トロムソ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ローフォーテン諸島がすばらしいと他のトラベラーが書いていたのを読んで、行ってみようと思い立ち、ヨルダン旅行から帰国後すぐに、15年ぶりにノルウェーに行く計画を立て始めました。それならついでに前に行けなかった、プレーケストーレンやトロルスティーゲンも周ってみようということになりました。移動手段は沿岸急行線やバスも使おうと思って調べてみましたが、時間の制約がありすぎるということで、いつものようにほとんどがレンタカーでまわる旅程になってしまいました。天気次第で全く景色が変わり、印象が違うところだけに、毎日天気予報をチェックして一喜一憂していました。結果は1日目と2日目の移動のときのみ雨に降られただけで、連日30度近くの気温で快晴の日が帰国日まで続き、想像以上の絶景に出会うことができました。<br />旅行記(10)は、最終日(15日)のトロムソに着くまでの行程です。なお、この旅行記は、ホームページ:団塊夫婦の世界一周絶景の旅 http://www.geocities.jp/greenbambooin/ の2014年ノルウェー旅行編にリンクされています。(表紙写真は、トロムソ市街の眺望)<br /><br />全行程(&lt;13&gt;は道路の番号、〜はフェリーを示す)<br /> <br />7月5日 成田発SAS便 コペンハーゲン経由ノルウェー・スタヴァンゲル着<br /><br />7月6日 スタヴァンゲル &lt;E39,13&gt; Lauvvik〜Oanes &lt;13&gt; <br />プレーケストーレン &lt;13&gt; Tau &lt;13&gt; Seljestad<br /><br />7月7日 Seljestad &lt;13&gt; Odda &lt;551&gt; Arsnes &lt;49&gt; ハダンゲルフィヨルド<br />&lt;13&gt; Voss &lt;13&gt; Vangsnes〜Dragsviki &lt;55&gt; Balestrand<br /><br />7月8日 Balestrand &lt;13&gt; Moskog &lt;E39&gt; Byrkjrlo &lt;60&gt; Styrn &lt;15&gt; Hjelle<br />&lt;63&gt; ガイランゲル &lt;63&gt; Eisdal<br /><br />7月9日 Eisdal &lt;63&gt; トロールスティーゲン &lt;63&gt; Andalsnes &lt;64&gt;<br />Atlantic Bridge &lt;62&gt; Sunndalsora<br /><br />7月10日 Sunndalsora &lt;70&gt; Oppdal &lt;E6&gt;トロンハイム &lt;飛行機&gt;トロムソ<br /><br />7月11日 トロムソ &lt;E8,E6&gt; Bjerkvik &lt;E10&gt; Lodingen<br /><br />7月12日 Lodingen &lt;E10&gt; Svolvaer &lt;E10&gt;レイネ(レイネブリンゲン登頂)<br />&lt;E10,818&gt; Ballstad<br /><br />7月13日 Ballstad &lt;818,E10&gt; Leknes &lt;815,E10&gt; Fiskebol〜メルブ<br />     &lt;82&gt; Stokmarknes <br /><br />7月14日 Stokmarknes &lt;82&gt;メルブ〜Fiskebol &lt;E10,868&gt; Digermulen<br />&lt;868,E10&gt; Bjerkvik <br /><br />7月15日 Bjerkvik &lt;E6,E8&gt;トロムソ(ストールシュタイネン山頂)&lt;E10&gt; <br />空港 トロムソ &lt;飛行機&gt; オスロ<br /><br />7月16日 オスロ発SAS コペンハーゲン経由 7月17日成田着

団塊夫婦のノルウェー絶景ドライブ旅行(10)-最後まで感動・トロムソの眺望

12いいね!

2014/07/15 - 2014/07/15

55位(同エリア191件中)

miharashi

miharashiさん

ローフォーテン諸島がすばらしいと他のトラベラーが書いていたのを読んで、行ってみようと思い立ち、ヨルダン旅行から帰国後すぐに、15年ぶりにノルウェーに行く計画を立て始めました。それならついでに前に行けなかった、プレーケストーレンやトロルスティーゲンも周ってみようということになりました。移動手段は沿岸急行線やバスも使おうと思って調べてみましたが、時間の制約がありすぎるということで、いつものようにほとんどがレンタカーでまわる旅程になってしまいました。天気次第で全く景色が変わり、印象が違うところだけに、毎日天気予報をチェックして一喜一憂していました。結果は1日目と2日目の移動のときのみ雨に降られただけで、連日30度近くの気温で快晴の日が帰国日まで続き、想像以上の絶景に出会うことができました。
旅行記(10)は、最終日(15日)のトロムソに着くまでの行程です。なお、この旅行記は、ホームページ:団塊夫婦の世界一周絶景の旅 http://www.geocities.jp/greenbambooin/ の2014年ノルウェー旅行編にリンクされています。(表紙写真は、トロムソ市街の眺望)

