ガイランゲルフィヨルド周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2013年夏、相棒が数年前から行きたいと言い続けてきたノルウェーを旅しました。<br /><br />旅の一番の目的はフィヨルド・ハイキングと氷河ウォーク。<br />フィヨルド地方の夏(8月)は1年の中でも雨量の多い時期。<br />そんな時期に旅をして、果たして目的が達成できるのか旅行前は不安もありましたが、前後の行動の入れ替えが可能な日程としていたので、多少の雨でも十分楽しむことができました。<br /><br />今回のノルウェーへの旅は、旅行準備段階から波乱万丈。<br />SAS(スカンジナビア航空)の航空券を購入したのが昨年の11月。そしてSASから、搭乗予定便が旅行会社の専用機に変更となったのでキャンセルになると告げられたのが、今年の2月。<br />SASのホームページから予約した正規割引航空券なのに、後から名乗りを上げた旅行会社にチャーター便として乗っ取られるなんて、ひどすぎる!!!と憤慨しましたが、乗る飛行機が無くなってしまったのでは仕方がありません。予定をシフトさせて旅程を組みなおしました。<br /><br />今回のノルウェーの旅はオスローinベルゲンoutのレンタカー・ドライブ9日間の日程です。<br />巡るフィヨルドはガイランゲル・フィヨルドと、ゾグネ・フィヨルドの2か所に絞り込み、ゆったりとノルウェーの自然を堪能する予定でしたが、ノルウェーの妖精トロルが転がすサイコロの目はそうは簡単には“あがり”へとは進んでくれませんでした。<br /><br />まず、旅の初日からドキドキ!な出来事が…。<br />慣れないマニュアル車の運転に疲れ果て、やっとの思いでたどり着いたホテルのレセプションは到着10分前に営業終了。ホテルの入口には鍵がかけられ、中に入ることができません…でした。<br />そして旅の4日目には、旅の主要なルートであるGudvangenトンネルでトレーラー事故と火災が発生し、トンネルが来週まで不通という情報を入手しました。Gudvangenトンネルが使えないとなるとその先の旅程の続行は不可能です。旅の後半の予定を白紙に戻し、ホテルのキャンセル・再予約、ルート立て直しを余儀なくされました。<br /><br />また、ノルウェーは物価が日本の約3倍という旅行者にとってはかなり厳しい国です。<br />500mLの清涼飲料水が庶民スーパー(Coop)の価格で320円、小さな惣菜パンが360〜720円とかなりお高め。<br />町の小さな食堂で軽い食事をしても、一人当たり3600円は軽く超えてしまうという国。<br />安く!楽しく!安全に!をモットーに旅行をしている私たちには、なかなか手ごわい国でした。<br /><br />そんなノルウェーを、父・母・娘の3人で旅した白夜のFjord(フィヨルド)ドライブの1日目・2日目を、現地の物価・ドライブ情報等を交えながら旅行記として紹介します。<br /><br />☆8/2 成田−コペンハーゲン−オスロ−リレハンメル<br />☆8/3 トロルスティンゲン<br />・8/4 ガイランゲル フィヨルド・ハイキング<br />・8/5 ガイランゲル・フィヨルド・クルーズ、 ブリクスダール氷河・ハイキング<br />・8/6 ボルグン・スターヴ教会<br />・8/7 ジョステダール氷河トレッキング<br />・8/8 アウルラン・フィヨルド ネーロイ・フィヨルド・クルーズ<br />・8/9 ベルゲン街歩き<br />・8/10 ベルゲン−コペンハーゲン−成田(8/11)<br /><br />旅行記紹介<br />☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★<br />〈1〉航空機乗っ取り事件から始まった家族旅行<br />http://4travel.jp/travelogue/10801905<br />〈2〉碧のフィヨルド・ハイキング☆絶景ポイント大公開!<br />http://4travel.jp/travelogue/10802910<br />〈3〉氷河の色って青かった!?温暖化の影響でトレックできない!!<br />http://4travel.jp/travelogue/10803420<br />〈4〉マンモスが歩きし氷河谷を散歩〜Jostedal氷河トレッキング<br />http://4travel.jp/travelogue/10804012<br />〈5〉瑠璃色のフィヨルドを巡る☆宿を訪ねて200km!<br />http://4travel.jp/travelogue/10805609<br />〈6〉トロルの足跡を辿ってベルゲン街歩き♪<br />http://4travel.jp/travelogue/10807459<br />☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★<br />

航空機乗っ取りから始まったノルウェー家族旅行! 到着初日なのに、ホテルに入れない!! 【白夜のFjord 1600kmドライブ〈1〉】

169いいね!

2013/08/02 - 2013/08/11

1位(同エリア148件中)

ウェンディ

ウェンディさん

2013年夏、相棒が数年前から行きたいと言い続けてきたノルウェーを旅しました。

旅の一番の目的はフィヨルド・ハイキングと氷河ウォーク。
フィヨルド地方の夏(8月)は1年の中でも雨量の多い時期。
そんな時期に旅をして、果たして目的が達成できるのか旅行前は不安もありましたが、前後の行動の入れ替えが可能な日程としていたので、多少の雨でも十分楽しむことができました。

今回のノルウェーへの旅は、旅行準備段階から波乱万丈。
SAS(スカンジナビア航空)の航空券を購入したのが昨年の11月。そしてSASから、搭乗予定便が旅行会社の専用機に変更となったのでキャンセルになると告げられたのが、今年の2月。
SASのホームページから予約した正規割引航空券なのに、後から名乗りを上げた旅行会社にチャーター便として乗っ取られるなんて、ひどすぎる!!!と憤慨しましたが、乗る飛行機が無くなってしまったのでは仕方がありません。予定をシフトさせて旅程を組みなおしました。

今回のノルウェーの旅はオスローinベルゲンoutのレンタカー・ドライブ9日間の日程です。
巡るフィヨルドはガイランゲル・フィヨルドと、ゾグネ・フィヨルドの2か所に絞り込み、ゆったりとノルウェーの自然を堪能する予定でしたが、ノルウェーの妖精トロルが転がすサイコロの目はそうは簡単には“あがり”へとは進んでくれませんでした。

まず、旅の初日からドキドキ!な出来事が…。
慣れないマニュアル車の運転に疲れ果て、やっとの思いでたどり着いたホテルのレセプションは到着10分前に営業終了。ホテルの入口には鍵がかけられ、中に入ることができません…でした。
そして旅の4日目には、旅の主要なルートであるGudvangenトンネルでトレーラー事故と火災が発生し、トンネルが来週まで不通という情報を入手しました。Gudvangenトンネルが使えないとなるとその先の旅程の続行は不可能です。旅の後半の予定を白紙に戻し、ホテルのキャンセル・再予約、ルート立て直しを余儀なくされました。

また、ノルウェーは物価が日本の約3倍という旅行者にとってはかなり厳しい国です。
500mLの清涼飲料水が庶民スーパー(Coop)の価格で320円、小さな惣菜パンが360〜720円とかなりお高め。
町の小さな食堂で軽い食事をしても、一人当たり3600円は軽く超えてしまうという国。
安く!楽しく!安全に!をモットーに旅行をしている私たちには、なかなか手ごわい国でした。

そんなノルウェーを、父・母・娘の3人で旅した白夜のFjord(フィヨルド)ドライブの1日目・2日目を、現地の物価・ドライブ情報等を交えながら旅行記として紹介します。

☆8/2 成田−コペンハーゲン−オスロ−リレハンメル
☆8/3 トロルスティンゲン
・8/4 ガイランゲル フィヨルド・ハイキング
・8/5 ガイランゲル・フィヨルド・クルーズ、 ブリクスダール氷河・ハイキング
・8/6 ボルグン・スターヴ教会
・8/7 ジョステダール氷河トレッキング
・8/8 アウルラン・フィヨルド ネーロイ・フィヨルド・クルーズ
・8/9 ベルゲン街歩き
・8/10 ベルゲン−コペンハーゲン−成田(8/11)

旅行記紹介
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
〈1〉航空機乗っ取り事件から始まった家族旅行
http://4travel.jp/travelogue/10801905
〈2〉碧のフィヨルド・ハイキング☆絶景ポイント大公開!
http://4travel.jp/travelogue/10802910
〈3〉氷河の色って青かった!?温暖化の影響でトレックできない!!
http://4travel.jp/travelogue/10803420
〈4〉マンモスが歩きし氷河谷を散歩〜Jostedal氷河トレッキング
http://4travel.jp/travelogue/10804012
〈5〉瑠璃色のフィヨルドを巡る☆宿を訪ねて200km!
http://4travel.jp/travelogue/10805609
〈6〉トロルの足跡を辿ってベルゲン街歩き♪
http://4travel.jp/travelogue/10807459
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
家族旅行
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー

PR

  • 北欧への玄関であるコペンハーゲンには、成田から約11時間。<br />そして、今回のノルウェーの旅は、初めてのSAS(スカンジナビア航空)の利用。<br />初めての航空会社と初めての空港にちょっとワクワクしながらの旅立ち。<br /><br />SASはデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの3国が出資する航空会社。<br />飛行機の中で興味深いと思ったのは、機内でのCAの紹介の機長のアナウンス。<br />通常、機長が「デンマーク人何名、ノルウェー人何名…のCAが乗務しています」と乗務員を紹介するのだが、SASの紹介は少し変わっていて、「スカンジナビア人何名、日本人何名…」と紹介していた。<br />デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの三国の乗務員をまとめてスカンジナビア人と表すアナウンス、3国の結びつきの強さが表われていた。<br /><br />乗り継ぎ地のコペンハーゲンに到着後、イミグレに並ぶ。<br />何処へ行くとも聞かれずに、入国印がポンっとパスポートに押された。<br /><br />コペンハーゲン空港はガラス窓が多用されていて、自然の採光が多く取り入れられている解放感溢れる空港。<br />SASのカウンターのある空間(写真)は、透明な青いガラスから降り注ぐ北国の柔らかい太陽光が室内に舞い降り、とても気持ちが落ち着く場所。<br /><br />この写真の空間は、うろうろと歩き廻ったコペンハーゲン空港の中でもお気に入りの場所。

    北欧への玄関であるコペンハーゲンには、成田から約11時間。
    そして、今回のノルウェーの旅は、初めてのSAS(スカンジナビア航空)の利用。
    初めての航空会社と初めての空港にちょっとワクワクしながらの旅立ち。

    SASはデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの3国が出資する航空会社。
    飛行機の中で興味深いと思ったのは、機内でのCAの紹介の機長のアナウンス。
    通常、機長が「デンマーク人何名、ノルウェー人何名…のCAが乗務しています」と乗務員を紹介するのだが、SASの紹介は少し変わっていて、「スカンジナビア人何名、日本人何名…」と紹介していた。
    デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの三国の乗務員をまとめてスカンジナビア人と表すアナウンス、3国の結びつきの強さが表われていた。

    乗り継ぎ地のコペンハーゲンに到着後、イミグレに並ぶ。
    何処へ行くとも聞かれずに、入国印がポンっとパスポートに押された。

    コペンハーゲン空港はガラス窓が多用されていて、自然の採光が多く取り入れられている解放感溢れる空港。
    SASのカウンターのある空間(写真)は、透明な青いガラスから降り注ぐ北国の柔らかい太陽光が室内に舞い降り、とても気持ちが落ち着く場所。

