日月潭周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
正月の旅行、やっぱり高く、一番手軽な韓国は「寒い・・・」。<br />消去法で、去年に続き今年も台湾です。<br /><br />2日間台北市内に泊まりましたが、あと2泊は「日月潭」に泊まってみました。<br /><br />國光客運の長距離バスに乗って、「日月潭」に向かいます。<br /><br /> ①3回目の台北到着、ホテルは「兄弟大飯店」・夕食は「火鍋料理」<br /> http://4travel.jp/travelogue/10924957<br /> ②台北市内観光します(台大医院、二二八公園)<br /> http://4travel.jp/travelogue/10962747<br /> ③台北市内観光(国立台湾博物館、台湾総統府、中山堂など)<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968460<br /> ④台北市内観光(中正紀念堂)<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968692<br /> ⑤饒河街夜市と本格中華の夕食<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968701<br />★⑥台北から國光客運で「日月潭」に向かいます<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968703<br /> ⑦「日月潭」の名館「日月行館」に宿泊しました<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968710<br /> ⑧「日月潭」の観光は、まず遊覧船からスタート<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968726<br /> ⑨日月潭を一周するバス「環湖公車」で観光を続けます<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968868<br /> ⑩「日月潭」観光の最後はロープウェー<br /> http://4travel.jp/travelogue/10968870<br /> ⑪最終日、「日月潭」を後にして、台中に向かいます<br /> http://4travel.jp/travelogue/10969062<br /> ⑫最後の観光スポットは「彩虹眷村」、そして、帰国<br /> http://4travel.jp/travelogue/10969064

「正月、去年に続いて台湾は3度目の訪問」⑥~國光客運で「日月潭」に向かいます

27いいね!

2015/01/01 - 2015/01/05

78位(同エリア342件中)

entetsu

entetsuさん

正月の旅行、やっぱり高く、一番手軽な韓国は「寒い・・・」。
消去法で、去年に続き今年も台湾です。

2日間台北市内に泊まりましたが、あと2泊は「日月潭」に泊まってみました。

國光客運の長距離バスに乗って、「日月潭」に向かいます。

 ①3回目の台北到着、ホテルは「兄弟大飯店」・夕食は「火鍋料理」
 http://4travel.jp/travelogue/10924957
 ②台北市内観光します(台大医院、二二八公園)
 http://4travel.jp/travelogue/10962747
 ③台北市内観光(国立台湾博物館、台湾総統府、中山堂など)
 http://4travel.jp/travelogue/10968460
 ④台北市内観光(中正紀念堂)
 http://4travel.jp/travelogue/10968692
 ⑤饒河街夜市と本格中華の夕食
 http://4travel.jp/travelogue/10968701
★⑥台北から國光客運で「日月潭」に向かいます
 http://4travel.jp/travelogue/10968703
 ⑦「日月潭」の名館「日月行館」に宿泊しました
 http://4travel.jp/travelogue/10968710
 ⑧「日月潭」の観光は、まず遊覧船からスタート
 http://4travel.jp/travelogue/10968726
 ⑨日月潭を一周するバス「環湖公車」で観光を続けます
 http://4travel.jp/travelogue/10968868
 ⑩「日月潭」観光の最後はロープウェー
 http://4travel.jp/travelogue/10968870
 ⑪最終日、「日月潭」を後にして、台中に向かいます
 http://4travel.jp/travelogue/10969062
 ⑫最後の観光スポットは「彩虹眷村」、そして、帰国
 http://4travel.jp/travelogue/10969064

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス タクシー 徒歩 飛行機
航空会社
バニラエア (運航停止)
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 1月3日になりました。<br /><br />今回の台湾はタイペイ2泊、日月潭に2泊の予定を組みました。<br />タイペイ近辺から少し遠くに行ってみたかったのと、台湾新幹線にも乗ってみたいということで、日月潭を選んでみました。<br />折角ですので、ホテルは奮発してみますかー。<br /><br />「兄弟大飯店(ブラザーホテル)」での2日目の朝食です。<br /><br />トーストパンと、目玉焼き、ベーコンを持って来ました。<br />右の皿には、豚足の煮物です。