全行程(<13>は道路の番号、〜はフェリーを示す)
 
7月5日 成田発SAS便 コペンハーゲン経由ノルウェー・スタヴァンゲル着

7月6日 スタヴァンゲル <E39,13> Lauvvik〜Oanes <13>
プレーケストーレン <13> Tau <13> Seljestad

7月7日 Seljestad <13> Odda <551> Arsnes <49> ハダンゲルフィヨルド
<13> Voss <13> Vangsnes〜Dragsviki <55> Balestrand

7月8日 Balestrand <13> Moskog <E39> Byrkjrlo <60> Styrn <15> Hjelle
<63> ガイランゲル <63> Eisdal

7月9日 Eisdal <63> トロールスティーゲン <63> Andalsnes <64>
Atlantic Bridge <62> Sunndalsora

7月10日 Sunndalsora <70> Oppdal <E6>トロンハイム <飛行機>トロムソ

7月11日 トロムソ <E8,E6> Bjerkvik <E10> Lodingen

7月12日 Lodingen <E10> Svolvaer <E10>レイネ(レイネブリンゲン登頂)
<E10,818> Ballstad

7月13日 Ballstad <818,E10> Leknes <815,E10> Fiskebol〜メルブ
     <82> Stokmarknes 

7月14日 Stokmarknes <82>メルブ〜Fiskebol <E10,868> Digermulen
<868,E10> Bjerkvik

7月15日 Bjerkvik <E6,E8>トロムソ(ストールシュタイネン山頂)<E10>
空港 トロムソ <飛行機> オスロ

7月16日 オスロ発SAS コペンハーゲン経由 7月17日成田着

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 7月15日。いよいよドライブ旅行も最終日。200キロの道をもどらなけらばならない。主人は昨日の夜風邪か疲れからか38度台の発熱。喘息もでている。熱は下がったが、運転は大丈夫だろうか?

    7月15日。いよいよドライブ旅行も最終日。200キロの道をもどらなけらばならない。主人は昨日の夜風邪か疲れからか38度台の発熱。喘息もでている。熱は下がったが、運転は大丈夫だろうか?

  • 朝起きてみると今日も快晴。最後の最後までお天気に恵まれている。<br />部屋の窓からの景色も素晴らしかった。薬がきいたのか、主人は運転はできるようだ。

    朝起きてみると今日も快晴。最後の最後までお天気に恵まれている。
    部屋の窓からの景色も素晴らしかった。薬がきいたのか、主人は運転はできるようだ。

  • BjerkvikからE6に入り(6)で見えた山を左手に見ながらヘアピンカーブを上っていった。山の名前はわからないが1245mあるようだ。

    BjerkvikからE6に入り(6)で見えた山を左手に見ながらヘアピンカーブを上っていった。山の名前はわからないが1245mあるようだ。

  • 上り詰めると左右に小さな湖を見ながら通りすぎた。

    上り詰めると左右に小さな湖を見ながら通りすぎた。

  • 高い山も現れた。1458mある山かもしれない。

    高い山も現れた。1458mある山かもしれない。

  • 雪渓から幾筋も滝が流れ落ちていた。

    雪渓から幾筋も滝が流れ落ちていた。

  • 森林地帯を走り抜け

    森林地帯を走り抜け

  • 前方にひときわ高い山が姿を現した。

    前方にひときわ高い山が姿を現した。

  • Setermoenに到着。比較的大きな町だ。ここまで55キロ走ってきたことになる。<br />まだ4分の1しか走っていない。

    Setermoenに到着。比較的大きな町だ。ここまで55キロ走ってきたことになる。
    まだ4分の1しか走っていない。

  • 休憩所から見えた雪渓がきれいな山並み。

    休憩所から見えた雪渓がきれいな山並み。

  • どうしたらこんな模様に雪が残るのだろう。

    どうしたらこんな模様に雪が残るのだろう。

  • その中の一つBlatind(the sleeping soldier)という山。形がすてきだ。

    その中の一つBlatind(the sleeping soldier)という山。形がすてきだ。

  • さらに走ると三角錐の山が連なって現れた。

    さらに走ると三角錐の山が連なって現れた。

  • さらに真っ白な雪が残る山が現れた。北上しているので、雪渓の残る山を見ることが増えた。

    さらに真っ白な雪が残る山が現れた。北上しているので、雪渓の残る山を見ることが増えた。

  • 拡大すると、懸垂雪渓も見える。

    拡大すると、懸垂雪渓も見える。

  • Balsfjorden(Balsフィヨルド)にやってくると、海の向こう側に素晴らしい山並みが現れ始めた。ここから絶景が続くことになる。

    Balsfjorden(Balsフィヨルド)にやってくると、海の向こう側に素晴らしい山並みが現れ始めた。ここから絶景が続くことになる。

  • ぐるーと海の周りを道が走っているので、同じ山を違う角度からながめることになる。

    ぐるーと海の周りを道が走っているので、同じ山を違う角度からながめることになる。

  • 相変わらず道端のクローバーが満開で素晴らしかった。この一週間お天気が続いたので一斉に開花したようだ。来たときよりも花数が多い。

    相変わらず道端のクローバーが満開で素晴らしかった。この一週間お天気が続いたので一斉に開花したようだ。来たときよりも花数が多い。

  • また格好いい山が現れた。

    また格好いい山が現れた。

  • 北欧の人たちはどこに行っても太陽が貴重なのか、裸で日向ぼっこをしている風景を見かける。気持ちよさそうだ。<br /><br />

    北欧の人たちはどこに行っても太陽が貴重なのか、裸で日向ぼっこをしている風景を見かける。気持ちよさそうだ。

  • トロムソとノールカップに行く道の分岐点に近いこのあたりが絶景だった。

    トロムソとノールカップに行く道の分岐点に近いこのあたりが絶景だった。

  • 海は引き潮であまりきれいでないが、山並みがきれいにみえた。

    海は引き潮であまりきれいでないが、山並みがきれいにみえた。

  • さらに海沿いを走り、山間部へ。

    さらに海沿いを走り、山間部へ。

  • 遠くの山もすばらしい。

    遠くの山もすばらしい。

  • トロムソまで62キロ手前にあるSeljelvnesのトンネルの先にもすばらしい山が。

    トロムソまで62キロ手前にあるSeljelvnesのトンネルの先にもすばらしい山が。

  • トンネルをぬけると、ちょうど美しい山並みの手前をかわいい車が走っていた。絵になる風景だ。

    トンネルをぬけると、ちょうど美しい山並みの手前をかわいい車が走っていた。絵になる風景だ。

  • 同じような山が4つも連なった。

    同じような山が4つも連なった。

  • 坂を上がったところに休憩所があったのでここで昼食を食べることにした。時間は12時。ここまで3時間かかったことになる。

    坂を上がったところに休憩所があったのでここで昼食を食べることにした。時間は12時。ここまで3時間かかったことになる。

  • 展望台からのBalsfjordと山の眺め1。

    展望台からのBalsfjordと山の眺め1。

  • 拡大して。

    拡大して。

  • 展望台からの眺め2。

    展望台からの眺め2。

  • 展望台からの眺め3。

    展望台からの眺め3。

  • 休憩を終えて、再びトロムソを目指し、車を走らせた。前方にも素敵な山が早速現れた。

    休憩を終えて、再びトロムソを目指し、車を走らせた。前方にも素敵な山が早速現れた。

  • またかっこいい山が見えた。

    またかっこいい山が見えた。

  • 遠くにも三角の山が。

    遠くにも三角の山が。

  • また高い山が現れた。

    また高い山が現れた。

  • あきることのない風景を見ながら、快調に走り続けた。

    あきることのない風景を見ながら、快調に走り続けた。

  • フィヨルドの奥に見えた雪山。トロムソが近いので、トロムソから見える山々と同じ山かもしれない。

    フィヨルドの奥に見えた雪山。トロムソが近いので、トロムソから見える山々と同じ山かもしれない。

  • いよいよ最後の山間部を抜ける道に入った。新しく補修されたばかりでいい道だった。

    いよいよ最後の山間部を抜ける道に入った。新しく補修されたばかりでいい道だった。

  • 26キロ内陸部を走ると、海沿いの道にでた。雪山が見えたので、いよいよトロムソかもしれない。

    26キロ内陸部を走ると、海沿いの道にでた。雪山が見えたので、いよいよトロムソかもしれない。

  • 大きな滝が流れ落ちていたが、全体像は見えなかった。

    大きな滝が流れ落ちていたが、全体像は見えなかった。

  • このカーブをすぎるとトロムソが見えるはずだ。

    このカーブをすぎるとトロムソが見えるはずだ。

  • まだ見えない。

    まだ見えない。

  • ついにトロムソが見えてきた。海もきれいだ。時刻は1時過ぎ。4時間ちょっとかかっている。

    ついにトロムソが見えてきた。海もきれいだ。時刻は1時過ぎ。4時間ちょっとかかっている。

  • 教会前のスタンドでガソリンを満タンにして、ケーブルカー乗り場に行った。<br />行き方をスタンドのお姉さんに聞いたら、教会横の坂道をまっすぐ上っていくとし表示があるとのこと。その通りに行ってみたら、すぐに着いた。シニア料金で2人で200クローネ{3800円)以下だったと記憶している。

