14の原住民が公認されています。
    しかしながら文化村は、完成当時の9民族のまま名前を代えることなく今日に至っているそうです。

  • 文化村では、各民族毎の展示コーナーや劇場でのショーなどが楽しめるそうですし、独特の食べ物や土産物、遊園地の施設などもあって1日楽しめるみたいです。<br /><br />機会があれば、ゆっくりくることに・・・。<br />(と言いながら、実際はなかなかくることが出来ないのも「観光」ですね)

    文化村では、各民族毎の展示コーナーや劇場でのショーなどが楽しめるそうですし、独特の食べ物や土産物、遊園地の施設などもあって1日楽しめるみたいです。

    機会があれば、ゆっくりくることに・・・。
    (と言いながら、実際はなかなかくることが出来ないのも「観光」ですね)

  • 結局、なんのお土産も買わずに、再びロープウェーで引き返すだけになってしまった〜。

    結局、なんのお土産も買わずに、再びロープウェーで引き返すだけになってしまった〜。

  • ロープウェーのゴンドラの色は、赤、黄、青の3色でしたね。

    ロープウェーのゴンドラの色は、赤、黄、青の3色でしたね。

  • こんなのがありました。<br /><br />「日月潭」というのは、ちょうど台湾のほぼ真ん中になるんですね。

    こんなのがありました。

    「日月潭」というのは、ちょうど台湾のほぼ真ん中になるんですね。

  • 約20分で、「日月潭ロープウェー」駅に到着です。

    約20分で、「日月潭ロープウェー」駅に到着です。

  • 消火器ではなく、この地では「滅火器」。<br /><br />性能上、正しいと思う(笑)。

    消火器ではなく、この地では「滅火器」。

    性能上、正しいと思う(笑)。

  • スリップ注意!<br /><br />「足元が滑りやすくなっています、ご注意下さい」という奴ですね。

    スリップ注意!

    「足元が滑りやすくなっています、ご注意下さい」という奴ですね。

  • 再び、「日月潭青年活動中心」バス停から「環湖公車」に乗り、終点の「水社旅客センター」で下車しました。<br /><br />ホテル「日月行館」が見えました。<br /><br />歩いて、ホテルまで戻ります。

    再び、「日月潭青年活動中心」バス停から「環湖公車」に乗り、終点の「水社旅客センター」で下車しました。

    ホテル「日月行館」が見えました。

    歩いて、ホテルまで戻ります。

  • ホテルちかくにある、「日月潭教師会館」の入口です。<br /><br />「日月」を意味しているのでしょうか?

    ホテルちかくにある、「日月潭教師会館」の入口です。

    「日月」を意味しているのでしょうか?

    サン ムーン レイク ティーチャーズ ホステル (日月潭教師會館) ホテル

  • ホテルのベランダから見る、日没間近の「日月潭」。

    ホテルのベランダから見る、日没間近の「日月潭」。

  • ホテルのベランダから見た月。<br /><br />ほぼ満月でした。<br /><br />いよいよ今回の台湾旅行、最後の夜になってしまいました。

    イチオシ

    ホテルのベランダから見た月。

    ほぼ満月でした。

    いよいよ今回の台湾旅行、最後の夜になってしまいました。

  • 2日目の夕食は、2Fのレストランで海鮮中心の鍋料理と聞いております。<br /><br />野菜やきのこ類はセルフで。

    2日目の夕食は、2Fのレストランで海鮮中心の鍋料理と聞いております。

    野菜やきのこ類はセルフで。

    The Wen Wan Resort Sun Moon Lake ホテル

  • タレの調合も、ご自由に。

    タレの調合も、ご自由に。

  • デザート類も既にスタンバイ〜。

    デザート類も既にスタンバイ〜。

  • 豆腐、野菜類、きのこ類、ワンタンなどを持って来ました。<br /><br />野菜の新鮮さはもちろんですが、特に台湾のきのこは美味です。

    豆腐、野菜類、きのこ類、ワンタンなどを持って来ました。

    野菜の新鮮さはもちろんですが、特に台湾のきのこは美味です。

  • 海鮮の食材は、テーブルに運ばれて来ました。<br /><br />何でこんな盛り付けするのか・・・。<br /><br />えび、タラバガニ、ホタテなどです。<br />あと、彩りの野菜。

    海鮮の食材は、テーブルに運ばれて来ました。

    何でこんな盛り付けするのか・・・。

    えび、タラバガニ、ホタテなどです。
    あと、彩りの野菜。

  • 台湾ビール。

    台湾ビール。

  • きのこ類の中で、いわゆる「平茸」というのが、日本では味わえない味と食感です。

    きのこ類の中で、いわゆる「平茸」というのが、日本では味わえない味と食感です。

  • えびやタラバガニなどの魚介類は、このようなかき氷に刺さっていました。

    えびやタラバガニなどの魚介類は、このようなかき氷に刺さっていました。

  • 美味しい豚肉。

    美味しい豚肉。

  • タラバガニ。<br /><br />精一杯むしって、やっとこれだけの量。<br />出汁で貢献してくれるから、まぁいいかぁ(笑)。

    タラバガニ。

    精一杯むしって、やっとこれだけの量。
    出汁で貢献してくれるから、まぁいいかぁ(笑)。

  • 〆めは、油条(中国式の揚げパン)と、台湾の食品会社味王のインスタントラーメン「王子麵」。<br /><br />美味しい夕食でした。<br /><br />⑪に続きます。

    イチオシ

    〆めは、油条(中国式の揚げパン)と、台湾の食品会社味王のインスタントラーメン「王子麵」。

    美味しい夕食でした。

    ⑪に続きます。

この旅行記のタグ

関連タグ

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
台湾最安 68円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

台湾の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP