ロフォーテン諸島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ローフォーテン諸島がすばらしいと他のトラベラーが書いていたのを読んで、行ってみようと思い立ち、ヨルダン旅行から帰国後すぐに、15年ぶりにノルウェーに行く計画を立て始めました。それならついでに前に行けなかった、プレーケストーレンやトロルスティーゲンも周ってみようということになりました。移動手段は沿岸急行線やバスも使おうと思って調べてみましたが、時間の制約がありすぎるということで、いつものようにほとんどがレンタカーでまわる旅程になってしまいました。天気次第で全く景色が変わり、印象が違うところだけに、毎日天気予報をチェックして一喜一憂していました。結果は1日目と2日目の移動のときのみ雨に降られただけで、連日30度近くの気温で快晴の日が帰国日まで続き、想像以上の絶景に出会うことができました。<br />旅行記(8)は、ローフォーテン三日目の13日に、レクネスから支線815に入り、ローフォーテンの東海岸沿いをドライブしたあと、フェリーでメルブに渡り、Stokmarknesに宿泊するまでの行程です。(表紙写真は、東海岸を走る815号線沿いの絶景)<br /><br />全行程(&lt;13&gt;は道路の番号、?はフェリーを示す)<br /> <br />7月5日 成田発SAS便 コペンハーゲン経由ノルウェー・スタヴァンゲル着<br /><br />7月6日 スタヴァンゲル &lt;E39,13&gt; Lauvvik?Oanes &lt;13&gt; <br />プレーケストーレン &lt;13&gt; Tau &lt;13&gt; Seljestad<br /><br />7月7日 Seljestad &lt;13&gt; Odda &lt;551&gt; Arsnes &lt;49&gt; ハダンゲルフィヨルド<br />&lt;13&gt; Voss &lt;13&gt; Vangsnes?Dragsviki &lt;55&gt; Balestrand<br /><br />7月8日 Balestrand &lt;13&gt; Moskog &lt;E39&gt; Byrkjrlo &lt;60&gt; Styrn &lt;15&gt; Hjelle<br />&lt;63&gt; ガイランゲル &lt;63&gt; Eisdal<br /><br />7月9日 Eisdal &lt;63&gt; トロールスティーゲン &lt;63&gt; Andalsnes &lt;64&gt;<br />Atlantic Bridge &lt;62&gt; Sunndalsora<br /><br />7月10日 Sunndalsora &lt;70&gt; Oppdal &lt;E6&gt;トロンハイム &lt;飛行機&gt;トロムソ<br /><br />7月11日 トロムソ &lt;E8,E6&gt; Bjerkvik &lt;E10&gt; Lodingen<br /><br />7月12日 Lodingen &lt;E10&gt; Svolvaer &lt;E10&gt;レイネ(レイネブリンゲン登頂)<br />&lt;E10,818&gt; Ballstad<br /><br />7月13日 Ballstad &lt;818,E10&gt; Leknes &lt;815,E10&gt; Fiskebol?メルブ<br />     &lt;82&gt; Stokmarknes <br /><br />7月14日 Stokmarknes &lt;82&gt;メルブ?Fiskebol &lt;E10,868&gt; Digermulen<br />&lt;868,E10&gt; Bjerkvik <br /><br />7月15日 Bjerkvik &lt;E6,E8&gt;トロムソ(ストールシュタイネン山頂)&lt;E10&gt; <br />空港 トロムソ &lt;飛行機&gt; オスロ<br /><br />7月16日 オスロ発SAS コペンハーゲン経由 7月17日成田着<br /><br />

団塊夫婦のノルウェー絶景ドライブ旅行ー(8)ローフォーテン三日目・絶景続きの東海岸沿いドライブ

16いいね!

2014/07/13 - 2014/07/13

16位(同エリア86件中)

miharashi

miharashiさん

ローフォーテン諸島がすばらしいと他のトラベラーが書いていたのを読んで、行ってみようと思い立ち、ヨルダン旅行から帰国後すぐに、15年ぶりにノルウェーに行く計画を立て始めました。それならついでに前に行けなかった、プレーケストーレンやトロルスティーゲンも周ってみようということになりました。移動手段は沿岸急行線やバスも使おうと思って調べてみましたが、時間の制約がありすぎるということで、いつものようにほとんどがレンタカーでまわる旅程になってしまいました。天気次第で全く景色が変わり、印象が違うところだけに、毎日天気予報をチェックして一喜一憂していました。結果は1日目と2日目の移動のときのみ雨に降られただけで、連日30度近くの気温で快晴の日が帰国日まで続き、想像以上の絶景に出会うことができました。
旅行記(8)は、ローフォーテン三日目の13日に、レクネスから支線815に入り、ローフォーテンの東海岸沿いをドライブしたあと、フェリーでメルブに渡り、Stokmarknesに宿泊するまでの行程です。(表紙写真は、東海岸を走る815号線沿いの絶景)