    教会前のスタンドでガソリンを満タンにして、ケーブルカー乗り場に行った。
    行き方をスタンドのお姉さんに聞いたら、教会横の坂道をまっすぐ上っていくとし表示があるとのこと。その通りに行ってみたら、すぐに着いた。シニア料金で2人で200クローネ{3800円)以下だったと記憶している。

  • 待たずにすぐ乗れた。ケーブルカーの中からの眺めもすばらしかったので、思わず歓声をあげてしまった。

    待たずにすぐ乗れた。ケーブルカーの中からの眺めもすばらしかったので、思わず歓声をあげてしまった。

  • ケーブルをおりて少し歩いていくと見晴らしのいいところがあったので、記念撮影。

    ケーブルをおりて少し歩いていくと見晴らしのいいところがあったので、記念撮影。

  • プレーケストーレンには負けるけど、切り立ったがけがあったので、そこまで歩いて行ってみた。

    プレーケストーレンには負けるけど、切り立ったがけがあったので、そこまで歩いて行ってみた。

  • 左方向の眺め。

    左方向の眺め。

  • 橋の方向の眺め。

    橋の方向の眺め。

  • その右方向の眺め。

    その右方向の眺め。

  • 市街を中心にして。

    市街を中心にして。

  • パノラマにすると広さがよりわかるだろう。

    パノラマにすると広さがよりわかるだろう。

  • 橋を拡大して。写真の右下には白い北極教会も見える。

    橋を拡大して。写真の右下には白い北極教会も見える。

  • 市街地を拡大して。

    市街地を拡大して。

  • 崖から戻り花がきれいに咲いているところをバックに記念撮影.<br />横のカップルはずっとここに座って動かないので、一緒に撮影。

    崖から戻り花がきれいに咲いているところをバックに記念撮影.
    横のカップルはずっとここに座って動かないので、一緒に撮影。

  • ケーブルーカー乗り場。このベランダからもトロムソ市街が眺められる。

    ケーブルーカー乗り場。このベランダからもトロムソ市街が眺められる。

  • ケーブルカー乗り場の先には、標高421mのストールシュタイネン山が控えていた。

    ケーブルカー乗り場の先には、標高421mのストールシュタイネン山が控えていた。

  • 再びトロムソ市街。町の中心地にあるバスのターミナル付近を拡大。

    再びトロムソ市街。町の中心地にあるバスのターミナル付近を拡大。

  • 北極教会手前のラウンド付近の海。

    北極教会手前のラウンド付近の海。

  • 橋を拡大。ちょうど船が航行中だった。

    橋を拡大。ちょうど船が航行中だった。

  • 北極教会を上から見ると屋根の形がよくわかる。

    北極教会を上から見ると屋根の形がよくわかる。

  • 最後に花を入れて撮影。

    最後に花を入れて撮影。

  • 上の写真の周りに咲いていた白いかれんな花。

    上の写真の周りに咲いていた白いかれんな花。

  • 他にこんな白い花も咲いていた。

    他にこんな白い花も咲いていた。

  • ケーブルで下りている途中、大型客船がやってきた。絵になる風景だ。3時過ぎに海底トンネルを通って空港へ。無事車を返して、6時40分発のオスロ直行便でオスロへ向かった。今日の走行距離は210キロで、五日間のローフォーテンの総走行距離は1283キロ。結局、今回のノルウェー旅行の総走行距離は2626キロだった。主人は最後に体調をくずしてしまったが、それ以外はお天気に恵まれ、絶景を存分に楽しむことができた。ローフォーテンの景色は、今まで見た景色の中では、パイネとウユニと並んでベスト3に入る絶景だった。

    ケーブルで下りている途中、大型客船がやってきた。絵になる風景だ。3時過ぎに海底トンネルを通って空港へ。無事車を返して、6時40分発のオスロ直行便でオスロへ向かった。今日の走行距離は210キロで、五日間のローフォーテンの総走行距離は1283キロ。結局、今回のノルウェー旅行の総走行距離は2626キロだった。主人は最後に体調をくずしてしまったが、それ以外はお天気に恵まれ、絶景を存分に楽しむことができた。ローフォーテンの景色は、今まで見た景色の中では、パイネとウユニと並んでベスト3に入る絶景だった。

この旅行記のタグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ノルウェーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ノルウェー最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ノルウェーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集