トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

ローカル線で旅をしよう。絶景の車窓が広がる鉄道&路線15選

4travel.jp

フォートラベル編集部

ローカル線の車窓に広がるのどかな田園や、キラキラと光る青い海。日本の美しい風景をのんびりと眺めながら、移動が楽しめるのはローカル線ならではですね。
フォートラベルでは、絶景の車窓やレトロな車両、秘境駅がある路線など、乗って楽しいおすすめのローカル線をご紹介します。

1. わたらせ渓谷鐵道 / 群馬県 桐生駅~栃木県 間藤駅

自然豊かな渓谷と情緒ある町並みを走る。路線をいかしたトロッコが人気

渡良瀬川沿いを走り、「わ鐵」の愛称で親しまれている鉄道。
かつて足尾銅山で栄えた路線には、宿場町だった大間々など、情緒ある古い町並みが残っています。
ほかにも、温泉施設が併設された水沼駅や、古い車両をレストランにした「レストラン清流」が構内にある神戸駅など、見どころ満載の鉄道です♪週末になるとトロッコ列車が走ります。窓ガラスのないオープンタイプの列車なので、渓谷の自然と風を存分に感じながらの列車旅は爽快!
※冬期のトロッコ列車には窓にガラスが取り付けられます。トロッコ列車の魅力は自然だけではありません。神戸駅~沢入駅間の長いトンネルに入ると、「トロッコわたらせ渓谷号」の2号車と3号車の天井がイルミネーションで彩られます! トンネルの暗闇を生かした演出は、多くの乗客を楽しませてくれます♪

旅行記:新緑を巡るレトロ旅、わたらせ渓谷鉄道

みささん

渡良瀬川に吹く気持ちよい風を感じながら、トロッコに乗車。また新緑の渓谷を散歩したり、趣あるレトロな駅舎にしびれたり・・
新緑を巡る旅に出かけて来ました。もっと見る
わたらせ渓谷鐵道 周辺のホテルが探せます

2. 真岡鐵道 / 茨城県 下館駅~栃木県 茂木駅

スイカカラーの車両がかわいい! 桜の時期は絶景です

スイカカラーの車両が有名な真岡鐵道。
春には、北真岡駅から約1kmの間で、桜並木と菜の花畑のコラボレーションが楽しめます! 車窓から楽しむのはもちろん、桜並木を走る真岡鐵道の風景も写真に撮りたくなるかわいさです♪スイカカラーの車両ともうひとつ有名なのが「SLもおか号」。客車3両を蒸気機関車で牽引しています。下館駅から茂木駅までの41.9kmを約1時間30分かけて運行しているので、SLからのんびりとした車窓風景が楽しめます♪真岡駅には蒸気機関車をモチーフにした「SLキューロク館」があります。蒸気機関車や旧型客車をはじめ、さまざまな車両が展示されており、無料で見学ができますよ。

旅行記:菜の花畑と桜並木を走る真岡鐡道 2016(栃木)

かっちんさん

真岡(もおか)鐡道は、下館から真岡、茂木まで走る第三セクターのローカル線です。鉄道沿線では菜の花と桜が満開になり、特に北真岡では素晴らしい花の絶景が見られます。今日は北真岡を訪ね、お花見と鉄道写真を撮りに出かけます。もっと見る
真岡鐵道 周辺のホテルが探せます

3. いすみ鉄道 / 千葉県 大原駅~上総中野駅

ムーミン谷の仲間たちがデザインされた車両がかわいい♪ 菜の花畑を走ります

菜の花畑を走るレトロな車両が人気の鉄道。また、車窓に広がる渓谷や田園風景がムーミン谷に似ている、ということからムーミン谷の仲間たちがデザインされたムーミン列車もかわいいと人気です♪ 「風そよぐ谷 国吉駅」には、駅舎のいたるところにムーミンの仲間たちが隠れています♪ ムーミンショップも併設。ムーミングッズやいすみ鉄道のグッズがお土産として販売されています。こちらはいすみ鉄道の絶景スポット 第二五之町踏切、通称「空しか映らない踏切」。風そよぐ谷 国吉駅~上総中川駅間の踏切です。一面に広がる青空に、鮮やかなオレンジのレトロな車体がとても映えますね♪
ちなみに周囲は民家の田んぼなので、マナーを守って撮影してくださいね。