    1月3日になりました。

    今回の台湾はタイペイ2泊、日月潭に2泊の予定を組みました。
    タイペイ近辺から少し遠くに行ってみたかったのと、台湾新幹線にも乗ってみたいということで、日月潭を選んでみました。
    折角ですので、ホテルは奮発してみますかー。

    「兄弟大飯店(ブラザーホテル)」での2日目の朝食です。

    トーストパンと、目玉焼き、ベーコンを持って来ました。
    右の皿には、豚足の煮物です。

    ブラザー ホテル ホテル

  • レタスも添えて、ベーコンレタス&エッグバーガー(笑)。<br /><br />案外いけました。<br /><br />中華圏で多い、「粥」を食べる気がしないんです。<br />「粥」は病気の時食べるというのが身体に染み込んでいるからかなぁ・・・。

    レタスも添えて、ベーコンレタス&エッグバーガー(笑)。

    案外いけました。

    中華圏で多い、「粥」を食べる気がしないんです。
    「粥」は病気の時食べるというのが身体に染み込んでいるからかなぁ・・・。

  • 家内のお皿。<br /><br />台湾バナナは美味い(笑)。

    家内のお皿。

    台湾バナナは美味い(笑)。

  • 台湾はベトナムには負けますが、バイク王国でもあります。<br /><br />道路にあるバイクの停止位置を示す図。<br /><br />上手く書けてる〜。

    イチオシ

    台湾はベトナムには負けますが、バイク王国でもあります。

    道路にあるバイクの停止位置を示す図。

    上手く書けてる〜。

  • 一方、自転車はこれ。<br /><br />こっちは、横向きです。

    一方、自転車はこれ。

    こっちは、横向きです。

  • 「兄弟大飯店(ブラザーホテル)」。<br /><br />施設もやや古くなってるし、派手さはないけど、基本に忠実で従業員みんなが「お も て な し」するという意識が共有化されていて、気持ちのいいホテルでした。<br />MRT新線「松山線」も開通し、ますます便利にもなりました。<br /><br />気持ちよくチェックアウトです。<br />ツインの部屋朝食付きで、2泊12,540元。<br />換算レート3.87540円/TWDで、日本円48,597円でした。

    「兄弟大飯店(ブラザーホテル)」。

    施設もやや古くなってるし、派手さはないけど、基本に忠実で従業員みんなが「お も て な し」するという意識が共有化されていて、気持ちのいいホテルでした。
    MRT新線「松山線」も開通し、ますます便利にもなりました。

    気持ちよくチェックアウトです。
    ツインの部屋朝食付きで、2泊12,540元。
    換算レート3.87540円/TWDで、日本円48,597円でした。

    ブラザー ホテル ホテル

  • さて、日月潭まで行く方法は、台湾新幹線か台鉄で台中まで行きバス便で行く方法もありますが、台北から國光客運の直行便があるようなので、利用してみます。<br /><br />これまで乗ったことのない台湾新幹線は帰りに利用します。<br /><br />バス便は、台北駅前の國光客運台北西站B棟から出発とのことですので、まず台北を目指します。<br /><br />MRT「中山」駅で乗り換えます。

    さて、日月潭まで行く方法は、台湾新幹線か台鉄で台中まで行きバス便で行く方法もありますが、台北から國光客運の直行便があるようなので、利用してみます。

    これまで乗ったことのない台湾新幹線は帰りに利用します。

    バス便は、台北駅前の國光客運台北西站B棟から出発とのことですので、まず台北を目指します。

    MRT「中山」駅で乗り換えます。

    中山駅

  • MRT「台北車站」駅に着きました。<br /><br />東京駅やソウル駅みたいなもので、地下鉄(MRT)の他、国鉄、バスターミナルなどがある大動脈です。<br />従って、いつも大混雑してます。

    MRT「台北車站」駅に着きました。

    東京駅やソウル駅みたいなもので、地下鉄(MRT)の他、国鉄、バスターミナルなどがある大動脈です。
    従って、いつも大混雑してます。

    台北駅 <地下鉄> (台北車站)