    この写真の空間は、うろうろと歩き廻ったコペンハーゲン空港の中でもお気に入りの場所。

  • コペンハーゲンの空港で面白いものを発見!<br />それは、人魚姫の像のレプリカ。<br />さらっと見てしまえばただの人魚姫の像。<br />でも、この人魚姫の像は私の人魚姫のイメージを打ち砕くものだった。<br /><br />この可憐な像の何が、私のイメージを打ち砕いたのか…?<br />それは、人魚姫の彫像の腰から下の部分。<br />私の人魚姫のイメージは、腰から下は魚の形となり、いるかのように優雅に泳ぐ人魚の姿。<br />しかし、コペンハーゲン空港の人魚姫には二本の脚があった。<br /><br />正確に表現するならば、人魚姫には二本の脚があり、彼女の足首から先がヒレとなっていた。<br />彫像として見ればとても優雅で素敵なのだが、二本の脚とその先のヒレを使って泳ぐ姿を想像するとかなり微妙なイメージとなる。<br /><br />バタ足で泳ぐ人魚姫、平泳ぎのカエル足で泳ぐ人魚姫…優雅さに欠けると思う。

    コペンハーゲンの空港で面白いものを発見!
    それは、人魚姫の像のレプリカ。
    さらっと見てしまえばただの人魚姫の像。
    でも、この人魚姫の像は私の人魚姫のイメージを打ち砕くものだった。

    この可憐な像の何が、私のイメージを打ち砕いたのか…?
    それは、人魚姫の彫像の腰から下の部分。
    私の人魚姫のイメージは、腰から下は魚の形となり、いるかのように優雅に泳ぐ人魚の姿。
    しかし、コペンハーゲン空港の人魚姫には二本の脚があった。

    正確に表現するならば、人魚姫には二本の脚があり、彼女の足首から先がヒレとなっていた。
    彫像として見ればとても優雅で素敵なのだが、二本の脚とその先のヒレを使って泳ぐ姿を想像するとかなり微妙なイメージとなる。

    バタ足で泳ぐ人魚姫、平泳ぎのカエル足で泳ぐ人魚姫…優雅さに欠けると思う。

  • コペンハーゲン空港の乗り継ぎエリアにはお土産屋さんと免税品屋さん。<br />そして、柱には赤いポスト。<br /><br />空港の中にポストがあれば便利だけれど、近くに郵便局や切手を売っていそうな場所はない。<br />手紙を出したい人は、どこで切手を入手するのだろか。

    コペンハーゲン空港の乗り継ぎエリアにはお土産屋さんと免税品屋さん。
    そして、柱には赤いポスト。

    空港の中にポストがあれば便利だけれど、近くに郵便局や切手を売っていそうな場所はない。
    手紙を出したい人は、どこで切手を入手するのだろか。

  • 北欧の空港だけあり、空港のカート(写真)もデザイン性が高い。<br />大きな荷物は載せられないが、手荷物を乗せるには十分なサイズのカート。<br /><br />曲線デザインが、北欧らしさを醸し出している。<br />

    北欧の空港だけあり、空港のカート(写真)もデザイン性が高い。
    大きな荷物は載せられないが、手荷物を乗せるには十分なサイズのカート。

    曲線デザインが、北欧らしさを醸し出している。

  • 写真は、空港内にあるジュース・スタンドのJOE &amp; THE JUICE。<br />ここのフレッシュジュースは新鮮で美味しいと有名なのだけど、この時はお腹いっぱいでジュースの入る別腹の準備が出来なかった。<br />次回、訪れる時は、飲んでみたい。<br /><br />空港の中にはスタバもある。<br />スタバの価格はその国の経済指標を示す物の一つだが、コペンハーゲンではエスプレッソが5ユーロ位。<br />デンマークもそれなりに物価の高い国らしい。

    写真は、空港内にあるジュース・スタンドのJOE & THE JUICE。
    ここのフレッシュジュースは新鮮で美味しいと有名なのだけど、この時はお腹いっぱいでジュースの入る別腹の準備が出来なかった。
    次回、訪れる時は、飲んでみたい。

    空港の中にはスタバもある。
    スタバの価格はその国の経済指標を示す物の一つだが、コペンハーゲンではエスプレッソが5ユーロ位。
    デンマークもそれなりに物価の高い国らしい。

  • 日本からの所要時間約14時間で、白夜の国ノルウェーへ到着。<br />ノルウェーでの入国審査はなく、飛行機を降りたらそのまま荷物の受け取りへ。<br /><br />この時間帯(19:00)は、オスロー空港への飛行機の到着時間が重なった様で、ターンテーブルの周りは人だかり。<br />荷物を受け取るのに30分以上の待ち時間。<br /><br />荷物を受け取り、レンタカー受付へ急ぐ。<br />Hertzのカウンターで手続き後に、駐車場へと向かう。<br />大きめの車種の方が乗り心地が良いことは分かっていたが、予算の関係で今回はコンパクト車と選択。<br /><br />しかし、これは結果的には大正解。<br />ノルウェーのフィヨルド地方は、車道も細く対向車との擦れ違いがギリギリな場所が多い。しかも、現地の車は、細い山道でも80km/hrのスピードでカーブに突進してくる。<br />もし、mediumサイズのクルマを借りていたら、細い道での擦れ違いの度に結構苦労の連続だったに違いない。<br /><br />そして、驚いたのが、燃料。レンタカーの燃料は、なんと軽油。<br /><br />私の勝手なイメージでは、ノルウェーは環境汚染等に非常に気を使っている国だった筈なのだが、街中を走る車もディーゼル車が多く、黒い排煙を出す車の多さにビックリ。

    日本からの所要時間約14時間で、白夜の国ノルウェーへ到着。
    ノルウェーでの入国審査はなく、飛行機を降りたらそのまま荷物の受け取りへ。

    この時間帯(19:00)は、オスロー空港への飛行機の到着時間が重なった様で、ターンテーブルの周りは人だかり。
    荷物を受け取るのに30分以上の待ち時間。

    荷物を受け取り、レンタカー受付へ急ぐ。
    Hertzのカウンターで手続き後に、駐車場へと向かう。
    大きめの車種の方が乗り心地が良いことは分かっていたが、予算の関係で今回はコンパクト車と選択。

    しかし、これは結果的には大正解。
    ノルウェーのフィヨルド地方は、車道も細く対向車との擦れ違いがギリギリな場所が多い。しかも、現地の車は、細い山道でも80km/hrのスピードでカーブに突進してくる。
    もし、mediumサイズのクルマを借りていたら、細い道での擦れ違いの度に結構苦労の連続だったに違いない。

    そして、驚いたのが、燃料。レンタカーの燃料は、なんと軽油。

    私の勝手なイメージでは、ノルウェーは環境汚染等に非常に気を使っている国だった筈なのだが、街中を走る車もディーゼル車が多く、黒い排煙を出す車の多さにビックリ。

  • 20:30、夕焼けの景色の中をリレハンメルへ向けて出発!<br />E6号線を目指して走っていてはずが、気が付いたら、のどかな田舎の風景が広がる道。<br />さすがに、この道は間違っているだろうとUターンをして15分ほど戻り、正しく交差点へ入り、E6号線へと向かう。<br /><br />リレハンメルまでは、約146km。<br />すんなりいけば、2時間位で今晩の宿泊地リレハンメルに着く予定だった。<br /><br />旅の相棒の日本でのクルマはオートマ車。<br />しかし、今回のノルウェーでのレンタカーはマニュアル車。<br />マニュアル車は20年ぶりという彼の初日の運転は、いつもは車に乗ると3分で寝てしまう娘が「怖くて眠れない…」と呟く程アトラクションさながらのモノ。<br />坂道で何度もエンストし、そのたびに半クラッチ・スタート。<br />発進の度、車がズズっと後ろに下がる。<br />初日の運転は、かなり冷や汗ものだった。<br /><br />相棒の名誉のために付け加えておくが、二日目からはエンストすることもなく順調な安全運転。アトラクションさながらの車の旅は、初日だけだった…。

    20:30、夕焼けの景色の中をリレハンメルへ向けて出発!
    E6号線を目指して走っていてはずが、気が付いたら、のどかな田舎の風景が広がる道。
    さすがに、この道は間違っているだろうとUターンをして15分ほど戻り、正しく交差点へ入り、E6号線へと向かう。

    リレハンメルまでは、約146km。
    すんなりいけば、2時間位で今晩の宿泊地リレハンメルに着く予定だった。

    旅の相棒の日本でのクルマはオートマ車。
    しかし、今回のノルウェーでのレンタカーはマニュアル車。
    マニュアル車は20年ぶりという彼の初日の運転は、いつもは車に乗ると3分で寝てしまう娘が「怖くて眠れない…」と呟く程アトラクションさながらのモノ。
    坂道で何度もエンストし、そのたびに半クラッチ・スタート。
    発進の度、車がズズっと後ろに下がる。
    初日の運転は、かなり冷や汗ものだった。

    相棒の名誉のために付け加えておくが、二日目からはエンストすることもなく順調な安全運転。アトラクションさながらの車の旅は、初日だけだった…。

  • 到着予定時刻を30分ほど過ぎた23:10、今日の宿泊地リレハンメル ステーション ホテル&ホステル(Lillerhammer Stasjones Hotel &amp; Hostel)に到着。<br /><br />車を降り、レセプション棟に向かうが、レセプションの前には鉄格子が降りている。どうやら、ここからは中には入れないらしい。仕方なく、ホテル棟へと向かうがホテル棟の扉にも鍵がかかっていて、ドアの前には1枚の張り紙。<br /><br />張り紙には“23時以降に到着の宿泊者は向かいのホテルのレセプションで受付をするように”と書いてあった。<br />あわてて、道路を挟んだ向かいのホテルに向かう。<br />しかし、向かいの古ぼけたホテルの1階のフロアーは、電気が全部消され扉はロックされている。<br />かろうじて2階の窓に明かりが見え、ロック音楽が大音量で聞こえているが、多分、私が大声で叫んでも聞こえないだろう…。<br /><br />絶望的な気分となり、車に戻り、ホテルの周りをウロウロとしていた時、傍のカフェでお酒を飲んでいたおじさんに声をかけられた。<br />藁にもすがる思いで、おじさんにホテルに入れない事情を説明した。<br /><br />おじさんは、私達の窮状を理解してくれ、解決策(正解)を示してくれた。<br />正解とは、私たちのホテルの鍵を預かっている向かいのホテルとは、道路の真向いの古ぼけた暗いホテルではなく、更に坂を上ったところにある高級そうなホテルのことで、そこに行けば多分鍵があるだろう。ということ。<br /><br />そして、その親切なおじさんは、一緒に坂の上のホテルまで行き、ホテルのお姉さんにノルウェー語で事情を説明してくれ、私達は無事にホテルのベットへと辿り着くことができた。<br />(写真:ホテル外観 翌朝に撮影)<br />

    到着予定時刻を30分ほど過ぎた23:10、今日の宿泊地リレハンメル ステーション ホテル&ホステル(Lillerhammer Stasjones Hotel & Hostel)に到着。