旅行記:黄色い春色の風景を探しにいすみ鉄道に訪れてみた

裏山秀人さん

春のいすみ鉄道沿線に広がる、この時期限定の黄色い春色の風景を探しに訪れてみました。もっと見る
いすみ鉄道 周辺のホテルが探せます

4. 小湊鉄道 / 千葉県 五井駅~上総中野駅

いすみ鉄道と並ぶ菜の花鉄道。牧歌的な車窓が広がる

いすみ鉄道と並ぶ、房総のローカル線。上総中野駅でいすみ鉄道から乗り換えができるので、いすみ鉄道とあわせてローカル線旅を楽しむことができます♪
小湊鉄道も菜の花の時期が有名で、一面に広がる菜の花畑と里山風景の中をレトロな車両が走る、牧歌的な風景が人気です。こちらは数々のCMやドラマに使われた上総鶴舞駅の駅舎。レトロな雰囲気がかわいらしいですね。ほかにも、飯給駅には「世界一大きなトイレ」と称されるトイレも! こちらは一見の価値ありなので、一緒に立ち寄ってみてはいかが。(トイレは女性用です)秋には、上総久保駅の大銀杏も見どころのひとつに。黄金色になった田園風景の中を走る小湊鉄道も美しいので、菜の花の時期だけでなく秋も見どころが満載です♪

旅行記:小湊鉄道・いすみ鉄道 菜の花列車でぶらりっぷ

momotaさん

一面の菜の花畑をトコトコ走る小さな列車。憧れていた景色に会いに行きました♪―――――― ここには、何もないがあります。もっと見る
小湊鉄道 周辺のホテルが探せます

5. JR五能線 / 秋田県 東能代駅~青森県 川部駅

荒ぶる日本海の真横を走る! 車窓に広がるのは圧巻の海景色

日本海側に沿って秋田県から青森県まで走る路線。
路線には青池や不老ふ死温泉など、大自然の絶景スポットが満載! また、「ブサかわ犬」として人気になった秋田犬の「わさお」も、五能線の鯵ヶ沢駅からバスで行ける「菊谷商店」にいます。車窓に広がる日本海はいつ見ても美しいのですが、特におすすめは厳冬期。天候が悪い日が多く、どんよりとした空と荒れた日本海の景色は、なんとも言えない美しさです。ウェスパ椿山駅周辺では、日本海の海岸に彫られたようにある露天風呂「不老ふ死温泉」が人気。浸かると日本海が目に前に広がり、大自然に溶け込んだような絶景が広がります!

旅行記:2017冬の津軽函館めぐる旅6日間vol.2(リゾートしらかみでゆく五能線)

notchさん

2016~17年の年末年始,青森と函館をめぐってきました! 津軽海峡をへだてて向き合うこの場所には,豊かな自然と文化の魅力いっぱいでした。もっと見る
JR五能線 周辺のホテルが探せます

6. JR氷見線 / 富山県 高岡駅~氷見駅

雄大な富山湾の絶景と、海の幸を堪能できる観光列車が魅力

富山湾に沿って走る氷見線は、高岡駅から氷見駅へ着く16.5キロのローカル線。
短い路線ですが、雨晴駅付近から広がる雨晴海岸の雄大な光景は、心を奪われるほどの美しさ! 富山湾越しにそびえ立つ3,000m級の立山連峰の絶景を、車窓から眺められるなんとも贅沢な路線です。雨晴海岸の最寄り雨晴駅は、ホームのすぐ向こうに雄大な富山湾が広がります。この光景は「海の見える駅」として、鉄道ファンの撮影スポットにもなっています。氷見線のもうひとつの魅力は観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」通称「べるもんた」。窓を大きくとっているので、氷見線の絶景を存分に堪能できます。さらに寿司職人も一緒に乗車し、富山湾の海の幸を使った寿司を車内でいただくことも! 絶景だけでなくグルメも堪能できる、人気の観光列車です♪
※「ぷち富山湾鮨セット」の車内販売は数量限定のため、事前に予約していくことをおすすめします。

旅行記:【富山2016 2日目】氷見線と入善・魚津・立山

まごさん

1日目アルペンルート→富山駅 2日目氷見線・魚津→立山駅 3日目再びのアルペンルート 4日目室堂→富山駅周辺もっと見る
JR氷見線 周辺のホテルが探せます

7. JR小海線 / 山梨県 小淵沢駅~長野県 小諸駅

路線は標高1,000m以上。清里など美しい高原地帯を走る路線

八ヶ岳の麓、標高1,000mを超える野辺山高原を走る列車で、「八ヶ岳高原線」とも呼ばれています。小海線の駅は、JRの駅で最高の標高にある野辺山駅(標高1,345m)をはじめ、9つもの駅がJR駅標高のTOP10入り。のどかな高原風景と爽やかな風が吹く、大自然に抱かれた路線です。小海線の小淵沢駅~甲斐小泉駅間にある有名撮影スポット、通称“小淵沢大カーブ”。小淵沢駅を出てすぐに大カーブする地点であり、雄大な南アルプスを背景に小海線が走る風景が人気です。周囲は民家の田んぼなので、撮影する場合はマナーを守ってくださいね。2017年に小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」が運行をスタート。“天空にいちばん近い列車”として、小海線の夜空や車窓に流れる八ヶ岳の山々をモチーフに車両がデザインされています。高原風景を楽しむ昼間の運行と星空を楽しむ夜間の運行があるので、どちらに乗ろうか迷ってしまいそうですね。

旅行記:高原列車で行こう! 【2017年白馬旅行】

堺筋急行さん

2017年の白馬旅行は、少し遠回りになりますが小海線の観光列車『HIGH RAIL 1375』と、小諸城を楽しみつつ向かいます。もっと見る
JR小海線 周辺のホテルが探せます

8. 会津鉄道 / 福島県 西若松駅~会津高原尾瀬口駅

瓦葺屋根の駅舎など、まるでタイムスリップしたような車窓風景。ねこ駅長もいます

茅葺屋根の町並みが広がる大内宿をはじめ、東山温泉や芦ノ牧温泉、景勝地「塔のへつり」など、福島県の見どころがたくさん詰まった会津鉄道。
大内宿の玄関口である湯野上温泉駅は日本でも珍しい茅葺屋根の駅舎で、囲炉裏や足湯があり、風情ある駅となっています。トロッコ席 ・お座敷席 ・展望席が備わったイベント列車「お座トロ展望列車」も人気。トロッコ席は窓がなく、ダイレクトに自然を感じるので臨場感があります! お座敷席は掘りごたつになっているので、絶景の車窓をくつろぎながら楽しむことができます♪
※お座トロ展望列車は主に4月~11月の土日運行。冬期のトロッコ列車には窓が取り付けられます。芦ノ牧温泉駅ではねこ駅長がお出迎えしてくれます♪ ねこ駅長の撮影は禁止ですが、レトロな駅舎とねこ駅長の風景にほっこりします。

旅行記:東武特急と会津鉄道で行く、南会津・川治温泉の旅. その1

fmi(ふみ)さん

新型特急運転でいつも以上に混雑するゴールデンウィークの東武特急。やや日程をずらして、東武特急と会津鉄道を乗り継いで、南会津の湯野上、塔のへつりまで行き、奥栃木の川治温泉で宿泊すしてきた。もっと見る
会津鉄道 周辺のホテルが探せます

9. JR只見線 / 福島県 会津若松駅~新潟県 小出駅

一度は乗ってみたい、絶景路線の代表的なローカル線。

只見川に沿って走り、車窓からはダイナミックな自然が広がる只見線。特に紅葉や冬景色が美しく、鉄道ファンにも絶大な人気を誇るローカル線です。
2011年に発生した新潟・福島豪雨災害で被災してしまい、会津川口駅~只見駅は不通に。同区間では代行バスでの代行輸送が行なわれています。 (2018年1月現在)無人駅の早戸駅は、雄大な只見川の景色が広がっている絶景ポイント。駅の近くには、目の前に流れる只見川を眺めながら浸かれる露天風呂がある「早戸温泉 つるの湯」があるので、時間があれば立ち寄ってみるのもおすすめです。
※2018年3月31日まで、宿泊湯治棟は工事のため営業休止。日帰り湯のみ営業しています。不通となっている区間には、当時の駅がそのまま残っています。今は使われていないと思うと、郷愁を覚えますね。少しマニアックですが、あえて不通区間を巡る旅をする人もいるそうですよ。

旅行記:会津旅01 只見線の車窓から

picotabiさん

夏休みは、お盆を中心にした連休。高齢の両親のことが心配になってからは、この時期は帰省するようにしていましたが、春帰省のときに母がわりと元気だったので、今年は帰省をやめてドライブ旅行することにしました。もっと見る
JR只見線 周辺のホテルが探せます

