リーセフィヨルド周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ローフォーテン諸島がすばらしいと他のトラベラーが書いていたのを読んで、行ってみようと思い立ち、ヨルダン旅行から帰国後すぐに、15年ぶりにノルウェーに行く計画を立て始めました。それならついでに前に行けなかった、プレーケストーレンやトロルスティーゲンも周ってみようということになりました。移動手段は沿岸急行線やバスも使おうと思って調べてみましたが、時間の制約がありすぎるということで、いつものようにほとんどがレンタカーでまわる旅程になってしまいました。天気次第で全く景色が変わり、印象が違うところだけに、毎日天気予報をチェックして一喜一憂していました。結果は1日目と2日目の移動のときのみ雨に降られただけで、連日30度近くの気温で快晴の日が帰国日まで続き、想像以上の絶景に出会うことができました。<br />旅行記(1)は出発から一日目までの行程です。(表紙写真はプレーケストーレンの先端)<br /><br />全行程(&lt;13&gt;は道路の番号、?はフェリーを示す)<br /> <br />7月5日 成田発SAS便 コペンハーゲン経由ノルウェー・スタヴァンゲル着<br /><br />7月6日 スタヴァンゲル &lt;E39,13&gt; Lauvvik?Oanes &lt;13&gt; <br />プレーケストーレン &lt;13&gt; Tau &lt;13&gt; Seljestad<br /><br />7月7日 Seljestad &lt;13&gt; Odda &lt;551&gt; Arsnes &lt;49&gt; ハダンゲルフィヨルド<br />&lt;13&gt; Voss &lt;13&gt; Vangsnes?Dragsviki &lt;55&gt; Balestrand<br /><br />7月8日 Balestrand &lt;13&gt; Moskog &lt;E39&gt; Byrkjrlo &lt;60&gt; Styrn &lt;15&gt; Hjelle<br />&lt;63&gt; ガイランゲル &lt;63&gt; Eisdal<br /><br />7月9日 Eisdal &lt;63&gt; トロールスティーゲン &lt;63&gt; Andalsnes &lt;64&gt;<br />Atlantic Bridge &lt;62&gt; Sunndalsora<br /><br />7月10日 Sunndalsora &lt;70&gt; Oppdal &lt;E6&gt;トロンハイム &lt;飛行機&gt;トロムソ<br /><br />7月11日 トロムソ &lt;E8,E6&gt; Bjerkvik &lt;E10&gt; Lodingen<br /><br />7月12日 Lodingen &lt;E10&gt; Svolvaer &lt;E10&gt;レイネ(レイネブリンゲン登頂)<br />&lt;E10,818&gt; Ballstad<br /><br />7月13日 Ballstad &lt;818,E10&gt; Leknes &lt;815,E10&gt; Fiskebol?メルブ<br />     &lt;82&gt; Stokmarknes <br /><br />7月14日 Stokmarknes &lt;82&gt;メルブ?Fiskebol &lt;E10,868&gt; Digermulen<br />&lt;868,E10&gt; Bjerkvik <br /><br />7月15日 Bjerkvik &lt;E6,E8&gt;トロムソ(ストールシュタイネン山頂)&lt;E10&gt; <br />空港 トロムソ &lt;飛行機&gt; オスロ<br /><br />7月16日 オスロ発SAS コペンハーゲン経由 7月17日成田着<br /><br /><br /><br /><br /><br />  

団塊夫婦のノルウェー絶景ドライブ旅行ー(1)プレーケストーレンに挑戦

17いいね!

2014/07/05 - 2014/07/17

21位(同エリア60件中)

miharashi

miharashiさん

ローフォーテン諸島がすばらしいと他のトラベラーが書いていたのを読んで、行ってみようと思い立ち、ヨルダン旅行から帰国後すぐに、15年ぶりにノルウェーに行く計画を立て始めました。それならついでに前に行けなかった、プレーケストーレンやトロルスティーゲンも周ってみようということになりました。移動手段は沿岸急行線やバスも使おうと思って調べてみましたが、時間の制約がありすぎるということで、いつものようにほとんどがレンタカーでまわる旅程になってしまいました。天気次第で全く景色が変わり、印象が違うところだけに、毎日天気予報をチェックして一喜一憂していました。結果は1日目と2日目の移動のときのみ雨に降られただけで、連日30度近くの気温で快晴の日が帰国日まで続き、想像以上の絶景に出会うことができました。
旅行記(1)は出発から一日目までの行程です。(表紙写真はプレーケストーレンの先端)