    車を降り、レセプション棟に向かうが、レセプションの前には鉄格子が降りている。どうやら、ここからは中には入れないらしい。仕方なく、ホテル棟へと向かうがホテル棟の扉にも鍵がかかっていて、ドアの前には1枚の張り紙。

    張り紙には“23時以降に到着の宿泊者は向かいのホテルのレセプションで受付をするように”と書いてあった。
    あわてて、道路を挟んだ向かいのホテルに向かう。
    しかし、向かいの古ぼけたホテルの1階のフロアーは、電気が全部消され扉はロックされている。
    かろうじて2階の窓に明かりが見え、ロック音楽が大音量で聞こえているが、多分、私が大声で叫んでも聞こえないだろう…。

    絶望的な気分となり、車に戻り、ホテルの周りをウロウロとしていた時、傍のカフェでお酒を飲んでいたおじさんに声をかけられた。
    藁にもすがる思いで、おじさんにホテルに入れない事情を説明した。

    おじさんは、私達の窮状を理解してくれ、解決策(正解)を示してくれた。
    正解とは、私たちのホテルの鍵を預かっている向かいのホテルとは、道路の真向いの古ぼけた暗いホテルではなく、更に坂を上ったところにある高級そうなホテルのことで、そこに行けば多分鍵があるだろう。ということ。

    そして、その親切なおじさんは、一緒に坂の上のホテルまで行き、ホテルのお姉さんにノルウェー語で事情を説明してくれ、私達は無事にホテルのベットへと辿り着くことができた。
    (写真:ホテル外観 翌朝に撮影)

    Lillehammer Stasjonen Hotel & Hostel ホテル

    夜遅くに到着する場合には注意が必要!! / 駅に隣接、共同キッチンあり、鉄道・レンタカー利用者に便利な宿 by ウェンディさん
  • リレハンメル ステーション ホテル&ホステルにはエレベーターがなかった。<br />3階まで重いスーツケースを持って運ぶ。<br />疲れ切っている体には結構コレは重労働。<br /><br />部屋に入ると、目の前にはコの字型にベットが3台。<br />部屋の入り口から、奥のベットまでは、大股で歩いて5歩くらいの距離。<br />シャワーブースを含めても6畳くらいの広さで、スーツケースを床に広げるスペースを確保するのもなかなか難しい。<br /><br />この日は、夜遅くの到着となるので外食は無理。だから、日本からカップ麺を持参したのだが、肝心のお湯を沸かす湯沸しポットが部屋には置いていなかった。<br /><br />疲れ果てている上に、空腹。<br />ぐぅ〜となるお腹を抱えて眠ったノルウェー初日の夜となった。<br /><br />このホテルは☆☆で宿泊料金はトリプル(朝食付き)で1050NOK(ノルウェークローネ)(約18900円)。<br />

    リレハンメル ステーション ホテル&ホステルにはエレベーターがなかった。
    3階まで重いスーツケースを持って運ぶ。
    疲れ切っている体には結構コレは重労働。

    部屋に入ると、目の前にはコの字型にベットが3台。
    部屋の入り口から、奥のベットまでは、大股で歩いて5歩くらいの距離。
    シャワーブースを含めても6畳くらいの広さで、スーツケースを床に広げるスペースを確保するのもなかなか難しい。

    この日は、夜遅くの到着となるので外食は無理。だから、日本からカップ麺を持参したのだが、肝心のお湯を沸かす湯沸しポットが部屋には置いていなかった。

    疲れ果てている上に、空腹。
    ぐぅ〜となるお腹を抱えて眠ったノルウェー初日の夜となった。

    このホテルは☆☆で宿泊料金はトリプル(朝食付き)で1050NOK(ノルウェークローネ)(約18900円)。

  • 翌朝、5:00に起床。<br />外は曇り空。<br />今朝の出発予定は8:00、朝食は7:30〜なので、朝食までの時間を散歩に出る。<br />白夜なので、夜明けは朝の4時前。朝の5時でも、外は十分に明るい。<br /><br />まずは、ホテル内の散歩から。<br />階段を下り2階に行くと、Kitchenの看板があった。<br />看板が示す部屋に入ると、そこには共同キッチン。<br />昨晩、これに気が付いていれば、お湯を沸かして夕食が食べられたのに…。<br />疲れたり慌てたりしていると、見えているはずの物も見落としてしまう。

    翌朝、5:00に起床。
    外は曇り空。
    今朝の出発予定は8:00、朝食は7:30〜なので、朝食までの時間を散歩に出る。
    白夜なので、夜明けは朝の4時前。朝の5時でも、外は十分に明るい。

    まずは、ホテル内の散歩から。
    階段を下り2階に行くと、Kitchenの看板があった。
    看板が示す部屋に入ると、そこには共同キッチン。
    昨晩、これに気が付いていれば、お湯を沸かして夕食が食べられたのに…。
    疲れたり慌てたりしていると、見えているはずの物も見落としてしまう。

  • ホテルの外に散歩に出る。<br />気温は半袖では、少し肌寒い位。<br /><br />ホテルの隣にはリレハンメル駅。<br />この時間、ホームには無人の電車が止まっていた。<br /><br />そして、始発電車に乗る乗客も、駅舎に集まってきていた。<br />

    ホテルの外に散歩に出る。
    気温は半袖では、少し肌寒い位。

    ホテルの隣にはリレハンメル駅。
    この時間、ホームには無人の電車が止まっていた。

    そして、始発電車に乗る乗客も、駅舎に集まってきていた。

  • 現在のリレハンメル駅、建て替えられたのはそんなに古くはないが、実は創立当時の姿を再現するように作られている。<br /><br />最初に建築されたリレハンメル駅の写真が飾ってあった。<br />

    現在のリレハンメル駅、建て替えられたのはそんなに古くはないが、実は創立当時の姿を再現するように作られている。

    最初に建築されたリレハンメル駅の写真が飾ってあった。

  • リレハンメル駅から5分ほど坂道を登ると、そこには教会があった。<br />まだ、朝早い為、教会の中には入れないが、とりあえず近くに行ってみる。<br /><br />海外の墓地は、墓碑の丈も低く、周りが緑の芝生で覆われているせいか、全然怖さを感じない。<br />墓碑の前には、お花が植えられ、故人に対するメッセージも書かれている。<br />

    リレハンメル駅から5分ほど坂道を登ると、そこには教会があった。
    まだ、朝早い為、教会の中には入れないが、とりあえず近くに行ってみる。

    海外の墓地は、墓碑の丈も低く、周りが緑の芝生で覆われているせいか、全然怖さを感じない。
    墓碑の前には、お花が植えられ、故人に対するメッセージも書かれている。

  • 7:30 待ちに待った朝食の時間。<br />オープンと共に駅のカフェ(朝食場所は駅のカフェ)に入る。<br />スモークサーモンに魚と野菜のピクルス、そしてフレッシュ・ジュースと、予想以上にビュッフェ・メニューは豊富。<br /><br />昨晩の空腹感を打ち消すように、朝からサーモン・サンドを作り、モリモリ頬張る食欲旺盛なウェンディ一家。<br />きっと、あの場にいたどの家族よりも美味しそうに・嬉しそうに食事を頬張っていたに違いない。<br /><br />ノルウェーのホテルは、朝食込の料金となっていることが多い。<br />そして、朝食にはたいていサーモンやお魚のピクルスが沢山つき、朝ご飯をしっかり食べれば1日の栄養の2/3は摂取できそう。<br /><br />でも、朝食だけでは、足りない栄養素もある。<br />それはビタミンC。<br />朝食には、オレンジやメロン等の果物は付くが、青物野菜、特に生野菜はほとんど見かけなかった。<br />北国であるこの国では生野菜は高級品なのかもしれない。

    7:30 待ちに待った朝食の時間。
    オープンと共に駅のカフェ(朝食場所は駅のカフェ)に入る。
    スモークサーモンに魚と野菜のピクルス、そしてフレッシュ・ジュースと、予想以上にビュッフェ・メニューは豊富。

    昨晩の空腹感を打ち消すように、朝からサーモン・サンドを作り、モリモリ頬張る食欲旺盛なウェンディ一家。
    きっと、あの場にいたどの家族よりも美味しそうに・嬉しそうに食事を頬張っていたに違いない。

    ノルウェーのホテルは、朝食込の料金となっていることが多い。
    そして、朝食にはたいていサーモンやお魚のピクルスが沢山つき、朝ご飯をしっかり食べれば1日の栄養の2/3は摂取できそう。

    でも、朝食だけでは、足りない栄養素もある。
    それはビタミンC。
    朝食には、オレンジやメロン等の果物は付くが、青物野菜、特に生野菜はほとんど見かけなかった。
    北国であるこの国では生野菜は高級品なのかもしれない。

  • リレハンメルを8:00に出発。<br />残念ながら、雨がポツリ・ポツリとフロントガラスに当たる。<br /><br />リレハンメルを出発してしばらくは、緑の牧草地に、黒い森の風景が続く。<br />行きかう車も少ない。<br /><br />道路の前方を何かがユックリ歩いていた。<br />道路を歩いていたのは、メスのヘラジカ。<br />角はないもののヘラジカ特有のどっしりとした体つき。<br /><br />彼女の雄姿に見とれてしまったので、写真を撮るのを忘れてしまった。<br /><br />そして、これが、この旅での最初で最後のヘラジカとの出会い。

    リレハンメルを8:00に出発。
    残念ながら、雨がポツリ・ポツリとフロントガラスに当たる。

    リレハンメルを出発してしばらくは、緑の牧草地に、黒い森の風景が続く。
    行きかう車も少ない。

    道路の前方を何かがユックリ歩いていた。
    道路を歩いていたのは、メスのヘラジカ。
    角はないもののヘラジカ特有のどっしりとした体つき。

    彼女の雄姿に見とれてしまったので、写真を撮るのを忘れてしまった。

    そして、これが、この旅での最初で最後のヘラジカとの出会い。

  • 10:00、Dombas(ドンボス)の街で小休止。<br />ドンボスには、大きなショッピング・モールがあり、その一角にインフォメーション・センターもある。<br />インフォの目印は、この大きいトロルの像(写真)。<br />インフォには、この先のガランゲルでのアクティビティ等のパンフも置いてあった。<br /><br />ここで小休憩。<br />トイレを探したのだが、ノルウェーの観光地、どこに行ってもトイレはコイン式(有料)が多い。使用料は1回10NOK(約180)円。<br />ここのショッピング・モールのトイレも10NOKコインが必要。<br />トイレ1回で、180円ってかなり高い気がする。<br /><br />でも、インフォ脇のスーパー(Coop)の2階に、無料のトイレを発見。<br />そこで、トイレをお借りした。

    10:00、Dombas(ドンボス)の街で小休止。
    ドンボスには、大きなショッピング・モールがあり、その一角にインフォメーション・センターもある。
    インフォの目印は、この大きいトロルの像(写真)。
    インフォには、この先のガランゲルでのアクティビティ等のパンフも置いてあった。

    ここで小休憩。
    トイレを探したのだが、ノルウェーの観光地、どこに行ってもトイレはコイン式(有料)が多い。使用料は1回10NOK(約180)円。
    ここのショッピング・モールのトイレも10NOKコインが必要。
    トイレ1回で、180円ってかなり高い気がする。