    台北の陸路の最大拠点。大混雑でした。 by entetsuさん
  • 國光客運バス直行便は、「國光客運台北西站B棟」から出発します。<br /><br />台北駅は巨大で解りにくいのですが、「Z」方向に進むらしい。<br /><br />10分ほど掛かりました。

    國光客運バス直行便は、「國光客運台北西站B棟」から出発します。

    台北駅は巨大で解りにくいのですが、「Z」方向に進むらしい。

    10分ほど掛かりました。

    国光バス台北西駅B棟 バス系

    ここから「日月潭」行きのバスに乗りました by entetsuさん
  • 「國光客運台北西站B棟」です。

    「國光客運台北西站B棟」です。

  • チケットを買います。<br /><br />「日月潭」はリーユエタンと発音するようですが、多分通じないと思ったので、「サン ムーン レイク」と英語で。<br /><br />バッチリ通じました(笑)。 <br />まぁ、これで通じなければ行先を書いた紙を見せるつもりではありましたが・・・。

    チケットを買います。

    「日月潭」はリーユエタンと発音するようですが、多分通じないと思ったので、「サン ムーン レイク」と英語で。

    バッチリ通じました(笑)。
    まぁ、これで通じなければ行先を書いた紙を見せるつもりではありましたが・・・。

  • 時刻は9:20頃でしたが、9:30の便ではなく10:00の便だと言われました。<br /><br />@460元。約1800円です。<br />時間は4時間ほど掛かるそうです。

    時刻は9:20頃でしたが、9:30の便ではなく10:00の便だと言われました。

    @460元。約1800円です。
    時間は4時間ほど掛かるそうです。

  • バスは放射線状に半円に頭を突っ込む形で駐車します。<br />(空港ターミナルに飛行機が駐機するようにですが、ちょっとこの説明では解りづらいでしょうか?・・・)<br /><br />日月潭行き1833番バスは1番乗り場。<br />「埔里」を経由して行くようです。

    イチオシ

    バスは放射線状に半円に頭を突っ込む形で駐車します。
    (空港ターミナルに飛行機が駐機するようにですが、ちょっとこの説明では解りづらいでしょうか?・・・)

    日月潭行き1833番バスは1番乗り場。
    「埔里」を経由して行くようです。

  • 椅子に座って缶ビールを飲みながら、10:00のバスを待っていて、ついでだからとバスの写真を撮りました。<br />これは1本早い9:30のバス。<br /><br />ところが、運転手さんが「これに乗れ」と(笑)。<br />慌てて、スーツケースをバスのトランクに放り込んで乗り込みます。

    椅子に座って缶ビールを飲みながら、10:00のバスを待っていて、ついでだからとバスの写真を撮りました。
    これは1本早い9:30のバス。

    ところが、運転手さんが「これに乗れ」と(笑)。
    慌てて、スーツケースをバスのトランクに放り込んで乗り込みます。

  • バスは割合ゆったりしていて、綺麗でした。

    バスは割合ゆったりしていて、綺麗でした。

  • いきなり1本早いバスに乗せられ、事前にトイレにも行ってなく心配でしたが、バスにはトイレもありました。

    いきなり1本早いバスに乗せられ、事前にトイレにも行ってなく心配でしたが、バスにはトイレもありました。

  • 大変狭いですが・・・。

    大変狭いですが・・・。

  • バスは途中高速道路を使い順調に走りましたが、この日は土曜日のためか「埔里」から「日月潭」に近づくに連れて渋滞していました。<br /><br />早いと3時間半ほどで着くこともあるようですが、結局4時間掛かりました。<br />うとうとしてるとあっという間ではありましたが・・・。<br /><br />水社の「日月潭旅遊服務中心」に着きました。

