トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

絶景・グルメも満喫できる列車の旅へ!一度は乗りたい観光列車16選

絶景・グルメも満喫できる列車の旅へ!一度は乗りたい観光列車16選

photo by spitfirebuzz90さん

近年人気の観光列車。沿線の風景を眺めるだけでなく、オシャレな車内でくつろいだり、地元のこだわりグルメに舌鼓を打ったり、多様な楽しみ方があります。
高級ホテルのようなリッチな列車や、地元の特産品にフォーカスした列車など、その特徴はさまざま。全国のあちこちで走る観光列車のなかから、おすすめの列車をご紹介します!

※掲載写真は過去に撮影されたものです。現在は、マスクの着用など車内での感染防止対策が徹底されています。

乗りもの 2020/11/19

4travel.jp

フォートラベル編集部

1. TOHOKU EMOTION(東北レストラン鉄道) / 東北

まさに“走るレストラン”! おしゃれなグルメ列車

「食」がメインの“レストラン列車”。青森県八戸駅から岩手県久慈駅まで、三陸の美しい海沿いを走ります。オシャレな白い車両は“走るレストラン”のイメージだそう。オープンキッチンで調理するライブキッチンスペース車両から、できたての料理が客車のテーブルに運ばれます。列車内とは思えない繊細な盛り付けや、東北の伝統工芸を取り入れた器やインテリアも見どころ。往路では人気シェフによる東北の食材を使ったランチコース、復路ではデザートブッフェと、アフタヌーンティーがいただけます。東北のグルメと絶景、伝統の技がまとめて楽しめる列車です。
※2020年11月現在、デザートブッフェはオーダーによる提供です。

クチコミ:なかなか予約が取れませんが、、、

みつさん

東北エモーションで往復しました。雰囲気を違えて、往路は個室でランチ、復路はテーブル席で楽しみました。実は思い立ったのが1か月前で、この時点では行きは満席で、帰りの空席は個室のみでした。それでも、足げくビュープラザで空席を確認する……もっと見る
「TOHOKU EMOTION」起点・八戸周辺のホテルを探す「TOHOKU EMOTION」終点・久慈周辺のホテルを探す

2. SL銀河 / 東北

「銀河鉄道」に乗り込む気分が味わえるSL

岩手県の花巻駅から釜石駅間を走る「SL銀河」は、同県出身の作家、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をモチーフにした観光列車。
C58形蒸気機関車が4両の客車を引いて走るさまは、本物の銀河鉄道のようです。夜から明け方の空をイメージしたブルーの客車には、名作『銀河鉄道の夜』に登場する星座などが描かれています。車内は、宮沢賢治の生きた大正から昭和の時代を思わせるクラシカルな作り。宮沢賢治の世界をテーマにしたギャラリーや、月や星をテーマにした展示、珍しい列車内のプラネタリウムまであり、物語のなかを旅するような気分で過ごせます。

クチコミ:景色とSL

バニラスカイさん

夜空の色をし、星座の描かれた列車は、とてもきれい。運行も、釜石から花巻、と 長距離で、途中あちこちの駅にも止まります。景色のよい 山里を走っていきます。フォトスポットは、花巻の眼鏡橋が有名です。遠野も、田園風景と、山に囲まれた中……もっと見る
「SL銀河」起点・花巻周辺のホテルを探す「SL銀河」終点・釜石周辺のホテルを探す

3. リゾートしらかみ / 東北

日本海の絶景と人々との交流が楽しい

青森駅~秋田駅の間で運行する「リゾートしらかみ」は、人気のローカル線「五能線」を走ります。窓の外に広がるのは、ダイナミックな日本海や世界自然遺産の白神山地など。特に冬の荒ぶる日本海の美しさは有名です。大自然に抱かれるように、列車は絶景のなかを走ります。リゾートしらかみには、列車に地元の方々が乗り込み、乗客との会話を楽しみながら特産品を販売する「ふれあい販売」のサービスがあり、人気です。販売されるのは、お菓子やお弁当、お土産品などさまざま。地元の方との交流をとおして買った品物は、旅の特別な思い出になりそうですね。

クチコミ:日本海の絶景を快適な列車旅できます

Paper Travelerさん

秋田駅と青森駅を五能線を経由してめぐる観光列車です。快速列車ですので、青春18きっぷでも座席指定券を購入すれば乗ることができます。座席はグリーン車並みに広く、窓も大きめなので席から日本海の絶景を見ることができます。訪問時が冬で、天……もっと見る
「リゾートしらかみ」起点・秋田市周辺のホテルを探す「リゾートしらかみ」終点・弘前周辺のホテルを探す