    でも、インフォ脇のスーパー(Coop)の2階に、無料のトイレを発見。
    そこで、トイレをお借りした。

  • トイレをお借りするだけでは申し訳ないので、Coopで今日のお昼と、夕食用のサラダを購入。<br />ここでノルウェーの物価を少しだけ紹介。<br /><br />小さいレモンマフィン 4個 26.9NOK(480円)<br />青りんご 3個 10.3NOK(186円)<br />ファンタオレンジ 500mL 18.4NOK(330円)<br />生野菜の詰め合わせ小パック 19.9NOK(360円)<br />ピクルスのビン詰め 15.9NOK(280円)<br />BAEREPOSE 袋 1NOK(18円)<br />PANT ペットボトルのリサイクル費用 1NOK (18円)<br /><br />請求金額は93NOK.<br />上記の金額を合計すると93.4NOK<br />小数点以下の0.4NOKは切り捨てされている。<br /><br />実は、ここドンボスのCoopが今回の旅で立ち寄ったスーパーの中での底値に近かった。<br />同じ商品でも、観光地に近くなると価格が跳ね上がり、ガイランゲルのスーパーでは、リンゴ・生野菜などは2倍以上の値がついていた。

    トイレをお借りするだけでは申し訳ないので、Coopで今日のお昼と、夕食用のサラダを購入。
    ここでノルウェーの物価を少しだけ紹介。

    小さいレモンマフィン 4個 26.9NOK(480円)
    青りんご 3個 10.3NOK(186円)
    ファンタオレンジ 500mL 18.4NOK(330円)
    生野菜の詰め合わせ小パック 19.9NOK(360円)
    ピクルスのビン詰め 15.9NOK(280円)
    BAEREPOSE 袋 1NOK(18円)
    PANT ペットボトルのリサイクル費用 1NOK (18円)

    請求金額は93NOK.
    上記の金額を合計すると93.4NOK
    小数点以下の0.4NOKは切り捨てされている。

    実は、ここドンボスのCoopが今回の旅で立ち寄ったスーパーの中での底値に近かった。
    同じ商品でも、観光地に近くなると価格が跳ね上がり、ガイランゲルのスーパーでは、リンゴ・生野菜などは2倍以上の値がついていた。

  • ドンボスからの道はE136号線へと変わり、今までの穏やかな丘陵地帯は終わり、猛々しい山々の峰が見えてきた。<br /><br />さきほどまでの曇り空も、少しずつ雲が切れ初め、青空が顔を覗かしている。<br /><br />車窓からは古びた教会が見える。

    イチオシ

    ドンボスからの道はE136号線へと変わり、今までの穏やかな丘陵地帯は終わり、猛々しい山々の峰が見えてきた。

    さきほどまでの曇り空も、少しずつ雲が切れ初め、青空が顔を覗かしている。

    車窓からは古びた教会が見える。

  • そして、切り立つ峰々の姿が迫りくる道へと変わった。<br /><br />いよいよラウマ渓谷の始まり。<br /><br />ナイフの様に切り立つ峰がカッコいい。<br />

    そして、切り立つ峰々の姿が迫りくる道へと変わった。

    いよいよラウマ渓谷の始まり。

    ナイフの様に切り立つ峰がカッコいい。

  • 岩山の上からは幾筋もの白い滝が流れ落ち、山肌に大胆な線を描いている。<br /><br />写真ではその迫力を伝えられないのが残念!<br /><br />

    岩山の上からは幾筋もの白い滝が流れ落ち、山肌に大胆な線を描いている。

    写真ではその迫力を伝えられないのが残念!

  • Andalsnes(オンダルスネス)手前で63号線へと入る。<br />いよいよ、ここからが本日の核心、Trollstingen(トロルスティンゲン)だ。<br /><br />トロルスティンゲンとはトロルが作った梯子道と云う意味のノルウェー語で、広く急な山肌に梯子をかけたように道が作られている絶景ルートを指す。<br /><br />道の脇にはバンガローが立ち並び、ノルウェーの人達にとってもこの辺りは避暑地的な場所であることがうかがえる。

    Andalsnes(オンダルスネス)手前で63号線へと入る。
    いよいよ、ここからが本日の核心、Trollstingen(トロルスティンゲン)だ。

    トロルスティンゲンとはトロルが作った梯子道と云う意味のノルウェー語で、広く急な山肌に梯子をかけたように道が作られている絶景ルートを指す。

    道の脇にはバンガローが立ち並び、ノルウェーの人達にとってもこの辺りは避暑地的な場所であることがうかがえる。

  • トロルスティンゲンの山道に入る前に、トロルスティンゲンを下から眺められる展望台で一休み。<br /><br />これから、目の前の急坂を車で登る。<br /><br />私は、内心ドキドキ。<br />坂は急だし、片側は切り立った崖。<br />彼の運転は、昨日に比べたら少しは慣れたのだろうか…。

    トロルスティンゲンの山道に入る前に、トロルスティンゲンを下から眺められる展望台で一休み。

    これから、目の前の急坂を車で登る。

    私は、内心ドキドキ。
    坂は急だし、片側は切り立った崖。
    彼の運転は、昨日に比べたら少しは慣れたのだろうか…。

  • トロルスティンゲンの坂をゆっくりと車が、登り始める。<br /><br />切り立つ峰々が目の前へと迫ってくる。<br />

    トロルスティンゲンの坂をゆっくりと車が、登り始める。

    切り立つ峰々が目の前へと迫ってくる。

  • 大きな滝・小さな滝が車の傍を走り抜ける。

    大きな滝・小さな滝が車の傍を走り抜ける。

  • 途中で、車列が渋滞をおこし、少しだけ坂道停車。<br /><br />車の助手席側からの景色。<br /><br />氷河か削ったU字谷。<br /><br />その昔、ここの場所は氷河で覆われていた。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    途中で、車列が渋滞をおこし、少しだけ坂道停車。

    車の助手席側からの景色。

    氷河か削ったU字谷。

    その昔、ここの場所は氷河で覆われていた。

    トロルスティンゲン 山・渓谷

    崖につきだす展望台から見る氷河が削りだした自然の美 by ウェンディさん
  • そして、運転席側には山頂から流れ落ちる大きな滝。<br /><br />窓を開けていると、滝の飛沫が車の中にまで飛びこんでくる。<br />

    そして、運転席側には山頂から流れ落ちる大きな滝。

    窓を開けていると、滝の飛沫が車の中にまで飛びこんでくる。

  • 道路脇のガードレールは、大きい石が並んでいるだけ。<br /><br />路肩に寄り、タイヤを落とそうものなら、崖の下へまっさかさま。<br /><br />スリル満点(運転のせいもあるけれど)の道だった。<br />

    道路脇のガードレールは、大きい石が並んでいるだけ。

    路肩に寄り、タイヤを落とそうものなら、崖の下へまっさかさま。

    スリル満点(運転のせいもあるけれど)の道だった。

  • 滝の上部が見えてきた。<br /><br />トロルスティンゲンの展望台まで、もうすぐ。<br />

    滝の上部が見えてきた。

    トロルスティンゲンの展望台まで、もうすぐ。

  • 展望台に到着。<br /><br />ドンボスの街からの所要時間は約1時間半。<br /><br />運転手である相棒も、無事に展望台に辿り着けて、かなりホッとした様子。<br />

    展望台に到着。

    ドンボスの街からの所要時間は約1時間半。

    運転手である相棒も、無事に展望台に辿り着けて、かなりホッとした様子。

  • トロルスティンゲンの展望台のあちこちを散策。<br /><br />サクッとみれば15分くらいだけど、せっかく来たのだからと、1時間位かけて、あちこちのポイントから谷を見おろす。<br /><br />トロルスティンゲンの展望台からの絶景。<br />氷河谷の景色が目の前に広がる。

    トロルスティンゲンの展望台のあちこちを散策。

    サクッとみれば15分くらいだけど、せっかく来たのだからと、1時間位かけて、あちこちのポイントから谷を見おろす。

    トロルスティンゲンの展望台からの絶景。
    氷河谷の景色が目の前に広がる。

  • 足元を見ると、今、登ってきたつづら折の坂道が見える。<br /><br />展望台のベンチで、昼食休憩(レモン・マフィンとリンゴ)とし、景色を堪能する。<br />そして、トイレ休憩も忘れない。<br />此処の展望台のトイレは、無料。<br /><br />無料の処をできるだけ活用しなくては…。<br />

    足元を見ると、今、登ってきたつづら折の坂道が見える。

    展望台のベンチで、昼食休憩(レモン・マフィンとリンゴ)とし、景色を堪能する。
    そして、トイレ休憩も忘れない。
    此処の展望台のトイレは、無料。

    無料の処をできるだけ活用しなくては…。

  • トロルスティンゲンの絶景を堪能した後は、ガイランゲル・フィヨルドへと向かう。<br />山の上には、盆地が広がり、小さな水たまり(湖)が沢山。<br />苔むしたような山頂の大地の中を道路が1本走っている。<br /><br />山頂には残雪が白く残り、くすんだ苔色の山肌とのコントラストが美しい。<br /><br />そして、1時間ほどで、麓の街Valdal(ヴァルダル)に到着。<br />実は、このヴァルダルは今の時期は苺が有名。<br />道路脇には、イチゴ農家がさっき摘んだばかりの苺を籠に入れて、産直販売。<br /><br />我が家も、産直販売所で苺を購入。<br />店番をしていたのは中学生くらいの男の子。<br />英語で通じるかな?と心配したけれど、彼らはバリバリの英語を話す。<br />ここではNOKとユーロの両方が使えた。<br /><br />苺の価格は1パック40NOK(720円)。<br />日本よりは高いけれど、物価のベースが異なる国だから仕方がない。<br />夕食のデザートを入手した。

    トロルスティンゲンの絶景を堪能した後は、ガイランゲル・フィヨルドへと向かう。
    山の上には、盆地が広がり、小さな水たまり(湖)が沢山。
    苔むしたような山頂の大地の中を道路が1本走っている。

    山頂には残雪が白く残り、くすんだ苔色の山肌とのコントラストが美しい。

    そして、1時間ほどで、麓の街Valdal(ヴァルダル)に到着。
    実は、このヴァルダルは今の時期は苺が有名。
    道路脇には、イチゴ農家がさっき摘んだばかりの苺を籠に入れて、産直販売。

    我が家も、産直販売所で苺を購入。
    店番をしていたのは中学生くらいの男の子。
    英語で通じるかな?と心配したけれど、彼らはバリバリの英語を話す。
    ここではNOKとユーロの両方が使えた。

    苺の価格は1パック40NOK(720円)。
    日本よりは高いけれど、物価のベースが異なる国だから仕方がない。
    夕食のデザートを入手した。

  • ここからガイランゲル・フィヨルドへ行くためには、渡し船に乗らなければならない。<br />初めての渡し船体験、かなりワクワクする。<br /><br />でも、車の外は大粒の雨が降り出した。せっかくの初渡し船なのに…。<br /><br />船着き場には行先別のレーンがあり、自分の行先のレーンに並ぶ。<br />並んでいると係員が船賃を徴収しにくる。車に乗っている人数を数え、料金を算出する。<br />支払いはNOKのみ。カードの利用もできる。<br /><br />今回の渡し船はLinge-Eidsdalの区間。

    ここからガイランゲル・フィヨルドへ行くためには、渡し船に乗らなければならない。
    初めての渡し船体験、かなりワクワクする。

    でも、車の外は大粒の雨が降り出した。せっかくの初渡し船なのに…。

    船着き場には行先別のレーンがあり、自分の行先のレーンに並ぶ。
    並んでいると係員が船賃を徴収しにくる。車に乗っている人数を数え、料金を算出する。
    支払いはNOKのみ。カードの利用もできる。

    今回の渡し船はLinge-Eidsdalの区間。

  • 車に乗ったまま、フェリーに乗り込む。<br />渡し船の船賃は、大人27NOK,子供13NOK, 乗用車(運転手込)65NOKで105NOK(1890円)<br />この時は初めての渡し船で、高い!と思ったけれど、旅の後半では渡し賃が数万円もするフェリーもあったので、今回の渡し賃は安い方だった。<br /><br />Linge-Eidsdalの区間のフェリーは15分〜30分間隔。<br />船着き場での30分待ちは結構長く感じるので、あらかじめ時刻表を調べておく方が気分的に楽かもしれない。<br /><br />船の時刻表等:http://www.fjord1.no/eng/ferry/ferry-timetables<br />運行区間のマップ等:http://www.ruteinfo.net/frame.aspx?id=11141

    車に乗ったまま、フェリーに乗り込む。
    渡し船の船賃は、大人27NOK,子供13NOK, 乗用車(運転手込)65NOKで105NOK(1890円)
    この時は初めての渡し船で、高い!と思ったけれど、旅の後半では渡し賃が数万円もするフェリーもあったので、今回の渡し賃は安い方だった。

    Linge-Eidsdalの区間のフェリーは15分〜30分間隔。
    船着き場での30分待ちは結構長く感じるので、あらかじめ時刻表を調べておく方が気分的に楽かもしれない。

    船の時刻表等:http://www.fjord1.no/eng/ferry/ferry-timetables
    運行区間のマップ等:http://www.ruteinfo.net/frame.aspx?id=11141

  • 乗船したら、車から降り、船内を歩き回ることもできる。<br /><br />上階には展望室もあり、15分間の短い船旅を楽しめる。<br /><br />勿論、トイレもあるし、船のトイレは無料。<br />

    乗船したら、車から降り、船内を歩き回ることもできる。

    上階には展望室もあり、15分間の短い船旅を楽しめる。

    勿論、トイレもあるし、船のトイレは無料。

  • 船は、Eidsdalに到着し、そのまま63号をガイランゲル・フィヨルドに向けて走る。<br /><br />雨は小雨だが、まだ降り続いている。<br /><br />雨で霞む道の前方に翡翠色に輝く湾が見えてきた!<br /><br />ガイランゲルだ!<br /><br />駐車スペースに車を停め、湾を見下ろす。

    船は、Eidsdalに到着し、そのまま63号をガイランゲル・フィヨルドに向けて走る。

    雨は小雨だが、まだ降り続いている。

    雨で霞む道の前方に翡翠色に輝く湾が見えてきた!

    ガイランゲルだ!

    駐車スペースに車を停め、湾を見下ろす。

  • 63号線は、ガイランゲルの外周を巡る道へと変わる。<br />ところどころに小さな展望台があり、ガイランゲル・フィヨルドが見渡せる。<br /><br />写真のこの場所は、ガラス張りのOrnesvingen展望台。<br />ここからは、7人姉妹の滝の全容がよく見える。<br /><br />実は、このOrnesvingen展望台の裏には、トレイル(現在は正式なトレイルとしては紹介されていない)がある。<br />このトレイル、道が荒れているので万人向けではないが、素晴らしい景色が見える絶景ポイントへと繋がっている。<br /><br />その様子は翌日の旅行記で紹介したい。

    63号線は、ガイランゲルの外周を巡る道へと変わる。
    ところどころに小さな展望台があり、ガイランゲル・フィヨルドが見渡せる。

    写真のこの場所は、ガラス張りのOrnesvingen展望台。
    ここからは、7人姉妹の滝の全容がよく見える。

    実は、このOrnesvingen展望台の裏には、トレイル(現在は正式なトレイルとしては紹介されていない)がある。
    このトレイル、道が荒れているので万人向けではないが、素晴らしい景色が見える絶景ポイントへと繋がっている。

    その様子は翌日の旅行記で紹介したい。

  • ガイランゲルの港が見えてきた。

    ガイランゲルの港が見えてきた。

  • 17:00 ホテルに到着。<br /><br />Eidsdalの船着き場からは約1時間のドライブ。<br /><br />取りあえず、チェックインし、荷物を部屋に置いてくる。<br /><br />雨も上がり、ホテル前からは、ガイランゲルフィヨルドの美しい景色が良く見える。<br /><br />部屋に荷物を置いた後は、インフォメーションセンターへ行き、ハイキングルート等、ガイランゲルで過ごす明日からの1日半の予定を立てる。<br /><br />インフォで、ハイキングルートが簡単に書かれた地図(10NOK)を購入。<br />明日からのハイキングが楽しみ♪

    イチオシ

    17:00 ホテルに到着。

    Eidsdalの船着き場からは約1時間のドライブ。

    取りあえず、チェックインし、荷物を部屋に置いてくる。

    雨も上がり、ホテル前からは、ガイランゲルフィヨルドの美しい景色が良く見える。

    部屋に荷物を置いた後は、インフォメーションセンターへ行き、ハイキングルート等、ガイランゲルで過ごす明日からの1日半の予定を立てる。

    インフォで、ハイキングルートが簡単に書かれた地図(10NOK)を購入。
    明日からのハイキングが楽しみ♪

  • 今日は、近くの展望台へ夕景を見に行く。<br /><br />夕方と云っても、18:00はまだ明るい時間。<br /><br />車で10分ほど登ったところにあるFlydalsjyuvet(フリーダルスユーヴェ)展望台からの景色。<br /><br />空気までが青く見えるような、言葉がでないフィヨルドの景色。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    今日は、近くの展望台へ夕景を見に行く。

    夕方と云っても、18:00はまだ明るい時間。

    車で10分ほど登ったところにあるFlydalsjyuvet(フリーダルスユーヴェ)展望台からの景色。

    空気までが青く見えるような、言葉がでないフィヨルドの景色。

    フリーダルスユーヴェ展望台 散歩・街歩き

    ガイランゲルの町と湾が一望できるFlydalsjuvet(フリーダルスユーヴェ)展望台 夕景がお勧め by ウェンディさん
  • 展望台からは、ガイランゲルの湾が一望できる。

    イチオシ

    展望台からは、ガイランゲルの湾が一望できる。

  • 柔らかい太陽の光が優しくフィヨルドを包み込む。

    柔らかい太陽の光が優しくフィヨルドを包み込む。

  • フィヨルドの景色を堪能した後は、少しだけドライブ。<br />その途中で石の橋を発見。<br />石を積み上げて作られているこの橋、現在も使われている。<br /><br />橋の袂に説明が書いてあったけれど、ノルウェー語なのでチンプンカンプン。<br /><br />でも、古くからの石の橋が今も使われる生活風景は美しいと思う。

    フィヨルドの景色を堪能した後は、少しだけドライブ。
    その途中で石の橋を発見。
    石を積み上げて作られているこの橋、現在も使われている。

    橋の袂に説明が書いてあったけれど、ノルウェー語なのでチンプンカンプン。

    でも、古くからの石の橋が今も使われる生活風景は美しいと思う。

  • 20:00 本日のホテルへと戻る。<br /><br />今日から2泊するのは、フィヨルドに面した、Hotel Geiranger(ホテル・ガイランゲル).<br />相棒のリクエストにお応えして、フィヨルドビューの部屋を予約。<br />お部屋の窓からは、ガイランゲル・フィヨルドが一面に広がる景色。<br />なかなか素敵な眺望のお部屋。<br /><br />ただ、びっくりしたのがベットの広さ。<br />2台のツイン・ベッドと1台のエクストラベッド。<br />この2台のツインベッドの幅がメチャクチャ狭い。<br />小さい子どもを連れていたとしても、とても添い寝なんて出来ない幅。<br />ツインベッドを2台くっつけてセミダブル位の大きさな感じ。<br /><br />このベッドの幅の狭さは、ノルウェーで今回利用した何処のホテル・キャンプ場でも同じ。<br />国土は広くとも山地ばかりのノルウェー。家畜を放牧する場所にだって苦労している。だから、人間が寝る場所のサイズは、必要最小限で十分ということなのだろう。<br />でも、欧米の躰の大きい男性なんかは、このシングルベットでは体がずり落ちてしまいそう…。<br /><br />ホテル・ガイランゲル:☆☆☆でトリプルルーム(ツイン+エクストラベッド)2泊(朝食付き):57,520円<br />

    20:00 本日のホテルへと戻る。

    今日から2泊するのは、フィヨルドに面した、Hotel Geiranger(ホテル・ガイランゲル).
    相棒のリクエストにお応えして、フィヨルドビューの部屋を予約。
    お部屋の窓からは、ガイランゲル・フィヨルドが一面に広がる景色。
    なかなか素敵な眺望のお部屋。

    ただ、びっくりしたのがベットの広さ。
    2台のツイン・ベッドと1台のエクストラベッド。
    この2台のツインベッドの幅がメチャクチャ狭い。
    小さい子どもを連れていたとしても、とても添い寝なんて出来ない幅。
    ツインベッドを2台くっつけてセミダブル位の大きさな感じ。

    このベッドの幅の狭さは、ノルウェーで今回利用した何処のホテル・キャンプ場でも同じ。
    国土は広くとも山地ばかりのノルウェー。家畜を放牧する場所にだって苦労している。だから、人間が寝る場所のサイズは、必要最小限で十分ということなのだろう。
    でも、欧米の躰の大きい男性なんかは、このシングルベットでは体がずり落ちてしまいそう…。

    ホテル・ガイランゲル:☆☆☆でトリプルルーム(ツイン+エクストラベッド)2泊(朝食付き):57,520円

    ホテル ガイランゲル ホテル

    部屋から眺める暮れゆくフィヨルドの景色は最高! by ウェンディさん
  • 部屋の窓からフィヨルドの夕景を眺めながらの夕食。<br />雲が夕陽の色を映しこみ、ほんのり紅色に染まっている。<br /><br />勿論ホテルにもレストランはあるが、そんなところでお食事したら、あっという間に財政破綻するのは目に見えている。<br />今日のホテルは湯沸しポットもあるので、昨日食べられなかったヌードルと、野菜サラダとホテル近くの港のスーパーで買ったパンで夕食。そして、デザートにはお昼に摘みたての新鮮な苺。<br /><br />憧れの景色を眺めることができ、相棒は満足な様子。<br /><br />昨晩の疲れもあり、今日は早めにおやすみなさい。<br /><br />明日は、フィヨルド・ハイキング♪<br /><br />シッカリ寝て、体力を回復しなくっちゃ!!<br /><br />1日目 オスロ空港−リレハンメル 146km 3時間<br />2日目 リレハンメル−トロルスティンゲン―ガイランゲル 350km 9時間(休憩・散策時間込)<br /><br />次の旅行記:http://4travel.jp/travelogue/10802910

    部屋の窓からフィヨルドの夕景を眺めながらの夕食。
    雲が夕陽の色を映しこみ、ほんのり紅色に染まっている。

    勿論ホテルにもレストランはあるが、そんなところでお食事したら、あっという間に財政破綻するのは目に見えている。
    今日のホテルは湯沸しポットもあるので、昨日食べられなかったヌードルと、野菜サラダとホテル近くの港のスーパーで買ったパンで夕食。そして、デザートにはお昼に摘みたての新鮮な苺。

    憧れの景色を眺めることができ、相棒は満足な様子。

    昨晩の疲れもあり、今日は早めにおやすみなさい。

    明日は、フィヨルド・ハイキング♪

    シッカリ寝て、体力を回復しなくっちゃ!!

    1日目 オスロ空港−リレハンメル 146km 3時間
    2日目 リレハンメル−トロルスティンゲン―ガイランゲル 350km 9時間(休憩・散策時間込)

    次の旅行記:http://4travel.jp/travelogue/10802910

169いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (29)

開く

閉じる

  • yukiさん 2013/10/08 13:25:21
    ドライブか〜いいですね!
    ウェンディさん

    今、日付を見て初めて気付きました、
    私たちは同じく今年ノルウェー行きましたね
    ウェンディさんの写真はすごく綺麗です
    同じノルウェーなの?ってもう一回行きたいです
    私は運転できないのでうらやましいです。。。
    しかも家族旅行っていいな〜(^^)/

    ではまた。
    Yuki

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/10/08 21:28:25
    同じシーズンでしたね
    yukiさん こんばんは。

    偶然にも1か月違いのノルウェーでしたね。
    yukiさんが旅した港町・ベルゲンやフロムのフィヨルドを、私も旅してきました。
    北欧独特の切り立つフィヨルドの崖や、なだらかな丘が広がる牧歌的なフィヨルド。
    どこを切り取っても絵になる風景で、物価が高い!以外はとても楽しめる国でした。

    私の旅はyukiさんの旅の様にオシャレな旅にはならず、歩いたり、登ったり…そしてかなりの節約旅行。
    家族旅行は楽しいのですが、夏のトップシーズンは航空券だけでかなりの金額…。
    主婦としては、その後の家計のやり繰りに苦労しています。

    ウェンディ
  • 歩さん 2013/09/19 21:37:54
    フィヨルド最高!
    はじめましてウェンディさん(^_^)
    投票ありがとうございました。

    同じ頃に、ノルウェーに行かれていたのですね。
    私が日本を出発するときに、グドヴァンゲンのトンネル事故の話を聞きました。結果、そのトンネルは使用できず、フェリーを使って渡り、ソグネフィヨルドからグドヴァンゲンまで移動したのです。
    観光シーズン真っ盛りで、ウェンディさんのようにマイカーやレンタカーで観光地をまわられていた方々もたくさん見かけました。観光バスもたくさんいました。そして事故現場もたくさん見ました(-_-;)

    ウェンディさんのフィヨルドの写真はとても素敵ですね。空の色が、普通の青とは違うように感じたのは私だけでしょうか。山の緑が混ざったような、独特の青空で、きれいだなぁと思いました。
    続きの旅行記も読ませていただきます。
    これからもよろしくお願いします。

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/09/19 23:48:06
    RE: フィヨルド最高!
    歩さん こんにちは。 コメントをありがとうございます♪

    グドヴァンゲン・トンネルのトラック事故は私達がノルウェーに到着してから発生したので、私達もこの事故が作った波紋の中に投げ出されてしまい、旅の途中でのルート変更・ホテル変更を余儀なくされ、今回のノルウェーの旅はいつもに増して波乱万丈でした。
    ノルウェーでは英語がかなり通じるので、現地での情報収取もそんなに難しくなかったですが、現代はノットワーク社会。Wi-Fi利用のスマホのみでの限界を感じた旅でもありました。

    ノルウェーの空は、晴れた時の空の高さが凄いですよね。フィヨルドの高い崖の上に広がる抜ける様に青い空。その青は群青色ではなく、そら・いろの青。お天気が良かった日はそんなに多くはなかったのですが、お天気の時にフィヨルドの沿岸に広がる若草色のファームと空色の天の景色を目にしたときは、本当に来てよかった!と思いました。

    空と云えば、白夜の空の色も忘れられない色でした。薄暮の空に残る夕焼けの紅。
    夜遅くなってもなかなか夕焼けの色が消えずに、11時過ぎにようやく天は闇に包まれる。
    ベルゲンでは、夕焼けとブリッゲンの倉庫街が作り出す不思議な景色を味わいました。

    ノルウェーって、旅する前に思っていた以上の国でしたね。

    ウェンディ
  • デブと某医さん 2013/09/01 21:51:28
    想像を超える…
    ウェンディご一家さま

    予約段階の非礼なキャンセルが多難の予兆だったのでしょうか…。
    出発後もなかなか「手ごわい」アクシデント、ハプニング、トラブル続きでしたね。

    でも「二本脚の人魚姫」とか「ディーゼル車の黒い排煙…」など
    他の旅行記にはない発掘!発見!があり、なかなか期待のもてる始まり…です。

    それにしても半クラでの坂道発進など、私には想像を超えます(私ならようしません)。
    外国の地で慣れないマニュアル車で1日350km9時間…勇気か?無謀か?(笑)

    続編は楽しみにゆっくり拝読させていただきます。
    末尾ながらバルト三国記へのお訪ね(ご投票)、ありがとうございました。
    ウェンディさんのますますのご活躍とご一家のご無事を(笑)お祈りします。

     デブと某医

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/09/01 23:16:29
    RE: 想像を超える…
    デブと某医さま こんばんは。

    ノルウェー旅行記の第1章を読んでいただき、ありがとうございます。
    1600kmを20年ぶりのマニュアル車でドライブ…最初の日の相棒の運転を味わった時は、これで9日間本当に大丈夫なのだろうか。と、かなり不安になりました。でも、昔取った何とやら…。2日目からはエンストの回数もぐんと減り、つづら折りの急坂で有名なトロルスティンゲンも無事に通過できました。人間、やる気になればできるのですね♪

    デブと某医さんのラトビア旅行記には、扉絵のステンドグラスに導かれてお邪魔しました。昔、イギリスでゴシック建築の教会のステンドグラスに魅せられて以来、教会のステンドグラスについつい引き寄せられてしまいます。
    ラトビア旅行記、非常に興味深かったのですが、屋根の上の猫の謎、私には解けませんでした。是非旅行記で、種明かしを…とお願いしたいです。

    リトアニア、エストニアの旅行記にも、今度伺います。

    ウェンディ
  • hot chocolateさん 2013/08/28 11:41:10
    旅の初めは、航空機乗っ取りから・・・!?
    ウェンディさま、こんにちは。

    初めて書き込みさせていただきます。

    フィヨルドと氷河には興味はあるものの、ノルウェーには行ったことがありません。
    北欧の家具とか雑貨は日本でもおなじみですが、彼らの生活、経済については、
    日常あまり気にしていないので分かりません。
    ノルウェーの物価の高さにはびっくりです。
    その分ノルウェー人の所得って高いのでしょうか・・・?

    正規の航空券なのに、航空会社の都合でキャンセルになるとは!
    しかも理由が、チャーター便になるからというのがひどいですね。
    予定が大幅にくるってきますよね。
    旅行の計画段階から、波乱万丈の様子ですが、後になってみればそれもいい思い出かもしれません。

    中身の濃い、ノルウェーの旅行記、これからゆっくりと拝見させていただきます。

    hot chocolate

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/29 00:41:32
    RE: 旅の初めは、航空機乗っ取りから・・・!?
    hot chocolateさん こんにちは。

    フィヨルド・ドライブ旅行記を読んでくださって、そして応援♪も、ありがとうございます。

    今回の旅は、準備段階から“旅行会社による飛行機乗っ取り”に遭い、更に現地でも小さなトラブルも続出。なかなか充実した旅となりました。
    以前、あるトラベラーさんから“「トラベル」と「トラブル」はたった一文字違い。トラブルも旅の醍醐味♪”いう素敵なフレーズを教えていただきました。
    本当にその通りですよね。
    トラブルが起きてどうしよう!!!ではなくって、トラブルあっての旅行。
    全てをひっくるめて旅を楽しまなくっちゃ!
    今回は、そんな気持ちでノルウェーを旅してきました。

    ノルウェーの物価は、生活必需品〜レストランに至るまで本当に高かったです。
    でも現地の方はその物価高を苦にすることなく生活している感じでした。
    正確な情報かは分かりませんが、ノルウェーの給与水準は日本の2倍以上らしいです。

    現在スカンジナビア3国はEUには加盟していませんが、他国との給与水準の開きがEUに加盟しない理由かもしれませんね。通貨が統一され関税の障壁が低くなり他国の安価な商品が大量に流入してきたら、高い国内産の製品は売れ残り経済の衰退を招きかねない…といったところでしょうか。

    ウェンディ
  • TKさん 2013/08/23 22:29:19
    いちおしの写真、素晴らしい!まるでプロ並み!
    ウェンディさん こんばんは。

    今回は北欧ですね!

    このいちおし写真。ものすごく美しいですね。
    景色自体も美しいとおもいますが、左側から照らしてくる陽の光りまできれいに映っています。お上手です。感動しました!

    また、雨の時に、山肌にたくさんできる、滝の写真。
    日本画の世界ですね。私達も(ノルウェーではありませんが)ニュージランドのミルフォードサウンドで体験しました。あの感動は忘れません。

    波乱に満ちた楽しい旅行記ありがとうございます。

    これから、1〜4まで楽しませていただきます。

    by TK

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/24 13:54:11
    RE: いちおしの写真、素晴らしい!まるでプロ並み!
    TKさん こんにちは。

    夏は涼しい北欧を旅してきました。
    展望台からガイランゲルを見下ろすこの写真は、相棒が撮ったものです。今回の旅行では、家族3人が1台ずつカメラを持参し、お気に入りの風景を切り取ってきました。写真の色合いが同じ風景でもそれぞれ異なるのは、カメラのメーカーが違うから。
    Fujiは比較的本物の色に近いですが、若干暗め。CASIOは少し鮮やかめでくっきりとした発色。Cannonは、実際の風景に近いのですが、曇りの日の陰影の表現が苦手。それぞれのカメラに特徴がありますね。
    旅行記の写真はみんなの写真の中から、伝えたい言葉の内容と合致するものを選んで掲載しています。

    彼に、TKさんからのお褒めの言葉を伝えたら、ちょっぴり鼻高々でした。

    TKさんはNZのミルフォード歩かれたのですね。NZも自然がたっぷりで、何と言っても海産物も美味しい。私も以前にエイベル・タズマンを歩きましたが、大好きな場所の一つです。

    ウェンディ
  • ippuniさん 2013/08/19 19:19:31
    フィヨルドドライブ
    ウェンディさん、こんにちは。

    ノルウェー旅行の始まり、大変でしたね。
    旅程を組みなおすのってかなり疲れる作業ですよね。

    夏のノルウェーはひんやりしていて過ごしやすいですよね。
    私も4年ほど前に旦那と旦那の両親と共にフィヨルドをドライブしました。
    結構な九十九折の坂を上ったり下りたりするんですよね^^;

    私たちもレンタカーがアウディだったのですが、マニュアルでした。
    我が家の車はマニュアル車だから慣れているのですが、
    知らない道(しかもフィヨルド)の運転だから思うように速度が出せず、
    移動には結構時間がかかってしまったような気がします。

    物価もホテル代も高いですよね…。
    家族みんなで旅行して、ちょっと良いホテルに泊まったり、
    食事もしっかりレストランで食べたりしたから莫大な費用が掛かりました^^;
    そう度々行けるような感じではないですね。

    続きも楽しみにしております。

    ippuni

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/20 01:16:04
    RE: フィヨルドドライブ
    ippuniさん こんばんは。

    夏のノルウェーは予想以上に涼しくって、とても過ごしやすい気候でした。
    ippuniさんもノルウェーに行かれたことがあったのですね。

    行く前に教えていただいていれば、読んでから行ったのに〜。と後悔です。
    (まあ、私が聞いていない私が悪いのですが…)

    ippuniさんがハダンゲルで行かれたスターヴ教会、私が今回行ったボルグン教会(先ほど旅行記をアップしました)と外装はどことなく似ていますが、内部の装飾等はちょっと雰囲気が異なりますね。瓦の雰囲気も。

    私は、今回のノルウェーの旅で、スターヴ教会が結構気に入っています。
    ノルウェーは高いから2回目はなかなか実現しそうもないですが、ハダンゲルの教会も行ってみたくなりました。

    ウェンディ
  • wakabunさん 2013/08/17 22:36:41
    ノルウェー高いですよね
    ウェンディ―さん、ノルウェーからお帰りなさい!