    イチオシ

    地図を見る

    バスは途中高速道路を使い順調に走りましたが、この日は土曜日のためか「埔里」から「日月潭」に近づくに連れて渋滞していました。

    早いと3時間半ほどで着くこともあるようですが、結局4時間掛かりました。
    うとうとしてるとあっという間ではありましたが・・・。

    水社の「日月潭旅遊服務中心」に着きました。

    水社遊客中心 散歩・街歩き

    台北から来るバスも、台中から来るバスも、湖畔を周遊するバスもここが発着所 by entetsuさん
  • きょろきょろしていると、オレンジのベストを着たボランティアの女性が声を掛けてくれました。<br /><br />女性:「行く所は決まっていますか?」<br /><br />私:「日月行館に行きます」<br />私:「歩いて行けると聞いてるが・・・」<br /><br />女性:「歩くと20分位か掛かりますよ」<br /><br />とうことで、インフォメーションコーナーに連れてきてくれて、ここの男性がホテルに電話してくれ、「10分程で送迎の車が来ますよ〜」。<br /><br />「サンキュー」でした。<br /><br />親切この上ない。<br />

    きょろきょろしていると、オレンジのベストを着たボランティアの女性が声を掛けてくれました。

    女性:「行く所は決まっていますか?」

    私:「日月行館に行きます」
    私:「歩いて行けると聞いてるが・・・」

    女性:「歩くと20分位か掛かりますよ」

    とうことで、インフォメーションコーナーに連れてきてくれて、ここの男性がホテルに電話してくれ、「10分程で送迎の車が来ますよ〜」。

    「サンキュー」でした。

    親切この上ない。

  • これが、「日月潭旅遊服務中心」。<br /><br />土産物屋さんや飲食店、各種チケットブース、インフォメーションセンターなどがあります。

    これが、「日月潭旅遊服務中心」。

    土産物屋さんや飲食店、各種チケットブース、インフォメーションセンターなどがあります。

  • 台北や台中などから来る全てのバス、日月潭を周遊するバスの発着地点であり、到着地点です。

    台北や台中などから来る全てのバス、日月潭を周遊するバスの発着地点であり、到着地点です。

  • チケットブースです。<br />明日観光する際はここでチケットを買います。

    チケットブースです。
    明日観光する際はここでチケットを買います。

  • 「日月潭旅遊服務中心」の反対側から眺めると、宿泊するホテルが見えました。<br /><br />確かに大きな荷物を持って、あの坂道はきついかもしれません。<br /><br />そうこうしている内に、ホテルの送迎車が来てくれました。

    「日月潭旅遊服務中心」の反対側から眺めると、宿泊するホテルが見えました。

    確かに大きな荷物を持って、あの坂道はきついかもしれません。

    そうこうしている内に、ホテルの送迎車が来てくれました。

  • 「日月行館国際観光温泉酒店(ザ・ウェンワンリゾート・サンムーンレイク)」のフロントです。<br /><br />こんな小さいカウンターが3つあります。<br />ちょっと高級感ありますね。

    「日月行館国際観光温泉酒店(ザ・ウェンワンリゾート・サンムーンレイク)」のフロントです。

    こんな小さいカウンターが3つあります。
    ちょっと高級感ありますね。

    The Wen Wan Resort Sun Moon Lake ホテル

    噂どおり立派なホテル。設備もいいけどサービスも上々! by entetsuさん
  • 椅子ですが、「何の毛?たぬき?」<br /><br />馬だそうです(笑)。

    椅子ですが、「何の毛?たぬき?」

    馬だそうです(笑)。

  • チェックイン。<br />この方が担当してくれました。<br /><br />部屋に入ることが出来るのは15:00から。<br />このとき14:00位でした。<br />荷物は預かって貰えます。<br /><br />2泊朝・夕食付で、29,050元。この時の交換レートで、110,674円でした。<br />我ながら、張り込みました〜。<br /><br />朝食と夕食を聞いてくれ、一応朝食は明日が2Fでビュフェ、明後日は部屋でルームサービス、夕食は今日が11Fで中華、明日が2Fで海鮮鍋にしておきました。<br />丁寧で親切な対応。<br />日本語は片言に近いですが、一生懸命話してくれました。<br />英語はペラペラの方でしたが、英語の場合こんどはこっちが片言で一生懸命話しました(笑)。