4. フルーティアふくしま / 東北

“フルーツ王国福島”をたっぷり味わえるカフェ列車

桃やブドウ、梨など、フルーツが特産の福島らしい観光列車。車内で福島産のフルーツなどを使ったスイーツセットがいただけます。白いボックスシートの客車は本物のカフェのような雰囲気。スイーツセットは、地元の人気店がプロデュースするオリジナルスイーツ2品に、福島産品のフルーツジュース1本とホットコーヒー1杯。おかわり自由のアイスコーヒーとアイスティーも付きます。カフェカウンターの車両には、自由に座れるカウンター席も。福島県郡山駅~喜多方駅間と、郡山駅~宮城県仙台駅間の2つの運行ルートがあり、時期によって変わります。

クチコミ:景色を眺めながらケーキ

tabingaさん

郡山から仙台行きのフルーティアふくしまに乗車しました。きちんとお一人様用の席も用意されているので、1人でも安心して乗車できます。1人向きの方が、横並びなので景色はよく見れてオススメかもです。郡山駅で駅員さんが可愛い横断幕を掲げて見……もっと見る
「フルーティアふくしま」起点・郡山周辺のホテルを探す「フルーティアふくしま」終点・仙台周辺のホテルを探す

5. 西武 旅するレストラン「52席の至福」 / 関東

都心から気軽に行ける優雅でおいしい列車旅

西武鉄道が運行するレストラン列車。池袋駅もしくは西武新宿駅と、自然豊かな秩父を結び、往路ではブランチコース、復路ではディナーコースが提供されます。有名店のシェフが監修する料理は、見た目も味も本格派。キッチン車両で調理され、できたてをいただけます。建築家・隈研吾氏がデザインした、スタイリッシュで高級感ある内装も魅力の1つ。“秩父の四季”と“荒川の水”を表現した外装も、隈研吾氏のデザインです。ユニークな名前は“定員が52人”であることから。4両編成の列車に52席というぜいたくさです。首都圏から気軽に、優雅な列車の旅に出ることができます。「西武 旅するレストラン『52席の至福』」終点・秩父周辺のホテルを探す

6. 越乃Shu*Kura(こしのしゅくら) / 中部

新潟の地酒を心ゆくまで味わう大人の時間

新潟名物の地酒にフォーカスした「越乃Shu*Kura(こしのしゅくら)」。列車のなかで、地酒と地元の食材を使った料理が味わえます。3両編成の車内にはボックスシートや通常の座席のほか、利き酒コーナー(有料)や酒だるを模したテーブルが置かれた車両があり、さながらスタンディングバーのよう。ジャズなどの生演奏イベントもあり、大人の雰囲気を楽しめます。日本海沿いを走る「越乃Shu*Kura」は、美しい海を車窓に映しながら進みます。途中には、日本海に近い絶景駅として知られる青海川駅も。お酒と一緒に景色も楽しみたいですね。

クチコミ:お酒と音楽を楽しむ観光列車

kotetsupatapataさん

昨今話題の観光列車の一つで 金曜~日曜と祝日を中心に上越妙高駅から出発し、日にちによって行き先は新潟・十日町・越後湯沢と変わっていきます。列車は3両編成で、元の列車を改装しただけなので結構古かったです。1号車は、びゅうで申し込ん……もっと見る
「越乃Shu*Kura」終点・十日町周辺のホテルを探す

7. えちごトキめきリゾート 雪月花 / 中部

オール新潟のリゾート列車は景色もグルメも最高!

「えちごトキめきリゾート 雪月花」の特徴は、天井まで大きくとられた窓。この窓から日本海や妙高山の大パノラマを眺めることができます。上越妙高駅と糸魚川駅を結び、往路では新潟出身の2つ星レストランのシェフが手がけたフレンチ「越後上越フルコース」、復路では糸魚川の老舗割烹(かっぽう)による和食がいただけます。食事には地元の旬の食材が使われますが、ウェルカムドリンクやコーヒーも地元のものという徹底ぶり!“all made in NIIGATA”を合言葉に、車内のインテリアなども新潟県産品でまとめられています。新潟の魅力がぎゅっと詰まったリゾート列車です。

クチコミ:すてきな赤い電車

nazoさん

古いディーゼルカーに厚化粧するリゾート列車が多い中、去年、北陸新幹線開業にあわせて新規製造された、真新しい観光列車。コスト度外視の豪華列車で、窓が大きく開放感いっぱい。スタッフは親切で、食事の内容、量ともに充分満足いたしました。もっと見る
「えちごトキめきリゾート 雪月花」起点・上越周辺のホテルを探す