全行程(<13>は道路の番号、?はフェリーを示す)
 
7月5日 成田発SAS便 コペンハーゲン経由ノルウェー・スタヴァンゲル着

7月6日 スタヴァンゲル <E39,13> Lauvvik?Oanes <13>
プレーケストーレン <13> Tau <13> Seljestad

7月7日 Seljestad <13> Odda <551> Arsnes <49> ハダンゲルフィヨルド
<13> Voss <13> Vangsnes?Dragsviki <55> Balestrand

7月8日 Balestrand <13> Moskog <E39> Byrkjrlo <60> Styrn <15> Hjelle
<63> ガイランゲル <63> Eisdal

7月9日 Eisdal <63> トロールスティーゲン <63> Andalsnes <64>
Atlantic Bridge <62> Sunndalsora

7月10日 Sunndalsora <70> Oppdal <E6>トロンハイム <飛行機>トロムソ

7月11日 トロムソ <E8,E6> Bjerkvik <E10> Lodingen

7月12日 Lodingen <E10> Svolvaer <E10>レイネ(レイネブリンゲン登頂)
<E10,818> Ballstad

7月13日 Ballstad <818,E10> Leknes <815,E10> Fiskebol?メルブ
     <82> Stokmarknes 

7月14日 Stokmarknes <82>メルブ?Fiskebol <E10,868> Digermulen
<868,E10> Bjerkvik

7月15日 Bjerkvik <E6,E8>トロムソ(ストールシュタイネン山頂)<E10>
空港 トロムソ <飛行機> オスロ

7月16日 オスロ発SAS コペンハーゲン経由 7月17日成田着





  

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ノルウェー南部のリーセフィヨルドのハイライトとして有名なプレーケストーレン。<br />15年前のノルウェー旅行で行けなかったので、今回の旅行の最初の目的地にしました。ここに行くには歩いて登るしか方法がありません。団塊の世代の私たちは不安を抱きながら挑んでみました。

    ノルウェー南部のリーセフィヨルドのハイライトとして有名なプレーケストーレン。
    15年前のノルウェー旅行で行けなかったので、今回の旅行の最初の目的地にしました。ここに行くには歩いて登るしか方法がありません。団塊の世代の私たちは不安を抱きながら挑んでみました。

  • 7月5日11:40発スカンジナビアエアラインでコペンハーゲンへ。30分遅れで出発したので、コペンハーゲンでの乗り継ぎ時間が30分短縮して4時間に。それにしても時間がありすぎ。お店を見て回ったら、斬新な色使いのドーナツにであったので撮影。

    7月5日11:40発スカンジナビアエアラインでコペンハーゲンへ。30分遅れで出発したので、コペンハーゲンでの乗り継ぎ時間が30分短縮して4時間に。それにしても時間がありすぎ。お店を見て回ったら、斬新な色使いのドーナツにであったので撮影。

  • こちらの飴もどぎつい赤や黒のあめもあった。

    こちらの飴もどぎつい赤や黒のあめもあった。

  • スタヴァンゲルの空港には予定通り10時ごろ到着。到着ロビーから歩いて2分のところにある空港ホテルに無事チェックイン。ロビーのテレビでワールドカップを観戦している人たちが大勢いた。なかなか素敵な部屋で安心。外は小雨が降りづづいていたので、明日のトレッキングができるのだろうか?ネットでチェックしてみたら明日はくもりときどき晴れとのこと。

    スタヴァンゲルの空港には予定通り10時ごろ到着。到着ロビーから歩いて2分のところにある空港ホテルに無事チェックイン。ロビーのテレビでワールドカップを観戦している人たちが大勢いた。なかなか素敵な部屋で安心。外は小雨が降りづづいていたので、明日のトレッキングができるのだろうか?ネットでチェックしてみたら明日はくもりときどき晴れとのこと。