    イチオシ

    チェックイン。
    この方が担当してくれました。

    部屋に入ることが出来るのは15:00から。
    このとき14:00位でした。
    荷物は預かって貰えます。

    2泊朝・夕食付で、29,050元。この時の交換レートで、110,674円でした。
    我ながら、張り込みました〜。

    朝食と夕食を聞いてくれ、一応朝食は明日が2Fでビュフェ、明後日は部屋でルームサービス、夕食は今日が11Fで中華、明日が2Fで海鮮鍋にしておきました。
    丁寧で親切な対応。
    日本語は片言に近いですが、一生懸命話してくれました。
    英語はペラペラの方でしたが、英語の場合こんどはこっちが片言で一生懸命話しました(笑)。

  • クリスタルのオブジェ。<br /><br />ホテルHPによると、これは「九龍ガラスボール」。<br />中空力学により打ち立てられ、複雑な工程で製造されていて、ガラス材質は地の象徴であり、一方、日月潭は水で、風水五行の理が突出しているそうです。 <br /><br />

    クリスタルのオブジェ。

    ホテルHPによると、これは「九龍ガラスボール」。
    中空力学により打ち立てられ、複雑な工程で製造されていて、ガラス材質は地の象徴であり、一方、日月潭は水で、風水五行の理が突出しているそうです。

  • こっちは、クリスタルではなくクリスマスの飾り・・・(笑)。

    こっちは、クリスタルではなくクリスマスの飾り・・・(笑)。

  • ロビーから上を見上げます。<br /><br />ここのロビー空間は45?あるそうです。

    ロビーから上を見上げます。

    ここのロビー空間は45?あるそうです。

  • ホテル正面。<br /><br />英語では「THE WEN WAN RESORT Sun Moon Lake」が正式名称。

    ホテル正面。

    英語では「THE WEN WAN RESORT Sun Moon Lake」が正式名称。

  • 蒋介石像と並んで1枚。<br /><br />ホテルHPから引用して、このホテルについてご紹介します。<br /><br />「旧 蒋介石前総統行館(別荘)」は1901年に建設された2階建ての木造住宅です。ここは、かつて日本の天皇陛下の台湾における邸宅でしたが、台湾復帰後、蒋介石前総統の別荘となりました。そして、蒋介石前総統の元々の別荘は921地震※で全壊となりました。<br />日月行館は「旧 蒋介石前総統行館(別荘)」のかつての敷地に建設され、「旧 蒋介石前総統行館(別荘)」の景観を納める空間概念を継承し、斬新的な面持ちで台湾の人々、そして世の中の全ての人々の前に姿を現しました。<br /><br />※921地震<br />1999年9月21日1時47分に、台湾中部の南投県集鎮付近を震源として発生したM7.6の大地震

    蒋介石像と並んで1枚。

    ホテルHPから引用して、このホテルについてご紹介します。

    「旧 蒋介石前総統行館(別荘)」は1901年に建設された2階建ての木造住宅です。ここは、かつて日本の天皇陛下の台湾における邸宅でしたが、台湾復帰後、蒋介石前総統の別荘となりました。そして、蒋介石前総統の元々の別荘は921地震※で全壊となりました。
    日月行館は「旧 蒋介石前総統行館(別荘)」のかつての敷地に建設され、「旧 蒋介石前総統行館(別荘)」の景観を納める空間概念を継承し、斬新的な面持ちで台湾の人々、そして世の中の全ての人々の前に姿を現しました。

    ※921地震
    1999年9月21日1時47分に、台湾中部の南投県集鎮付近を震源として発生したM7.6の大地震

  • 再建に当たったのは、桐核麥グループという台湾の財閥で、20億元(約78億円)の建設費用をかけた六ツ星ホテルが完成したというわけです。<br /><br />営業開始は2009年とのことです。<br /><br />