8. ベル モンターニュ エ メール(べるもんた) / 中部

大自然の生み出すアートと海の幸で大満足

富山県高岡駅から、山側の城端線または、海側の氷見線を走る観光列車。フランス語で“美しい山と海”を意味する長い名前は、沿線のすばらしい景観を表現しており、「べるもんた」の愛称で親しまれています。車内では食事や地酒の販売があり、なんと寿司職人が乗車して富山湾の海の幸を握ってくれるサービスも。当日も数量限定で買えますが、事前予約がおすすめです。“走るギャラリー”をコンセプトに、大きな窓は額縁風にデザインされています。1枚の絵画のような美しい風景が車窓を流れていくさまを、うっとりと眺めたいですね。

クチコミ:絶品!富山湾の寿司

Fidelioさん

べるもんた号は1両編成で1日1往復のため人気観光列車であり、乗車1か月前に指定席券を取った方がいいと思います(私は行きの指定席券は取れましたが、帰りは取れませんでした)。グループ向けのボックス席とカウンター席の2種類があり、車内で……もっと見る
ベル モンターニュ エ メール(べるもんた)起点・高岡周辺のホテルを探す

9. 富士山ビュー特急 / 中部

間近に見る富士山と絶品スイーツが目玉 ※2020年11月現在、運休中

“富士山に一番近い鉄道”富士急行の「富士山ビュー特急」は、「ななつ星in九州」などで知られる人気デザイナー水戸岡鋭治氏のデザイン。山梨県大月駅から富士山のふもと河口湖駅まで、朱色のモダンな車体が走ります。注目は、特別車両の1号車(特別料金が必要)に土日祝のみ設定されているスイーツプラン。富士急ハイランドオフィシャルホテルのパティシエによる特製スイーツがいただけます。木をふんだんに使用した車内は、明るく和やかな雰囲気。沿線には数々の富士山ビュースポットがあり、お気に入りの富士山の姿を見つけたいですね。「富士山ビュー特急」終点・河口湖周辺のホテルを探す

10. THE ROYAL EXPRESS / 中部

移動を特別な時間にしてくれるハイクラスな列車

横浜駅と伊豆急下田駅を結ぶ、プレミアムな観光列車。関東から人気観光地、伊豆までの道中、至高の時間を過ごしてもらおうというコンセプトです。
水戸岡鋭治氏デザインの車体は、ロイヤルブルーにゴールドのロゴが入り高級感たっぷり。車中の食事は、伊豆の食材を生かした人気シェフ監修のランチ。
クラシカルなソファや伝統工芸の組子、ステンドグラスなどが車内を華やかに彩り、目を楽しませてくれます。さらに、プラチナクラスの車両ではバイオリンとピアノの生演奏も。移動中も高級ホテルにいるような、優雅な旅を味わうことができます。「THE ROYAL EXPRESS」終点・下田周辺のホテルを探す

11. 観光特急しまかぜ / 近畿

爽快感あふれる列車でリゾート気分を先取り

関西を代表する人気の観光列車。大阪、京都、名古屋と、三重県の伊勢志摩を結びます。
先頭車両は床の高いハイデッカー構造になっており、大きな窓からのぞむ前方の風景は大迫力!本革でゆったりとしたゴージャスなプレミアムシートのほか、個室やコンパートメントタイプの座席もあり、思い思いのスタイルで旅することができます。
お腹が空いたら、カフェ車両で三重のグルメやスイーツを♪カフェの一番人気は、具材がドーンとのった豪華な「海の幸ピラフ」。
青い海が広がるリゾート地、伊勢志摩へ向けて、気分を盛り上げてくれる爽快感満点の列車です。

クチコミ:私史上、最高の車両

capriさん

宇治山田から京都丹波橋まで2時間弱乗車しました。マッサージ機能までついた革張りシート、電動ブラインド、レッグレスト完備で乗り心地は最高でした。両先頭車両はハイデッカーで窓が天井の一部まで回り込み、眺望は最高です。デビューしたばかり……もっと見る
「観光特急しまかぜ」終点・伊勢志摩周辺のホテルを探す

12. 四国まんなか千年ものがたり / 四国

“おとなの遊山”をコンセプトに楽しむ四国の旅

香川県多度津駅から徳島県大歩危駅まで、四国山地を横断する列車。
昔のピクニック「遊山(ゆさん)」をヒントにした、“おとなの遊山”がコンセプトです。沿線には平家の落人伝説が残る祖谷地方など、その名のとおり“千年”を越える歴史的なスポットが。車内は、古民家をモチーフにした落ち着きある空間。グループ旅行におすすめの長さ約7mのベンチソファーを備えた車両もあります。道中では地元食材を使った食事が楽しめ(要予約・別途料金が必要)、上り区間でいただけるのは「おとなの遊山箱」。重箱に詰められた和食に、日本の美を感じます。「四国まんなか千年ものがたり」終点・大歩危周辺のホテルを探す