  • 7月6日 雨がやんでいた。朝食会場にいってみたら、豪華な朝食がきれいに並べられていたので、思わず撮影してしまった。

    7月6日 雨がやんでいた。朝食会場にいってみたら、豪華な朝食がきれいに並べられていたので、思わず撮影してしまった。

  • 果物もきれいに並べられていた。さらに小さく切られた果物をチョコレートにつけて食べるものもあった。

    果物もきれいに並べられていた。さらに小さく切られた果物をチョコレートにつけて食べるものもあった。

  • これから不足する野菜もこのときばかりといっぱいとってしまった。

    これから不足する野菜もこのときばかりといっぱいとってしまった。

  • 北欧独特の朝食メニュー。

    北欧独特の朝食メニュー。

  • 私のおめあてニシンの酢づけが4種類。その後の食事は日本から持参したものですまそうとおもっていたので、豪華な食事は最後とばかりに、欲張って食べてしまった。(その後はノルウェーの物価高は想像以上で、とても外食する気にはならなかった。)

    私のおめあてニシンの酢づけが4種類。その後の食事は日本から持参したものですまそうとおもっていたので、豪華な食事は最後とばかりに、欲張って食べてしまった。(その後はノルウェーの物価高は想像以上で、とても外食する気にはならなかった。)

  • 朝食後、チェックアウト前に主人だけレンタカーを借り出しにハーツの空港事務所へむかい、私は部屋で空模様を見ながら、待機。実は今日は日曜日で、午前中ハーツのレンタルはやっていないのだが、電話で問い合わせたところ、5000円プラスすれば、8時から借りれることがわかったのだ。ノルウェーの空港での車のレンタルは土曜日は午前だけ、日曜は午後だけしかできないのだった。普通空港は24時間営業だけど、ノルウェーは違うので注意が必要だ。<br />

    朝食後、チェックアウト前に主人だけレンタカーを借り出しにハーツの空港事務所へむかい、私は部屋で空模様を見ながら、待機。実は今日は日曜日で、午前中ハーツのレンタルはやっていないのだが、電話で問い合わせたところ、5000円プラスすれば、8時から借りれることがわかったのだ。ノルウェーの空港での車のレンタルは土曜日は午前だけ、日曜は午後だけしかできないのだった。普通空港は24時間営業だけど、ノルウェーは違うので注意が必要だ。

  • 雨もやんだので、9時23分に出発。空港を出てE39に入り、スタヴァンゲルとは反対方向に走る。道はがらがら。13号線への分岐手前には、フェリーの出るLauvikの表示があったのでその先を右折して13号線を走る。

    雨もやんだので、9時23分に出発。空港を出てE39に入り、スタヴァンゲルとは反対方向に走る。道はがらがら。13号線への分岐手前には、フェリーの出るLauvikの表示があったのでその先を右折して13号線を走る。