    再建に当たったのは、桐核麥グループという台湾の財閥で、20億元(約78億円)の建設費用をかけた六ツ星ホテルが完成したというわけです。

    営業開始は2009年とのことです。

  • 「日月潭」でも屈指の高級ホテル。<br />普段、安ホテルで泊まることが多いのですが、たまには・・・。

    「日月潭」でも屈指の高級ホテル。
    普段、安ホテルで泊まることが多いのですが、たまには・・・。

  • ホテルの外観です。

    ホテルの外観です。

  • まぁ、ここまではサービスも上々。<br />六ツ星ホテルの予感はします。<br /><br />客室に入ることが出来る時間まで、少し近くを散策します。

    まぁ、ここまではサービスも上々。
    六ツ星ホテルの予感はします。

    客室に入ることが出来る時間まで、少し近くを散策します。

  • 少し離れた所から撮ったホテルの全景。<br /><br />大型客船の形を模して建築されたそうです。<br />このホテル外観は、遠く終わりのない場所へ航海することを象徴しているそうで、船のマストに用いた金箔は、純度100%(99.99…)の金箔だそうです。

    イチオシ

    地図を見る

    少し離れた所から撮ったホテルの全景。

    大型客船の形を模して建築されたそうです。
    このホテル外観は、遠く終わりのない場所へ航海することを象徴しているそうで、船のマストに用いた金箔は、純度100%(99.99…)の金箔だそうです。

    The Wen Wan Resort Sun Moon Lake ホテル

    噂どおり立派なホテル。設備もいいけどサービスも上々! by entetsuさん
  • 「日月行館」は小高い山の上にあるので、山を下ります。<br />下りきってしばらく歩くと、タイペイからバスで着いた「水社旅客センター」があります。

    「日月行館」は小高い山の上にあるので、山を下ります。
    下りきってしばらく歩くと、タイペイからバスで着いた「水社旅客センター」があります。

  • 道路沿いにあったすすき。<br />日本のより格段に大きくて元気に見えます。

    道路沿いにあったすすき。
    日本のより格段に大きくて元気に見えます。

  • 野生化したブーゲンビリア。

    野生化したブーゲンビリア。

  • 椰子の木。

    椰子の木。

  • 「日月行館」は小さい半島みたいな所に建つホテルですが、近くには「日月潭教師会館」と「ザ・ラルー涵碧樓」という2つのホテルもあります。<br /><br />「ザ・ラルー涵碧樓」も六ツ星の高級ホテルです。

    「日月行館」は小さい半島みたいな所に建つホテルですが、近くには「日月潭教師会館」と「ザ・ラルー涵碧樓」という2つのホテルもあります。

    「ザ・ラルー涵碧樓」も六ツ星の高級ホテルです。

  • 少し山から下りてきたら、湖面に遊覧船が停泊していました。

    少し山から下りてきたら、湖面に遊覧船が停泊していました。

  • この様な遊覧船も湖面を渡っていました。

    イチオシ

    この様な遊覧船も湖面を渡っていました。

  • 「日月潭(リーユエタン)」。<br /><br />台湾3大観光地の1つで、最大の淡水湖。<br />標高749?のところにあり、水深は最大23.5?。<br /><br />名前の由来は、この地を訪れた清朝の将軍が、湖面に浮かぶ光華島を指し、「北側は日輪の如し、南側は月輪の如し」と語ったことからだそうです。

    イチオシ

    「日月潭(リーユエタン)」。

    台湾3大観光地の1つで、最大の淡水湖。
    標高749?のところにあり、水深は最大23.5?。

    名前の由来は、この地を訪れた清朝の将軍が、湖面に浮かぶ光華島を指し、「北側は日輪の如し、南側は月輪の如し」と語ったことからだそうです。

  • 遊覧船がたくさん停泊しています。<br />明日はこれに乗って観光します。

    遊覧船がたくさん停泊しています。
    明日はこれに乗って観光します。

  • いい香りがすると思えば、梅が満開。<br />白梅でした。<br /><br />実は、この梅がおおく植えられている展望スペースは、「梅荷園」といって、1970年までは憲兵隊の管制地だったそうです。<br /><br />蒋介石元総統がこの地に休暇に訪れた際、ここから憲兵達が人や車、船舶の往来を監視していたと言われています。<br /><br />921震災後は、一般旅行者も自由に展望台に入れるようになり、日月潭における観光スポットとなっています。<br /><br />