13. 伊予灘(いよなだ)ものがたり / 四国

明るい伊予の海を眺めながら食事やお茶を

瀬戸内海の南西部の海域・伊予灘(いよなだ)の夕陽をイメージした「茜(あかね)色」と、太陽と愛媛名産の柑橘(かんきつ)類をイメージした「黄金色」という、特徴的なカラーが魅力の列車。愛媛県の海沿い、松山駅から伊予大洲駅または八幡浜駅の間を1日2往復します。車内では、時間帯に合わせ朝食、昼食、アフタヌーンティーがいただけます(要予約・別途料金が必要)。どの食事も、地元のシェフが素材にこだわりプロデュースしていて、美しい景色のおともにぴったり。途中の下灘駅は“海の見える駅”として有名で、数々の映画やドラマに登場しています。数分間停車するので、キラキラ輝く伊予灘をゆっくりと眺めてみては?

クチコミ:ほっこりする観光列車

aikoさん

観光列車というものには初めて乗りましたが、おもてなしがすごい!というのが第一の印象です。まず駅でお見送り、途中の一般家庭から手を振られ、途中の駅でもお出迎え・お見送り(猫の副駅長・犬の副駅長もいてとても可愛かった)、と地域の方のお……もっと見る
「伊予灘ものがたり」起点・松山周辺のホテルを探す

14. 或る列車 / 九州

よみがえった“幻の列車”で極上の旅に出る

明治時代、九州鉄道がアメリカの会社に発注したものの、活躍の機会がなかった豪華列車があったそう。「或(あ)る列車」と呼ばれたその幻の車両を、模型を基によみがえらせた観光列車です。水戸岡鋭治氏がデザインした車両は、外観も内装も豪華絢爛(けんらん)。明治時代を思わせるクラシカルな空間で、ハウステンボス~博多間あるいは、佐賀~長崎~佐世保間などを走ります。車内でいただけるのは、世界的に知られる東京・南青山のレストラン「NARISAWA」のシェフ、成澤由浩氏のスイーツコース。すみずみまでこだわりに満ちた、極上の時間が過ごせます。「或る列車(ハウステンボス~博多コース)」終点・博多周辺のホテルを探す

15. 特急A列車で行こう / 九州

ジャズの名曲とともに走る粋な大人の列車

ジャズの名曲を冠した列車は、まさに走るジャズバー。木のインテリアやステンドグラスなどで彩られた車内は、ノスタルジックな大人の雰囲気です。熊本駅から三角駅までを走り、有明海の御輿来(おこしき)海岸などが見どころ。
旅のおともには、地元のデコポンを使ったハイボール「Aハイボール」がおすすめです。車内にはハイボールサーバーも。1号車の共有スペースには「A-TRAIN BAR」と名付けられたカウンターバーと、ベンチやソファがあります。ステキなお酒と音楽とともに、ゆったりと車窓の風景を楽しみたいですね。

クチコミ:観光列車

ALIさん

 熊本駅から天草へ行くことができます。A列車で行こうは、観光列車で車内もおしゃれで、バーカウンターでの車内販売もあります。そんなに長い時間ではないので、車窓を楽しみながら、おしゃれな列車の旅をすることができます。もっと見る
「特急A列車で行こう」起点・熊本市周辺のホテルを探す

16. 特急 あそぼーい! / 九州

子どもがよろこぶ工夫がいっぱいの観光列車

大分県別府駅と熊本県熊本駅を結ぶ「特急 あそぼーい!」には、子どもがよろこぶ仕掛けがいっぱい。車内のあちこちで、マスコットキャラクター「くろちゃん」がかわいい姿を見せてくれます。車両の先頭と最後尾は、運転席のような景観が楽しめるパノラマシート。子ども用のステップなどがついた3号車の親子シートは、窓側がいつも子ども席になるように配慮されています。木のボールプールや絵本コーナーなどもあり、列車旅にありがちな退屈した子どもがぐずる心配がありません。ファミリーにぴったりのワクワクが詰まった観光列車です。「特急 あそぼーい!」終点・別府周辺のホテルを探す

いかがでしたか?

コンセプトや車両デザイン、調度品やグルメ、イベントにいたるまで、観光列車には地域の魅力が詰め込まれています。列車に乗ることで、旅する土地についてさらに愛着がわきそうですね。
移動の時間を豊かにしてくれるのはもちろん、お目当ての列車に乗るために旅を計画するのも楽しいもの。思い出に残る列車旅に出かけてみませんか?

★こちらの記事もあわせてチェック♪
ローカル線の旅へ!車窓から絶景が広がる鉄道&路線18選【2020年版】

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

乗りものの特集

乗りものの特集一覧