全行程(<13>は道路の番号、?はフェリーを示す)
 
7月5日 成田発SAS便 コペンハーゲン経由ノルウェー・スタヴァンゲル着

7月6日 スタヴァンゲル <E39,13> Lauvvik?Oanes <13>
プレーケストーレン <13> Tau <13> Seljestad

7月7日 Seljestad <13> Odda <551> Arsnes <49> ハダンゲルフィヨルド
<13> Voss <13> Vangsnes?Dragsviki <55> Balestrand

7月8日 Balestrand <13> Moskog <E39> Byrkjrlo <60> Styrn <15> Hjelle
<63> ガイランゲル <63> Eisdal

7月9日 Eisdal <63> トロールスティーゲン <63> Andalsnes <64>
Atlantic Bridge <62> Sunndalsora

7月10日 Sunndalsora <70> Oppdal <E6>トロンハイム <飛行機>トロムソ

7月11日 トロムソ <E8,E6> Bjerkvik <E10> Lodingen

7月12日 Lodingen <E10> Svolvaer <E10>レイネ(レイネブリンゲン登頂)
<E10,818> Ballstad

7月13日 Ballstad <818,E10> Leknes <815,E10> Fiskebol?メルブ
     <82> Stokmarknes 

7月14日 Stokmarknes <82>メルブ?Fiskebol <E10,868> Digermulen
<868,E10> Bjerkvik

7月15日 Bjerkvik <E6,E8>トロムソ(ストールシュタイネン山頂)<E10>
空港 トロムソ <飛行機> オスロ

7月16日 オスロ発SAS コペンハーゲン経由 7月17日成田着

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ローフォーテン3日目。昨日のハードなレイネブリンゲンへの登山の疲れが残る中、昨日寄れなかった白砂のビーチ2か所を訪れ、そのあとはレクネスでE10から支線の815号線に入り、島の東側の海岸沿いを通り、スボルヴァーに戻るコースを走ってみることにした。このコースは想像以上にすばらしいドライブコースで、Henningsvaer近くの特徴ある山々ときれいな海を見ながらのドライブだった。

    ローフォーテン3日目。昨日のハードなレイネブリンゲンへの登山の疲れが残る中、昨日寄れなかった白砂のビーチ2か所を訪れ、そのあとはレクネスでE10から支線の815号線に入り、島の東側の海岸沿いを通り、スボルヴァーに戻るコースを走ってみることにした。このコースは想像以上にすばらしいドライブコースで、Henningsvaer近くの特徴ある山々ときれいな海を見ながらのドライブだった。

  • 7月13日、狭くてWifiも使えなかったBalllstadのユースを1晩分だけカードで支払い、今晩の予約はキャンセルし、9時過ぎに出発。E10を南下し、Rambergに向けて車を走らせた。途中Ballstadの教会をみかけた。これも木造教会のようだ。

    7月13日、狭くてWifiも使えなかったBalllstadのユースを1晩分だけカードで支払い、今晩の予約はキャンセルし、9時過ぎに出発。E10を南下し、Rambergに向けて車を走らせた。途中Ballstadの教会をみかけた。これも木造教会のようだ。

  • 今日の行程:バルスタッドー>Rambergー>レクネスー>&lt;815&gt;ー>&lt;816&gt;ー>Henningsvaerー>スボルヴァーー>メルブー>Stokmarknes

    今日の行程:バルスタッドー>Rambergー>レクネスー><815>ー><816>ー>Henningsvaerー>スボルヴァーー>メルブー>Stokmarknes

  • 海底トンネルをぬけると、Rambergの手前の湾が再び現れた。今日は朝だったので、引き潮のため手前のほうの海水がなく、地面がみえていたが、相変わらず絶景だった。

    海底トンネルをぬけると、Rambergの手前の湾が再び現れた。今日は朝だったので、引き潮のため手前のほうの海水がなく、地面がみえていたが、相変わらず絶景だった。

  • ここはこの日の帰りを含め、4回通ったことになる。

    ここはこの日の帰りを含め、4回通ったことになる。

  • 何度通ってもそのたびに海のきれいさに感動してしまう。

    何度通ってもそのたびに海のきれいさに感動してしまう。

  • 先を急ぐので、移動を開始。

    先を急ぐので、移動を開始。

  • 手前の海が岩が見えるほど、潮が引いてしまっていた。

    手前の海が岩が見えるほど、潮が引いてしまっていた。

  • やがて海沿いではなく、少し内陸部を走る。前方に比較的高い山が迫ってきた。

    やがて海沿いではなく、少し内陸部を走る。前方に比較的高い山が迫ってきた。

  • さらにこんなところも走り、その後Rambergに到着。

    さらにこんなところも走り、その後Rambergに到着。

  • Rambergの白砂のビーチ。あんなに晴れていたのに、あいにくこのあたりに来ると、雲?が出て、昨日見えた山も見えないし、海の色がいまいちだ。昨日は駐車場が満杯で、先を急いでいたので、車からしか撮影しなかったのが悔やまれる。

    Rambergの白砂のビーチ。あんなに晴れていたのに、あいにくこのあたりに来ると、雲?が出て、昨日見えた山も見えないし、海の色がいまいちだ。昨日は駐車場が満杯で、先を急いでいたので、車からしか撮影しなかったのが悔やまれる。

  • それでもせっかく来たのだから、浜辺に下りてみた。真っ白な砂浜だった。今日は風もあるので、さすがにこの時間は泳いでいる人がいなかった。

    それでもせっかく来たのだから、浜辺に下りてみた。真っ白な砂浜だった。今日は風もあるので、さすがにこの時間は泳いでいる人がいなかった。

  • パノラマにして(画像をクリックしてください)。撮影していたら、韓国の観光客がやってきた。今回の旅行では日本人には出会わなかった。韓国や中国からの観光客のほうが多いような気がした。

    パノラマにして(画像をクリックしてください)。撮影していたら、韓国の観光客がやってきた。今回の旅行では日本人には出会わなかった。韓国や中国からの観光客のほうが多いような気がした。

  • さらに、その先の橋を渡って、Fredvongにあるビーチに行ってみた。ここは美しいビーチとして、紹介されていたところだ。斜面には野花が咲き、きれいなところだったが、ここも引き潮。あいにくの天気で海の色がでない。

    さらに、その先の橋を渡って、Fredvongにあるビーチに行ってみた。ここは美しいビーチとして、紹介されていたところだ。斜面には野花が咲き、きれいなところだったが、ここも引き潮。あいにくの天気で海の色がでない。