    いい香りがすると思えば、梅が満開。
    白梅でした。

    実は、この梅がおおく植えられている展望スペースは、「梅荷園」といって、1970年までは憲兵隊の管制地だったそうです。

    蒋介石元総統がこの地に休暇に訪れた際、ここから憲兵達が人や車、船舶の往来を監視していたと言われています。

    921震災後は、一般旅行者も自由に展望台に入れるようになり、日月潭における観光スポットとなっています。

  • ジュース屋さん。

    ジュース屋さん。

  • 駐車場の向こうにある大きい建物が「水社旅客センター」。

    駐車場の向こうにある大きい建物が「水社旅客センター」。

  • 先ほど台北からバスで着いた「水社旅客センター」の裏側です。

    先ほど台北からバスで着いた「水社旅客センター」の裏側です。

    レンタサイクル (日月潭湖畔) レンタル系(レンタカー・バイクなど)

    「水社旅客センター」の地下1Fにあります。 by entetsuさん
  • センターの地下1FにGIANTの自転車レンタル。<br />日月潭の環湖公路を自転車で一周する人も多いらしい。<br /><br />GIANTは世界に冠たる台湾の自転車メーカー。<br />サイクリング好きの韓国でも圧倒的な人気でした。

    センターの地下1FにGIANTの自転車レンタル。
    日月潭の環湖公路を自転車で一周する人も多いらしい。

    GIANTは世界に冠たる台湾の自転車メーカー。
    サイクリング好きの韓国でも圧倒的な人気でした。

  • センターの表側にやってきました。<br /><br />このオブジェの左側にインフォメ−ションセンターがあります。

    センターの表側にやってきました。

    このオブジェの左側にインフォメ−ションセンターがあります。

  • 「貸しセグウェイ」(笑)。<br /><br />詳しく見てないけど、あんまり安くはなかったような・・・。

    「貸しセグウェイ」(笑)。

    詳しく見てないけど、あんまり安くはなかったような・・・。

  • 「日月潭旅遊服務中心」。<br />バスなどのチケット売場。

    「日月潭旅遊服務中心」。
    バスなどのチケット売場。

  • この日は土曜日。<br /><br />どうも「日月潭」は、私たちが想像していた湖畔の観光地より遥かに人気があって、団体の大型バス、路線バス、マイカー、タクシー、そしてサイクリングの自転車、歩行者などでごった返しています。<br /><br />この狭い通りに、全部が通ります(驚)。<br /><br />車に気をつけて、何か食事を・・・。

    この日は土曜日。

    どうも「日月潭」は、私たちが想像していた湖畔の観光地より遥かに人気があって、団体の大型バス、路線バス、マイカー、タクシー、そしてサイクリングの自転車、歩行者などでごった返しています。

    この狭い通りに、全部が通ります(驚)。

    車に気をつけて、何か食事を・・・。

  • ここ、行ってみたら、休憩中でした。<br />このとき時間は2:40ぐらい。

    ここ、行ってみたら、休憩中でした。
    このとき時間は2:40ぐらい。

  • フルーツ王国!

    フルーツ王国!

  • 釈迦頭とナツメ。

    釈迦頭とナツメ。

  • 阿薩姆拉麺。<br /><br />ここに飛び込みました。

    阿薩姆拉麺。

    ここに飛び込みました。

    阿薩姆風味餐坊 地元の料理

    「日月潭」の水社旅客センターに程近い庶民的なお店 by entetsuさん
  • メニュー。<br /><br />観光地価格ではありますが、まぁ安い。

    メニュー。

    観光地価格ではありますが、まぁ安い。

  • 店内の様子。

    店内の様子。

  • 家内は牛肉麺。<br />120元。<br /><br />台湾ビールも飲んでます。

    家内は牛肉麺。
    120元。

    台湾ビールも飲んでます。

  • 私は、この竹の子スープ(竹筍湯:30元)と・・・。

    私は、この竹の子スープ(竹筍湯:30元)と・・・。

  • これ。素璯飯?<br />100元でした。<br /><br />ちょっと想像とは違ってましたけど(笑)。<br /><br />スープ、あっさりして美味しかったし、このぶっかけ飯のような一品も八角風味がプンとして、まずまずでした。

    これ。素璯飯?
    100元でした。

    ちょっと想像とは違ってましたけど(笑)。

    スープ、あっさりして美味しかったし、このぶっかけ飯のような一品も八角風味がプンとして、まずまずでした。

  • 牛肉麺。<br /><br />牛肉がホロホロして美味でした。

    牛肉麺。

    牛肉がホロホロして美味でした。

  • 「水社旅客センター」に戻りました。<br /><br />UFOキャッチャーみたいな遊具で遊ぶ地元の子。

    「水社旅客センター」に戻りました。

    UFOキャッチャーみたいな遊具で遊ぶ地元の子。

  • 台北桃園空港に着いた際に3万円両替したのですが、手持ちの現金がちょっと心もとなくなってきたので、両替所を探しました。<br /><br />インフォメーションセンターで聞くと、「両替所はないけどATMならありますよ」とのこと。<br /><br />3000元だけキャッシングしました。<br />後日請求が上がって、レート3.773で、11,317円でした。<br />こっちの方がお得?

    台北桃園空港に着いた際に3万円両替したのですが、手持ちの現金がちょっと心もとなくなってきたので、両替所を探しました。

    インフォメーションセンターで聞くと、「両替所はないけどATMならありますよ」とのこと。

    3000元だけキャッシングしました。
    後日請求が上がって、レート3.773で、11,317円でした。
    こっちの方がお得?

  • 土産物屋さん。<br /><br />通り抜けることが出来そうです。

    土産物屋さん。

    通り抜けることが出来そうです。

  • うーん、凄い人混み。

    うーん、凄い人混み。

  • ちらっと見えているのは、「ハーバー リゾート ホテル (碼頭休閑大飯店)」。

    ちらっと見えているのは、「ハーバー リゾート ホテル (碼頭休閑大飯店)」。

    シュイ シャ リャン ホテル ハーバー リゾート ホテル

  • 大勢がここで写真を撮ってました。<br /><br />たまたま人が切れた時に・・・。

    大勢がここで写真を撮ってました。

    たまたま人が切れた時に・・・。

  • 遊覧船の乗り場、「水社碼頭」です。<br /><br />ちょうど遊覧船が着いたらしく、大勢の人が降りてきました。<br />

    遊覧船の乗り場、「水社碼頭」です。

    ちょうど遊覧船が着いたらしく、大勢の人が降りてきました。

  • 「涵碧歩道」。<br /><br />明日の朝でも歩いてみましょう。

    「涵碧歩道」。

    明日の朝でも歩いてみましょう。

    日月潭湖畔 滝・河川・湖

  • ホテルに戻る途中で、遊覧船を撮りました。

    ホテルに戻る途中で、遊覧船を撮りました。

  • 何の花でしょうか?<br />綺麗に咲いていました。<br /><br />そろそろホテルに戻り、客室に入りましょう。<br /><br />⑦に続きます。

    何の花でしょうか?
    綺麗に咲いていました。

    そろそろホテルに戻り、客室に入りましょう。

    ⑦に続きます。

この旅行記のタグ

関連タグ

27いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (1)

開く

閉じる

  • 讃岐おばさんさん 2015/01/17 09:08:04
    兄弟大飯店!
    おはようございます。
    日月潭旅行記、楽しく拝見しています。

    兄弟大飯店は、2001.8月に初めて訪台した時のホテルです。
    あの時は改装工事中で大きな音で賑やかでしたが、2階や3階のレストランでの食事がとっても美味しかったです。

    また2010年に台北からの日帰りで行った日月潭では、日月潭旅遊服務中心で大変お世話になりました。
    豪華な素晴らしいホテルでの2泊、素敵ですね!
    続きを楽しみにしています。
     
        讃岐おばさん

entetsuさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
台湾最安 68円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

台湾の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP