トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

長崎の絶品ご当地グルメを食べられる!長崎で行くべき店12選をご紹介

長崎の絶品ご当地グルメを食べられる!長崎で行くべき店12選をご紹介

photo by After9さん

古くから海外との交流が盛んだった長崎には、外国の食文化の影響を受けた個性的なグルメがいっぱい! 五島列島や島原にも独特の料理があります。そんな長崎の絶品ご当地グルメを味わえるおすすめの12店をご紹介します♪

グルメ 2020/08/21

4travel.jp

フォートラベル編集部

1. ちゃんぽん

野菜たっぷり! いわずと知れた長崎グルメの代表格

中華鍋で豚肉や野菜、海鮮や練り物をいため、麺とスープをくわえる長崎ちゃんぽん。明治時代、老舗「四海樓」の店主が、福建料理の「湯肉絲麺(とんにいしいめん)」を基に生み出したと言われています。
独特の麺と具のうまみ、スープの味わいが奥深い定番グルメです。

おすすめの店「中華料理 四海樓」

長崎ちゃんぽん発祥の店とされる老舗中華料理店。
初代店主、陳平順氏は中国からの留学生に安くて栄養たっぷりの食事を食べさせたいと、具だくさんのちゃんぽんを開発したのだとか。今では長崎を代表するグルメとなった長崎ちゃんぽん元祖の味を、ぜひ味わって。

価格:ちゃんぽん 1,100円
アクセス:長崎電気軌道 大浦天主堂電停から徒歩約1分

クチコミ:ちゃんぽんを好きになった

MIYUKIさん

長崎ちゃんぽん発祥の地と言われる四海楼。夜の営業開始時刻に行ったら、少し早くオープンしたのか、既にテーブル4つくらいに客がいたけど、おひとり様の私も窓側のテーブルに通してくれた。さあ、その長崎ちゃんぽん(1100円)を。何が違う……もっと見る

2. 皿うどん

太麺&細麺のどちらもチャレンジしてみたい!

ちゃんぽんと並ぶ長崎名物、皿うどん。元は四海樓の陳氏により、ちゃんぽん麺と具を少量のスープでいためたものとして考案されました。今では揚げ麺にとろみのあるあんをのせたものも皿うどんと呼ばれ、長崎では皿うどんの太麺、細麺(パリパリ麺)としてどちらも愛されています。

おすすめの店「江山楼 長崎中華街本店」

昭和21年創業の「江山楼」は、こだわりのスープを基本に秘伝の味を守り続ける人気店。皿うどんはもちろん太麺と細麺があります。
素材を生かすいため技で作られた具だくさんのスープはうまみたっぷり。同じくスープの魅力が生きるちゃんぽんも自慢の一品です。

価格:皿うどん(太麺細麺各) 1,000円、特上皿うどん(太麺細麺各) 1,500円
アクセス:長崎バス新地ターミナルから徒歩約2分

クチコミ:ちゃんぽん以外も美味しかった!

たびめっこさん

訪問2回目。前回はちゃんぽんをいただいたので、今回は違うメニューも色々頼んでみました。美味しかったのが3種の味のシュウマイ!ジューシーでエビもぷりぷりでした。有名なちゃんぽん以外も美味しいなんて、ほんとに美味しいお店なんだろうと思……もっと見る

3. トルコライス

大ボリューム! わくわくしちゃう大人のお子さまランチ

ピラフ、とんかつ、スパゲッティなど、洋食の主役級を1皿に盛りこんだ「トルコライス」は、“大人のお子さまランチ”ともいわれるご当地グルメ。ピラフがカレーになったりとんかつがハンバーグになったり、お店によって味やバリエーションがさまざまなのも魅力です。

おすすめの店「ツル茶ん」

大正14年創業、九州最古の喫茶店といわれる「ツル茶ん」。
トルコライスの名店としても知られ、メニューには10種類ほどのトルコライスがあります。スタンダードな「昔懐かしトルコライス」以外にも、牛ステーキ入りの「トルコ三四郎」など気になるメニューがいっぱい!長崎の「ミルクセーキ」はシャリシャリとした食感が特徴で、“飲み物”というよりは“食べ物”に近い感覚。この長崎独特のミルクセーキを考案したのは、こちらの「ツル茶ん」なのだとか。かつては暑い夏のメニューでしたが、今では1年中元祖の味をいただくことができます。

価格:昔懐かしトルコライス 1,380円、トルコ三四郎 1,580円、元祖長崎風ミルクセーキ 720円
アクセス:長崎電気軌道 思案橋電停から徒歩約2分

クチコミ:トルコライスとミルクセーキ

haruさん

長崎名物のトルコライスとミルクセーキが一度に味わえるので、こちらに行きました。トルコライスはもう好きなもの全のせ的な。大満足。ミルクセーキは、シャーベットをゆる~くしたような食感。卵の甘さがあるが香りでさっぱり。甘過ぎず美味しか……もっと見る

4. 佐世保バーガー

大きな口でガブリ! 本場の香りのハンバーガー

戦後、米海軍基地が置かれたことでアメリカ文化が入ってきた佐世保。
あふれそうな具が食欲をそそる「佐世保バーガー」も、はじめは米軍から直接レシピを聞き作られたそう。地元食材などを使って佐世保流にアレンジされ、今では全国に知られるご当地グルメとなりました。

おすすめの店「佐世保バーガー BigMan 京町本店」

まだ、“佐世保バーガー”という名前がなかったころからハンバーガーを作り続けている老舗店。
こだわりの自家製ベーコンを使った「元祖ベーコンエッグバーガー」が一番人気です。オリジナルのバンズや自家製パティもおいしさの秘密。手のひらで軽く押さえてガブッと食べるのが佐世保流です。

価格:元祖ベーコンエッグバーガー 700円
アクセス:JR佐世保駅から徒歩約10分

クチコミ:美味しい、美味しいと何度も口に出しました(^o^)

Marukunさん

佐世保に行くのでどこでバーガーを食べようか悩んだ末、こちらにお邪魔しました。土曜の11時30過ぎ、並んでいるかと思ったけれどラッキーなことに席が空いていました。席は4グループくらいしか座れません。王道ではなく、「エッグチーズバーガー」……もっと見る
佐世保バーガーの人気店を知りたいという方はこちらもチェック♪
【2020】長崎で食べたい!佐世保バーガーのおすすめ人気店ベスト10

5. レモンステーキ

アメリカ文化の香り漂う佐世保のもう1つの名物

アメリカ海軍から入ってきたステーキ文化を受け、料理人が日本人に合うようにと考案した「レモンステーキ」。
すき焼きをヒントに、薄めに切った牛肉を鉄板で焼き、しょう油ベースのレモン風味ソースで味付けします。さっぱりさわやかでごはんにもぴったりの味です。

おすすめの店「下町の洋食 時代屋」

レモンステーキ考案者の1人、東島洋氏のレストラン。レモンたっぷりの甘辛特製ソースが、お肉をおいしく仕上げます。
ステーキにそえられた新鮮な野菜を、お肉で巻いて食べるのもおすすめ。しめはご飯を鉄板の中に入れ、ソースをからめるのがツウなのだそう。

価格:レモンステーキセット 1,350円
アクセス:JR三河内駅から車で約10分

クチコミ:有田観光のついでに佐世保名物を

食いしんぼう姉さんさん

平日の昼時、10分ほど待ちました。地元のお客さんが多い感じ。お店の人の接客がとても感じよかったです。鉄板から汁が飛ばないように布ナプキンが用意されていて気が利いてました。レモンステーキ は酸っぱしょっぱいタレがおいしくて、スープもな……もっと見る

6. 卓袱料理

海外と交流してきた歴史を感じる郷土料理

朱塗りの円卓に大皿が並び、15品もの料理が出てくる「卓袱(しっぽく)料理」。江戸初期に中国から伝わったスタイルがルーツと言われています。
その後、オランダなどの洋食の要素も入り独特なスタイルに。海外との深いつながりを感じる長崎ならではの料理です。

おすすめの店「吉宗 本店」

創業150年を超える老舗店。歴史を感じる建物の中で、卓袱料理がいただけます。手軽に卓袱料理の雰囲気を味わえる「ミニ卓袱」も。
もともとは茶わん蒸しと蒸し寿司の専門店で、この2つをセットにした夫婦蒸しも創業当初から受け継がれる人気料理です。

価格:卓袱料理(1人前) 6,463円、ミニ卓袱 3,960円、吉宗定食(茶わん蒸し、蒸し寿司つき) 2,420円
アクセス:長崎電気軌道 観光通電停から徒歩約3分

クチコミ:ミニ卓袱!