  • Lauvikのフェリー乗り場に到着。ちょうど10時10分発に間に合ったようだ。すでに多くの車が並んでいた。<br />

    Lauvikのフェリー乗り場に到着。ちょうど10時10分発に間に合ったようだ。すでに多くの車が並んでいた。

  • フェリーは95クローネ(約1710円) 10分待って、出航。

    フェリーは95クローネ(約1710円) 10分待って、出航。

  • 小さなフェリーだったので、車から出ても、たいした休む場所もなく、トイレに入ってすぐに車で待機していた。10分後に対岸に到着。

    小さなフェリーだったので、車から出ても、たいした休む場所もなく、トイレに入ってすぐに車で待機していた。10分後に対岸に到着。

  • フェリーから降りて、小さなフィヨルド沿いを走ると、立派な橋が見えた。

    フェリーから降りて、小さなフィヨルド沿いを走ると、立派な橋が見えた。

  • 別の橋を渡り、海沿いを走り

    別の橋を渡り、海沿いを走り

  • 小さなトンネルを通過。このトンネルが今回初めて通ったトンネル(この先数えきれないほどのトンネルを通過することになる)。

    小さなトンネルを通過。このトンネルが今回初めて通ったトンネル(この先数えきれないほどのトンネルを通過することになる)。

  • トンネルをぬけ13号線を北上。しだいに道幅はややせまくなってくる。やがてプレーケストーレンの表示があったので、右折。

    トンネルをぬけ13号線を北上。しだいに道幅はややせまくなってくる。やがてプレーケストーレンの表示があったので、右折。

  • 山道を少し走るとこのような表示がある登山口に10時半ごろ到着。海抜0mから270m登ってきてこれから3.8キロの距離を歩き334m登ることになる。

    山道を少し走るとこのような表示がある登山口に10時半ごろ到着。海抜0mから270m登ってきてこれから3.8キロの距離を歩き334m登ることになる。

  • この地図を見ればプレーケストーレンの場所がわかる。車でない人はふつうスタバンゲルから1時間15分かけてTauまで船に乗りバスに乗り換えて、この登山口に来ることになっている。

    この地図を見ればプレーケストーレンの場所がわかる。車でない人はふつうスタバンゲルから1時間15分かけてTauまで船に乗りバスに乗り換えて、この登山口に来ることになっている。

  • 車を駐車してから、トイレをすまして、11時ころ登り始めると、このような石の塔に出会う。赤いTの印が登山道の目印だ。

    車を駐車してから、トイレをすまして、11時ころ登り始めると、このような石の塔に出会う。赤いTの印が登山道の目印だ。

  • 最初の登り。

    最初の登り。

  • すぐにこんな下り。

    すぐにこんな下り。

  • また登り。このころはまだガスっていた。

    また登り。このころはまだガスっていた。

  • 道とは思えないような登り。

    道とは思えないような登り。

  • さらにもっと大きな石が置かれた道?

    さらにもっと大きな石が置かれた道?