  • このビーチの背後の山にはトレッキングコースができていて、上からの海の眺めはさぞかし美しかろうと思われる。実際上から下りてきたクループに出会った。

    このビーチの背後の山にはトレッキングコースができていて、上からの海の眺めはさぞかし美しかろうと思われる。実際上から下りてきたクループに出会った。

  • 来た道を引き返し、E10を北上。朝もやがとれて、山が姿を現した。

    来た道を引き返し、E10を北上。朝もやがとれて、山が姿を現した。

  • レイネでも多く見られた三角錐の形をした山。雲一つない空にすっきりとした姿を見せていた。それにしても変わった形の山だ。

    レイネでも多く見られた三角錐の形をした山。雲一つない空にすっきりとした姿を見せていた。それにしても変わった形の山だ。

  • ノルウェーの家はみなカラフルでかわいいが、ひときわ鮮やかな真っ赤に塗りなおされた家を発見。

    ノルウェーの家はみなカラフルでかわいいが、ひときわ鮮やかな真っ赤に塗りなおされた家を発見。

  • 海底トンネルを再び通り、トイレのある休憩所に立ち寄った。ここはきのうも立ち寄ったが、今日の方が海がさらにきれいだった。

    海底トンネルを再び通り、トイレのある休憩所に立ち寄った。ここはきのうも立ち寄ったが、今日の方が海がさらにきれいだった。

  • 遠くに見える橋を渡るとレクネスや昨日泊まったBallstadに行ける。

    遠くに見える橋を渡るとレクネスや昨日泊まったBallstadに行ける。

  • パノラマにして(画像をクリックしてください)。

    パノラマにして(画像をクリックしてください)。

  • きのうは気づかなかったが、休憩所の裏側に展望の良い遊歩道ができていて、ルピナスがきれいに咲いていた。気づいてよかった。

    きのうは気づかなかったが、休憩所の裏側に展望の良い遊歩道ができていて、ルピナスがきれいに咲いていた。気づいてよかった。

  • 山と海と花の三拍子そろって、絶景だ。

    山と海と花の三拍子そろって、絶景だ。

  • さらに白いルピナスも入れて。

    さらに白いルピナスも入れて。

  • レクネスでE10から分かれ、海沿いの道(815号線)に入ってしばらく走ると、前方に有名なHenningsvaerの近くの山(Festvagtindという名前らしい)が見えてきた。

    レクネスでE10から分かれ、海沿いの道(815号線)に入ってしばらく走ると、前方に有名なHenningsvaerの近くの山(Festvagtindという名前らしい)が見えてきた。

  • Stamsundへの分かれ道のあるところに到着。このあたりから見る山の景色がすばらしかったので、停車して、撮影。

    Stamsundへの分かれ道のあるところに到着。このあたりから見る山の景色がすばらしかったので、停車して、撮影。

  • 手前にヤナギランの花を入れて。

    手前にヤナギランの花を入れて。

  • ここから海を右に見ながら海沿いを走った。

    ここから海を右に見ながら海沿いを走った。

  • このあたりの海もすばらしくきれいだった。

    このあたりの海もすばらしくきれいだった。

  • 止まってばかりで先に進まない。

    止まってばかりで先に進まない。

  • 遠くにローバーが並んでいた。ここに泊れれば最高だ。

    遠くにローバーが並んでいた。ここに泊れれば最高だ。

  • かわいい教会もあった。

    かわいい教会もあった。

  • 再び例の山がきれいに見えてきた。<br />

    再び例の山がきれいに見えてきた。

  • 上の写真を撮った所のすぐそばで素敵なビーチに出会った。女の子の水着の色がカラフルで海の色に映えていた。

    上の写真を撮った所のすぐそばで素敵なビーチに出会った。女の子の水着の色がカラフルで海の色に映えていた。

  • この時の気温は30度前後だったので、水着を持ってこなかったことが悔やまれる。まさか、こんなに暑いとは予想できなかった。

    この時の気温は30度前後だったので、水着を持ってこなかったことが悔やまれる。まさか、こんなに暑いとは予想できなかった。

  • それにしても、子供があんなに沖まで行って大丈夫なのだろうか? もっとも、色の薄いところが浅いところなので、たぶん大丈夫なのだろう。

    それにしても、子供があんなに沖まで行って大丈夫なのだろうか? もっとも、色の薄いところが浅いところなので、たぶん大丈夫なのだろう。

  • ヤナギランのピンクと海の色がマッチしてひときわ美しかった。

    ヤナギランのピンクと海の色がマッチしてひときわ美しかった。

  • このあたりから道は海岸沿いを離れて、少し内陸部を走っている。広々とした湿地帯になっていた。

    このあたりから道は海岸沿いを離れて、少し内陸部を走っている。広々とした湿地帯になっていた。

  • 内陸部に入っても、右側にHenningsvaerの山々が見え続けた。

    内陸部に入っても、右側にHenningsvaerの山々が見え続けた。

  • Henningsvaerの山とは別の山並みが見え始め、その中に火山で上の方が噴火してなくなったような山も現れた。

    Henningsvaerの山とは別の山並みが見え始め、その中に火山で上の方が噴火してなくなったような山も現れた。

  • 左側の山並み。

    左側の山並み。

  • 拡大してみると。

    拡大してみると。

  • 同上。

    同上。

  • パノラマにしてみると広さがはっきりする(画像をクリックしてください)。

    パノラマにしてみると広さがはっきりする(画像をクリックしてください)。

  • 火山のような山と真っ青な海。

    火山のような山と真っ青な海。

  • 左側の山並みも入れて。

    左側の山並みも入れて。

  • このあたりの海もきれいだった。

    このあたりの海もきれいだった。

  • とにかくすばらしいドライブウェイだ。

    とにかくすばらしいドライブウェイだ。

  • しばらく同じ絶景が続いた。

    しばらく同じ絶景が続いた。

  • 支線815から再び本線のE10に合流し、スボルヴァー方面に向かうと、やがて右前方にきれいな橋が見えてきた。

    支線815から再び本線のE10に合流し、スボルヴァー方面に向かうと、やがて右前方にきれいな橋が見えてきた。

  • 橋の向こうはスボルヴァーのあるAustvagoy島だ。

    橋の向こうはスボルヴァーのあるAustvagoy島だ。

  • さっき渡ってきた橋があんなに遠くになった。

    さっき渡ってきた橋があんなに遠くになった。

  • Henningsvaerの手前にあるキャンプ場に到着。昨日もここを通り、撮影した。昨日よりも晴れて時間帯が良かったので、海の色がすばらしかった。

    Henningsvaerの手前にあるキャンプ場に到着。昨日もここを通り、撮影した。昨日よりも晴れて時間帯が良かったので、海の色がすばらしかった。

  • 小高い丘に立って再び撮影。この場所は踏み跡があったので、みんなが分け入って撮影している場所らしい。私たちの他にも数名がカメラをかまえていた。

    小高い丘に立って再び撮影。この場所は踏み跡があったので、みんなが分け入って撮影している場所らしい。私たちの他にも数名がカメラをかまえていた。

  • 対岸を拡大。海の色がきれいだ。

    対岸を拡大。海の色がきれいだ。

  • パノラマにして(画像をクリックしてください)。いつまでも見ていたくなる風景だが先を急がなければならない。今日は宿を変更したので、フェリーに乗って、別の島に渡らなければならないのだ。

    パノラマにして(画像をクリックしてください)。いつまでも見ていたくなる風景だが先を急がなければならない。今日は宿を変更したので、フェリーに乗って、別の島に渡らなければならないのだ。

  • E10はこのあたりで大きく左にカーブしているが、私たちはHenningsvaer島に通じる816に入ってみることにした。このあたりの海も浅瀬になっているらしく、色が薄緑色だった。海水浴場らしく、多くの車が駐車していた。

    E10はこのあたりで大きく左にカーブしているが、私たちはHenningsvaer島に通じる816に入ってみることにした。このあたりの海も浅瀬になっているらしく、色が薄緑色だった。海水浴場らしく、多くの車が駐車していた。

  • 道の右側の風景。浅瀬がずっと先まで伸びていた。

    道の右側の風景。浅瀬がずっと先まで伸びていた。

  • 道幅はだんだん狭くなってきた。

    道幅はだんだん狭くなってきた。

  • 急に素晴らしい海が現れた。

    急に素晴らしい海が現れた。

  • 美しい海沿いを走ると橋が見えてきた。あの橋の向こうがHenningsvaer島だ。<br />もうこれ以上行っても景色は変わらないと判断して、引き返すことにした。

    美しい海沿いを走ると橋が見えてきた。あの橋の向こうがHenningsvaer島だ。
    もうこれ以上行っても景色は変わらないと判断して、引き返すことにした。

  • 来た道816をもどる途中の海の色が格別だった。

    来た道816をもどる途中の海の色が格別だった。

  • このような色の海にはなかなか出会えないだろう。

    このような色の海にはなかなか出会えないだろう。

  • 拡大して。

    拡大して。

  • カードレールが邪魔をしていたので、道路わきの少し高いところから撮影。

    カードレールが邪魔をしていたので、道路わきの少し高いところから撮影。

  • パノラマにして(画像をクリックしてください)。言葉にならないくらいすばらしい海だった。

    パノラマにして(画像をクリックしてください)。言葉にならないくらいすばらしい海だった。

  • E10に戻り、さらに北上。スボルヴァーの手前に大きな教会があった。

    E10に戻り、さらに北上。スボルヴァーの手前に大きな教会があった。

  • スボルヴァーの町に再び戻ってきた。時刻は午後3時20分。

    スボルヴァーの町に再び戻ってきた。時刻は午後3時20分。

  • スボルヴァーから5分ほど走ったところから見えた変わった形の山。

    スボルヴァーから5分ほど走ったところから見えた変わった形の山。

  • 山の上が王冠のようになっていた。<br />

    山の上が王冠のようになっていた。

  • 来るときも通っているのだが記憶にない。こんなきれいなところを通ったかな?

    来るときも通っているのだが記憶にない。こんなきれいなところを通ったかな?

  • 昨日立ち寄って撮影した教会のあるキャンプ場の近くに来た。昨日よりもさらに美しい風景だった。左奥の山は1146mあり、ローフォーテンでは一番高い山らしい。

    昨日立ち寄って撮影した教会のあるキャンプ場の近くに来た。昨日よりもさらに美しい風景だった。左奥の山は1146mあり、ローフォーテンでは一番高い山らしい。

  • 島のような細長い土地にかわいいホテルのような建物が建っていた。

    島のような細長い土地にかわいいホテルのような建物が建っていた。

  • 素晴らしい山の風景がしばらく続いた。このあたりの山々は、翌日に訪れたトロルフィヨルドから見える山々と同じはずだ。素晴らしい山が続くのも納得。

    素晴らしい山の風景がしばらく続いた。このあたりの山々は、翌日に訪れたトロルフィヨルドから見える山々と同じはずだ。素晴らしい山が続くのも納得。

  • 次々とすてきな山が現れた。来た時は逆光だったので、印象がうすかったのか、昨日の記録に残っていない。

    次々とすてきな山が現れた。来た時は逆光だったので、印象がうすかったのか、昨日の記録に残っていない。

  • このあたりも家と周りの風景がみごとに調和して、素晴らしい。

    このあたりも家と周りの風景がみごとに調和して、素晴らしい。

  • 途中からE10を外れ、昨日急きょ予約したホテルへ行くために、メルブに行くフェリー乗り場を目指した。

    途中からE10を外れ、昨日急きょ予約したホテルへ行くために、メルブに行くフェリー乗り場を目指した。

  • きれいな山が現れた。この山はフェリー乗り場の背後に聳えている山だ。

    きれいな山が現れた。この山はフェリー乗り場の背後に聳えている山だ。

  • まもなくフェリー乗り場。

    まもなくフェリー乗り場。

  • フェリー乗り場に4時過ぎに到着。メルブ行きの船はあいにく出たばかりで、次の5時半の便まで1時間以上待たなければならなかった。1時間半間隔で出ているのは初めてだ。これまでほとんど待たずにすんだのはラッキーだった。

    フェリー乗り場に4時過ぎに到着。メルブ行きの船はあいにく出たばかりで、次の5時半の便まで1時間以上待たなければならなかった。1時間半間隔で出ているのは初めてだ。これまでほとんど待たずにすんだのはラッキーだった。

  • 30分近く乗って、対岸のメルブに到着。10キロ先の橋を渡ったところにある StokmarknesのホテルVesteralen Kysthotellにチェックイン。晴れた日には、このフェリーからローフォーテンの素晴らしい山並みが見えるので、お勧めだ。(ノルウェー旅行記9を参照)

    30分近く乗って、対岸のメルブに到着。10キロ先の橋を渡ったところにある StokmarknesのホテルVesteralen Kysthotellにチェックイン。晴れた日には、このフェリーからローフォーテンの素晴らしい山並みが見えるので、お勧めだ。(ノルウェー旅行記9を参照)

  • 橋を渡るとき、ハーバーの向こうに素晴らしい形の山の先だけが見えた。

    橋を渡るとき、ハーバーの向こうに素晴らしい形の山の先だけが見えた。

  • チェックイン後、フェリー乗り場の方向にもどってみたが、残念ながら相変わらず山の先だけしかみえない。山は見えないが海と花がきれいだったので、思わず撮影。

    チェックイン後、フェリー乗り場の方向にもどってみたが、残念ながら相変わらず山の先だけしかみえない。山は見えないが海と花がきれいだったので、思わず撮影。

  • 空の青、霧の白、草の緑、花のピンクの5層になっている風景が美しかった。明日も晴れそうなので、山並みが完全に見えることを願いつつ、ホテルに戻った。ホテルに戻った時間は夜の8時近かった。まだこんなに外は明るいのだ。今日も海と山と花の三拍子のそろった絶景を楽しむことができ、充実した長い一日だった。<br />ノルウェー旅行記(9)に続く。

    空の青、霧の白、草の緑、花のピンクの5層になっている風景が美しかった。明日も晴れそうなので、山並みが完全に見えることを願いつつ、ホテルに戻った。ホテルに戻った時間は夜の8時近かった。まだこんなに外は明るいのだ。今日も海と山と花の三拍子のそろった絶景を楽しむことができ、充実した長い一日だった。
    ノルウェー旅行記(9)に続く。

この旅行記のタグ

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ノルウェーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ノルウェー最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ノルウェーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集