TakeC さん

息子と長崎2人旅で利用しました。市内の観光を終えて夕方に入りましたよ。食べたのはミニ卓袱10品3,520円!お刺身、揚げ物、豚の角煮、蒸寿し、茶碗蒸し等々、美味しかったですよ!瓶ビールと地酒でいただきました。もっと見る

7. 具雑煮

島原の乱で生まれた栄養満点のお雑煮

「具雑煮」は、江戸初期の島原の乱にルーツを持つ島原半島独特のお雑煮です。城にこもった天草四郎と農民たちは、海や山で集めた材料ともちでお雑煮を作り、約3か月もの間戦ったそう。もち、肉やかまぼこ、野菜など10数種類の具を入れ、だし汁で煮込みます。

おすすめ店「姫松屋 本店」

島原の乱で生まれたお雑煮を、味付けなどを工夫して具雑煮として世に出したのが、「姫松屋」の初代糀屋(こうじや)喜衛ェ門氏と言われています。
姫松屋の具雑煮は、地元食材を厳選した具が13種も入ったもの。こだわりのだしが全体の味をやさしくまとめます。

価格:具雑煮(並) 980円、具雑煮定食(梅) 1,200円
アクセス:島原鉄道島原駅から徒歩約8分

クチコミ:元祖具雑煮のお店

夏ミカンさん

島原城前にある「姫松屋さん」は創業200余年、元祖具雑煮のお店です。「具雑煮」とは、島原半島地域でお正月などに食べる独特なお雑煮のこと。具雑煮定食・梅を頂きました、おいなりさんがついてます。柔らかいお餅がたっぷり、具材にはシロナ・か……もっと見る

8. 五島うどん

日本3大うどんの1つ! コシとのど越しがたまらない

稲庭うどんや讃岐うどんと並び、日本3大うどん(諸説あり)に数えられる「五島うどん」。その歴史は古く、遣唐使の時代に中国から伝わったとも言われています。生地を熟成させながら手でのばしていき、椿(ツバキ)油を塗ると、細くてコシがあるのど越しのよいうどんが生まれます。

おすすめ店「つばき」

長崎空港内にあり、利用しやすい「つばき」。五島うどんの魅力をダイレクトに味わいたいなら、地元で定番の「地獄炊き」がおすすめです。
たっぷりのお湯でゆでたうどんを、あご(とびうお)だしのつゆにつけてツルリ! 麺そのものの味わいを堪能できる一品です。
※「つばき」は2020年8月21日現在、休業中です。

価格:地獄炊き 840円、よくばりうどん 900円
アクセス:長崎空港旅客ターミナル1階

クチコミ:五島の味を頂けます

wisteriaさん

長崎空港には、美味しいレストランがいくつもある。ここもその一つで、五島列島の郷土料理を頂ける。特に地獄炊きの五島うどんは美味しい。そうめんのような細いうどんが特長でつけだれも種類があった。出汁が美味しいお店はどんぶりものも美味し……もっと見る

9. 角煮まんじゅう

食べ歩きに最適! アツアツふわふわのB級グルメ

卓袱料理の1品でもある東坡肉(とんぽうろう)を、手軽にいただけるようにと生み出された「角煮まんじゅう」。
やわらかに煮られた豚の角煮を、ふわふわのおまんじゅう生地に包んでいただきます。旅の途中、ちょっと小腹がすいた時にもうれしいスナック(軽食)です。

おすすめ店「岩崎本舗 グラバー園店」

選び抜かれた豚肉を使い、化学調味料不使用、まんじゅう生地にもベーキングパウダー不使用という、こだわりの製法で角煮まんじゅうを作り続ける「岩崎本舗」。
1つ約249kcalと、思ったよりもカロリーが控えめなのも魅力。観光地グラバー園近くの店舗は、食べ歩きにもぴったり。

価格:長崎角煮まんじゅう 450円
アクセス:長崎電気軌道 大浦天主堂電停から徒歩約3分

クチコミ:角煮まんじゅうが美味しすぎる! 食べ歩きグルメとしてもピッタリ!

Juniper Breezeさん

地元の長崎物産展みたいなイベントでも必ず買うくらい大好きな、岩崎本舗の角煮まんじゅう。 やっぱりお土産用をレンジで温めて食べるよりも、本場で蒸し器で蒸したての角煮まんじゅうをアツアツ、ジューシーな状態で食べるほうが何倍も美味しい……もっと見る

10. チリンチリンアイス

長崎県民に愛されるおいしい夏の風物詩

昭和30年代、ちりんちりんと鐘を鳴らしながら屋台で売られていたことから「チリンチリンアイス」の名前は生まれました。チリンチリンアイスは一般的なアイスクリームとは違い、シャーベットのようなさっぱりした口当たり。どこか懐かしい、やさしい味の氷菓です。

おすすめはヘラで作るバラの形がキュートと評判の「前田冷菓」のもの。以前は屋台販売が行われていましたが、現在は休業中のため、2020年8月から長崎市田中町にある本社工場の直売所にて販売されています。散策の合間にでも立ち寄って、人気の品を試してみて♪

価格:チリンチリンアイス(プレーン味) 300円 ※場所により価格は異なります

クチコミ:長崎の夏の風物詩!

ring?さん

食べてみたいと思っていたチリンチリンアイスにたまたま出くわせたので思わず購入。あっという間にできあがった綺麗なバラに感動。ただ、暑かったのでじっくり愛でる間もなく食べることに。。見た目はもちろんさっぱりとした懐かしさ溢れるお味は……もっと見る

11. かんざらし

かわいくてつるりと甘い島原の名物スイーツ

小さな白玉団子を島原自慢のきれいな湧水で冷やし、黄金色の蜜をかけていただく「かんざらし」。素朴でかわいいスイーツです。
はちみつと砂糖で作る蜜は、お店ごとの秘伝だとか。原料のもち米を大寒の日に水にさらすことから“かんざらし”の名が付いたそうです。

おすすめの店「銀水」

大正時代から元祖かんざらしの店として人気を集めていた「銀水」を、市が復元、復活させたお店。
店舗は、日本名水百選に選ばれた「島原湧水群」の中の1つである「浜の川湧水」のすぐそばにあります。浜の川湧水の水を使って作られるかんざらしは上品な味わい。風情ある店内でゆっくりいただきたいですね。

価格:かんざらし 350円
アクセス:島原鉄道島原船津駅から徒歩約10分

クチコミ:島原名物「かんざらし」

シュラインさん

昼食を食べてすぐでしたが、銀水にお邪魔してきました。カウンター席5席ほどと、靴を脱いであがる、畳部屋がありました。畳部屋では既に来客があり、カウンター席で、かんざらしをいただきました。カウンター後方には土間部分に池のような造りがあ……もっと見る

12. カステラ

一度は食べてみたい! 売り切れ必至の“幻のカステラ”

「カステラ」は長崎土産には外せない定番品。400年ほど前にポルトガル人から伝わり、日本人の舌に合うよう工夫が重ねられて今の形になりました。
お店ごとの味の違いや珍しいフレーバーのものなどもあり、定番といえども選ぶ楽しみがあるスイーツです。

おすすめの店「岩永 梅寿軒」

1830年創業の老舗「岩永梅寿軒」のカステラは、人気のあまり手に入らず“幻のカステラ”と言われる逸品。焼き上げから一晩置き、しっとりもちもちに仕上げます。
予約販売が主で店頭に並ぶのは限られた数のみですが、朝一番を狙えばゲットできるかも?

価格:長崎カステラ1号 1,620円
アクセス:長崎電気軌道 めがね橋電停から徒歩約5分

クチコミ:売りきれ必至の幻のカステラを試食できました

はちさん

眼鏡橋のすぐ近くにある天保元年創業の老舗和菓子店。こちらのカステラは大変人気で、予約しても数ヶ月待たないといけないようですが、当日販売もあるとのことで、2時過ぎに駄目モトで行ってみたら、やはり売り切れていました。午前中には売り切れ……もっと見る

長崎グルメはいかがでしたか?

素朴なスイーツからB級グルメ、豪華なフルコースまで、バラエティ豊かな長崎のご当地グルメ。海外とのつながりや、長崎の歴史を感じるものばかりですね。そんなご当地グルメを味わいに、長崎へ訪れてみませんか?長崎のホテルを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

長崎の特集

長崎の特集一覧

グルメの特集

グルメの特集一覧