  • これでもかというほどつらい登りが続く。

    これでもかというほどつらい登りが続く。

  • するとようやく歩きやすい木道が現れた。湿地帯だ。かわいい花が咲いていた。

    するとようやく歩きやすい木道が現れた。湿地帯だ。かわいい花が咲いていた。

  • また石ころだらけのつらい登り。

    また石ころだらけのつらい登り。

  • このころには暑くなり始め、上着をぬぎ腰に巻いている人も見られた。

    このころには暑くなり始め、上着をぬぎ腰に巻いている人も見られた。

  • 私も長袖の上着を腰に巻いて元気に登っている。

    私も長袖の上着を腰に巻いて元気に登っている。

  • この急坂はつらかった。

    この急坂はつらかった。

  • すると急に視界が開け、遠くにリーセフィヨルドが見えてきた。ここで一休み。撮影タイム。

    すると急に視界が開け、遠くにリーセフィヨルドが見えてきた。ここで一休み。撮影タイム。

  • せっかく登ってきたのに、また下り。

    せっかく登ってきたのに、また下り。

  • 再び楽な木道を歩く。

    再び楽な木道を歩く。

  • やがていくつかの池があるところに着いた。しばし休憩。

    やがていくつかの池があるところに着いた。しばし休憩。

  • ヨーロッパの人たちは軽装で登る人が多い。しかもペースが速いのでついていけない。

    ヨーロッパの人たちは軽装で登る人が多い。しかもペースが速いのでついていけない。

  • 行程の3分の2を登り終えたところに来ると、ひろびろとした大きな岩盤の上を歩くことになり、見晴らしも良くなる。

    行程の3分の2を登り終えたところに来ると、ひろびろとした大きな岩盤の上を歩くことになり、見晴らしも良くなる。

  • 遠くにフィヨルドの見えるところで記念撮影。

    遠くにフィヨルドの見えるところで記念撮影。

  • このさきも絶壁の脇の悪路。

    このさきも絶壁の脇の悪路。

  • そして一番危険なところ。柵と鎖が設けられていた。一人しか通れないような狭い道なので、ゆずりあって通過。

    そして一番危険なところ。柵と鎖が設けられていた。一人しか通れないような狭い道なので、ゆずりあって通過。

  • 広いけど、柵のない危険な道。

    広いけど、柵のない危険な道。

  • もう少しで到着すると思ったら安心して、記念撮影。

    もう少しで到着すると思ったら安心して、記念撮影。

  • このころには青空も見えてきて、ガスもとれてきた。リーセフィヨルドもきれいに全景を表わし始めた。

    このころには青空も見えてきて、ガスもとれてきた。リーセフィヨルドもきれいに全景を表わし始めた。

  • きれいに見えた瞬間。

    きれいに見えた瞬間。

  • フィヨルド観光船がちかづいてきた。

    フィヨルド観光船がちかづいてきた。

  • ついにプレーケストーレンに到着。2時間25分かかっている。さっそく有名な撮影スポットで崖を撮影。<br />

    ついにプレーケストーレンに到着。2時間25分かかっている。さっそく有名な撮影スポットで崖を撮影。

  • 少し上に登ってからプレーケストーレンの全景を撮影。それにしても人口密度が高い。

    少し上に登ってからプレーケストーレンの全景を撮影。それにしても人口密度が高い。

  • 右上の崖の上にも人が登っている。あそこから撮影したいけど、あぶないので途中まででやめておいた。

    右上の崖の上にも人が登っている。あそこから撮影したいけど、あぶないので途中まででやめておいた。

  • 少し見下ろせるところで昼食。上から崖にいる人を撮影。

    少し見下ろせるところで昼食。上から崖にいる人を撮影。

  • 崖の上でポースを決めて、対岸から撮影してもらっている。順番待ちだ。

    崖の上でポースを決めて、対岸から撮影してもらっている。順番待ちだ。

  • 手前の位置から撮影をしてもらっている人が多い。

    手前の位置から撮影をしてもらっている人が多い。

  • 足を上げている人もあれば

    足を上げている人もあれば

  • 崖の縁に腰かける人もいる。これはかなり勇気がいる。

    崖の縁に腰かける人もいる。これはかなり勇気がいる。

  • 私はせいぜいみんなと一緒に立っているだけ。真ん中にいるのが私。<br />左端に立っている女の人はさっき一人でとってもらったのに、しつこく<br />次の順番をねらっていた。

    私はせいぜいみんなと一緒に立っているだけ。真ん中にいるのが私。
    左端に立っている女の人はさっき一人でとってもらったのに、しつこく
    次の順番をねらっていた。

  • 私を撮影しているときが一番ガスっていて、何度も撮り直しさせられた。

    私を撮影しているときが一番ガスっていて、何度も撮り直しさせられた。

  • これが私だけを写したときのもの。シルエットだけ。

    これが私だけを写したときのもの。シルエットだけ。

  • みんなが撮影しているところとは反対側を寝転んで覗き込んで撮影している人がいた。

    みんなが撮影しているところとは反対側を寝転んで覗き込んで撮影している人がいた。

  • 私もまけずに撮影。もっと急峻な崖があった。

    私もまけずに撮影。もっと急峻な崖があった。

  • 女の人も同じことをしていた。

    女の人も同じことをしていた。

  • ちょうど崖の真下を船が通過。

    ちょうど崖の真下を船が通過。

  • 岩と岩の隙間。こわい。

    岩と岩の隙間。こわい。

  • さあそろそろ降りる時刻になったので、もう一度崖を撮影。この位置からの撮影が一番高さを感じる。

    さあそろそろ降りる時刻になったので、もう一度崖を撮影。この位置からの撮影が一番高さを感じる。

  • そのとき素敵な船がやってきた。フェリーではなく観光船だろう。

    そのとき素敵な船がやってきた。フェリーではなく観光船だろう。

  • 名残惜しんで振り返りながら撮影。崖はみえなくなった。

    名残惜しんで振り返りながら撮影。崖はみえなくなった。

  • だんだん離れていく。

    だんだん離れていく。

  • フィヨルドも見納めか?

    フィヨルドも見納めか?

  • 振り返ると、あんなところにも人が。

    振り返ると、あんなところにも人が。

  • 来た時よりリーセフィヨルドの奥のほうがはっきりみえてきたので、撮影。

    来た時よりリーセフィヨルドの奥のほうがはっきりみえてきたので、撮影。

  • もどるとき再び広い岩盤の上にでたので記念撮影。

    もどるとき再び広い岩盤の上にでたので記念撮影。

  • リーセフィヨルドも見納め。このころにはまた雲が出始めた。

    リーセフィヨルドも見納め。このころにはまた雲が出始めた。

  • 来たとき通った池ではあまりの暑さに泳いでいる人もいた。

    来たとき通った池ではあまりの暑さに泳いでいる人もいた。

  • もうそろそろ駐車場に着くというところで大勢人があつまっていたので、近づくと、空中に張られたロープで人が運ばれていた。

    もうそろそろ駐車場に着くというところで大勢人があつまっていたので、近づくと、空中に張られたロープで人が運ばれていた。

  • 気持ちよさそうだが疲れそう。下の建物があるところが登山の終点。まだまだ<br />距離はありそうだ。私はくつが合わなくて、右足の小指の先が痛くて、下りの方がきつかった。

    気持ちよさそうだが疲れそう。下の建物があるところが登山の終点。まだまだ
    距離はありそうだ。私はくつが合わなくて、右足の小指の先が痛くて、下りの方がきつかった。

  • 2時間40分かかって下山。。行きよりも帰りのほうがつま先が痛くて、時間がかかってしまった。トータル5時間。駐車場に着いたのは4時半を過ぎていたので、3時台のバスには間に合わなかったろうから、レンタカーにして、正解だった。

    2時間40分かかって下山。。行きよりも帰りのほうがつま先が痛くて、時間がかかってしまった。トータル5時間。駐車場に着いたのは4時半を過ぎていたので、3時台のバスには間に合わなかったろうから、レンタカーにして、正解だった。

  • 休憩もそこそこに5時に駐車場を出て、今日の宿のあるオッダ(Odda)の手前(Seljestad)まで13号線をひたすら北上。

    休憩もそこそこに5時に駐車場を出て、今日の宿のあるオッダ(Odda)の手前(Seljestad)まで13号線をひたすら北上。

  • 左に海を見ながら走る。

    左に海を見ながら走る。

  • こんな狭い道もはしり、

    こんな狭い道もはしり、

  • 晴れていれば絶景のこんなところも走り、

    晴れていれば絶景のこんなところも走り、

  • こんな大きな滝ぞいも走り、

    こんな大きな滝ぞいも走り、

  • このころ白い雪の残った山々が、見えだした。晴れていればすばらしい眺めだろう。

    このころ白い雪の残った山々が、見えだした。晴れていればすばらしい眺めだろう。

  • Hordaliaをすぎると山を登り始める。この先はスキー場になっているところだ。<br />ヘアピンカーブを登りながら周囲の滝を撮影。何本も滝が流れ落ちていた。<br />このころは雨脚が強くなり、止まって撮影もできない。でも絶景だ。

    Hordaliaをすぎると山を登り始める。この先はスキー場になっているところだ。
    ヘアピンカーブを登りながら周囲の滝を撮影。何本も滝が流れ落ちていた。
    このころは雨脚が強くなり、止まって撮影もできない。でも絶景だ。

  • 外はこんな状態。

    外はこんな状態。

  • 長いトンネルに入る。何キロかおぼえていないが、長いのが2本続いた。

    長いトンネルに入る。何キロかおぼえていないが、長いのが2本続いた。

  • トンネルをぬけるとスキー場。この道沿いに宿があるはずだが?<br />見つけられなくて、道を尋ねようと止まったお店がちょうどコッテージの受付だった。着いたときは9時近かった。長い一日が終了。走行距離240キロ。スタートからハードな日程だった。プレーケストーレンに登れて幸運だったが、岩だらけの思いのほかきつい道だった。(ノルウェー(2)に続く)

    トンネルをぬけるとスキー場。この道沿いに宿があるはずだが?
    見つけられなくて、道を尋ねようと止まったお店がちょうどコッテージの受付だった。着いたときは9時近かった。長い一日が終了。走行距離240キロ。スタートからハードな日程だった。プレーケストーレンに登れて幸運だったが、岩だらけの思いのほかきつい道だった。(ノルウェー(2)に続く)

この旅行記のタグ

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ノルウェーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ノルウェー最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ノルウェーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集