    物価めちゃくちゃ高いですよね。外食はまだしも、スーパーも高いってほんとつらいですよね。水道水が飲めるのがせめてもの救い。トイレも一回10NOKは痛いですよね。ちなみにpantがペットボトルのデポジットで、もうひとつのposeがレジ袋です。

    飛行機がチャーター便に乗っ取られてしまうことなんてあるんですね。びっくり!チャーター便の方がもうかるのかしら?

    ノルウェーの苺の味はどうでした?高いけど、日本のとは違った味の濃さでおいしいですよね。

    Wakabun

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/18 10:44:32
    RE: ノルウェー高いですよね
    wakabunさん God dag!!

    ノルウェーから、ただいま!!です。

    ノルウェーに行く前にwakabunさんの旅行記を拝見し、SASの機内サービスに関する基礎知識を読んでいったので、機内でのあっさりとしたサービス・食事内容には特に驚きはしませんでしたが、予備知識がなかったら,機内でのジュースが1食目以降は有料というシステムには「ひどい!!」と憤慨していたかもしれません。

    物価は、予想通りというか予想以上に高かったです。
    ぜいたく品やレストランが高いのは旅行前から分かっていましたが、スーパーの価格も日用必需品の食品・野菜だってかなりお高め。
    日本人が、日本の給与水準では生活していけない国ですね。

    Dombasのスーパーのレシート情報、ありがとうございます。
    早速、旅行記に情報を追加しました。
    ペットボトルジュースをノルウェーで何本か買いましたが、初めはデポジットを取られるリサイクルのシステムが分からず、レシートに付く1NOKの表記の意味が分かりませんでしたが、スーパーでリサイクル箱を利用している人を見かけ、私達もチャレンジ。
    無事に空のペットボトルをリサイクルさせ、1NOKを回収しました。
    英語が比較的通じる国ですが、デポ箱には英語の説明書きがなく見よう見まねでやりましたが、何とかなるものですね。
    ペットボトルなら何でもOKかと思い、日本から非常用飲料水としてスーツケースに忍ばせていたペコペコの軽いボトルでもリサイクル箱をチャレンジしましたが、これはNG。軽すぎたのか、ペットボトルとして認識してもらえませんでした。

    食に苦労したノルウェーですが、最後のベルゲンでは、ちょっとだけ豪遊。
    魚市場で大きな海鮮プレートを注文し海鮮グリルを楽しみましたが、あの量で690NOKは、高すぎです(ベルゲンの旅行記を書く時に写真も出しますね)。

    農家の産直販売所で購入した苺、日本の様に甘いだけではなく、がつんと苺本来の味がして、とっても美味しかったです。

    ウェンディ
  • 備前屋ねこさん 2013/08/17 15:36:31
    素敵な風景ですね
    ウェンディさん、こんにちは♪

    飛行機乗っ取りとあったのでまさかハイジャック?!と一瞬慌てました(笑)
    到着初日にホテルに入れなかったり海外の旅は予期しないトラブルやハプニングが起きやすいですね〜
    親切なおじさんがいて無事ホテルに入れて良かった(ほっ
    雄大な大自然の中をドライブするのが気持ち良さそうですね。
    それにしてもノルウェーの物価高いですねぇ
    備前屋にはこの国を旅するのはかなりキビシそうです。
    今後のノルウェー旅行記の続き、楽しみにしてます!


       備前屋ねこ

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/17 20:43:01
    RE: 素敵な風景ですね
    備前屋ねこさん こんばんは。暑い日が続きますね。

    寒いくらい涼しい日もあったノルウェーから帰国し、熱い(暑いではなく)日本で旅行記を作成しています。
    「飛行機、乗っ取り…」のタイトルは、少々刺激がありすぎたでしょうか(笑)
    でも、あれは間違いなく旅行会社による飛行機のハイジャック。
    旅行会社が「我々がこの飛行機は占拠した(レンタルした)。お前たちには乗る権利がない。だから即刻降りろ」と言ったも同然です。
    SASからは前後の日程に振り替えるか、飛行機そのものをキャンセルしてほしい。といわれ、其の便に乗ることができるという選択肢はありませんでした。

    海外旅行の場合、現地でのトラブルはつきものですが、購入した航空会社の正規割引航空券でコケルとは思ってもいませんでした。正規割引航空券は乗客の都合によるキャンセル不可の航空券。それを簡単にキャンセル扱いにして、なんの詫びもない航空会社。

    世の中、強い者〈旅行関係では、旅行代理店?〉が権力を持っているのですね。

    つい、さきほど、ノルウェーの旅行記第2弾を書き上げました。
    今回は、ちょっとマニアックなハイキング編です。

    お時間のある時にでも覗いてみてくださいね。

    ウェンディ
  • tadashiさん 2013/08/16 08:28:29
    こんにちは、「乗っ取り」のタイトルに少し、どぎまぎ
    お元気ですか?気温の変化にも体が追いついたころと思います。
    ウエンディ一家の旅は、事件?から始まるのですね!搭乗中の「航空機乗っ取り」でなくて、何よりでした。空港のカートのデザイン、さすが北欧ですね!おしゃれの一言です。初日ホテルのロックアウト、無事解決して、ほっとしたでしょうね。まあ、これくらいでは、ウェンディ家の旅では、屁(失礼!)でもないか。旅の序章としての、アクセントですね。マニュアル車でのドライヴは、普段オートマの人には、大変気を使ったでしょう。物価の高さは、噂では聞いていましたが,認識を新たにしました。フィヨルド、美しいですね!今後の展開、待ち遠しい!!
    とりあえず、ご挨拶がわりに、 

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/16 20:44:53
    RE: こんにちは、「乗っ取り」のタイトルに少し、どぎまぎ
    tadashiさん こんばんは。

    今年の夏は、家族で涼しいノルウェーを満喫してきました。

    ノルウェーのトップシーズン、観光地の宿は早くに予約で一杯になると聞いていたので、早めに飛行機を予約し宿も決めたのに、まさかの旅行会社が飛行機をチャーター機とするために乗っ取り!!! ひどい話ですよね。
    更に現地では、交通トラブルのため、せっかく事前に安く押さえていた宿をキャンセルする羽目になり、ホテルのPCを駆使しての当日予約。でも、当日なので安い宿なんて勿論空いていなく、あるのは二人部屋か施設の割にはメチャ高な三人部屋。

    と、今回のノルウェーの旅では、色々とありましたが、最終的な一言は「楽しかった!」です。
    何が楽しかったって、特にJostedal(ヨステダール)氷河。
    今まで、パタゴニア等いろいろな氷河を見ましたが、透き通るアイスブルーの美しさは、ヨステダール氷河が一番!
    何億年前の氷の色、その氷の中を流れる輝く水。
    もう、最高でした。

    今は、ガイランゲル・ハイキング旅行記のため、写真を整理しています。

    また、旅行記に遊びにいらしてくださいね。

    ウェンディ
  • aoitomoさん 2013/08/15 21:51:37
    ノルウェー観光は未知の世界 楽しみ〜
    ウェンディさん

    ノルウェーに行かれてましたか。
    私も先日ウェンディさんの行かれたカナディアンロッキーに行って帰ってきたところです。
    アイスウォークも、プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズ・トレイルもやってきましたよ。旅行記はまだですが。

    確保した航空機が、後から名乗りを上げた旅行会社にチャーター便として乗っ取られるなんてことがあるんですね〜

    ソグネフィヨルドを娘の地理の勉強のときに覚えたぐらいで、ノルウェー観光は未知の世界。

    それにしてもウェンディさんの旅行記は面白い。
    色々ありながらも、そこを乗り越えて先にすすむ。
    まるでドラマを見ているようです。文才があります。

    ところでウェンディさんは運転しないの?
    御主人に任せきりで。(笑)
    それとマニュアル車にしたのはなぜ?
    オートマが無いのでしょうか?
    私はカナダではオートマ車でナビがなぜか日本語でした。(笑)

    物価の高さとトイレが有料が多いのには驚きますね。
    ある意味、無料トイレ探し旅もセットでついてくる!?

    氷河が削ったU字谷の景色はやはり素晴らしいですね〜
    トロルスティンゲンの展望台からの景色も素晴らしい〜
    フリーダルスユーヴェ展望台も・・

    ツインベッドの幅が狭いというのは意外ですね〜

    色々な情報も楽しめました。

    続きも楽しみにしております。

    aoitomo

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/15 23:30:43
    RE: ノルウェー観光は未知の世界 楽しみ〜
    aoitomoさん こんばんは。 そして、お帰りなさい。

    カナディアン・ロッキーの旅、いかがでしたか。
    私のICE WALKの初体験は、カナダのアサバスカ氷河。
    あの時に見た氷河の透き通る青いアイスブルーの世界、あの色が忘れられなくて、主人が数年来提案していた今回のノルウェー旅行に同意しました。(ノルウェーは、物価が高いと聞いていたので二の足を踏んでいました)

    私がノルウェー旅行のアクティビティで出した条件は只一つ。ヨステダール氷河のアイス・トレックをすること。
    透明でキラキラ輝く氷河の谷を歩けるならば、夏の旅行はノルウェーでOKと。

    現地では雨も多く、旅程を入れ替えながらもなんとか天気の良い日に氷河ウォークに参加しました。氷河ウォークは現地でも人気のアクティビティで、海外からの多くの旅行者が参加していました。
    腰のハーネスにロープを結び、紐で繋がれた20人以上の人が連なって歩く世界はまるで映画レ・ミゼの冒頭のシーンの様。
    少し先の旅行記になりますが、そんなシーンを書いてみようと思っています。

    車の運転の件ですが、私だって普通車の運転免許証は持っています。
    かれこれ15年くらいは金色免許。そして、かれこれ15年くらいはアクセルを踏んだこともブレーキを踏んだこともゴーカート以外ではありません。
    私にハンドルを握らせるのは、保険金詐欺で捕まる可能性があるくらい危険なことなのです。(笑)

    今回のノルウェーのレンタカーですが、私が調べたHertzでは少なくともmediumクラスまでは全てがマニュアル車でした。そして、ナビなんて勿論ついていません。ナビはウェンディです。ウェンディが地図を眺めながら指示を出します。
    でも、道路の地名は全てノルウェー語。基本、ラテン語の派性語なので読むことは可能ですが、80km/hrで走る車の中から初めて見る地名を読み取るのは至難の業。
    それに、ノルウェーの道路標識はとっても不親切。
    道路の分岐点で書いてある地名が200km以上先のものであることもザラですし、有名な観光地の地名なんて10km手前でやっと案内板が出てくる感じ。
    ドライブの旅も結構大変でした。

    でも、フィヨルド巡りの旅、楽しかったですよ♪

    aoitomoさんのカナディアン・ロッキー旅行記、楽しみにしています。

    ウェンディ
  • きなこさん 2013/08/15 21:23:46
    壮大ですねぇ
    こんにちは  ウェンディさん

    ご家族で素敵な夏休みを過ごされていたんですね
    壮大な景色で暑〜〜い大阪で拝見していると涼しくなって来ます

    チケットは予め購入していても、旅行社が押さえるとキャンセルになるんですね 勉強になりました

    北欧の白夜は話には聞いたりしますがホテル着の23時でもあんなに明るいんですね、全く暗くはならないんですか?

