寸又峡温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日本の絶景スポットの旅へ<br />今回は静岡にある寸又峡と三保の松原観光に行ってきました。<br />朝7:00神奈川の家を出発して、10:00位に寸又峡夢の大橋に到着。<br />

寸又峡絶景スポット

102いいね!

2014/05/17 - 2014/05/17

3位(同エリア189件中)

旅行記グループ 47都道府県の旅(東海編)

2

25

この旅行記のスケジュール

日本の絶景スポットの旅へ
今回は静岡にある寸又峡と三保の松原観光に行ってきました。
朝7:00神奈川の家を出発して、10:00位に寸又峡夢の大橋に到着。

同行者
家族旅行
交通手段
自家用車
旅行の満足度
4.0

PR

  • 神奈川から車で静岡へ<br />朝早く出発したこともあり高速は空いていました。<br />高速を下りてから寸又峡へは車が一台通るのがやっとの山道を進んでいきます<br /><br />

    神奈川から車で静岡へ
    朝早く出発したこともあり高速は空いていました。
    高速を下りてから寸又峡へは車が一台通るのがやっとの山道を進んでいきます

  • 写真は寸又峡夢の大橋に行く道にある足湯です<br />皆さん朝から休憩タイムです<br />

    写真は寸又峡夢の大橋に行く道にある足湯です
    皆さん朝から休憩タイムです

  • 観光案内所にある水車です。<br />ここで、駐車場情報を確認しました。<br /><br />駐車場は夢の大橋の手前にある郵便局の前に10台位車が止めれるスペースがありました。時間も10時なので早めに駐車場へ移動すると、自分が駐車して駐車場は満車です。

    観光案内所にある水車です。
    ここで、駐車場情報を確認しました。

    駐車場は夢の大橋の手前にある郵便局の前に10台位車が止めれるスペースがありました。時間も10時なので早めに駐車場へ移動すると、自分が駐車して駐車場は満車です。

  • 駐車場から夢の大橋まで歩いて徒歩10分くらいです。<br />途中天子のトンネルを歩いていきます<br /><br />なんでトンネルの名前が天子なのかは最後まで分かりませんでした・・・

    駐車場から夢の大橋まで歩いて徒歩10分くらいです。
    途中天子のトンネルを歩いていきます

    なんでトンネルの名前が天子なのかは最後まで分かりませんでした・・・

  • 天子のトンネルを超えると夢の大橋がだんだん見えてきました。<br />以前パソコンで見たときはあまりの川の青さに嘘くさいと思っていましたが、あまりの美しさに一寸感動しました。

    イチオシ

    天子のトンネルを超えると夢の大橋がだんだん見えてきました。
    以前パソコンで見たときはあまりの川の青さに嘘くさいと思っていましたが、あまりの美しさに一寸感動しました。

  • 夢の吊り橋です。<br />一度に10人しか渡れません。<br />意外に高さも低いので、高所恐怖症の私でも平気でした。

    イチオシ

    夢の吊り橋です。
    一度に10人しか渡れません。
    意外に高さも低いので、高所恐怖症の私でも平気でした。

    夢の吊り橋 名所・史跡

  • 橋の真ん中からの光景です。<br />後で地元の人に聞いたところ橋の真ん中で願い事をすると叶うという言い伝えがあるそうです。<br /><br />

    橋の真ん中からの光景です。
    後で地元の人に聞いたところ橋の真ん中で願い事をすると叶うという言い伝えがあるそうです。

  • 橋を渡る前に教えてほしかった・・・・<br />願い事は特にありませんが・・

    橋を渡る前に教えてほしかった・・・・
    願い事は特にありませんが・・

  • 橋を渡った後に、展望台まで登るコースがあります。<br />階段は300段程度ありますので、足腰の弱い方には登るのは難しいです。<br />

    橋を渡った後に、展望台まで登るコースがあります。
    階段は300段程度ありますので、足腰の弱い方には登るのは難しいです。

  • こちらは展望台にある列車です。<br />展望台からの眺めは・・・あまり良くありませんでした。

    こちらは展望台にある列車です。
    展望台からの眺めは・・・あまり良くありませんでした。

  • のんびりと来た道を引き返します

    のんびりと来た道を引き返します

  • それにしても清々しい天気と景色

    それにしても清々しい天気と景色

  • お昼御飯は、駐車場から夢の大橋に向かう途中にあったお店で、食べました。<br />

    お昼御飯は、駐車場から夢の大橋に向かう途中にあったお店で、食べました。

  • ここのお店の売りは鹿刺しだそうですが、北海道で食べたシカ肉を思い出してここは無難にわさび蕎麦を注文。<br />わさび蕎麦は、ものすごく冷やした汁の中に山葵を盛ったお蕎麦です

    ここのお店の売りは鹿刺しだそうですが、北海道で食べたシカ肉を思い出してここは無難にわさび蕎麦を注文。
    わさび蕎麦は、ものすごく冷やした汁の中に山葵を盛ったお蕎麦です

  • 寸又峡を12:00位に出発し、三保ノ松原に向かいます。<br />来た道同様やはり車が通れる道幅は1台分が精一杯です。<br />各コーナー毎に対向車とすれ違えるように道幅が一寸広くなっているのが<br />せめてもの救いです

    寸又峡を12:00位に出発し、三保ノ松原に向かいます。
    来た道同様やはり車が通れる道幅は1台分が精一杯です。
    各コーナー毎に対向車とすれ違えるように道幅が一寸広くなっているのが
    せめてもの救いです

  • 三保ノ松原に到着です<br />ここは羽衣伝説の場所だそうです。<br />到着してから知りました・・・<br /><br />今植えられている松は2代目の松だそうです。<br />

    三保ノ松原に到着です
    ここは羽衣伝説の場所だそうです。
    到着してから知りました・・・

    今植えられている松は2代目の松だそうです。

  • 海ではアジサシが魚を捕るために海に向かって直角に入っている姿もありました。

    海ではアジサシが魚を捕るために海に向かって直角に入っている姿もありました。

  • 三保ノ松原は富士山を眺める絶景スポットとして有名ですが、生憎富士山の山頂は雲で覆われていました。

    三保ノ松原は富士山を眺める絶景スポットとして有名ですが、生憎富士山の山頂は雲で覆われていました。

  • この日の朝見たときは雲一つかかっていなかっただけに残念です。<br />

    この日の朝見たときは雲一つかかっていなかっただけに残念です。

  • 三保の松原は有名なスポットですが、観光客は多いものの周りの施設はぱっとしない印象でした<br />

    三保の松原は有名なスポットですが、観光客は多いものの周りの施設はぱっとしない印象でした

    三保松原 自然・景勝地

    三保の松原って羽衣伝説の場所だったんですね by ひろさん
  • 今回は夢の大橋の絶景と高所恐怖所を克服すべく比較的低い吊り橋に挑戦してみてちょっと自信をつけることができました

    今回は夢の大橋の絶景と高所恐怖所を克服すべく比較的低い吊り橋に挑戦してみてちょっと自信をつけることができました

102いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

47都道府県の旅(東海編)

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • 潮来メジロさん 2014/05/27 21:25:39
    アジサシですね。ヾ(^o^)
    ひろさん、こんばんは! ヾ(^o^)
    毎度、訪問&投票ありがとうございました。

    > 海ではカモメが魚を捕るために海に向かって直角に入っている姿もありました。

    この鳥さんは、カモメではありませんよ〜。(^_^;
    アジサシ(鯵刺)のようです。
    この鳥さんの尾羽が、ツバメの尾羽のように深い切れ込みがありますよね。
    そして、アジサシはこの写真のように急降下して水面付近の魚を捕まえます。

    カモメの尾羽は扇のような形で、深い切れ込みはありません。
    まぁ、アジサシもカモメ科の鳥さんなので、当たらずとも遠からずです。

    ではまた・・・。(^o^)/~~~
      (潮来メジロ)

    ひろ

    ひろさん からの返信 2014/05/27 22:33:46
    RE: アジサシですね。ヾ(^o^)
    潮来メジロさん
    こんばんは

    訪問ありがとうございます。
    鯵刺なんですね。
    勉強になります。
    カモメ科アジサシ族ですね( ..)φメモメモメモ

    早速訂正しておきます。
    いつもご指摘ありがとうございます

ひろさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集