10. 津軽鉄道・ストーブ列車 / 青森県 津軽五所川原駅~津軽中里駅

だるまストーブが付いたレトロな列車から、雪景色を楽しむ

冬期に運行するストーブ列車で有名な津軽鉄道。
太宰治のふるさとを走ることから、レトロな客車には「走れメロス」のヘッドマークが掲げられています。金木駅には、太宰治の生家「斜陽館」があり、今は太宰ミュージアムとして、館内を見学できます。ストーブ列車は、旧国鉄から譲り受けたレトロな列車で、車内には石炭のだるまストーブが設置されています。
地吹雪が吹く厳しい冬の津軽を黙々と走るストーブ列車の姿は、静かな勇ましさがあります。ストーブ列車のだるまストーブでは、車内でスルメを買うと、車掌さんにだるまストーブで焼いてもらえるサービスも! 壮大な雪景色の車窓を眺めながら、香ばしいスルメを食べるのもまた趣があります♪

旅行記:2017冬の津軽函館めぐる旅6日間vol.3(太宰治の故郷&津軽鉄道ストーブ列車)

notchさん

2016~17年の年末年始,青森と函館をめぐってきました! 津軽海峡をへだてて向き合うこの場所には,豊かな自然と文化の魅力いっぱいでした。もっと見る
津軽鉄道 周辺のホテルが探せます

11. 大井川鐵道 / 静岡県 金谷駅~井川駅

絶景の秘境駅や茶畑の美しい風景を走る、子どもから大人まで人気のローカル線

大井川本線と井川線の2つの路線からなる大井川鐵道。井川線は渓谷沿いの山を登る路線です。大井川のエメラルドグリーンの色が登るほどに変わっていく光景は、くぎつけになるほどの美しさ! 特に、橋の真ん中にある奥大井湖駅からは、非日常的な美しい景色が広がり、絶景の秘境駅として有名です。大井川本線には家山駅のように木造のレトロな駅舎が多く、のんびりとした沿線の雰囲気が楽しめます。 また、井川線には秘境駅として名高い尾盛駅が。魅力的な駅が多い路線でもあります。美しい茶畑を走るSLも魅力。車内ではSLおじさん・SLおばさんと言われる専務車掌が、SLの解説やハーモニカ演奏で、SLの旅を盛り上げてくれます♪

旅行記:大井川鉄道 ・ あぷとラインとSL列車を楽しむ

Mr.チャングムさん

アッ と言う間にお正月が終わってしまいました
今年もつたない旅行記よろしくお願いします。前回の「香嵐渓」からの続きなんですがお付き合いください。もっと見る
大井川鐵道 周辺のホテルが探せます

12. JR飯田線 / 愛知県 豊橋駅~長野県 辰野駅

魅力的な秘境駅がたくさん! 冒険心をくすぐられるローカル線

営業距離195.7km、94もの駅がある長い路線 飯田線は、秘境駅の宝庫! 路線が長い上に運行数が少ない分、すべての秘境駅を巡るのは困難なのですが、時期によって秘境駅を巡る「秘境号」が走ることも! とても人気の企画列車なので、運行が発表されたらすぐに予約するのがおすすめです。
秘境駅のなかでもダントツの人気を誇る小和田駅。かつて周囲には集落があったのですが、ダムの建設によって集落が水没し、この駅を使う地元民はほとんどいなくなってしまいました。木造の駅舎には、賑わいがあったときの写真などが飾られ、哀愁が漂っています。飯田線を普通列車で乗り継ぐとなんと7時間以上! しかし、その秘境的な雰囲気とのどかな田舎風景の車窓に、一度は挑戦してみたくなる路線です。