    トンネル火災も興味津々です。
    次の旅行記も楽しみにしていますね

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/15 22:46:36
    RE: 壮大ですねぇ
    きなこさん こんばんは。

    ノルウェー、涼しかったです♪
    氷河の上にいる時は、ヒートテック+トレーナー+フリース+ゴアの雨具で防寒していましたが、風が吹くとメチャクチャ寒い!
    そんな涼し〜いノルウェーから帰国してその翌日からの亜熱帯と化した日本での会社員生活、体に堪えています。

    時差よりも何よりも、夏のこの時期は、体感気温の差が体に一番厳しいかもしれません。

    8月のノルウェーの夜は11時頃に完全に暗くなり、11時半には星が見えていました。
    朝は4時に目覚めた時にはもう空が白んでいたので、多分3時半位までは夜なのではないかな。

    今回のノルウェーで起きたトンネル火災、日本人旅行者の多くがベルゲンからの日帰り観光で多く訪れるフロムという町のトンネルで発生しました。このトンネルは、この地域の交通の要で、ここを使えば山を越えた隣町まで30分で行くことができ、ベルゲンからの日帰り観光も容易となるのですが、ここのトンネルが使えなくなると大回りの迂回路を4時間かけてまわり隣町まで移動する、もしくは高いフェリーに乗って移動することになります。ともかく、観光客にとっても、地元の方にとっても大事なトンネルでおきたトレーラー事故と大火災でした。
    私達は、偶然このトンネル事故情報を実際に行く予定の1日前に渡し船乗り場で耳にしたので、なんとか予定変更により旅程に大穴を開けずに済みましたが、旅程変更案を作るための情報収集に3時間位を使ってしまい、行きたかった教会を一つあきらめることになりました。

    旅にトラブルはつきもの。
    今回の件は、トンネル事故に巻き込まれなかっただけでもラッキーと考えています。

    きなこさんのモロッコ旅の予定は、進んでいますか。
    食用アルガンオイルは是非買ってきて、ご自宅でサラダにかけたりして楽しんできてくださいね。(日本で買うと高いですよ)

    ウェンディ
  • こあひるさん 2013/08/15 13:47:34
    雄大ですね!
    ウェンディさん、こんにちは〜。

    ホテル、親切なおじさんのおかげで入ることができ、よかったですね〜。やっぱり門限のあるホテルは気をつけないとなぁ・・・。

    色々なハプニングもあったようですが、臨機応変に切り抜けられてさすがですね〜。

    フィヨルドの風景、雄大で声を失いますね〜。実際はどんなにすばらしいことでしょう〜。

    続きも楽しみにしています。

    こあひる

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/15 20:33:45
    RE: 雄大ですね!
    こあひるさん こんばんは。

    英語が通じる国でも基本言語が異なる国でのトラブルは、本当に大変です。
    今回も、親切なおじさんが居なかったら、車の中で夜明かしをする羽目になっていたかもしれません。あのときのおじさんには本当に感謝です。

    ノルウェーは自然が豊かでした。そして、其の自然と共存しながら生活する現地の風景、とても興味深いものでした。
    ノルウェーは美しい山々に恵まれていますが、自然が猛々しすぎる故に、人間が居住できる土地はフィヨルド地区では湾からほんの数メートル程度。
    厳しい自然環境と対立せずに、その地形をうまく生かし農場を作って生活しているフィヨルド沿岸に住む人々。
    今後の旅行記では、雄大な景色と共にそんなフィヨルド沿岸での人々の生活風景も綴ってみたいと思います。

    また、旅行記に遊びにいらしてくださいね。

    ウェンディ
  • 旅するうさぎさん 2013/08/15 12:50:49
    こんにちは!
    ウェンディさん、こんにちは。
    今年の夏はノルウェーに行ってらしたのですね。
    暑い日本を抜けだして、涼しそうですね!

    実は私も、夫婦でノルウェーフィヨルドに行ってみたいと
    思っているのです。2年後に結婚20年周年になるので
    その頃、船でのんびり巡りたいなぁ…と。
    まあこれはあくまでも希望ですが、考えています。

    夏は雨の多い時期なのですか。
    雄大なフィヨルドの風景、素晴らしいですね。
    これからの旅行記も楽しみにしています。
    ウェンディさんご一家のことですから、
    きっと大自然を思い切り満喫されたのではないでしょうか。


    旅するうさぎ

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/15 20:19:28
    RE: こんにちは!
    旅するうさぎさん こんばんは。

    旅するうさぎさんのコメントを読んで、ちょっとビックリ。
    2年後が結婚20年なのですね。
    実は、私も2015年が20周年です。
    でも、我が家は残念ながら20周年だから…という企画は今のところはありません。
    私が企画を作っちゃおうかな♪

    8月のノルウェー、とても涼しかったです。
    滞在中の最高気温は14℃(雨降り)〜25℃(晴天)の日まで様々でした。
    現地では基本的には長袖で、半そで1枚でOKだったのはベルゲンの日中位です。
    天候的には夏の早い時期(5月〜)の方が雨は少ないようですが、5月はまだ雪が残るくらい寒い時期。
    旅の時期の選択は難しいですね。

    旅行中、フィヨルドには各国からクルーズ船が沢山寄港していました。
    クルーズ船に乗り、北欧の自然を巡る旅、私も憧れます。
    フィヨルド・クルーズの旅、是非、実現させてくださいね。

    旅するうさぎさんの農家民宿滞在記をゆっくり拝見しています。
    エルダーフラワーのシロップ、私もけっこう好きです。
    風邪のひきかけ時に、よく効く気がします。

    ウェンディ

    旅するうさぎ

    旅するうさぎさん からの返信 2013/08/15 22:51:51
    RE: RE: こんにちは!
    ウェンディさん

    > 旅するうさぎさんのコメントを読んで、ちょっとビックリ。
    > 2年後が結婚20年なのですね。
    > 実は、私も2015年が20周年です。
    > でも、我が家は残念ながら20周年だから…という企画は今のところはありません。
    > 私が企画を作っちゃおうかな♪

    ウェンディさんのところも20周年なのですか。
    うちの場合、夫がとにかく歩くのが嫌いで、のんびりすることが
    好きなので、船旅なら、場合によっては夫を船に残して(!)、
    私だけ外に出かけることもできるかな…と思ったのです。
    凄い理由だけど(爆)

    ウェンディさんは毎年外国に旅されているので、
    2年後もきっとどこかに行くでしょう。
    せっかくだから、20周年の旅だってことを、
    こじつけちゃえばいいのではないでしょうか(^^)?

    > エルダーフラワーのシロップ、私もけっこう好きです。
    > 風邪のひきかけ時に、よく効く気がします。

    エルダーフラワーシロップ、日本でも売っているんですね。
    私はエルダーフラワーを育てるところからやって
    自分で手作りしようかと思ってました。
    それで、日本でもあの花の木、育つのかな?とか思っていました(笑)

    今、ネットで見たら、色々なお店で売っているんですね。
    今度買ってみようと思います。


    旅するうさぎ
  • 鼻毛マンさん 2013/08/15 09:22:40
    フィヨルド!
    ウェンディさん こんにちは!
    フィヨルド1日目、2日目を見ています。

    E6、E136、そして63。
    Eは国道? 63は地方道でしょうか?
    グーグルマップ見てドライブルート確認しながら旅行記を堪能しました。
    美しいフィヨルドの風景はとても素晴らしいのですが、高い物価に閉口。
    いまの鼻毛家の経済力ではノルウェーはちょっと遠いかもしれません。

    グーグルマップを見ているだけで面白そうに感じたトロルスティンゲンの道。
    フリーダルスユーヴェ展望台から見た、美しすぎるガイランゲル湾とその街並み。
    それらを堪能した後に訪れるのが、三ツ星ながら2泊57000円のホテル料金。

    以前、アイスランドを訪れた時に、物価が凄い高いことに驚きました。
    欧米の旅行者に「どうしてこんなに高いの?」って聞いたら、「おー、それは政策だぜー 日本の兄ちゃん。」って言われたことを思い出しました。
    輸出国である日本に住んでいると、ハイレートのメリットを想像することが難しいですが、ノルウェーなどを訪れるともしかしたら理解できるのかな?とふと感じました。
    なにはともあれ旅行資金を溜めないと!

    3日目以降の旅行記、楽しみに待っていますね。

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2013/08/15 20:04:39
    RE: フィヨルド!
    鼻毛マンさん こんばんは。

    ノルウェーは立案段階からホテルの料金の高さにちょっと腰が引けていましたが、現地に行きスーパーを覗き、納得。
    …高いのはホテルだけではなかったんだ…。

    でも、そんなことも有ろうかと、今回の旅ではホテルとキッチン付のバンガローを交互に泊まり、夕食の基本は日本からのレトルト食材とテイクアウトの食品。
    現地でいわゆる外食をしたのは2回だけ。(その内の1回は、贅沢に海鮮を食しました)
    普通にレストランで家族3人で食事をしていたら1食ごとに諭吉氏が飛んで行ってしまうところを何とか最小限に抑え、その浮いた費用をアクティビティに回しノルウェー・フィヨルドの大自然を満喫してきました。


    ノルウェーの幹線道路は2桁数字の表記とE+2桁数字の二種類があるようです。
    走った感覚では、鼻毛マンさんの予想通り、Eが広い道路で片側2車線の場所もあり、2桁数字の道路は対面通行がやっとできる程度の道でした。多分、国道・県道的な感覚だと思います。


    今回の旅のハイライトは、アイス・トレックです。
    アイゼン・ハーネス・ピッケルを装備し、碧く輝く透明な氷の世界を探検してきました。
    その様子も旅行記にする予定ですので、気長に待っていてくださいね。

    ウェンディ

ウェンディさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ノルウェーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ノルウェー最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ノルウェーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集