旅行記:飯田線秘境駅号に乗って来ました。

みささん

人里離れた秘境駅を巡る秘境駅号に乗車してきました。もっと見る
JR飯田線 周辺のホテルが探せます

13. 京都丹後鉄道 宮舞線・宮豊線 / 京都府 西舞鶴駅~宮津駅・京都府 宮津駅~兵庫県 豊岡駅

観光列車のデザインは「ななつ星in九州」を手がけた水戸岡氏。まるで海を走る鉄道

丹後の日本海側を走り、日本三景のひとつ「天橋立」へとつなぐ京都丹後鉄道。その路線からダイナミックな車窓を楽しめるポイントが多く、特に宮舞線の丹後由良駅~丹後神崎駅間にある由良川橋梁を通過する際は、海面からわずか6メートルを走ります。 車内からは、まるで海を走っているかのような景観が広がります!宮舞線の栗田駅~丹後由良駅間では、車窓いっぱいに奈具海岸の絶景が広がります。海岸まで遮るものがないので、青い海と白い巨石のコントラストは思わず声を上げてしまうほどの美しさです。京都丹後鉄道では、工業デザイナー水戸岡鋭治氏が手がけた観光列車も楽しめます。車両は、モダンな色彩を使用しながらも木のぬくもりを感じるデザイン。優雅な列車旅を演出してくれます。観光列車は「あおまつ」「あかまつ」「くろまつ」の3種類。「あかまつ」「くろまつ」は予約が必要なので、ぜひ公式サイトで確認してくださいね。

旅行記:楽しい乗り物に乗ろう! 北近畿タンゴ鉄道(京都丹後鉄道) 「丹後あかまつ号」  ~京都&兵庫~

たぬき2号さん

楽しい乗り物シリーズ、今回は、北近畿タンゴ鉄道(京都丹後鉄道)「丹後あかまつ号」をご紹介します。もっと見る
京都丹後鉄道 周辺のホテルが探せます

14. 天竜浜名湖鉄道 / 静岡県 掛川駅~新所原駅

マリメッコ車両にマリメッコ駅舎! 鉄道遺産にも触れられる

旧国鉄の二俣線を引き継いだ第三セクターの路線。その歴史から味のある古い駅舎が多く、写真にある天竜二俣駅は国の登録有形文化財として登録されています。またこの駅では、蒸気機関車時代に使われていた転車台や扇形車庫・運転指令室等の施設も健在。毎日見学ツアーが行なわれているので、参加すれば鉄道遺産を間近で楽しめますよ。またフィンランドのファブリックブランド「マリメッコ」のデザインが施された「スローライフトレイン」も魅力! カーテンや座席にマリメッコ柄があしらわれているので、マリメッコ好きにはたまりませんね♪さらに、天竜浜名湖鉄道には、古い駅にマリメッコ柄を使用したデザインの都田駅があります! カフェも併設されていて、コーヒーやスイーツをマリメッコの食器で出してくれます♪

旅行記:フリーパスコンボで東海横断・後編 名古屋から天竜浜名湖線へ

さおりさん

今年の旅会忘年会は名古屋!忘年会の後は名古屋泊。翌日はノープランだったのだけど、女子部で天竜浜名湖鉄道へ乗りに行ってきました。もっと見る
天竜浜名湖鉄道 周辺のホテルが探せます

15. JR吾妻線 / 群馬県 渋川駅~大前駅

草津温泉や四万温泉など群馬有数の温泉地をつなぐローカル線

吾妻川に沿って走り、吾妻渓谷の自然やのどかな田園の風景が楽しめる路線です。
写真に写っているのは、国鉄時代から使用されている115系の通称「かぼちゃ電車」。古き良き時代を感じさせてくれる列車なのですが、2018年に吾妻線をはじめとした高崎支社管内からの引退を発表。吾妻線ののどかな風景を走る「かぼちゃ電車」の定期運行は、2018年3月までとなります。吾妻線といえば、草津温泉、四万温泉、万座温泉と群馬を代表する温泉地の宝庫。ローカル線としては本数も多いので、関東から気軽にローカル線&温泉旅を楽しめるのも嬉しいですね。群馬県といったらB級グルメ「ソースカツ丼」が有名。吾妻線の渋川駅から徒歩12分のところにある「ニコニコ亭」は、どんぶりからはみ出すほどのカツを使ったソースカツ丼が食べられる人気店です。ぜひローカル線とあわせて群馬グルメも楽しんでみてはいかが♪

旅行記:18きっぷ 吾妻線完乗 115系 川原湯温泉と八ッ場ダム訪問

ken-tさん

八ッ場建設による線路架け替えが行われた吾妻線を18きっぷを使って訪問
同じく移設された川原湯温泉駅と温泉を満喫
ダムの工事風景と、残された旧線跡を訪ねて見ました。もっと見る
JR吾妻線 周辺のホテルが探せます

ローカル線で旅に出たくなったら

フォートラベルでは実際にローカル線で旅をした旅行記が探せますよ。どのような旅があるのか探してみてはいかが。ローカル線の国内旅行記を探す

※記載の情報は、配信日時点のものになります。なお、観光列車や企画列車、トロッコやSLなどの運行情報は各鉄道の公式サイトをご確認ください。

この記事で紹介しているエリア

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP